【ブラック企業が多い?】Webエンジニアの仕事内容とホワイト企業を見つける3つのコツを紹介

この記事でお伝えすること
  1. Webエンジニアの仕事内容や年収
  2. Webエンジニアに求められるスキルや言語
  3. ホワイト企業とブラック企業の見極める3つの方法

あなたはWebエンジニアにどんなイメージがありますか?

「仕事がハードそう!ブラック企業が多そう!」

「そもそもWebエンジニアってどんなことするの?」

と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか?

ブラック企業だと仕事がハードで続かないし避けたいものですよね。

なかがわ

エンジニアは仕事内容もハードになり残業が多い会社もありますが全ての会社がそうではありません。

ちか

絶対にブラック企業では働きたくないです…!

なかがわ

大丈夫ですよ。今回はホワイト企業やブラック企業を見極めるポイントも合わせて紹介しますね。

Webエンジニアとは?仕事内容や年収、他の職種との違いを徹底解説

Webエンジニアとは、Webサイトやアプリケーションなどで使われるシステムの設計〜開発、運用、保守を行うエンジニアです。

例えばSNSやオンラインショッピングなど、私達が日頃使っていたり見ているものもWebエンジニアが作っています。

まずはどんな仕事をするのか、年収や他の職種の違いを見てみましょう。

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアの主な仕事内容は、Webサイト製作やアプリケーションの設計や開発です。

  1. まずは顧客の要望を伺いシステムの企画を行う
  2. 顧客から伺ったデータをもとに、Webサイト制作やアプリ開発を行う
  3. 作成後、正常に動作するか確認し納品する
  4. コンテンツの更新・改善・メンテナンスも行う

設計や開発だけでなく、問題なく運用が行えるように確認や保守を行うのもエンジニアの仕事なんです。

Webエンジニアの年収

Webエンジニアの平均年収は400万円ほどです。

これはフロントエンドエンジニアもバックエンドエンジニアの年収も大差ありません。

ちか

一般的なサラリーマンの仕事に比べるとIT企業は給料は少し良いですね。

なかがわ

スキルが上がるともちろん年収も上がっていきますよ。

年収が低くてハードワークな企業はいい条件のところに転職しましょう。

WebエンジニアとWebプログラマーの違い

ちか

Webプログラマーの仕事もシステム開発やアプリケーションを作ることですよね?違いってあるんですか?

なかがわ

結論から言うと2つにそこまで違いはありません。

WebエンジニアとWebプログラマーはどちらもシステム開発やコーディングをする仕事なので似ています。

企業によってどこまでがエンジニアの仕事で、どこまでがプログラマーの仕事という定義も変わるので見分けるのが難しいです。

例えば開発工程の違いなどで開発を主に担当するのはプログラマーで、保守や運用など幅広い範囲を担当するのがエンジニアというケースもあります。

Webエンジニアとシステムエンジニアの違い

よくWebエンジニアというと「システムエンジニアなんですね。」と困惑する人が多いのですがWebエンジニアとシステムエンジニアは別物です。

システムエンジニアは別名でSEと呼ばれていて、Webのシステム開発に主に関わる仕事。

Webエンジニアとシステムエンジニアの違い
  • システムエンジニア(SE)→顧客にヒアリングを行いどんなシステムを作りたいか要望を伺う、上流工程に関わる機会が多くコーディングを担当しない場合あり
  • Webエンジニアは、システム開発からコーディングまで担当する

WebエンジニアはWeb上でのシステム開発やコーディングを行うのに対し、SEはシステムの基本設計や管理などを行うためコーディングを担当しない場合もあります。

なかがわ

システムエンジニアの方が顧客と直接関わる機会が多いですよ。
SEってどんな職業?なるための3つの方法とキャリアパス、メリット・デメリットも解説!

Webエンジニアに求められる言語やスキル4つ

ちか

Webエンジニアに求められるスキルってなんなのでしょうか。プログラミングのスキルがやはりいるんですか?

なかがわ

そうですね、プログラミングスキルは必須ですね。ただプログラミング以外にもスキルがいるので紹介しますね。

Webエンジニアは大きく分けて「フロントエンドエンジニア」と「バックエンドエンジニア」の2つの種類があり使われる言語はそれぞれ違います。

Webエンジニアになるには、以下4つの幅広い知識とスキルが必要です。

Webエンジニアに求められる言語やスキル4つ
  1. フロントエンドエンジニアの言語スキル
  2. バックエンドの言語スキル
  3. データベースの設計知識
  4. Webサーバーの知識

なかがわ

それでは順番に解説しますね。どの言語がいいか悩む人は【最新2019】プログラミング言語10を比較!初心者におすすめな言語はPython!?選び方と注意点は?も参考にしてみてくださいね。

1.フロントエンドエンジニアの言語スキル

フロントエンドエンジニアは、Web上でわたしたちが目に見えている部分を作成します。

どちらかというとデザインよりで基礎的なプログラミングスキルを使いながら見やすいサイトを作るのが仕事です。

フロントエンドエンジニアに必要な言語やスキル
  • 基本となる言語『HTML・CSS・JavaScript』
  • Webサイトを作る『CMSスキル』
  • SEO知識
  • サイトを見やすくするデザイン知識『UI・UX設計』 など

もっと詳しく知りたい方はこちらの『フロントエンドエンジニアに必要な5つのスキル』で紹介しているので参照してみてくださいね。

2.バックエンドエンジニアの言語スキル

バックエンドエンジニアの役割はユーザーの目に見えない部分を作っています。

例えばみなさんがネットショッピングした時に入力する、クレジットカードや住所などのプライバシーな情報をデータベースにして登録するなどの処理を行います。

表側で目に見えるのがフロントエンドの役割で裏側で目に見えない部分がバックエンドの役割ということですね。

バックエンドエンジニアに必要な言語やスキル
  • 未経験でも学びやすい言語「PHP」
  • 日本人が作った言語「Ruby」
  • AI開発が得意な言語「Python」
  • スムーズに開発ができる「フレームワークスキル」 など

もっとどんなスキルが必要なのか知りたい方は、【最短1ヶ月で習得】バックエンドエンジニアにおすすめのプログラミング言語8つを徹底解説を参照すると詳しく知れますよ。

3.データベース設計の知識

データベース設計とは、データの整理や管理ができるようにどこにデータを保存するかなどを考えて構築します。

いわゆる情報を保管するような存在ですね。

特にバックエンドエンジニアの作業で必要なスキルで、このデータベースを使うには『MySQL』という言語の習得が必要です。

4.Webサーバの知識

WebエンジニアはWebサーバに触れることが多いので、知っておかないといけない知識です。

Webサーバとはネットワークを通じて他の端末に画像やアプリケーションなど情報を提供するサーバ(プログラム)のことです。

Webサーバがなければシステムすら公開できないのでなくてはならない存在。

Webサーバの仕組みを知ろう
  • Webサーバ→サイトを公開するプログラム
  • Webクライアント→SafariやChromeのことでWebサイトを閲覧するためにのソフトウェア
WebサーバとWebクライアントはデータのやり取りを行っています
知っておいたほうがいいWebサーバはこちらの2つ
  • Apache
  • Nginx

なかがわ

この2つは特にWebエンジニアで使われる有名なWebサーバなのでスキルを身につけましょう。

Webエンジニアに必要な言語を勉強する3つの方法

ちか

エンジニアになってみたいものの、プログラミング言語とか正直さっぱりわかりません…!どうやって学べばいいんでしょうか…

なかがわ

プログラミング未経験からでも大丈夫です。言語を勉強する3つの方法を紹介しますね。
Webエンジニアに必要な言語を勉強する3つの方法
  1. 独学しクラウドソーシングで案件をとる
  2. 退職して金銭面に余裕がなければ職業訓練で勉強する
  3. 独学が厳しいならスクールへ通う

結論から言うとお金はかかりますがスクールが一番最短でしっかりと学べてスキルが身につくのでおすすめです!

しかし金銭面に余裕がない方は他にも方法があるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

1.独学しクラウドソーシングで案件をとる

プログラミングは独学で学び続けることが大切。

まずはアプリや本を読み漁り実際に頭で考えながら手を動かしてみましょう。

独学して実力がついてきたら、思い切ってクラウドソーシングを使って簡単な案件をとり実績を作るのがおすすめです。

ランサーズではホームページの作成が5〜10万円会員登録用の簡単なシステム製作が1〜2万円などたくさん発注されています。

ちか

お金をもらいながら学べるのは最強ですね…!モチベーションも上がります。
独学するのにおすすめの本やアプリ

しかし独学はローコストで学べておすすめですが、何事も最初の段階から自分の力だけで実力をつけるのは時間がかかります。

挫折してしまいそうで不安な人は、コストはかかりますがプロに教えてもらった方が最短で学ぶことができますよ。

2.退職して金銭面に余裕がなければ職業訓練で勉強する

ちか

お金もないし独学する自信ないし、誰かタダで教えてくれないかな〜…

なかがわ

実は職業訓練でプログラミングを無料で学ぶこともできるんですよ。

ちか

ええ!本当ですか!?

ハローワークの職業訓練はみなさんもご存知の方が多いと思いますが、転職するためにお金をもらいながらスキルを身につける講座を受けられます。

お金をもらいながらって凄いですよね?

実際にどんなことが学べるのか紹介しますね。

  • Java
  • python
  • オラクル

など有名な言語を学ぶことができるんですね!

その他にもAndroidのアプリケーション開発技術など学ぶコースもあります。

ただ自己負担額がある場合もあるので確認しましょう。

ちか

実際に職業訓練後にIT企業に就職してる人ってどれくらいなんですかね?

なかがわ

いいところに気づきましたね。職業訓練からIT企業に就職した人は60%前後と2人に1人は就職しています。

ちか

思っていた以上に多いです!

職業訓練の就職率は実は高めなんです。

職業訓練はお金をもらいながら学べるのでおすすめですが、自分が学びたいコースがその時に必ずあるわけではありません。

詳しくはハローワークで確認してみてくださいね。

3.短期間で確実に学びたいならプログラミングスクールに通おう!

ちか

ハローワークも魅力的ですが、自分の学びたい言語が見当たらないなぁ…

なかがわ

学びたい言語だけ学ぶのはハローワークでは難しいかもしれませんね。そんな時はプログラミングスクールに通うのがおすすめですよ。

プログラミングスクールはお金は掛かるものの、未経験からでも短期間でスキルを身につけられるのが魅力です。

「独学する自信がない…」または「独学したけど挫折した。」

そんな人にもしっかりと学べる保証があるスクールはおすすめです!

未経験から今すぐにWebエンジニアになりたいならスクールがおすすめの3つの理由

ちか

わたし転職して今すぐにWebエンジニアになりたいです!

なかがわ

エンジニア未経験からすぐに転職を目指すなら、独学や職業訓練よりもスクールをおすすめします。
今すぐにWebエンジニアを目指す人にスクールがおすすめの理由
  1. 短期間で確実にスキルの習得ができる
  2. 就職サポートも熱く受講後に転職しやすい
  3. スキルを身につければスクール料金は簡単に回収できる

1.短期間で確実にスキルの習得ができる

独学はもちろんいいですが、何も知識がないところからのスタートでは大変…。

プログラミング言語は英語や語学と同じで、1つ身につけると2つ目からは比較的にコツが分かり習得しやすいです。

プログラミング初心者の方は特に、スクールはサポートも丁寧で暑いのでおすすめです!

わからなくてつまづいた時にすぐに聞ける環境は挫折しないための大きなポイント。

短期間で確実にスキルの習得を目指すならスクールの一択といっても過言ではありません。

2.就職サポートも熱く受講後に転職しやすい

本気で就職を考えているなら、就職のサポートも受けられるスクールへ行きましょう。

職業訓練の就職率は高いものの、実はブラック企業が多いと耳にします。

スクールとIT企業は繋がりがあり、お金を払って授業を受けている分質の高い授業を受けられます。

スクールでちゃんとしたスキルが身につける→企業からの信頼も得られる→ホワイト企業へ就職しやすい

エンジニアへの転職保証や年収保証アップがあるスクールもあるので安心です。

3.スキルを身につければスクール料金は簡単に回収できる

ちか

スクールは魅力的ですが、高いんですよね?

なかがわ

そうですね。スクール相場は1ヶ月で10〜20万円程します。しかし、ちゃんとしたスキルを身につけ転職したらスクール料金は簡単に回収できますよ!

スクール料金は確かに安くはありませんが、これからの将来性のスキルや自己投資と思えば高いものではありません。

しっかりとしたスキルが身につければエンジニアの年収は450万円ほどなので、3ヶ月スクールに通ったとしても2ヶ月あれば回収できるんです。

ちか

2ヶ月!そう思うとあまり高くないし自己投資と思って通うのもありですね。

なかがわ

そうなんです。なので早めにスキルを身につけてどんどん経験を積んで稼ぐのがおすすめです。
スクールDMM
WEBCAMP
GEEK
JOB
TECH
EXPERT
Tech
Academy
どんな人に
おすすめ?
確実に転職
したい人
スクール費用は
高くて払えない人
働きながら学習を
進めたい社会人
スクールに通う
時間のない人
金額¥ 628,000無料¥ 598,000¥ 99,000~
受講期間3ヶ月最短1ヶ月最短10週間~最短4週間~
リモート
公式サイト

 

Webエンジニアの仕事はきつい?ブラック企業が多いのは本当なのか

ちか

Webエンジニアを目指す上で不安なのが、ブラック企業が多いって聞くんですが本当ですか?

なかがわ

残念ながらブラック企業はあります。IT企業=ブラック企業のイメージがついてしまっているのも確かです。

ちか

やっぱりそうなんですか…ブラック企業では働きたくないです。

働く上でもっとも大切になるのが、ホワイト企業なのかブラック企業なのか。

仕事内容がハード過ぎると好きな仕事でも続きませんよね。

ブラックIT企業の原因
  1. 人手不足に悩まされており、残業が強いれられる
  2. 受託開発の会社は特に多重下請け構造で給料が低くなりやすい
  3. トラブルなどが原因で残業や休日出勤

IT企業には基本的に自社開発と受託開発があります。

自社開発は自社でシステムやアプリなどのサービスを開発しているのに対し、受託開発は別の企業から委託を受けシステム開発をしています。

自社開発よりも下請けが多い受託開発の方が仕事がハードになりやすい傾向があります。

その原因として受託開発になると、クライアントから受けた仕事を元請け企業が下請けに発注し、さらにその企業が下に発注と多重下請構造になる場合があるからです!

下請けに回れば回るほど、その分利益も減り給料も減っていくのです。

まさに悪循環ですよね。

しかし受託開発でもブラック企業ばかりではありません!もちろんホワイト企業もあります。

見極めることが大切です。

ホワイト企業とブラック企業の3つの見極め方

ちか

ブラック企業ってどうやったらわかるんですかね?

なかがわ

働いた後にブラック企業だとショックですよね。そうならないようにもブラック企業とホワイト企業を見極める3つの方法を教えますね。

ちか

ぜひお願いします!
これを知っているだけで変わる!ブラック企業とホワイト企業の見極める3つの方法
  1. 3年以上働いている人の割合を知る
  2. 福利厚生の設備は整っているか
  3. 転職エージェントに相談し第三者の意見を聞く

1.3年以上働いている人の割合を知る

いつも求人が出ているところは労働環境がひどく人の入れ替わりが多いです。

3年以上勤めている人がどのくらいいるのか、離職率を働く前に必ず確認しましょう。

ブラック企業ではどの仕事でも3年以上働き続けるのは厳しいです。

入社する人が多く若手しかいない会社は離職率が高くブラックな可能性大。

中堅クラスやベテランが多い企業は安定していて教育にも力を入れる余裕があります。

会社の説明会や見学のときに直接定着率を聞くか、会社の雰囲気と一緒に若い人がどれくらいいるのか見ておきましょう。

2.人事評価や福利厚生の設備は整っているか

人事評価や福利厚生の設備がしっかりと整っている企業はホワイト企業である可能性が高いです。

社員を想っている会社なら人事評価をする仕組みがあります。

社員の仕事や業績を評価することで、仕事へのモチベーションが上がりよりよい会社作りができるのです。

報酬制度で評価が高かったり上がるとボーナスがもらえる企業もあります。

また福利厚生がちゃんと整っているかもホワイト企業を見極める大切なポイントです。

  • 育児支援で休暇がとれる
  • 柔軟な働き方ができる、残業があまりない
  • 住宅手当や家賃補助など

社員が気持ちよく働ける福利厚生があり、育児休暇も堂々ととれる企業であれば長く勤めたいですよね。

どんな福利厚生があるか確認しましょう。

3.転職エージェントに相談し第三者の意見を聞く

その企業を知っている転職エージェントに相談するのがおすすめです。

口コミや人から意見を聞くのは結構当たります。

例えばその企業に働いている人にどんな企業か聞くのが一番信頼できますよね。

転職エージェントなら今までたくさんの人をサポートしていて、就職した人からもその企業の話を聞いたりしているのでどのような企業かは把握しています。

企業に直接聞いても隠される可能性や、直接聞きづらい場合もありますよね。

そんな時は転職エージェントに相談して意見を聞いてみましょう。

[転職エージェント比較記事]

Webエンジニアは需要がある仕事で人手不足のため求人がたくさんある

ちか

Webエンジニアの仕事はすぐ見つけられますかね?

なかがわ

大丈夫ですよ。Webエンジニアは需要が高く人手不足なので求人はたくさんあります!

ちか

そうなんですね…!安心しました。

Webエンジニアは世界中でまだまだ需要が高く人手不足のため求人はたくさんあります。

そのため求人サイトも豊富にあります。

ただ先程もお伝えしたようにブラック企業も多いので、慎重に選びましょう!

どんな求人があるか詳しく知りたい場合は転職サイトや転職エージェントに登録するのがおすすめですよ。

 

自分で探すよりも転職エージェントを利用した方が自分の理想のところを探しやすいです。

未経験からWebエンジニアに転職するおすすめな方法

ちか

よし!将来性も高そうだしWebエンジニアに転職します!でもわたし未経験ですが大丈夫ですかね?

なかがわ

未経験からでも転職はできますよ。未経験から転職するおすすめの方法を紹介しますね。

未経験からWebエンジニアになりたいのなら、少しでも早くスキルを身につけて経験を積みましょう。

未経験からでも大丈夫!Webエンジニアに転職する方法
  1. スクールで勉強し転職サポートを受ける
  2. 転職エージェントを利用し働きながらスキルを身につける
[プログラミング未経験訴求]

スクールで勉強し転職サポートを受ける

さすがにスキル0ではどこも雇ってくれません。

プログラミングスキルがない人はスクールに通って、自分でサイト制作など作りまずは実績を作りましょう。

就職する時に未経験でもポートフォリオは絶対にあったほうがいいです。

スキルを身につけてからスクールの就職サポートを受けて転職するのがおすすめです。

スクールDMM
WEBCAMP
GEEK
JOB
TECH
EXPERT
Tech
Academy
どんな人に
おすすめ?
確実に転職
したい人
スクール費用は
高くて払えない人
働きながら学習を
進めたい社会人
スクールに通う
時間のない人
金額¥ 628,000無料¥ 598,000¥ 99,000~
受講期間3ヶ月最短1ヶ月最短10週間~最短4週間~
リモート
公式サイト

 

転職エージェントのサポートを利用し転職する

「スキルはあるけど実際に働いた経験がなく不安」

そんな未経験の人こそ転職エージェントを活用しサポートを受けて転職しましょう。

転職エージェントを利用すれば丁寧にサポートを受けられて相談もできるので心強いですよ。

転職エージェントの主なサポート内容
  1. 就職相談
  2. 履歴書の添削
  3. 面接の対策
  4. 給与交渉 など

履歴書の書き方や面接の対策は、苦手に思う人も多いです。

転職エージェントは面接のセッティングから対策、給料交渉まで行ってくれので安心。

なかがわ

こんなに手厚いサポートがついて完全無料なサービスなのです!

ちか

え!無料なんですか!それは活用しない手はないですね。

エージェントマイナビ
エージェントIT
レバテック
キャリア
Midworks
どんな人に
おすすめ?
スキルに
自信がない人
専門的な
アドバイスを受け
転職したい人
スキルに
自信がある人
推定年収240~1200万300~1500万500~1300万
案件数約12,000件約2,500件約3,000件
未経験
公式サイト

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT))などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)はフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

まとめ:Webエンジニアでホワイト企業に転職するなら転職エージェントでまずは相談するのが安心!

この記事のまとめ
  1. Webエンジニアの主な仕事内容は、Webサイト製作やアプリケーションの設計や開発
  2. 必要なスキルは『フロント・バックエンドの言語』、『データベース設計』『Webサーバースキル』
  3. 言語を学ぶならスクールが挫折せずにおすすめ
  4. ブラック企業も多く存在するので見極めよう
    3年以上働いている人の割合を知る
    福利厚生の設備は整っているか
    転職エージェントに相談し第三者の意見を聞く
  5. 未経験の人こそ転職エージェントを活用しよう!

Webエンジニアはこれからも必要とされる仕事なので将来性が高くおすすめの仕事です。

しかし案件や求人が多い分ブラック企業もあるので注意が必要!

ホワイト企業に働きたい人はまずはプロの転職エージェントに相談してみると安心です。

ちか

Webエンジニアのことをたくさん知れてもっと興味が湧いてきました。転職エージェントにも相談してみます。

なかがわ

無料で手厚いサポートが受けられるので使わない手はないですね!応援していますね。
【3分で分かる】webエンジニアへの転職を成功させる7つのポイントを徹底紹介