【これを見れば完璧】文系でもIT業界に就ける!3つの方法とおすすめの職種を紹介!

 

この記事でお伝えすること
  1. 文系でもIT業界に就ける3つの理由
  2. IT業界で文系におすすめの職種3選!仕事内容も合わせて解説
  3. 文系がIT業界に入るのにやったほうが良いこと

IT業界ってなんとなく理系の人が多いイメージですよね。

「IT業界って文系のいるの?」

「IT業界って文系でも出来るの??」

…と悩んでいませんか?

ちか

IT業界って理系の人がする仕事ってイメージがありますが文系じゃIT業界に就けないんでしょうか?

なかがわ

そんなことはありませんよ。

IT業界には文系の人も多くいますし、文系の人が向いている職種も存在します!

 

この記事では、

IT業界は文系でも就けるのかについてお伝えしていきます。

この記事を読めば、文系の人でもIT業界にチャレンジできるようになりますよ!

文系でIT業界に興味がある、転職や就職を考えている人はぜひ読み進めてくださいね。

文系でもIT業界に就ける3つの理由を解説!

ちか

IT業界ってなんとなく理系の人が多いイメージです。

なかがわ

実際にIT業界は理系の人が多いですが、文系の人もいますよ

理系の人が多い業界ですが、なぜ文系でもIT業界に就けるのはこの3つの理由があります。

文系でもIT業界に就ける3つの理由
  1. SEの最終学歴は文系
  2. IT業界には文系に向いている職種もある
  3. 人手不足で売り手市場

1つずつ詳しく解説していきましょう。

1.SEの最終学歴の3割は文系

理系の人が多いイメージのIT業界ですが、「IT人材白書」ではIT企業のIT技術者の最終学歴はおよそ3割が文系出身という記録がでています。

IT業界でのキャリアは文系だから理系だからといったことはほぼ関係なくなっているのが現状です。

ちか

3割も文系の人がいて活躍しているんですね!

もっと少ないのかと思っていました…。

2.IT業界には文系の方が向いている職種もある

IT業界はたしかに理系の人が多くいる業界ではありますが、文系の人が向いている仕事もあります。

IT業界では1人で黙々とプログラムやシステムを作っていそうですよね。

ですが実際はチームでプロジェクトを成功させたり、共同で作業したりとコミュニケーション能力やマネージメント力が大きく関わる場面も多くあります。

ちか

そうなんですね!

コミュニケーション能力やマネジメント力が必要とされるのは意外です。

3.人手不足で売り手市場

現在IT業界は人手不足なのが現状です。

なので最近は企業やIT業界全体が未経験でも積極的に採用し人材育成に力をいれています。

なかがわ

これからもIT技術や知識は需要が高まっていくので文系理系関係なくスキルがある人材は売り手市場ですね。

ITの知識や技術を身につけておけば他業種でもIT関連の仕事をすることができるので転職の際も役にたちます。

【完全版】WEB業界へ未経験転職は可能!転職できた人・できなかった人の体験談を徹底調査!

IT業界の現状と将来性|IT市場は拡大し続けている

よくIT業界はブラックだと聞く方もいるかも知れません。

ちか

確かにIT業界はブラックだ!

なんて話よく聞きますけど実際はどうなんですか?

なかがわ

IT業界は確かに人手不足からくる長時間や納期に間に合わせるため休日出勤をしなければならない場面もあります。

ですが、働き方改革や企業が人材育成に力を入れることが多くなって来たので昔と比べると長時間や残業時間は減ってきているのが現状です。

さらに他業種でもIT化が急速に進んでいます。

ITの知識や技術の需要がとても高くなっているのでIT市場は拡大し続けていきます。

【IT業界の生存戦略】将来性を徹底調査!今後身につけた方がいいスキルやおすすめの職種は?

IT業界で文系に有利な点と不利な点を紹介

ちか

文系でもIT業界に就けるのは分かりました!

ですがIT業界には文系に不利なこともありますよね…?

なかがわ

どうですね、たしかに文系が不利な面も多少はありますがも文系が有利な面も多くあるので紹介させてください。

IT業界の多くを占めるITエンジニアやプログラマで例えて不利な面有利な面を紹介していきます。

まず主な仕事内容は

プログラマやエンジニアの主な仕事
  1. 設計書を書く(読解力)
  2. プログラムを組む(プログラミング能力)
  3. チームとのコミュニケーションを図る(コミュニケーション能力)
  4. 相手の要望を汲み取る(提案)
  5. お客さんから仕事や報酬をもらう(営業)

この中で文系が有利な点や不利な点を紹介していきますね。

文系に有利な点は?

読解力や、コミュニケーション能力、提案、営業力は理系より文系の方が有利です。

一見設計書を書くのは理系の方が有利のように思えますが、分かりやすい設計書を書くのには文章力が必要ですよね。

ちか

プログラマーやエンジニアの人は理系じゃないと無理なイメージがありましたけど、意外と文系に有利な点は多いんですね!

文系に不利な点は?

文系に不利な点の1つはプログラミング能力です。

やはり理系と比べると出だしはプログラミングに慣れていない文系より理系の方が有利です。

ですが、プログラミング能力も身につけてしまえばそんなに理系と文系の差はありせん。

ちか

最初の基礎知識ではやっぱり理系の人と比べると差が出ちゃいますね。

なかがわ

そうですね。

ですが事前にプログラミングスクールなどに通えば知識や技術を補うことも十分できます。

[プログラミングスクール比較記事]

文系がIT業界に就職する時の3つのポイントとは?

ちか

それでは、文系がIT業界に就職する際は何に気をつけたりしたら良いんでしょう?

コツやポイントってありますか?

なかがわ

就職するときはこの3つのポイントがあります。
文系がIT業界に就職する時の3つのポイント
  1. 企業選び|ブラック企業を見極める
  2. 志望動機|文系からなぜIT業界を選んだのか
  3. 面接|しっかりとしたアピールポイントを作る

1.企業選び|ブラック企業を見極める

IT業界のなかにはブラック企業も存在します。

今までプログラミングやIT業界未経験の方はブラック企業を選ばないよう気をつけましょう。

ブラック企業を見極めるポイント
  1. 常に大量募集している
  2. 具体的な業務内容を開示していない
  3. 企業の客先常駐比率が高くないか
  4. 労働時間は長くないか

IT業界未経験の方や文系でこれからIT業界に入ろうと思っている方はこのポイントを気にしながら企業を選んでみてください。

2.志望動機|文系からなぜIT業界を選んだのか

次に志望動機です。

面接官が初めに気になる大きなポイントは「なぜ文系に進みながらIT業界に入ろうと思ったのか」でしょう。

文系でもここを上手く説明出来ると大きなポイントになります。

なかがわ

例えば、

「近年の様々なIT化が進む中でIT業界に興味を持った」

「IT業界に将来性を感じたから」

などなら、文系に進んだけどIT業界に就職したい動機に上手く繋げやすいですね。

3.面接|しっかりとしたアピールポイントを作る

最後は面接です。

資格などプログラミングスキルがあるというアピールポイントを作っておくのが1番いいでしょう。

なかがわ

面接で今まで文系だったうえに、何もスキルや資格がなくやる気があるアピールしても説得力に欠けますよね。

今までとは違う分野の業界に入るので、最低限の知識やスキルを身につけておくのとそうじゃないかの違いは大きいです。

なので就職前にはプログラミングスクールなどで資格を取得することやスキルを身につけましょう。

金額受講期間リモート可おすすめな人
DMM WEBCAMP

¥ 628,000

3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポート

・確実に転職したい人
・ある程度の時間をかけてじっくり学習したい人
・学習期間は教室に通って勉強に集中できる人

GEEK JOB

無料

最短1ヶ月~
最長3ヶ月間

・エンジニアに転職したいけどスクール費用は高くて払えない人
・独学で挫折した人
・必ず転職する意思がある人

TECH::EXPERT

短期集中
スタイル

¥ 598,000

最短10週間〜

・エンジニアに転職したい人
・短期集中で技術を身に着けたい人
・働きながら学習を進めたい社会人

夜間・休日
スタイル

¥ 798,000

6ヶ月

TechAcademy

¥ 99,000〜

最短4週間〜

・スクールに通う時間のない人
・独学では上手く学べなかった人
・現役のエンジニアに学習をサポートして欲しい人

IT業界で文系におすすめの職種3選!仕事内容も合わせて解説

なかがわ

次はIT業界で文系におすすめの職種を紹介していきますね。

IT業界と聞くとSE(システムエンジニア)やプログラマーのイメージが強いですが、IT業界にも営業職やマネージメントが主な職種もあります。

紹介する文系におすすめな職種は主にこちらの3つです。

IT業界で文系におすすめの職種3選!
  1. ITコンサルタント
  2. セールスエンジニア
  3. プロジェクトマネージャー

1.ITコンサルタント

まず1つ目のIT業界で文系におすすめな職種は「ITコンサルタント」です。

ITコンサルタントとは主にIT面からビジネスや経営をコンサルティングする職種になります。

なかがわ

仕事内容は顧客の要望やニーズにあったシステムや技術を提案することですね。

2.セールスエンジニア

2つ目にIT業界で文系におすすめの職種は「セールスエンジニア」です。

セールスエンジニアはエンジニアの要素ももったITコンサルタントのような職種になります。

なかがわ

仕事内容は顧客にの要望や課題解決を行うのと同時に自社のサービスやシステムの導入提案や導入後のサポートをする仕事ですね。

3.プロジェクトマネージャー

最後のIT業界で文系におすすめな職種は「プロジェクトマネージャー」です。

プロジェクトマネージャーはプロジェクトのマネジメントをする職種になります。

なかがわ

仕事内容は主にプロジェクト全体の進行や管理、納品物の予算や品質、納期に対してのすべての責任を持つ仕事です。

プロジェクトマネージャーになるにはプログラマーからエンジニア、プロジェクトリーダーとキャリアアップしていく必要があります。

文系がIT業界に入るのにやった方が良いこと

ちか

文系の人がIT業界でもやっていけるのは分かりましたが、IT業界に入る前にやったほうが良いことって何かありますか?

なかがわ

そうですね。

文系の人は理系の人と違いITの知識などに差があるのでIT業界に入る前にその差を少しでも無くして置くのが良いでしょう。

具体的に何をしておいたほうが良いか紹介していきますね。

プログラミングスキルをつける

なかがわ

まずはプログラミングスキルをつけましょう。

IT業界ではプログラミングスキルは必須スキルです

IT業界に入る前には最低限の知識とプログラミングスキルをつけておかないと研修の時点でつまずきかねません。

ITの知識やプログラミングスキルをしっかり身につけるのにはプログラミングスクールに通うのがおすすめです。

[プログラミングスクール比較記事]

マネージメントスキルをつける

もう一つはマネージメントスキルをつけるのがおすすめですよ。

IT業界でキャリアアップするためにはマネジメントスキルは必須スキルです。

プログラマーからエンジニア、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーとキャリアアップしていきますがエンジニア以降はマネジメントスキルが問われます。

キャリアアップの過程でマネジメントスキルが問われるのでIT業界に入る前にマネジメントスキルを身につけておくとスムーズにキャリアアップできる可能性もありますね。

まとめ:文系でもIT業界はやっていける!スキルアップをしながら上を目指す。

IT業界ではスキルを身につければ文系でも十分やっていけます!

特に営業性が強いITコンサルタントやセールすエンジニア、マネジメント性の強いプロジェクトマネージャーは文系の人にはピッタリですね。

なかがわ

どの職種もプログラミングスキルやITの知識や技術は必要ですが、スキルや知識面はプログラミングスクールなどに通って身につけましょう。

こちらの記事「[プログラミングスクール比較記事]」ではプログラミングスクールの比較をしているので自分に合うスクールを探してみてくださいね。

【未経験可】IT業界(WEB業界)に転職する方法まとめ!メリット・デメリットを調べてみた