【2021年版】プロジェクトマネージャー転職情報!成功のために知っておきたい9つのこと

この記事でお伝えすること
  1. プロジェクトマネージャー求人の年収相場
  2. プロジェクトマネージャーへ転職を意識したキャリアプラン
  3. プロジェクトマネージャーに求められるスキル・経験
  4. プロジェクトマネージャーの転職理由の伝え方
  5. プロジェクトマネージャーのキャリアパス
  6. プロジェクトマネージャーの平均転職回数
  7. プロジェクトマネージャーへの転職に有利な資格

プロジェクトマネージャーになって年収を上げたいし、転職でより自分の市場価値を高めたいと思うけれど、

転職活動って何をすればいいの?

なかなか企業選びが進まない…

と悩んでいませんか?

“ちか”

はっきり言って、転職って不安だらけだし勇気がないです。

“なかがわ”

誰だって、絶対に失敗はしたくないと思いますから、当然ですよね。

この記事では、プロジェクトマネージャーの転職事情についてお伝えしていきます。

この記事を読むことで、転職活動の結果が大きく違ってくるでしょう。

そして、転職活動は積極的にした方がいいと思えるようになりますよ!

転職をすべきかを悩んでいる人、転職に今一歩踏み出せない人はぜひ読み進めてくださいね。

プロジェクトマネージャーとは?

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトの全責任者のことです。

プロジェクトの運営、予算、品質、納期などに責任を持ち、円滑に推進させること。

なかがわ

プロジェクトを成功に導くまでが仕事といえるでしょう。

具体的な業務は、以下のような内容があります。

プロジェクトマネージャーの業務内容
  1. 顧客折衝
  2. 案件受注
  3. 要件定義
  4. メンバー選定
  5. 他部門との調整
  6. 品質管理
  7. 納期管理
  8. 進捗管理
  9. 予算管理

ちか

技術者とは違い、人との関わり合いが多い仕事ですね!

プロジェクトマネージャーになるには?未経験でもなれる?

結論からいいますと、プログラマ→SEなどの経験がない状態からプロジェクトマネージャーになるのは難しいでしょう。

プロジェクトマネージャーに転職するには、しかるべきスキルや知識・経験は必要です。

SEからプロジェクトマネージャーを目指すには、SEとして技術業務も行う一方でマネジメントスキルを身につけていく必要があります。

なかがわ

マネジメントとは「プロジェクトを成功させるために、責任をもって組織をまとめる(管理する)能力」のことです。

▼ 未経験からプロジェクトマネージャーを目指す!転職成功率を高める方法はこちら▼

【重要】未経験からプロジェクトマネージャーを目指す9つの極意

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーの仕事内容は多岐にわたりますが、大きく分けてマネジメントとクライアント対応に分けることができます。

マネジメント

マネジメントとは直訳で「経営」「管理」のこと。スケジュールや予算、品質などプロジェクト全般の管理のことです。

なかがわ

利益を出すためのマネジメント力が大切となってくるでしょう。

プロジェクトマネージャーのマネジメント業務は主に4つです。

マネジメント業務
  1. メンバー管理
  2. 予算管理
  3. 品質管理
  4. スケジュール管理

納期を守るためにメンバーへの残業を指示や、メンバーが足りなければ外部人員を補充を検討する場合があります。

なかがわ

残業費用や、外部の人員を雇う費用の管理も重要な仕事です。

ちか

お金の管理まで!責任ある重大な仕事といえますね。

プロジェクトの進行中も進捗状況の管理や問題への対応、開発段階で生じる変更など、依頼者との交渉を行うことも仕事の一部です。

さらに仕様通りにシステムが作られているか、完成品の品質チェックが大切になります。

クライアント対応

クライアント対応でニーズに沿った成果物を納品するには、プロジェクトの適切な運営・管理が必要です。

なかがわ

プロジェクトを進めていく途中、クライアントから機能変更・追加を依頼されるケースは珍しくありません。

クライアントにとって簡単な内容でも、それを実装するとスケジュールが大幅に伸びてしまうこともあるでしょう。

変更・追加要求にどこまで答えるのか、プロジェクトへの影響を考慮して顧客と交渉することも、プロジェクトマネージャーの重要な仕事なのです。

プロジェクトマネージャーの役割

プロジェクトマネージャーの役割は、プロジェクトの全責任を負うこと。

なかがわ

完遂させるために必要な資質は、限られた資源(ヒト・モノ・カネ)を使って管理運営をするマネジメント能力といえるでしょう。

中でも注目すべきは「ヒト」。キャッシュフローを生む力が特に強いのが「ヒト」だからです。

企業の「企」は「人が止まる」と書きますが、人が足で立っている姿を表したものだと言われています。

企業にとって「ヒト」貴重な財産なのです。

ちか

リーダーシップやコミュニケーションを上手く取り、ヒトを動かしていくことがプロジェクトマネージャーの腕の見せ所ですね。

プロジェクトマネージャー求人の年収相場

【制御系プロジェクトマネージャーの年収】

出典:転職会議

 

【オープン系・WEB系プロジェクトマネージャーの年収】

出典:転職会議

 

大手転職サイト転職会議によると、

  • 制御系・・・実際の求人82件の平均年収は632万円
  • オープン系・WEB系・・・実際の求人744件の平均年収は652万円

2つの平均年収は642万円ですので、他の技術系職種に比べて高額な年収だとわかります。

プロジェクトマネージャ―の平均年収

出典:IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果/経済産業省

 

経済産業省の調査によると、プロジェクトマネージャーの平均年収は891.5万円です。

ちか

コンサルタントの平均年収928.5万円に次いで高額なんですね!

ITアーキテクトなどの高度SEやIT技術スペシャリストよりも、給与平均が高いことがわかります。

フリーランスのプロジェクトマネージャー実際の求人年収

出典:FREELANCE START

 

プロジェクトマネージャーのフリーランス求人エージェント別公開案件です。

こちらは非公開案件は含まれていません。

ちか

フリーランスともなると、100万円を超える案件はゴロゴロしていますね。

▼プロジェクトマネージャーのリアルな年収事情についてはこちら▼

【生涯賃金3億円】プロジェクトマネージャーの平均年収は?ワンランク上を目指す3つの方法

プロジェクトマネージャーへ転職を意識した2つのキャリアプラン

将来的にプロジェクトマネージャーに転職したいと考えている場合、どのようなステップを踏めばよいのでしょうか?

2つのキャリアプランの立て方をご紹介します。

1.プログラマーやシステムエンジニアからのステップアップ

基本のステップアップ
  • プログラマー→システムエンジニア→プロジェクトリーダー→プロジェクトマネージャー

なかがわ

PG(プログラマー)とSE(システムエンジニア)を合わせて『エンジニア』と呼びます。

プログラミングやテストといった下流工程の担当から、いきなりプロジェクトマネージャーへ転職するプランは現実的ではありません。

何らかのマネジメント経験(スケジュール・予算・人員など正確に管理する能力、判断力)が求められる傾向です。

そのためには上流工程で、

  • 要件定義
  • 基本設計
  • 顧客との接点を経験すること
  • リーダーポジションに携わること

が重要となってきます。

これらの業務はクライアントと対話の機会が多いため、プロジェクトマネージャーに求められる「交渉力」や「提案力」を磨く絶好の機会となるでしょう。

またチームマネージメントの経験を通じ、チームを統括していく勉強も大切です。

ちか

これらは絶好のアピールポイントもなりますね。

IT業界未経験者

IT業界未経験の場合、チームをマネジメントした経験やクライアント企業の業務領域に精通していることが求められます。

これらが備わっていれば、プロジェクトマネージャーとして採用される可能性が充分にあるでしょう。
 

なかがわ

業務知識やマネジメント経験から、どのようなプロジェクトで力を発揮できるか整理してから自分にマッチしそうな転職先を検討することです。

ちか

マッチしそうでも、大手企業への転職はハードルが高い傾向にありますよね。

なかがわ

まずは中小企業のポジションを狙うといいでしょう。

資格取得によるアピールも大切です。

プロジェクトマネージャーに求められるスキル・経験

プロジェクトマネージャーとして要求されるスキルや経験には、一体どんなものがあるのでしょうか?

プロジェクトマネージャーに求められるスキル・経験
  1. 何らかのシステム開発経験(概ね3年以上)
  2. システムの保守、運用などの経験
  3. システムエンジニアやプログラマーに対して、適切な指示(要件の説明など)を行うスキル
  4. プロジェクトリーダー以上の経験
  5. ITプロジェクトの経験

幅広いスキルが求められる職種です

上記内容以外に、必要な能力もあります。

プロジェクトマネージャーに必要な能力
  • コミュニケーション能力
  • リーダーシップ
  • 技術力、業務知識
  • マネジメント能力

プロジェクトを円滑に進めていくために、業務に集中できる環境を作ることがプロジェクトマネージャーの使命といえるでしょう。

なかがわ

実は中途採用の採用基準に、スキルの経験年数はとても高く評価されます。

画像引用:en人事のミカタ

en人事のミカタによると、中途採用の採用基準で最も重視されているポイントは「必要スキルの経験年数」です。

応募先の企業に、あなたを採用するメリットを理解してもらうために「マッチするスキルや人間性」をわかりやすい形でアピールする必要があるといえるでしょう。

▼プロジェクトマネージャーの必須スキル・役割・キャリアパスをまるわかり解説▼
【全解剖】プロジェクトマネージャー5つの必須スキル/役割/キャリアパスがまるわかりガイド

プロジェクトマネージャーの転職理由は伝え方が大事

ちか

転職理由というのは、面接採用する上で必ず聞かれることですよね。

なかがわ

休日や給料、福利厚生のこと、前職の悪口ばかりを言うのはNG。気を付けましょう。

なかがわ

転職が早く決まる人の特徴って、セールスポイントを理解していて自分をいかに客観視できているかなんです!

知っておきたいアピールポイントをご紹介します。

経験者は実績をアピール

プロジェクトマネージャーの経験がある場合の転職理由や志望動機には、

  • 「御社でなら〇〇ができる」
  • 前職で身につけたスキルを活かし、キャリアアップを実現するために転職を決意しました。

という言い方が好印象です。

実際にマネジメントをしたプロジェクトの詳細をしっかりとアピールするといいでしょう。

なかがわ

メンバーやスケジュールの管理、予算管理などの経験があるなら、プロジェクトをすすめる上で気を付けた点と合わせて、しっかり伝えるといいですね。

経験やスキルを棚卸しておきましょう。

未経験なら能力・素養をアピール

プロジェクトマネージャーとしての経験がなくても、多数の現場でリーダーの役割を担った経験がある場合4.プロジェクトマネージャーに求められるスキル・経験で説明した能力や素質などが備わっていることを上手くアピールしましょう。

  • 「今まで関わってきた仕事内容や経験を、転職後の仕事に活かしていきたい」
  • 「今まで学んできたことを元に、ワンランク上の仕事に挑戦していきたいと考え御社を志望します。」

自分の得意分野がある場合は、その能力がマネジメントにどのように役立ち、即戦力として活躍できるかを伝えます。

なかがわ

向上心をアピールするなどの工夫も有効です。

プロジェクトマネージャーのキャリアパス

なかがわ

プロジェクトマネージャのキャリアパスについては、組織に所属するかどうかで状況が異なってきます。

ちか

企業に所属していれば、組織における自分の位置付けがキャリアに直接結びつくので、企業による影響が大きいといえますよね。

技術や現場志向が強いならば、大規模なプロジェクトに取り組むなど、プロジェクトマネージャーとしての道を極めることもできます。

一方フリーランスの場合、自らがどのような位置付けで仕事を行っていくか、キャリアプランを自らが決めていくことになるでしょう。

なかがわ

ITコンサルタントやマネジメントコンサルタントというキャリアプランも考えられます。

月収100万円を稼ぐ!フリーランスプロジェクトマネージャーの戦略はこちら

【月収100万円】プロジェクトマネージャーがフリーランスで稼ぐ3つの方法!

プロジェクトマネージャーの平均転職回数

画像引用:マイナビエージェント

マイナビエージェントによると、プロジェクトマネージャーの平均転職回数は1回転職による年収UPは約半分です。

厚生労働省の平成30年上半期雇用動向調査によると全国の離職率は8.6%。プロジェクトマネージャの離職率は5%程度なので比較的、離職率が低い職種といえるでしょう。

なかがわ

メンバーや顧客との調整的な仕事が多く、難易度の高い仕事をこなすプロジェクトマネージャは、どこの会社でも人材不足で困っています。

優秀なプロジェクトマネージャーこそ、引き抜きや転職は現実的にあるのが実情なのです。

プロジェクトマネージャーへの転職に有利な資格

経験が重視される職種であるプロジェクトマネージャーには、求人の応募に特別な資格は必要ありません。

なかがわ

ただし、未経験や経験が浅い状態からプロジェクトマネージャーへ転職を目指すなら、資格試験を受験することは転職に有利になる場合もあるでしょう。

国家資格の「情報処理技術者試験」の一つ「プロジェクトマネージャ試験」、合格率が低い難関試験です。

試験では技術的な部分だけではなく、にチームマネジメントやプロジェクト進行のための思考力も問われます。

ちか

転職前に基礎知識をつける意味でも、試験に向けた勉強をしておくと実務に役立つでしょう。

▼プロジェクトマネージャ試験を一発合格!必勝勉強法の記事はこちら▼

【一発合格】プロジェクトマネージャ試験攻略!資格取得の必勝勉強法4選

プロジェクトマネージャーの転職を成功させたいなら転職エージェントがオススメ

ちか

転職に対する不安って大きいですよね。

なかがわ

そんな時には一人で転職活動を進めるのではなく、業界に精通した「転職エージェント」のサポートを受けることがオススメ。

なかがわ

転職エージェントでは、転職後の活躍を見据えた企業の目利きをしてくれるので、成功の確率がぐんと上がるんです。

ちか

転職のゴールは内定ではないですもんね!やりがいを感じたり活躍できるということがゴール=成功だと思います。

転職活動とは本来一人で進めなければならないもの。

しかし転職エージェントでは、担当者がつき転職活動を一貫してサポートしてくれます。

転職エージェントをパートナーにするということは、転職活動を有利にしてくれるということ。

心強いパートナーとなってくれるでしょう。


エージェントマイナビ
エージェントIT
メイテック
ネクスト
Midworks
どんな人に
おすすめ?
スキルに
自信がない人


首都圏以外の
求人も
探している人

スキルに
自信がある人
推定年収240~1200万300~1500万500~1300万
案件数約12,000件約10,000件約3,000件
未経験
公式サイト

\3分で登録完了!!/
IT経験者なら年収UP!?
登録必須の転職エージェント

なかがわ

ここならスキルが無駄になりませんでした!
どれも3分で登録できます!

数タップで優良求人ゲット!?

マイナビIT AGENT
公式サイト mynavi-agent.jp/it/

スキルがそのまま活かせる

メイテックネクスト
公式サイト m-next.jp/

きつい客先常駐から100%解放!!

社内SE転職ナビ

公式サイト se-navi.jp/

\実際に申し込んでみた/
転職サービス比較してみた結果…

なかがわ

どれが1番良い?と思い、
3社試してみました!
その結果…

サイト名総合評価手軽さ転職成功率公式
サイト

マイナビIT AGENT

メイテックネクスト

社内SE転職ナビ

もしあなたの現職(あるいは前職)がITエンジニアだった場合は、マイナビIT AGENTの質問に回答しておくと、キャリアを評価して条件の良い仕事を紹介してもらえます!!

とくに前職の業種が下記赤枠のいずれかだった場合、大幅に年収をUPできるチャンスが得られます…!!!

【公式】https://mynavi-agent.jp/it/

日本全国の求人に対応している「メイテックネクスト

案件数約10,000件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式】https://www.m-next.jp/

メイテックネクストは、業界知識に自信がない人におすすめの転職エージェントです。

エージェントの大半が技術職の経験者なので、丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

また、メイテックネクストは「製造系エンジニア」の中で求人数No.1を誇る優良エージェントサービスです。

メイテックネクストの特徴
  1. 転職支援コンサルタントの半数以上が技術分野出身
  2. 日本全国の求人に対応!電話サポートもある
  3. ものづくり・製造系エンジニアに強い転職エージェント

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

メイテックネクストはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビIT AGENT

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式】https://mynavi-agent.jp/it/
マイナビIT AGENTは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビIT AGENTの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の多くが非公開求人。

マイナビIT AGENTでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、IT経験者なら高待遇の求人を紹介してもらえる可能性が高いです

マイナビIT AGENTは、「ITの専門家の情報が知りたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「Midworks

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

もし不安であれば当サイトのLINE公式アカウントでいつでも質問も受け付けていますし、当サイト管理人が未経験エンジニアで失敗した経験も語っているので参考になるはずです。

他にも、テックキャンプはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントのメリット
  • 年収や福利厚生の条件交渉を代行してくれる
  • 無料で利用できる
  • 企業との日程調整をしてくれる
  • 企業の内部情報が事前に入手できる
  • 履歴書や職務経歴書などの書類の作成が簡単に済む
  • 面接の通過率が高くなる
  • 非公開の求人情報に応募できる

転職エージェントの最大の特徴は、年収や福利厚生の交渉を代行してもらえること!

そして、業界や転職事情に精通したエージェントが相談に乗ってくれることです。

あなたの特性や経歴を活かしたアドバイスを受けることができ、視野を広げることに繋がるので可能性が広がります。

ちか

そこまでしてくれるって、お値段高いんじゃないですか?

なかがわ

転職エージェントは企業側が求人紹介料を払っているので、転職者は無料で利用することができるんですよ!

相談やアドバイスだけではなく、過去のデーターから内定を得るための面接の準備や、審査が通りやすい書類の準備を行ってくれるのもエージェントの特徴です。

また、在職しながらの転職活動で最も不安のある「スケジュール調整」も、最適な日程を企業側と相談した上で決めてくれるため、面接のスケジュール調整がとても楽になります。

なかがわ

書類だけでは伝えきれないあなたの熱意や長所を企業にプッシュしてくれたり、後からフォロー入れてくれたり…

なかがわ

直接応募より転職エージェント経由の方が断然内定率が高いんです。

転職エージェントの求人は80%以上が非公開。

  • 「経営の戦略上、他社に知られずに新事業を担うスタッフを採用したい」
  • 条件の合う人が現れた場合のみ採用したい」

など、企業が公開しない案件は多く存在します。

ちか

お宝求人に出会えるといいですね!

転職が初めてだったり大きな不安を抱いていたり…

転職活動に自信のない人にとって、転職エージェントはかなり心強い味方であるといえるでしょう。

転職エージェント以外の求人

転職エージェントを使わないで自分で転職活動を行う場合、一般的な求職方法は以下3点です。

一般的な求職方法
  1. 転職サイト
  2. 企業WEBページからの直接応募
  3. ハローワーク

なかがわ

転職サイトや企業WEBページからの直接応募では、自分のペースで転職活動ができるのがメリットです。

しかし、企業選びから応募の手続きまで全て自分で行う必要があります。

ハローワークでは企業との取り次ぎはしっかりとしてくれるでしょう。

しかし、ハローワークの職員が企業にあなたのことをプッシュしてくれたり、自己PR内容を一緒に考えたりはありません。

ちか

面接では挽回ができませんし、面接対策をしっかりしている候補者に勝つ必要がありますので、失敗しないよう対策はしっかりとしましょうね。
転職エージェントを使わないデメリット
  • 公開されてる求人しか知ることができない
  • 年収交渉がしにくい
  • 面接で失敗したら挽回できない
  • 手続きを全て自分でしなければならない
  • 自分の意見だけで自己PR内容を考えなければならない

まとめ:転職の成功のカギはエージェントの活用!ニーズに合わせたキャリアプランを練ろう

プロジェクトマネージャーは、IT業界内でも高年収を実現できる職種です。

プログラマーやSEからプロジェクトマネージャーを目指す場合、上流工程やマネジメント経験、業務知識を深めるようにしましょう。
 
さまざまな業界でITの活用が拡大している今、プロジェクトマネージャーの需要は拡大しています。

時代のニーズに合わせたキャリアプランを練り、転職を視野に入れてみましょう。

なかがわ

転職は人生の大きな転機。自分一人で全て行う自信や余裕がない人は、転職エージェントと一緒に活動するといいですよ。

ちか

プロジェクトマネージャーにオススメの転職エージェントはレバテックキャリアマイナビIT AGENTそしてMidworksですね!

転職エージェントのサポート期間は、3カ月程度と限定されているのが一般的。

メリットを最大限に活用して優良求人を紹介してもらうためには、明確なビジョンが必要ではないでしょうか。