【1000万は余裕?】フルスタックエンジニアの年収相場は?20代で高収入を得る5つのポイントを解説

この記事でお伝えすること
  1. フルスタックエンジニアの年収相場
  2. フルスタックエンジニアが企業から必要とされる3つの理由
  3. 年収1,000万円目指す5つのポイント

ちか

なんでもこなせるフルスタックエンジニアは魅力的ですね。

なかがわ

そうなんです。なんでもできるのでエンジニアの中でも貴重な存在ですね。

なんでもできるフルスタックエンジニアは、多くのことを任せられるため仕事内容も簡単ではありません。

1人前のフルスタックエンジニアになるには長い期間がかかります。

簡単になれないからこそ気になるのがお給料ですよね。相応のお給料が欲しいとも思うのが当然です。

「フルスタックエンジニアの年収相場っていくらなの?」

「年収1,000万円目指したい!」

と年収は仕事を選ぶときに重要ですよね。

今回はフルスタックエンジニアの年収を知りたい人に向けて、年収相場や年収1,000万円稼ぐポイントを解説します。

フルスタックエンジニアに興味がある方はぜひ読み進めてくださいね。

 

また、今すぐに職場環境を変えたい!という方は、IT業界に特化した無料転職エージェントマイナビエージェントIT」・「レバテックキャリアなど複数のエージェントを活用するのがおすすめです。

なかがわ

と言うのも、大手転職サイト・リクナビの調査で、転職に成功した人は、「平均4.2社の転職エージェントを利用している」ということがわかったからです。

複数エージェントを利用するメリット
  • 相性の良い担当者と出会える確率が上がる
  • 1度に複数の企業に応募できる
  • 自分に合う求人を見つけられる・提案してもらえる

この記事で紹介しているエージェントは、全て無料で利用できます。

この機会に、ぜひ活用してみてください。

無料で活用できるIT業界特化の転職エージェント
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 高待遇・高収入の案件が多い
    TechClipsエージェント
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone
  5. 製造系エンジニアなら
    メイテックネクスト

フルスタックエンジニアは需要・市場価値が高く、存在意義のある仕事

まだまだIT企業のエンジニアが足りていないため需要がどんどん増えていて、特に1人でなんでもこなすフルスタックエンジニアは注目されています。

仕事内容はその企業によってもポジションは変わりますが、フロントエンドもバックエンドもこなすので幅広いスキルが必要です。

フルスタックエンジニアとは?
  • フロントエンドもバックエンドもインフラ担当の部分も全てできる最強エンジニア
  • ベンチャー企業や小さい企業で雇われることが多い
  • いろんな分野の作業を担当するため飽きない、たくさんの経験が積める

たくさんのスキルが必要となるため、一人前のフルスタックエンジニアになるには最低でも3〜5年の期間が必要といわれています。

なかがわ

もっと詳しくフルスタックエンジニアの仕事内容や必要なスキルを知りたい人は【意外と簡単?】フルスタックエンジニアとは?仕事内容やキャリアアップに必要なスキルを徹底解説!を参照してみてくださいね。

フルスタックエンジニアがどの企業からも必要とされる3つの理由

ちか

フルスタックエンジニアはなぜどの企業からも必要とされているんですか?

なかがわ

フルスタックエンジニアが必要とされる理由は主に3つあります。

いわゆるエンジニアのユーティリティプレイヤーとして、さまざまな業務を手掛けることができる点がポイントです。

1人いればひと通りの業務ができるため需要も高いといえるでしょう。

フルスタックエンジニアが必要とされる3つの理由
  1. 何でもできるエンジニアで必要不可欠な存在
  2. 人件費の削減ができる
  3. 迅速な開発ができる

1.何でもできるエンジニアで必要不可欠な存在

システムやアプリの開発には通常であれば、フロントエンドエンジニア・バックエンドエンジニア・システムエンジニアなど業務内容によってわかれて1つのものを作り上げます。

しかしフルスタックエンジニアはフロントもバックもこなせる技術を持っていてマネジメントスキルもあり1人でも開発をすることもできます。

そのため小さな企業やエンジニアが足りていない企業では、フルスタックエンジニアの存在は大きく喉から手が出るくらい欲しい存在ともいえます。

2.人件費の削減ができる

複数のエンジニアを雇うよりも1人のフルスタックエンジニアを雇うと、システム開発・改善を行うことができるのでその分人件費も削減できます。

大企業では役割がはっきり分かれていますが、小企業やベンチャー企業では小規模で開発するため複数の業務をこなせるフルスタックエンジニアは特に必要とされやすいです。

3.迅速な開発ができる

複数で開発を手がけるよりは、フルスタックエンジニアが1人で作業を行ったほうが早く開発できることもあります。

引き継ぎや連携をせずにすむため、伝達ミスを防げることも。

その分フルスタックエンジニアで働くのは、重労働にはなる部分もあり全てを任せられる責任感も大きいです。

ちか

フルスタックエンジニアって1人で何役にもなれて凄いですね…!

なかがわ

そうなんです、だからこそフルスタックエンジニアが1人でもいると心強いですね。ただ「全部1人に任せすぎる」「残業だらけ」などのブラック企業には気をつけましょう。

フルスタックエンジニアの年収相場は500〜700万円

ちか

フルスタックエンジニアは貴重な存在なのであれば年収はよさそうですがどうでしょうか?

なかがわ

やはり求められるスキルが多い分、他のエンジニアよりは年収はいいですよ。

フルスタックエンジニアの年収相場が500〜700万円と比較的に他のエンジニアより年収は高いです。

フロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアの平均年収は400万円前後に対し、フルスタックエンジニアは最低でも平均年収500万円からが多い。

もっと知りたい方はフロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアの平均年収に関する記事を参照してくださいね。

年収1000万円も夢じゃない!フロントエンドエンジニアが年収を上げる方法【1分でわかる】バックエンドエンジニアとは?転職後の年収や将来性を解説

ちか

やはりフルスタックエンジニアの方が年収はいいんですね。

なかがわ

スキルも求められますが年収700〜1000万円の求人を出している企業もありますよ。

フルスタックエンジニアの仕事内容は求められるものも多く大変な分、年収にも期待できそうですね。

フリーランスのフルスタックエンジニアの年収は正社員並の安定感

フリーランスで活動されているフルスタックエンジニアの平均年収は500万〜1000万ほどです。

ちか

年収は高いですが…
とはいえ、正社員ならではの福利厚生がないのは少し心配です…。

なかがわ

確かに「福利厚生」や「守られている安心感」は正社員ならではですよね…!
私としては無理にフリーランスを勧めるつもりはありませんが、Midworksフォスターフリーランスなどを見て判断するのが良いと思います。
【フリーのフルスタックエンジニア】1000万円以上稼ぐ方法を解説

年収が青天井なフリーランスのフルスタックエンジニアですが、もちろんリスクはつきものです。

年収1000万円を狙えるフリーランス向けエージェント

待遇の良い案件が揃っているのはおもに上記の3つのエージェントです。

中でもMidworksは正社員並みの保証付きというアドバンテージがあるので、登録する価値は大いにあるでしょう。

上記の案件を調査しつつ自分にとって向いているのはフリーランスか、正社員か選択するのがおすすめです。

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)はフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

フルスタックエンジニアで年収1000万円を目指す5つのポイント

なかがわ

フルスタックエンジニアは年収1,000万円も夢ではありませんよ。

ちか

本当ですか!どうやったらそんなに稼げるのか気になります!

なかがわ

仕事をする上でやはり年収はモチベーションになりますからね。順番に説明しますね。
年収1,000万円を目指す5つのポイント
  1. 学習を欠かさず続け能力を高める
  2. たくさん経験を積みマネジメント力も身につける
  3. 副業をしてプラスで稼ぐ
  4. フリーランスで独立し稼ぐ
  5. 転職エージェントに相談して条件のいいところに転職

1.学習を欠かさず続け能力を高める

フルスタックエンジニアは扱える言語やスキルが多いと重宝されてもっと年収のいい仕事につけます。

様々なスキルがあってこそなので、新しいフレームワークや言語、デザインなど常に学び続ける努力が必要です。

なかがわ

なんと扱える言語で年収は変わります!高収入が得られる言語スキルを習得すると年収アップできますよ。

ちか

そうなんですか!どの言語がいいんでしょうか…!
年収が高い言語
  1. Go 年収600〜1500万円
  2. Scala 年収600〜1300万円
  3. Python 年収575〜1500万円

なかがわ

GoやScalaは年収はいいですが、「Python」の方がこの2つに比べると求人が断トツに多く需要が高くおすすめの言語です。

2.たくさん経験を積みマネジメント力も身につける

現場でずっとコーディングをし続けるだけでは年収1,000万円の道のりは長いです。

やはり一歩上を目指し、マネジメント力を身につけ経営者側にまわれる人材は貴重な存在。

技術的な部分だけでなくグループの指揮をとれるよう、経営戦略やマーケティングの知識も意識的に学びましょう。

3.副業をしてプラスで稼ぐ

1人で開発まで手がけるスキルがあるので、フルスタックエンジニアは副業としても最適です。

例えば個人でシステム開発をして欲しいという人も、クラウドソーシングなどで見つけることができます。

複数の人にお願いするよりも1人に開発まですべて任せたほうがコストも時間も削減できるので需要は高いです。

ランサーズやクラウドワークスを使えば簡単に受注することができるのでおすすめです。

ソフトウェアやシステム開発の案件で5万円〜50万円まで幅広く案件があります。

4.フリーランスで独立し稼ぐ

エンジニアのキャリアアップで最終的な目標としてフリーランスになりたい人も多いです。

独立すると自分でがんばった分の手取りは全て自分に入るので会社時代より稼げる人はざらにいます。

しかしフリーランスはスキルがあってこそなので、会社でしっかりと経験を積んでからフリーランスになりましょう。

5.転職エージェントに相談して条件のいいところに転職

ちか

年収や仕事内容など条件のいいところに転職したいのですが、どう探したらいいのかわからなくて悩んでます…!

なかがわ

転職活動は大変ですし実際にどんな会社かわかならいので不安ですよね。そんな時は転職エージェントがおすすめですよ。

自分で職場を探すのには限界があります。

「実際に働いてみたら全然仕事内容が違う、残業ばかりのブラック企業だった!!」

なんて話もたくさん聞きます。

そうならないために転職エージェントを利用しましょう!

転職エージェントは無料で登録でき自分の条件もしっかりとヒアリングしてもらえます。

企業との繋がりもあるので「聞いてた話と全然違う!」とショックを受けずに安心できますよ。


エージェントマイナビ
エージェントIT
レバテック
キャリア
Midworks
どんな人に
おすすめ?
スキルに
自信がない人
専門的な
アドバイスを受け
転職したい人
スキルに
自信がある人
推定年収240~1200万300~1500万500~1300万
案件数約12,000件約2,500件約3,000件
未経験
公式サイト

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT))などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「Midworks

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)はフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

フルスタックエンジニアで高収入を得るのにおすすめな転職エージェント

なかがわ

さきほど年収1,000万円を稼ぐ5つのポイントを紹介しましたが、年収の高い企業で働くことが年収が上がる近道です。

ちか

そうですよね。わたしも年収が安定しているところで働きたいなぁ…

なかがわ

やはりそういう時に頼りになるのが転職エージェントですね。

フルスタックエンジニアは転職市場でも需要が高く、スキルを磨けば年収のいい企業で働ける可能性は十分にあります。

フルスタックエンジニアはレバテックキャリアで450〜800万円で募集されていました。

プロジェクトマネジャーの経験がある人ならさらにいい年収が見込めそうですね。

【40社から厳選】転職エージェントおすすめランキング!年代別から選び方まで徹底比較!

まとめ:フルスタックエンジニアはスキルを磨けば平均年収が高く安定した仕事!

ちか

フルスタックエンジニアはスキルが求められる分、年収も安定しているんですね。

なかがわ

その通りです。年収を上げるコツはスキルを磨き続けることですね。

フルスタックエンジニアは仕事内容は決して簡単ではありませんが、だからこそ希少価値が高いです。

扱える言語を増やし、マネジメント力も鍛えていくことで年収1000万円も夢ではありません!

スキルはもちろんですが、年収を上げる一番の近道は条件のいい企業を見極めてそこで働くことです。

なかがわ

自分の理想の企業で働けるように転職エージェントをうまく利用しましょう。