IT業界(WEB業界)はやめとけと言われる3つの理由と離職率・ブラック企業を見分ける3つの方法

この記事でお伝えすること
  1. IT業界(Web業界)はやめとけと言われる理由
  2. IT業界(Web業界)の労働環境は良い方向へ変化している
  3. IT業界(Web業界)でブラック企業を見極める方法
  4. IT業界(Web業界)の離職率とは?

IT業界(WEB業界)と聞くとどのようなイメージをしますか?

「低い給料で長時間働かされる…。」

「休日出勤や残業は当たり前なんでしょ?」

そう思っている方も多いんじゃないですか?

ちか

私も正直、IT業界と言われると悪い話の方が多く聞く気がします…。

この記事では今のIT業界の現状とブラック企業を避けるための見極め方を解説しているのでぜひ読んでみてください。

 

また、今すぐに職場環境を変えたい!という方は、IT業界に特化した無料転職エージェントマイナビエージェントIT」・「レバテックキャリアなど複数のエージェントを活用するのがおすすめです。

なかがわ

と言うのも、大手転職サイト・リクナビの調査で、転職に成功した人は、「平均4.2社の転職エージェントを利用している」ということがわかったからです。

複数エージェントを利用するメリット
  • 相性の良い担当者と出会える確率が上がる
  • 1度に複数の企業に応募できる
  • 自分に合う求人を見つけられる・提案してもらえる

この記事で紹介しているエージェントは、全て無料で利用できます。

この機会に、ぜひ活用してみてください。

複数社申込で転職成功率UP!?
もし本当に転職したいのであれば、今すぐ3~4社のエージェントに登録することをおすすめします。

3~4社並行して無料登録することで、新たな転職先が見つかるまでのスピードが一気に早まるからです。

転職したい気持ちが大きければ大きいほど、早いに越したことはないので必ず登録はしておきましょう!

 

おすすめは

この6つ。登録自体はどれも3分程度で終わるので今すぐ全部やってしまいましょう!

たった3分めんどくさがらずにやるだけで、つらい会社から抜け出せますよ。

いま行動しなければ、精神的に参ってしまって鬱になるかもしれません。これ以上メンタルを消耗しないために今のうちに相談しておきましょう。

IT業界(WEB業界)はやめとけ?ブラック企業を見分ける方法

ちか

IT業界はブラックだからやめておいた方がいいと言われたんですが本当ですか?

なかがわ

そうですね、以前まではブラックだとよく言われていました。

ですがなかにはホワイトな企業ももちろんありますし、人手不足な業界なので未経験でも就職できるといったメリットもあります。

今回はそんなIT業界のブラック企業の見極め方を教えますね。

IT業界はブラックだからやめた方がいいとよく聞きますよね?

実際IT業界で働いている方の中には

「ブラック過ぎてもう辞めたい…。」

「残業多いのに給料低くて辛い。」

などの声は多く聞きます。

ですがそれはIT業界のなかでもブラック企業の話です。

IT業界は他職業に比べると給料も高くなりますし、ホワイト企業に就ければなんの問題もありません。

IT業界(WEB業界)はやめとけと言われる3つの理由

ちか

IT業界はやめておいた方がいいと聞いたけど具体的になぜやめた方がいいんでしょう…?

なかがわ

やめておいた方がいいと言われる理由は主に3つあります。

順番に説明していきますね。

IT業界はやめとけと言われる3つの理由
  1. 残業や休日出勤が多く長時間労働
  2. 給料が安いイメージがある
  3. 下請けが多く労働環境がきつくなりやすい

理由1:残業や休日出勤が多く長時間労働

IT業界(Web業界)をやめたほうがいいと言われる理由の1つには、残業や休日出勤などの長時間労働があげられます。

なかには残業時間が月80時間を超えるところもあり、納期前には休日出勤も珍しくはありません。

ちか

月80時間以上の残業はちょっと嫌ですね…。

理由2:給料が安いイメージがある

IT業界だと給料が安いイメージがありませんか?

実際、客先常駐SEなどは低賃金でスキルにもならないような仕事をさせられたり、昇給が見込めないこともあります。

なかがわ

IT業界全部が給料が安いわけではなく、実際は一部の職種に限り安い場合があります。

給料が安くなってしまう原因の1つに、未経験でも就職しやすいからとスキルのない人が安い賃金で働かされているといった理由があります。

理由3:下請けが多く労働環境がきつくなりやすい

システム開発などを行うときの仕組みはこの図解のようにピラミッド型になっています。

上流工程は元請けが行い、それ以外の下流工程は下請けが行うので労働環境がきつくなるのです。

なかがわ

上流工程の元請けはホワイトな場合が多いですが、下流工程を行う下請けや孫受けはブラック労働環境が多いですね。

こちらの記事「【未経験可】IT業界(WEB業界)に転職する方法まとめ!メリット・デメリットを調べてみた」ではIT転職について詳しく書いてあります。

IT業界(WEB業界)の労働環境は良い方へ変化してきている

なかがわ

IT業界はブラックだからやめたほうがいいという理由をあげてきましたが、IT業界はここ数年で労働環境がいい方へ変化してきています。

ちか

そうなんですね!

ブラックなイメージがあるIT業界ですが最近の労働環境は良い方へ変化いてきています。

働き方改革や世の中の仕事に対する考え方の変化、色々な要因がありますが詳しくみてみましょう。

 

なかがわ

もし、今いる会社がブラックな環境ならマイナビエージェントITレバテックキャリアなどを活用して、早めに転職した方がいいでしょう。

次の会社もブラック企業…なんてことにならないよう、

転職エージェントに登録後、担当者との面談の際には、こちらの質問をしておきましょう。

ブラック企業に転職しないために確認すべき3つのこと
  • どれくらいの期間求人が出ている企業なのか?
     (ずっと募集している企業ではないか?)
  • 3年以内の離職率が30%を超えていないか?
  • 労働条件が曖昧ではなく、詳しく書かれているか?

また、担当者から提案された企業についても、しっかり口コミなどで調べた上で面接にのぞむことが大切です。

業界(WEB業界)の実際の平均残業時間は33.9時間

IT業界がブラックと言われる理由に残業や長時間労働をあげましたが、転職サイトdodaの15,000人に調査した残業ランキングでは平均33.9時間でした。

また2018年のVorkers残業時間レポートでは、2014年から残業時間が減少し続けIT業界でも30時間を切る職種が増えています。

ちか

80時間以上残業あるところもあると聞いてましたが実際はそこまで酷くないんですね!

働き方改革に積極的な企業が多く残業時間は減少傾向

[Vorkers業界別 月間残業時間推移 画像引用]

こちらはVorkersの業界別残業時間調べの画像です。

最近はどこの企業も働き方改革に積極で残業時間は減少傾向になります。

なかがわ

IT業界だけではなく、社会全体で残業を減らす取り組みが積極的に行われているのでどの業種もここ数年は残業時間が減少していますね。

ちか

全体的に残業時間が減っているなんていい傾向ですね!

実際のIT業界(WEB業界)の年収は461万円

IT業界やめておいたほうがいい理由では給料が安いイメージがあることをあげましたが、実際のIT業界の年収は比較的高いです。

IT業界でも客先常駐や派遣SEなどの一部の職種は安い給料傾向がですが、社内SEなどの職種は技術職なため一般的な会社員より年収が高いことが多いです。

なかがわ

給料が安いイメージはこの客先常駐SEなどからきてます。

実際のIT業界全体の年収は高く、技術職なため業績によって昇給したりする場面が多くありますね。

また自分のスキルや経験によっても昇給したりすることが多いです。

IT業界(WEB業界)の平均離職率は10〜15%!意外と低い?

ちか

IT業界=ブラック…離職率が高いイメージがあります。

なかがわ

確かに、一般的にはそう思われがちな面はあります。

(引用:厚生労働省・離職率データ

でも、実際は、こちらのグラフを見てもわかるように、平均離職率10〜15%で意外と高くありません。

 

一般的に、10%以下だと離職率は低いと言われています。

なかがわ

その点、他の業種と比べても、情報通信業(IT・Web業界)の離職率は低いですね。

もちろん、待遇や仕事内容など、会社によって、違いはありますが、「離職率が高く・ブラック企業が多い…」と言われがちなIT・Web業界は、イメージほど悪くないことがわかります。

 

IT業界(WEB業界)でブラック企業を見極める3つの方法

ここまで読んでもらって実際のIT業界はそこまでブラックではないのが分かってもらえたと思います。

ですがなかにはブラック企業が存在していることも事実です。

もし、今いる会社がブラックな環境なら無料相談ができる転職エージェント・「マイナビエージェントIT」や「レバテックキャリア」などを活用して、早めに転職した方がいいでしょう。

ちか

IT業界でもブラック企業に就職しないようにするにはどうやって見極めたらいいんでしょうか…。

なかがわ

それでは上手にブラック企業を見極める方法を紹介したいと思います。
IT業界でブラック企業を見極める3つの方法
  1. 企業について詳しく調べる
  2. 転職エージェントを上手に利用する
  3. プログラミングスクール経由で就職する

1.企業について詳しく調べる

まずはブラック企業じゃないか企業について詳しく調べてみましょう。

見分け方のポイント

・企業の客先常駐の比率が高くないか

・具体的な業務内容に着目する

・労働時間は長くないか

・常に募集をかけていないか

客先常駐の比率が多い会社は、客先常駐SEを派遣をメインとした会社の場合が高いです。

そのため業務は客先によりますし、いつまでも低い給料で働かされてしまいます。

具体的な業務内容を開示していない企業も、客先常駐SEを派遣する会社の場合が高いです。

なかがわ

客先常駐の場合、仕事内容は客先によって違うので業務内容は注意してみると良いですよ。

常に募集をかけている企業や労働時間が長い企業は、人手不足からくるブラック労働を強いられる可能性が高いため避けましょう。

2.転職エージェントを上手に利用する

ブラック企業を避ける手段として、転職エージェントを利用するというのもあります。

転職エージェントを利用すればエージェントが自分のスキルにあった企業を紹介してくれるのでスキル不足からくる無理な労働をしなければならない、という状況にもなりません

なかがわ

エージェントがしっかりとヒヤリングをしてくれ自分に合った企業を見つけてくれるので安心できますね。

ちか

自分で見極めるのが大変、という人は転職エージェントを利用した方が良さそうです!

下記のIT業界特化の転職エージェントは、全て無料で利用できるので、ぜひ活用してみてください。

無料で活用できるIT業界特化の転職エージェント
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 高待遇・高収入の案件が多い
    TechClipsエージェント
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone
  5. 製造系エンジニアなら
    メイテックネクスト

エージェントマイナビ
エージェントIT
レバテック
キャリア
Midworks
どんな人に
おすすめ?
スキルに
自信がない人
専門的な
アドバイスを受け
転職したい人
スキルに
自信がある人
推定年収240~1200万300~1500万500~1300万
案件数約12,000件約2,500件約3,000件
未経験
公式サイト

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT))などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「Midworks

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)はフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

3.プログラミングスクール経由で就職する

もう一つはプログラミングスクールを経由して就職する方法があります。

今のスキルだけじゃ不安な人や、今よりいいところに転職するためにスキルアップをしてから就職したい!という人はプログラミングスクール経由で就職する方法がおすすめです。

スクールでスキルを身につけたらスクールからしっかりとした企業を紹介してもらえます。

自分で探す手間や時間がかからないところが良いですね。

なかがわ

プログラミングスクールもいくつかあるので自分に合ったプログラミングスクールを選びましょう。

例えば、あなたが、20代であれば、受講料から転職支援まで全て無料でサポートしてくれるGEEK JOB

30代以上であれば、転職保証制度があって、未経験からのIT業界就職に実績のあるDMM WEBCAMPがおすすめです。

スクール
エンジニア
DMM
WEBCAMP
Tech
Academy
TECH
CAMP
どんな人に
おすすめ?

転職したいけど
お金がない人
(転職コース)

経験が少なくても
確実に転職
したい人
スクールに通う
時間のない人
働きながら学習を
進めたい社会人
金額実質無料〜
¥128,000
¥ 628,000¥ 99,000~¥ 648,000
受講期間最短4週間~3ヶ月最短4週間~最短10週間~
リモート
公式サイト

現役エンジニアに相談するチャンス
エンジニアのスキルが上がらないなら、今すぐ無料の侍エンジニア塾のオンラインレッスンに応募することをおすすめします。

 

たった1回の講義であなたのスキルが大幅に向上するキッカケになるはずです...!!!

さらに今なら総額5000円分のAmazonギフト券がもらえる特典付き。
無料講義が満席になる前に今すぐチェックしてみてください。

 

侍エンジニアはオンラインでも受講可能!!


▲お悩み相談だけでもOK!!▲

【公式サイト】https://www.sejuku.net/

IT業界(WEB業界)の今後は人手不足なので求人も増加が期待できる

なかがわ

2019年のIT業界(Web業界)転職市場はどこの転職サイトをみても口をそろえて求人増加が見込めるといっているので求人が増加するのは間違いないです。

ちか

スキルアップをして今より良い企業に転職するチャンスですね!

今はどこも人手不足で求人は年々増加しています。

なのでスキルを身につければ今より良い企業に再就職も可能です。

IT業界(WEB業界)は常に人手不足

IT業界(WEB業界)は常に人手不足なので近年は若い人材だけでなく、経験豊富な40代のミドルやシニア、出産育児などでブランクがある女性エンジニアも積極的に採用する動きも出てきています。

なので若い人材に限らず他の年代でも転職しやすい環境になっています。

ちか

若い人たち以外の求人も増えてるんですね!

あらゆるビジネスでITが必要となるので人材需要はこれからもっと延び続ける

他業種でもアプリやシステム、セキュリティー環境の構築などITが必要になる場面ば増えるので人材の需要はこれからもっと増えます。

なかがわ

最近は何でもデジタル化が進んでるのが人手不足になる要因の1つですね。

急速にデジタル化が進んでいるので、当面はIT業界の求人が減少することはないでしょう。

まとめ:IT業界(WEB業界)やめとけは気にしない。ブラック企業を見極めてホワイト企業に就職すれば未来は明るい

数年前まではIT業界はブラックだ、やめといた方がいいとよく聞きました。

今は働き方改革やITの需要の高まりで求人も多くあります。

なかにはブラック企業もありますがしっかり見極めホワイト企業に転職しましょう。

なかがわ

IT業界(WEB業界)をやめたほうが良いは昔の話です。

今は長時間労働を迫れることや低賃金で雇われることは少ないので上手に転職するのがおすすめですね。

ちか

今のIT企業はブラックな所が少ないと知れて安心しました!
無料で活用できるIT業界特化の転職エージェント
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 高待遇・高収入の案件が多い
    TechClipsエージェント
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone
  5. 製造系エンジニアなら
    メイテックネクスト