【将来性あり】Scalaがオワコンではないといえる5つの理由とおすすめの学習方法を解説

この記事でお伝えすること
  1. Scalaがオワコンにならないといえる理由
  2. Scalaの魅力やScalaでできること
  3. Scalaがおすすめな人や学習方法

Scalaは現在注目されつつあるプログラミング言語の1つです。

ここ最近では「覚えておくべき言語」としてよく選ばれていますが、

「Scalaは本当にオワコンにならないの?」

「Scalaの情報が少なすぎて、何が正しいかわからない…」

…と悩んでいませんか?

“ちか”

Scalaは今後も本当に需要があり続けるのでしょうか…?

“なかがわ”

現時点ではScalaはオワコンにはならなそうですよね。

この言語の可能性は知っておくべきですよ。

今回記事では、Scalaがオワコンではない理由やその魅力、Scalaの需要やScalaでできることについてお伝えしていきます。

この記事を読めば、Scalaがどのような場面で活用されていて重要な言語なのか、習得にはどう学べばいいのかがわかりますよ!

 

結論としてはScalaの学習は絶対にしておくべきだと思いますが、扱える人が少ない現状なので、プログラミングスクールの無料講座などを活用してみるのがおすすめです。

テックアカデミーのScalaコースを利用して、言語の特徴を把握できれば、これからのIT業界で活躍しやすくなるでしょう。

Scalaがオワコンではないといえる5つの理由

ScalaはアプリやWebサイトの開発領域で広く使われるプログラミング言語です。

インターネットサービスの需要が高まる昨今で、Scalaを扱うエンジニアの割合が低いため市場価値があります

なかがわ

Scalaはまだまだ可能性がありますよ!

とくにオワコンではない理由を以下の5つにまとめました。

Scalaがオワコンではない理由
  1. ScalaはJavaの上位互換として期待されている
  2. 年収が高い
  3. 多言語からScalaへの移行が見込まれる
  4. Scalaを学びたいエンジニアが増えている
  5. フレームワークで効率的に開発できる

具体的になぜScalaはオワコンではないのか、詳しく見ていきましょう。

1.ScalaJavaの上位互換として期待されている

Scalaはその将来性を評価されています。

とくにIT・メディア系の企業で需要が高まり、Javaに代わる言語として期待値が高いのです。

なぜScalaがJavaの上位互換といえるかは、

上位互換といえる理由
  1. オブジェクト指向・関数型言語の両方に関与できる
  2. Javaで開発できるものはScalaですべて開発できる
  3. 実行にスピード感があり大規模な開発に向いている

などの特徴を持つからです。

比較的新しい言語ですが、今後はJavaとの互換性から利用が増えるでしょう。

ちか

Scalaを扱えるようになればチャンスが広がりそうです!

2.年収が高い

学習コストが高く、Scalaを扱えるエンジニアが少ないことから稀少性があります。

そのため、求人数は少ないものの平均年収ランクはここ数年で最上位に食い込む勢いです。
(2020年時点:450万円〜780万円、2015〜17年で1位を記録)

ちか

年収は高いに越したことはありませんよね。

Scalaを扱えれば大きな開発事業に関わる可能性が広がるため、結果として年収が高くなりやすいのです。

ちか

でも学習コストがかかるんですよね…?

なかがわ

それならプログラミングスクールで学ぶのが効果的です。

TechAcademyならScalaを知らない未経験でもきちんと学ぶことができます。

将来性を見越してScalaを勉強しておきたい方はおすすめです。

マンツーマンで実践的スキルを習得する

3.他言語からScalaへの移行が見込まれる

Scalaを使えば、JavaやPHPなどで開発されたアプリ・Webサービスよりも少ないコード量での開発が可能です。

そのため、今後はScalaへの移行が進んでいくことが考えられます。

例を挙げると、Twitterが2009年にScalaへ移行したことで話題にあがりました。

ちか

Scalaは本当に優秀な言語なんですね!

他にも、

Scalaへ移行するメリット
  • 開発のスピードアップ
  • エラー管理や更新が簡単
  • メンテナンスがしやすい

などの理由でScalaへの移行を検討する企業やサービスも増えていくでしょう。

なかがわ

Scalaの有用性に気づきはじめているエンジニアも多いです。

もしすでにScalaを扱える方がいたら、マイナビIT AGENTを利用することでさらに活動の幅を広げられます。

圧倒的な求人数でエンジニアそれぞれに合った企業の選定が可能です。

なかがわ

違う分野での仕事もしたい方はおすすめですよ。

20~30代の若者におすすめ

4.Scalaを学びたいエンジニアが増えている

Javaとの互換性の高さや日本国内での需要がどんどん高まっており、この機会にScalaを学びたい方が増えているのです。

早い段階でScalaの習得に成功すれば、今後はさらに有利になるでしょう。

ちか

私もScalaを学びたくなってきました!

実際Scalaは今後学びたい言語ランキングで6位(2020年)となっています。

なかがわ

JavaやRubyをおさえての6位で、将来性を感じるエンジニアは増加していると考えられます。

今後伸びるであろうScalaを学んでおきたいと思うなら、TechAcademyがおすすめです。

独学ではカバーしきれないところまで、現役のエンジニアが直接教えてくれます

Scalaエンジニアの数は多くないため、将来性に期待して学んでおくと後々楽になるでしょう。

マンツーマンで実践的スキルを習得する

5.フレームワークで効率的に開発できる

Scalaには優秀なフレームワークが存在しています。

つまり、非常に効率よく開発ができるということです。

ちか

エンジニアにとっては嬉しいことですね!

その種類として、

Scalaのフレームワーク
  1. Play2:動作速度に定評があり、軽量
  2. Scalatra:WebサイトやAPIを高レベルで開発できる
  3. Finagle:RPCシステムの開発に強い

などがあります。

なかがわ

優秀なフレームワークがあることでエンジニアの負担も軽減できますね。

あらかじめ用意された効率のいい方法にのっとって開発できるのはScalaの強みです。

そもそもScalaがオワコンと言われている理由とは

Scalaは将来性があるにもかかわらず、さまざまな理由から「Scalaはオワコンだ」と言われます。

考えられる理由として、

Scalaがオワコンと言われる理由
  1. 初心者が学習するには難易度が高い
  2. 総合開発環境(IDE)の整備が不十分な面がある
  3. コンパイルが遅い

があります。

ちか

Scalaのデメリットも知っておかないといけませんね。

それぞれ見ていきましょう。 

1.初心者が学習するには難易度が高い

プログラミングの経験や知識がない状態でScalaを学ぶのは少し難しいです。

というのも、プログラミングの全般的な基礎を知った上でないと扱うことができないからです。

また、プログラミング経験者であっても新しくScalaを学ぶのは時間コストがかかります。

ちか

いきなりScalaを学ぶのは厳しいですか…

独学で勉強できないレベルではありませんが、やはりつまづいてしまいやすいため誰かに教わりながら学ぶのがもっとも有効です。

なかがわ

TechAcademyならマンツーマンでScalaを教われます。

とくにScalaを初めて学ぶ方にはTechAcademyおすすめです。

マンツーマンでの学習により効率的・着実にScalaを学べます。

プログラミングの基本とともにScalaを知れるため、積極的にスクールを活用したいところです。

マンツーマンで実践的スキルを習得する

2.総合開発環境(IDE)の整備が不十分な面がある

Scalaは後発言語が故に、IDEが十分なサポート機能を持つとはいえないのです。

IDEはシステム開発の強い味方であり、不十分だと頼りにできません。

なかがわ

IDEの面ではJavaなどメジャー言語に劣っています。

ただ、今後は高性能なIDEが登場してくるでしょう。

Scalaのさらなる普及とともに、IDEの改善が期待できます

3.コンパイルが遅い

コンパイルが遅いと開発に余計な時間がかかってしまいます

コーディングの際に生産性が下がってしまうことも「オワコンだ」といわれる理由の1つです。

ちか

たしかに時間がかかるのは好ましくないですね…

なかがわ

まだまだScalaを取り巻く環境が整備されていない点はデメリットです。

とはいえ、今後を考えるとメリットの方がはるかに大きいと思われるため、Scalaを学ぶ価値はあるといえるでしょう。

マンツーマンで実践的スキルを習得する

オワコンではないScala4つの魅力

Scalaの大きな特徴は「オブジェクト指向・関数型言語が合わさっているハイブリッド言語」である点です。

そのため、さまざまな場面で応用がきく有用性が魅力といえます。 

さらに具体的にScalaの魅力を掘り下げると、

Scalaの4つの魅力
  1. コード量が少なくシンプル
  2. Javaとの互換性が高い
  3. JVMで実行でき、OSを問わない
  4. 有名なサービスで利用実績がある

などが挙げられます。

どういうことなのか見ていきましょう。

1.コード量が少なくシンプル

Scalaの需要を高める要因として、コーディングのコスパがいい点があります。

開発にスピードを求める現場なら、それだけで高い価値を持つということです。

ちか

複雑な開発過程を簡単にできるのは大きなメリットですね!

シンプルなだけで、

シンプルであることの魅力
  1. エラーの発生が少なくなる
  2. メンテナンスが楽になる
  3. 同時処理がしやすい

のようなメリットがあります。

Javaの約半分のコード量ともいわれ、非常に効率的な開発が可能です。

2.Javaとの互換性が高い

メジャー言語のJavaと互換性が高く、双方間での移行や参照ができます

Javaは多くの現場で使われている言語であり、Java環境に馴染めるのがScalaのメリットです。

なかがわ

Scalaが普及してきたときの移行がしやすいのは大きいです。

この互換性の高さこそがScalaを評価する大きなポイントの1つでもあります。

3.JVMで実行でき、OSを問わない

ScalaはJVM(Java Virtual Machine)に対応しており、JVMが起動していれば使うOSは関係ありません。

そのため、開発にかかわるメンバーのOSが異なっていたとしてもスムーズに進めることが可能になります。

ちか

開発環境を整えるのが簡単なのはとてもいいですね!

また、これはシステム利用のユーザー目線でも有効な要因です。

MacやWindowsなどのOSによって動作環境が左右されることがないため、OSに合わせた開発をしなくてもよいのです。

4.有名なサービスで利用実績がある

Scalaによって構築されたアプリやサービスはすでに私たちもよく使っているものが多いです。

そしてそれらは日常の大きな役割を担うものであり、Scalaの実用性を証明していることにもなります。

Scalaが使われたサービスで代表的なものは、

Scalaで構築されたサービス
  • LINE
  • Twitter
  • ChatWork
  • SmartNews

などがあります。

なかがわ

これらのような大規模サービスで利用実績があるのは、それだけScalaの価値が認められているということです。

すでにScalaの導入を決定している企業などもあり、移行が進むことは濃厚でしょう。

【実績多数】Scalaで開発可能なサービス

Scalaのメリットや魅力に触れてきましたが、具体的にどのような分野で活用できるのでしょうか?

なかがわ

Scalaを利用できる分野を知っておくとより学習意欲がわくかもしれません。
Scalaで開発可能なサービス
  1. Webサービス開発
  2. 業務システム開発
  3. スマートフォンアプリ開発
  4. ビッグデータ関連の開発
  5. ソーシャルゲーム開発

これらの分野でScalaは活用できます。

Scalaであるからこそ開発に適しているものもあり、その有用性がよくわかります。

 詳しく見ていきましょう。

1.Webサービス開発

Webサービスでとくに求められる要素が「スピード」「堅牢性」です。

Scalaはその2つを備えており、トーク・チャットツールなどにおいては2つの要素が不可欠になります。

そのため、スピードと堅牢性が必要な大規模Webサービスの開発にScalaが適しているのです。

ちか

TwitterやChatWorkでも使われているって言ってましたね!

SNSではとくに重要であり、ユーザーに対しても快適さを提供するうえでScalaでの開発が増えつつあります。

今後さまざまなWebサービスが台頭してくるはずです。

新しいサービスの開発に携わりやりがいを感じたいならScalaを学んでおくとチャンスが広がります

マンツーマンで実践的スキルを習得する

2.業務システム開発

業務の効率化や保守を目的とする業務システム開発でもScalaを使う企業が増えています。

堅牢性という観点から、銀行やIT系企業でのシステム開発にも適しているのです。

たとえば、

業務システムにScalaを採用している企業
  • サイバーエージェント
  • ドワンゴ
  • ビズリーチ
  • スイス銀行

のような有名企業でScalaでのシステム開発がなされています。

安定・安心した稼働を続けるために、Scalaを活用した業務システムが率先して利用されているのです。

なかがわ

多くの有名企業でScalaを採用していることから、その利便性は認められていますね。

大手の企業でエンジニアとして働きたい方は転職エージェントを利用するのが有効です。

マイナビIT AGENTメイテックネクストはとくに開発系のエンジニア求人に強いのが特徴です。

ホワイト求人を厳選しており、エンジニアの現場でよく聞くデメリットは心配いりません。

TechAcademyと合わせて利用することで、Scalaを学びつつ求人の見極めができます。

3.スマートフォンアプリ開発

スマートフォンアプリの開発(とくにAndroid)はJavaが主流となっていますが、つまりはScalaでも開発が可能です。

LINEやSmartNewsといったメジャーアプリでもScalaが利用されているため、今後も大きなアプリ開発に使われるでしょう。

ちか

LINEは今や欠かせないアプリですもんね。

IOS版のアプリは特殊な構造のためScalaの参入が遅いかもしれません。

Javaが主流のアプリ開発分野では、Scalaの利用が次第に増加していくと見込まれます。

アプリ開発のエンジニア職を希望するならマイナビIT AGENTに登録しましょう。

なかがわ

転職エージェントの中では、アプリ開発部門でマイナビIT AGENTが群を抜いています。

アプリ開発の分野はどんどん伸びていくと考えられるため、活動範囲に入れておきたいところです。

20~30代の若者におすすめ

4.ビッグデータ関連の開発

規模の大きいデータの変数加工や処理を担うビッグデータ関連開発でもScalaを扱えるエンジニアが必要とされています。

大規模データを扱う企業では案件の需要が高まっており、仕事単価もかなり高いのが特徴です。

Scalaがビッグデータ関連の開発に利用されるのは、複雑な計算や処理が可能だからです。

ビッグデータ関連の開発需要例
  • 研究機関
  • 証券会社
  • IT企業

企業のデータ解析基盤の開発に用いられるScalaを扱えれば、大きなプロジェクトに関わることが可能になります。

なかがわ

Scalaエンジニアは幅広い領域での活躍ができそうです。

ちなみに、データ処理やシステム稼働チェックなどの面では製造系エンジニアも需要があります。

転職エージェントのメイテックネクストは、工場・機械系の現場への転職実績がNo.1です。

いわゆるものづくりエンジニアに強く、求人を数多く取り扱っています。

なかがわ

大企業の製造系エンジニアとしてキャリアを積みたいならおすすめです。

土・日・祝でも対応可能!!

5.ソーシャルゲーム開発

ソーシャルゲームの開発分野でもScalaの利用割合が高まっています。

各々のスキルにより担当できる案件は異なりますが、近年のシステム高度化に合わせて企業もScala対応に動いているのです。

ちか

スマホゲームで有名なグリーでもScalaで開発しているみたいですね。

大企業でのサーバーサイド案件が多くなっています。

開発だけでなくシステム運用や改善、保守なども担当し、Scalaの運用実績を持つエンジニアは報酬が高いです。

なかがわ

Scalaを扱えるエンジニアは引く手あまたで大きなチャンスがあるのがわかります。

近年のソーシャルゲーム界隈のクオリティは右肩上がりです。

Scalaを使って開発している背景もあり、ユーザー満足度の高いゲームがよくみられます。

ゲームを開発したいと考えるエンジニアは多くいるため、Scalaを習得してスキルの差別化を図りましょう。

マンツーマンで実践的スキルを習得する

Scalaの習得がおすすめな人

Scalaを習得することは簡単ではありません。

ですが、習得できたときのメリットや見返りが大きいぶん学ぶ価値の高い言語です。

将来性を考えたとき、Scalaを習得しておくことは間違いなく有利になるでしょう

Scalaを習得することをおすすめできるのは、

Scalaの習得をおすすめできる人
  1. Javaの開発経験がある
  2. オブジェクト指向型と関数型の両方への理解がある
  3. 大規模開発の経験がある

などの経験を持っている人です。

これらがないといけないわけではありませんが、経験があるとよりScalaの習得が早いからです。

 それぞれ見ていきましょう。

1.Javaの開発経験がある

Scalaとの互換性があるJavaで開発の経験があるなら、Scalaの習得をおすすめします。

なぜなら、Javaで開発されたプログラムは数多く、Scalaへの移行や新規開発に着手しやすいからです。

求人を出す企業もScalaエンジニアが欲しいと思っています。

なかがわ

Scalaを習得することで、案件を選べるようになります。
Java開発経験者がScalaを習得したい理由
  1. 案件単価が高くなる
  2. 今後のニーズにマッチできる
  3. 現役エンジニアとして長く活躍できる

Javaエンジニアは多くいても、Scalaエンジニアはまだまだ少ないです。

スキルの差別化をして市場価値を高めるためにも、Scalaの習得は必須といえます。

2.オブジェクト指向型と関数型の両方への理解がある

Scalaはオブジェクト指向型と関数型の両方に対する理解がないとうまく使いこなせません。

逆に、両方を理解しているならScalaへの対応が容易になります。

ちか

どちらかが欠けていてはScalaの魅力が感じられないということですね。

Scalaは多くの領域でニーズがあるため、自由に使いこなせるエンジニアは価値が高いのです。

また、仮に他の言語を学ぶ機会があったときに飲み込みやすい点もメリットといえます。

ちか

これからのエンジニアとして身につけておきたいですね!

3.大規模開発の経験がある

大規模な開発にはチームが組まれることがほとんどです。

Scalaの案件には大きな案件が多く、組織行動やチームワークが必要になります。

ちか

個人で受注するというより、チームプロジェクトとして動くんですね。

Scalaを使った大規模開発の経験があると、組織での立ち回りや応用をきかせることに戸惑いにくくなります。

スムーズに動ける人材で、なおかつScalaを扱えるエンジニアなら重宝されるでしょう。

Scalaを効率的に学習する3つの方法

学習コストの高いScalaですが、効率的に学ぶ方法を知っておくと便利ですよね。

エンジニアとして仕事する中で、できれば少しでも楽に習得したいはずです。

ちか

集中して効率的に学べる方法があればいいんですけど…

そのための学習方法として、

Scalaの効率的な学習方法
  1. 書籍を利用する
  2. 学習サイトを利用する
  3. プログラミングスクールを利用する

の3つに絞って解説します。

なかがわ

あなたに合った学習方法を見つけましょう!

1.書籍を利用する

手軽で安価な方法がいい人は書籍で学びましょう。

段階的に複数の書籍で学習することが望ましいです。

ちか

自分のレベルに合った書籍がわかりません…

初級・中級・上級の3段階で分けるとすると、

書籍を選ぶポイント
  1. 初級:読みやすく、サンプルコードや実践問題があるもの
  2. 中級:実務で使われる技術を学べる、網羅的なもの
  3. 上級:システム開発に関する機能や実装のベースを参考できるもの

あくまで前級の内容を理解したうえでのステップアップをしましょう。

基礎を着実につけながら学ぶことがもっとも効率のいい書籍での学習方法です。

2.学習サイトを利用する

実際のコーディングやプログラミング手法を確認しながら学べる学習サイトもおすすめです。

たとえば、動画学習サイトが効率よく学べます。

動画学習がおすすめな理由
  • 実際のプログラミングと同時進行で学べる
  • わからないことはすぐに反復できる
  • インプット→アウトプットの流れが最速でできる

ちか

ピンポイントで学べたり繰り返しできるのがいいですね!

また、テキストや動画など総合的な学習サイトを利用することもおすすめです。

無料で利用でき、書籍での学習よりもわかりやすく詳細にまとめられています。

なかがわ

テキスト単体よりも音声があれば頭に入りやすいですよ。

3.プログラミングスクールを利用する

プログラミングスクールは数多くありますが、実はScalaを学べるのはTechAcademyのみです。

そのため、Scalaをプログラミングスクールで学ぶならここを選びましょう。

【公式】https://techacademy.jp

TechAcademyではScalaを扱える現役のエンジニアから学ぶことができます

TechAcademyの特徴
  1. 週2回のマンツーマンサポート
  2. チャット回答が早く疑問解決まで時間がかからない
  3. キャリアの相談も可能
  4. 選択コースが豊富で目的に合ったプランで学べる

現役エンジニアに質問できることはとても貴重です。

基礎から応用まで現場レベルのサポートを受けられるのはプログラミングスクールの強みといえます。

独学で学ぶことの壁を確実に越えられるため、結果的にコスパがもっともいいといえるでしょう。

ちか

リアルな意見とアドバイスは信憑性もあって安心できますね!

マンツーマンで実践的スキルを習得する

まとめ:Scalaはオワコンではなく将来性がある言語

ちか

Scalaの将来性や習得すべき理由がよくわかりました!

なかがわ

あとはどこで、どう学ぶかが大切ですね。

今後は他言語からScalaへの移行が多く見込まれ、案件や需要がますます高まっていくと予想されます。

Scalaエンジニアの数が少ないうちに学んでおくことが理想です。

効率的に学ぶには独学ではなく、プログラミングスクールでの学習がもっとも効果が高いでしょう。

 TechAcademyでScalaを身につけて、貴重なエンジニアになってください。

マンツーマンで実践的スキルを習得する