【意外と簡単?】フルスタックエンジニアとは?仕事内容やキャリアアップに必要なスキルを徹底解説!

この記事でお伝えすること
  1. フルスタックエンジニアの仕事内容
  2. フルスタックエンジニアになるために最低限必要な3つのスキル
  3. 未経験からフルスタックエンジニアになる2つの方法

最近IT企業のエンジニアの求人がどんどん増えています。

その中でもなんでもできると言われているフルスタックエンジニアが特に注目されていますが

「そもそもフルスタックエンジニアってなに?」

「なんだか難しそうだけど資格がなくてもなれるの?」

のように、そもそもフルスタックエンジニアについて詳しく知っている人は多くありません。

ちか

フルスタックエンジニアの仕事内容など気になりますが、なんだか難しそう。

なかがわ

なんでもできるフルスタックエンジニアは、仕事内容の幅が広いのでもちろん簡単ではありません。しかしバックエンドやフロントエンドのどちらかを経験している人なら、もう一つのスキルを身につけてフルスタックエンジニアになる人も多いです。

ということで今回は、フルスタックエンジニアの仕事内容や、なるために必要なスキルなどを徹底解説します。

フルスタックエンジニアに興味がある人はぜひ読み進めてみてくださいね。

フルスタックエンジニアとは?意味を解説

フルスタックエンジニアとはすべての開発を1人でできる「何でもできるエンジニア」で、別名マルチエンジニアとも言われています。

エンジニアにはフロント部分やバック部分と役割があり、それぞれのエンジニアが分かれて作業を行います。

しかしフルスタックエンジニアはどちらの作業も行えるので、システム開発まで全て1人でできるんです。

どのポジションでも幅広く活躍できるフルスタックエンジニアは、いろんな企業から求められる存在というわけ。

フルスタックエンジニアの仕事内容

フルスタックエンジニアの仕事内容
  • システム開発
  • ミドルウェア・インフラの設計や導入
  • システムの保守、不具合が生じたときに適切に対応し改善する
  • システムがちゃんと動くかテスト
  • システムの運用、改良や機能追加

フルスタックエンジニアはなんでもこなすので、振られる仕事の幅は広いです。

大企業だとフロントサイドとバックサイドで役割が分かれているところが多いですが、少人数の企業だとフルスタックエンジニアが1人で運用から改善まで行うこともあります。

フルスタックエンジニアになるために資格は不要

ちか

こんなになんでもできるフルスタックエンジニアなら、たくさん資格が要りそうですね…!

なかがわ

なんでもこなせるフルスタックエンジニアですが、実は資格がなくても働くことはできるんです。

ちか

そうなんですか…!

これといってフルスタックエンジニアになるために特別な資格はありません。

資格よりも重要視されるのは実務経験で、複数の専門的な知識や言語を扱えることが必須。

とはいえ、資格を持つことで新しい分野に挑戦できたり知識がつくので、スキルアップしたい方は資格をとるのもおすすめです。

フルスタックエンジニアに役立つ資格が欲しいなら・・・

[エンジニア資格記事]を参照してみてくださいね。

フルスタックエンジニアになるために最低限必要な3つのスキル

フルスタックエンジニアになるには、幅広い知識と常に新しいフレームワークや言語などを学び続けることが大切です!

1つの言語を深く完璧にこなすというよりは、複数の言語や知識を幅広くこなせるスキルが必要。

最低限必要な3つのスキル
  1. プログラミング言語スキル
  2. ミドルウェア・OSスキル
  3. プロジェクトマネジメントスキル

なかがわ

どのプログラミングがいいのか迷う人は、【最新2019】プログラミング言語10を比較!初心者におすすめな言語はPython!?選び方と注意点は?を参照してみてくださいね。

1.プログラミング言語スキル

エンジニアで避けて通れないのがやはり「プログラミング言語スキル」です。

フルスタックエンジニアはフロントサイドとバックサイドの両方の作業を行うため、この2つで使われるプログラミング言語のスキルが必要です。

必要なプログラミング言語
  1. フロントサイドに必要な言語→HTML・CSS・JavaScriptなど
  2. バックエンドに必要な言語→Ruby・PHP・Python・Javaなど
  3. 言語別のフレームワーク・ライブラリーの知識

2.ミドルウェア・OSスキル

ミドルウェアやOSスキルは、コンピューターの仕組み、基盤ともいえるほど大切です。

アプリケーションやシステム開発をするときミドルウェア、OSスキルを知らないとプログラムが理解出来ずバグの原因にもなります。

この2つの仕組みを理解することで、よりスムーズに作業ができるようになります。

3.プロジェクトマネジメントスキル

フルスタックエンジニアは全てを1人でやるわけでなく、複数人のチームで1つものを作り上げることもあります。

そのため全体を把握しプロジェクトを指揮できるマネジメントスキルが必要です。

また伝達のし忘れがないようコミュニケーション能力も大切。

フルスタックエンジニアで働くメリット3つ

フルスタックエンジニアはなんでも幅広く仕事をこなすので簡単ではありません。

しかし頑張って働いてみると以下3つのメリットがあります。

フルスタックエンジニアで働く3つのメリット
  1. 幅広く何でもできるようになる技術が身につく
  2. 需要が高く職に困らない
  3. アプリ開発など1からサービス立ち上げに携われる

メリット1.幅広くなんでもできるようになる技術が身につく

フルスタックエンジニアは1つの分野を深く…というよりも幅広くこなす必要があります。

なので1つのことをやり続けるというよりも、なんでも幅広くこなせる技術が身につきます。

すべての分野を完璧にするのは難しいので幅広い分野の知識を取り入れて、自分でなんでもできるようになりますよ。

飽き性の人でなんでもできる器用貧乏な人には向いている職かもしれません…!

メリット2.需要が高く職に困らない

通常なら役割分担をする作業もフルスタックエンジニアがいると、なんでも1人でこなせるため人件費削減やスピードアップにも繋がります。

そのため小さな会社ではフルスタックエンジニアを求める企業も多く、今後さらに需要が高くなっていくことは間違いありません。

企業はシステム開発だけでなく、システム運用から改良、機能追加ができる人材も求めます。

全てを任せられるフルスタックエンジニアは会社に1人は欲しい貴重な存在というわけなんですね。

メリット3.アプリ開発など1からサービス立ち上げに携われる

役割分担されているバックエンドやフロントエンドでは自分の部分だけ担当ですがフルスタックエンジニアはアプリ開発やサービスの立ち上げを一から任せられることも。

全てを自分に任せられることもあるので、責任は重大ですがやりがいもあります。

自分で最初から最後まで手がけることができるのはスキルアップにも繋がりますよ。

アプリ開発についてもっと知りたいなら…

[アプリ開発記事]を参照してみてくださいね。

フルスタックエンジニアはフリーランスになっても必要とされる

フルスタックエンジニアは、フリーランスになっても必要とされます。

なんでもこなせるフルスタックエンジニアは、1人に任せたらいいだけなので時間やコストの削減に繋がるため、フリーランスでも需要があるというわけ。

とはいえ、ちゃんとしたフルスタックエンジニアになるまで3〜5年の期間はかかるといわれているので、フリーで活動するまでにまずはしっかりと実務経験を積む必要があります。

企業で経験を積んでからフリーとして活動する人もいるので、これからのキャリアアップとして考えるのも1つですね。

[フリーランスメイン記事]

フルスタックエンジニアに適正のある人の特徴3つ

ちか

フルスタックエンジニア挑戦はしてみたいものの、自分に向いているか不安です…

なかがわ

実際に業務について見ないと分からないものですもんね。フルスタックエンジニアに向いている人の特徴をまとめたので自分に当てはまるかチェックしてみましょう。
フルスタックエンジニアに向いている人の3つの特徴
  1. 1つのスキルだけでなく複数のスキルを学び続けられる人
  2. 業界全体を見れるコミュニケーション力
  3. 一から何かを作り出すことが好きな人

特徴1.1つのスキルだけでなく複数のスキルを学び続けられる人

2つ以上の役割ができてこそフルスタックエンジニア。

そのため、複数のスキルをずっと学び続けていくことがなによりも大切。

1つを完璧にこなす職人タイプの人よりも、「あれもこれも興味がある!」という人に向いています。

仕事の幅も広いので「飽き性な人に向いている仕事」ともいえますね。

特徴2.業界全体を見れるコミュニケーション力

実は、フルスタックエンジニアはチームの指揮をとりみんなで1つのサービスを作り上げることもあるので、いつも1人で作業をするわけではありません。

そんなとき、なんでもできるフルスタックエンジニアがマネジメントすることもあります。

そのため業界全体を見て理解し、指示をするコミュニケーション能力も大切なのです。

特徴3.一から何かを作り出すことが好きな人

幅広くこなせる仕事をこなせるフルスタックエンジアは、最初のシステム開発やアプリケーションの立ち上げに携わる機会もあります。

システム改善や保守も仕事ですが、新しく何かを作り出すことが好きでコツコツと作業ができる人はフルスタックエンジニアに向いていますよ。

未経験からすぐにフルスタックエンジニアになるのは無理?

ちか

ぶっちゃけ未経験からフルスタックエンジニアになるのは無理じゃないですか?いや、無理ですよね…。

なかがわ

エンジニア未経験からすぐにフルスタックエンジニアになろうとするともちろん難易度は高いですね。複数のスキルが必要となるので難しいですが、不可能ではありません…!

未経験から新しいスキルを身につけるのは何の仕事でも難しいもの…。

フルスタックエンジニアはフロントエンドを経験して、バックエンドの実務も行い複数のスキルを持っている人が多いです。

なのでいきなりエンジニア未経験でフルスタックエンジニアになる!というのはさすがに難易度は高いです。

しかし未経験だからフルスタックエンジニアになれないわけではありません。

未経験からでもフルスタックエンジニアの求人はあります。

フルスタックエンジニアになるには、手を動かし言語を学び、まずは自分で経験を積むことが大切です!

未経験からフルスタックエンジニアになる2つの方法

ちか

エンジニアの仕事も未経験なわたしはどうやったらフルスタックエンジニアになれますかね…?

なかがわ

未経験からだと不安も大きいですよね。しかし大丈夫です!未経験からでもフルスタックエンジニアになれる方法を紹介しますね。
未経験からフルスタックエンジニアになる2つの方法
  1. プログラミングスクールでプログラミング言語などの基礎を学ぶ
  2. 転職エージェントを使って転職し企業で働きながら学ぶ

1.プログラミングスクールでプログラミング言語などの基礎を学ぶ

エンジニア未経験でプログラミングもわからない…という方はまずはプログラミングスキルを身につけることが必須です!

独学で学ぶ方法もありますが、初心者だとどこが間違っているかわからないので心が折れてしまう人がほとんど。

プログラミングスクールは丁寧に一から短期間でプログラミング言語を教えてくれます。

しかも場所によってはその後の転職サポートを受けることもできるので、確実にエンジニアになりたい人におすすめです。

金額受講期間リモート可おすすめな人
DMM WEBCAMP

¥ 628,000

3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポート

・確実に転職したい人
・ある程度の時間をかけてじっくり学習したい人
・学習期間は教室に通って勉強に集中できる人

GEEK JOB

無料

最短1ヶ月~
最長3ヶ月間

・エンジニアに転職したいけどスクール費用は高くて払えない人
・独学で挫折した人
・必ず転職する意思がある人

TECH::EXPERT

短期集中
スタイル

¥ 598,000

最短10週間〜

・エンジニアに転職したい人
・短期集中で技術を身に着けたい人
・働きながら学習を進めたい社会人

夜間・休日
スタイル

¥ 798,000

6ヶ月

TechAcademy

¥ 99,000〜

最短4週間〜

・スクールに通う時間のない人
・独学では上手く学べなかった人
・現役のエンジニアに学習をサポートして欲しい人

2.転職エージェントを使って転職し企業で働きながら学ぶ

自分で探すよりもおすすめなのが、転職エージェントを利用することです。

カウンセリングを受けたり面接のアドバイスをもらえたり、実務経験が未経験の求人もあるので応募しやすいですよ。

また未経験の場合は企業でちゃんと教えてもらえるようなところで働くのがおすすめです!

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

フルスタックエンジニアになりたいならまずは転職エージェントに相談するのがおすすめ

フルスタックエンジニアになりたいけど、イマイチどうしたらいいかわからない…という人はまずは転職エージェントに相談しましょう!

無料で登録でき担当の人がついてサポートを受けられます。

転職エージェントは企業との繋がりがあるのでどのような会社なのか把握しています。

あなたの希望収入やどのような企業で働きたいかも相談をすることができ安心です。

[転職エージェント比較記事]

まとめ:フルスタックエンジニアは需要が高く将来性のある仕事!

フルスタックエンジニアはいろんな業務をこなさないといけないので、未経験からすぐに1人前になれる簡単な仕事ではありません。

まずは自分のスキルを磨いてたくさん経験を積み重ねることが大切です。

1人前のフルスタックエンジニアになるまでに時間がかかるからこそ、需要も高く将来性もまだまだ高い仕事です。

ちか

まずはスキルを身につけて企業で経験を積むのが一番よさそうですね。

なかがわ

そうですね、フルスタックエンジニアになるには常に勉強をする向上心を忘れない姿勢が大切です。ゆっくりでも確実にコツコツを頑張っていきましょう。