年収1000万円も夢じゃない!フロントエンドエンジニアが年収を上げる方法

この記事でお伝えすること
  1. フロントエンドエンジニアの年収
  2. フロントエンドエンジニアが年収を上げる方法
  3. フロントエンドエンジニアの将来性

最近ではIT業界の人材不足の現状から、フロントエンドエンジニアへの転職を考える人が増加しています。

そんな中で、

「フロントエンドエンジニアってどれくらい稼げるんだろう…」

「フロントエンドエンジニアの年収の相場ってどれくらい?」

と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

ちか

私もフロントエンドエンジニアへの転職に興味があるんですけど、年収はとても気になるポイントです…!

なかがわ

働くに当たってお金は大切ですからね。

フロントエンドエンジニアに転職する前にきちんと知っておくことは重要です。

 

そこで今回は、フロントエンドエンジニアの年収や将来性について解説します。

フロントエンドエンジニアの年収が気になる人はぜひご一読ください。

フロントエンドエンジニアとは…?

フロントエンドエンジニアとは、Webサイトのユーザーの目に見える部分を作成するエンジニアです。

例えば、ネットショッピングのサイトで

  • 商品情報(商品名や画像、値段など)を見やすく並べる
  • どこにカートボタンがあるかぱっと見で分かる
  • ユーザーのログイン画面

など利用するユーザーが使いやすいサイトの見た目に整えるのが、フロントエンドエンジニアの仕事となっています。

フロントエンドエンジニアが仕事をしなかった場合、サイト自体がパソコンやスマートフォンの画面に表示されません。

そのためせっかく作成したシステムを使ってもらえないのです。

なかがわ

フロントエンドエンジニアはWebサービスの制作になくてはならない、重要な役割を担っています。

 

こちらの「フロントエンドエンジニア転職の全て!適正のある人の3つの特徴・仕事内容などを解説」という記事では、フロントエンドエンジニアの仕事について詳しく説明しています。

もっとフロントエンドエンジニアの知識を深めたい人は合わせて読んでみてくださいね。

フロントエンドエンジニアの年収の相場はどれくらい?

では、社会的にも大きな役割を持つフロントエンドエンジニアの年収はどれくらいなのでしょうか。

ちか

すごく気になります…!

なかがわ

ここではフロントエンドエンジニアの年収の相場についてお伝えしますね。

会社員だと経験年数にもよるが、30代だと400万円前後

フロントエンドエンジニアの年収は、働いている企業への勤続年数によって異なります

一般的には、新卒や未経験からの中途採用の人だと300万円前後の場合が多いです。

なかがわ

エンジニア以外の職種や他の業界でも大体同じくらいでしょう。

フロントエンドエンジニアの年収は経験や技術力の高さなどによって大きく変動します。

そのため20代よりも仕事への経験値が高くなる30代のフロントエンドエンジニアの平均年収は400万円くらいです。

なかがわ

年齢に応じて経験と技術力が高くなるので、年収も一緒に上がっていくイメージですね。

大手企業・楽天のフロントエンドエンジニアの平均年収は650万円

働いている企業の規模によってもフロントエンドエンジニアの年収は大きく変わります

誰もが一度は聞いたことのある大手企業・楽天のフロントエンドエンジニアの平均年収は650万円です。

ちか

フロントエンドエンジニア全体の平均年収より250万円も高いんですね…!

楽天のような大企業では、

  • 扱っている案件の規模が大きいため、動くお金も多くなる
  • 求められる技術も高くなる

という点が年収に反映されます。

 

そのため、どのくらいの規模の会社で働くかは年収を考える上で重要です。

なかがわ

年収面から考えても、フロントエンドエンジニアに転職する企業選びは大切なんですよ。

 

とはいえ、楽天内でも実際の現場や関わる部署によって年収の幅はあるようです。

大企業で働くからといって努力を怠り、安心していると高い年収は得られません。

スキルアップするほど給料も上がる!フロントエンドエンジニアには年収1000万円の人もいる

ちか

大企業に就職しないと年収が高くならないんですか?

なかがわ

いいえ、そんなことはありませんよ。

フロントエンドエンジニアは大企業で働かなくても、

  • エンジニアとしてのスキルが高い
  • 実力を適切に評価してもらえる

という場合は多くのお金を得られます。

フロントエンドエンジニアの中には技術力の高さから、年収1,000万円以上稼ぐ人もたくさんいるのです。

なかがわ

努力してスキルを身につければしっかり稼げる点が、フロントエンドエンジニアの魅力のひとつですね。

フロントエンドエンジニアが年収を上げるためにやるべき3つのこと

フロントエンドエンジニアが年収をアップしたいなら、それなりの行動を起こさなければなりません。

なかがわ

ここではフロントエンドエンジニアが年収を上げるためにやるべきことを説明します。

フロントエンドエンジニアが年収を上げる方法
  1. 技術を常に磨き続けること
  2. スキルアップのためにいろんな現場で経験を積むこと
  3. 年収を上げるために好条件な企業へ転職すること

1.技術を常に磨き続けること

フロントエンドエンジニアが年収を上げたければ、常に自身の技術を磨き続けることが必須です。

エンジニアが扱う専門的なスキルは、日々新しいものへ進化していきます。

それに伴って実際の開発現場でも常に新しい技術が必要です

ちか

一度必要なスキルを身につけたら、エンジニアとしての勉強が終わりではないんですね。

 

最新のスキルを持ったエンジニアは、Webサービスを作成するとき価値の高い人材として扱われます。

他のフロントエンドエンジニアにはないものを持っているので、その技術力に対してお金が多く支払われるのです。

フロントエンドエンジニアは、いつでもスキルを高める努力をしていれば年収が高くなります

2.スキルアップのためにいろんな現場で経験を積むこと

フロントエンドエンジニアが高収入を得るには、様々な開発現場で経験を積むことがおすすめです。

ちか

フロントエンドエンジニアは開発現場によって仕事内容が変わるんですか?

なかがわ

基本的なWebサービスの見た目を作るという仕事は、どの現場へ行っても変わりません。

 

しかし、どういうポジションで何の開発を担当するのかは現場によって異なってきます。

そのためいろんな現場での開発体験は、

  • 今まで関わってこなかった技術に関われる
  • 新しい現場で出会う人からスキルを学べる
  • 経験を活かしてチームをまとめるリーダー業務もできる

というように、任される仕事の幅を広げることが可能です。

多くの現場で仕事をすると、自然とスキルアップしてエンジニアとしての評価が高くなります

フロントエンドエンジニアが年収を上げるには、数多くの開発案件での経験値が不可欠です。

3.年収を上げるために好条件な企業へ転職すること

他の企業へ転職をすると、フロントエンドエンジニアとしての年収を上げられます

フロントエンドエンジニアは実力主義の世界なので、技術力が高ければきちんと評価してもらうことが可能です。

そのため転職によって年収を上げるフロントエンドエンジニアは多くいます。

ちか

フロントエンドエンジニアとして同じ会社で働くと、ちゃんとスキルが評価してもらえないんですか?

なかがわ

もちろん会社によっては、技術力に見合った年収を与えてくれる企業もあります。

 

しかし能力の高いフロントエンドエンジニアは転職をした方が、

  • 自分のもらいたい年収を企業へ提示しやすい
  • 新しい現場で働くので、さらなるスキルアップも狙える

というように、メリットが多いのです。

ちか

確かに、今働いている会社にお給料を上げて欲しいとは言いにくいですもんね…。

もちろん高い年収に見合った技術力を持っているのは前提ですが、より自分の価値を理解してくれる企業へ転職をすれば年収が上がりやすいです

なかがわ

最近ではマイナビエージェントITのようなIT業界に特化した転職エージェントもあるので、効率よく転職して年収を上げるエンジニアがたくさんいるんですよ。

技術力が高ければ、フリーランスとして独立して高単価案件の仕事ができる

フリーランスとしての独立も、スキルが高いエンジニアであれば可能です。

技術のあるフリーランスエンジニアになれば、

  • 仕事する時間と場所を決められる
  • やりたい仕事ができる
  • 会社員より高単価で案件が獲得できる

というように働けます。

ちか

フリーランスって憧れるけど、どうやって仕事を受けるんですか?

いっぱい営業したりとか…?

なかがわ

そうですね。

フリーランスが仕事を取るには営業は欠かせません。

 

でも最近は、フリーランスが仕事をしやすくなる便利なサービスがあります。

既にエンジニアとしてのスキルがある人には、レバテックフリーランスというサービスがおすすめです。

レバテックフリーランスはフリーランスエンジニア専門のエージェントとなっています。

レバテックフリーランスの特徴
  1. 業界トップクラスの案件を保有
  2. 高単価案件を紹介してくれる
  3. 業界に詳しいカウンセラーがサポート

レバテックフリーランスは、フリーランスの人に代わって営業をして案件を紹介してくれるサービスです。

 

そのためフリーランスは営業にかける時間を節約できる上、高単価案件も獲得できます。

なかがわ

案件、営業、経理など、全てを自分ひとりでやるフリーランスにはありがたいサービスです。

レバテックフリーランスを利用するメリット
  • 営業にかかる時間が削減できる
  • 高単価案件が見つかる
  • エンジニアの仕事だけに集中できる

フリーランスエンジニア必見!

 

とはいえ、IT業界が未経験な人がいきなりフリーランスとして案件を受注するのは難易度が高いです。

未経験からフリーランスエンジニアになりたければTECH::EXPERTのような、フリーランスコースのあるプログラミングスクールで学習しましょう。

エンジニアとして働く上で必要な技術が身につけられます。

少しでも気になるなら無料カウンセリングを受けてみてください。

 

エンジニアとしてのスキルが高ければ、フリーランスで稼ぐことも選択肢として増えます

フロントエンドエンジニアの将来性は?継続して仕事できるのか

ちか

フロントエンドエンジニアの将来性って、実際はどうなんですか?

なかがわ

フロントエンドエンジニアの需要はこれからも増えていきます

こちらのグラフを見てください。

 

このグラフから2030年までに、

  • IT業界へのニーズはさらに高くなる
  • IT業界で働く人材は不足し続ける

ということが分かりますよね。

フロントエンドエンジニアの仕事も業界全体の動向と同じように、需要が大きくなります。

そのため今後のフロントエンドエンジニアの将来性も高いです

ちか

フロントエンドエンジニアになってすぐ仕事がなくなったらどうしようかと思ったけど、安心しました!

フロントエンドエンジニアがフリーランスになった場合の年収は?

ちか

フロントエンドエンジニアがフリーランスになった場合って年収はどれくらいになるんですか?

実務経験が豊富なフロントエンドエンジニアがフリーランスになった場合、年収は高い人だと1,000万円以上にもなります

しかし、

  • 未経験からフリーランスエンジニアになる人もいる
  • 副業で小さな案件を獲得している人も多い

という点を配慮すると、フリーランスのフロントエンドエンジニアの平均年収は450万円ほどです。

なかがわ

フリーランスだとどうしても仕事の獲得先が不安定になりがちなので、個人によって差が出やすいんです。

 

そのため最近ではMidworksレバテックフリーランスのような、フリーランスに案件を紹介してくれるエージェントサービスもあります。

安定して仕事を得るために、フリーランス用のエージェントサービスを利用するエンジニアも多いです。

ちか

フリーのフロントエンドエンジニアとして高収入を得るには、高いスキルだけでなく仕事を獲得する方法も知っていないといけないんですね

フリーランスエンジニアについて詳しく知りたいならこの記事

[フリーランスメイン記事]

 

フリーランスのフロントエンドエンジニアが気になる方はこちら

フロントエンドエンジニアはフリーランスになれる?独立して仕事を得る3つの方法

まとめ:多くの年収を得るにはフロントエンドエンジニアとしての実績を積む必要がある

今回はフロントエンドエンジニアの年収について詳しく解説しました。

おさらいしてみましょう。

フロントエンドエンジニアの年収について
  • フロントエンドエンジニア30代の平均年収は400万円前後
  • 技術を磨けば年収1,000万円も狙える
  • 年収を高めるにはスキルを高めること、好条件の企業への転職がおすすめ

ちか

フロントエンドエンジニアの年収についてよく理解できました。

将来性が高くて努力すれば稼げるって魅力的ですね…!

私もフロントエンドエンジニアを目指してみたいと思います。

なかがわ

そう思ってもらえて良かったです!

未経験からフロントエンドエンジニアになるなら、こちらの「フロントエンドエンジニアの全て!適正のある人の3つの特徴・仕事内容などを解説」という記事がおすすめですよ。

この記事では、

  • フロントエンドエンジニアの仕事について
  • 未経験からフロントエンドエンジニアになる方法

などが詳しくまとめてあります。

フロントエンドエンジニアになりたいなら、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。