【未経験可】IT業界(WEB業界)に転職する方法まとめ!メリット・デメリットを調べてみた

この記事でお伝えすること
  1. IT業界(WEB業界)へ転職のメリット・デメリット
  2. 職種別 IT業界(WEB業界)へ転職する方法
  3. 未経験でもIT業界(WEB業界)へ転職を成功させる志望動機の書き方

「新しい仕事を探しているけど、IT業界ってどうなんだろう…。」

「今までとは違う業種のIT業界が気になっているけど未経験でも転職出来るのかな?」

なかがわ

IT業界(WEB業界)と聞くとITの専門知識がないとダメなイメージがありますよね。

ですが実は、未経験でスキルがない方でもIT業界に転職できるんです。

ちか

そうなんですか?

IT業界(WEB業界)の転職についてちょっと気になるので詳しく知りたいです!

そこで今回はIT業界(WEB業界)の職種やIT業界に転職するメリットとデメリット、未経験でもIT業界へ転職できるのか詳しく紹介したいと思いますので是非一読してみてください。

未経験からでもIT業界(WEB業界)へ転職は可能?

ちか

IT業界って未経験でも転職は可能なんですか?

なかがわ

そうですね、結論からいうと未経験でもIT業界(WEB業界)へ転職することは可能です!

IT業界(WEB業界)は未経験からでも転職できます。

現在IT業界は人手不足、転職市場でも求人は資格や年代を問わず増加しているのが現状です。

IT業界の中でも特にSE(システムエンジニア)の人材が足りていません。

なのでIT企業は未経験でも、手厚い研修制度を設けたりなどして積極的に人材を育てています。

こちらの「【必見】SEへの転職がおすすめな3つの理由」の記事では、IT業界のSE(システムエンジニア)転職について詳しく書いてあるので合わせて読んでみてください。

未経験の人がIT業界(WEB業界)へ転職するときに必要なこと

少し解説したように、今のIT業界は人手が足りていないので未経験であっても積極的に採用しています。

ですが未経験の人が何も考えずに志望して、IT業界(WEB業界)入ることは出来ません。

IT業界(WEB業界)に転職するためには明確な志望動機が必要です。

未経験の人が志望動機を考えるのは難しいので「SE(システムエンジニア)が転職する3つの理由とは?志望動機にもつながる?」の記事を参考にしてみてください。

SEの人のための記事ですが未経験の人でも使える、

  • 志望動機の考え方
  • 転職理由
  • 転職理由と志望動機の関係性

などについて解説しています。

文系でもIT業界(WEB業界)へ転職できる?

ちか

IT業界って理系なイメージがあるんですけど、文系の人ではやっぱり転職って難しいんですかね?

なかがわ

そんなことはありません。

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が行った調査ではIT技術者の約3割は文系という結果がでています。

またSE(システムエンジニア)やIT業界の職種では、理数的な知識以外も必要になるので文系じゃIT業界でやっていけないということはありません。

未経験の文系出身者であってもIT業界に転職している人はたくさんいます。

こちらの「【これを見れば完璧】文系でもIT業界に就ける!3つの方法とおすすめの職種を紹介!」の記事では文系のエンジニアについてまとめてありますので気になった方は是非読んでみてください。

IT業界(WEB業界)には3つの職種がある

IT業界(WEB)業界といっても大きく分けると主に3つの職種があります。

IT業界(WEB業界)の3つの職種
  1. エンジニア系職種
  2. 営業・コンサルタント系職種
  3. マネジメント系職種

IT業界は主にこの3つの職種に分かれています。

ちか

IT業界ってエンジニア系以外にも職種があるんですね!

なかがわ

はい。

パッと思いつくのはITというとSEなどのシステムエンジニアが浮かぶかも知れませんが他にも結構職種があるんですよ。

IT業界の系統ごとに詳しく説明していきますね。

SE(システムエンジニア)やプログラマーなどの「エンジニア系職種」

IT業界と聞くと真っ先に思い浮かぶのはSEと言われるシステムエンジニアやプログラマーではありませんか?

エンジニア系の職種はIT業界の多くの割合を占めています。

なかがわ

またエンジニアといっても、SE(システムエンジニア)やプログラマー以外に色々な種類のエンジニアが存在しますね。

エンジニアの種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事「[エンジニア 種類記事]」をチェックしてみてください。

クライアントとの関係性が高い「営業・コンサルタント系職種」

エンジニア系以外でもう一つの職種には「営業・コンサルタント系」があります。

なかがわ

主に「ITコンサルタント」がこの職種になります。

ITコンサルタントは何をする職かというと、企業のIT戦略からシステムの見直しや改善、新たなシステムの開発提案などをする仕事です。

ITの知識も持った上で営業の要素も必要となる職種になります。

プロジェクトの管理を行う「マネジメント系職種」

最後の1つは「マネジメント系」になります。

プロジェクトマネージャーなどがマネジメント系職種に分類されます。

なかがわ

プロジェクトマネージャーは顧客の要望を把握し、それを基にシステム開発を進めていく仕事です。

システムの開発計画からその規模に合わせてチームを作成し、タスクの管理サポートすることが主な仕事になります。

IT業界(WEB業界)へ転職の3つのメリット

なかがわ

ここまでIT業界(WEB業界)にはどんな職種があるか、未経験でも転職できるのか話してきました。

ここからはIT業界へ転職するメリットとデメリットを説明していきたいと思います。

IT業界(WEB業界)へ転職の3つのメリット
  • IT業界(WEB業界)は伸びている業界
  • 専門のスキルが身につくので市場価値の高い人材になれる
  • 独立しやすい

なかがわ

IT業界へ転職するメリットは主にこの3つがあります。

1.IT業界(WEB業界)は伸びている業界

まず1つ目のメリットは、IT業界(WEB業界)は伸びている業界なところです。

近年デジタル化やIT化が進み他業種でもIT知識や技術が必要になってきました。

なかがわ

例えば、他業種でもスマホのアプリ開発やセキュリティー問題などですね。

他業種でもITの技術や知識が必要になったことで、今IT業界の求人は増加傾向にあります。

人手不足な状態なので未経験の方や、30代などのベテラン、シニア、育児や出産で離れていた女性エンジニアも積極的に採用する企業も出てきている現状です。

そのためどんな立場の人でもSE(システムエンジニア)などに転職することは可能なのです。

2.専門スキルが身につくので市場価値の高い人材になれる

IT業界(WEB業界)ではプログラミングスキルや専門知識が必要です。

その中でも、色々な専門スキルを身につけておくとIT業界以外の他業種でもITの知識や技術が必要なの時代なので転職市場ではとても価値の高い人材になれます。

なかがわ

他業種の社内SEなどになれば年収が上がるチャンスがありますね!

3.独立しやすい

IT業界(WEB業界)へ転職するメリットの最後は独立しやすい点です。

なかがわ

例えば、飲食業界で働いていて独立しようと思うと新たにお店を構えないといけないですよね?

またアパレル業界であれば、自分のブランドを立ち上げるのにまたお店が必要だったりします。

IT業界であればお店の代わりになるのは自分のスキルです。

自分にスキルや経験などがあればお店が必要になったり、他にものが必要になることがないのでIT業界は独立しやすいといえます。

転職後のキャリアを考える上でも、SE(システムエンジニア)などのIT業界の職種へ転職するのには、大きなメリットがあるのです。

ちか

スキルを身につけさえすれば独立できるのはいいですね。

なかがわ

独立してしまえば、自分のペースで働けます。

また働く際の金額や条件も提示できるので、転職後にでも独立できることは大きなメリットになります。

もっと言うと未経験からでもIT業界に転職して社内SE(システムエンジニア)などとして働きながら、独立への準備が可能なのでIT業界に転職することにメリットがあるのです。

IT業界(WEB業界)へ転職の2つのデメリット

ちか

IT業界への転職にはメリット以外にも、もちろんデメリットもありますよね…?

なかがわ

そうですね、IT業界への転職には良いことばかりではありません。

もちろんIT業界へ転職して大変な面やデメリットもあります。

主にこの2つのデメリットがあげられますね。

IT業界(WEB業界)へ転職の2つのデメリット
  • 技術が進化していくので勉強し続けないといけない
  • 早い変化に対応する対応力が必要

1.技術が進化していくので勉強し続けないといけない

まず1つ目のデメリットは、技術が進化していくので勉強をし続けないといけないことです。

システムや技術は日々進化していきます。

「もっと快適にもっと便利に」と、どんどん技術やシステムは進化していくので新しい技術を身につけたりスキルを身につけたりとついていくには、転職後も勉強していかなければいけません。

またIT業界の資格なども存在しないため、明確な勉強の指針がないのが難しいところです。

ちか

IT業界へ転職後も新しいことを勉強し続けてついていかないといけないのは少し大変そうですね…。

2.早い変化に対応する対応力が必要

2つめは早い変化に対応する対応力が必要な点です。

近年、急速なデジタル技術の進化やクラウド、AIの登場などIT業界は常に変化し続けています。

それに合わせて自分もその変化に対応していく対応力が必要になるのです。

なかがわ

例えば、最近の大きな変化で言うと5Gネットワークの登場ですね。

【職種別】IT業界(WEB業界)へ転職するための方法

IT業界への転職メリットと転職デメリットをあげましたがどうでしたか?

ここからは、職種別でIT業界(WEB業界)へ転職するための方法を紹介したいとおもいます。

IT業界(WEB業界)でエンジニア系職種に転職する3つの方法

まずは、IT業界業界(WEB業界)で未経験からエンジニア系の職種に転職する3つの方法をご紹介します。

IT業界(WEB業界)のエンジニア系に転職する3つの方法
  1. 転職エージェントで未経験可の求人に応募して転職する
  2. オンラインサービスを利用して独学で勉強し転職する
  3. プログラミングスクールに通い勉強をしてから転職する

主にエンジニア系へ転職する方法はこの3つになります。

1.転職エージェントで未経験可の求人に応募して転職をする

1つ目は転職エージェントに登録し、未経験可の求人に応募して転職をする方法です。

転職エージェントを利用すれば、転職エージェントがヒヤリングをしたうえ親身になった転職活動のサポートをしてくれます。

まずは転職エージェントに、未経験可のIT業界の転職求人を探してもらいましょう。

記事の最初でも書きましたが、IT業界は人手不足なことや企業が積極的に未経験な人材も採用して手厚研修を実施したりと、転職後の育成にも力を入れているので未経験でも安心して転職できます。

なかがわ

こちらの記事[転職エージェント比較記事]では転職エージェントの比較をしているので是非読んでみてくださいね。

2.オンラインサービスを利用して独学で勉強し転職をする

2つ目はオンラインサービスを利用して独学で勉強し転職する方法です。

IT業界ではプログラミングスキルが必要になるので、未経験の人はスキルを身につけるところから始めなければいけません。

そこで1つの手段にオンラインサービスを利用して独学で勉強する方法があります。

独学でスキルを身につけることは可能ですが、とても大変で根気が必要になり途中で挫折する方も多いです。

挫折しないためにも未経験の人はオンラインサービスなどを駆使して、未経験であるという不安を消したいところですね。

ちか

プログラミングに関わらず独学でスキルを身につけることはどの分野でも大変ですよね…。

3.プログラミングスクールに通い勉強してから転職をする

最後の方法は、未経験からプログラミングスクールに通い勉強してから転職する方法です。

未経験の人がスキルを確実に身につけるためにはこのプログラミングスクールに通う方法が一番ですね。

専門性が高いのでプログラミングスキルは独学で学ぶのはとても大変です。

なので、未経験から確実にスキルを身につけてIT業界へ転職するならスクールに通うのが早道になります。

なかがわ

プログラミングスクールでスキルを身につけた後はスクールが転職先を紹介してくれるでとても良いですね!

ちか

スキルを身につけた後の転職もサポートしてくれるのはありがたいです!

プログラミングスクールについてはこちらを参考にしてください。

スクールDMM
WEBCAMP
GEEK
JOB
TECH
EXPERT
Tech
Academy
どんな人に
おすすめ?
確実に転職
したい人
スクール費用は
高くて払えない人
働きながら学習を
進めたい社会人
スクールに通う
時間のない人
金額¥ 628,000無料¥ 598,000¥ 99,000~
受講期間3ヶ月最短1ヶ月最短10週間~最短4週間~
リモート
公式サイト

 

IT業界(WEB業界)で営業・コンサルタント系職種に転職する方法

IT業界でも営業・コンサルタントの職種から「ITコンサルタント」に転職する方法を紹介します。

ITコンサルタントはメインは対人業務が中心です。

そのため比較的に、未経験の人でも転職しやすい職種かもしれません。

ですがITの知識はもちろん、経営に関わる知識や事業ごとに特化した専門知識も必要になります。

未経験の人がそんなITコンサルタントに転職する方法主に2つです。

ITコンサルタントに転職する2つの方法
  1. コンサルティングファーム等で戦略や実務経験を積んで転職する方法
  2. SE(システムエンジニア)やプログラマーとして実績を積んでからコンサル会社に転職する方法

コンサルティングファームとは、企業が抱える悩みや問題を解決するための企業のことをいいます。

そこで戦略や実務経験を積んでから転職するのが1つ目の方法です。

2つ目はSEやプログラマーとしてまずはIT知識や技術を身につけその後、コンサル会社に転職しITコンサルタントを目指す方法があります。

IT業界(WEB業界)でマネジメント系職種に転職する方法

IT業界(WEB業界)のマネジメント系の職種からは「プロジェクトマネージャー」に転職する方法を紹介します。

プロジェクトマネージャーは名前の通りプロジェクトをまとめることやサポート、マネジメントをすることが仕事です。

未経験の人がプロジェクトマネージャーになるにはまずプロジェクトに参加し経験やスキルを身につける必要があります。

なかがわ

一般的にはプログラマーから始まり段階を踏んで最終的にスキルがやマネジメント能力がつくとプロジェクトマネージャーになれます。

プロジェクトマネージャーは、ITの知識やスキルの他にマネジメント能力が必要になるので、未経験の人はそこまでスキルや経験を積むことが重要です。

未経験でもIT業界(WEB業界)へ転職を成功させる志望動機の書き方

ちか

未経験からIT業界に転職するしても、転職を成功させるコツとかないんですか?

なかがわ

そうですね、未経験の方がIT業界へ転職を成功させるための志望動機の書き方を紹介しますね!

ということでここからは、未経験でもIT業界へ転職したいけど上手く転職できるか心配な方へ、IT業界への転職を成功させる志望動機の書き方をご紹介します。

1.IT業界(WEB業界)へ関心を持ったきっかけ

まずは、IT業界(WEB業界)へ関心をもったきっかけを述べましょう。

なぜ他業種(未経験)からIT業界(WEB業界)に転職しようと思ったのか、企業は関心やきっかけを知ることで志望度の高さをみています。

なかがわ

未経験から興味を持ったきっかけとともに、それがここの企業ではならない理由も一緒に伝えるといいですね。

また「IT業界に興味を持った理由は貴社の〇〇がきっかけで〜」などは転職先企業が特別だという印象を与えるので、転職が成功する確率が上がりとてもいいです。

2.なぜ応募先の企業なのかという具体的な理由

応募先の企業はなぜ自社なのか、自社の独自性や強みを理解しているのかという点をみています。

なのでよく情報収集をし、企業の独自性や強みを理解しましょう。

その上で自己PRを交えて自分が応募先の企業を選んだ理由と貢献できることを具体的に伝えることが大事です。

具体的に伝えることで、企業は転職してきた後の景色を想像しやすくなるため、転職が成功する確率が格段に上がります。

3.これまでのあなたの経験から活かせる強みを明示

最後は企業にこれまでの経験から、転職した後に活かせる強みを明示しましょう。

自分が企業に転職したら自分の経験やスキルからどういうことができるか、活かせるか。

自分をよく自己分析して強みやアピールできる点をみつけましょう。

この強みは転職先の企業に合わせて、嘘の無いように変更しても良いです。

転職する企業によって募集背景が違うので、そこに合わせれると未経験からIT業界への転職でも、他の転職者より優位に転職を進めることが可能になります。

まとめ:未経験でもIT業界(WEB業界)に就職はできる。行動することが大切

IT業界(WEB業界)の転職市場は現在とても求人が増加してるので、未経験でもIT業界に就職は可能です。

未経験でも、文系でも全く問題ありません。

しっかり先を見据えまずはスキルを身につけるために行動してみましょう。

なかがわ

IT業界(WEB業界)はこれからも伸びてくる市場です。

他業種でもITの知識や技術は必要になりますので、未経験の人はスキルを身につけ市場価値の高い人材になって転職しましょう。

【完全版】WEB業界へ未経験転職は可能!転職できた人・できなかった人の体験談を徹底調査!