SEだけは「やめとけ」と言われる4つの理由とブラック企業を避ける方法

この記事でお伝えすること
  1. SE(システムエンジニア)が「やめとけ」と言われる4つの理由
  2. SE(システムエンジニア)がブラックな会社を避けるための4つのポイント
  3. ブラック企業に遭遇したときの対処法

最近は手に職をつけたい人が多く、システムエンジニアへ転職を考える人が増えています。

ちか

システムエンジニアに興味があるんですけど、調べると「やめとけ」って話がいっぱい出てくるんです…。

転職は避けた方が良いのでしょうか…?

なかがわ

インターネット上にはさまざまな情報があります。

IT業界に詳しくないと、選択に迷ってしまいますよね。

そこで今回は、

「システムエンジニアだけはやめといた方が良い理由はなに…?」

「ネット上のシステムエンジニアに対する噂は本当…?」

という疑問を解決します。

この記事を読めば、システムエンジニアに転職すべきかが分かるようになりますよ!

「システムエンジニアになりたいとけど、転職して失敗はしたくない…!」という人は、ぜひ読み進めてくださいね。

SE(システムエンジニア)の仕事内容とは…?

ちか

システムエンジニアの仕事内容って、どういう感じなんですか?

システムエンジニアとは、Webサービスを実現する方法を考えるエンジニアです。

システムエンジニアの仕事内容
  1. クライアントが作りたいシステムの内容を聞き出してまとめる「要件定義」
  2. 聞き出した要件を元に、どうやってサービスを実現するか考える「基本設計」
  3. 基本設計の内容を形にするための技術を選定する「詳細設計」
  4. 完成したシステムが不具合なく動くかチェックする「テスト」
  5. システムを納品した後に問題がないか管理する「運用・保守」

システムエンジニアが顧客とやりとりをしながらする仕事を「上流工程」と呼び、システム開発の基盤を支える重要な仕事となっています。

なかがわ

システムエンジニアは開発現場にいなくてはならない、大切な存在です。

SEってどんな職業?なるための3つの方法とキャリアパス、メリット・デメリットも解説!

SE(システムエンジニア)が「やめとけ」と言われる4つの理由

ちか

システムエンジニアに興味を持って調べると、「やめとけ」みたいなネガティブな意見も多いんですよね…?

どうしてなんでしょうか?

なかがわ

システムエンジニアに関する悪い噂がある原因は4つ考えられます。

SE(システムエンジニア)が「やめとけ」と言われる4つの理由
  • 残業が多くてプライベートな時間がない
  • 給料が低く、残業代が出ないケースもある
  • 納期が近いと心身ともに消耗する
  • 同じ仕事ばかりだとスキルが身につかない

ここでは、システムエンジニアが「やめとけ」と言われる4つの理由をお話しますね。

理由1.残業が多くてプライベートな時間がない

システムエンジニアがやめとけと言われるのは、残業によって自分の時間を確保できない人が多いからです。

IT業界は人が不足しているので、システムエンジニアは毎日多くの仕事をする必要があります。

そのため仕事を終わらせるために、

  • 長時間の残業が求めれられる
  • 休日出勤を強いられる
  • 予定があっても仕事のために変更する

というように、プライベートな時間を削ってまで仕事をする場合もあるのです。

仕事のせいで自分の使える時間が減る会社も多いので、システムエンジニアは敬遠されます。

理由2.給料が低く、残業代が出ないケースもある

システムエンジニアは、どんなに働いてもその対価が収入に反映されない場合があります。

システムエンジニアが仕事をする会社の中には、

  • 給料の中に「みなし残業代」が含まれている
  • 時間外の残業代は一切支払われない
  • ボーナスがほとんどない

というように、働いた分の賃金がきちんと支払われないブラック企業も多いです。

ちか

労働した分のお金がちゃんともらえないなんて、納得いきませんね…!

頑張って働いても労働力を正確に評価してもらえないと、仕事を続けるのは難しくなります。

理由3.納期が近いと心身ともに消耗する

システム開発の納期が近くなると心身ともに消耗するため、システムエンジニアはやめとけと言われます。

システムエンジニアは関わっているシステムの納期が近づくと、残業をしてでも開発を完了させなければなりません。

なかがわ

クライアントがあっての開発なので、納期の遵守は絶対なんですよ。

なので納期が近づくと、「仕事が終わらなかったらどうしよう…」「絶対に期間内にシステムを完成させないとヤバイ…!」と気を張って頑張りすぎる人も多いです。

すると睡眠時間さえも確保できず、体力面、精神面ともにダメージを受けます。

いろんな面からの身体へのストレスが大きいため、システムエンジニアは避けたほうが良いと考える人が多いのです。

理由4.同じ仕事ばかりだとスキルが身につかない

システムエンジニアが「やめとけ」と言われるのは、毎日変わらない仕事の繰り返しだとスキルが身につかないからです。

システムエンジニアが働く企業の中には、何年も同じ仕事しかさせてもらえない会社もたくさんあります。

したがって、

  • もっと技術を身につけて年収を上げたい
  • 新しいスキルを学んで社会に貢献したい

と思っても、自分の希望する仕事をできないケースもあるのです。

なかがわ

やりたい仕事ができないと、働くモチベーションが保てませんよね。

仕事を通して成長したい人にとっては、システムエンジニアの仕事が物足りなく感じる場合もあります。

【必読】SEに向いている人の5つの特徴と適正を知るオススメの方法

SE(システムエンジニア)が働く会社にはブラック企業が多すぎる

ちか

システムエンジニアが「やめとけ」と言われる理由が分かってきました…。

でも、システムエンジニアが働く会社はブラック企業ばかりなんですか?

なかがわ

そんなことはありませんが、働きにくい会社が多いのが事実ですね。

システムエンジニアが働く会社にブラック企業が多いのは、仕事の多重請け構造が関係しているんです。

IT業界には、仕事の多重請け構造が浸透しています。

多重請け構造とはシステム開発を発注した企業から仕事を受注した会社が、下請け企業に仕事を流すことです。

下請け企業は同じ仕事をしたとしても、ほとんど利益になりません。

下請けの会社はひどいところだと9次請けまであります。

なかがわ

つまり下請けIT企業のエンジニアには、働きに対する充分な利益が回らないんです。

システムエンジニアが働くIT業界には、このようなブラック企業が蔓延しています。

なので頑張ってシステムエンジニアとして働きたいと思っても、会社に労働力だけ搾取される危険性があるのです。

「システムエンジニアだけはやめとけ」と言う人の多くは、過去にブラック企業で働いていた人。

システムエンジニアになるときホワイトな企業を選べば、仕事で辛い思いはほとんどしません。

SEが激務できつい3つの原因!消耗しない方法と向いている人の特徴を解説

SE(システムエンジニア)がブラックな会社を避けるには…?4つのポイント

ちか

でもシステムエンジニアになりたい人が、ブラック企業を避ける方法はあるんですか?

なかがわ

IT業界に限らず、入社するまでは企業の実態が分からないものです。

しかし、ブラックな会社を見極めるポイントはあります。

ここでは、システムエンジニアが働きやすい会社を選ぶための4つの注意点を紹介します。

SE(システムエンジニア)がブラック企業を避ける4つのポイント
  1. 求人情報の細かいチェック
  2. 面接で会社の雰囲気を感じる
  3. ネット上の企業の情報を集める!転職エージェントもおすすめ
  4. プログラミングスクールで学んでから転職先を紹介してもらう

ポイント1.求人情報の細かいチェック

ブラック企業を避けたければ、求人の細かい情報のチェックが大切です。

注意すべきポイントは、

  • 収入が年俸制の場合、残業代の扱いはどうか
  • あまりにも多くのみなし残業時間が月収に含まれていないか
  • 有給などの取得実績はあるか

などになります。

求人票に書いてあるデータが全てではありませんが、求職者にとっては重要な情報源です。

しっかりと読み込んでおいてください。

そして少しでも気になる点があれば、面接などで積極的に質問しましょう。

従業員を大事にする会社であれば、誠意を持って教えてくれるはずです。

ちか

基礎的な点をちゃんと抑えることが重要なんですね!

ポイント2.面接で会社の雰囲気を感じる

会社が良い企業かどうかは、結局は仕事をする社員が決めるものです。

なので面接などで希望の会社に訪れた際、社内の雰囲気を感じるように意識してください。

ちか

雰囲気って何を見れば良いんですか?

なかがわ

企業の空気感と言うと抽象的で、どこを見たらよいか分からないかもしれませんね。

特にチェックした方が良いのが、

  • 社内の人が外部の人間であるあなたにも挨拶をしてくれるか
  • 企業で働く人達の顔に覇気があるか
  • 社内がちゃんと掃除されていて、清潔感はあるか

などです。

働いている人があまりにも疲れていたり、挨拶さえしないほど空気が悪ければ、社員への負担が大きい会社であると言えます。

面接などで会社に訪れる機会があれば、自分から社員の人へ挨拶をしてみると良いでしょう。

ポイント3.ネット上の企業の情報を集める!転職エージェントもおすすめ

システムエンジニアとしてブラック企業で消耗しないためには、しっかりと企業の情報を集めましょう。

最近では、

  • 働いている人や退職した人の口コミ
  • 企業が作成しているHP

など、簡単にデータを集められるツールがたくさんあります。

なかがわ

ネット上の情報なので完全に信用して良いわけではありませんが、参考にはなりますよ。

またインターネット上にはない企業のデータが欲しければ、マイナビエージェントITのような転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは企業に実際に足を運んだエージェントの担当者が、ネット上にはない会社の情報を集めて教えてくれます。

そのため転職した後の、企業とあなたの印象のギャップがほぼありません。

働きやすい会社で仕事がしたければ、より多くの情報を知って後悔のないようにしてください。

[転職エージェント比較記事]

ポイント4.プログラミングスクールで学んでから転職先を紹介してもらう

プログラミングスクールで学んでから転職先を紹介してもらえば、働きにくい企業に引っかかりにくいです。

ちか

プログラミングスクールは転職先を紹介してくれるものなんですか…?

なかがわ

全てのスクールで紹介してくれるわけではありません。

でも、転職までをサポートしてくれるプログラミングスクールも多くありますよ。

例えば、プログラミングスクールのDMM WEBCAMPTECH::EXPERTGEEK JOBなどは受講後の転職先を紹介してくれます。

このとき、もしプログラミングスクールが生徒にブラック企業を紹介したら、その後スクールの評判が下がりますよね。

すると新しい受講生が来なくなって、プログラミングスクールが運営できなくなる危険性もあります。

したがってプログラミングスクールは、働きにくい企業は紹介してこない安心感が大きいです。

 

以下にプログラミングスクールの料金や特徴をまとめた表を用意したので、参考に見てみてください。

金額受講期間リモート可おすすめな人
DMM WEBCAMP

¥ 628,000

3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポート

・確実に転職したい人
・ある程度の時間をかけてじっくり学習したい人
・学習期間は教室に通って勉強に集中できる人

GEEK JOB

無料

最短1ヶ月~
最長3ヶ月間

・エンジニアに転職したいけどスクール費用は高くて払えない人
・独学で挫折した人
・必ず転職する意思がある人

TECH::EXPERT

短期集中
スタイル

¥ 598,000

最短10週間〜

・エンジニアに転職したい人
・短期集中で技術を身に着けたい人
・働きながら学習を進めたい社会人

夜間・休日
スタイル

¥ 798,000

6ヶ月

TechAcademy

¥ 99,000〜

最短4週間〜

・スクールに通う時間のない人
・独学では上手く学べなかった人
・現役のエンジニアに学習をサポートして欲しい人

この表にあるプログラミングスクールの中だと、DMM WEBCAMPTECH::EXPERTGEEK JOBには転職サポートがついています。

自分に合っている特徴のプログラミングスクールを選んでくださいね。

SE(システムエンジニア)として仕事する会社が合わないならすぐに転職!

システムエンジニアは「やめとけ」と言われがちですが、仕事を通してのやりがいも多くあります。

システムエンジニアは、

  • 手に職をつけられる
  • 仕事の需要が大きい
  • 業界全体の将来性が高い

という点など、働く上で得るメリットも豊富です。

自分の作りたいものを実現できて、社会の役に立てます。

 

でも、システムエンジニアが働きにくい企業が存在するのも事実です。

そのため残業ばかりで薄給な会社で働くことになった場合、早めの転職を検討しましょう。

仕事が辛いと感じる企業でムリして働いて、心身ともに消耗する必要は全くありません。

なかがわ

もし転職をするなら転職エージェントを使ってください。

転職エージェントを利用すれば、

  • 職務経歴書や履歴書などの添削をしてくれる
  • 面接の対策もしてくれる
  • 転職エージェントだけの非公開求人を紹介してくれる

というように、転職希望者をしっかりとサポートしてくれます。

最近は多くの転職エージェントが存在するので、安心して効率よく転職することが可能です。

以下ではおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

ちか

転職エージェントによって特徴は様々なんですね…!

なかがわ

そうですね。

会社によって特徴は違いますが、この3社を登録しておけば安心ですよ。

登録はどのエージェントも無料です。

実際に転職エージェントを使ってみて、自分が一番利用しやすいところを選びましょう。

システムエンジニアとして成功するには、転職先の選択は慎重に行ってくださいね。

まとめ:SE(システムエンジニア)になるのをやめといた方が良いかは働く会社次第

今回は、システムエンジニアへの転職が「やめとけ」と言われる理由について解説しました。

IT業界にはブラック企業が多いため、働きにくい会社のシステムエンジニアになったら辛いのは確かです。

でも働きやすい会社へ所属すれば、自信を持ってやりがいのある仕事ができます。

SE(システムエンジニア)がブラック企業を避ける4つのポイント
  1. 求人情報の細かいチェック
  2. 面接で会社の雰囲気を感じる
  3. 転職エージェントなどを利用して、ネット上の企業の情報を集める
  4. プログラミングスクールで学んでから転職先を紹介してもらう

ちか

システムエンジニアとして働くには、企業選びが重要なんですね!

私も転職をするときは気をつけたいと思います…。

なかがわ

もしブラック企業に転職してしまった場合は、我慢しすぎずにまた転職をしてくださいね!

あなたに合った会社は必ずありますよ。

「システムエンジニアなんてやめとけ」と言う人もいるかもしれません。

しかしシステムエンジニアにやりがいや魅力を感じられるかは、働く企業やあなたの考え方で変わります。

レバテックキャリアのような転職エージェントなどを上手く活用して、後悔のない転職先を選んでくださいね。

SEの3つのやりがいを徹底解説!魅力は本当にあるの?