【保存版】フリーランスのwebエンジニアになる方法まとめ!フリーランスで働くメリット・デメリットも紹介

この記事でお伝えすること
  1. フリーランスWebエンジニアに必要なスキルやなり方
  2. フリーランスWebエンジニアのメリット・デメリット
  3. フリーランスをする前にしておくべき準備

ちか

フリーランスでWebエンジニアとして働くのに憧れています!

なかがわ

場所や時間に囚われない、フリーランスの働き方は最近増えていますね。特にエンジニア関係のフリーランスをよく見かけます。

ちか

そうなんですね!Webエンジニア×フリーランスってお金も安定してそうでなってみたいです。

 

「フリーランスのWebエンジニアになりたいな…」

「でもフリーランスって何かと不安…どんな感じなんだろう?」

 

と悩んでいませんか?

フリーランスは時間や場所に囚われない、自由度が高く人気がある働き方です。

特にWebエンジニア関係の仕事なら、パソコン1つあれば在宅でも働けるのでフリーランスの人が多いんですよ!

今回はフリーランスのWebエンジニアになりたい人に、フリーランスWebエンジニアのなり方や必要スキルなどを解説します!

なかがわ

必要なスキルを身につけて、フリーランスになり自由を手に入れましょう!

Webエンジニアはフリーランスでも需要があり仕事に困らない

Webエンジニアやプログラマーなどの仕事は、在宅でできる仕事も多くスキルさえあればフリーランスとして活躍する人が多いです。

いきなりフリーランスになるのは難易度が高いので最初は会社でスキルを磨き、後で自分で独立するのがおすすめ。

Webエンジニアの仕事は人手不足で、スキルさえあればフリーランスでも十分仕事にありつけます。

ちか

フリーランスでもお金は稼げるんですか?

なかがわ

自分次第で十分稼げます。スキルがちゃんとあれば正社員の時よりも稼げる人も全然いますよ!

フリーランスWebエンジニアに必要なスキル

ちか

どれくらいのスキルがあれば、フリーランスのWebエンジニアになれますか?

なかがわ

フリーランスだと開発の全てを任せられる可能性も高いので、できるだけたくさんのスキルは合ったほうがいいです。
フリーランスWebエンジニアに必要なスキル
  1. プログラミングやマークアップスキル
    HTML/CSS/Javascript/PHP/Ruby/Pythonなど
  2. データベースのスキル
  3. セキュリティスキル
  4. LAMP環境スキル

どんな案件を引き受けるのかによりますが、フリーランスでやっていくのなら幅広く仕事ができた方が安心です。

ちか

結構多くのスキルが必要なんですね〜!

なかがわ

そうですね。これが全部できなくても簡単な仕事もありますが、多くのことをできた方が報酬も安定しますね。
もっとくわしくWebエンジニアに必要なスキルを知りたいなら…

Webエンジニアに必要な資格とは?3つの勉強方法とコツを徹底解説」にくわしく書いているので参考にしてみてくださいね!

フリーランスWebエンジニアの4つのメリット

ちか

Webエンジニアでフリーランスとして働くとどんなメリットがあるんですか?

なかがわ

フリーランスとして働くメリットは実はたくさんあるんですよ。
Webエンジニアがフリーランスとして働く4つのメリット
  1. 働く場所や時間に囚われない
  2. 自分の頑張りによって収入が上がる
  3. 子育てや家庭との両立がしやすい
  4. 人間関係の悩みは減りやすい

くわしく解説しますね。

1.働く場所や時間に囚われない

まずこれはフリーランスの働き方ならどれも当てはまるのですが、働く場所や時間に囚われないので自由度が高くなります!

Webエンジニアの仕事は、パソコンとwifi環境が整っていればどこでも働くことができるので在宅ワークも多いんですよ。

またフリーランスになれば働く時間を決めるのは全て自分。

自己管理になるので、朝が苦手な人でも好きな時間に起きて仕事をすることができるんです。

場所に囚われないので「海外ノマド」で海外に住みながらお仕事をする人もいますよ。

ちか

それはかなり魅力的ですね…!

2.自分の頑張りによって収入が上がる

フリーランスで働くメリットは、自分の頑張りによって収入が上がることです。

会社で働いていると給料アップするのは簡単じゃありませんよね?

1年に1度、数千円だけ基本給とボーナスがアップするなんてところもあります。

それくらい会社で働いていると給料を上げるのは大変です。

しかしフリーランスなら交渉次第で、報酬を上げてもらうことができます。

あとはやればやるだけ収入になるので、お給料を上げるのは会社時代よりも実は簡単です。


3.子育てや家庭との両立がしやすい

フリーランスは子育てや家庭との両立がしやすいです。

フリーランスが子育てや家庭と両立しやすいポイント
  1. 通勤時間がかからない
  2. 自宅でやれば家事や子育ての両立が簡単
  3. 休日も自分でコントロールできる

いつも仕事が忙しくて子どもや奥さんとの時間が取れないお父さんでも、フリーのWebエンジニアなら家族の時間が増やせます。

子育てが忙しい、でも働きたいというお母さんにも在宅で働けるので小遣い稼ぎにおすすめしたい働き方です。

ちか

フリーランスだと、子どもが急に熱を出した時でも、すぐに保育園などに迎えに行ってあげられるのはいいですね〜!

なかがわ

そうなんです!フリーランスWebエンジニアは、将来子どもができても退職せずに気楽に働き続けられるのでとてもおすすめです!

4.人間関係の悩みは減りやすい

フリーランスだと1人でも働けるので、仕事関係の人間関係の悩みは減りやすいです。

会社だと毎日上司や人間関係に気を遣うことがありますが、フリーランスは個人事業主なので上下関係はなくクライアントとの関わりだけになります。

人間関係が嫌で仕事を辞めたいと思う人は結構世の中に多いですが、そんな人にもフリーランスという仕事はおすすめです!

5.フリーランスWebエンジニアの求人はたくさんある

Webエンジニアは人手不足なので、「フリーランスでもなんでも手を借りたい!」というのが現状です。

レバテックフリーランスなどのフリーランスのエンジニアやデザイナー向けに、案件を提供するサービスで簡単に仕事を見つけることができます

IT・Webエンジニアの求人だけでなんと7936件もあります!

フリーランス向けの求人サービスも充実しており、平均年収も862万円と高いんですよ!

ちか

え〜!フリーランスで862万円の平均収入は嬉しいですね。

なかがわ

Webエンジニアフリーランスを考えているのならぜひ登録しておくべきサービスですね。

フリーランスWebエンジニアの4つのデメリット

ちか

フリーランスの働き方って魅力的ですね〜!デメリットなんてあるんですか?

なかがわ

そうですね。魅力的ですが、フリーランスの働き方ならではのデメリットもあります。
Webエンジニアがフリーランスとして働くデメリット
  1. 社会的信用が落ちる
  2. 企業の教育環境がなく、何事も自分で解決しないといけない
  3. 収入が安定しない
  4. 社会からかけ離れ孤独に感じる

1.社会的信用が落ちる

フリーランスが増えているといっても、まだまだ社会的信用低いです。

会社という後ろ盾がないので、ローンが組めなかったり、クレジットカードの申請が通らないなんてこともあります。

そのためフリーランスは安定していないと思っている女性も多く、結婚相手として避けられることも…。

会社で働くよりも確実にフリーランスは、社会的信用が落ちるということは意識しておきましょう。

2.企業の教育環境がなく、何事も自分で解決しないといけない

フリーランスは基本自分だけで働いているので、何か問題が起きた時すぐに誰かに聞ける環境がありません。

会社であればすぐに誰かに聞いたり、教育してもらえる環境があるので安心ですよね。

しかしフリーランスは基本1人で働いているので、何事も自分で解決する力がないと厳しい…。

そのため企業で働き経験を積んでから、キャリアパスとして最終的にフリーランスになる人が多いです。

またスキル面だけでなく、源泉徴収や税金関係のことなどお金の管理も自分でしなければなりません。

3.収入が安定しない

フリーランスは会社員と違い福利厚生はなく、ボーナスもありません。

収入は自分が働いた分だけなので、病気になり働けなくなったらもちろん収入0になります。

またいきなり収入の大変を占めていた大きな案件がなくなり収入が減ってしまうケースも多いです。

結構シビアな世界でもあります。

収入は自分がやればやる分だけ得られますが、逆を言えばやらないと収入はないです。

そのため収入は正社員よりも安定しないので、日頃から体調を整えたり貯金をしたりと自己管理能力が必要。

また1つの取引先に依存せずリスクを分散させておくことも大切!

4.社会からかけ離れ孤独に感じる

フリーランスは会社などないので、家やカフェで働けます。

しかし社会からかけ離れているので、孤独に感じてしまい耐えきれず会社員に戻る人も。

「1人でずっと働くのは楽しくない、仲間がほしい!」と思う人も多いです。

そんな時は行動あるのみ!

  • フリーランスが集まるコミュニティや、コワーキングプレイスを利用して積極的に人と関わる
  • フリーランスの友達を作って相談や一緒に作業をできる環境を自分でつくる

なかがわ

別の職種でもフリーランスの横の繋がりはとても大切です。仕事を紹介してもらえるきっかけにもなりますよ。

フリーランスWebエンジニアに向いている人の3つの特徴

ちか

う〜ん…フリーランスって魅力的ですが、正直自分だけの力でできるのか不安もあります。

なかがわ

そうですね。フリーランスの働き方は自由度も高い分、向き不向きがあると思います。

「Webエンジニアでフリーランスとして働けるだろうか?」

Webエンジニアとして会社で働いてスキルがある人でも、独立する時に不安に思いますよね。

フリーランスという働き方は、これからもっと増えてきますがいまはまだ珍しいです。

そこでフリーランスWebエンジニアに向いている人の特徴を3つ紹介します!

特徴1.自己管理ができる人

フリーランスは自己管理能力が命といっても過言ではありません。

  • 体調を整える
  • スケジュールや納期の管理
  • クライアントとの連絡を取る

と自分で身の回りのことを全てします。

時間に融通がきく分怠けてしまいルーズになると、納期が遅れて信頼がなくなってしまう恐れも…。

自由な分、自分を律することができるかどうかはとても大切です。

特徴2.1人でやっていける十分なスキルがある人

まずスキルがなければフリーランスはできません。

Webエンジニアなら最低でも、自分ひとりでサービスやアプリ開発はこなせるスキルは必要です。

最初からフリーランスになってしまうと、自分で成長するのが難しいです。

そのためまずは企業でいろんな経験をした後にフリーランスになる方がいいですよ。

特徴3.スキルアップを自分でできる努力家

会社であれば上司が教えてくれたり、張り合うライバルがいて自然とスキルアップができる環境があります。

しかしフリーランスだと周りに誰もいないので、自分が成長しようと思わないと同じままです。

またWebエンジニアは、新しい言語やスキルを覚えていかないと仕事が減っていきます。

常にアンテナを張って、新しいスキルを身につけたいと思うこころざしは大切!

プログラミングや学習が大好きな人には向いています。

フリーランスWebエンジニアに向いていない人の3つの特徴

ちか

逆にフリーランスWebエンジニアが向いていない人はどんな人でしょうか?
フリーランスWebエンジニアに向いていない人の特徴
  1. 交渉下手な人
  2. 結果を自分で出せない人
  3. コミュニケーションを取ったり自己解決ができない人

フリーランスの働き方が合っていないと長続きはしません。

いきなりフリーランスになって失敗しないように、向いていない人の特徴を解説します!


特徴1.交渉下手な人

フリーランスは直接クライアントと関わることが多いです。

そのため値段の交渉も全て自分でしなければなりません。

案件の単価を上げたいと思ったら、相手の人も納得できるように交渉する必要があります。

そんな時に交渉下手で、相手とのコミュニケーションが取れないと給料もなかなか上がりません。

作業量と報酬が見合っていないと、結局働きすぎて自分を追い込んでしまう場合も…。

そうならないようにフリーランスとしてうまく生き抜くためにも交渉術が必要です。

特徴2.結果を自分で出せない人

フリーランスは全て自分で責任を持ち働きます。

正社員はチームプレイなので、みんなで協力しあってサービスを作り上げます。

そのため自分が仕事をちょっとミスしても上司や誰かがフォローもしてくれますよね。

しかしフリーランスは自分のスキルによって、仕事がとれる案件にも限りがあります。

要領よく仕事をこなさないと、正社員の時より稼げないことも…。

結果を自分で出せず稼げずに、泣く泣く正社員に戻る人もいます。


特徴3.コミュニケーションを取ったり自己解決ができない人

「フリーランスってあまりコミュニケーションも取らなくていいんじゃない?」

と思われがちなのですが、クライアントに交渉したり話を進めるのは自分しかいないのでコミュニケーション能力は必要です。

またわからない時に会社のようにすぐに人に聞ける環境でないので、検索したりして自己解決ができる力もいります。

フリーランスのWebエンジニアを目指す3つのルート

ちか

どうやってフリーランスのWebエンジニアになったらいいんですか?

なかがわ

フリーランスのWebエンジニアを目指すルートは主に3つあります。

フリーランスWebエンジニアは少し不安があるものの、魅力的ですよね。

独立できるか心配な人は、いきなりフリーランスを目指す必要はありません。

自分のタイミングに合った方法で自信がついてから、後々のキャリアパスとしてフリーランスになるのも手ですよ。

どうやってフリーランスのWebエンジニアになっていくのか紹介しますね。


1.会社員で経験を積んでから独立する

まずは会社員で経験を積んでから独立する方法です。

いきなりフリーランスになると、スキルや知識、経験が足りなくて仕事を受注することが難しい場合もあります。

Webエンジニアのキャリアパスとして、

Webエンジニア→Webディレクター→フリーランス

というのが一般的で、知識や経験をたくさんして何ももう会社で学ぶことがなくなってからフリーランスになると最強ですよ。

そのためにも同じ作業ばかりでなく、いろんなことを経験してスキルアップさせてくれるような会社を選ぶのがおすすめです。

2.未経験から独学やスクールに通い独立する

もしあなたが未経験で、プログラミングのスキルなどない場合はプログラミングスクールに通い必要なスキルを身につけましょう。

フリーランスになりたい場合は特に自分のスキルが強みになるので、スキルが無いと仕事を受注できません。

会社で働くよりもフリーランスの働き方をしたいのなら、スキルは絶対に磨くべきです。

ちか

会社で働いた経験なく、いきなりフリーランスWebエンジニアになれるもんですか?

なかがわ

会社での経験があったほうが強みになりますが、スキルさえあれば会社で働いた経験がなくでもフリーランスなることはできますよ。

そのためには、必要なスキルを身につけて自分でどんどんサービスを作っていきましょう!

実践して経験を積むことが大切です!

 

【最新2019】プログラミング言語10を比較!初心者におすすめな言語はPython!?選び方と注意点は?

 

[プログラミングスクール比較記事][

3.副業で様子を見てから独立する

自分でWeb制作やアプリ開発ができるスキルはあるけど、独立するのが不安!という人も中にはいますよね。

フリーランスはやってみないとどんなものか、自分に合っているのかは会社の企業と同じでわかりません。

いきなり独立するのが不安な場合は、副業で自分で案件を取ってみてその仕事をこなすことから始めてみましょう。

どれくらいの案件で報酬がもらえるのか、相場を知ったりどれだけ案件が獲得できるのかを知ることも大切です。

Webエンジニアは副業としても働きやすく最適なので、まずはクラウドソーシングなどで副業として働いてみましょう。

Webエンジニアでフリーランスになる前にしておくべき準備4つ

なかがわ

フリーランスは自由で魅力的な働き方ですが、社会的信用は落ちるのでいろいろと準備しておく必要があります!

そこでここでは、Webエンジニアでフリーランスになる前にしておくべき準備を紹介します。

何も知らずにフリーランスになってから、予期せぬ自体に後悔しないためにも目を通してくださいね。

1.独立できる資格やスキルを身につける

フリーランスになるには、独立ができるスキルがあるのが大前提です。

会社で働いたことがあるのなら、その経験もスキルとして証明ができます。

しかし資格があると更に、仕事の案件を取る時のアピールポイントになります!

Webエンジニアに役立つ資格
  1. IPA基本情報技術者試験
  2. IPA応用情報処理技術者試験
  3. PHP技術者認定試験
  4. HTML5プロフェッショナル認定資格
  5. Ruby技術者認定試験
  6. Oracle Certified Java Programmer

資格がなくてもWebエンジニアは働けますが、フリーランスなら尚更資格があると有利です。

クライアントも安心して任せられるので、案件が受かりやすくなることも。

資格と同時に実務経験もしっかりと積んでおくといいでしょう。

Webエンジニアの資格が知りたいのなら…
Webエンジニアに必要な資格とは?3つの勉強方法とコツを徹底解説」にくわしく紹介しているので参考にしてみてくださいね。

2.クレジットカードを作っておく

Webエンジニアに関わらず、フリーランスという働き方はまだまだ社会的信用が低いです。

そのためクレジットカードや、マンションや家のローンの審査が通らない場合があります。

クレジットカードを作ったりローンを組む場合は、会社員の時にしておきましょう。

限度額の上限を上げるのも厳しくなるので、できるだけ上限を上げておきましょう。

3.独立後に使えるポートフォリオを作成しておく 

自分のスキルを証明するポートフォリオは、案件を獲得するためには必要不可欠です。

今まで開発したシステム、アプリ、サイトなど全てポートフォリオにして1つにまとめておきましょう。

このポートフォリオがあるのとないのとでは、案件を獲得する確率に大きく差が出ます。

4.独立するのに十分な収入を貯めておく

フリーランス駆け出しは特に案件が受注できても、報酬が低かったりと不安定です。

お金に余裕がないと独立したあと、仕事がうまく取れなかったら大変なことになります。

駆け出しはなかなかうまくいかないので、半年は仕事がなくてもやっていけるくらいの貯金はしておきましょう。

 

いきなり仕事を辞めてフリーランスWebエンジニアになるのはリスキー!まずは副業から始めると安心

いきなり仕事を辞めてフリーランスになるのはなかなかリスキーです。

どうやって案件を取るのか、フリーランスは自分に合っているのか知っておいたほうが安心。

徐々にフリーランスの働き方が慣れていけるように、会社員の時から副業でWebエンジニアの案件を取ってみましょう。

Webエンジニアの仕事は副業としても人気の働き方です。

副業でもたくさんの案件があるため、スキルとやり方さえわかれば簡単に受注することができます。

副業でWebエンジニアの仕事を探す4つの方法

ちか

Webエンジニアの副業をしたいと思っても、まずどうやって探したらいいんでしょうか?

本業も副業もとなると大変ですし、できれば気楽に始められるものがいいですよね。

なかがわ

Webエンジニアは副業でも需要が高いので、仕事を探すのは意外と簡単ですよ。

1.クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングを利用して副業をする方法です。

ちか

クラウドソーシングって一体なんなんですか?

なかがわ

クラウドソーシングはインターネット上で、サービスの発注・受注ができるサービスです。

登録無料で簡単に仕事の発注・受注ができるので、副業やフリーランスで仕事を受注したい時によく利用されています。

というクラウドソーシングを登録して利用すれば、簡単にお小遣い稼ぎもできますよ。

サイト制作、アプリ開発などいろんな案件があり、クラウドソーシング上でやり取りができるので簡単です。

2.副業対応しているサービスやエージェントを利用する

クラウドソーシング以外にも、副業やフリーランス向けのサービスやエージェントがあります。

などは、IT・エンジニア向けの案件が多くたくさんの求人があるんです。

「本業も副業もとなると体力的に厳しい…」という人でも、週3日から可能な案件もあり無理なく副業をすることができます。

しかも高単価案件で週3でも月40万円〜の案件も豊富で、副業でも十分に稼ぐことができます。

3.知り合いや友人から仕事をもらう

フリーランス関係や周りにエンジニア関係の輪があれば、知り合いから仕事を紹介してもらえることもあります。

知り合いや友人から仕事をもらうと、受注するのは簡単です。

ただ友達の場合は報酬を決めるのが難しいこともあります。

最初からポートフォリオなど見せて、価格を伝えたほうが気は楽ですよ。

4.Webエンジニア関係のライティングやブログを書く

これはなかなか見落としがちなのですが、Webエンジニアのことをブログで発信しているとそこからお仕事がもらえる可能性が高まります!

エンジニア関係の内容は難しく、知識やスキルがいるので案件によってはライターなら文字単価5〜10円狙えます。

実際にWebエンジニアで働いているのなら、仕事のことやプログラミングの勉強方法などを発信すると信頼性もあがります。

ブログに書いていることがライターとしての実績にもできますし、発信しているとシステム開発を頼まれるなんてことも。

ちか

発信するって大切ですね〜!わたしもブログ始めようかな〜…

まとめ:フリーランスでWebエンジニアになるならまずはスキルと経験を積もう!

フリーランスのWebエンジニアは、需要も高く仕事もあり報酬もいいので魅力的な働き方です。

自由に働きたい人こそ、Webエンジニアの仕事がおすすめ!と自信を持って言えます。

ただしフリーランスWebエンジニアになるには、スキルや経験があってこそです!

フリーランスWebエンジニアになる方法まとめ
  1. まずはスキルを身につける!(独学・プログラミングスクール)
  2. 会社で実績を積む
  3. まずは副業で働いてみる(クラウドソーシング・レベテックフリーランスなど)
  4. フリーランスになる前に準備をしておこう(クレジットカードやローン申請など)

会社で必ず実績を積まなくても、未経験でフリーランスになる人もいます。

ただ短期間でも会社で働く方が、基礎を身につけたり成長ができるのでおすすめです。

ちか

フリーランスWebエンジニアはこれからどんどん増えそうですね!わたしもがんばります!

なかがわ

将来性もありますからね。ぜひクラウドワークスやフリーランス紹介サービスも利用してみてくださいね!
Webエンジニアの仕事内容などについてもっと知りたいなら…