【3分でわかる】フリーランスのSEになる4つのメリットと仕事の獲得方法3つを紹介

この記事でお伝えすること
  1. フリーランスのSEになるメリット・デメリット
  2. フリーランスのSEの年収
  3. フリーランスのSEに必要なスキルや特徴
  4. フリーランスのSEが仕事を獲得する方法

最近ではIT業界で働くシステムエンジニアの需要が大きくなっています。

そんな中でフリーランスのシステムエンジニアに興味を持つ人も多く、

「フリーランスのシステムエンジニアとして仕事をするにはどうすれば良いの?」

「フリーランスとして働くメリットやデメリットって何があるんだろう…?」

というような疑問を抱える人もいるのではないでしょうか。

ちか

フリーランスは漠然と憧れるけど、私でもなれるものなんでしょうか…?

知識が全くなくて分かりません…。

なかがわ

フリーランスに興味を持ったとしても、その実態は少しイメージしにくいですよね。

でも、フリーランスのシステムエンジニアになる方法を知って努力すれば、今からでも十分に目指せますよ。

そこで今回は、フリーランスのシステムエンジニアの全てを徹底解説します。

フリーランスのシステムエンジニアとして働いてみたい人は、ぜひ読み進めてくださいね。

SE(システムエンジニア)とは…?

システムエンジニアとは、Webサービスを実現する方法を考えるエンジニアのことです。

システムエンジニアの仕事内容
  1. クライアントが作りたいシステムの内容を聞き出してまとめる「要件定義」
  2. 聞き出した要件を元に、どうやってサービスを実現するか考える「基本設計」
  3. 基本設計の内容を形にするための技術を選定する「詳細設計」
  4. 完成したシステムが不具合なく動くかチェックする「テスト」
  5. システムを納品した後に問題がないか管理する「運用・保守」

顧客と関わりながらシステム開発をすることを「上流工程」と呼び、サービスの基盤となる重要な仕事となっています。

システムエンジニアがクライアントの要望を正確に把握していれば、より質の高いシステムを作ることが可能です。

SEってどんな職業?なるための3つの方法とキャリアパス、メリット・デメリットも解説!

最近はフリーランスのSE(システムエンジニア)が増加している

最近では多様な働き方が世間にも認知されるようになり、フリーランスとして仕事をする人が増えています。

ランサーズの「フリーランス実態調査 2018年版」によると、日本の労働人口の17%もの人がフリーランスとして独立して働いているのです。

ちか

フリーランスの人ってそんなに多いんですね!

知りませんでした…!

特にエンジニアはフリーランスとして仕事をしやすい職種です。

そのため、フリーランスのシステムエンジニアも増加しています。

フリーランスのSE(システムエンジニア)になる4つのメリット

ちか

どうしてフリーランスのシステムエンジニアが増えているんでしょうか…?

なかがわ

システムエンジニアがフリーランスとして独立するのには、たくさんのメリットがあるんです。

フリーランスのSE(システムエンジニア)になるメリット
  • 働く時間や場所を自分で決められる
  • 会社員よりも稼げる場合が多い
  • 好きな仕事内容を選べる
  • 仕事をする上でムダな人間関係がなくなる

ここでは、フリーランスのシステムエンジニアになるメリットを4つ紹介しますね。

メリット1.働く時間や場所を自分で決められる

システムエンジニアがフリーランスになるメリットは、働く時間や場所を自分で決められる点です。

会社員として働くと、どうしても就業時間や勤務場所が決められていますよね。

その点フリーランスだと、

  • 何時から働くか
  • いつを休日にするか
  • どこで仕事をするか

など、全てを自分で決めることが可能です。

通勤電車などのストレスもなくなるので、人によってはとても働きやすくなります。

ちか

自分で決められるっていうのが素敵ですね…!

メリット2.会社員よりも稼げる場合が多い

会社員よりも稼げる場合が多いため、フリーランスのシステムエンジニアになる人が増えています。

なかがわ

普通に企業で働いていると、開発をして発生したお金は会社が管理しますよね。

企業は会社員のエンジニアが開発をして得た利益から、会社を運営するためのランニングコストなどを引いた金額を算出します。

そしてその金額から社内の営業や事務、エンジニアなどの社員の給料を支払うのです。

そのためシステムエンジニアが実際に働いて稼いだお金よりも、少ない金額しか貰えない場合もあります。

ちか

会社員は頑張った成果が、100%年収などに反映するわけではないんですね…!

一方でフリーランスだと企業と直接契約をして仕事を行うので、働いて発生したお金は全て自分の手元に入ります。

そのため同じ仕事をしていても、会社員よりもフリーランスのシステムエンジニアの方が稼げる場合も多くあるのです。

メリット3.好きな仕事内容を選べる

フリーランスのシステムエンジニアは、会社員よりも自分の好きな仕事を選べます。

フリーランスは仕事に関わる全てに対して、自分に決定権のある働き方です。

そのため自分のやってみたい仕事がある場合、関われるように努力すれば仕事に繋げられます。

なかがわ

自身のやりたいことの実現やスキルアップができるので、フリーランスを目指す人もいるんですよ。

興味のある仕事ができる点が、フリーランスのシステムエンジニアになるメリットです。

メリット4.仕事をする上でムダな人間関係がなくなる

フリーランスになれば、仕事をする上でのムダな人間関係がなくなります。

企業に属していると、

  • 相性の悪いクライアント
  • 意見の合わない上司
  • 興味の持てない飲み会への強制参加

など、人との関わりがめんどくさく感じる人も多いのではないでしょうか。

でも仕事を円滑に進めるために我慢して人に合わせていると、知らない内に精神的に辛くなってしまいます。

 

しかしフリーランスだと、合わないと思う人やクライアントがいた場合、今後一緒に仕事をしない選択肢を持つことも可能です。

ちか

確かに…。

仕事内容よりも周りの人のストレスって意外と大きいんですよね…。

仕事に必要のないストレスから距離を取りやすいのも、フリーランスのシステムエンジニアの魅力です。

フリーランスのSE(システムエンジニア)になる3つのデメリット

ちか

フリーランスのシステムエンジニアになるのはすごく魅力的に感じるんですけど、注意するポイントとかはあるんですか?

なかがわ

そうですね。

フリーランスになるのはメリットばかりではありません。

ここでは、フリーランスのシステムエンジニアになるデメリットを3つ紹介します。

フリーランスのSE(システムエンジニア)になるデメリット
  • 仕事の収入が不安定になる
  • 会社のような充実した福利厚生が受けられない
  • 社会的信用が低いので、クレジットカードなどの審査が通りにくい

デメリット1.仕事の収入が不安定になる

フリーランスのシステムエンジニアになると、仕事の収入が不安定になります。

自由で働きやすいイメージの強いフリーランスですが、仕事を獲得できないと一切お金が入ってきません。

フリーランスは会社員のような毎月の決まった月収がなく、タイミングが悪いと一気に仕事が途切れる危険性もあります。

なかがわ

フリーランスが安定してお金を稼ぐためには、継続した営業活動と人脈が重要なんですよ。

安定した収入を得たい人には、フリーランスのシステムエンジニアは向いていないです。

デメリット2.会社のような充実した福利厚生が受けられない

会社のような充実した福利厚生が受けられないのが、フリーランスのシステムエンジニアになるデメリットです。

企業に所属しているときは実感しにくいですが、

  • 国民年金に上乗せして将来支払われる「厚生年金保険」
  • 会社が半額支払ってくれる「健康保険」
  • 急な病気や怪我にも保証してくれる「労災保険」

など、会社員には企業が様々な保証をサポートしてくれています。

フリーランスは会社のような福利厚生は全くないので、万が一の場合には自己責任で対策をしておく必要があるのです。

なかがわ

最近はフリーランス向けの保証なども増えてきていますが、会社員と比べるとまだまだ満足のいくものではありません。

デメリット3.社会的信用が低いので、クレジットカードなどの審査が通りにくい

フリーランスのシステムエンジニアは収入が安定しないので、社会的な信用が低くなります。

ちか

フリーランスにはそんなデメリットがあったんですね…!

しっかり稼いでいるフリーランスのシステムエンジニアであっても、社会的信用は簡単に得られないのが現実です。

社会的な信用がないと、

  • クレジットカードの審査
  • 家のローンの審査
  • 賃貸の契約

など、いろいろな場面で厳しくチェックされます。

もちろん、全く審査を通過しないわけではありません。

しかし安定した収入と地位がある会社員と比べると、フリーランスは社会から信頼してもらいにくいのです。

【必見】SE転職がおすすめな3つの理由と成功のコツ・志望動機のポイントまで徹底解説

フリーランスのSE(システムエンジニア)の年収はどれくらい?

ちか

フリーランスのシステムエンジニアって、具体的にどれくらい稼げるものなんですか?

フリーランスのシステムエンジニアの年収は約600〜960万円となっています。

会社員のシステムエンジニアの年収は約550万円ほどなので、フリーランスの方が稼げると分かりますよね。

 

しかしフリーランスのシステムエンジニアの年収は、エンジニア自身のスキルや経験によって大きく変わります。

なかがわ

価値の高い技術力を持つシステムエンジニアの中には、年収1,000万円以上稼ぐ人もいるんですよ。

フリーランスとして高い年収をもらいたいなら、今から自分のスキルを磨くことがおすすめです。

SEの年収は1,000万?今より稼ぐ3つのスキルと高収入を目指す3つの方法

フリーランスSE(システムエンジニア)に必要な3つのスキル

フリーランスのシステムエンジニアには、働く上で3つのスキルが求められます。

順番に見ていきましょう。

フリーランスSE(システムエンジニア)に必要なスキル
  1. クライアントの信頼を裏切らない自己管理能力
  2. 求められた仕事を確実にできる高いIT技術力
  3. 仕事を円滑に進めるためのコミュニケーション能力

スキル1.クライアントの信頼を裏切らない自己管理能力

クライアントの信頼を裏切らない自己管理能力が、フリーランスのシステムエンジニアには必要となります。

フリーランスは好きな場所で好きな時間に働ける、自由度の高いところがメリットです。

しかし自由な分、「いつまでに何の仕事を終わらすのか」などのタスク管理ができないと、仕事になりません。

ちか

自己管理って、簡単なようで難しいですよね…。

私も一人で全ての仕事がちゃんとできるか、自信がないかも…。

もしクライアントとの約束を忘れて仕事をしなかった場合、収入が減るのはもちろん、クライアントからの信頼もなくなります。

一度クライアントを裏切ると、次の仕事が獲得しにくくなる危険性もあるので注意が必要です。

フリーランスのシステムエンジニアには、自分のやるべきことを確実に実行するスキルが求められます。

スキル2.求められた仕事を確実にできる高いIT技術力

フリーランスのシステムエンジニアは、顧客に求められた仕事を確実にできる高いIT技術力が必要となります。

フリーランスのシステムエンジニアに求められるのは、「即戦力なスキル」です。

そのため顧客が作りたいシステムを実現させるために、しっかりと結果を残せるエンジニアが重宝されます。

クライアントがフリーランスエンジニアと契約をするのは、人手が足りないからです。

なかがわ

それなのに、現場にエンジニアが来てできることが何もない状態だと、がっかりさせてしまいますよね。

どんな現場でも発揮できる高い技術力が、フリーランスのシステムエンジニアには求められます。

スキル3.仕事を円滑に進めるためのコミュニケーション能力

フリーのシステムエンジニアには、仕事を円滑に進めるためのコミュニケーション能力も重要です。

ちか

フリーランスって、仕事ができればOKなイメージがあったので意外ですね!

なかがわ

むしろ、フリーランスだからこそコミュニケーション能力が大切なんですよ。

フリーランスのシステムエンジニアは、

  • 自分のエンジニアとしての有用性を、顧客に対して具体的にアピールする
  • システム開発の際に、クライアントへ役に立つ提案をする
  • 同じ現場で働くエンジニアと上手く連携を取る

ということを行って、クライアントの信頼を得て仕事を獲得します。

フリーランスは個人の能力が商売道具なので、コミュニケーション力がないと仕事になりません。

そのためフリーランスのシステムエンジニアには、対人力が必要になります。

フリーランスのSE(システムエンジニア)に適正のある人の特徴2つ

ちか

フリーランスのシステムエンジニアに適正のある人ってどういう感じなんでしょうか?

なかがわ

フリーランスのシステムエンジニアに向いている人には、2つの特徴があります。

それぞれ解説しますね。

フリーランスのSE(システムエンジニア)に適正のある人の特徴
  1. いつも前向きでポジティブ
  2. 技術を常に磨き続ける継続力のある人

特徴1.いつも前向きでポジティブ

フリーランスのシステムエンジニアに適性のある人は、いつでもポジティブな人です。

フリーランスは、

  • 収入が不安定
  • いつ仕事がなくなるか分からない
  • 仕事に関わる全てを自分でやる必要がある

という点から、孤独や不安を感じやすくなります。

そのためポジティブな人の方が、たとえ仕事が減ったとしても「新しい現場に関わるチャンスだ!」と前向きに物事を考えて行動することが可能です。

ちか

どんな状況にも適応できるプラス思考が大切なんですね!

特徴2.技術を常に磨き続ける継続力のある人

技術を常に磨き続ける継続力のある人は、フリーランスのシステムエンジニアに向いています。

システムエンジニアが仕事で使っている技術は、日々新しいものへ進歩しています。

なかがわ

今は最新のスキルであっても、少し時が経てば新しいものに置き換わる場合も多いんですよ。

システムエンジニアへの適性があるのは、

  • 新しいものに興味を持ちやすい
  • 好奇心が旺盛
  • 真面目に勉強を続けることが苦にならない

という人です。

なので今自分の持っている能力に満足せず、最新の技術を勉強できる人はどんどんエンジニアとして成長できます。

未経験からSEになれる?成功する人の3つの特徴と独学におすすめな方法も解説

フリーランスのSE(システムエンジニア)が仕事を獲得する3つの方法

ちか

フリーランスのシステムエンジニアについては理解できたんですけど、そもそもフリーランスってどうやって仕事をもらっているんですか…?

なかがわ

会社員としての経験しかない場合、フリーランスの仕事を獲得するルートはイメージできないですよね。

ここでは、フリーランスのシステムエンジニアが仕事を取得する3つの方法を説明します。

フリーランスのSE(システムエンジニア)が仕事を獲得する方法
  1. クラウドソーシングサイトを利用する
  2. フリーランス向けのエージェントを使って仕事を紹介してもらう
  3. 仕事を持っている知り合いに案件を紹介してもらう

方法1.クラウドソーシングサイトを利用する

フリーランスのシステムエンジニアが仕事を獲得する方法のひとつに、クラウドソーシングサイトの利用が挙げられます。

ちか

クラウドソーシングサイトって何ですか?

初めて聞きました。

クラウドソーシングサイトは仕事を発注する側と受注する側が、インターネット上で希望条件を提示し合ってマッチングするサービスのことです。

クラウドソーシングサイトを利用して仕事を得た場合、利用者はサイトの運営側に仲介手数料を支払う必要があります。

しかし、クラウドソーシングサイトを使えば誰でも気軽に仕事を探すことが可能です。

フリーランスになりたての人や、副業で仕事を探す人によく利用されているサービスとなっています。

方法2.フリーランス向けのエージェントを使って仕事を紹介してもらう

フリーランス向けのエージェントを使えば、フリーランスのシステムエンジニアも仕事を紹介してもえます。

ちか

そんな便利なサービスがあるんですね!

レバテックフリーランスフリーランスエンジニア専門のエージェントとなっています。

レバテックフリーランスの特徴
  1. 業界トップクラスの案件を保有
  2. 高単価案件を紹介してくれる
  3. 業界に詳しいカウンセラーがサポート

レバテックフリーランスは、フリーランスの人に代わって営業をして案件を紹介してくれるサービスです。

 

そのためフリーランスは営業にかける時間を節約できる上、高単価案件も獲得できます。

なかがわ

案件、営業、経理など、全てを自分ひとりでやるフリーランスにはありがたいサービスです。

レバテックフリーランスを利用するメリット
  • 営業にかかる時間が削減できる
  • 高単価案件が見つかる
  • エンジニアの仕事だけに集中できる

方法3.仕事を持っている知り合いに案件を紹介してもらう

フリーランスのシステムエンジニアが仕事を獲得したければ、仕事を持っている知り合いに案件を紹介してもらうのも手です。

例えば、

  • 前職の企業で出会ったクライアントや知り合い
  • エンジニアの仲間
  • 異業種交流会などで出会った人

などの中には、システムエンジニアを探している人もいます。

そのため日ごろから人脈を広げていれば、システムエンジニアの仕事を振ってもらうことも可能です。

なかがわ

フリーランスとして過去に仕事をした現場での評価が高ければ、よりたくさんの案件を紹介してもらいやすくなります。

ちか

フリーランスになる前から、意識的に人と関わっていた方が良いんですね。

フリーランスのシステムエンジニアになるには企業でスキルを身につけてからがおすすめ

もしあなたがフリーランスのシステムエンジニアになりたければ、まずは企業に就職してスキルを身につけましょう。

フリーランスのシステムエンジニアに求められるのは、即戦力な高い技術力です。

高いスキルは企業で働く会社員として、様々な現場で経験を積み重ねることで習得できます。

実際の開発現場で技術を磨けば、フリーランスとして独立したときより高い収入を稼ぐことが可能です。

ちか

でも高いスキルが身に付く企業って、どうやって見極めればいいんでしょうか…?

システムエンジニアの働く会社はブラック企業も多いって聞いたことがあります。

なかがわ

システムエンジニアとして就職するとき、自分の実力が伸びる企業選びは大切です。

ちゃんと働きやすい会社を選びたければ、マイナビエージェントITのような転職エージェントを利用しましょう。

私達の知らない企業の情報などを教えてもらうことが可能です。

こちらの「SE(システムエンジニア)が大手の会社で働くには?ブラック企業を見極める3つのポイント」という記事では、システムエンジニアが働きやすい優良企業の特徴などを詳しく解説しています。

ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

未経験でもSE(システムエンジニア)になる2つの方法

ちか

未経験からでもシステムエンジニアになって、将来的にフリーランスになれるんでしょうか?

なかがわ

もちろんです!

今は技術力がなくても、頑張れば誰でもフリーランスのシステムエンジニアは目指せますよ。

ここでは、未経験からシステムエンジニアになる具体的な2つの方法を紹介します。

未経験からSE(システムエンジニア)になる方法
  1. プログラミングスクールでスキルを学んでから転職する
  2. IT業界に強い転職エージェントを使って転職する

1.プログラミングスクールでスキルを学んでから転職する

未経験からシステムエンジニアになりたければ、プログラミングスクールでスキルを学んでから転職しましょう。

プログラミングスクールで学習すれば、

  • システムエンジニアに必要な基礎的なスキルが身に付く
  • 技術を勉強していて分からない点があれば、講師に教えてもらえる
  • スクールによっては転職のサポートもしてくれる

というように、受講するメリットか豊富です。

なかがわ

以下におすすめのプログラミングスクールの比較表を用意しました。

プログラミングスクール選びの参考にしてくださいね。

金額受講期間リモート可おすすめな人
DMM WEBCAMP

¥ 628,000

3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポート

・確実に転職したい人
・ある程度の時間をかけてじっくり学習したい人
・学習期間は教室に通って勉強に集中できる人

GEEK JOB

無料

最短1ヶ月~
最長3ヶ月間

・エンジニアに転職したいけどスクール費用は高くて払えない人
・独学で挫折した人
・必ず転職する意思がある人

TECH::EXPERT

短期集中
スタイル

¥ 598,000

最短10週間〜

・エンジニアに転職したい人
・短期集中で技術を身に着けたい人
・働きながら学習を進めたい社会人

夜間・休日
スタイル

¥ 798,000

6ヶ月

TechAcademy

¥ 99,000〜

最短4週間〜

・スクールに通う時間のない人
・独学では上手く学べなかった人
・現役のエンジニアに学習をサポートして欲しい人

ちか

プログラミングスクールによって特徴が異なるんですね!

でもスクールそのもののイメージがまだ掴めないです…。

プログラミングスクールの雰囲気が想像しにくい人は、DMM WEBCAMPTECH::EXPERTの無料カウンセリングがおすすめです。

専門のカウンセラーにスクールの実態やエンジニア転職の相談ができます。

なかがわ

スクールの生の空気が分かった方が安心できるので、ぜひ足を運んでみてください。

2.IT業界に強い転職エージェントを使って転職する

IT業界に強い転職エージェントを使えば、未経験からでもシステムエンジニアになれます。

転職エージェントは、

  • ネット上の求人サイトに載っていない企業の情報を提供してくれる
  • 履歴書や職務経歴書を一緒に考えてくれる
  • 面接の練習をしてくれる

というように、求職者をサポートしてくれるのです。

最近は転職を考える人が増加しているので、転職エージェントの会社も増えています。

ちか

でも転職エージェントの数が多すぎて、どれを使って良いかよく分かりません…。

なかがわ

それでは、おすすめの転職エージェントを3つ紹介しましょう。

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

ちか

今紹介してくれた3つの転職エージェントの中だと、どこが一番良いんですか?

なかがわ

転職エージェントは、利用する人との相性が大切になります。

そのため、どこが一番かは人によって変わってくるんですよ。

転職エージェントの登録はどの会社も無料です。

なので3つの転職エージェント全てに登録をしておいて、自分が1番使いやすいと感じるエージェントを選んでください。

転職エージェントを上手く利用すれば、未経験からでもシステムエンジニアは十分に目指せます。

SE(システムエンジニア)に転職を考えるなら、まずは独学で技術を勉強すること

未経験でシステムエンジニアへ転職をしたいなら、最も大切なのは「システムエンジニアとして働きたいと思う気持ち」です。

なかがわ

でも転職活動する中で「やる気があります」と言うだけでは、想いは企業の採用担当へ届きません。

システムエンジニアへの転職活動で有効なのが、自分で実際にプログラミングを学習した経験です。

独学でもITエンジニア技術を勉強していれば、それがやる気の評価に繋がります。

システムエンジニアへの転職を考えるなら、まずは独学でIT技術の勉強をしてみてください。

最近では未経験でもプログラミングを学習しやすいように、

など、たくさんの勉強ツールがあります。

これら駆使すれば、誰でも手軽にプログラミングを学ぶことが可能です。

ちか

でも、独学でちゃんと勉強できるか不安なんですけど…。

もし独学での学習に自信がない人は、DMM WEBCAMPのようなプログラミングスクールの利用も検討すると良いかもしれませんね。

システムエンジニアになりたいならまずは独学でプログラミングを勉強してみて、その事実を企業へアピールしましょう。

フリーランスになっても、いきなり完全リモートで働くのは難しい…実績と交渉が大切

企業でシステムエンジニアとして働いて技術力を身につければ、フリーランスとして独立できます。

しかし独立してすぐに完全リモートで仕事をするのは、現実的に考えて難しいです。

システムエンジニアは仕事の中で、クライアントとのやりとりが必要な場面が多くなります。

そのため、ある程度は現場へ出勤して働くことが必要です。

とはいえシステムエンジニアとしての実績が高ければ、クライアントとの交渉次第で完全リモートで働くことも不可能ではありません。

フリーランスのシステムエンジニアにはクライアントとの関係性を築いたり、自分の希望の条件で交渉する能力も大切です。

フリーランスのシステムエンジニアになる前に副業で案件をやってみるのもおすすめ

システムエンジニアとしてのスキルが高ければ、フリーランスとして働くことが可能です。

でもいきなりフリーランスとして独立すると、仕事や環境の変化が大きく、心身ともに疲れてしまう可能性もあります。

ちか

確かに…。

独立してからすぐにフリーランスが合わないと感じてしまうと、また転職先を探さないといけなくなりますよね。

そのため会社に属して働いているうちに、副業でシステムエンジニアの案件をやってみるのもおすすめです。

フリーランスとして仕事を獲得するノウハウやタスク管理などを、少しずつ経験できますよ。

フリーランスのSE(システムエンジニア)として実績があると海外でも仕事ができる

フリーランスのシステムエンジニアになりたい人の中には、将来的に海外で仕事がしたいと考える人も多いです。

ちか

海外でいろんな人と関わりながら働けたら素敵ですね!

でもフリーランスのシステムエンジニアは、海外でも仕事を受注できるんでしょうか…?

フリーランスのシステムエンジニアとしての実力が高ければ、日本以外にいても仕事を受けることが可能です。

先ほども少し話しましたが、確かな実績とクライアントとの信頼関係があれば、完全にリモートで仕事ができます。

なかがわ

リモートで働く場所は海外でも大丈夫ですよ。

まとめ:フリーランスのSE(システムエンジニア)に必要なのは技術力だけじゃない

今回はフリーランスのシステムエンジニアのメリットやデメリット、必要なスキルなどについて詳しく解説しました。

フリーランスのシステムエンジニアにはITスキルだけでなく、

  • 自己管理能力
  • コミュニケーション能力
  • いつでも前向きなポジティブさ

など、様々な分野の総合的な力が重要です。

フリーランスのシステムエンジニアになりたければ、まずは企業でエンジニアとしての経験を積む必要があります。

ちか

私もフリーランスのシステムエンジニアになりたいので、まずは転職活動ですね!

なかがわ

システムエンジニアへ転職をするなら、レバテックキャリアのような転職エージェントを使ってくださいね。

しっかりと転職をサポートをしてもらえますよ!

SEの3つのやりがいを徹底解説!魅力は本当にあるの?