【3分で理解】バックエンドエンジニアのシステム開発の流れを解説!

この記事でお伝えすること
  • バックエンドのシステム開発の流れ
  • バックエンドエンジニアに必要な3つの能力
  • 未経験からバックエンドエンジニアになる方法

最近ではIT業界の成長性が高く、エンジニアへの転職を考える人が増えてきています。

ちか

私もバックエンドエンジニアに興味があります!

そんな中で、

「バックエンドエンジニアが作るシステムって何?」
「開発ってどういう流れでやっているんだろう…?」

と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、バックエンドのシステム開発の流れを徹底解説します。

なかがわ

バックエンドエンジニアのシステム開発を知りたい人は参考にしてくださいね。

バックエンドで開発するシステムとは?

バックエンドで開発するシステムとは、私達の仕事や暮らしを便利にする仕組みのことです。

例えば、

  • ICカードでの支払い
  • 病院での電子カルテ
  • googleマップ

など、私達の身近なところにも多くのシステムが運用されています。

その他にも会社の業務を効率化する仕組みなども合わせると、数え切れないくらいのシステムが世の中にはあるのです。

  • 今後さらにIT技術が進歩する
  • 人口が減って働き手が少なくなる

ということを考えると、システムの需要はさらに増え続けていきます

もしもシステムがなかったら…
  • 機械で処理していた事務仕事など、全て人の手でやらなければならない
  • 通信も繋がらないのでスマートフォンも使えなくなる

なかがわ

システムがないと私達の生活は、とても不便で非効率的なものになるんです。

バックエンドエンジニアは、世の中の重要な仕組みを作り出す価値の高い仕事をしています。

ちか

バックエンドエンジニアは社会の大切な役割を担っているんですね

 

こちらの「【1分でわかる】バックエンドエンジニアとは?転職後の年収や将来性を解説」という記事では、バックエンドエンジニアについてより詳しく解説しています。

ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

バックエンドでシステムを開発する流れ

ちか

バックエンドの開発で、システムを作り出す具体的な流れってどんな感じなんですか?

バックエンドのシステム開発では、大きく分けて4つの工程があります。

システム開発の流れ
  1. 顧客の要望を正確に洗い出す「要件定義」
  2. 要件を満たすための計画書を作る「設計」
  3. 設計通りのシステムを構築する「実装」
  4. 開発したシステムが顧客のサーバー環境で正常に動くか「テスト」

なかがわ

システム開発の流れを順番に説明しますね。

顧客の要望を正確に洗い出す「要件定義」

システム開発を行う上でまず最初に行うのは「要件定義」です。

要件定義とは、

  • 顧客が作りたいシステムにどういう機能が必要なのか
  • システムを作ることで解決したい問題はなにか

などを明確にしてまとめたものです。

このときクライアントとの、システムに対するイメージをすり合わせる必要があります。

もし要件定義の段階でクライアントの要望が正確に理解できていないと、開発の途中で大きく変更点が出てくるのです。

なかがわ

すると現場はこれまで作ったものを大幅に変えないといけなくなって、大混乱します。

顧客のニーズを丁寧に聞き取って正確に把握することが、要件定義では重要です

要件を満たすための計画書を作る「設計」

要件定義が完了したら、要件を元にして「設計」を行います。

設計は、開発するシステムの計画書のようなものです。

なかがわ

例えば家を建てるとき、設計書がない状態で木材や釘があったとします。

すると大工さんは何を作って良いか分からないですよね。

開発も家を作るのと同じように、最初にどうやってシステムを作るのか設計図を作成する必要があります。

細かい部分にまで配慮されている設計がされていれば、その後の工程もスムーズに進むのです。

ちか

後から困らないように最初から考えておく必要があるんですね!

設計通りのシステムを構築する「実装」

システムの要件定義と設計が終わったら、次は「実装」を行います。

実装では設計した内容を元に実際にプログラミングを行い、機能を形にするのです

実装はシステムの機能ごとに、チームで分担をして進めていきます。

 

しかし、システムが動けばコードは自由に書いて良いわけではありません。

プログラミング言語でシステムを作るとき、

  • システムが素早く動くように、なるべく短いコードで書く
  • チームで開発を行うので、誰が見ても分かるように書く

ということを意識する必要があります。

なかがわ

一般的なバックエンドエンジニアのイメージが強い工程かもしれませんね。

開発したシステムが顧客のサーバー環境で正常に動くか「テスト」

実装が終わったら、サーバー環境でシステムが正常に動くか「テスト」を行います

なかがわ

先程システムの実装は、機能ごとに分担して行っていると言いました。

そのため、テストもまずは単体の機能ごとです。

機能ごとのテストを行って問題なく動けば、次に別の機能同士を結合させてテストに入ります。

ちか

単体の機能で動いていたらOKじゃないんですね!

システムの機能は単体で上手く動いていても、複数合わせるとエラーが起きる場合もよくあります。

顧客が実際に使っている環境で正常に動いて、システムがやっと完成するのです。

バックエンドで開発したサービスを顧客に届けるまでに様々な工程が必要

ちか

サービスを開発して完成させるまでに、たくさんの工程が必要なんですね。

全く知りませんでした…!

今回の記事ではバックエンドのシステム開発の流れを説明しています。

しかし実際の開発では、

  • フロントエンドエンジニア
  • Webデザイナー
  • インフラエンジニア

など、様々な職種の人との連携が必要になってくるのです。

なかがわ

少しイメージが湧きにくいかもしれませんが、本当はもっと多くの工程があってシステムが出来上がっています。

システム開発の流れを理解したいなら、実際に開発をやってみることが最も効果的です。

サービスを作る体験をするなら、DMM WEBCAMPTECH::EXPERTのようなプログラミングスクールに通うことがおすすめ。

学習のカリキュラムの中でシステム開発を行うので、技術を身につけながら理解できます。

バックエンドエンジニアに必要な3つの能力

バックエンドエンジニアにはシステム開発に使う専門スキル以外にも、必要な3つの能力があります。

バックエンドエンジニアに必要な3つの能力
  1. 顧客と円滑にやりとりできるコミュニケーション能力
  2. 最新の技術を常に吸収できる好奇心を持つこと
  3. システムをつくる上で何が問題か考えて解決する力

なかがわ

ここではバックエンドエンジニアに必要な3つの能力を解説します。

1.顧客と円滑にやりとりできるコミュニケーション能力

バックエンドエンジニアには、クライアントと円滑に話ができるコミュニケーション能力が必要です。

ちか

エンジニアにコミュニケーション能力が要るだなんて、意外です!

より良いシステムを開発するには、

  • クライアントの要望を正確にヒアリングする
  • 他の職種の人と連携を取る

などが重要になってきます。

そのため、バックエンドエンジニアには人の話を聞く力、話す力が求められるのです。

2.最新の技術を常に吸収できる好奇心を持つこと

新しい技術を学び続けられる意欲もバックエンドエンジニアには必要です。

IT業界の技術は日々新しいものに進化しています。

そのためバックエンドエンジニアの仕事を一通り覚えれば、勉強が終わりなのではありません。

今までと違う技術が出てくる度に、積極的に学習する向上心が大切になってきます。

なかがわ

新しいものが好きで、好奇心が旺盛な人はエンジニアに向いていると言えますね。

3.システムをつくる上で何が問題か考えて解決する力

バックエンドエンジニアには、問題を解決するスキルが求められます。

システムを開発しているとき、全く問題が起こらずに完成することはほとんどありません。

何かしらのエラーやバグで開発の流れが詰まる場合が多いです。

バックエンドエンジニアは開発する中で何か問題が出てきたとき、

  • 問題の原因を考える
  • 最善の解決方法を探す

というように、課題を自発的に見つけて改善できる能力が重要となります。

ちか

問題解決スキルか…。

身につけるのは難しそうですね…。

なかがわ

最初は難易度が高いように感じるかもしれませんね。

もし不安があるなら、バックエンドエンジニアとして働く前に学んでみると良いでしょう。

例えばTECH::EXPERTDMM WEBCAMPのようなプログラミングスクールに通えば、カリキュラムを学習する中で問題を解決する力を身につけられます。

無料のカウンセリングも行っているので、気になるなら一度相談してみてください。

たとえ高いプログラミングスキルを持っていても、目の前の問題点に気づけなかったら力は発揮できません。

未経験からバックエンドエンジニアとしてシステム開発をする方法は3つ

ちか

私はIT業界が全くの未経験なんですけど、バックエンドエンジニアになれるんでしょうか…。

なかがわ

もちろん。

未経験の人でも、今からバックエンドエンジニアを目指すことは可能です。

ここでは未経験からバックエンドエンジニアになる方法を紹介します。

未経験からバックエンドエンジニアになる方法
  1. 必死に開発技術を勉強してフリーランスとして独立する
  2. プログラミングスクールで学んで知識を武器に転職
  3. IT業界に強い転職エージェントを利用して転職

こちらの「最短で目指せる!未経験でバックエンドエンジニアになる3つの方法」という記事では、より詳しくバックエンドエンジニアになる方法が解説してあります。

未経験からバックエンドエンジニアになりたいなら、ぜひ一度は目を通してみてください。

1.必死に開発技術を勉強してフリーランスとして独立する

フリーランスとしての独立も、スキルが高いエンジニアであれば可能です。

技術のあるフリーランスエンジニアになれば、

  • 仕事する時間と場所を決められる
  • やりたい仕事ができる
  • 会社員より高単価で案件が獲得できる

というように働けます。

ちか

フリーランスって憧れるけど、どうやって仕事を受けるんですか?

いっぱい営業したりとか…?

なかがわ

そうですね。

フリーランスが仕事を取るには営業は欠かせません。

 

でも最近は、フリーランスが仕事をしやすくなる便利なサービスがあります。

既にエンジニアとしてのスキルがある人には、レバテックフリーランスというサービスがおすすめです。

レバテックフリーランスはフリーランスエンジニア専門のエージェントとなっています。

レバテックフリーランスの特徴
  1. 業界トップクラスの案件を保有
  2. 高単価案件を紹介してくれる
  3. 業界に詳しいカウンセラーがサポート

レバテックフリーランスは、フリーランスの人に代わって営業をして案件を紹介してくれるサービスです。

 

そのためフリーランスは営業にかける時間を節約できる上、高単価案件も獲得できます。

なかがわ

案件、営業、経理など、全てを自分ひとりでやるフリーランスにはありがたいサービスです。

レバテックフリーランスを利用するメリット
  • 営業にかかる時間が削減できる
  • 高単価案件が見つかる
  • エンジニアの仕事だけに集中できる

フリーランスエンジニア必見!

 

とはいえ、IT業界が未経験な人がいきなりフリーランスとして案件を受注するのは難易度が高いです。

未経験からフリーランスエンジニアになりたければTECH::EXPERTのような、フリーランスコースのあるプログラミングスクールで学習しましょう。

エンジニアとして働く上で必要な技術が身につけられます。

少しでも気になるなら無料カウンセリングを受けてみてください。

 

エンジニアとしてのスキルが高ければ、フリーランスで稼ぐことも選択肢として増えます

2.プログラミングスクールで学んで知識を武器に転職

未経験からバックエンドエンジニアになりたければ、プログラミングスクールで学んでからの転職もおすすめです

プログラミングスクールで勉強すれば、

  • 分からない点は講師に教えてもらえる
  • 転職活動の中で、企業からやる気を評価してもらいやすい
  • モチベーションが保ちやすいので挫折しない

などというメリットが得られます。

なかがわ

しかし、最近ではプログラミングスクールの数も多くて迷ってしまう人も多いです。

そこで、おすすめのプログラミングスクールの比較表を用意しました。

金額受講期間リモート可おすすめな人
DMM WEBCAMP

¥ 628,000

3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポート

・確実に転職したい人
・ある程度の時間をかけてじっくり学習したい人
・学習期間は教室に通って勉強に集中できる人

GEEK JOB

無料

最短1ヶ月~
最長3ヶ月間

・エンジニアに転職したいけどスクール費用は高くて払えない人
・独学で挫折した人
・必ず転職する意思がある人

TECH::EXPERT

短期集中
スタイル

¥ 598,000

最短10週間〜

・エンジニアに転職したい人
・短期集中で技術を身に着けたい人
・働きながら学習を進めたい社会人

夜間・休日
スタイル

¥ 798,000

6ヶ月

TechAcademy

¥ 99,000〜

最短4週間〜

・スクールに通う時間のない人
・独学では上手く学べなかった人
・現役のエンジニアに学習をサポートして欲しい人

ちか

スクールによって特徴や金額が結構変わってくるものなんですね…!

プログラミングスクールを選ぶときは、自分の経済状況や生活スタイルをしっかり考えましょう。

プログラミングスクールで学んでからだと、転職活動が有利に進められます

3.IT業界に強い転職エージェントを利用して転職

IT業界に強い転職エージェントを利用すれば、未経験でもバックエンドエンジニアに転職できます。

転職エージェントを使えば、

  • 転職先の優良企業を紹介してもらえる
  • 書類や面接対策もしてくれる

というように、転職希望者を徹底的にサポートしてくれるのです。

ちか

この前転職エージェントについて調べたんですけど、たくさんありすぎてよく分からなくなっちゃいました…。

なかがわ

情報が多いと混乱しますよね。

それでは、バックエンドエンジニアに転職したい人におすすめのエージェントを3社紹介しますね。

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

ちか

転職エージェントによって特徴は様々なんですね…!

なかがわ

会社によって特徴は違いますが、この3社を登録しておけばとりあえず安心です。

登録はどのエージェントも無料ですよ。

実際に転職エージェントを使ってみて、自分が一番利用しやすいところを選びましょう。

 

こちらの「[転職エージェント比較記事]」では、おすすめの転職エージェントをもっと深く解説しています。

転職エージェントについて詳しく知りたい方は、合わせて読んでみてくださいね。

まとめ:バックエンドエンジニアとしてシステム開発をしたいなら転職しよう

今回はバックエンドが行うシステム開発の流れを解説しました。

なかがわ

開発の流れがどのようなものだったか、おさらいしましょう。

バックエンドのシステム開発の流れ
  1. 顧客の要望を正確に洗い出す「要件定義」
  2. 要件を満たすための計画書を作る「設計」
  3. 設計通りのシステムを構築する「実装」
  4. 開発したシステムが顧客のサーバー環境で正常に動くか「テスト」

ちか

システム開発と聞くとプログラミングしかイメージがなかったんですけど、たくさんの工程が必要なんだと分かりました!

システム開発の工程を理解するには、実際に体験するのが一番です。

どんなものか知りたいならGEEK JOBDMM WEBCAMPなどのプログラミングスクールで、システムを作ってみてください。

未経験からバックエンドエンジニアを目指すなら、今すぐ行動しましょう!

【1分でわかる】バックエンドエンジニアとは?転職後の年収や将来性を解説