【必見】フリーランスプログラマーの4つのメリットとデメリットを解説

この記事でお伝えすること
  1. フリーランスプログラマーの年収
  2. フリーランスプログラマーになるメリット・デメリット
  3. フリーランスプログラマーに必要なスキル
  4. フリーランスプログラマーになるときの注意点
  5. フリーランスプログラマーにおすすめのエージェント

最近は多様な働き方をする人が増えて、「フリーランス」に注目が集まっています。

そんな中で、IT業界で働くプログラマーはフリーランスになりやすい職種として人気です。

この記事を読んでいるあなたは、

「フリーランスのプログラマーってどうやって目指すの…?」

「フリーランスになっても仕事はある…?」

と疑問に感じているのではないでしょうか。

ちか

フリーランスって憧れるんですけど、どういうものかよく分からないので知りたいです!

なかがわ

会社員として働いた経験しかなければイメージしにくいですよね。

そこで今回は、フリーランスプログラマーについて詳しくお伝えしていきます。

フリーランスプログラマーに少しでも興味がある人は、ぜひ読み進めてくださいね。

プログラマーの仕事内容とは…?

ちか

プログラマーの仕事って、どんな内容なんですか?

なかがわ

システムの開発は、以下の図のような流れで行われています。

プログラマーの仕事を理解するには、まずはシステム開発の流れを知りましょう。

新しいシステムを作りたいクライアントがいた場合、まず始めにシステムエンジニアが顧客の要望を聞き出します。

そしてクライアントの希望を実現できるように、システムの設計をするのです。

プログラマーはシステムエンジニアが作ったシステムの設計図を元に、プログラミング言語を使ってシステムを形にします。

ちか

プログラマーとシステムエンジニア両方の力があって、ひとつのシステムが完成するんですね!

【誰でも分かる】プログラマーの仕事内容とやりがい3つを徹底解説!

フリーランスプログラマーの年収!会社員よりも稼げる?

ちか

フリーランスのプログラマーって、どれくらい稼げるものなんですか?

フリーランスプログラマーの年収は、300万円以下から1,000万円以上までと差が大きいです。

フリーランスに稼げる印象を持つ人もいますが、能力が低いのに独立すると会社員より稼げません。

フリーランスは個人の能力に応じて、仕事の量や支払われる金額が決まります。

なので、スキルが高ければ年収1,000万円以上稼ぐことも可能です。

なかがわ

ただ、年収1,000万円以上稼ぐのは簡単ではなく、相当な努力とスキルが必要なんです。

【年収1,000万円】稼げるプログラマーになる3つの方法を徹底解説!

フリーランスのプログラマーになる4つのメリット

ちか

フリーランスのプログラマーになるメリットって、何がありますか?

なかがわ

フリーランスプログラマーの良い点は4つあります。

ここでは、フリーランスのプログラマーになるメリットを4つ順番に見ていきましょう。

フリーランスのプログラマーになる4つのメリット
  1. 時間や場所に関係なく仕事ができる
  2. 会社員よりも稼げる場合が多い
  3. 好きな仕事を好きなクライアントとできる
  4. 副業も自由にできる

メリット1.時間や場所に関係なく仕事ができる

フリーランスのプログラマーになれば、時間や場所に関係なく仕事ができます。

フリーランスは個人で仕事を行うので、会社に属していません。

そのため、

  • 始業や終業時間が決まっていない
  • 毎日行くべきオフィスもないので、国内外どこでも仕事ができる
  • 通勤電車に乗る必要がない

というように、ストレスの少ない働き方をすることが可能です。

仕事をする時間や休みの日まで自分で決められるのが、フリーランスのメリットです。

メリット2.会社員よりも稼げる場合が多い

会社員よりも稼げる場合が多い点が、フリーランスプログラマーになるメリットです。

フリーランスは個人で仕事を請けているので、働いて発生した報酬は全て自分のものになります。

なかがわ

しかし、会社員のプログラマーだと現場で働いて得た金額から、会社の運営に必要なランニングコストを引いて給料が支払われますよね。

したがって同じスキルを持っているプログラマーが同じ案件の仕事をした場合、フリーランスの方が手元に入る収入が大きくなります。

メリット3.好きな仕事を好きなクライアントとできる

フリーランスのプログラマーは、好きな仕事やクライアントを自分で選べます。

会社に所属していると、関わる開発の現場は会社から指示をされたところへ行くのが基本です。

なかがわ

でもフリーランスであれば、仕事の受注は自分で行うので案件を選べるんですよ。

フリーランスのプログラマーは、

  • 相性の悪いクライアントと我慢してまで仕事をしなくても良い
  • やってみたい開発案件に関わるチャンスを自分で作れる

というように、自由に仕事をすることが可能です。

ちか

好きな人と働けると、楽しみながら仕事ができそうですね!

メリット4.副業も自由にできる

副業も自由にできるのが、フリーランスプログラマーのメリットとなります。

会社員の人の中には、「スキルアップのために、会社の仕事とは別の開発をやってみたい…」「企業からの給料以外の収入源を作りたい…」と思う人も多いです。

最近では副業を認める企業も増えてきましたが、まだまだ禁止している会社もたくさんあります。

なかがわ

その点フリーランスプログラマーであれば、仕事の内容や分野について制限する人がいません。

ちか

フリーランスプログラマーになれば、副業も好きにできるんですね!

【在宅OK】稼げる副業プログラマーとして仕事を受ける3つの方法

フリーランスのプログラマーになる4つのデメリット

ちか

フリーランスのプログラマーになるときに知っておいた方が良いことってありますか?

なかがわ

そうですね。

フリーランスプログラマーになるのはメリットばかりではありません。

ここでは、フリーランスプログラマーの4つのデメリットについて解説します。

フリーランスのプログラマーになる4つのデメリット
  1. 毎月の収入が不安定
  2. 社会的信用が低いので、クレジットやローンの審査が通りにくい
  3. 会社員のような福利厚生は受けられない
  4. 全てが自己責任で孤独

デメリット1.毎月の収入が不安定

フリーランスプログラマーのデメリットは、毎月の収入が不安定な点です。

フリーランスは自由に働けますが、毎月の仕事は自分で探さないといけません。

なので仕事が途切れて見つからないときは、一切お金を得られないです。

なかがわ

スキルの高いプログラマーであっても、毎月の収入は確定していないんですよ。

会社員のような決まった収入で安定が欲しい人には、フリーランスは向いていません。

デメリット2.社会的信用が低いので、クレジットやローンの審査が通りにくい

フリーランスは社会的信用が低いので、クレジットやローンの審査が通りにくいです。

フリーランスプログラマーのデメリットのひとつ目でも言いましたが、フリーランスは収入が安定しません。

そのためクレジットやローンのようなお金を借りるものは、「何かあったとき返済してもらえない可能性が高い」と判断されます。

なかがわ

企業に属していればそれが社会から見たあなたの信用になるので、お金を借りやすいんですよ。

フリーランスだとそれなりの収入があっても社会から信頼されにくいため、金融系の審査が難しくなります。

デメリット3.会社員のような福利厚生は受けられない

フリーランスは、会社員のような充実した福利厚生が受けられません。

会社員であれば、

  • 老後の基礎年金に上乗せしてもらえる「厚生年金」
  • 会社が半分支払ってくれている「健康保険」
  • 怪我や失業の際に保証してくれる「雇用労働」

など、フリーランスにはないたくさんの保証がされています。

なかがわ

企業で働いているときはあまり意識しない部分ではありますが、会社員は企業から多くのメリットを受けているんですよ。

フリーランスは会社に属していないので、万が一の場合や老後に必要なお金も全て自分で備えなければなりません。

福利厚生が一切ないのが、フリーランスになるデメリットとなります。

デメリット4.全てが自己責任で孤独

仕事に関する全てが自己責任で孤独を感じやすいのも、フリーランスならではです。

フリーランスは、

  • 仕事の営業や獲得
  • 利用したお金の経費処理
  • 仕事や時間などのタスク管理

など、仕事に関係するものを全部自分でする必要があります。

ちか

全部ひとりでやるなんて大変ですね…!

仕事に関連する全てを自身で行うので、何か問題や心配な点があったとき相談する相手がいません。

したがって、働きながら孤独を感じるケースもあります。

なかがわ

フリーランスは自由な分、大きな責任が求められるんです。

フリーランスのプログラマーに必要な4つのスキル

ちか

フリーランスプログラマーになろうと思ったら、どういう能力が求められるのでしょうか?

なかがわ

フリーランスプログラマーを目指す人に必要なスキルは4つあります。

4つ全て説明するので、フリーランスプログラマーになりたいなら重要な技術を高めましょう。

フリーランスのプログラマーに必要な4つのスキル
  1. 最新のプログラミングスキル
  2. 自己管理能力の高さ
  3. 小さい実績から積み上げる継続力
  4. 単価を上げるための交渉力

こちらの「プログラマーに必須の5つのスキル!プログラミングの習得方法も解説」という記事では、プログラマーに求められる技術について解説しています。

ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

スキル1.最新のプログラミングスキル

フリーランスのプログラマーに必要なのは、最新のプログラミングスキルです。

フリーランスは自分ひとりの力で仕事を行います。

そのため技術力が足りないと、せっかく獲得した案件を完遂できません。

フリーランスプログラマーのスキルが低いと、

  • クライアントに迷惑をかける
  • 自分の信用も失って、次の仕事がもらえない

というように、良いことはひとつもないです。

クライアントの求めるものを正確に作れるよう、普段から技術力を磨く意識を高める必要があります。

スキル2.自己管理能力の高さ

フリーランスプログラマーになりたければ、自己管理能力を高めましょう。

フリーランスは好きな時間や場所で仕事をすることが可能です。

なかがわ

でも、「自由=何もしなくて良い」ということではありません。

きちんと決まった仕事をしないと、フリーランスプログラマーは収入が得られないです。

なので仕事をする時間と量、単価を考えて、自分の時間の使い方をコントロールする必要があります。

「会社にいる時間が決まっていないと仕事ができない…」「人の視線がないとサボる癖がある…」という人はフリーランスプログラマーに向いていません。

フリーランスプログラマーを目指すなら、自分をマネジメントする能力を鍛えてください。

スキル3.小さい実績から積み上げる継続力

実績をコツコツと積み上げられる継続力が、フリーランスプログラマーには求められます。

フリーランスの人が仕事を獲得するために必要なのは、クライアントからの信頼です。

なかがわ

仕事の営業をするときも「〇〇という実績があるので、クライアントさんの要望を叶えられます」と言えると、説得力がありますよね。

しかし、フリーランスになりたてだと何の実績もない人がほとんどだと思います。

そのため独立したてのときは低単価な案件でも丁寧に取り組んで、少しずつ実績を重ねなければなりません。

小さいことから確実に努力ができる人だと、フリーランスプログラマーとして成功しやすいです。

スキル4.単価を上げるための交渉力

フリーランスプログラマーには、仕事の単価を上げるための交渉力が大切になります。

フリーランスに独立したばかりだと実績がないので、低単価な案件を請ける場合が多いです。

でも自身のスキルを高めてクライアントとの信頼を重ねると、交渉次第で収入を上げてもらえる可能性があります。

なかがわ

このときクライアントに対して印象を悪くせずに「単価を上げて欲しい」と伝えられないと、一気に信頼がなくなる危険性もあるんですよ。

したがって、単価交渉を有利に進められる知識とコミュニケーション力が必要です。

価値が高く稼げるフリーランスプログラマーになれるように、日頃からどう振る舞えば良いかを考えておきましょう。

ちか

稼げるフリーランスプログラマーになるには、テクニックが必要なんですね!

フリーランスのプログラマーになるときの注意点2つ

ちか

フリーランスプログラマーを目指す人が気をつけた方が良いことって何かありますか?

なかがわ

はい。

フリーランスプログラマーになりたいなら注意すべきポイントが2つあります。

フリーランスのプログラマーになるときの注意点2つ
  1. 完全在宅で仕事をしたいなら案件を選ぶ必要がある
  2. 高齢だと使ってもらいにくい

注意点1.完全在宅で仕事をしたいなら案件を選ぶ必要がある

フリーランスは、家で仕事をしている印象を持っている人もいるのではないでしょうか。

ところが実際のフリーランスプログラマーの仕事は、常に在宅でできる仕事ばかりではありません。

週に何回か、もしくは完全に毎日現場へ行っての仕事を求められる案件も多くあります。

なかがわ

これは開発に関わるたくさんの人達と、現場で仕事の連携を上手くするためなんです。

しかし、仕事の全てが在宅で完結する案件もあります。

なので完全在宅で仕事がしたいなら、仕事の案件を選びに気をつけてください。

注意点2.高齢だと使ってもらいにくい

フリーランスプログラマーになるなら、高齢になると仕事がもらいにくくなると頭に入れておきましょう。

年齢が高い人は、

  • 新しいことを習得するのに時間がかかる
  • 開発現場の若い人から見て扱いづらい
  • 体力が下がる

という点から、クライアントにあまり好まれません。

ちか

そうなんですね…。

じゃあフリーランスプログラマーは、歳を取ると転職しないといけないんですか?

なかがわ

そんなことはありませんよ。

確かに高齢のフリーランスプログラマーの需要は低いです。

でもどの現場でも重宝される高いスキルを持っていれば、何歳になっても必要とされる人材になれます。

フリーランスのプログラマーにおすすめのエージェント2つ

ちか

フリーランスプログラマーになった場合、仕事の獲得ってどうやってやるんですか?

なかがわ

フリーランスの人が案件をもらうのは難しいように感じるかもしれません。

しかし、最近ではフリーランスの人へ仕事を紹介してくれるエージェントサービスがあるんです。

ここでは、フリーランスプログラマーにぴったりのエージェントを2つ紹介します。

フリーランスプログラマーにおすすめのエージェント2つ
  1. レバテックフリーランス
  2. MidWorks(ミッドワークス)

1.レバテックフリーランス

フリーランスプログラマーにおすすめのエージェントひとつ目は、「レバテックフリーランス」です。

レバテックフリーランスフリーランスエンジニア専門のエージェントとなっています。

レバテックフリーランスの特徴
  1. 業界トップクラスの案件を保有
  2. 高単価案件を紹介してくれる
  3. 業界に詳しいカウンセラーがサポート

レバテックフリーランスは、フリーランスの人に代わって営業をして案件を紹介してくれるサービスです。

 

そのためフリーランスは営業にかける時間を節約できる上、高単価案件も獲得できます。

なかがわ

案件、営業、経理など、全てを自分ひとりでやるフリーランスにはありがたいサービスです。

レバテックフリーランスを利用するメリット
  • 営業にかかる時間が削減できる
  • 高単価案件が見つかる
  • エンジニアの仕事だけに集中できる

フリーランスエンジニア必見!

2.MidWorks(ミッドワークス)

「MidWorks」もフリーランスプログラマーが利用すべきエージェントとなっています。

Midworksは、フリーランスエンジニアとクライアントの仕事の希望をマッチングしてくれるエージェントです。

MidWorksは交通費や健康診断など、正社員並の手厚い保証が受けられるのが特徴となっています。

なかがわ

またエージェントが扱う案件の数もとても多いので、フリーランスプログラマーの求める仕事が見つかりやすいです。

MidWorksの特徴
  1. 豊富な保有案件数
  2. 正社員並みの充実した保証が受けられる
  3. 業界に詳しいコンサルタントによるサポート

MidWorksのマージン率は業界トップクラスの10〜15%なので、フリーランスとして働いた給料が自分に還元されやすいです。

ちか

自分が仕事をした報酬が手元に多く入ってくるのは嬉しいですね!

独立してフリーランスを目指すなら

未経験からでもフリーランスのプログラマーになれるのか…?

ちか

フリーランスのプログラマーはすごく魅力的だと思うんですけど、未経験からでもなれるものなんでしょうか…?

なかがわ

すぐには無理ですが、不可能ではありませんよ。

最近は、未経験でもフリーランスプログラマーになれるプログラミングスクールがあるんです。

未経験だとムリ?今からプログラマーになれるたった5つの方法を公開!

最近はフリーランスを目指せるプログラミングスクールもある

プログラミングスクールのTECH::EXPERTには「副業・フリーランスコース」があり、未経験でもフリーランスを目指せます。

TECHEXPERTの「副業・フリーランスコース」は、

  • フリーランスエンジニアに必要なスキルが習得できる
  • 案件の獲得までフォローしてくれる
  • 卒業後も6ヶ月間はサポートしてくれる

という特徴を持ったプログラミングスクールです。

TECHEXPERTのカリキュラムを受けて案件が全く獲得できなかった場合は、受講料を全額返金してくれます。

なので「勉強をしてから全く仕事がなかったら不安…」と思う人にぴったりです。

未経験の人でもプログラミングスクールを利用すれば、フリーランスプログラマーになれます。

実務経験なしだとフリーランスとして成功は難しい…。

TECH::EXPERTのようなプログラミングスクールを利用すれば、未経験でもフリーランスのプログラマーを目指せます。

しかし実際は、実務経験がない人だと低単価な案件の獲得しかできない場合がほとんどです。

なかがわ

クライアントがフリーランスプログラマーに求めるのは高いスキルなんですよ。

フリーランスになって最初は報酬が安くても頑張って仕事ができますが、そのうち単価が上がらない仕事に疲れてしまいます。

したがって実務経験で磨いた技術力がないと、長期的な目で見てフリーランスとしてやっていくのは厳しいです。

プログラミングスクールで勉強してからの転職がおすすめ

今から本気でフリーランスプログラマーとして生きたいと思うなら、一度企業に転職をして実務経験を積みましょう。

エンジニアのスキルは実際の開発現場に入ることで高まっていきます。

なので、なるべく高いスキルが身につけられる優良企業への転職を狙いましょう。

未経験から企業のプログラマーになるには、まずプログラミングスクールでの学習がおすすめです。

プログラミングスクールへ行けば、

  • プログラマーに必要な基礎技術を学べる
  • 勉強していて分からない点は講師に質問できる
  • モチベーションを保ちながら勉強が進められる

というように、効率よくプログラミングを学習できます。

プログラマーへ転職する前にプログラミングを勉強すれば、転職先の企業からの評価が高いです。

ちか

最近はプログラミングスクールの数も多いと思うんですけど、おすすめのところはありますか?

なかがわ

選択肢が多いと迷いますよね。

以下におすすめプログラミングスクールの比較表を用意しました。

プログラミングスクールを選ぶときの参考にしてくださいね。

金額受講期間リモート可おすすめな人
DMM WEBCAMP

¥ 628,000

3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポート

・確実に転職したい人
・ある程度の時間をかけてじっくり学習したい人
・学習期間は教室に通って勉強に集中できる人

GEEK JOB

無料

最短1ヶ月~
最長3ヶ月間

・エンジニアに転職したいけどスクール費用は高くて払えない人
・独学で挫折した人
・必ず転職する意思がある人

TECH::EXPERT

短期集中
スタイル

¥ 598,000

最短10週間〜

・エンジニアに転職したい人
・短期集中で技術を身に着けたい人
・働きながら学習を進めたい社会人

夜間・休日
スタイル

¥ 798,000

6ヶ月

TechAcademy

¥ 99,000〜

最短4週間〜

・スクールに通う時間のない人
・独学では上手く学べなかった人
・現役のエンジニアに学習をサポートして欲しい人

ちか

スクールによって受講料が無料だったり、特徴も様々なんですね!

なかがわ

そうですね。

なので自分の経済状況や学習に費やせる時間など考えて、プログラミングスクールを選びましょう。

もしプログラミングスクールのイメージが掴めなければ、

に申し込むのがおすすめです。

プログラミングスクールで学習して転職すれば、将来フリーランスプログラマーに必要な技術を身につけられます。

まとめ:フリーランスのプログラマーは自由に働ける!まずは実務経験が重要

今回はフリーランスプログラマーについて解説しました。

ちか

フリーランスプログラマーになるメリットやデメリットなどが理解できて良かったです!

未経験からフリーランスのプログラマーになりたければ、最も重要なのは実務経験による技術力の習得です。

なので将来的にフリーランスプログラマーを目指すなら、まずはシステム開発ができる企業へ転職しましょう。

今からプログラマーとして会社に勤めるなら、DMM WEBCAMPのようなプログラミングスクールでの学習がおすすめです。

なかがわ

フリーランスプログラマーになりたいなら、長期的に活躍できる人になれるようにしっかりとスキルを磨いてくださいね!

【あなたはどっち?】プログラマーに向いている人の5つの特徴を解説!