【誰でも分かる】プログラマーの仕事内容とやりがい3つを徹底解説!

この記事でお伝えすること
  1. プログラマーの仕事内容
  2. プログラマーの仕事のやりがい3つ
  3. プログラマーに向いている人の3つの特徴
  4. プログラマーの仕事を辞めたくなる3つのポイント
  5. 未経験からプログラマーになる方法

IT業界は成長性が高く、今後もその需要は伸びると言われています。

そんな中で今からプログラマーを目指したい人も多く、

「プログラマーの仕事内容って…?」

「やりがいを持ってできる仕事なの…?」

と悩む人もいるでしょう。

ちか

私もプログラマーへの転職に興味があります。

でもプログラマーについて具体的なことは分からなくて…。

なかがわ

未経験の分野に転職するなら、その職種については詳しく知っておきたいですよね。

そこで今回は、プログラマーの仕事内容の全てについてお伝えします。

少しでもプログラマーへの転職を考えている人は、ぜひ読み進めてくださいね。

プログラマーの仕事内容とは…?

ちか

まずはプログラマーの仕事内容が知りたいです!

なかがわ

分かりました。

プログラマーの仕事は主に3つあります。

プログラマーの仕事内容
  1. システムエンジニアが作った仕様書を元に行う「プログラミング」
  2. 出来たシステムが問題なく動くかの「テスト」
  3. システムリリース後の不具合をチェックする「運用・保守」

こちらの「未経験だとムリ?今からプログラマーになれるたった5つの方法を公開!」という記事では、未経験の人がプログラマーへ転職する方法について詳しく解説しています。

ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

システム開発の流れ!プログラマーの担当する仕事は?

プログラマーの仕事を理解するには、まずはシステム開発の流れを知りましょう。

システムの開発は、以下の図のような流れで行われています。

システムを開発する場合、まずはシステムエンジニアによって顧客の要望がヒアリングされます。

そして、希望の内容を形にするためのシステム設計が作成されるのです。

プログラマーは、システムエンジニアが作った設計を元にプログラミング言語でシステムを開発します。

なかがわ

プログラマーの仕事は主にプログラミングですが、働く現場によってはテストや運用などを行う場合もあるんですよ。

今からプログラマーの仕事について、それぞれ詳しく解説しますね。

システムエンジニアが作った仕様書を元に行う「プログラミング」

プログラマーの主な仕事内容は、プログラミング言語を用いた「プログラミング」です。

プログラミングではシステムエンジニアが作成した設計図を元に、クライアントが実現したいシステムを形にします。

なかがわ

しかしプログラマーは、ただ言われたものを作るだけはないんですよ。

プログラマーは、

  • どういうコードを書いたらシステムが早く的確に動くか
  • システムを実際に動かしたときのリスク

など、開発したものに関わる細かい点まで配慮する必要があります。

設計に対して忠実に機能を実装できる高いプログラミング能力が、プログラマーには必須です。

出来たシステムが問題なく動くかの「テスト」

プログラミングによって完成したシステムの「テスト」を行うのもプログラマーの仕事です。

開発は多くの人が集まってチームになり、システムの機能ごとに分担をしてプログラミングを進めます。

したがって各担当ごとに作った機能を全てを組み合わせて、初めてひとつのシステムが完成するのです。

なかがわ

でも作成したシステムが単体では上手く動くのに、全てを組み合わせると不具合が生じる場合もたくさんあります。

そのため、作ったシステムを全て結合させても正確に動くかの確認は欠かせません。

テストを怠ると完成したシステムをクライアントへ納品した後に、大きな問題が起きる危険性が高まります。

ちか

後々のリスクを避けるためにも、丁寧なテストが重要なんですね!

システムリリース後の不具合をチェックする「運用・保守」

システムを作ってテストに問題がなければ、基本的にクライアントへシステムを納品します。

しかし、プログラマーの仕事は納品が完了したら終わりではありません。

システムをクライアントが実際に利用を始めてからも、

  • 不具合が生じていないかの定期的なチェック
  • 何か問題が起こった場合はすぐに対処する

というように、システムを管理する必要があります。

なかがわ

もちろん常に何の問題も起こらないのが理想ですが、そう上手くはいかない場合もあるんですよ。

このような納品した後も長期間に渡ってシステムを管理する「運用・保守」も、プログラマーの仕事となります。

プログラマーの仕事は将来性が高く、需要も大きい

ちか

プログラマーはシステム開発に欠かせない重要な仕事を担っているんですね!

なかがわ

そうですね。

またIT業界は今後も需要が伸びるので、プログラマーは将来にも期待できますよ。

このグラフを見るとIT業界は2030年までにさらに市場が大きくなるのに対して、業界で働く人材は2019年をピークに減少していくと分かります。

なので今からプログラマーになれば、将来性の高い業界で手に職をつけて働くことが可能です。

ちか

将来まで長く働けるのは嬉しいですね!

最近はマイナビエージェントITのような、IT業界に特化した転職エージェントも多くあります。

転職エージェントを利用すれば、未経験からのプログラマー転職をしっかりとサポートしてくれるので安心ですよ。

「未経験だからムリ…」「プログラマーとか向いていない気がする…」と不安に思うなら、一度転職エージェントへ相談してみましょう。

【あなたはどっち?】プログラマーに向いている人の5つの特徴を解説!

プログラマーの仕事のやりがい3つ

ちか

プログラマーは需要の大きい仕事だと分かったんですけど、仕事のやりがいってどういう点ですか?

なかがわ

プログラマーの仕事の魅力は3つあります。

順番に解説しますね。

プログラマーの仕事のやりがい3つ
  1. 作ったシステムが人の役に立つ
  2. しっかりとスキルを持っていれば年収が高くなる
  3. 自分のスキルが上がったときが嬉しい

やりがい1.作ったシステムが人の役に立つ

プログラマーのやりがいは、自分の関わったシステムが人の役に立つ点です。

新しいシステムはクライアントが、

  • 何かしらの問題を解決したい
  • より便利な仕組みを作りたい

と思って発注をします。

そのためプログラマーが作るシステムは、必ず誰かの役に立つものです。

システムの開発は大変なときもありますが、関わったサービスが実際に人の為になるのを感じると「プログラマーとして頑張って良かった」と思えます。

やりがい2.しっかりとスキルを持っていれば年収が高くなる

しっかりとスキルを持っていれば年収が高くなる点が、プログラマーのメリットです。

プログラマーは完全に実力主義の世界なので、学歴や年齢、経歴に関係なくスキルある人に価値があるとされます。

なかがわ

したがって高い技術力を持っていれば、それが年収に反映されるんです。

年功序列の制度が根強い会社だと、自分の成果やスキルを正確に評価してもらえませんよね。

その点プログラマーは自分のスキルが年収という数値で分かりやすいので、やりがいを感じやすくなっています。

ちか

頑張った分を適切に評価されるのは魅力的ですね!

やりがい3.自分のスキルが上がったときが嬉しい

プログラマーは自分のスキルが上がったときにやりがいを感じます。

プログラマーは仕事をする中で、

  • 今までのスキルでは対応できないレベルの機能を実装する
  • 自発的に新しいスキルを勉強する

ということを繰り返して、技術力を磨いていく人が多いです。

日々努力する中で少しずつスキルを身につけると、自分の業務範囲が広がったり、新しい仕事を任せられるようになります。

なかがわ

できることが少しずつ増えるのは、やる気や自己肯定感を高めて働く意欲に繋がりますよね。

自身の成長に喜びを感じやすい点がプログラマーになる魅力です。

プログラマーに向いている人の3つの特徴

ちか

プログラマーには向き不向きがあると思うんですけど、どういう人に適正があるんですか?

なかがわ

プログラマーに向いている人には主に3つの特徴があります。

それぞれ順番に見ていきましょう。

プログラマーに向いている人の3つの特徴
  1. 新しいスキルを学ぶのが苦にならない人
  2. コミュニケーション能力の高い人
  3. 問題に粘り強く向き合う誠実さ

こちらの「【簡単に診断】プログラマーに適正のある人の9つの特徴を徹底解説!」という記事を読めば、プログラマーに適正があるか簡単に理解できますよ。

合わせて読んでみてくださいね。

特徴1.新しいスキルを学ぶのが苦にならない人

プログラマーに向いているのは、新しいスキルを学ぶのが苦にならない人です。

プログラマーが開発で扱う技術は、常に新しいものが導入されていきます。

なので最新の情報を仕入れて学習ができないと、開発現場で活躍するプログラマーにはなれません。

なかがわ

プログラマーになりたてのときに身につけたスキルだけで、一生仕事ができるわけではないんですよ。

「継続して勉強するのが得意」「好奇心が旺盛で新しいものが好き」という人は、楽しんで仕事に必要なスキルを学ぶことが可能です。

特徴2.コミュニケーション能力の高い人

コミュニケーション能力の高い人はプログラマーへの適性があります。

システム開発は多くの職種の人と、ひとつのチームになって行うのが特徴です。

そのためプログラマーには、

  • 他のエンジニアが発言している内容の正確な理解
  • 自分の開発している内容の説明
  • 周りの意見を感じ取る洞察力

など、人と上手く関わる能力が必要になります。

コミュニケーションが上手く取れないとチームでの連携が悪くなり、開発が上手く進みません。

人と話すのが得意で空気が読める人はプログラマーに向いているでしょう。

特徴3.問題に粘り強く向き合う誠実さ

プログラマーに向いているのは、問題に粘り強く向き合う誠実さを持った人です。

プログラマーがシステムの開発をしているとき、何の問題もなく機能を実装できるわけではありません。

システムの開発は何かしら問題を解決しながら、求める形に仕上げていきます。

したがって、上手く開発が進まないときでも解決するまで問題と向き合うことが必要です。

なかがわ

システム開発は上手く課題が片付かないからといって、途中で辞めるわけにはいきませんよね。

システムが完成するまで諦めずにプログラミングができる忍耐力のある人だと、プログラマーへの適正があると言えます。

プログラマーはキャリアパスも幅広い!目標をもって働くことが大切

ちか

プログラマーとして働く場合、将来はどういうキャリアがあるんですか?

なかがわ

プログラマーのキャリアパスは幅広いですよ。

ある程度経験を積んだプログラマーだと、

  • 転職を繰り返してプログラマーのエキスパートになる
  • 上流工程に関わるシステムエンジニアに転職する
  • 他のエンジニアに転職する(インフラエンジニアや組み込みエンジニアなど)

という道を選ぶ人が多いです。

最近はレバテックキャリアのような転職エージェントもあるので、転職でキャリアアップをしようと考える人もたくさんいます。

またスキルの高いプログラマーであれば、フリーランスとして独立することも可能です。

なかがわ

自分が将来どういう働き方で何を実現したいのかによって、選ぶキャリアや行動が変わるんですよ。

なのでプログラマーとして働く場合、「今後はどうなりたいのか」という具体的なビジョンを描くことが重要です。

プログラマーの仕事を辞めたくなる3つのポイント

ちか

プログラマーはやりがいのある仕事だと思うんですけど、結構きついって話を聞いたこともあります。

実際のプログラマーの仕事はどうなんでしょうか?

なかがわ

確かに、働く企業によっては「プログラマーは激務だから辞めたい」と考える人もいますね。

ここでは、プログラマーの仕事を辞めたくなる3つのポイントを説明します。

プログラマーの仕事を辞めたくなる3つのポイント
  1. 納期を守るために残業が増える
  2. 新しいことを勉強するのが大変
  3. 働いても収入が低い

ポイント1.納期を守るために残業が増える

プログラマーが仕事を辞めたいと思うのは、システムの納期を守るために残業が増えるからです。

システム開発はクライアントありきで開発のスケジュールが組まれています。

なかがわ

納期の遵守はクライアントとの信頼を守るためにも絶対なんですよ。

なのでプログラマーは、

  • システムの納期が近い
  • 開発の進捗が悪い
  • システムの仕様を変更する必要が出た

というときは、残業をしてでも納期を守ってシステムを完成させなければなりません。

毎日の残業が多くなると、自分のために時間を使えなくなり、心身ともにダメージを受けます。

その結果、「プログラマーを辞めたい…」と考える人が出てくるのです。

ポイント2.新しいことを勉強するのが大変

新しいことを勉強し続ける必要があるため、プログラマーの仕事が辛くなる人も多いです。

先程「プログラマーに向いている人の3つの特徴」のところでも話しましたが、プログラマーが扱う技術はどんどん新しいものが導入されていきます。

なかがわ

そのため、プログラマーは常に最新のスキルを身につけなければなりません。

プログラマーは仕事で使うスキルを習得するために、プライベートの時間を割いての学習が必要です。

新しいものが好きな人だと好奇心を持って勉強できますが、休みの日まで技術を学ぶことが疲れてしまう人もいます。

ちか

辛いことが義務化されてしまうのは確かにしんどいかもしれませんね。

プログラマーは常に仕事に必須な技術の習得をするのが大変で、辞めたいと思う人もいます。

ポイント3.働いても収入が低い

プログラマーを辞めたいと思う原因は、どんなに働いても収入が低いからです。

これは、IT業界に浸透している仕事の「多重請け構造」が関係しています。

多重請け構造とは、システム開発を発注した企業の仕事を受けた会社が、下請けの企業へ仕事を流して利益を得る仕組みです。

なかがわ

多重請け構造の下請け会社だと、会社の利益がほとんど社員に還元されないんですよ。

したがって働く企業によってはどんなにスキルを高めて仕事をしても、全く給料が上がらないので働く気が失せてしまいます。

【年収1,000万円】稼げるプログラマーになる3つの方法を徹底解説!

プログラマーは働く会社によって年収が変わる。企業選びは慎重に!

ちか

プログラマーはやりがいもあるけど、大変な面も大きいんですね…。

なかがわ

そうですね。

しかし、仕事のきつさは働く企業によって大きく異なります。

プログラマーが働くIT系の会社には、

  • 常に残業を強いられる
  • 給料が低い上、残業代も支払われない

というような、ブラック企業も多く存在するので注意が必要です。

なので、プログラマーへ転職するときの会社選びは慎重に行ってくださいね。

もし自分で転職先の企業を選ぶのに不安があるなら、マイナビエージェントITのようなIT業界に特化した転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは無料で利用できる上、転職希望の会社について詳しく教えてくれたり、転職に対する相談にも乗ってくれます。

働きやすい会社のプログラマーになれば、年収もスキルも上がりやすいですよ。

未経験からプログラマーにあたって最も必要なのはプログラミングスキル

ちか

今からプログラマーになろうと思ったら、具体的にどういう行動を取れば良いのでしょうか?

なかがわ

未経験の人がプログラマーを目指すには、まずはプログラミングスキルを身につけましょう。

経験がないところからプログラマーになりたいと考える人の多くは、プログラミングを学習しながら転職活動をしています。

少しでも有利にプログラマーへ転職をしたければ、今からプログラミングを習得する努力が必要です。

ここでは、未経験の人がプログラミングを習得する2つの方法をお伝えしますね。

未経験の人がプログラミングを習得する2つの方法
  1. 独学でプログラミングスキルを身につける
  2. プログラミングスクールを利用する

プログラミングは独学でも身につけられる

プログラマーに転職する前のプログラミング習得は、独学で行えます。

独学でのプログラミング学習は、

  • 勉強にかかるコストを下げられる
  • 自分のペースで学習できる
  • 気軽に勉強を開始できる

というように、多くのメリットが得ることが可能です。

最近では本屋に売っている技術書やオンラインのプログラミング教材(Progateがおすすめ)など、未経験者でも簡単に勉強できるツールがたくさんあります。

なかがわ

プログラマーになりたいなら、まずは独学でプログラミングの雰囲気を感じるのがおすすめですよ。

 

しかし独学だと学習時間は自分で管理する必要があるので、勉強が継続できずに挫折してしまう人も多いです。

そのため「プログラミングを勉強して、絶対にプログラマーへ転職する!」という、強い意思のある人は独学が向いています。

 

独学でプログラマーを目指す!学習途中で挫折する4つの原因とその対処法

絶対に挫折したくないならプログラミングスクールがおすすめ

ちか

独学でのプログラミング習得にはちょっと自信がありません…。

自分で勉強する以外にプログラミングを身につける方法はないんでしょうか…?

なかがわ

独学が不安ならプログラミングスクールへ行くことをおすすめします。

プログラミングスクールに通って学習すれば、

  • プログラミングのスキルが習得できる
  • 分からない点は講師に教えてもらえる
  • 学習のモチベーションが維持しやすい

というようなメリットがあるので、効率良くスキルを身につけることが可能です。

プログラミングスクールはプログラミングを学習する環境が整っているので、挫折しにくいですよ。

ちか

おすすめのプログラミングスクールってどこになるんでしょうか?

なかがわ

以下におすすめプログラミングスクールの比較表を用意しました。

プログラミングスクールを選ぶときの参考にしてくださいね。

金額受講期間リモート可おすすめな人
DMM WEBCAMP

¥ 628,000

3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポート

・確実に転職したい人
・ある程度の時間をかけてじっくり学習したい人
・学習期間は教室に通って勉強に集中できる人

GEEK JOB

無料

最短1ヶ月~
最長3ヶ月間

・エンジニアに転職したいけどスクール費用は高くて払えない人
・独学で挫折した人
・必ず転職する意思がある人

TECH::EXPERT

短期集中
スタイル

¥ 598,000

最短10週間〜

・エンジニアに転職したい人
・短期集中で技術を身に着けたい人
・働きながら学習を進めたい社会人

夜間・休日
スタイル

¥ 798,000

6ヶ月

TechAcademy

¥ 99,000〜

最短4週間〜

・スクールに通う時間のない人
・独学では上手く学べなかった人
・現役のエンジニアに学習をサポートして欲しい人

ちか

各スクールによって特徴や金額が全く違うんですね…!

なかがわ

そうですね。

なので、自分に一番合っていそうな特徴のスクールを選ぶことをおすすめします。

もしプログラミングスクールのイメージが掴みたいなら、

などへの申込みがおすすめです。

プログラミングスクールへ行けば、未経験の人でも確実にプログラミングスキルを身につけられます。

プログラミングスキルを学んだら、転職にも有利!

プログラマーへ転職する前にプログラミングを学習したら、転職活動に入りましょう。

事前にプログラミングを学んでいれば、転職先の企業から高い評価をもらえるので有利に転職ができます。

なかがわ

プログラマーへ転職をするなら、IT業界に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを使えば、

  • 他の求人サイトにない仕事を紹介してもらえる
  • 書類や面接の対策も一緒に行ってくれる
  • 転職への不安な点も相談に乗ってくれる

などというように、転職する人をしっかりとサポートしてくれます。

ちか

最近、転職エージェントって多いですよね。

どこが一番良いんでしょうか…?

なかがわ

それではプログラマーへの転職を目指す人のために、おすすめの転職エージェントを3つ紹介しますね。

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

ちか

この3社の中だと、どの転職エージェントが一番良いんですか?

なかがわ

転職エージェントによって特徴や利用する人との相性が異なります。

なのでとりあえず3社全てに登録して、自分が一番使いやすい転職エージェントを利用してください。

登録はどの転職エージェントも無料なので、気軽に申し込んでみましょう。

プログラミングを学んだ経験と転職エージェントを活用して、効率的にプログラマーへの転職を進めてください。

【採用率UP】プログラマー転職を失敗しないための3つのポイントを解説

プログラマーが資格を持っていれば高評価!でも必須ではない

ちか

プログラマーって、専門的なスキルが必要な仕事ですよね。

なのでプログラマーへ転職する前に資格とかって取らなくても大丈夫なんですか?

なかがわ

はい。

プログラマーに必須の資格はありませんよ。

プログラマーは仕事に関係する資格は持っていても良いですが、なくても全く問題ありません。

とはいえ資格を持っていると、

  • 未経験からの転職なら企業に「やる気がある」と評価される
  • 働く企業によっては資格手当や一時報酬金が支払われる

というように、メリットになる場合もあります。

資格は持っていて損をするものではないので、興味があるなら積極的に学んで取得しましょう。

プログラマーが持つべき資格とは?資格以上に重要な3つのポイントを解説

まとめ:プログラマーは社会的役割の大きい魅力的な仕事!

今回はプログラマーの仕事内容について詳しく解説しました。

プログラマーは、

  • 需要が大きく社会の役に立てる
  • 手に職をつけられる
  • 自分のスキルがそのまま年収に反映される

などという点が魅力的な仕事です。

IT業界はこれからの将来性も高いので、今からプログラマーになればやりがいを持って働けます。

未経験の人がプログラマーを目指すなら、まずはプログラミングを学習しましょう。

プログラミングは独学でも習得できますが、挫折しやすい点がデメリットです。

したがって、DMM WEBCAMPのようなプログラミングスクールで効率的に学ぶことをおすすめします。

ちか

プログラマーの仕事は面白そうなので、とりあえずプログラミングスクールへ行ってプログラミングを勉強してみたいです!

なかがわ

それは素晴らしいですね!

プログラミングは実際にやってみないと分からないので、まずは楽しみながら学習してくださいね!

プログラマーになるには?転職するときに大切な5つのポイントを解説