【IT業界の生存戦略】将来性を徹底調査!今後身につけた方がいいスキルやおすすめの職種は?

この記事でお伝えすること
  1. IT業界の中の詳しい業界を紹介
  2. IT業界の労働環境とこれからの課題を解説
  3. IT企業の現状と将来性

「IT業界ってブラックなんでしょ?」

「転職先探してるけどIT業界ってどうなんだろう…?」

IT業界は3K(きつい、帰れない、給料が低い)といわれ、今でもブラックなイメージを持つ方も多いかと思います。

実際、IT業界のなかにはブラックな企業もあります。

しかし最近では、働き方改革が行われたり人手不足により企業側も雇用や育成に力を入れてきているので昔と比べるとIT業界は良い方に変わってきています。

そこで今回はIT業界の現状とこれからの課題や将来性について詳しく解説していきたいと思いますのでぜひ読んでみてくださいね。

そもそもIT業界ってどんな業界があるの?主な5つの業界を紹介

ちか

そもそもIT業界って他に種類があるんですか?

なかがわ

そうですね、IT業界自体は大きいのでIT業界でもいくつかの業界に分けることができますよ。
IT業界の中の主な5つの業界とは?
  1. WEBサービス業界
  2. インターネット・通信サービス業界
  3. IT情報処理サービス業界
  4. ソフトウェア業界
  5. ハードウェア業界

IT業界の中でも主にこの5つの業界に分ける事ができます。

1つずつ紹介していきましょう。

1.WEBサービス業界

まず1つ目はWEBサービス業界です。

よくIT業界と同じ物だと思われているのですが、詳しくいうとIT業界の中にある1つの業界にWEBサービス業界あるといった感じになります。

企業で例えてみると

IT業界は、「株式会社NTT」や「株式会社野村総合研究所」

WEB業界は、「楽天株式会社」や「ヤフー株式会社」

などになります。

なかがわ

ざっくり説明するとIT業界は主に「社会にないと困るようなシステムを提供する会社」WEB業界は「今よりあったら便利になるサービスを提供する会社」といった違いになりますね。

2.インターネット・通信サービス業界

次にインターネット・通信サービス業界です。

通信サービス業界は主に、固定通信や移動通信のサービスを提供する業界になります。

なかがわ

例えば固定通信は固定電話やPCの通信サービスを提供、移動通信では携帯電話やスマートフォンなどにおける通信サービスの提供していますね。

3.IT情報処理サービス業界

3つ目はIT情報処理サービス業界です。

IT情報処理サービス業界では主に、企業や他業界の業務に使われるサービスやシステムを企画制作から運用まで行う業界になります。

なかがわ

例えば、銀行のATMやお店にあるレジなど私達の生活のなかにもよく使われているサービスやシステムを開発したりする業界ですね。

4.ソフトウェア業界

4つ目はソフトウェア業界になります。

ソフトウェア業界は主にPCやスマートフォンなどで使っているインターネット上のプログラムを作る業界です。

なかがわ

例えば、スマートフォンで文字を入力する機能や検索をする機能など普段から何気なく使っている機能を開発するのがこの業界になります。

またアプリケーションを作ったりするアプリケーションエンジニアなどはこの業界になりますね。

アプリケーションエンジニアについてはこちらの記事[アプリケーションエンジニアメイン記事]で詳しく説明しているので興味がある人はこちらの記事をチェックしてみてください。

企業でいうとMicrosoftなどがあげれます。

5.ハードウェア業界

最後の5つ目はハードウェア業界です。

ハードウェア業界はソフトウェア業界と違い、テレビや家電などのハードウェアを企画製作販売する業界です。

例えば電子レンジを動かすためのプログラムやシステム、機械の性能部分を作ります。

なかがわ

組み込みエンジニアがこの業界の主な職種になりますね。

会社名でいうとAppleやPanasonicなどがハードウェア業界の企業になります。

【保存版】組み込みエンジニアとは?仕事内容〜キャリアパスまでまるわかりガイド

IT業界の労働環境と課題を解説

[図解: 3K(きつい、帰れない、給料が低い)]

ちか

IT業界って3K(きつい、帰れない、給料が低い)って言われてますけど、実際ってどうなんですか?

なかがわ

たしかにIT業界の中にはブラックな企業もあって3Kと言われる環境の企業もあります。

ですがそれはブラック企業の話で、ちゃんとした企業の場合にはそんな事はありません。

現在の労働環境と課題を解説していきたいと思います。

労働環境

3Kと言われるほどブラックと言われていたIT業界ですが現在の労働環境はどうでしょう?

IT業界の平均年収と給与水準を調べてみました。

1.平均年収と給与水準

IT業界の平均年収は461万円です

これはIT業界全体の平均年収なのでIT業界の職種によって平均年収は上下します。

なかがわ

IT業界は技術職が多いので他の会社員より給与水準は高めです。

2.労働時間

IT業界の一般的な労働時間は9時~18時の所が多いです。

中には10時出勤という企業もあります。

休日は基本完全週休2日制の所が多いです。

ですが職種によっては納期などがあるため納期前には休日出勤をしないといけないとい状況になることも珍しくありません。

IT業界全体では9時~18時という所が多いですが、中には長時間労働を強いるブラック企業も存在します。

IT業界の課題

現在の労働環境から今後拡大していくIT業界の課題や問題点をまとめてみました。

1.労働条件の改善

IT業界では長時間労働を強いられる事も珍しくありません。

長時間労働を強いられる理由としては、無理なスケジュールを組んでいることや人手不足から予定どおりに進まず長時間労働をして帳尻をあわせていることが原因の1つにあります。

なかがわ

これらの問題は発注元の無理な注文を受けない事や、余裕のあるスケジュールを組むことで改善していけそうですね。

2.人材の確保、育成

IT業界の2つ目の今後の課題は人材の確保と育成です。

今後IT業界はどんどん拡大していきます。

今も人手不足が進行しているIT業界業界なので、今後は新しい人材をしっかり育成していき人手不足という課題を解決しなければいけません。

IT業界って未来がないの?現状と将来性

[図解:IT化が進むのと比例してIT業界の求人が増えている図。矢印とかで右肩上がりになってる感じのイメージ]

ちか

IT業界はブラックだから将来性もないんでしょうか?

なかがわ

そんなことはありません。

現在はスマートフォンの普及やIT化がとても進んできていてIT業界以外でもIT技術が求められる時代になっていますね。

なのでこれからIT技術や知識は他業種でも需要が更に高まってきます。

1.現状は人材不足

今IT業界は人材不足にあります。

なぜなら今IT業界は他業種でもITの知識や技術の需要が高まっているからです。

近年スマートフォンやIT化が急速に進み、他業種でもシステム環境の強化や自社のシステム、サービスを開発するのにIT技術は欠かせません。

なので需要はとても高まっているのに人材が追いついていないのが現状です。

2.世界の時価総額ランキング上位はIT企業

世界の時価総額ランキングをみてみると上位の多くはIT企業です。

なかがわ

1位はMicrosoft、2位はAmazon、3位はGoogleで有名なAlphabetになります。

世界だけでなく国内のIT企業も伸びてるので今後とても期待できる状態です。

3.あらゆるビジネスにITの技術や知識が必要になる

最近はIT化がとても進み、IT業界だけでなくあらゆるビジネスにITの技術や知識が必要とされます。

例えば自動車産業でも全自動運転、飲食業界でも商品や料理の提供をロボットにしてみたり色々ありますね。

このように他業種でもIT技術や知識が急速なIT化により必要とされているんです。

なかがわ

WEB関連技術は進歩が速いので今後も色々なものがIT化し更に技術や知識が必要とされる時代になるでしょう。

このため今後もIT業界の転職市場は拡大していきます

4.個人の能力によってニーズが決まる

先程説明したとおり現在急速なIT化により様々なIT技術や知識が必要されています。

ですが個人の能力のみをみた時必要とされるかはその能力次第です。

なので高いプログラミングスキルや経験があれば他の企業や他業界でも必要とされキャリアアップもできます。

IT業界の転職市場規模は?

ちか

IT業界の転職市場ってどういう感じなんですか?

なかがわ

現在のIT業界の転職市場は売り手市場になっています。

ITの必要性が高くなり市場規模が拡大してきている

最近ではスマートフォンの普及やIT化が進み他業種もIT技術や知識が必要となるので、IT技術や知識を身につけている人の需要は特に高まってきています。

セキュリティー面やアプリケーションの制作など幅広く他業種でも必要とされるので他業種の社内SEなどになると給与の面や年収も他の業種と比べると高くなりますね。

今後のIT業界でおすすめな3つの職種を紹介

今後IT業界でも活躍するおすすめな職種を3つ紹介したいと思います。

今後のIT業界でおすすめな3つの職種
  1. フロントエンドエンジニア
  2. サイバーセキュリティーエンジニア
  3. マシンラーニングデザイナー

なかがわ

今後IT業界で活躍する主な職種はこの3つです。

1つずつどのような職種なのか説明していきますね。

1.フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアとはデザイナーのデザインを元にWEBサイトを構築・コーディングするエンジニアのことです。

スマートフォンが急速に普及するのに比例してフロントエンジニアの需要も増えています。

なかがわ

ここ最近ではIT業界でフロントエンドエンジニアを目指す人や就職率は1番多い職種なんですよ。

そのためフロントエンドエンジニアでも、どれだけ見やすく操作しやすいサイトを作れるか技術が問われます。

フロントエンドエンジニア転職の全て!適正のある人の3つの特徴・仕事内容などを解説

2.サイバーセキュリティーエンジニア

サイバーセキュリティーエンジニアはいわば情報の専門家です。

なかがわ

急速なIT化が進むなかで情報を守るためにセキュリティーを強化していかなければなりません。

セキュリティーを強化していてもそれを上回るハッカーにウイルスや不正アクセスから守るため、情報の専門家であるサイバーセキュリティーエンジニアの需要が高まります。

3.マシンラーニングデザイナー

AIは自分で物事を判断しますが、AIが自分で判断をするには学習から経験を得なければいけません。

そのための学習させるプログラムを設計するのがマシンラーニングデザイナーです。

今後のIT業界はAIの技術を競うあう事が予想されているので、AIの性能に関わる学習させるプログラムを設計するマシンラーニングデザイナーの需要は高まっていきます。

IT業界に転職するのに身につけておくと良い3つの合うスキルを紹介

今後将来性のあるIT業界に転職するのに身につけていおくと良い3つのスキルはこの3つです。

IT業界に転職するのに身につけておくと良い3つのスキル
  1. プログラミングスキル
  2. コミュニケーションスキル
  3. マネジメントスキル

なかがわ

一つずつ詳しく紹介していきますね。

1.プログラミングスキル

まず1つ目はプログラミングスキルです。

プログラミングスキルを言ってもプログラミングスキルには色々な言語があります。

なかがわ

よく使われる言語もいいですが、ニーズが高まっている言語を習得するのもいいでしょう。

こちらの記事「【最新2019】プログラミング言語10を比較!初心者におすすめな言語はPython!?選び方と注意点は?」ではおすすめのプログラミング言語を紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

2.コミュニケーションスキル

なかがわ

IT業界ではコミュニケーションスキルも身につけておくといいですよ。

IT業界ではプログラムを組んだりシステムを作るのに黙々と1人で作業してそうなイメージがあるとおもいます。

ですが実際は複数人のグループで製作することも多いので上手く連携をとるのにコミュニケーションスキルを身につけておくのがおすすめですね。

3.マネジメントスキル

IT業界とマネジメントスキルは一見関係なさそうに思えますが、IT業界の職種にはプロジェクトマネージャーなどマネジメントをメインで行う職種があります。

なかがわ

プログラムスキルの知識とマネジメントスキルを身につけられればプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーになれますね。

プログラマーやエンジニアからキャリアアップするにはマネジメントスキルは必須になってくるので上を目指すならマネジメントスキルも身につけましょう。

まとめ:IT業界はこれから拡大し続ける!IT業界に転職するなら転職エージェントがおすすめ

なかがわ

どうでしたでしょうか?

IT業界は他の業界でもIT化が進んでいくのでそれに伴いこれからも拡大し続けていきます。

よってIT業界はさらに人手が必要になってくる業界になり、ニーズも高まっていくのでこれから他業種から転職を考えている人にもおすすめな業界です。

少しでもいい転職をしたいなら転職エージェントから転職がおすすめです。

転職エージェントならしっかりとしたヒヤリングの上自分のレベルに合った企業や仕事を紹介してくれるのでIT業界に転職したけどブラック企業に転職してしまって失敗した!なんてこともなくなるのでぜひ検討してみてくださいね。