【完全版】SEが働くIT業界の5つの分類とシステムエンジニアが働く業界の選び方を徹底解説!

この記事でお伝えすること
  1. IT業界の5分類
  2. 活躍するSE(システムエンジニア) に必要な5つのスキル
  3. 今からSE(システムエンジニア) になる2つの方法

最近は一生使えるスキルを身につけたくて、IT業界で働くSE(システムエンジニア) になりたい人が増えています。

でも実際は、

「IT業界での仕事はどんな感じなのかさっぱり分からない…」

「エンジニアって何に関わっているのかイメージが湧かない…」

という人も多いのではないでしょうか。

なかにはIT業界とWeb業界、SE(システムエンジニア) とSIer(エスアイアー)など、これらの違いが分からない人も多くいると思います。

ちか

私も正直、手に職をつけたくてSE(システムエンジニア) に興味を持ちました。

でもIT業界の具体的なことって一切分かりません…。

なかがわ

まずはIT業界に興味を持つことも大切です。

今はIT業界のことが分からなくても大丈夫ですよ。

今回は、SE(システムエンジニア) が働くIT業界の分類や必要なスキルなどについて詳しく解説します。

ちょっとでもIT業界に関心がある人はこのまま読み進めてくださいね。

IT業界の需要は大きく今後も成長するため、SE(システムエンジニア) を目指す人が多い

なかがわ

IT業界に関心を持ったのは、手に職をつけたいからですか?

ちか

それもあるんですけど、IT業界は需要が大きいって聞いたので興味を持ちました。

なかがわ

そのとおりで、IT業界は今後も需要が大きくなるんです。

上記のグラフを見るとIT業界は今後もニーズが増加していくのに対して、人材はさらに減っていくと予測されています。

IT業界は今も慢性的な人材不足のため、未経験でも成長する意欲のある人を積極的に採用しているのです。

そのため、未経験からSE(システムエンジニア) になりたいと考える人が増えています。

未経験からSEになれる?成功する人の3つの特徴と独学におすすめな方法も解説

IT業界とWeb業界の違いとは?

IT業界とWeb業界の違いとは、情報処理とインターネット通信の違いです。

IT業界では情報処理技術の全般を扱うのに対して、Web業界ではインターネットのデータ通信サービスを扱います。

扱う技術やサービスが違ってきますが、IT業界の中の一つの分類としてWeb業界が含まれているイメージです。

Web業界もIT業界同様に業界の需要が広がっていて、IT人材(SE・SIerなど)が足りなくなってきています。

またソフトウェア業界も同様に人材不足が起こっているので、未経験であっても業界選びの参考として調べてみるのも面白いかもしれません。

SE(システムエンジニア)の仕事内容とは?

ちか

SE(システムエンジニア) はどういう仕事をしているんですか?

SE(システムエンジニア) は、クライアントが作りたいサービス実現する方法を考える人です。

SE(システムエンジニア) の仕事内容
  1. 顧客の作りたいシステムの詳細を、ヒアリングしてまとめる「要件定義」
  2. 聞き出した内容をもとに、どういう形にするのか設計する「基本設計」
  3. 設計したものを実装するための技術を選定する「詳細設計」
  4. 構成したシステムが動くか確認する「テスト」
  5. 制作したサービス納品後に、問題が起きないかチェックする「運用・保守」

このようにSE(システムエンジニア) は、システムを作るときの基盤となる仕事を行っています。

なかがわ

SE(システムエンジニア) がいないと、便利なシステムは作れないくらい大切な仕事なんですよ。

SEってどんな職業?なるための3つの方法とキャリアパス、メリット・デメリットも解説!

SE(システムエンジニア)とSIerの違いとは?

SE(システムエンジニア)について知っていくうちに、

「SE(システムエンジニア) とSIerの違いってなんだろう」って思いませんか?

先程解説したIT業界とWeb業界・ソフトウェア業界と同じで、SE(システムエンジニア) とSIerの違いについてよくわからない人は多くいます。

SE(システムエンジニア)とSIerの違いとは、SIerはシステム構築を担う事業者(企業)でSE(システムエンジニア)はシステム構築を行う職種です。

この2つは混ざりやすいので、明確に「会社」と「職種」というふうに覚えておくと良いと思います。

SE(システムエンジニア) が働くIT業界は大きく5つに分類される

なかがわ

業界について詳しくない人にはあまり知られていませんが、SE(システムエンジニア) が働くIT業界はその中でさらに分類が分かれているんです。

ちか

そうなんですか!?

知りませんでした…。

ここでは、SE(システムエンジニア) が仕事をするIT業界の5つの分類について解説します。

IT業界の5分類
  1. ECサイトやSNSなどに関わる「ITサービス業界」
  2. 銀行などの情報理処理ツールを作る「情報処理業界」
  3. 便利なアプリケーションを制作「ソフトウェア業界」
  4. PCやゲーム機を作り出す「ハードウェア業界」
  5. データの回線などに関わる「通信サービス業界」

1.ECサイトやSNSなどに関わる「ITサービス業界」

IT業界の5分類の中に、ECサイトやSNSなどに関わる「ITサービス業界」があります。

IT業界の中でも人気の業界で、未経験者でも参入しやすい分類です。

ITサービス業界はさらに、

  • Webサイト制作やインターネット広告などに関わる「B to B」
  • ネット上のショッピングECサイトやSNSなどを制作する「B to C」

の2つに大別されて、主にブラウザで利用するサービスの制作に関わります。

ITサービス業界で仕事をするエンジニアにはフリーランスの人も多く、技術力次第で働き方の選択肢が広がるのが特徴です。

2.銀行などの情報理処理ツールを作る「情報処理業界」

大規模な情報理処理ツールを作る「情報処理業界」も、IT業界のひとつです。

情報処理業界では、金融系や官公庁、メーカーなど、幅広いジャンルと規模のシステム開発に関わります。

情報処理業界で仕事をする企業をシステムインテグレータ(SIer)と呼び、システム開発の企画や設計、運用まで担当する場合が多いです。

作成するシステムを発注したクライアントに合わせた分析を行い、

  • 作業の効率化
  • 業務の問題改善

など、課題解決のコンサルタントを行います。

最近ではAIやビッグデータに注目が集まっているため、より細かい情報の解析と技術が必要です。

3.便利なアプリケーションを制作「ソフトウェア業界」

IT業界の中には便利なアプリケーションを制作をする「ソフトウェア業界」があります。

なかがわ

ソフトウェア業界はエンジニアが行う開発と聞いて、一番イメージが湧きやすい業界かもしれません。

ソフトウェア業界はその中でも、

  1. パソコンやスマートフォンで使われるアプリ開発
  2. OSというパソコンを動かすためのソフトウェア開発

のさらに2つに分類されています。

最近は多くの人がスマートフォンやタブレット、パソコンで様々なアプリを利用するようになりました。

なので、ソフトウェア業界全体のニーズも大きくなっています。

4.PCやゲーム機を作り出す「ハードウェア業界」

IT業界の分類のひとつにPCやゲーム機を作り出す、「ハードウェア業界」があります。

ハードウェア業界は、パソコンやゲーム機、家電などの本体の制作をしている業界です。

特に近年では私達の暮らしを便利にする、

  • お掃除ロボット
  • スマートフォン

などのハードウェアに触れる機会も多いですよね。

ハードウェア業界では緻密な設計によって機械の本体を作成し、作った機械がより円滑に動く電子回路などの設計などにも携わります。

なかがわ

ハードウェア業界で働くエンジニアは、「組み込みエンジニア」と呼ばれているんですよ。

5.データの回線などに関わる「通信サービス業界」

データの回線などに関わる「通信サービス業界」も、IT業界の分類のひとつです。

通信サービス業界は、音声や情報などの通信を行う回線のサービスを担当しています。

私達が毎日使うスマートフォンがどこにいても繋がっているのは、通信サービス業界があるからです。

少し前に携帯会社の通信サービス障害で、全く回線が繋がらないときがありました。

なかがわ

このとき誰とも連絡がとれず、状況の検索もできず困った人が続出したんです。

通信サービス業界の仕事は人々の暮らしに密接しているからこそ、その役割は重大です。

今後は5Gの高速インターネット回線サービスが使われるようになるので、業界全体に注目が集まっています。

どの業界のSE(システムエンジニア) になるかは自分の興味次第

ちか

IT業界の中にも様々な分類があると分かりました。

でも、どの業界を選ぶのが良いでしょうか?

なかがわ

業界によって扱う分野が異なります。

なので、自分の興味のある業界を選択してください。

そのときの流行りや人気だけで業界を選ぶと、仕事をし始めてから「思った感じと違う…」となりやすいです。

業界のイメージと実際の仕事のギャップは早期退職にも繋がります。

なので、作ってみたいサービスや関わりたい案件は何なのかを具体的に考えて、業界を選びましょう。

SE(システムエンジニア) はきつい?会社による差が大きい

ちか

SE(システムエンジニア) の仕事はきついと聞いたんですけど、IT業界の分類によっても変わるんでしょうか…?

なかがわ

確かにSE(システムエンジニア) として働く会社によっては、激務なブラック企業も存在します。

とはいえ、IT業界の分類によっての差はあまりありません。

どの業界で仕事をするにしても、所属する企業の勤務形態や社風が仕事のきつさに繋がります。

そのためSE(システムエンジニア) として働く会社の実態は、入社前にしっかりと情報収集してください。

 

もしSE(システムエンジニア) として働いている企業が残業ばかりで安月給のブラック企業だった場合は、転職の検討をおすすめします。

なかがわ

IT系の企業はたくさんあるので、自分のスキルや希望に合う会社を探しましょう。

働きやすい会社で仕事がしたいなら、マイナビエージェントITのような転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントを使えば、事前にネット上にはない会社の情報を教えてもらうことも可能です。

【知らなきゃ危険】システムエンジニアが激務できつい3つの原因!SEに向いている人の特徴・性格を解説

活躍するSE(システムエンジニア) に必要な5つのスキル

ちか

業界で活躍するSE(システムエンジニア) になるには、どういう能力が必要ですか?

なかがわ

価値の高いSE(システムエンジニア) に求められるスキルは5つあります

活躍するSE(システムエンジニア) に必要な5つのスキル
  1. 高いプログラミングスキル
  2. クライアントとやりとりできるコミュニケーション能力
  3. 人を統括するマネジメントスキル
  4. 必要とされるものを作るためのマーケティングスキル
  5. 仕事を組み立てるタイムマネジメントスキル

スキル1.高いプログラミングスキル

活躍するSE(システムエンジニア) になりたければ、高いプログラミングスキルを身につけましょう。

SE(システムエンジニア) は、クライアントの要望を実現する方法を考える仕事です。

しかしシステムを実装するための知識が乏しければ、100%のサービスを提供できません。

なかがわ

本当は作れるサービスをSE(システムエンジニア) の実力不足で作成できないと、クライアントからの信頼が低くなってしまいます。

なので、常に最新の技術を勉強して自分のスキルを高めれば、価値の高いSE(システムエンジニア) になれます。

スキル2.クライアントとやりとりできるコミュニケーション能力

SE(システムエンジニア) には、高いコミュニケーション能力も大切です。

ちか

SE(システムエンジニア) って、そんなに人と話す力が必要なんですか?

あまりイメージがなかったです。

なかがわ

人と接する印象の少ないエンジニア職ですが、実際は結構人と関わるんですよ。

SE(システムエンジニア) は仕事の中で、

  • クライアントの要望をヒアリングする
  • 他のエンジニアとの連携をとる
  • ディレクターとの開発進捗の確認

など、多くの人とのコミュニケーションが必須です。

スムーズに他人とやりとりができないと、開発の途中やシステムのリリース後に重大な不具合が生じる危険性もあります。

他人の意見を正確に聞いて、自分の考えもきちんと述べられる人は、SE(システムエンジニア) として活躍することが可能です。

スキル3.人を統括するマネジメントスキル

チームをまとめるマネジメントスキルがあれば、SE(システムエンジニア) として重宝されます。

システムの開発は、SE(システムエンジニア) だけの力だけで行っているわけではありません。

他の全ての職種の人が関わって、初めてひとつのシステムが仕上がります。

なかがわ

開発を成功させるためには、開発チームにいる人たちを統括する人が必要です。

ちか

確かに、リーダーがいないとチームはまとまりませんよね。

SE(システムエンジニア) が人をまとめて引っ張っていくリーダーシップを持っていれば、より良いサービスを世の中に提供することが可能です。

マネジメントは決して簡単ではないので、その能力があれば業界でも貴重な人材として扱われます。

スキル4.必要とされるものを作るためのマーケティングスキル

活躍するSE(システムエンジニア) になるには、マーケティングスキルも求められます。

SE(システムエンジニア) にマーケティングスキルがあれば、クライアントの問題点を的確に捉えて利益を大きくすることが可能です。

新しいシステムに他にはないオリジナルの価値を付随できるかは、SE(システムエンジニア) の腕にかかっています。

なかがわ

クライアントに言われたものをただ作るだけでは、顧客の利益と信用に繋がりませんよね。

どうすればシステムの利益を最大限にできるかを考えられるSE(システムエンジニア) は、業界だけでなく社会的な価値も高くなります。

スキル5.仕事を組み立てるタイムマネジメントスキル

活躍するSE(システムエンジニア)になるためには、仕事を組み立てるタイムマネジメントスキルが大切です。

タイムマネジメントスキルが無いと業務が間延びしてしまったり、納品に間に合わないなんてこともあります。

クライアントからの信頼を大きく失うことになるので、活躍するSE(システムエンジニア)は気をつけなくてはなりません。

なかがわ

何より期日に納品する事が大切なのでタイムマネジメントスキルは必須ですね。

ちか

タイムマネジメント出来ないと、今までのスキルも無駄になってしまいそうですね…

時間のコントロール出来るSE(システムエンジニア)は技術力関係なしに重宝される人材なので、活躍するためにはぜひとも身につけたいスキルです。

SE(システムエンジニア)のスキルについて更に詳しく知りたい人は下記を参考にしてください。

SE(システムエンジニア)の仕事内容!適正がある人の5つの特徴と必要な考え方とは?

今からSE(システムエンジニア) になる2つの方法

ちか

私はIT業界のスキルが何もないんです…。

今からでも業界で必要とされるSE(システムエンジニア) を目指せるんでしょうか?

なかがわ

もちろんです。

今はITスキルを持っていなくても、やる気と努力次第で活躍できるSE(システムエンジニア) になれます。

今からSE(システムエンジニア) になる2つの方法
  1. プログラミングスクールでスキルを学んで転職
  2. 転職エージェントの力を借りて転職をする

こちらの「未経験からSE(システムエンジニア)になれる?成功する人の3つの特徴も解説」という記事は、未経験からSE(システムエンジニア) を目指す人におすすめです。

ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

方法1.プログラミングスクールでスキルを学んで転職

未経験からSE(システムエンジニア) になりたければ、プログラミングスクールでスキルを学んでから転職しましょう。

プログラミングスクールで勉強すれば、

  • SE(システムエンジニア) に必要な基礎的なスキルが身に付く
  • 技術を勉強していて分からない点があれば、講師に教えてもらえる
  • スクールによっては転職のサポートもしてくれる

というように、受講するメリットか豊富です。

なかがわ

以下におすすめのプログラミングスクールの比較表を用意しました。

プログラミングスクール選びの参考にしてくださいね。

スクール
エンジニア
DMM
WEBCAMP
Tech
Academy
TECH
CAMP
どんな人に
おすすめ?

転職したいけど
お金がない人
(転職コース)

経験が少なくても
確実に転職
したい人
スクールに通う
時間のない人
働きながら学習を
進めたい社会人
金額実質無料〜
¥128,000
¥ 628,000¥ 99,000~¥ 648,000
受講期間最短4週間~3ヶ月最短4週間~最短10週間~
リモート
公式サイト

現役エンジニアに相談するチャンス
エンジニアのスキルが上がらないなら、今すぐ無料の侍エンジニア塾のオンラインレッスンに応募することをおすすめします。

 

たった1回の講義であなたのスキルが大幅に向上するキッカケになるはずです...!!!

さらに今なら総額5000円分のAmazonギフト券がもらえる特典付き。
無料講義が満席になる前に今すぐチェックしてみてください。

 

侍エンジニアはオンラインでも受講可能!!


▲お悩み相談だけでもOK!!▲

【公式サイト】https://www.sejuku.net/

ちか

プログラミングスクールによって特徴が異なるんですね!

なかがわ

そうですね。

なので、自分に一番合っていそうなプログラミングスクールを選んでください。

プログラミングスクールのイメージが掴めない人には、

がおすすめです。

プログラミングスクールの生の空気が分かるので、受講前に安心できます。

方法2.転職エージェントの力を借りて転職をする

IT業界に強い転職エージェントを使えば、未経験からでもSE(システムエンジニア) になることが可能です。

転職エージェントは、

  • ネット上の求人サイトに載っていない企業の情報を提供してくれる
  • 履歴書や職務経歴書を一緒に考えてくれる
  • 面接の練習をしてくれる

というように、求職者をサポートしてくれます。

なかがわ

最近は転職を考える人が増加しているので、転職エージェントの会社も増えているんですよ。

ちか

でも転職エージェントの数が多すぎて、どれを使って良いかよく分かりません…。

そんな方のために、ここではおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。


エージェントマイナビ
エージェントIT
レバテック
キャリア
Midworks
どんな人に
おすすめ?
スキルに
自信がない人
専門的な
アドバイスを受け
転職したい人
スキルに
自信がある人
推定年収240~1200万300~1500万500~1300万
案件数約12,000件約2,500件約3,000件
未経験
公式サイト

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT))などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「Midworks

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)はフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

ちか

今紹介してくれた3つの転職エージェントの中だと、どこが一番良いんですか?

なかがわ

転職エージェントは、利用する人との相性が大切になります。

なので3つの転職エージェント全てに登録をしておいて、自分が1番使いやすいと感じるエージェントを選んでください。

転職エージェントの登録はどの会社も無料です。

転職エージェントを上手く活用すれば、未経験からでもSE(システムエンジニア) を目指せます。

まとめ:SE(システムエンジニア) として成功するには業界選びも大切

今回は、SE(システムエンジニア) が働くIT業界の詳細について解説しました。

SE(システムエンジニア)  業界のまとめ
  1. SE(システムエンジニア) が働くIT業界は大きく5つに分類される
  2. どの分野のエンジニアになるかは自分の関心次第
  3. IT業界のどの分野で仕事をしても、働く企業によってはブラック企業が存在するので注意
  4. 業界で活躍できるSE(システムエンジニア) になりたければ様々なスキルが必要

ちか

IT業界で働くSE(システムエンジニア) でも、いろんな仕事の選択肢があるんだと知れて良かったです!

なかがわ

活躍するSE(システムエンジニア) になるには、自分の興味が大きい分野の選択が大切になります。

なので今からSE(システムエンジニア) を目指すなら、働く企業は慎重に選びましょう。

大手のSEとして働くには?優良企業とブラック企業を見極めるシステムエンジニア3つのポイント