未経験からSEで成功したい!失敗しやすい人の特徴やおすすめの独学方法を解説

この記事でお伝えすること
  1. 未経験からSE(システムエンジニア)への就職がおすすめな3つの理由
  2. SE(システムエンジニア)で成功できる人の3つの特徴
  3. 未経験からSE(システムエンジニア)への転職を成功させたい人に求められる3つのこと
  4. 未経験からSE(システムエンジニア)になる方法と注意点

最近はIT業界の成長性の高さから、SE(システムエンジニア)やプログラマーを目指す人が増えています。

そんな中で、

「未経験からでもSE(システムエンジニア)になれる…?」

「SE(システムエンジニア)になりたいなら、年齢が若くないとムリ…?」

という疑問を抱える人も多いのではないでしょうか。

ちか

私もSE(システムエンジニア)に興味があるんですけど、IT業界での経験が何もなくて…。

未経験からのSE(システムエンジニア)って、実際はどうなんでしょうか?

なかがわ

何の知識もない業界を目指すのは勇気が必要ですよね。

では今回は、未経験からSE(システムエンジニア)への転職を成功させる方法などを解説します!

手に職をつけてSE(システムエンジニア)として働きたいけど、どうして良いか分からないと悩む人はぜひ読み進めてください。

 

また、今すぐに職場環境を変えたい!という方は、IT業界に特化した無料転職エージェントマイナビエージェントIT」・「レバテックキャリアなど複数のエージェントを活用するのがおすすめです。

なかがわ

と言うのも、大手転職サイト・リクナビの調査で、転職に成功した人は、「平均4.2社の転職エージェントを利用している」ということがわかったからです。

複数エージェントを利用するメリット
  • 相性の良い担当者と出会える確率が上がる
  • 1度に複数の企業に応募できる
  • 自分に合う求人を見つけられる・提案してもらえる

この記事で紹介しているエージェントは、全て無料で利用できます。

この機会に、ぜひ活用してみてください。

無料で活用できるIT業界特化の転職エージェント
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 高待遇・高収入の案件が多い
    TechClipsエージェント
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone
  5. 製造系エンジニアなら
    メイテックネクスト

SE(システムエンジニア)とはどういう仕事内容…?

ちか

SE(システムエンジニア)って、どういう仕事をしているんですか?

SE(システムエンジニア)とは、Webサービスを実現する方法を考えるエンジニアのことです。

SE(システムエンジニア)の仕事内容
  1. クライアントが作りたいシステムの内容を聞き出してまとめる「要件定義」
  2. 聞き出した要件を元に、どうやってサービスを実現するか考える「基本設計」
  3. 基本設計の内容を形にするための技術を選定する「詳細設計」
  4. 完成したシステムが不具合なく動くかチェックする「テスト」
  5. システムを納品した後に問題がないか管理する「運用・保守」

SE(システムエンジニア)が顧客とやりとりをしながらする仕事を「上流工程」と呼び、システム開発の基盤を支える重要な仕事となっています。

なかがわ

SE(システムエンジニア)は開発現場にいなくてはならない、大切な存在なんです。

SEってどんな職業?なるための3つの方法とキャリアパス、メリット・デメリットも解説!

未経験からSE(システムエンジニア)への就職・転職がおすすめな3つの理由

ちか

最近、エンジニアやプログラマーへの転職を目指す人が多いように感じます。

未経験からSE(システムエンジニア)になるメリットって、どんな点がありますか?

なかがわ

SE(システムエンジニア)やプログラマーは業界経験がない未経験の人にもおすすめの仕事ですよ。

ここでは、未経験からSE(システムエンジニア)への就職・転職がおすすめな理由を3つ紹介します。

未経験からSE(システムエンジニア)への就職・転職がおすすめな3つの理由
  1. 未経験からでも手に職をつけて働ける
  2. SE(システムエンジニア)は需要が大きいので社会に貢献できる
  3. 実力次第で年収が大きく上がる

1.未経験からでも手に職をつけて働ける

今からSE(システムエンジニア)への転職に成功すれば、一生モノのスキルを身につけられます。

最近はどんなに大手で有名な企業であっても、新卒で入社して一生安泰で働ける会社はほとんどありません。

なかがわ

昔から企業で導入されていた新卒からの終身雇用の崩壊は、ニュースでも話題になっていましたね。

そのため転職を考える人の多くは、「何があっても自分の力で生きていける能力が欲しい」と考えています。

SE(システムエンジニア)やプログラマーになれば、IT業界のどの会社に行っても通用する技術力を身につけることが可能です。

ちか

確かに自分に価値が揺るがないスキルがあれば、将来が安心ですね!

2.SE(システムエンジニア)は需要が大きいので社会に貢献できる

SE(システムエンジニア)は需要が大きいため、未経験からの転職におすすめです。

最近ではAIやIoTなど、社会の仕組みを便利にするサービスはどんどん増えています。

そしてさらに多くのシステムが、今後の私達の仕事や暮らしに必要です。

なかがわ

お掃除ロボットや電子マネー、ATMなど、みなさんの身近にもシステムを利用する場面はたくさんありますよね。

その一方で、現在IT業界は少子高齢化の影響も受けて、人手不足が深刻化しています。

今のままでは社会に求められるサービスを、適切に提供ができません。

なのでSE(システムエンジニア)になれば、社会に欠かせないモノづくりに関わることが可能です。

ちか

SE(システムエンジニア)の仕事を通して社会の役に立てるのは嬉しいですね!

3.実力次第で年収が大きく上がる

実力次第でより多くのお金が稼げるのが、未経験からSE(システムエンジニア)になるメリットです。

エンジニアは個人のスキルを活かす仕事なので、完全に実力主義な世界となっています。

そのため、

  • SE(システムエンジニア)としてのスキルを高める
  • 様々な現場を体験する
  • 開発チームをまとめるマネジメント能力を身につける

というように努力をすれば、適切に評価がされて年収が大きく上がるのです。

SE(システムエンジニア)は未経験からであっても、高い技術力があれば年収1,000万円も夢ではありません。

なかがわ

自分のスキルで勝負したい人は未経験でも、SE(システムエンジニア)になればガッツリ稼げますよ。

SEの年収は1,000万?今より稼ぐ3つのスキルと高収入を目指す3つの方法

SE(システムエンジニア)のスキルが高ければフリーランスとしても成功できる

SE(システムエンジニア)としてのスキルが高ければ未経験からでも、フリーランスとして独立することが可能です。

高い技術力を持つSE(システムエンジニア)がフリーランスになれば、

  • 場所や時間にとらわれずに働ける
  • 自分のやりたい仕事ができる
  • 会社員よりも稼げる

というように、自由度の高い働き方ができます。

ちか

でも、フリーランスって仕事を探すのが大変じゃないんですか?

なかがわ

もちろん簡単ではありませんが、最近ではフリーランスに仕事を紹介してくれるサービスもあるんです。

レバテックフリーランスフリーランスエンジニア専門のエージェントとなっています。

レバテックフリーランスの特徴
  1. 業界トップクラスの案件を保有
  2. 高単価案件を紹介してくれる
  3. 業界に詳しいカウンセラーがサポート

レバテックフリーランスは、フリーランスの人に代わって営業をして案件を紹介してくれるサービスです。

 

そのためフリーランスは営業にかける時間を節約できる上、高単価案件も獲得できます。

なかがわ

案件、営業、経理など、全てを自分ひとりでやるフリーランスにはありがたいサービスです。

レバテックフリーランスを利用するメリット
  • 営業にかかる時間が削減できる
  • 高単価案件が見つかる
  • エンジニアの仕事だけに集中できる

SE(システムエンジニア)は確かな実力があれば、フリーランスエンジニアとして収入を上げられます。

【3分でわかる】フリーランスのSEになる4つのメリットと仕事の獲得方法3つを紹介

SE(システムエンジニア)への転職を成功させた実例を紹介

ちか

SE(システムエンジニア)への転職を成功させた実例を知りたいです…!

ここでは、10年以上ぶりに転職活動をした方や、未経験から転職を成功させた方の実例をご紹介します。

SE(システムエンジニア)への転職を成功させた実例
  1. アプリケーションエンジニアからSEへの転職を成功させた実例
  2. 社内SEから開発に関わるSEへの転職を成功させた実例
  3. 未経験からSEへの転職を成功させた実例

実例1.アプリケーションエンジニアからSEへの転職を成功

Q.転職を考えたきっかけは何ですか?

キャリアアップによる給与、手当等の増額を期待して転職を検討しました。また単一原料製品にとらわれず多彩な原料、製品を取り扱うことによりこれまで以上に顧客ニーズに対応できる環境を求めて検討を進めました。その他、将来の不安を払拭するためにこれまで以上に安定した企業、複数の事業基盤を有する企業を求めて転職活動を進めました。

1つ目の実例は、マイナビエージェントを使ってSE(システムエンジニア)への転職を成功させた方のものです。

この方は、以下などの目的で転職を検討されたとのこと。

  • キャリアアップにより給与、手当を増やすため
  • より多くの顧客ニーズに対応できる職場環境で働くため
  • 複数の事業基盤を有す安定した企業で働くため

10年以上ぶりに転職活動をしたとのことですが、キャリアアドバイザーのアドバイスのおかげで自信を持って選考に臨めたようです。

なかがわ

転職エージェントでは、無料で書類の添削や面接対策をしてもらえますよ!

マイナビエージェントには、ITに特化したサービスマイナビエージェントITもあります。

IT業界専門のアドバイザーからサポートを受けたい方は、うまく活用するとよいでしょう。

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

実例2.社内SEから開発に関わるSEへの転職を成功

社内SEとして5年弱従事するも「この先このままでいいのか」と思い悩み、プログラミングを学ぼうと決意して退職。侍エンジニア塾にて学習をし、現在は福岡のベンチャー企業でプログラマーとして活躍中。

2つ目は、プログラミングスクール「侍エンジニア塾」を使って開発に関わるSEへの転職を成功させた方の実例です。

この方は元々、東京の物流会社で社内SEとして働いていたとのこと。

しかし実際の業務は社内のヘルプデスク対応などで、将来に不安を感じてプログラミングの学習を始められたそうです。

ちか

社内SEでもプログラミングを使わないことがあるのですね…!

なかがわ

特定の会社では働けても、ほかの会社で通用するスキルは身につきませんよ。

プログラミングスキルの習得は苦戦したようですが、無事に転職を成功させて開発に関わる仕事をされています。

社内SEを続けるよりも、スキルを身につけて転職したのは良い判断だったと言えるでしょう。

未経験から独立まで徹底サポート‼

実例3.未経験からSEへの転職を成功

新卒で人工衛星開発を事業としていた企業で約5年勤めたが、この企業での自分のキャリアに疑問を感じ、もともと興味があったプログラミングを学習することを決意。教室に通学するスタイルのスクールに通うも仕事や急用で時間の都合をつけられず思うようにスキルアップができなかったこともあり、今回オンラインスクールのTechAcademy就職予備校 Javaエンジニアコースを受講した。

最後に紹介するのは、プログラミングスクール「TechAcademy」を使って未経験からSEへの転職を成功させた坂下さんの実例です。

この方は一度教室に通うタイプのスクールで失敗したため、時間に融通が効くオンラインスクールを利用されたとのこと。

各レッスンに課題があったことで楽しく学習でき、カリキュラムも前倒しで終わったようですよ。

そして担当コンサルタントのキャリアサポートを受け、第一志望の会社から無事内定をもらえたそうです。

なかがわ

コンサルタントは社内の雰囲気や特徴など、リアルな会社の情報も教えてくれますよ。

今後は手に職を付けて、会社に依存しなくていい状態を作っていきたいとのこと。

未経験からでもSE(システムエンジニア)に転職できることがわかる良い実例でしょう。

マンツーマンで実践的スキルを習得する

SE(システムエンジニア)で成功できる人の3つの特徴

ちか

SE(システムエンジニア)って、どういう人が向いているんですか?

SE(システムエンジニア)に向いている人の特徴は主に3つあります。

それぞれ順番に見ていきましょう。

SE(システムエンジニア)に向いている人の3つの特徴
  1. 物事を論理立てて考えるのが得意な人
  2. 新しい技術に興味を持って学習できる人
  3. コミュニケーション能力の高い人

特徴1.物事を論理立てて考えるのが得意な人

未経験でもSE(システムエンジニア)として成功できるのは、物事を論理的に考えるのが得意な人です。

なかがわ

SE(システムエンジニア)が行う開発は、物事をきちんと筋道立てて考えないと上手くいきません。

例えば、クライアントから作っているシステムに追加で機能を入れて欲しいと言われたとします。

このとき最初に設計したシステムから変更したら、「どこに影響が出て、何が起きる可能性があるか」まで思考を巡らせることが必要です。

ロジカルに事象を考えられないと、開発の途中やシステムのリリース後に重大な不具合が生じる危険性もあります。

すると、クライアントだけでなくシステムのユーザーにまで迷惑をかけてしまうのです。

ちか

設計を筋道立てて細かく考えないと、自分の会社以外に被害が及ぶんですね…!

論理立てて考える力が長けている人は、未経験であってもSE(システムエンジニア)として成功できると言えます。

特徴2.新しい技術に興味を持って学習できる人

新しい技術を学習し続ける好奇心旺盛な人も、SE(システムエンジニア)として成功できます。

エンジニアが開発に使う技術は、日々新しいものへ進歩していくのが特徴です。

なかがわ

去年までは最新だった技術も、1年経てば現場であまり使われない場合もあるんですよ。

そのため、一度覚えたスキルだけで一生開発の仕事ができるわけではありません。

エンジニアとして成功するためには、常に新しい情報をキャッチアップして学習する必要があります。

新しいものが好きで興味を持って勉強できる人は、SE(システムエンジニア)の仕事を楽しみながら努力できるでしょう。

特徴3.コミュニケーション能力の高い人

SE(システムエンジニア)は、コミュニケーション能力が高い人にも適正があります。

ちか

エンジニアってあまり人と話すイメージがなかったんで、意外ですね!

なかがわ

確かにエンジニアと聞くと、一日中パソコンでプログラミングをしている印象が強いかもしれません。

しかしSE(システムエンジニア)は実際の開発現場で、

  • クライアントの作りたいもののヒアリングをする
  • 他のエンジニアと進捗の確認をする
  • ディレクター職との連携を取る

などと、人との円滑な会話が必要な場面も多くあるのです。

SE(システムエンジニア)が上手く周りの人と話せないと開発が滞ったり、システムに不具合が生じる原因にもなります。

SE(システムエンジニア)として成功するには、コミュニケーション力が重要です。

特に未経験からSE(システムエンジニア)になる場合は、コミュニケーション力は必須となってきます。

SE(システムエンジニア)への転職で失敗しやすい人の3つの特徴

ちか

反対に、SE(システムエンジニア)に向いていない人の特徴はありますか?

以下に当てはまる人は、SE(システムエンジニア)への転職で失敗しやすいです。

SE(システムエンジニア)への転職で失敗しやすい人の特徴
  1. 協調性がなく他人と協力して業務を行えない人
  2. 地味な作業に耐えられない人
  3. 転職先を自分の目標実現の場所だと考えている人

それぞれ確認していきましょう。

協調性がなく他人と協力して業務を行えない人

協調性がない人は、SE(システムエンジニア)への転職で成功しにくいです。

ちか

SE(システムエンジニア)の開発現場では、コミュニケーション力が求められるのでしたね!

なかがわ

業務を円滑に進めるためには、チームで協力することが必須ですよ。

未経験の方はイメージしにくいかもしれませんが、SE(システムエンジニア)の仕事は1人だけでは完結しません。

他人と協力して業務を行えない人は、周囲にも迷惑をかけてしまいます。

協調性がない人は、SE(システムエンジニア)に向いていないと言えるでしょう。

地味な作業に耐えられない人

コツコツ行う地味な作業に耐えられない人も、SE(システムエンジニア)への転職では成功しにくいです。

SE(システムエンジニア)の仕事は、すぐに成果が出ることばかりではありません。

なかがわ

トラブルの原因を突き止めるために、1日中PCに張り付くことも珍しくないですよ。

PC1つでスタイリッシュに働くイメージを持っている人も多いかもしれません。

ですが、実際は泥臭い作業もコツコツと行っているのです。

地味な作業が苦手な人には、適正がない仕事と言えるでしょう。

転職先を自分の目標実現の場所だと考えている人

SE(システムエンジニア)転職で失敗しやすい人の特徴として、転職先を自分の目標実現の場所だと考えていることもあげられます。

会社は、各個人の夢や目標を実現するために存在しているわけではありません。

会社に貢献し、利益を生む人材を求めています。

ちか

「自己実現できる」と伝えても、会社に貢献できない人材は採用しようと思ってもらえないですもんね…!

希望の会社で働くことで、自分の目標を達成できる場合もあるでしょう。

しかし、希望の会社で働くためには、そもそも会社に貢献できる人材であることが求められます。

なかがわ

自分のメリットではなく、会社の利益を優先してアピールすることが大事ですね。

SE(システムエンジニア)への転職を成功させたいなら、「会社にどう貢献できるか」を意識して伝えるようにしましょう。

未経験からSE(システムエンジニア)はきつい?目指すデメリットはあるのか

ちか

ここまでの話を聞くと、SE(システムエンジニア)は手に職をつけてしっかり稼げる良い仕事のように感じます。

でも、SE(システムエンジニア)はきついって噂も聞くんですけど…。

なかがわ

そうですね。

確かに未経験からSE(システムエンジニア)になるなら、気をつけないと仕事がきついブラック企業に入社する危険性もあるんです。

SE(システムエンジニア)が働く会社の中には、

  • 残業が当たり前のようにある
  • 休日出勤を強いられる
  • 残業代が出ず給料が低い

というような、働きにくい企業が多く存在します。

そのため未経験からSE(システムエンジニア)への転職を考えるなら、就職先にブラック企業を選ばないよう注意が必要です。

ちか

でもブラック企業の見極めなんて、素人にできるのでしょうか…?

なかがわ

転職やIT業界の知識がないと、なかなか難しいかもしれませんね。

そんな「SE(システムエンジニア)になりたいけど、ブラック企業では絶対に働きたくない!」という人におすすめなのが、転職エージェントです。

転職エージェントを使って転職活動をすれば、専門のキャリアアドバイザーがネットだけでは集められない企業の詳しい情報を教えてくれます。

そのため未経験の人がSE(システムエンジニア)になる場合には、より転職エージェントの重要性が高まっていきます。

特にマイナビエージェントITレバテックキャリアはIT業界専門の転職エージェントなので、未経験からSE(システムエンジニア)への転職を成功させたい人はぜひ一度試してみてくださいね。

使えるサービスは最大限に活用して、働きやすい企業のSE(システムエンジニア)を目指しましょう。

【知らなきゃ危険】システムエンジニアが激務できつい3つの原因!SEに向いている人の特徴・性格を解説

未経験からSE(システムエンジニア)への転職を成功させたい人に必要な3つのこと

ちか

未経験からSE(システムエンジニア)になるとしたら、どういう人が求められるのでしょうか?

なかがわ

経験のない人がSE(システムエンジニア)を目指すとき、大切なポイントが3つあります

未経験からSE(システムエンジニア)への転職を成功させたい人に必要な3つのこと
  1. 教えられたことを吸収する素直さ
  2. わからないことは自分で解決できる能力
  3. 将来のビジョンが明確かどうか

未経験のSE(システムエンジニア)に求められる3つの点を、順番に見ていきましょう。

1.教えられたことを吸収する素直さ

未経験のSE(システムエンジニア)に求められるのは、教えられたことを吸収する素直さです。

今までやったことのない仕事を始める場合、最初は覚える内容が多すぎて大変だと思います。

しかし未経験のSE(システムエンジニア)には、

  • 人から教わったことは素早く自分のモノにする
  • 上司の指示を的確に捉えて行動する

というように、少しでも早い成長が求められるのです。

なかがわ

せっかく先輩に教わったスキルも、覚えられずにすぐ忘れるようではSE(システムエンジニア)として成功できません。

学んだことを素直に吸収して仕事に活かせる能力が、未経験のSE(システムエンジニア)には必要です。

2.わからないことは自分で解決できる能力

分からない点は自分で解決できるスキルも、SE(システムエンジニア)として成功するために必要です。

未経験からSE(システムエンジニア)として働く現場へ行ったら、仕事は先輩が教えてくれる場合が多くなります。

なかがわ

でも、IT業界は人が足りていないので常にマンツーマンで教育をしてはもらえません。

ネットや本を利用して解決できる疑問点は、自分で調べる必要があります。

なので、一人である程度は問題を解消できる人の方が、

  • エンジニアとしての成長性が期待できる
  • 教育にかかるコストパフォーマンスが高い

という点から重宝されます。

未経験からSE(システムエンジニア)への転職であっても、これらの点で期待できる人材は評価されやすいです。

もちろん調べて分からない点はそのままにせずに、人へ聞く姿勢も大切となってきます。

ちか

まずは調べて解決できない場合は聞く、という流れができる人がSEとして成功できるのですね!

3.将来のビジョンが明確かどうか

未経験のSE(システムエンジニア)には、将来の明確なビジョンを持っていることが大切になります。

何の経験もスキルもない人を採用するのは、企業が転職者に「将来性」を感じているからです。

「教育してもすぐに辞めそう」「スキルを身につける貪欲さがないな」と採用担当に判断されると、いくら人材が少ないIT業界でも未経験者に内定を出しません。

そのため、

  • SE(システムエンジニア)としてやりたいことは何か
  • 5年後、10年後にどういう姿になっていたいか
  • 作ってみたいサービスはあるのか

という、はっきりとした目標を持っている方が評価されやすいです。

未経験からSE(システムエンジニア)への転職を成功させたいなら、未来まで詳しく考えることをおすすめします。

未経験からSE(システムエンジニア)のキャリアを築ける!独学で勉強する方法を徹底解説

ちか

未経験からSE(システムエンジニア)を目指したい人は、いきなり転職活動に入っても大丈夫なんでしょうか?

なかがわ

もちろん、企業によってはすぐに採用される場合もあります。

でも未経験者を誰でも採用しているような会社は、ブラック企業の確率が高いです。

なので未経験からSE(システムエンジニア)になりたいなら、まずは独学でも良いのでIT技術を勉強しましょう。

1.オンラインのプログラミング教材を利用する

未経験者がSE(システムエンジニア)になるために独学でITスキルを学ぶには、オンラインのプログラミング教材がおすすめです。

最近は、オンラインで簡単にプログラミング技術を習得できるツールやプログラマーのためのプログラム教材がたくさんあります。

おすすめのオンラインプログラミング教材

なかがわ

サイトの色やキャラクターなど、視覚的に理解しやすいので多くの人に使われているんですよ。

有料の教材でも一部無料で利用できるものもあります。

ぜひ一度、気軽に試してみると良いでしょう。

SE(システムエンジニア)が向いているかどうかも、勉強を通してチェックできます。

2.SE(システムエンジニア)持っていると有利な資格を取得する

未経験者がSE(システムエンジニア)への転職を成功させたいなら、持っていると有利な資格の取得もおすすめです。

ちか

未経験者でもエンジニアの資格が取れるんですか?

なかがわ

はい。

未経験でSE(システムエンジニア)の実務経験がなくても、学習すれば取れる資格もたくさんあります。

未経験のSE(システムエンジニア)におすすめな資格
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • オラクルマスター

資格の取得は、未経験者が自分の実力を可視化するために有効です。

また、持っていると給料に資格手当てが支払われる会社もあります。

未経験からSE(システムエンジニア)への転職を成功させたいなら、取っておいて損はありません。

3.SE(システムエンジニア)におすすめの本で学習する

技術書を利用すれば、独学でSE(システムエンジニア)のスキルを習得することが可能です。

最近では、本屋にたくさんのエンジニアの技術書が置いてあります。

ここでは特におすすめの本を3つ紹介しますね。

なかがわ

スキルを勉強し始める際の参考にしてください。

SEの基本 この1冊ですべてわかる

「SEの基本 この1冊ですべてわかる」という本は、未経験からSE(システムエンジニア)を目指す人におすすめです。

この本では、

  • SE(システムエンジニア)に必要なスキル
  • 一人前のシステムエンジニアになる方法
  • 開発を円滑に進めるために必要なこと

など、SE(システムエンジニア)に重要なポイントが凝縮されています。

なかがわ

SE(システムエンジニア)にはプログラミング能力だけでなく、コミュニケーション力やマネジメント力などが必要なことまで幅広く書かれていますよ。

SE(システムエンジニア)を目指す人や現役で働く人にも為になる本です。

特に未経験の方や、新卒のSE(システムエンジニア)の人が多く読むような本なので、非常に参考になると思います。

プログラムはなぜ動くのか

SE(システムエンジニア)におすすめな本の2つ目は、「プログラムはなぜ動くのか」です。

エンジニアやプログラマーが書いたプログラムが、コンピュータの中でどういう処理を経て動いているかを解説しています。

この本は分かりやすい図解を用いて様々な説明されているので、未経験者であっても理解しやすいです。

なかがわ

何となく書いたコードを動かすSE(システムエンジニア)よりも、プログラムが動く仕組みまで理解できているSE(システムエンジニア)の方が現場では求められます。

初学者や未経験者だけでなくSE(システムエンジニア)としての価値を高めたい人は、一度読むべき良書です。

若手ITエンジニア 最強の指南書

未経験からSE(システムエンジニア)を目指すなら、「若手ITエンジニア 最強の指南書」を読んでみてください。

この本は、

  • ITの技術の基礎を学ぶ「テクノロジー編」
  • システム開発の基本を習得する「エンジニアリング編」
  • チームをまとめるスキルについて書いた「マネジメント編」
  • 仕事を上手く進めるための知識を学習する「ヒューマンスキル編」

の4つの分野から成り立っています。

どれもSE(システムエンジニア)には必須の知識です。

この本では入社3年目(第二新卒)までのSE(システムエンジニア)が知っておくべきスキルを、図解と一緒に分かりやすく解説しています。

そのためこの1冊で、ITエンジニアの技術の大切なポイントを一通り押さえることが可能です。

未経験からSE(システムエンジニア)を目指す際には年齢で転職成功の難易度が変わる

ちか

独学でエンジニアのスキルを勉強すれば、未経験でもシステムエンジニアへ転職できますか?

なかがわ

そうですね。

スキルに対して何の勉強もしていない人と比べると、勉強した未経験者は有利に転職することが可能です。

ただ、転職するときの年齢で転職成功の難易度が変わってきます。

〜26歳までだと新卒、中途ともにポテンシャル採用している企業が多い

26歳までだと、未経験からでもポテンシャル採用をしている企業がたくさんあります。

そのため、SE(システムエンジニア)になりたいならなるべく若いうちに転職しましょう。

一般的に、転職による中途採用者に求められるのは「即戦力」なことです。

しかし、IT業界は人が不足しているので未経験であっても雇ってくれる会社はあります。

なかがわ

このとき、未経験で採用する代わりに求められるのが「若さ」です。

若い人の方が、

  • 素直で教育しやすい
  • 長期的なキャリアを形成しやすい

という点からSE(システムエンジニア)への転職で有利となります。

企業の中には中途採用をする人に、年齢制限を設けている会社も多いです。

なので26歳以下の人が未経験からSE(システムエンジニア)への転職を成功させたいなら、早めに行動してください。

26歳以下は第二新卒として転職できる

26歳以下の大きなメリットは、第二新卒としてSE(システムエンジニア)に転職できるところです。

第二新卒とは新卒1~3年目の人たちを指す言葉で、26歳以下の人であれば「第二新卒である」ということを上手く使って転職することが可能になります。

もちろん高卒で就職した人であっても第二新卒の適応となるので、未経験のSE(システムエンジニア)転職において上手く立ち回ることは可能です。

先程も解説したように26歳以下は「即戦力」というより、「将来のポテンシャル」で採用されることが多いです。

そのため第二新卒の枠内である26歳以下の人は、例え未経験であってもSE(システムエンジニア)への転職を有利に進めることが出来ます。

「若さ」というのは転職市場においてそれだけでも武器となりえるので、未経験からSE(システムエンジニア)への転職を成功させたい人は、第二新卒を上手く活用するようにしましょう。

27歳〜29歳だと努力次第!独学やプログラミングスクールを検討する

ちか

26歳以上の人は、未経験からSE(システムエンジニア)にはなれないのでしょうか…?

なかがわ

そんなことはありません。

26歳以下の人(第二新卒)に比べたら採用率は下がりますが、十分SE(システムエンジニア)を目指せますよ。

ただ、未経験で何の知識もない状態だと難しいです。

そのため27歳〜29歳の人が未経験からSE(システムエンジニア)になりたければ、まずはプログラミングスクールでスキルを身につけましょう。

プログラミングスクールに通えば、

  • SE(システムエンジニア)に必要な技術を身につけられる
  • 勉強する中で分からない点は講師が教えてくれるので、効率よく学習できる
  • 学んだ内容が転職活動のときに実績として評価してもらえる

というように、受講するメリットが豊富です。

なかがわ

プログラミングスクールで学んだ経験があれば、26歳以上でもSE(システムエンジニア)に採用されます。

ちか

そうなんですね!

おすすめのプログラミングスクールってどこになるんでしょうか…?

以下に、おすすめなプログラミングスクールの比較表を用意しました。

プログラミングスクール選びの参考にしてくださいね。

スクール
エンジニア
DMM
WEBCAMP
Tech
Academy
TECH
CAMP
どんな人に
おすすめ?

転職したいけど
お金がない人
(転職コース)

経験が少なくても
確実に転職
したい人
スクールに通う
時間のない人
働きながら学習を
進めたい社会人
金額実質無料〜
¥128,000
¥ 628,000¥ 99,000~¥ 648,000
受講期間最短4週間~3ヶ月最短4週間~最短10週間~
リモート
公式サイト

現役エンジニアに相談するチャンス
エンジニアのスキルが上がらないなら、今すぐ無料の侍エンジニア塾のオンラインレッスンに応募することをおすすめします。

 

たった1回の講義であなたのスキルが大幅に向上するキッカケになるはずです...!!!

さらに今なら総額5000円分のAmazonギフト券がもらえる特典付き。
無料講義が満席になる前に今すぐチェックしてみてください。

 

侍エンジニアはオンラインでも受講可能!!


▲お悩み相談だけでもOK!!▲

【公式サイト】https://www.sejuku.net/

ちか

プログラミングスクールによって特徴や料金など、様々なんですね!

なかがわ

そうですね。

なので、自分に一番合っていそうなプログラミングスクールを選びましょう。

もしプログラミングスクールの雰囲気が知りたいと思う人は、

などへの申し込みがおすすめです。

プログラミングスクールで技術を身につければ、26歳以上で業界未経験の人でもSE(システムエンジニア)への転職を成功させられます。

30歳以上だとプログラミングスクールや転職エージェントの利用が重要!

ちか

30歳以上だと、未経験からのSE(システムエンジニア)への転職はできないんですか?

なかがわ

いいえ。

本人のやる気と能力次第では、何歳であってもSE(システムエンジニア)を目指せますよ。

しかし30歳以上でのSE(システムエンジニア)への転職は、第二新卒や20代に比べて採用率はぐっと下がって厳しくなります。

そのため、効率よく転職ができる情報を集めての行動が大切です。

転職エージェントを利用すれば、30歳以上の未経験者でもSE(システムエンジニア)に転職できます。

転職エージェントは、

  • 転職する人の希望する仕事のヒアリング
  • 求人サイトにはない採用情報の紹介
  • 採用の選考に必要な書類や面接の対策

など、転職に必要なサポートを無料で行ってくれるサービスです。

最近は転職する人が増えているので、転職エージェントの数も多くなっています。

なかがわ

なので、どの転職エージェントを選べば良いか迷う人もいるでしょう。

ここではおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。


エージェントマイナビ
エージェントIT
レバテック
キャリア
Midworks
どんな人に
おすすめ?
スキルに
自信がない人
専門的な
アドバイスを受け
転職したい人
スキルに
自信がある人
推定年収240~1200万300~1500万500~1300万
案件数約12,000件約2,500件約3,000件
未経験
公式サイト

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT))などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「Midworks

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)はフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

ちか

どの転職エージェントも魅力的ですね…。

ひとつだけ登録するならどのエージェントでしょうか?

なかがわ

転職エージェントは利用する人との相性で、一番良いと感じる会社が異なります。

そのため3つ全てに登録して、自分が一番使いやすいと思う転職エージェントを選んでください。

転職エージェントの登録は、どの会社も無料です。

30代の人が未経験からSE(システムエンジニア)になりたければ、転職エージェントを有効に使いましょう。

未経験からSE(システムエンジニア)への転職を成功させるためには志望動機が大切

ここまで未経験からSE(システムエンジニア)に向いている人や、未経験からSE(システムエンジニア)になるために大切なことに関して解説してきました。

今まで解説してきた内容にプラスして、未経験からSE(システムエンジニア)になるときに大切なのは志望動機です。

ちか

未経験からSE(システムエンジニア)になるには、志望動機も大切なんですか?

なかがわ

もちろん。

むしろ未経験からSE(システムエンジニア)になるには、志望動機こそ大切です。

どんな転職であっても志望動機は企業が人材を判断するのに大切な指標となってきます。

未経験からSE(システムエンジニア)への転職を目指す場合も例外ではなく、むしろ未経験からSE(システムエンジニア)への転職だからこそ大切だと言えます。

元々SE(システムエンジニア)として働いている人の志望動機は、

  • 会社の待遇が悪い
  • 人間関係が上手くいかない

などが志望動機となってきます。

そのため元々SE(システムエンジニア)として働いていた人の転職の軸は明確なので、企業が転職者を見極めるポイントも明確です。

しかし未経験からSE(システムエンジニア)に転職する場合は、「待遇」や「人間関係」とは別の転職理由がないといけません。

未経験からSE(システムエンジニア)に転職する人は、全くの業界未経験なのでそれ以外の志望動機が必要になってきます。

  • 未経験業界で働く熱意
  • SE(システムエンジニア)を選んだ理由
  • 新しいことに挑戦する気持ち

これらが転職する際の志望動機に入って来なければならないのです。

その点転職エージェントでは志望動機まで一緒に考えてくれるので、未経験からSE(システムエンジニア)への転職を成功させたい人にとっては非常に有効な手段といえます。

まとめ:未経験からSE(システムエンジニア)は十分目指せる!今すぐ技術を勉強しよう

今回は、未経験からSE(システムエンジニア)への転職を成功させる方法などを解説しました。

未経験 SE(システムエンジニア)のまとめ
  1. SE(システムエンジニア)になれば、手に職をつけてお金が稼げる
  2. 未経験からSE(システムエンジニア)への転職を成功させるには、独学でのスキルの勉強が必須
  3. 26歳以下だと未経験でもSE(システムエンジニア)に採用されやすい
  4. 27歳〜29歳だとプログラミングスクールで学習してからの転職がおすすめ
  5. 30歳以上でも転職エージェントを使えば十分転職できる

未経験からSE(システムエンジニア)への転職は、何の苦労もなしには成功しません。

今からSE(システムエンジニア)になりたければ、IT技術を習得する努力が重要になります。

プログラミングスキルを身につけるには、

  • オンライン教材や本での独学
  • 資格の取得
  • プログラミングスクールでの学習(おすすめは侍エンジニア塾

などが効果的です。

ちか

未経験からSE(システムエンジニア)になれると知れて安心しました!

私もまずは、プログラミングスクールで勉強をしてみようと思います!

なかがわ

さっそく行動できて素晴らしいですね。

SE(システムエンジニア)として活躍できるように頑張ってください!

SEの3つのやりがいを徹底解説!魅力は本当にあるの?