【3分で分かる】webエンジニアへの転職を成功させる7つのポイントを徹底紹介

この記事でお伝えすること
  1. Webエンジニアに転職するため成功させるポイント
  2. Webエンジニアに応募する際に使える志望動機とは
  3. Webエンジニアに転職する4つの方法

 

「今の仕事を辞めて、Webエンジニアに転職したい!」

「Webエンジニアの転職を成功するにはどうしたらいいの?」

 

と悩んでいませんか?

転職するのは、仕事探しから書類審査、面接と大変ですよね。

それに転職する際に、自分が働きたい理想の企業を見つけてちゃんと成功させたいと思いますよね。

ちか

Webエンジニアに転職したいんですけど、失敗したくないです…!

なかがわ

ここでは、Webエンジニアへの転職を成功させるポイントを紹介しますね!

Webエンジニアに転職することを考えている人はぜひ読み進めてくださいね!

最近Webエンジニアに転職する人が増えている

 

なかがわ

実は最近Webエンジニアに転職する人が増えているんですよ。

ちか

そうなんですか!

スーパーや服屋さんのレジが自動化になり、今ある職業のいくつかはAI導入や自動化になりなくなっていきます。

しかしITエンジニア、Webエンジニアの需要度は高まっていくばかり!

特にWebエンジニアは2018年に転職求人倍率が6倍と跳ね上がり、求人率が高い職業の1つです。

求人の募集も多いことから、将来性もありWebエンジニアに転職する人が増えています。

Web系企業からWebエンジニアに転職する人も多い

もともとWebデザイナーやWeb系企業に働いていた人が、スキルアップや将来性も考えWebエンジニアに転職する人も多いです。

違う職種ではあるものの、系統は似ているので0からのスタートよりも違和感なく入り込めます。

Webデザイナーの場合はプログラミングを使ってサイトを作ったり、アプリ開発ができると働ける幅も広がり需要も高くなります。

報酬もその分アップしますよ。

未経験から転職するならできるだけ若い方が良い

もしあなたが全くの未経験からWebエンジニアに転職する場合は、できるだけ若い内に転職することを強くおすすめします!

Webエンジニアは新しいスキルや知識を学び続けなければなりません。

そのため年齢が高くなると覚えていくことが難しく感じ、ハードな仕事なんです。

そのため未経験の場合は、若い人を雇いたい企業が多いのでもし転職を考えているならすぐに行動しましょう。

【必見】未経験からwebエンジニアになるためにあなたがすべき3つのステップ

Webエンジニアの将来性とキャリアパスとは

ちか

Webエンジニアの今後のキャリアパスはどうでしょうか?将来性なども含めて気になります…!

なかがわ

いいところに気づきましたね。転職する前に自分が今後どこに向かっていくのか、キャリアパスを知ることは大切なことです。

キャリアパスを知り理解を深めていくことで、今後どこを目指していくかの目標やモチベーションにもなります。

高収入を目指すのなら特に、キャリアパスをして上を目指す必要があります。

WebエンジニアからWebディレクターになる

WebエンジニアのキャリアパスでWebエンジニア→Webディレクターになる人が多いです。

Webディレクターは、Web業界のプロジェクトを監督し、周りをまとめて指揮をとり、管理する人のことを指します。

スケジュールの管理や、コンテンツの品質チェックなど周りの人とのコミュニケーションも大切です。

難しそうと思われるかもしれませんが、WebエンジニアからのWebディレクターは難しくありません。

Webエンジニアとしてのスキルや知識があるので、スケジュール管理や周りをまとめるリーダーシップの力が必要となります。

フリーランスとして独立する

Webディレクターのあとは、独立をしてフリーランスになる人が多いです。

一通り自分で開発もでき、ディレクターで指揮を取ったことのある人なら独り立ちするスキルも十分にあるのでフリーランスとしてもやっていけます。

自分の交渉次第で稼げる額も高くなりますし、年収アップも自分次第で見込めますよ。

Webエンジニアに転職するために必要な準備や抑えておくべき3つのポイント

Webエンジニアに転職したいのなら、スキルや知識は欠かせません。

転職を成功させるためにも、必要な準備や抑えておくべきポイントを知って万全に挑みましょう。

Webエンジニアに転職
  1. Webエンジニアに必要なプログラミングスキルや知識
  2. 実力を証明するポートフォリオ
  3. 転職サイトや転職エージェントに登録する

転職を成功させたいのなら、まずは最低限必要な知識やスキルを身につけましょう。

そして転職は1人では難しいので、より成功させるためにも転職サイトなどを利用するのがおすすめです。

なかがわ

どんな準備がいるのか具体的に紹介していきますね。全くWebエンジニア未経験という人は、まずは「【必見】未経験からwebエンジニアになるためにあなたがすべき3つのステップ」を読んでみてくださいね。

Webエンジニアになるのに必要なスキルや資格

Webエンジニアになるのに資格は特に必要ありません。

しかし、1人でサービス開発をしたりWeb制作が作れるスキルは必要です!

「プログラミングってなに?」という初心者の人はまず受かるのは難しいでしょう。

最低でも以下のスキルや知識は合ったほうがいいです。

Webエンジニアになるのに必要なスキル
  1. マークアップスキル(HTML/CSS)
  2. プログラミングスキル(Java/PHP/Ruby)データベースのスキル
  3. セキュリティスキル
  4. LAMP環境スキル

なかがわ

くわしいスキルは「Webエンジニアに必要な資格とは?3つの勉強方法とコツを徹底解説」を参照してみてくださいね!

Webエンジニアに応募する際に使える志望動機を考える3つのポイント

Webエンジニアの求人に応募する際や面接の時に、どうしてこの企業に応募したのかという「志望動機」は審査する上でとても大切です。

ちか

わたし履歴書を書くのが昔から苦手で、志望動機もどう書いたらいいのか迷います…!

なかがわ

ポイントを抑えるとどんなことを書くべきか見えてきますよ!
志望動機を考える3つのポイント
  1. 企業側が望んでいる人物像を把握する
  2. なぜその企業に転職したいのか理由を明確にする
  3. 自分を雇うことのメリットを伝える

ポイント1.なぜWebエンジニアの仕事に転職したいのか

以前違う仕事をしていた場合は、なぜWebエンジニアになりたいのか理由を考えましょう。

自分の今までの経験をうまく絡めてアピールするのがポイントです。

  • (例)昔からものづくりをするのが好きで、プログラミングするのが趣味でした。最近では高齢者向けに、簡単に使えるスマートフォンのアプリを作りました。Webエンジニアになってもっと社会に貢献していきたいです。

実際に自分がサービスを作っていることもアピールして、ポートフォリオも提出すると効果抜群ですよ。

ポイント2.なぜその企業に転職したいのか理由を明確にする

応募する企業のことをしっかりとリサーチしましたか?

応募する際は企業側がどんな人を望んでいるのか把握することによって、どうアピールしていくかが見えてきます。

方向性が違ってくると採用される確率も減るため、会社の情報をこまなく調べ上げて共感できるポイントを抑えてアピールしましょう。

他の企業もある中、なぜこの企業に応募したのかというオリジナル性のあるアピールが必要です。

ポイント3.どうやって会社に貢献していくのか具体的に伝える

「やる気あります!頑張ります!」の熱心なアピールも必要ですが、具体的にどうやって自分が会社に貢献していくか伝えるのがポイントです。

これまでの経験やスキルを生かして、自分だからできることを具体的に伝えましょう。

ポートフォリオは転職する時に必ず準備しとくべき

ポートフォリオがあると自分の実績を証明できますし、書類選考で優遇されメリット大です!

ポートフォリオがないと面接さえ受けられない企業もあるので、ポートフォリオは絶対に用意した方がいいですよ。

ポートフォリオを作成するポイント
  1. 誰に向けての作品か明確な意図がある
  2. ユーザーのことを考えて構成が作られている
  3. 需要のある作品か

などが見られるポイントなので、ユーザー目線で使いやすいポートフォリオを作成しましょう。

いきなりフルタイムで就職するのが不安なら派遣で働くのもあり

初めてWebエンジニアとして働くのは勇気がいりますよね。

「職業が自分に合っているのか、未経験だからもう少し先に経験も積んでおきたい…」

そんな人におすすめなのが、派遣エンジニア。

派遣エンジニアは正社員よりも求められるものは大きくないものの、給料は正社員に劣らないくらい安定していて人気の働き方です。

Webエンジニアは派遣のニーズが高く挑戦しやすい

Webエンジニアはかなりの人材不足で、未経験でも募集している企業が多く挑戦しやすい。

特にWebエンジニアは人気の職種で、30〜40代の人も派遣で働いている人は多いです。

リモートワークで住宅で働ける企業もあり働き方も柔軟で、20代の若い人にもおすすめしたい働き方ですよ。

今後派遣エンジニアの需要もどんどん高くなっていくでしょう。

派遣エンジニアのメリット

派遣エンジニアのメリット
  1. 正社員よりも就業のハードルは低い
  2. 派遣でも給料の差はそこまで大きくない
  3. 残業が少ないところが多い
  4. 給料が安定している
  5. 正社員よりも人間関係に披露しづらい

派遣エンジニアで残業なしでも、給料が手取り20万円以上はもらえるは多くフルタイムで働けば年収も350〜500万円は稼ぐことができます。

Webエンジニアは派遣でも、お金や職に困ることはまずないでしょう。

「正社員で縛られるのが嫌だ、もっと気軽に働きたい。」という人にもぴったりな働き方です。

派遣エンジニアのデメリット

派遣エンジニアのデメリット
  1. 雇用期限に上限がある
  2. 正社員との待遇が違う

派遣エンジニアは自由度が高くとても魅力的な働き方ですが、デメリットがあるとするならやはり正社員と比べると待遇は違います。

派遣でもお給料は他の職業に比べると安定しているものの、年収やボーナスには差がでるのも確かです。

また雇用期間の上限が3年までとなっており、3年が過ぎるとどんなに気に入っている職場でも移動しなければなりません。

なかがわ

派遣エンジニアの働き方は自由度も高く人気です。経験を積んでからフリーランスになる人もいますよ。

Webエンジニアに転職する4つの方法

Webエンジニアに転職する方法はいろいろあります。

  1. 独学してクラウドソーシングを使って案件を取る
  2. 派遣やインターンで経験を積んでから転職する
  3. プログラミングスクールで転職サポートを受ける
  4. 転職サイトや転職エージェントに登録し相談する

自分に合った方法で確実に転職しましょう。

1.独学してクラウドソーシングを使って案件を取る

これは初めての人にはあまりおすすめできませんが、ある程度の知識がある人にはおすすめです。

全く知識のない人が独学をしてプログラミングスキルを身につけるのは、1,000時間かかると言われています。

独学で学ぶと9割の人が挫折するといわれています。

しかし独学で一度学んでみたい人は、無料で学べるコンテンツやサービスがたくさんあるのでまずはそちらで勉強するのもおすすめです。

独学するのにおすすめなサービス
  1. ゲーム感覚で学ぶならProgate
  2. 動画をみながらわかりやすいドットインストール

ある程度自分でサービスやアプリ開発ができるようになったら、クラウドソーシングを使って案件を受注し実績を作りましょう。

ランサーズではホームページの作成が5〜30万円会員登録用の簡単なシステム製作が1〜2万円などで発注されています。

なかがわ

小遣い稼ぎにもなるので、副業としてもクラウドソーシングは人気なんですよ。

2.派遣やインターンで経験を積んでから転職する

派遣・バイト・インターンでも経験があると、就職する時にとても有利になります。

なので必要なスキルはあるもの未経験で不安な人は派遣やアルバイト、インターンで経験を積んでから転職するのもありですよ。

派遣やアルバイトでもWebエンジニアは需要があり未経験歓迎のところも多いです。

アルバイトや派遣で稀に研修で一からプログラミングも教えてもらえる所もありますが、インターンをする場合は最低でも以下のスキルが必要です。

  • HTML/CSS/JavaScript これらのスキルは基礎の基礎で絶対必要です!
  • フレームワークを使ったアプリやオリジナルアプリを作ったことがある

オリジナルアプリは張り切って作ろうとする人も多いのですが、こだわりすぎると途中で挫折してしまう場合が多いです。

簡単なもので小規模なものにすると、挫折しづらくなります。

インターンを合格するのは難しいですが、派遣やアルバイトでも経験を積んで実績にしていきましょう。

3.プログラミングスクールで転職サポートを受ける

「そもそもそんなスキルもない!」という人は、プログラミングスクールに通うのがおすすめです!

プログラミング言語を1つ習得するまでは難関のため、最初はお金をかけてでもプログラミングスクールに通う方がいいですよ。

自分で独学することも大切ですが、プログラミングはエラーとの戦いなので最初から1人でやると挫折する人が9割。

それくらい難しいので、スムーズに転職するためにもプログラミングスクールに通う方がいいですよ。

プログラミングスクールで学べるようなこと
  1. HTML/CSS/JavaScript
  2. Rubyなどの言語
  3. フレームワークの使い方
  4. オリジナルアプリやシステム開発のサポート(ポートフォリオ作成)など

なかがわ

これら全部を独学でやろうとすると1年くらいかかることでも、スクールに通えば3ヶ月くらいで達成することも可能です!
金額受講期間リモート可おすすめな人
DMM WEBCAMP

¥ 628,000

3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポート

・確実に転職したい人
・ある程度の時間をかけてじっくり学習したい人
・学習期間は教室に通って勉強に集中できる人

GEEK JOB

無料

最短1ヶ月~
最長3ヶ月間

・エンジニアに転職したいけどスクール費用は高くて払えない人
・独学で挫折した人
・必ず転職する意思がある人

TECH::EXPERT

短期集中
スタイル

¥ 598,000

最短10週間〜

・エンジニアに転職したい人
・短期集中で技術を身に着けたい人
・働きながら学習を進めたい社会人

夜間・休日
スタイル

¥ 798,000

6ヶ月

TechAcademy

¥ 99,000〜

最短4週間〜

・スクールに通う時間のない人
・独学では上手く学べなかった人
・現役のエンジニアに学習をサポートして欲しい人

4.転職サイトや転職エージェントに登録し相談する

就職先を見つけたいのなら、転職サイトや転職エージェントにまずは登録しましょう。

特におすすめなのが、転職エージェントです!

ちか

転職サイトと転職エージェントってどう違うんですか?
  • 転職サイトー就職先の掲載があるが自分で応募しないといけない
  • 転職エージェントー転職に関するアドバイスや自分に合った企業探しのサポートをしてくれる

なかがわ

転職サイトは自分の力で転職したい人向け、転職エージェントはしっかりとサポートを受けたい人向けですね。

ちゃんと就職先を見つけたいのなら、しっかりとサポートをしてもらえる転職エージェントがおすすめです。

しかし転職サイトはどんな求人があるのか探したり雰囲気を知るのには便利です。

どちらも登録しておくことをおすすめします!

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

未経験で最短でスキルを身につけるのならスクールに通うのがおすすめ!

Webエンジニアは人材不足のため、「未経験可」の求人も非常に多くチャンスが転職しやすい職種です。

しかしスキルも知識もない状態だとさすがに転職はできません。

最低でも必要最低限の知識は必要です!

最短でスキルを身につけるのならプログラミングスクールがおすすめ!

個人差もありますが、最短3ヶ月でスキルを身につけることが可能です。

スクールにもオンライン授業や、ワンツーマンタイプなどいろいろとあるので自分が無理なく続けられるものを選びましょう。

[プログラミングスクール比較記事]

Webエンジニアは今後も注目される仕事!転職するならまずは経験を積もう

Webエンジニアの市場価値はこれからも高まっていきます。

今後も注目される将来性のある仕事なので、転職を考えている人は早めに行動しましょう。

ちか

わたしがんばって転職します!とりあえず行動します!

なかがわ

いい意気込みですね!それでは今回のまとめをおさらいしましょう。
この記事のまとめ
  1. Webエンジニアに転職するなら最低限の知識やスキルを先に身につけよう
  2. 最低限のスキル一覧:HTML/CSS/JavaScript/セキュリティスキル/LAMP環境
  3. スキル0の人はプログラミングスクールで最短で学ぼう
  4. 自分でサービスを作りポートフォリオ作成する
  5. 志望動機のポイントも抑えておこう
  6. 派遣エンジニアも自由度が高く人気
  7. 転職サイトや転職エージェントをうまく活用しよう

転職を成功させたいのなら、まずはスキルを身につけて転職エージェントにも登録し相談しましょう。

なかがわ

行動あるのみですよ。応援しています!
【ブラック企業が多い?】Webエンジニアの仕事内容とホワイト企業を見つける3つのコツを紹介