Webエンジニアに将来性は無いの…?これからの展望やおすすめの立ち回り方を徹底分析

この記事でお伝えすること
  1. Webエンジニアの「将来性」「需要」についての今後の展望
  2. 将来性の高いWebエンジニアに必要なこと
  3. Webエンジニアへの転職方法

Webエンジニアの将来性に不安を感じている人が多いのではないでしょうか。

「AIによって仕事がなくなるのでは?」

「エンジニアの35歳定年説はほんとうなの??」

…と悩んでいませんか?

“ちか”

Webエンジニアに将来性はないのでしょうか?

“ちか”

今後の将来性や需要について知りたいです。

“なかがわ”

結論から言いますと、Webエンジニアの将来性は高いです。

 

この記事では、

Webエンジニアの今後の「将来性」「需要」の展望についてお伝えしていきます。

この記事を読めば、Webエンジニアとして将来性の高い人材になる方法を知ることができます!

Webエジニアの将来性に不安がある方はぜひ読み進めてくださいね。

まず確認!Webエンジニアの3つの特徴

なかがわ

Webエンジニアの将来性を知る前に、まずはWebエンジニアの業界がどういった特徴があるのか3つの観点から解説します。

Webエンジニアの特徴を知ることで「求められるスキル」「Webエンジニアの将来性」を把握することができます。

ちか

Webエンジニアとして働くうえで、業界の特徴は絶対に知っておかないといけないですね。

なかがわ

Webエンジニアには、下記の3つの特徴があります。

詳しく解説します。

Webエンジニアの3つの特徴
  1. Webサービスが増え、需要は高まっている
  2. データーベースも扱うことからサーバーサイド関連の言語も必須
  3. 1人当たりの単価は下がっている点はデメリット

 

1.Webサービスが増え、需要は高まっている

なかがわ

Webエンジニアの業界の特徴として必ず知ってほしいのが、Webエンジニアの需要は年々高まっていることです。

ちか

なぜ、年々需要が上がってきているのでしょうか?

それは、スマホやタブレットの普及によるWebサービスの増加によって、Webエンジニアの需要も高まってきているからです。

ちか

たしかにそうですね!

今やスマホやタブレットは日本人のほとんどの人が持っていますよね。

なかがわ

今後、世界中のあらゆるサービスがWebベースで提供されていくでしょう。

Webエンジニアの需要が年々高まっている一方で、IT業界はさらに人手不足に悩まされると予想されています。

ちか

需要は高まっているけど、人材は不足しているんですね。

ということは、Webエンジニアは完全な売り手市場になりますね。

なかがわ

そういうことです。

なので、Webエンジニアの需要は今後もさらに高まっていくでしょう。

2.データベースも扱うことからサーバーサイド関連の言語も必須

なかがわ

次はWebエンジニアに必要なプログラミング言語について解説します。

Webエンジニアの主な言語として、HTMLやCSS、JavaScriptのコーディングが必要になります。

しかしWebエンジニアは、上記の言語以外にもWebに関するスキルは一通り必要になってきます。

ちか

他にはどういった言語が必要になりますか?

なかがわ

ほかに必要な言語は、サーバーサイド関連の言語は必須になります。

その理由として、ほとんどのWebサービスが情報を保存するためにデータベースを扱っているので、サーバーサイドのプログラミング言語は絶対に必要になります。

なかがわ

データベースにアクセスしたり、情報を整理するためにサーバーサイドの言語は覚えておく必要があるのです。

サーバーサイド関連の言語として、Ruby・PHP・Javaなどが必要です。

ちか

Webエンジニアの主要な言語のほかにも、サーバーサイド関連の言語もしっかりと使える必要があるんですね。

なかがわ

WebエンジニアはWebに関する幅広い言語を使える必要があります。

3.1人あたりの単価は下がっている点はデメリット

なかがわ

次のWebエンジニアの特徴は、一人当たりの単価が下がっていることです。

この特徴に関してはデメリットになりますね。

ちか

なぜ一人当たりの単価が下がっているのでしょうかは?

その理由としては、昔よりも手軽にWebデザインについて学べるようになったことが原因です。

なかがわ

現在はYouTubeやオンラインスクールなどで手軽で安価に学ぶ環境が整っています。

それに加えて、クラウドソーシングなどのサービスの発達で人材の調達がしやすくなったことも原因の一つです。

なかがわ

なので、Webエンジニアとして安く買いたたかれないように、自分にしかない強みを身につけておくことも大切です。

ちか

Webエンジニアとしての単価を上げるためにも、新しいことを学び続ける必要がありますね。

「将来性は高い」Webエンジニアに需要があると言い切れる2つの理由

ちか

Webエンジニアの仕事は、将来的にAIにとって代わられるのではないかと聞きました。

将来的にも、Webエンジニアの需要がほんとうにあるのか不安です。

なかがわ

心配する必要はありません。

Webエンジニアは将来性の高い職業で、今後も需要があると言い切れます。

そう言い切れるのは、以下の2つの理由があるからです。

今後も需要があると言い切れる2つの理由
  1. 売り上げは右肩上がり
  2. 中でもスマホアプリ開発に関するに内容は必見

1.売上は右肩上がり

なかがわ

需要があると言い切れる理由の一つとして、IT業界の売り上げが10年以上も右肩上がりにあることです。

上記グラフを見ていただくとわかると思いますが、2015年度から現在までIT市場の売り上げは伸び続けています。

矢野経済研究所の調べによると、2015年度には11兆5560億円だった市場規模が、2020年現在では13兆1240億円まで伸びています。

なかがわ

Web業界も当然IT業界の一部なので、今後も確実に需要が上がると言い切れます。

さらに、現在世界で一番儲かっている企業のほとんどがIT企業が占めています。

上記の世界の企業ランキングを見ていただくと、上位1位~8位の中にIT企業が6社もランクインしています。

なかがわ

ランキングを見ても分かる通り、今後もIT企業の市場規模は確実に伸び続けます。

現在、日本で一番儲かっているのが自動車産業ですが、世界では圧倒的にIT産業が儲かっています。

なかがわ

今後10年でさらにこの流れは強くなると考えられているので、Webエンジニアの需要があると言い切れます。

2.中でもスマホアプリ開発に関する内容は必見

なかがわ

そして、Webエンジニアの需要があると言い切れる理由の2つ目が、スマートフォンの普及です。

ちか

なぜ、スマートフォンの普及でWebエンジニアの需要があると言い切れるのですか?

その理由は、スマートフォンの普及によってスマホアプリ開発の市場価値が高まっているからです。

なかがわ

スマホアプリの開発ができる人材はまだまだ少なく、とても希少です。

スマホやタブレットを利用して業務の効率化を考えている企業が増えているのに対して、スマホアプリの開発ができる人材が少ないのが現状です。

なかがわ

さらに今後は、5Gの登場でさらにスマホの普及が加速すると考えられます。

こういった理由から、スマホアプリ開発の分野は今後も需要は伸び続けるでしょう。

Webエンジニアの平均年収から将来性の高さを徹底分析!

ちか

Webエンジニアの平均年収はいくらぐらいなんでしょうか?

なかがわ

Webエンジニアの平均年収はFind job!の2020年10月時点の調査によると平均456万円です。

グラフを見てみると、年収400万円~499万円の割合が約40%で一番多いです。

国税庁の民間給与実態調査によると日本人の平均年収が436万円になっています。

なので、Webエンジニアの平均年収は日本人全体の平均年収よりも高いことになります。

次にIT企業全体の中での平均年収を見てみましょう。

職種平均年収
コンサルタント、アナリスト、プリセールス629万円
システム開発(Web・オープン系)532万円
システム開発(マイコン・ファームウェア・制御系)614万円
システム開発(汎用機械)525万円
パッケージソフト・ミドルウェア開発497万円
ネットワーク設計・構築(LAN・Web系)647万円
運用、監視、テクニカルサポート、保守495万円
研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理ほか625万円

上記の表は、リクナビNEXTのメディアサイト「Tech総研」の30代前半のIT企業の平均年収を比較したものです。

この表で見ると、8種の業種のうちで5番目の平均532万円となっています。

なかがわ

ITコンサルに比べると低い傾向にはありますが、システム開発の中では決して低い数字ではありません。

ITコンサルはエンジニアとして経験を積んでスキルと知識を身につけてからなるのが一般的なので、年収も高くなります。

なので、Webエンジニアはシステム開発系の中では年収は高い傾向にあると言えます。

なかがわ

さらに、Web業界はスマホの普及で市場は拡大していきます。

それを考えると、今後は給与水準の向上も十分考えられるでしょう。

ちか

日本人の平均年収以上の収入があって今後の給与アップも期待できると考えると、Webエンジニアの将来性に期待できますね!
【目指せ1000万】webエンジニアの年収は?収入をぶち上げる5つの方法

こんなWebエンジニアは強い!将来性が高い3つの特徴

なかがわ

Webエンジニアは将来性が高い職種です。

しかし、どんな人材でも将来性があるわけではありません。

ちか

Webエンジニアとして将来性を高めるには、どのようなスキルや考え方が必要なのでしょうか?

Webエンジニアとして、将来性の高い人材になる為には下記の3つの特徴が必要です。

 

Webエンジニアとしての将来性が高い3つの特徴
  1. 基本的な土台ができている人
  2. どんなポジションでもコードを書ける
  3. 1つの考えに凝り固まらず、変化に対応できる

なかがわ

上記3つについて詳しく解説します。

1.基本的な土台はできている人

なかがわ

まず1つ目のエンジニアとしての将来性が高い人材は、Webエンジニアとしての基本的な土台ができている人です。

ちか

基本的な土台とはどういったことでしょう?

基本的な土台とは、下記の3つのスキルを持ち合わせている人材のことを言います。

  • 難問に突き当たった場合の「論理的思考力」物事を進める「タスク管理能力」
  • 顧客の個人情報を守るセキュリティ対策スキル
  • プログラミング言語に関する知識

なかがわ

以上の3つのスキルを持ち合わせているWebエンジニアは将来性が高い人材と言えます。

逆に言えば、3つのスキルのうちどれか1つでもかけていれば、将来性の低い人材になってしまいます。

ちか

3つのスキルのどれか一つに特化しているだけでは、Webエンジニアとして有能な人材にはなれないんですね。

なかがわ

基本的な3つのスキルさえ身につければ、需要はあるのでどこへ行ってもやっていけるようになります。

将来性の高い人材になる為にも、必ず3つのスキルは身につけましょう。

2.どんなポジションでもコードが書ける

なかがわ

Webエンジニアとして年齢が上がり、役職につくとコードを書く機会が減っていきます。

そしてコードを書かなくなることによって、将来性のない人材になってしまいます。

ちか

なぜ、コードを書かなくなると将来性のない人材になってしまうのですか?

コードを書き続けていないと、最先端の技術についていけなくなるからです。

最先端の技術は、自分で使ってみないとわからないことが多くあります。

なかがわ

時代の流れが速いIT業界において、常に最先端の技術に対応できるようにコードを書き続ける必要があるのです。

ちか

役職についたとしても、コードは書き続ける必要があるんですね。

なかがわ

コードを書き続けることで、いつの時代でも対応できるWebエンジニアになれます。

役職に関係なく、コードは書き続けましょう。

3.1つの考えに凝り固まらず、変化に対応できる

なかがわ

IT業界は次々と新しい技術が生まれてはすぐに消えていく世界です。

そんな業界にいて、1つの考えに凝り固まっていてはあっという間に置いていかれてしまします。

なので、常に新しいことを学ぶ姿勢がある人材は将来性のある人材と言えます。

ちか

変化を受け入れられず、現状に満足してしまっている人には向かない業界ですね。

 

なかがわ

変化を受け入れられ、常に学ぶ姿勢を持っていれば年齢関係なく活躍することだってできます。

ちか

「35歳定年説」の考え方は間違ているということですね。

年齢ではなく、変化に対応できて学ぶ姿勢がある人材が求められているんですね。

Webエンジニアに転職したい時におこなう3つの方法

ちか

Webエンジニアに転職するために何をすればいいですか?

なかがわ

Webエンジニアになるために必要な資格はないのですが、知識とスキルは必要になります。

なので、転職する前にしっかりと勉強して最低限の知識とスキルを身につける必要があります。

これからWebエンジニアに転職を考えている方のために、スムーズに転職できる3つの方法を紹介します。

なかがわ

下記の3つの方法について詳しく解説します。
Webエンジニアに転職したい時に行う3つの方法
  1. 独学でコツコツ知識を学ぶ
  2. プログラミングスクールに通ってスキルを習得
  3. 転職エージェントで「非公開求人」を教えてもらう
【3分で分かる】webエンジニアへの転職を成功させる7つのポイントを徹底紹介

1.独学でコツコツ知識を学ぶ

Webエンジニアの知識の勉強法として、最初にオススメしたいのが独学で学ぶことです。

独学と聞くと難しいイメージがあると思いますが、現在の環境でしたら十分可能です。

なかがわ

なぜかというと、昔と違い「YouTube」や「progate」といったインターネットでも無料で学ぶ環境が整っているからです。

また、書店にもWebエンジニアに必要なスキルが学べる本はそろっています。

もし勉強していくうちにプログラミングでわからないことがあっても「テラテイル」や「Stack Overflow」といったコミュニティサイトで無料で質問することもできます。

ちか

今は独学でも学びやすい環境が整っているんですね。

なかがわ

独学の最大のメリットはお金をかけずに学べることです。

基礎的なことを学ぶなら、独学から始めてみるのもオススメです。

2.プログラミングスクールに通ってスキルを習得

2つ目にオススメなのはプログラミングスクールに通って学ぶ方法です。

なかがわ

プログラミングスクールは独学と違って、やはりお金もそれなりにかかってきます。

しかし、圧倒的に時間を短縮してWebエンジニアに必要なスキルを学ぶことができます。

独学であっても学ぶことは可能ですが「コミュニティサイトに質問しても2~3日返答がない」なんてこともよくあります。

なかがわ

プログラミングスクールであれば、わからないところはリアルタイムで質問することができます。

ちか

すぐに問題が解決するので、途中で勉強に挫折してしまうことも防げますね。

さらにプログラミングスクールには、その後の就職先を紹介してくれるところもあります。

なかがわ

効率的にプログラミングスキルを身につけて、転職にも失敗したくないという人はプログラミングスクールに通うことをオススメします。

オススメのプログラミングスクールを紹介しているので、あなたにあったスクールをぜひ探してください。

スクールテック
キャンプ
DMM
WEBCAMP
Tech
Academy

エンジニア
どんな人に
おすすめ?

絶対に転職
したい人
(転職保証付き)

スキルアップし、
無理のない
転職をしたい人
スクールに通う
時間のない人
転職したい
けどお金が
ない人

金額¥ 657,800¥ 690,800¥ 327,800~¥ 598,000
受講期間最短10週間~3ヶ月最短4週間~最短4週間~
リモート
公式サイト

仕事の紹介を断られた…!?

エンジニア経験が浅い人は、
エージェントから企業の紹介が難しいと言われることがあります。

 

そうならないためには、未経験でもITエンジニアを紹介できる
ITに強いエージェントにエントリーしておく必要があります。

 

たった1分の申し込みで、トヨタや楽天などの大企業に内定が決まる可能性もあります…!!!

 

当サイトで最も登録すべき穴場エージェントをピックアップしました。
失敗したくないなら、このサイトだけは必ずエントリーしておきましょう。

 

超穴場サービス!!土日祝でも対応可能


3.転職エージェントで「非公開求人」を教えてもらう

なかがわ

最後は、転職を確実に成功させるための方法を解説します。

転職を確実に成功させるためには、転職エージェントに登録するのがオススメです。

転職エージェントに登録すると、ネットには出回らない「非公開求人」を教えてくれます。

プログラミングのスキルを身につけて「いざ転職しよう!」と思っても優良な求人はネットには出回っていないです。

ちか

ネットの転職サイトを見るだけでは不十分なんですね。

なかがわ

そうですね。

転職サイトだけでは、自分の条件に合う職場を見つけるのは正直難しいです。

転職エージェントに登録すれば「非公開求人」も紹介してくれますし、自分の条件に合う適切な求人を探してくれます。

なかがわ

なので「転職に失敗したくない」「早く転職したい」という方は転職エージェントを積極的に活用しましょう。

どれも登録は3分で終了するので、今のうちに登録を済ませてしまいましょう。


エージェントマイナビ
エージェントIT
メイテック
ネクスト
Midworks
どんな人に
おすすめ?
スキルに
自信がない人


首都圏以外の
求人も
探している人

スキルに
自信がある人
推定年収240~1200万300~1500万500~1300万
案件数約12,000件約10,000件約3,000件
未経験
公式サイト

仕事の紹介を断られた…!?

エンジニア経験が浅い人は、
エージェントから企業の紹介が難しいと言われることがあります。

 

そうならないためには、未経験でもITエンジニアを紹介できる
ITに強いエージェントにエントリーしておく必要があります。

 

たった1分の申し込みで、トヨタや楽天などの大企業に内定が決まる可能性もあります…!!!

 

当サイトで最も登録すべき穴場エージェントをピックアップしました。
失敗したくないなら、このサイトだけは必ずエントリーしておきましょう。

 

超穴場サービス!!土日祝でも対応可能


日本全国の求人に対応している「メイテックネクスト

案件数約10,000件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式】https://www.m-next.jp/

メイテックネクストは、業界知識に自信がない人におすすめの転職エージェントです。

エージェントの大半が技術職の経験者なので、丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

また、メイテックネクストは「製造系エンジニア」の中で求人数No.1を誇る優良エージェントサービスです。

メイテックネクストの特徴
  1. 転職支援コンサルタントの半数以上が技術分野出身
  2. 日本全国の求人に対応!電話サポートもある
  3. ものづくり・製造系エンジニアに強い転職エージェント

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

メイテックネクストはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

土・日・祝でも対応可能!!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビIT AGENT

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビIT AGENTは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビIT AGENTの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の多くが非公開求人。

マイナビIT AGENTでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビIT AGENTは、「ITの専門家の情報が知りたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「Midworks

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

もし不安であれば当サイトのLINE公式アカウントでいつでも質問も受け付けていますし、当サイト管理人が未経験エンジニアで失敗した経験も語っているので参考になるはずです。

他にも、テックキャンプはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

まとめ:Webエンジニアの将来性は明るい!今すぐ行動して転職を

今回はWebエンジニアの将来性について解説しました。

ちか

Webエンジニアは、将来性も高く需要もあるので安心して転職できますね。

なかがわ

スマホやタブレットが今後も普及していくと考えると、Webエンジニアの需要が高まるのは必然と言えますね。
この記事のまとめ
  1. IT業界は右肩上がりで、Webエンジニアの需要は高まっている
  2. Webエンジニアの平均年収は日本人全体の平均年収よりも高い
  3. 将来性の高い人材になるために、新しいことを学び続けよう
  4. 転職を確実に成功させるために、転職エージェントを活用しよう

Webエンジニアは需要が高まっているのに対して、人員は不足しています。

なかがわ

こういった理由から、需要が増えることは確実なのでしっかりとスキルを学んで今すぐ転職するのがオススメです!