【決定版】SE(システムエンジニア)になるには?必要な3つのスキルやキャリアアップのヒントを徹底解説

この記事でお伝えすること
  1. SE(システムエンジニア)になるために必要な3つのスキル
  2. SE(システムエンジニア)に向いている人の3つの特徴
  3. SE(システムエンジニア)になる2つの方法

最近はIT業界の成長性の高さから、SE(システムエンジニア)を目指す人が増えていますよね。

そんな中で、

「SE(システムエンジニア)になる方法って?」

「特別なスキルが必要なの…?」

と悩んでいませんか?

ちか

SE(システムエンジニア)に興味があるんですけど、必要な資格や、転職する方法が分からないんです。

転職するために、どう動いて良いかも分からなくて…。

なかがわ

SE(システムエンジニア)になりたいなら、その方法をきちんと知って実行する必要があります。

そこで今回は、SE(システムエンジニア)になる方法についてお伝えしていきます。

この記事を読めば、SE(システムエンジニア)になるためにやるべきことが理解できますよ!

少しでもSE(システムエンジニア)に転職したいと考える人は、ぜひ読み進めてくださいね。

SE(システムエンジニア)とはどんな職業?仕事内容の流れを解説

ちか

SE(システムエンジニア)の仕事の流れってどういう感じなんでしょうか?

SE(システムエンジニア)は、クライアントが作りたいサービスを実現させる方法を考えます。

以下に、その仕事内容の流れを説明しました。

SE(システムエンジニア)の仕事の流れ
  1. クライアントが実現したいシステムの機能をまとめる「要件定義」
  2. 要件の内容を元に、そのサービスを実現するための設計をする「基本設計」
  3. 設計した内容を形にするための技術を選ぶ「詳細設計」
  4. 実装したシステムが不具合なく動くかチェックする「テスト」
  5. 完成したシステム納品後も問題が起こらないか管理する「運用・保守」

SE(システムエンジニア)はサービスを作りたいクライアントと直接やり取りをして、システムの設計などを行います。

SE(システムエンジニア)が行う仕事は、システムの作成に欠かせない重要な役割です。

なかがわ

SE(システムエンジニア)がいないと、新しいサービスは作り出せません。

SEってどんな職業?なるための3つの方法とキャリアパス、メリット・デメリットも解説!

独学や未経験者でもSE(システムエンジニア)になれる理由とは

ちか

IT業界未経験者でも、SE(システムエンジニア)になることはできるんですか?

なかがわ

IT化が進む今、エンジニアの数が圧倒的に不足しています。

そんな背景もあり、未経験者を募集しているIT企業はたくさんありますよ。

日本を代表する大手IT企業は理系出身の学生、もしくはキャリア転職のみに限られてしまいます。

しかし、それ以外の企業は未経験者を求め、SE(システムエンジニア)が不足している現状を変えるため、経験問わず採用しています。

かつてないSE(システムエンジニア)の不足している現在、未経験者でも採用したいと考える企業が増えてきました。

未経験からSEになれる?成功する人の3つの特徴と独学におすすめな方法も解説

SE(システムエンジニア)になるために必要な3つのスキル

ちか

SE(システムエンジニア)を目指す人に必要なスキルって何かありますか…?

なかがわ

SE(システムエンジニア)には主に3つの能力が求められます。

SE(システムエンジニア)になるために必要な3つのスキル
  1. システムを実装するプログラミング能力
  2. 人との関わりを円滑にするコミュニケーション能力
  3. チームをまとめるマネジメント力

SEにとって必要不可欠なスキルなので、3つ順番に見ていきましょう。

1.システムを実装するプログラミング能力

SE(システムエンジニア)になるには、システムの機能を実装するプログラミング能力が必須です。

ちか

SE(システムエンジニア)はプログラミングも行うんですか?

なかがわ

いいえ。

システム開発では、プログラミングは基本的にプログラマーが行います。

しかしシステムを作るための技術選定も、SE(システムエンジニア)の仕事のひとつです。

プログラミングに関する知識がないと、クライアントの求めるものが実現できません。

SE(システムエンジニア)には、開発に関わるIT技術力の幅広い知識が求められます。

2.人との関わりを円滑にするコミュニケーション能力

人との関わりをスムーズにするコミュニケーション能力も、SE(システムエンジニア)になるためには大切です。

ちか

エンジニアって1人で黙々と仕事をしているイメージでした。

人と蜜に接する印象がないので、コミュニケーション力が必要だなんて意外ですね!

なかがわ

一般的にはイメージがしにくいかもしれません。

でもSE(システムエンジニア)は人と会話をする場面がとても多いんです。

例えばSE(システムエンジニア)は、

  • クライアントの要望をヒアリングする
  • 社内のエンジニアとやり取りをする
  • 開発現場にいる様々な職種の人と連携を取る

などというように、多くの人と関わって仕事を行っています。

そのため人とコミュニケーションを取るのが得意な方が、SE(システムエンジニア)として重宝されるのです。

3.チームをまとめるマネジメント力

SE(システムエンジニア)になるは、開発チームをまとめるマネジメント能力も求められます。

システムの開発は、SE(システムエンジニア)だけでなく多くのチームメンバーと一緒に行うものです。

なので、

  • 開発全体の進捗を確認する
  • 何か問題がないかの把握をする

というように、仕事を円滑に行うためにもチームを管理するリーダーが必要になります。

スキルが高く、開発経験も豊富になると、人を統括する役割に就くシステムエンジニアが多いです。

なかがわ

開発チームのマネジメントができると、キャリアや年収も上がりますよ。

多くの人をまとめられるマネジメント力を持っていると、開発現場で欠かせない重要な人材になれます。

SE(システムエンジニア)になるために資格は必須じゃない

ちか

SE(システムエンジニア)になるのに、資格はいらないんですか?

SE(システムエンジニア)は専門的な知識が必要なイメージが強いので、てっきり資格は必須だと思っていました。…。

なかがわ

そうですね。

資格は持っていても良いですが、必須ではありません。

でも資格を取得していると、

  • 転職をするとき、やる気があると企業に評価される
  • 未経験からのSE転職でも有利になる
  • 資格手当や報酬金がもらえて年収UPにつながる

というように資格がメリットになる場合もあります。

資格は「対外的な評価」「知識の向上」に繋がりますが、SE(システムエンジニア)は資格よりも、実際に開発をした経験や技術力の方が重要です。

そのため未経験でSE(システムエンジニア)を目指すなら、資格を取るよりもDMM WEBCAMPTECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)のようなプログラミングスクールでスキルを身につけた方が良いでしょう。

なかがわ

とはいえ資格は持っていて損をするものではないので、興味がある資格は勉強してみてくださいね。

SEの転職にIT資格持ちは有利?3つの取得メリットとおすすめ10選を紹介!

SE(システムエンジニア)に向いている人の3つの特徴

ちか

スキル以外の面で、SE(システムエンジニア)に向いている人って、どういう特徴を持っていますか?

なかがわ

SE(システムエンジニア)に適正がある人の特徴は、大きく分けて3つあるんです。

SE(システムエンジニア)に向いている人の3つの特徴
  1. 論理的に考えるのが得意な人
  2. 新しいものが好きで好奇心が旺盛
  3. 常に前向きに物事を捉えられる

こちらの「【必読】SE(システムエンジニア)に向いている人の5つの特徴とは…?」という記事では、SE(システムエンジニア)に適正がある人についてより詳しく解説しています。

ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

勉強意欲や成長意欲が強い人ほど、SE(システムエンジニア)に向いている人と言えます。

1.論理的に考えるのが得意な人

SE(システムエンジニア)へ適正があるのは、論理的に考えるのが得意な人です。

新しく開発するシステムは、とても細かい設計を元に作成されています。

したがって開発をするとき、

  • 一部の機能を変更したら、どこに影響が出るか
  • 必要な機能を実装するには、何をすれば良いか

などを論理立てて考えられないと、開発が上手くいきません。

システム開発の流れを詳細に考えられる思考力は、SE(システムエンジニア)に必要です。

2.新しいものが好きで好奇心が旺盛

新しいものが好きで好奇心旺盛な人は、SE(システムエンジニア)に向いています。

SE(システムエンジニア)が扱う技術は、常に最新のものが導入されていく世界です。

一度身につけたスキルだけでは、SE(システムエンジニア)として一生仕事ができるわけではありません。

なかがわ

どんなに技術力の高いSE(システムエンジニア)であっても、最新のスキルを勉強しているんですよ。

なので新しい技術に対して興味を持って、楽しんで勉強できる人はSE(システムエンジニア)への適正があります。

さらに新しいスキルは会社から評価され、年収UPにもつながります。

ちか

確かに最新のものに興味が持てないと、途中で辛くなっちゃいそうですもんね…!

常に最新のスキルを学ぶ貪欲さが、SE(システムエンジニア)になるために重要なんですね。

3.常に前向きに物事を捉えられる

SE(システムエンジニア)に適正があるのは、いつもポジティブに物事を捉えられる人です。

SE(システムエンジニア)になって開発に関わる中で、失敗をする場面は誰だってあります。

しかし、自分がミスを犯したときに、

  • いつまでも落ち込んで気持ちを切り替えれない
  • 失敗を恐れて、新しいことに挑戦できない
  • 積極的に仕事に取り組めない

というようにネガティブになってしまうと、仕事にも支障が出てきますよね。

なので何か間違ったときには、問題の原因を考えて次に活かせる前向きさが大切です。

ちか

失敗をバネにして成長する強さが大事なんですね!

SE(システムエンジニア)になった先は…?選択肢が豊富にあるキャリアパスの事例

ちか

SE(システムエンジニア)になった場合、その後のキャリアってどういうものがあるんですか?

なかがわ

SE(システムエンジニア)のキャリアパスは豊富ですよ。

SE(システムエンジニア)は経験やスキルが身につくと、

  • ひとつの分野に特化した技術をもつ「スペシャリスト」
  • 開発チームをまとめる「プロジェクトマネージャー」や「プロジェクトマネージャー」
  • クライアントの悩みを解決する「コンサルタント」

など、様々なキャリアを築くことが可能です。

「自分が将来どうなりたいか」のキャリア像を具体的にイメージしておくと、仕事のモチベーションにも繋がります。

SE(システムエンジニア)がきついって本当…?会社選びが大事

ちか

SE(システムエンジニア)について調べていると、「仕事がきつい」って話もよく聞きます。

実際はどうなんですか…?

なかがわ

SE(システムエンジニア)が働く会社によっては、激務なブラック企業が存在します。

そのため「きつい」という噂があるんです。

しかし全ての会社が働きにくいわけではないので、仕事をする企業選びがとても重要になります。

ブラック企業を避けるには、

  • 企業のホームページ
  • インターネット上の口コミサイト

などを利用して、働く会社の情報をできるだけ多く集めることが大切です。

 

また働きにくい会社に行かないためには、転職エージェントの力を借りるのもおすすめ。

なかがわ

転職エージェントでは様々な企業を担当者が訪問して、その会社の実態内容を集めています。

したがって転職エージェントを利用すれば、インターネット上にない企業の情報を知ることが可能です。

最近ではIT業界の転職に特化した、マイナビエージェントITレバテックキャリアのような転職エージェントもあります。

SE(システムエンジニア)への転職を考えるなら、ぜひ一度チェックしてみましょう。

システムエンジニアが激務できつい3つの原因!SEに向いている人の特徴・性格を解説

未経験者でも面接に突破できる!今からSE(システムエンジニア)になる2つの方法

ちか

IT社会と言われているので、将来性のあるSE(システムエンジニア)に転職を考えているんです。

完全にIT業界が未経験の人でもSE(システムエンジニア)は目指せるものですか?

なかがわ

もちろんです。

今からでも努力すれば、誰でもSE(システムエンジニア)になれますよ。

ここでは、未経験からSE(システムエンジニア)になる2つの方法を紹介します。

SE(システムエンジニア)になる2つの方法
  1. プログラミングスクールでスキルを身につけて転職する
  2. IT業界に特化した転職エージェントを利用する

1.プログラミングスクールでスキルを身につけて転職する

未経験からSE(システムエンジニア)になるには、プログラミングスクールで学んでからの転職がおすすめです。

プログラミングスクールでの学習は、

  • 独学よりも挫折しにくい
  • 分からない点をすぐに講師に質問できる
  • 効率よく勉強できる

などのたくさんのメリットがあります。

なかがわ

以下の表で、おすすめのプログラミングスクールの特徴や料金を比較しました。

スクールDMM
WEBCAMP
GEEK
JOB
TECH
EXPERT
Tech
Academy
どんな人に
おすすめ?
確実に転職
したい人
スクール費用は
高くて払えない人
働きながら学習を
進めたい社会人
スクールに通う
時間のない人
金額¥ 628,000無料¥ 598,000¥ 99,000~
受講期間3ヶ月最短1ヶ月最短10週間~最短4週間~
リモート
公式サイト

 

ちか

プログラミングスクールによって特徴は様々なんですね!

なかがわ

そうですね。

なのでプログラミングスクールは受講する前に、しっかり情報収集をして選ぶことが大切です。

プログラミングスクールで学習すれば、SE(システムエンジニア)へ転職しやすくなります。

2.IT業界に特化した転職エージェントを利用する

IT業界専門の転職エージェントを利用すれば、未経験者でもSE(システムエンジニア)に転職することが可能です。

転職エージェントは、

  • 転職先の企業を紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 企業に応じた面接対策

など、求職者が上手く転職できるようにフォローをしてくれます。

ちか

すごくありがたいサービスですね。

でも最近は転職エージェントが多すぎて、どこが良いか迷ってしまいます…。

なかがわ

確かに、選択肢がたくさんあると混乱しますよね。

それではおすすめの転職エージェントを3つ紹介しましょう。


エージェントマイナビ
エージェントIT
レバテック
キャリア
Midworks
どんな人に
おすすめ?
スキルに
自信がない人
専門的な
アドバイスを受け
転職したい人
スキルに
自信がある人
推定年収240~1200万300~1500万500~1300万
案件数約12,000件約2,500件約3,000件
未経験
公式サイト

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT))などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)はフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

ちか

3社とも登録したほうが良いんですか?

なかがわ

そうですね、各エージェントによって特徴も転職者との相性も違います。

全て登録して使ってみた上で、自分の利用しやすいものを選んでください。

未経験からSE(システムエンジニア)になりたければ、転職エージェントを有効に利用しましょう。

SE(システムエンジニア)が転職しキャリアアップを目指すなら若いほうが有利!

ちか

SE(システムエンジニア)に必要なスキルを身につけてから転職エージェントを使えば、未経験でもSE(システムエンジニア)になれるんですね!

なかがわ

そうですね。

ただし、ひとつ注意すべきポイントがあります。

完全な未経験からシステムエンジニアへ転職するには、年齢によって採用率が大きく変わる点です。

IT業界は人材が足りていないので、未経験者も積極的に採用しています。

しかしなるべく若い人の方が、

  • 成長性が高い
  • 素直なので教育がしやすい
  • 長期的に見てキャリア形成がしやすい

という点から、採用に優遇されやすいです。

なので本気でSE(システムエンジニア)になりたいなら、TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)のようなプログラミングスクールで勉強をしましょう。

そしてオリジナルのポートフォリオを作成してください。

そうすれば転職活動で、自分の実力とやる気を企業にアピールできます。

また高校や大学からの新卒でSE(システムエンジニア)になる場合でも同様です。

なかがわ

少しでもSE(システムエンジニア)への転職を考えているなら、早めの行動がおすすめです!

【必見】SE転職がおすすめな3つの理由と成功のコツ・志望動機のポイントまで徹底解説

SE(システムエンジニア)になるためにはどうすればいい?よくある疑問5選

ちか

SEになるにはプログラミングスクールに通ったり、転職エージェントを利用した方がいいことは分かりました。

でも本当にSE(システムエンジニア)として働けるのか、不安ばかりで…。

なかがわ

初めての転職は不安ですよね。

SE(システムエンジニア)になるためにはどうするべきか、ここではよくある5つの疑問について答えていきたいと思います。

1.文系大学生が新卒でSE(システムエンジニア)に就職することはできる?

IT企業は専門職のイメージが強く、ある程度スキルを持っていないと就職できないと思いがちですよね。

大手企業は「文系」「理系」「男女比」などを均等に分けようとしているので、新卒枠において文系も理系も関係ありません。

ちか

文系の大学生も、SE(システムエンジニア)として働くチャンスは十分あるんですね!

なかがわ

新卒の場合、人柄や熱意、将来性を会社は見ているんですよ。

少しでもIT業界に興味があれば、在学中にインターンを利用して実績をつくるのも良いですね。

もちろんインターンに行かなくても内定はもらえるので、文系の大学生でもSE(システムエンジニア)やプログラマーとして活躍することは十分可能です。

2.高卒でもSE(システムエンジニア)になれる?

ベンチャー企業や中小IT企業の中には、学歴を問わずにSE(システムエンジニア)を募集している会社があります。

ちか

やっぱりSE(システムエンジニア)業界は、学歴よりもやる気や技術を重視して採用してくれるんですね!

なかがわ

そうですね。

学歴関係なく応募できる会社であれば、中卒・高卒であっても問題なく働くことができます。

それでも不安な場合はプログラマーなど学歴を必要としない職種からIT業界に入り込んだり、プログラミングスクールで勉強してから応募するのも1つの手ですね。

どこかで経験を積んだのちにSE(システムエンジニア)としてステップアップするのも、効率的です。

3.独学でSE(システムエンジニア)になるには何から始めれば良い?

独学でSE(システムエンジニア)を目指す場合「基礎知識→知識の応用」を磨いていく必要があります。

おすすめの勉強方法
  1. 書籍で勉強する
  2. 自宅で開発環境を整える
  3. 動画学習サイトを利用する

やはり書籍やサイトを利用しながらスキルを磨いていく必要がありますが、とても挫折しやすいです。

プログラミングの学習でつまづく人が多いですが、簡単な教材から学び始めることで徐々にスキルアップを目指していきます。

なかがわ

基礎を確実に学ぶことが大切です。

ただ、独学では実務を経験することはできないので、ある程度知識が付いたところで転職活動をしたほうがいいですね。

4.SE(システムエンジニア)になるには資格は何を取得すればいい?

さきほど「資格は必須ではない」と言いましたが、それでも資格を取得することで転職に有利になります。

資格を取得することでスキル向上、対外的スキルの証明に繋がるので、ぜひ資格取得を検討してみてください。

SE(システムエンジニア)におすすめの資格
  • 基本情報技術者試験・応用情報技術者試験
  • システムアーキテクト試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • ORACLE MASTER

資格ごとに難易度は違いますが、資格取得に応じて報酬を用意している企業も多いです。

SE(システムエンジニア)として活躍する上で新しい知識を身に着けていくことは必須なので、自分の力量を試すためにも新たな資格を取得してみてはいかがでしょうか。

なかがわ

SEにとって必要な資格が知りたい方はこちらの記事も読んでみるといいですよ!
SEの転職にIT資格持ちは有利?3つの取得メリットとおすすめ10選を紹介!

5.未経験の女性でもSE(システムエンジニア)に転職することはできる?

エンジニアと聞くと男性が活躍しているイメージがあるかもしれませんが、未経験の女性でもSE(システムエンジニア)として働くことは十分可能です。

男女問わず人手が足りていないIT業界では、人材確保や人材育成が課題となっています。

なかがわ

IT業界では男女問わずキャリアアップできる職種なので、女性でも十分高収入を得ることができますよ。

SE(システムエンジニア)はデスクワークが基本なので、男女の体力差も関係ありません。

ちか

色々なスキルを身に着けることができれば手に職がつき、ライフスタイルの変化にも対応できますね!

在宅でも業務が行えるSE(システムエンジニア)は、むしろ女性にこそおすすめの職業かもしれません。

まとめ:SE(システムエンジニア)になりたいならスキルを身につけよう!

今回は、SE(システムエンジニア)になる方法について解説しました。

今からSE(システムエンジニア)になりたいなら、「プログラミング能力・コミュニケーション能力・マネジメント力」の3つのスキルを身につけましょう。

SE(システムエンジニア)は未経験でも目指せる職種ですが、働く企業は慎重に選ばないとブラック企業で消耗していまいます。

働きやすい会社のSE(システムエンジニア)になるには、マイナビエージェントITレバテックキャリアのような転職エージェントの利用がおすすめです。

ちか

SE(システムエンジニア)を目指して、まずはプログラミングスクールでスキルを身につけたいと思います!

なかがわ

転職が成功するように応援しています!

頑張ってくださいね!

SEの年収は1,000万?今より稼ぐ3つのスキルと高収入を目指す3つの方法