【何が必要?】バックエンドエンジニアに必要なサーバー関連の基礎知識を徹底解説

この記事でお伝えすること
  • バックエンドエンジニアに仕事内容や求められるサーバー関連の知識
  • バックエンドエンジニアのキャリアステップ
  • 未経験からバックエンドエンジニアになる方法

最近ではIT業界に興味を持って、転職を考える人が増えています。

そんな中で、

「バックエンドエンジニアが扱うサーバーって何だろう…?」
「サーバーサイドエンジニアとバックエンドエンジニアの違いはなに?」

と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

ちか

IT業界で働くバックエンドエンジニアに興味があるんですけど、具体的なことがよく分かりません…

なかがわ

最近はエンジニアを目指す人が増えていますが、詳しくはよく分からないという相談は私もよく受けます。

そこで今回は、バックエンドエンジニアの仕事内容や求められるサーバー関連の知識などを徹底解説します。

バックエンドエンジニアに少しでも興味がある人はぜひ読み進めてください。

バックエンドエンジニアの仕事内容

ちか

バックエンドエンジニアってどういう仕事をしているんですか?

バックエンドエンジニアは簡単に言うと、Webサービスの情報処理などの機能を作っています

ネット上のショッピングサイトを例にすると、

  • サイトのユーザー情報の登録、編集、削除
  • ユーザーが買った商品の履歴
  • ユーザーの決済情報の登録

など、様々なデータが関わる処理機能を作るのはバックエンドエンジニアの仕事です。

なかがわ

バックエンドエンジニアは、ユーザーの目には触れないWebサイトの基礎となる部分を支えているんですよ。

バックエンドエンジニアがいないと、どんなにキレイで使いやすいデザインのWebサイトでも全く機能しません。

 

こちらの「【1分でわかる】バックエンドエンジニアとは?転職後の年収や将来性を解説」という記事では、バックエンドエンジニアの全てについて徹底的に書いてあります。

バックエンドエンジニアをもっと詳しく知りたい人は、合わせて読んでみてくださいね。

バックエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアの仕事の領域はほぼ同じ

ちか

サーバーサイドエンジニアはバックエンドエンジニアとは違うんですか?

なかがわ

サーバーサイドエンジニアとバックエンドエンジニアの仕事領域はほとんど同じです。

呼び方は異なりますが、両方ともシステムのデータなどの処理機能を作り出す仕事をしています。

 

ただ、サーバーサイドエンジニアの方がサーバーについての技術力が高いです。

大きな規模の開発現場だと、サーバーサイドエンジニアとバックエンドエンジニアの業務内容が分けられている場合があります。

ちか

そもそもサーバーって、一体どういうものですか?

サーバーは、システムに必要な情報を持っているコンピューターです。

例えばパソコンからWebサイトにアクセスしたとき、サーバーがあなたのパソコンに必要なページの情報を返してくれます。

サーバーがないと見たいページの閲覧もできません。

なかがわ

サーバーはインターネット上になくてはならない重要なものなんです。

  • Webサイトの情報を持つサーバーを作る
  • サーバー上の問題点を処理する

ということを得意とするのがサーバーサイドエンジニアになります。

バックエンドエンジニアに求められるのはプログラミングスキルだけではない

なかがわ

さっきお話したとおり、バックエンドエンジニアはシステムの処理機能に関わっています。

具体的にどんな仕事をしているか、イメージってありますか?

ちか

バックエンドエンジニアは、ひたすらパソコンに向かってプログラミングをしてるイメージですね。

違うんですか?

なかがわ

正解です。

しかし、バックエンドエンジニアはプログラミングだけを行っているわけではないんです

バックエンドエンジニアには、

  • システムを作るプログラミング
  • サイトに必要な情報を保存するデータベースの構築
  • システムを動かすミドルウェアの知識
  • 開発に必須なサーバーの構築

など、一般的にイメージされるプログラミング以外にもたくさんの仕事があります。

そしていろんな分野の幅広い技術が求められるのです

なかがわ

バックエンドエンジニアを目指すなら、プログラミング以外にも必要な技術があると覚えておいてください。

サーバーなどへの幅広い技術があればさらにたくさんのお金が稼げる

ちか

バックエンドエンジニアになるには、たくさん勉強して技術を身につけないといけないんですね…。

もちろん新しいことを学ぶので、未経験からバックエンドエンジニアとして働くのは簡単ではありません。

 

しかし、確実に技術力を自分のものにできれば、力を活かして多くのお金を稼ぐことが可能です。

プログラミングだけでなくサーバー関連の知識が豊富だと、より優れた人材として評価されます

なかがわ

ここでは、技術の高いバックエンドエンジニアがガッツリ稼ぐためのキャリアステップを紹介します。

バックエンドエンジニアが収入を上げる方法
  • 技術を武器に高待遇の会社へ転職する
  • フリーランスとして独立する

技術を武器に高待遇の会社へ転職する

バックエンドエンジニアとしての技術力がついたら、その力を武器に別の企業へ転職して年収を上げられます

なかがわ

IT業界はキャリアアップのために転職する人がとても多いんです。

ちか

同じ会社にずっといたら、キャリアが積めないんですか?

もちろん、会社によってはその人の技術力に応じて年収も上がります。

 

しかし、転職でのキャリアアップの方が、

  • 今まで関わってこなかった経験ができるので、さらに技術力の幅が広がる
  • よりも高い年収での交渉をしやすい

という点からメリットが大きいです。

技術力も年収も上げたいなら、能力を最大値で評価してくれる企業へ転職しましょう

フリーランスとして独立する

フリーランスとしての独立も、スキルが高いエンジニアであれば可能です。

技術のあるフリーランスエンジニアになれば、

  • 仕事する時間と場所を決められる
  • やりたい仕事ができる
  • 会社員より高単価で案件が獲得できる

というように働けます。

ちか

フリーランスって憧れるけど、どうやって仕事を受けるんですか?

いっぱい営業したりとか…?

なかがわ

そうですね。

フリーランスが仕事を取るには営業は欠かせません。

 

でも最近は、フリーランスが仕事をしやすくなる便利なサービスがあります。

既にエンジニアとしてのスキルがある人には、レバテックフリーランスというサービスがおすすめです。

レバテックフリーランスはフリーランスエンジニア専門のエージェントとなっています。

レバテックフリーランスの特徴
  1. 業界トップクラスの案件を保有
  2. 高単価案件を紹介してくれる
  3. 業界に詳しいカウンセラーがサポート

レバテックフリーランスは、フリーランスの人に代わって営業をして案件を紹介してくれるサービスです。

 

そのためフリーランスは営業にかける時間を節約できる上、高単価案件も獲得できます。

なかがわ

案件、営業、経理など、全てを自分ひとりでやるフリーランスにはありがたいサービスです。

レバテックフリーランスを利用するメリット
  • 営業にかかる時間が削減できる
  • 高単価案件が見つかる
  • エンジニアの仕事だけに集中できる

フリーランスエンジニア必見!

 

とはいえ、IT業界が未経験な人がいきなりフリーランスとして案件を受注するのは難易度が高いです。

未経験からフリーランスエンジニアになりたければTECH::EXPERTのような、フリーランスコースのあるプログラミングスクールで学習しましょう。

エンジニアとして働く上で必要な技術が身につけられます。

少しでも気になるなら無料カウンセリングを受けてみてください。

 

エンジニアとしてのスキルが高ければ、フリーランスで稼ぐことも選択肢として増えます

サーバーなどの複数の知識を持ったフルスタックエンジニアはこの先より必要とされる

バックエンドはもちろん、サーバー関連の知識やフロントエンドの技術も兼ね備えたエンジニアを「フルスタックエンジニア」と呼びます

ちか

なんでもできるエンジニアっていうことですか?

なかがわ

その通りです。

最近では、フルスタックエンジニアの需要がどんどん大きくなっているんですよ。

バックエンドだけの知識よりも様々な職種の技術があった方が、

  • システム開発全体を理解できるので生産性が高い
  • 問題が起こったとき、柔軟に解決方法を導ける
  • 人件費が抑えられる

という点から、多くの現場で重宝されます。

自分の担当領域だけに留まらず、貪欲に技術力を磨けばどんどんキャリアアップもすることが可能です。

なかがわ

より価値のあるエンジニアになるために、フルスタックエンジニアを目指すのはおすすめですよ。

【意外と簡単?】フルスタックエンジニアとは?仕事内容やキャリアアップに必要なスキルを徹底解説!

未経験でバックエンドエンジニアになるにはどうすれば良いのか…?

ちか

私は今のところIT系の知識が全くないんですけど、バックエンドエンジニアになれますか…?

なかがわ

もちろんです。

最近では、完全に未経験の人がバックエンドエンジニアに転職するケースも増えています。

ここでは未経験者がバックエンドエンジニアになる方法を紹介しますね。

未経験でバックエンドエンジニアになる方法
  • プログラミングスクールで勉強してみる
  • 転職エージェントを使って効率よく使って転職する

未経験からバックエンドエンジニアに転職するより詳しい方法は、こちらの「最短で目指せる!未経験でバックエンドエンジニアになる3つの方法」という記事でより詳しく解説しています。

合わせて読んでみてください。

プログラミングスクールで勉強してみる

経験のない人がバックエンドエンジニアになりたければ、まずはプログラミングスクールで学習してみてください

プログラミングスクールで学習すれば、

  • 自分にプログラミングの適性があるか分かる
  • 学習で詰まった点は講師にサポートしてもらえる
  • モチベーションを保てるので挫折しない

などと、効率よく学ぶことが可能です。

ちか

でも、近頃はたくさんのプログラミングスクールがあるんですよね…。

どこが一番良いんですか?

なかがわ

スクールによって特徴も様々なので、自分に一番合っていそうなスクールを選ぶことをおすすめします

とはいえ、膨大なプログラミングスクールから選択するのは大変ですよね。

そこで、以下におすすめのプログラミングスクールを比較した表を用意しました。

金額受講期間リモート可おすすめな人
DMM WEBCAMP

¥ 628,000

3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポート

・確実に転職したい人
・ある程度の時間をかけてじっくり学習したい人
・学習期間は教室に通って勉強に集中できる人

GEEK JOB

無料

最短1ヶ月~
最長3ヶ月間

・エンジニアに転職したいけどスクール費用は高くて払えない人
・独学で挫折した人
・必ず転職する意思がある人

TECH::EXPERT

短期集中
スタイル

¥ 598,000

最短10週間〜

・エンジニアに転職したい人
・短期集中で技術を身に着けたい人
・働きながら学習を進めたい社会人

夜間・休日
スタイル

¥ 798,000

6ヶ月

TechAcademy

¥ 99,000〜

最短4週間〜

・スクールに通う時間のない人
・独学では上手く学べなかった人
・現役のエンジニアに学習をサポートして欲しい人

プログラミングスクールによっては、

  • 受講の前に無料体験できる
  • 無料カウンセリングがある

という特徴があるので、気になるなら一度足を運んでみるのも良いかもしれません。

未経験からのバックエンドエンジニアへの転職は、プログラミングスクールで学んだ経験があった方が有利に進みます

転職エージェントを使って効率よく使って転職する

転職エージェントを使えば、効率よくバックエンドエンジニアに転職することが可能です。

転職エージェントは、

  • 転職先の紹介
  • 転職に必要な履歴書、職務経歴書の添削
  • 面接対策

など、転職に不安を抱える人をサポートしてくれます。

なかがわ

最近では転職エージェントの数も多いので、おすすめの3社を紹介しますね。

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

ちか

エージェントによって特徴が違うんですね。

一番良いのはどこなんですか?

なかがわ

転職エージェントと転職者によって相性があります。

なので、とりあえずこの3つのエージェントに登録しておきましょう。

登録はどのエージェントも無料です。

使ってみて一番良いと自分が思うものを利用してください

 

こちらの「[転職エージェント比較記事]」では、転職エージェントをより分かりやすく比較しています。

転職エージェントを詳しく知りたい方は、合わせて読むのがおすすめです。

まとめ:サーバーやプログラミングなど、様々な技術を持ったエンジニアになろう!

今回はバックエンドエンジニアに必要なサーバー関連の話をしました。

ちか

バックエンドエンジニアはプログラミングだけでなく、サーバー関連の技術も必要なんだと分かりました!

なかがわ

理解してもらえて良かったです。

サーバーなど、様々な技術の知識を持っていれば、

  • エンジニアとしての価値が高まる
  • 仕事の幅が広がるので多くの現場で通用する

というように、キャリアアップにも有利となります。

未経験からバックエンドエンジニアを目指すなら、

などが効率的です。

ちか

さっき紹介してもらったマイナビエージェントITなどの転職エージェントに、とりあえず全部登録してみます!

なかがわ

さっそく行動していて素晴らしいです。

転職が上手くいくように応援しています!

【1分でわかる】バックエンドエンジニアとは?転職後の年収や将来性を解説