【1分でわかる】バックエンドエンジニアとは?転職後の年収や将来性を解説

この記事でお伝えすること
  1. バックエンドエンジニアの仕事内容
  2. バックエンドエンジニアの年収や将来性
  3. バックエンドエンジニアの魅力
  4. 未経験からバックエンドエンジニアになる3つの方法

最近ではIT業界の成長性が大きく、エンジニアへの転職を考える人が増えてきています。

そんな中で、

「バックエンドエンジニアってどんな仕事…?」

「未経験でも目指せるものなのかな…?」

と疑問に感じる人もいるのではないでしょうか。

ちか

なんとなく需要がありそうだし、IT業界に興味があります!

でも、バックエンドエンジニアって名前だけ聞いてもよく分からなくて…

なかがわ

初めて聞く名前だと、分からなくて当然です。

私も最初は何のことか分かりませんでした。

 

そこで今回は、バックエンドエンジニアについて誰でも理解できるように詳しく解説します!

バックエンドエンジニアになる具体的な方法までお話するので、少しでもエンジニアへの転職を考える人はぜひ読み進めてくださいね。

バックエンドエンジニアとは?

なかがわ

バックエンドエンジニアとは簡単に言うと、Webサイトなどの見えない部分を作るエンジニアのことです。

 

一言でエンジニアと言っても、種類は様々です。

一般的によく耳にするのは、

  • バックエンドエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア

ではないでしょうか。

以下の表にそれぞれのエンジニアについて、簡単にまとめました。

仕事内容年収将来性
バックエンドエンジニアWebサイトのユーザーの目には見えない部分を作り出すエンジニア。
見えないところの処理が上手くできないと、システム自体が機能しなくなる。
フロントエンドエンジニアWebサイトの画面に見える部分を担当するエンジニア。
ユーザーの目に触れるところなので、分かりやすいデザインや動きを意識する必要がある。
サーバーサイドエンジニアバックエンドエンジニアと同じような仕事内容。
サーバーよりの知識が豊富なエンジニア。

この記事ではバックエンドエンジニアについて詳しく説明しますね

 

こちらの「バックエンドの意味とは?仕事に必要な3つのスキルなどを徹底解説!」という記事では、バックエンドエンジニアに求められる能力などを詳しく解説しています。

知識を深めたい人は合わせて読んでみてください。

バックエンドエンジニアの仕事内容

バックエンドエンジニアの仕事は、Webサイトやシステムのユーザーの目には見えない部分を作成することです。

 

例えば、ネット上で買い物をするときを想像してみてください。

買いたい商品をカートに入れて決済するとき、

  • 買い物する人の名前や住所
  • 支払い情報

などの入力場所は、サイトの画面を見れば分かるようになっていますよね。

 

でも、入力した購入者の情報がどういう処理を経て、ショップへ届いているかは目に見えません。

バックエンドエンジニアはこの目に見えない処理を作り出します。

バックエンドエンジニアの仕事がないと、

  • 個人情報の保存
  • 購入履歴、閲覧履歴の確認
  • 商品情報の登録

など、当たり前に使っている便利な機能が成り立ちません。

なかがわ

バックエンドエンジニアは、みなさんが利用するシステムの根幹を担う重要な役目をしています。

バックエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアの違い

ちか

バックエンドエンジニアについて調べると、サーバーサイドエンジニアというのがよく出てくるんですけど、これは何なんですか?

サーバーサイドエンジニアの仕事内容は、バックエンドエンジニアとほぼ同じものです。

ユーザーから直接見えないデータなどの処理機能を作ります。

バックエンドエンジニアよりサーバーサイドエンジニアの方が、サーバーへの知識が豊富なのが特徴です。

 

サーバーサイドエンジニアについてさらに詳しく知りたいなら、「【何が必要?】バックエンドエンジニアに必要なサーバー関連の基礎知識を徹底解説」という記事がおすすめ。

なかがわ

よりサーバーサイドについて、深く理解できますよ。

バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアの違い

ちか

バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアの違いが、よく分からないんですけど…。

バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアの違いを簡単に言うと、

  • バックエンドエンジニアはユーザーの目には見えない部分
  • フロントエンドエンジニアはユーザーの目で見える部分

を作成します。

ひとつのシステムを開発するとき、どちらか一方が欠けていてはいつまでもサービスが完成しません。

ちか

フロントエンドもバックエンドもないと、システムが成り立たないんですね…!

 

フロントエンドとバックエンドの違いについては「フロントエンドとバックエンドの違い【将来性・仕事内容を徹底解説】」という記事で細かく説明しています。

もっと具体的に知りたい人は、合わせて読んでみてください。

バックエンドエンジニアの転職に必要な5つのスキル

ちか

バックエンドエンジニアに求められるスキルって、どんなものがあるんですか?

なかがわ

バックエンドエンジニアに必要な能力は5つあります。

それぞれ解説しますね。

バックエンドエンジニアに必要な5つのスキル
  1. 開発に使うプログラミング言語
  2. 開発を効率的に行うためのツールやフレームワーク
  3. 開発したサービスを動かすミドルウェアの知識
  4. 開発で使うサーバーの構築
  5. 情報の保存先であるデータベースの構築

1.開発に使うプログラミング言語

バックエンドエンジニアには、開発で使うプログラミング言語の知識が求められます

プログラミング言語はその名の通り、プログラミングをするための言葉です。

文字に意味をもたせてコードを記述することで、作りたいサービスや機能を形にできます

 

なかがわ

プログラミング言語の種類は様々です。

言語ごとに特徴が異なります。

そのため作りたいサービスの規模や形によって、相性の良い言語を利用する場合が多いです。

 

こちらの記事「【最新2019】プログラミング言語10を比較!初心者におすすめな言語はPython!?選び方と注意点は?」ではプログラミングを始める前に知りたい、おすすめのプログラミング言語を紹介しています。

まずはどういう言語があって、何を作るのに適しているのか知ることが大切です。

そうすれば、自分が作ってみたいサービスを実現できるプログラミング言語を選んで勉強できますよね。

 

ちか

でも、プログラミングって難しそうだし、どんなものか不安です…。

もし気軽にプログラミング言語を学習してみたいなら、GEEK JOBの無料体験を利用してみてください。

無料で自分にプログラミングへの適性があるのかが分かりますよ。

開発に必要なプログラミング言語の知識はバックエンドエンジニアには必須です。

【最短1ヶ月で習得】バックエンドエンジニアにおすすめのプログラミング言語8つを徹底解説

2.開発を効率的に行うためのツールやフレームワーク

開発をより効率的に進めるためのツールやフレームワークの知識が、バックエンドエンジニアには必要になります。

フレームワークとは、開発を便利にする枠組みのこと。

プログラミング言語を用いて何行も書いて動いていたコードが、フレームワークを使えば1行書くだけで同じ機能を作ることも可能です。

例えば、

  • RubyのRuby on Rails
  • PHPのLaravelやCakePHP

など多くの言語で便利なフレームワークが導入されていて、開発を手助けしてくれています。

 

また開発の現場では多くの人でシステムの開発を行うため、それぞれの人が書いたコードの共有は大切です。

そこでよく用いられるのが、Githubというバージョン管理システムのツール。

自分の書いたコードを各々保存して、チームで共有できます。

  • 誰がなぜコードを保存したのか記せる
  • 前回の保存から変更した点はどこか分かる
  • コードが動かなくなった場合、以前のバージョンに戻せる

などと、ツールによってチームのシステム開発を円滑に進めることが可能です。

 

このようにバックエンドエンジニアとして働くときに使う、便利なツールやフレームワークはたくさんあります。

なかがわ

少しイメージが湧きにくいかもしれませんが、プログラミングスクールへ通えば便利なフレームワークやツールを学習できますよ。

DMM WEBCAMPTECH::EXPERTだと実績もあるのでおすすめです。

バックエンドエンジニアには、開発をスムーズに行える知識が求められています

3.開発したサービスを動かすミドルウェアの知識

なかがわ

バックエンドエンジニアにはミドルウェアの知識も必要です。

ミドルウェアとは、OSとアプリケーションの間で動作するもの

OSだけではアプリケーションを動かすために足りない機能を、ミドルウェアが補ってくれます。

アプリケーションがあるだけでは、せっかく開発したシステムを動かせません。

 

システムを効率よく動かすためにも、バックエンドエンジニアにはミドルウェアの知識が求められます

4.開発で使うサーバーの構築

開発で使うサーバー構築のスキルも、バックエンドエンジニアには重要です。

ちか

サーバーってどういうものですか?

なかがわ

サーバーとは何らかのサービスのデータを持っていて、ユーザーに情報を提供するコンピュータのことです。

例えば、あるWebサイトのページから違う画面に移動したいときクリックしますよね。

ユーザーのクリックという動作によって、サーバーが必要なページの情報を利用者に提供してくれます。

なかがわ

サーバーは、システムを動かす上で重要ななくてはならないものなんです。

そのためバックエンドエンジニアは、開発するシステムに適したサーバーを構築する必要があります

 

サーバーの構築はバックエンドエンジニアの仕事の一つですが、サーバーへより詳しい知識を持つ人はサーバーサイドエンジニアと呼ばれています。

 

[サーバーサイドエンジニア記事]

5.情報の保存先であるデータベースの構築

開発したシステム上で入力した情報は、データベースへ保存されます。

バックエンドエンジニアには、このデータベースの構築スキルも必要です。

 

例えばオンラインのショッピングサイトなら、

  • ユーザーの名前やメールアドレス、パスワードなどの個人情報
  • カートの中身
  • 商品の購入履歴
  • 新商品の金額や情報の登録

など、様々な情報を保存、変更、削除ができなければなりません。

ちか

たくさんの情報を管理するのは大変そうですね…。

なかがわ

その通りです。

求められたとき必要なデータを取り出せるように、データベース上に情報を整理するのもバックエンドエンジニアの仕事になります。

サービスを利用する人に不便がないように考えて、開発を進めなければなりません。

 

そのため、バックエンドエンジニアにはデータベース構築する能力が求められます

バックエンドエンジニアが行うシステム開発の主な流れ

ちか

システム開発って、どんな流れでやるものなんですか?

なかがわ

開発に関わったことがないと、なかなか想像しにくい部分ですよね。
では、バックエンドエンジニアがシステム開発をするときの流れを解説しましょう。

システム開発の簡単な流れは、

要件定義→設計→実装→テスト

となっています。

 

こちらの「【3分理解】バックエンドエンジニアのシステム開発の流れを解説!」という記事ではシステム開発の流れについてより詳しく説明しています。

理解が深まるので、ぜひ合わせて読んでみてください。

1.開発するシステムに必要な要件をまとめる

システムを開発するには、まず必要な要件をまとめなければなりません

なかがわ

要件とは、システムに盛り込みたい機能やサービスのことです。

要件を正確にまとめられていないと、

  • 開発した後に必要な機能が足りなくて、システム自体が無意味なものになる
  • クライアントとのトラブルの原因になる

などといった不利益に繋がります。

クライアントが求めているものを丁寧にヒアリングすることで、スムーズに開発が進めることが可能です

要件定義はシステム開発で最も重要なポイントとなります。

2.要件を満たすシステムの設計図を作る

要件をまとめたら、それを元にシステムの設計をしていきます

要件通りの機能を満たすために、どういった技術を使ってシステムを作れば良いか考えるのです。

システムの設計が正確でないと、

  • プログラミングの効率が悪くなる
  • システムを完成する前後でエラーが生じる

という危険性が高まります。

システムの設計は要件の漏れがないよう注意しないと、開発が上手くいきません。

3.設計図をもとにWebサイトやシステムの開発を行う

要件を元に作った設計図が完成したら、実際にプログラミング言語を用いてWebサイトなどの機能を実装していきます

なかがわ

みなさんの考えるエンジニアのイメージが、一番強い工程かもしれません。

規模の大きい開発だと、ひとつのシステムを機能などによって分担してプログラミングを行います。

全てを一人で担当するわけではないので、後から他人に見られても理解してもらえるコードを書くことが重要です。

機能を実装することで、ようやく作りたいシステムが形になってきます。

4.作ったシステムが正常に動くかテストする

機能を実装したら、実際にシステムが正常に動くかテストをします

実装ではシステムを複数人で分担して、プログラミングを行いました。

テストの段階ではバラバラに作ったものを合わせて、一つの形に仕上げます

なかがわ

このとき前は上手く動いていたのに、機能を組み合わせるとエラーが生じることがよくあるんです。

システムをユーザーが使ったときに不具合を起こして迷惑をかけないためにも、動作のテストはとても重要な作業になります。

【3分で理解】バックエンドエンジニアのシステム開発の流れを解説!

ちか

システムを作るのにたくさんの工程があるんですね。

私にもできるか不安です…。

なかがわ

バックエンドエンジニアになる前にDMM WEBCAMPのようなプログラミングスクールに通えば、要件をまとめるところからテストまで体験できます。

 

もしつまずいても講師が親切に教えてくれるので安心ですよ。

バックエンドエンジニアに転職するメリット3つ

なかがわ

バックエンドエンジニアになるメリットは主に3つあります。

それぞれ見ていきましょう。

バックエンドエンジニアとして働く3つのメリット
  1. 需要が大きく将来性が高い
  2. 知識がない未経験からでも学びやすい
  3. なり手が少ないので重宝されやすい

メリット1.需要が大きく将来性が高い

バックエンドエンジニアになるメリットの1つ目は、需要が大きくて将来性が高い点です。

なかがわ

IT業界は将来性が高いと聞いたことはありませんか?

ちか

そういえば、プログラミングが小学生の必修になるってテレビで話題になってました!

(出典:経済産業省

 

こちらのグラフを見ても分かるように、IT業界へのニーズは2030年まで伸び続けています。

しかし、人材不足が慢性的に続いているのです

 

また開発したシステムが完成して、実際にリリースされた後も、

  • バグで動かなくなる
  • 仕様を変えないといけなくなる

などといった問題が起こる可能性は少なくありません。

 

そのためバックエンドエンジニアは需要がまだまだ高い、将来性のある職種であると言えます。

バックエンドエンジニアの将来性が高い理由
  1. IT業界は慢性的に人材が不足している
  2. 現在扱っているシステムのアフターフォローなどで継続的に仕事が得られる

メリット2.知識がない未経験からでも学びやすい

知識がない未経験からでも学びやすい点が、バックエンドエンジニアになるメリットの一つです。

もちろん、努力をせずに誰でも簡単にバックエンドエンジニアになれるわけではありません。

 

しかし真面目に勉強を続けられる人なら、今から学び出せば努力次第でいくらでも技術を身につけられます

最近では、

  • 本屋で買えるわかりやすい技術書
  • オンライン教材(Progate、ドットインストールなど)
  • プログラミングスクール(DMM WEBCAMPTECH::EXPERTなど)

といった、未経験の人でも学びやすい勉強ツールがたくさんあるのです。

知識がなくても分かりやすいものが多いので、初学者でも安心して学べます

メリット3.なり手が少ないので重宝されやすい

バックエンドエンジニアは需要が足りないにも関わらず、なり手が少ないです。

なかがわ

エンジニア志望の人は増えてきていますが、フロントエンドの方が自分の作ったものが目に見えて分かるので、やりたいと思う人が多いんですよね。

 

一方でシステムの機能を支えるバックエンドエンジニアは、少し複雑なため難しいと思われがちです。

 

しかし、バックエンドはプログラミングスクール(DMM WEBCAMPなど)でしっかり基礎を学べば、イメージほど難しいものではありません。

なりたい人が少ない=ライバルも少ない

ということなので、今から目指せば業界内でも重宝される存在になれます

バックエンドエンジニアに適正のある人の特徴4つ

なかがわ

バックエンドエンジニアに向いている人には4つの特徴があります。
ここでは一つひとつ説明しますね。

バックエンドエンジニアに適正のある人の特徴
  1. 常に勉強する継続力のある人
  2. 学んだ知識を積極的にアウトプットできる人
  3. コミュニケーション能力の高い人
  4. 問題を解決する能力の高い人

特徴1.常に勉強する継続力のある人

バックエンドエンジニアに向いているのは常に勉強する継続力のある人です。

ITに関する技術は常に進歩していきます。

この前まで最新だったスキルでも、いつの間にか古い扱いになるものも多くあるのです。

 

そのため、いつでも最新技術の情報をキャッチアップして身につける必要があります。

ちか

一度スキルを身につけたらそれで終わり、というわけではないんですね!

なかがわ

そうなんです。

むしろ「新しいことを知るのが楽しい!」と思える人にとってはエンジニアは天職ですよ。

特徴2.学んだ知識を積極的にアウトプットできる人

学んだ技術を積極的にアウトプットできる人もバックエンドエンジニアに向いています。

エンジニアになりたくて技術書をたくさん読んだ人が、エンジニアとしての能力があるわけではありません。

読んだ本の内容を元に、実際にプログラミング言語を使ってコードを書いてみることが大事です

ちか

じゃあいっぱい本を読んで、簡単なWebサービスを作ってみれば良いんですね!

なかがわ

そうですね。

確かに本を読み漁ることでもプログラミングは勉強できます。

 

でも独学では知識のアウトプットが上手くできなくて、挫折する人がとても多いんです

ちか

そうなんですか!

せっかく勉強をしてるのに、なんだかもったいないですね…。

なかがわ

本の通りにやっているつもりでも、少しのミスで上手くいかない場合もよくあります。

途中で挫折することなくバックエンドエンジニアになりたいなら、TECH::EXPERTGEEK JOBなどのプログラミングスクールでサポートを受けながらの学習がおすすめです。

プログラミングスクールがおすすめな理由
  • 勉強した内容をカリキュラムの中でアウトプットできる
  • もし行き詰まったら、講師がきちんとフォローしてくれる

ただ知識をインプットするだけでは戦力のあるエンジニアにはなれません。

学んだことを活かして実際にコードを書いて失敗や成功体験を積み重ねると、一人前のエンジニアになれます。

特徴3.コミュニケーション能力の高い人

なかがわ

バックエンドエンジニアに適正のある人は、コミュニケーション能力の高い人です。

ちか

エンジニアってもくもくとプログラミングしてるイメージだったんですけど、違うんですね。

エンジニアは言われたシステムを作るだけでなく、

  • クライアントが欲しい機能を作るには、どの技術を使うか
  • クライアントの要望と、実際に作ろうとしているシステムに考えの食い違いはないか

などを確認する必要があります。

ちか

お客さんの意見を正確にヒアリングする必要があるんですね!

その他にもコミュニケーションが取れないことでエンジニア同士での連携が上手くいかないと、開発が遅れる原因にもなります

バックエンドエンジニアにコミュニケーション能力が必要な理由
  1. クライアントの要望を正しく聞き出すため
  2. エンジニア同士の連携を円滑にするため
  3. ユーザーの役に立つシステムを正確に作るため

ちか

良いサービスを作るにはコミュニケーション能力が欠かせないんですね!

特徴4.問題を解決する能力の高い人

バックエンドエンジニアに向いている人は、問題の解決能力が高い人です。

エンジニアとして働いていると、システムが上手く動かないことは日常茶飯事で起こります。

そのため、いかに早く

  • おかしい点はどこなのか
  • 解決するには何をすれば良いか

を把握する能力が求められるのです。

問題が起こったとき、人に聞く前に自分で調べて解決できる人は開発の現場で重宝されます

ちか

問題の原因を察知して調べる力って、どうやったら身につくんですか?

調べるのも一苦労な印象です。

なかがわ

問題を解決する能力を身につけるには、開発の経験を積むことですね。

 

しかし未経験にも関わらずいきなり現場で開発を始めると、問題点の調べ方も分からないでしょう。

まずはDMM WEBCAMPなどのプログラミングスクールで、開発を体験するのがおすすめです。

分からない点を調べて人に質問できる環境が整っています。

自発的に問題を解決できる能力は、バックエンドエンジニアには必須のスキルです。

バックエンドエンジニアとして早く成長するために必要な4つのこと

ちか

需要の大きいバックエンドエンジニアになりたい人は多そうですね。

周りの人よりも早く成長して一人前になるには、どうすれば良いんですか?

なかがわ

やる気があって素晴らしいですね!

では、バックエンドエンジニアとして早く成長するためのポイントをお話します。

バックエンドエンジニアとして早く成長するための4つのポイント
  1. 仕事の時間以外でも勉強する
  2. スクールで効率良く学習する
  3. 様々な現場でエンジニアとしての実践を積む
  4. 同じ現場の先輩に教えてもらう

1.仕事の時間以外でも勉強する

バックエンドエンジニアとして早く成長したければ、仕事の時間以外にも勉強をしましょう

先程少しお話しましたが、エンジニアの技術は新しいものへの移り変わりが激しいです。

経験が豊富なエンジニアでも、就業後や休みの日に勉強をしています。

 

そのため早く一人前のエンジニアになりたいなら、自分の時間も学習に当てられる覚悟が必要です。

なかがわ

もちろん休む時間も必要ですが、メリハリをつけて積極的に学べば実力はついてきますよ。

2.スクールで効率良く学習する

プログラミングスクールで効率よく学習すれば、バックエンドエンジニアとして早く成長することが可能です。

 

プログラミングスクールには、

  • 学習の質を高めるカリキュラム
  • わからない点は講師が対応してくれる

などと、一人で学習するよりも多くのメリットがあります。

ちか

最近プログラミングスクールの名前をいっぱい聞くんですけど、おすすめはどこのスクールなんですか?

なかがわ

おすすめのプログラミングスクールはDMM WEBCAMPGEEK JOBTECH::EXPERTの3つです。
3つのスクールの金額、受講期間、おすすめな人の特徴などを見ていきましょう。

金額受講期間リモート可おすすめな人
DMM WEBCAMP

¥ 628,000

3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポート

・確実に転職したい人
・ある程度の時間をかけてじっくり学習したい人
・学習期間は教室に通って勉強に集中できる人

GEEK JOB

無料

最短1ヶ月~
最長3ヶ月間

・エンジニアに転職したいけどスクール費用は高くて払えない人
・独学で挫折した人
・必ず転職する意思がある人

TECH::EXPERT

短期集中
スタイル

¥ 598,000

最短10週間〜

・エンジニアに転職したい人
・短期集中で技術を身に着けたい人
・働きながら学習を進めたい社会人

夜間・休日
スタイル

¥ 798,000

6ヶ月

TechAcademy

¥ 99,000〜

最短4週間〜

・スクールに通う時間のない人
・独学では上手く学べなかった人
・現役のエンジニアに学習をサポートして欲しい人

ちか

スクールの受講期間やスタイルによって金額が変わってくるんですね!

なかがわ

どのスクールが一番良いかよりも、自分に向いていそうなスクールを選ぶと後悔がないですよ。

プログラミングスクールに対して、

  • 自分がいくら支払えるのか
  • どういうスタイルで学びたいか

をしっかりと考えるようにしましょう。

3.様々な現場でエンジニアとしての実践を積む

バックエンドエンジニアとして早く成長したければ、様々な現場でエンジニアとしての経験を積むことが必要です。

関わる開発案件の内容や規模によって、任せられる仕事内容も変わってきます

できる仕事の幅が増えれば、その分必要とされる人材になれるのです。

ちか

様々な現場って、どうすれば体験できるんですか?

エンジニアとして早く成長したいなら、

  • 新しい経験が積める企業へ転職をする
  • フリーランスとしていろんな案件に関わる

という選択肢があります。

ちか

転職…フリーランス…。なんだか大変そうですね…。

なかがわ

一見ハードルが高いように感じるかもしれません。

 

でも最近では無料のエージェントがたくさんあるので、上手く利用すれば難しくないです。

ここではスキルアップにおすすめのエージェントを3社紹介しますね。

おすすめのエージェント3選
  1. 転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア
  2. 業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT
  3. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「Midworks

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

ちか

なんだかどのエージェントも魅力的に見えてきちゃいました…。

なかがわ

それぞれのエージェントで特徴が異なるので、迷うなら全て登録しておきましょう

どのエージェントも無料な上、登録も簡単です。

実際に使ってみて相性の良いエージェントを選ぶと良いですよ。

4.同じ現場の先輩に教えてもらう

早く成長するバックエンドエンジニアになりたければ、同じ現場にいる先輩に教えてもらうのがおすすめ

問題点は技術のある人から教わるのが効率的です。

なかがわ

先輩も分からないことや大変だった経験を経て、エンジニアとして働いています。

分からない気持ちも理解してくれるはずです。

 

もちろん教えてもらう前に自分で勉強したり、調べてみる必要はありますが、それでも困った点は正直に聞きましょう。

分からないことをそのままにするのは最も良くありません。

変なプライドがなく素直に学ぼうとする人は、バックエンドエンジニアとして伸び率が高いです。

英語力はあると良いが必須ではない

ちか

エンジニアって英語ができないといけないイメージがあるんですけど、実際はどうなんですか?

なかがわ

語力はあったほうが良いですが、必須ではありません

 

しかしプログラミング言語は世界中で使われているので、分からない点を調べると英語のサイトへ飛ぶなんてこともよくあります。

そういったとき英語ができれば有利ですよね。

 

とはいえ、エンジニアが使う英語は日常会話の英語とは異なります。

そのためプログラミングを身に着けながら、少しづつ技術系英語も覚えられたら良いですね

なかがわ

エンジニアがよく使う技術系の英語は、専用の単語帳や学習サイトがあるのでチェックしてみると良いかもしれません。

バックエンドエンジニアの年収は400万円前後。実力次第で大きく変わる!

バックエンドエンジニアの年収の平均は400万円前後となっています。

未経験で転職した場合は300万円くらいになる場合が多いです。

ちか

最初は他の業界の同年代と変わらないくらいなんですね。

なかがわ

いきなり高い年収をもらう人もいますが、それなりの技術やポテンシャルが必要です。

しかし、経験やスキルが高くなってくると実力に見合った高い給料をもらえます。

 

またキャリアアップのために転職すれば、年収が大幅に上がるケースもあるのです

ちか

実力を評価されて収入が上がるのは嬉しいですね!

バックエンドエンジニアとしての実力がついたら様々な働き方の選択肢ができる

バックエンドエンジニアは実力があれば色々な働き方を選べます

バックエンドエンジニアの働き方
  1. 実力を活かして転職し、収入を上げる
  2. 企業に属しながらリモートで働く
  3. 時間と場所にとらわれずにフリーランスとして独立する

なかがわ

ここではバックエンドエンジニアが選択できる働き方を紹介しますね。

1.実力を活かして転職し、収入を上げる

バックエンドエンジニアとしての実力があれば、転職をして年収を上げることが可能です

ちか

 高い技術力があれば、働いている会社でお給料は上がるんじゃないんですか?

 

なかがわ

もちろん高い年収をもらえる会社もありますが、経験年数やスキルに見合った金額をもらえていない人が多いんです。

確実に年収を上げたければ転職して、納得のいく条件の会社へ所属するのがおすすめです。

働く環境が変われば新しい現場で、やったことのない仕事を任せられる可能性も高くなります。

すると、さらなるスキルアップも目指せるのです。

2.企業に属しながらリモートで働く

優秀なバックエンドエンジニアであれば、企業に属しながらリモートで仕事ができます

IT業界は働き方に柔軟な考えの企業が多いです。

 

そのため、仕事が評価されればリモート勤務を許可してくれる企業へ転職できます。

リモートで働ければ、

  • 通勤への時間やストレスがなくなる
  • 家庭での時間が増える

など、時間を自由に使うことが可能です。

バックエンドエンジニアの実力があれば「毎日会社へ行く」以外にも働き方の選択肢が増えます。

3.時間と場所にとらわれずにフリーランスとして独立する

確かな技術力があれば、フリーランスのバックエンドエンジニアになることが可能です

フリーランスになれば、

  • 時間と場所にとらわれずに仕事ができる
  • 好きな仕事をできる

というように、ストレスの少ない人生に近づけます。

 

ちか

でも、フリーランスって仕事が安定して見つからないと大変じゃないんですか?

なかがわ

そうですね。

確かにフリーランスは自由度が高い分、不安定なイメージがあるかもしれません。

しかし、最近ではフリーランスをサポートする媒体が多く存在します。

 

例えば、

  • クラウドソーシングサイトで営業をして、仕事を獲得する
  • レバテックフリーランスのようなサービスを使って、希望に合う案件を紹介してもらう

というように、方法を知っていればフリーランスでも仕事を見つけることは難しくありません

 

バックエンドエンジニアとしての技術が高ければフリーランスになって、自由にたくさんのお金を稼げるのです。

ちか

スキルがあれば、フリーランスになれる可能性が広がるんですね!

未経験からバックエンドエンジニアへ転職する3つの方法

ちか

バックエンドエンジニアって未経験からもなれるものなんですか?

なかがわ

もちろんです。

エンジニアになるために努力できれば、誰だって目指せますよ!

未経験からバックエンドエンジニアになる3つの方法をお伝えしますね。

未経験からバックエンドエンジニアになる3つの方法
  1. 無料の転職エージェントを使って転職活動をする
  2. 無料プログラミングスクールで学んで転職活動をする
  3. プログラミングスクールでポートフォリオを作って転職活動をする

また、こちらの「最短で目指せる!未経験でバックエンドエンジニアになる3つの方法」という記事では、未経験からバックエンドエンジニアになる方法がより詳しく解説してあります。

合わせて読んでみてください。

1.無料の転職エージェントを使って転職活動をする

未経験からバックエンドエンジニアになりたければ、無料の転職エージェントを使うのがおすすめです。

ちか

でも最近は転職エージェントって数が多くて、どこが良いかわからないです…。

なかがわ

選択肢が多すぎると迷ってしまいますよね。

 

では、バックエンドエンジニアになるためにおすすめのエージェントを3社紹介します

無料なので、この3つだけ登録しておけば安心ですよ。

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

2.無料プログラミングスクールで学んで転職活動をする

バックエンドエンジニアになりたければ、無料プログラミングスクールで学習してから転職活動しましょう。

おすすめは「GEEK JOB」です。

なかがわ

GEEK JOBフリーターや就業中の人からも人気な、無料プログラミングスクールとなっています。

GEEKJOBは、

  • 無料でプログラミングを学べる
  • 転職先を紹介してくれる

という魅力的なサービスを提供してくれます。

 

GEEKJOBでプログラミングを学習して、転職に成功した人はなんと95.1%です。

未経験でもプログラミングを学んだ経験があれば、転職活動も円滑に進みます

ちか

すごい!
無料で学べる上、転職をサポートしてくれるのは嬉しいですね!

バックエンドエンジニアになりたいなら、まずはGEEK JOBの無料体験へ申し込んでみてください。

未経験から最短で転職できる!?

3.有料プログラミングスクールでポートフォリオを作って転職活動する

有料プログラミングスクールでポートフォリオを作れば、効率よくバックエンドエンジニアになれます。

ポートフォリオがあれば、自分の学習した実績を分かりやすく企業にアピールできるため、有利に転職することが可能です。

 

おすすめなプログラミングスクールは、

です。

どちらのスクールも転職保証がついているので、万が一エンジニアになれなかったら受講料を全額返金してくれます。

ちか

全額返金…!

エンジニアに絶対なりたい人には魅力的ですね!

最短で目指せる!未経験でバックエンドエンジニアになる3つの方法

まとめ:バックエンドエンジニアは将来性の高いおすすめなお仕事!

なかがわ

今回はバックエンドエンジニアについて詳しくお話しましたが、少しでも理解が深まりましたか?

ちか

はい、仕事内容も魅力もよく分かりました!

バックエンドエンジニアの魅力
  1. 未経験からでも目指せる
  2. 将来性が高く、まだまだ需要がある
  3. スキルがあればいろんな働き方を実現できる

少しでもバックエンドエンジニアに興味があるなら、

  • 転職エージェントに登録する
  • プログラミングスクールに行く

など、今すぐ行動しましょう。

 

バックエンドエンジニアになるための無料のサービスもたくさんあるので、とりあえず登録や体験会への参加をおすすめします。

[転職エージェント比較記事]