【適職のヒント】プログラマーは向いていないから辞めたい!おすすめの転職先6選

この記事はこんな人におすすめ
  1. プログラマーに向いていないと思う人
  2. プログラマーを辞めたい人
  3. プログラマーにおすすめの転職先が知りたい 

プログラマーとして働いてみたけれど、仕事が向いていないのかも…

「プログラミングに興味がなくなった」

長時間労働が多くきつい

「給料や待遇が見合う仕事に転職したい」

これらは、今の会社に勤めている限り全て逃れられないのです。

  • プログラミングに興味がなくなった⇒転職
  • 長時間労働⇒忙しくない部署への異動や職種を選ぶことで解決
  • 給料や待遇⇒転職時に良い条件を選ぶことや交渉

といった方法で解決ができるでしょう。

なかがわ

プログラマーから転職したいと考える人は、あなた以外にも沢山いますよ。

実際に転職して年収が上がったという人は、60%以上といわれているのです。

この記事では、プログラマーに向いていないと感じた時にオススメする転職先についてお伝えしていきます。

転職先を知ることで、これからのキャリアプランを考えやすくなり不安が解消されますよ。

なかがわ

プログラマーは転職がしやすい職種です。仕事や将来の不安を一人で抱えず、転職プロの転職エージェントに相談することをオススメします。

この記事に書いている転職エージェントはすべて無料で利用できるので、マイナビエージェントITレバテックキャリアに相談してみましょう。

また、本気で転職したいなら複数のエージェントを活用することをおすすめします。

 

というのも、

転職活動をしている人は、平均2.1社の転職エージェントを利用している。

さらに、転職に成功した人は、平均4.2社の転職エージェントに登録していた。

ということが、リクナビの調査で判明したからです。

 

早く、今の状況から抜け出すためにも、最低3社、余裕があれば4社以上利用すると確実です。

いますぐ仕事の環境を変えたいなら…
無料で利用できる転職エージェント
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 高待遇・高収入の案件が多い
    TechClipsエージェント
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone

プログラマーに向いていない人の5つの特徴  

プログラマーに向いていないのかも!と感じたあなた。

「AIやIoT時代、専門職は伸びる」

「一日中黙々と作業をしていたい」

そう思って就職したのに、現実は過酷で肉体的にも精神的にも限界を感じる…

出社に対する拒絶反応は、心の中のSOSです。

なかがわ

どんな人にも上手くいかない時はあるもの。「不満」「プログラマーに向いていない」の違いはしっかりと見極めましょう。
プログラマーに向いていない人の5つの特徴
  1. コミュニケーションが苦手  
  2. 論理的思考が苦手
  3. 最新の業界事情に疎い
  4. 勉強が嫌い
  5. 疑問を抱かない

人には向き不向きの素地があり、特にプログラマーはそれが顕著に現われやすい職種といえます。

ちか

念願のプログラマ-になれても挫折してしまう人は多くいますよね。

なかがわ

向いていないと感じたら悩みが深くなる前に、早めの行動をしましょう。

向いてる仕事をして、将来の安心が確実に欲しいのなら転職エージェントに希望に合う求人を提案してもらうべき

 

IT・Web業界で納得のいく転職をしたいなら、最低でも、

マイナビエージェントIT」・「レバテックキャリア」には登録しておきましょう

さらに、自分の強みや探している職種に合わせて、

ゲーム業界に強い「Geekly」・製造系に強い「メイテックネクストなども合わせて利用するのがおすすめです。

コミュニケーションが苦手  

プログラマーというと、PCに向かって黙々とプログラムを打ち込んでるというイメージが世間一般にはあります。

ちか

就職する前には「コミュニケーションが必要!」なんて思ってもみなかったですよ…

実際に、PCに向かってプログラミング作業をしている時間というのは、全体の30%程しかありません。

というのもプログラミングはバグやエラーがつきもの。

コードにエラーが生じた時、

  • エラーの解決方法を考える
  • わからない部分があれば質問
  • チームメンバーにお願い

などをしなければならないことも多々あります。

もちろんその逆も!

基本、プログラミングはチーム作業なので、コミュニケーションが必須なのです。

論理的思考が苦手  

論理的思考とは

物事をきちんとした筋道を立てて考えること

プログラミングをする=論理的に思考すると言っても過言ではありません。

例えば、料理をする時!

手際がいい人って、作業の順番や並行してできることなど、道すじを立てて考えているものです。

  • 食材は「野菜→肉」の順番に切ることでまな板を洗う回数を減らす
  • 煮込み料理の間にサラダを作ってしまう

ちか

料理はモタモタしていると焦げたり煮崩れしたり…味や見た目にも影響が出てしまいますもんね。

なかがわ

論理的に、効率を意識しながら料理することが大切です。

そもそもプログラミングとは、何かしらの結果を得るためにどういう処理をするのかを指示していくもの。

プログラムの処理の順番を考え、ほしい結果を得るための作業なのです。

  • これをやった後にこの処理をする
  • この結果の時にはこの処理をする

このような、細かい指示を考えることこそ論理的思考といえるでしょう。

最新の業界事情に疎い  

プログラミングは、日進月歩で進化している世界

常に流れに乗っていないとスグに落ちこぼれてしまう仕事といえるでしょう。

ちか

今までの常識が、全く通用しなくなってしまう可能性が、常に起こりうる世界ですから怖いですよね。

最新情報を把握しないということは、会社やクライアントのニーズに応えることが出来ず、仕事を取ることが出来なくなるということになり兼ねません。

仕事を得られないプログラマは必然的に「市場価値が低くなってしまう」のです。

勉強が嫌い  

プログラマーであり続ける限り、オン・オフを問わず常に勉強が必要です。

プログラマ-というのは「好きこそ物の上手なれ」を地で行く職業。

ちか

趣味でもプログラムを組んで、動かして覚える!というのが楽しい人だっていますからね。

圧倒的なプログラミング量を経験した人が伸びていき、勉強に苦手意識を持った人が衰退していくので、差が付くのは当然です。

休日にでも技術的な関心を持ち続けられない人は、プログラマーに向いていないといえるでしょう。

疑問を抱かない

情報を鵜呑みにしたり疑問を抱かない=物事を多角的に見ることができないといえます。

プログラムを開発する上で、

「こうした方がいいかな?」

「効率化できるツールは作成できないか?」

などと疑問や課題を抱くことは大切です。

なかがわ

自分で物事を考えず、与えられた仕事を言われた通り動くだけだと成長ができません。

今のシステムをよりよくすることを考え、仕事が上手くまわるよう試行錯誤できることが大切です。

プログラマーを辞めたいと思う6つの理由  

プログラマーを辞めたいと思う6つの理由
  1. 残業が多くてきつい
  2. 給料が見合わない
  3. 将来のキャリアが描けない
  4. 人間関係に疲れた
  5. スキル不足
  6. IT業界の新しい技術の習得についていけない

想像してみて下さい。何よりこの先、今の仕事を続けたいと思えますか?

「もう無理!」

「仕事を辞めたい!」

と思う時、実は大きな変化をするチャンスでもあります。

今後どうしていくべきかを考えることが大切です。

自分で対処法を考えることも大事ですが、効率的に転職したいなら、転職エージェントの担当者から希望に合う求人を提案してもらうべきでしょう。

なかがわ

プログラマー経験者で別職種に転換する人は多いですよ。

経験者として入社出来る分、現在よりも良い状態でのスタートを切れるケースも多々あります。

ちか

「何かを変えたい」と思った時が人生を大きく変えるチャンスなんですね
いますぐ仕事の環境を変えたいなら…
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 高待遇・高収入の案件が多い
    TechClipsエージェント
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone

残業が多くてきつい

プログラマーは、とにかく残業や休日出勤が多い職業

  • 急な要件変更
  • プログラムの修正
  • バグが見つかる

などが急に起こることがあるといえます。

良くある例が、18時頃「そろそろ帰ろうかな~」と思っていると要件変更が入り、明日の10時までに至急対応する羽目になったり…

なかがわ

実はこれらは、業界特有の背景があってのことなんです。
残業時間が長くなる業界特有の背景
  1. 小さな会社が多い
  2. スケジュールに余裕がない
  3. クライアントに振り回されやすい
  4. 勉強しなければならないことが多い

プロジェクトの納期によっては休日出勤や深夜残業のみならず、徹夜で作業を行う会社もあります。

これが耐えられず、プログラマーをやめたい!と思うことってありませんか?

給料が見合わない  

ちか

残業が当たり前なのに、残業代が払われない企業が多いので辞めたいと思う人は沢山います。

プログラマーは、経験やスキルにより給料の増減が大きい職種。

特に経験が少ないうちは給料が低い傾向にあります。

元請け→一次下請け→二次下請けといったピラミッド構造となっているため、下請け(SES)になるほど給料は少なくなるのです。

ちか

仕事量の割には給料が低い、頑張っても全く給料が上がらないということもよくあります。

なかがわ

このような企業で、将来的に給料が大幅に上昇する可能性は低いでしょう。

給与や休日、福利厚生といった条件に関しては、元請け会社へ転職することで改善されるケースが圧倒的に多いです。

ちか

元請けと下請けは同じ業種ですからね。

希望年収以上の職場に出会いたいなら、業界を熟知した転職エージェントがおすすめです!

なかがわ

ちなみに、なぜこんなに転職エージェントをおすすめするのかと言うと、そこには裏事情があるからなんです。

あなたが担当者の紹介で企業に内定できた場合、紹介手数料として年収の3割程度を企業が支払うといわれています。

ちか

エージェント側としても少しでも多くの紹介手数料を多く得たいですから、年収の交渉を行ってくれるということなんですね。

この記事で紹介している転職エージェントは、すべて無料で利用できますからご安心下さい。

業界最大手のマイナビエージェントITやアドバイザーの技術的理解が深いレバテックキャリアにまずは相談してみましょう。

WEB業界で人気の転職エージェント
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 高待遇・高収入の案件が多い
    TechClipsエージェント
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone

将来のキャリアが描けない  

IT業界は多重下請け構造の業界。

この構造がブラック企業が運営される原因になっているのです。

自分が将来何をしたいのかを考えた時に

  • PG → 中堅企業のSE → ITコンサルタント→ 事業会社の経営企画 

などとキャリアプランは描けていますか?

元請けの仕事が、

  • 顧客の課題解決
  • 要件定義
といった考える要素の多い仕事であるのに対し、下請けはそれらを実現するための実務部隊

ちか

注文通り、納期通りに進めることが課せられる!ということですね。
  • 無茶な納期で依頼
  • バグが解決しないと深夜まで残業
  • 泊まり込みで作業

なんて決してめずらしくありません。

「チャンスがあれば上流工程に携わりたい」

「元請け企業に転職したい」

などと考えていませんか?

しかし、転職は戦略が重要です。

なかがわ

目先の給料や職場環境も重要ですが、将来を見据えたキャリアを積むためにどの企業にいくべきか?を明確にし戦略を立てましょう。

しかし、自分一人で戦略を考えるのは至難の業!

ちか

転職のプロの転職エージェントと一緒にキャリアプランを考えていくと失敗がありませんね。

 

リクナビの調査によると、

転職に成功した人は、平均4.2社の転職エージェントを利用しています

マイナビエージェントITレバテックキャリアのような、IT業界経験者への転職に特化した大手の転職エージェントに登録し、自分のキャリアプランに合った求人を担当者から提案してもらう方が、転職成功確率は格段に上がります。
高待遇・高収入の案件が多いTechClipsエージェントにも登録しておきましょう。

人間関係に疲れた  

プログラマーは「黙々とPCに向かってプログラムを打ち込んでいる」というイメージが世間にはあります。

プログラミングをしている時には黙々と作業ができますが、頭や心を使うのは様々な決断や人間関係

なかがわ

むしろプログラミングは素直。自分が書いたとおりにしか動きませんからね。

プログラマ-は職人であり頑固な人が多い職業。

人とのコミュニケーションを苦手するので、人間関係がこじれたり疲れてしまうなんてことはザラです。

ちか

苦手な人間関係に努力をすることは、時間の無駄かもしれません。

スキル不足  

スキルや知識が足りていないと、

  • 既存プログラムを正しく読み解くこと
  • プログラミングを行うこと

が難しい状態になります。

ちか

仕事中「わからない、どうしよう、駄目だ!」と頭の中がくちゃくちゃになり、その間も次から次へと振ってくる仕事に頭が追いつきません。

何とか報告したけど、内容が後で違うと分かると

  • 説明コーディングもやり直し⇒期限が迫る

と多大な迷惑をかけてしまいます。

「この仕事の内容自体が好きで仕方なくて、スキルを磨くための勉強が苦にならない」くらいの情熱と適性が無いとこの先も苦しむでしょう。

スキルが低い、仕事が遅いという人はとにかく勉強をするしかありません。

IT業界の新しい技術の習得についていけない

目まぐるしく進化するIT業界。

常に最新の情報にアンテナを張っている必要があります。

プログラミングが好きとまでは行かなくとも、

「この技術はどういう仕組みなのか」

「新しい技術を触ってみたい」

というIT技術に関する好奇心がないと続けていくのは厳しい世界。

ちか

会社や顧客のニーズに応えられず最新技術についていけないと、時代遅れなプログラマーとなってしまうんですね。

プログラマーに向いていないと感じた人におすすめの転職先6選  

プログラマーからの転職で、おすすめしたい転職先は次の6つです。

プログラマーから転職するおすすめの転職先
  1. 社内SE 
  2. Web業界のエンジニア  
  3. Webプランナー  
  4. Webプロデューサー
  5. IT営業  
  6. データアナリスト

「IT業界は忙しすぎるから苦痛!」

そう思って、未経験の業界に転職するのは危険

業界未経験者を簡単に採用してくれるような企業は、人手の足りないブラック企業が多いもの。

ちか

まずは同じ業界の中で働き方を変えてみて、それでも合わないようなら異業種への転職を考えても遅くないですよね。

プログラマーが向いてないと感じたとしても、プログラミングスキルを活かせる転職が正攻法。
前職の経験を活かす方が採用されやすく、年収をキープするコツです。

なかがわ

プログラミングスキルってかなり価値が高いですからね。プログラミング経験は長い目で見ると大成するものです。

プログラマーは専門職。

そのため、専門的な言葉業界事情などを理解してくれる転職エージェントがいると、より希望にあった求人を出してもらうことができます。
業界も流れが早いのでより専門的な転職エージェントがおすすめです。

“なかがわ”

同じプログラマーでも社内SE・Web系では待遇や働き方は全く違います。

ちか

そうなんですか!IT業界も幅広いですし知らないことも多いですが、専門知識をもったアドバイザーに相談できると心強いですね。

社内SE  

プログラマーが次のキャリアを思い描くとき、社内SEは選択肢の有力候補の一つとして挙がってきます。

基本的に自社内のシステムに関わる業務が仕事です。

社内SEの仕事内容
  1. 社内PCやサーバのトラブル対応
  2. 社内システムの保守管理
  3. 自社システムの開発

社内SEは業務範囲が広く、基本的に多忙。

しかし、社内SEがホワイトだといわれる理由は、多忙だとしても自分で調節ができるからです。

社内SEはこんな人におすすめ
  • じっくりと腰を据えて働きたい
  • 開発より社内の調整をメインに行いたい
  • ユーザーとの距離が近いことに魅力を感じる
  • 給料よりも自分の時間を大切にしたい
  • 夜勤や休日出勤はしたくない

社内SEが人気職種であるよくある理由に、

  • 上流工程のスキル・経験に携れる
  • ワークライフバランスを実現しやすい
  • 社内から頼りにされる
  • 納期の融通が利く

などがあげられます。

社内SEは人気職種であるため、希望の会社に入れるよう上手く転職活動をする必要があるでしょう。

ちか

転職エージェントの活用すると確実ですね!

Webエンジニア

Webエンジニアとは、WebサイトやECサイトなどで使われるシステムの

  • 設計
  • 開発
  • 運用
  • 保守

を行うエンジニア。

主な仕事内容は、Web上で提供されるシステムに特化したプログラミングを行うことです。

なかがわ

Google、Amazonといった企業の台頭により、将来性の高い仕事として注目されています。

Webエンジニアはこんな人におすすめ
  • 新しいこと最先端のものが好き
  • ものづくりが好き
  • 常に効率化を徹底している
  • 地道な作業が好き
  • 素直で柔軟性がある
  • トライアンドエラーを繰り返すことができる人

仕事の多くはBtoC(個人顧客向けサービス)。

ちか

企画から運用まで全ての工程を行えること、そして最新の技術に触れる機会も多いのが魅力ですね。

また、急成長している業界のため採用も積極的に行っているので転職がしやすい職種といえます。

Webプランナー  

Webプランナーとは、Webサイトを作成する上でクライアントから要望やイメージなどをヒアリングし、企画設計を行う仕事です。

なかがわ

編集・設計までを行います。

クライアントの手足となって、Webサイトで伝えたい事を発信していくのがWebプランナー仕事です。

Webプランナーはこんな人におすすめ
  • 業界トレンドに興味がある
  • クライアントの悩みに共感出来る
  • 企画提案が好き
  • コミュニケーション能力がある

ビジネスモデルに

  • ECサイト系
  • オウンドメディア系
  • マッチングサイト系(アルバイト求人や不動産などのサイト)

があります。

求められるスキルが

  • デジタル領域における知識
  • マーケティング全般の知識
  • クライアントのニーズを引き出す力
  • 戦略を考案する企画力、アイデア力

ですので、求人として求められる人材は、必ずしもWeb制作スキルや経験は必要ありません。

Webプロデューサー  

Webプロデューサーとは、Webビジネスにおける

  • プロジェクトの企画
  • 制作
  • 顧客折衝
  • 予算管理
  • 運営

といった上流から下流工程までのフロー全体を把握し、プロジェクトの統括を担う責任者のことです。

なかがわ

一般的に、Webディレクターの上位職にあたることが多いといえます。
Webプロデューサーはこんな人におすすめ
  • クライアントやスタッフと良好な関係を築けるリーダー気質な人
  • 予算や納期、リスク管理などのためのプロジェクトマネジメント能力がある
  • プロジェクトの成果を数値で判断できる人

誰かの指示を受けるわけではないので、自分の裁量でプロジェクトを進行できることが人気の理由の一つです。

Webプロデューサーになるためには、

  • Web制作会社
  • 広告代理店

への転職を目指しましょう。

しかし、Webプロデューサーの仕事は多岐にわたります。

ちか

向き不向きが自分で分からない場合は、自分で判断するのではなく、専門の転職エージャントに相談すると上手くいきますよ。

IT営業  

IT営業とは、ITに関するサービスを販売する職種。

取り扱うのがITサービスですから

  • IT全般の知識やスキル
  • 自社製品やサービス

についての専門知識は当然必要です。

なかがわ

お客様と自社の開発部門との間に立つパイプ役としても活躍します。

IT営業はこんな人におすすめ
  • 人と関わることが好き
  • 業界内の情報収集や新しい技術を学ぶのが好き
  • 相手の立場で物事を考えられる
  • 論理的な思考が得意

IT営業の本質は、ただ商品を売り込めばいいというものではなく「お客様の問題を解決する」こと。 

仕事内容が理解でき、キャリアも社会経験も豊富なミドル世代が狙うのにおすすめの職種といえるでしょう。

データアナリスト

データアナリストとは、データの分析や調査を行う専門職。

企業が抱える課題に対して、

  • その原因がどこにあるのか?
  • どうすれば解決できるか?

仮説を立て膨大なデータを分析して、解決策を導き出すのが仕事です。

データアナリストが手作業でやっていることをシステムで実装することがあるため、プログラマー経験があると大いにスキルを活かすことが可能といえます。

データアナリストはこんな人におすすめ
  • 分析やマーケティングが好き
  • 論理的に物事を考えられる
  • 好奇心が強く、勉強熱心な人
  • コミュニケーションやプレゼンが得意

データアナリストは、ビッグデータが活用される時代に重要視される注目の職種です。

  • 自動車
  • 物流
  • 運輸
  • 金融
  • 保険

など、様々な業界で活躍できるでしょう。

データアナリストの仕事内容には

  • コンサル型
  • エンジニア型

業務で使うプログラミング言語は多岐にわたります。

なかがわ

所属する場所、役割が変わってくると求められるスキルが変わってくるでしょう。

失敗を最小限に抑えプログラマーから転職を成功させる方法

なかがわ

絶対に転職を失敗させたくないなら、転職エージェントに登録をすることは必須です。

会社選びを誤ると、炎上案件を掴んだり残業だらけであったり…

自分でよい求人を選ぶ自信はありますか?

転職エージェントの役割は、求職者が転職を効率的に進められるようサポートをすること。

ちか

転職エージェントに求人を紹介してもらうことで、社内雰囲気裏情報などを知ることができるんです。

あなたに最適な企業をマッチングしてくれるので安心ですよ!

転職エージェントのメリット
  1. 非公開求人を紹介してもらえる
  2. 給料や福利厚生など条件交渉をしてくれる
  3. 業界の裏事情を教えてもらえる
  4. あなたのことを企業にアピールしてくれる
  5. 転職に必要な煩わしい作業を代行してくれる
  6. 書類審査や面接の通過率が高くなる
  7. あなたに最適な求人を提供してもらえる
  8. キャリアに自信がない人も転職を成功させられる

ちか

転職活動を有利にしてくれるので、メリットだらけですね。

今後、景気の悪化で求人数が減少してしまう可能性があります。

とりあえず登録だけしておいて、良い案件が見つかり次第の転職が理想ですね。

いますぐ退職を考えているなら…
無料で利用できる転職エージェント
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 高待遇・高収入の案件が多い
    TechClipsエージェント
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone

プログラマーの適性検査:Geek Jobプログラマー適性診断

プログラミングスクールGEEK JOBでは、プログラマー適性診断をやっています。

トップページから、ヘッダーの「プログラマ診断」をチェックしてみて下さい。

簡単な設問とテストに回答するだけで、過去のデーターを元にプログラマー適性や5年先までの想定年収がわかりますよ。

まとめ:プログラマーに向かないと感じたら限界がくる前に転職しよう

まとめ
  1. プログラマーは向き不向きが出やすい仕事
  2. 辞めたいと感じたらすぐに行動するべき
  3. 転職エージェントを利用することで成功率が上がる

「もう限界!無理!」

そう感じているなら、一日でも早く転職をしてリセットすることは正しい選択。

今の会社に勤めている限り、何も解決しませんからね。

これまでの経験を活かして転職するという方法もありますよ!

なかがわ

不景気を背景に求人が少なくなる可能性があります。早めの登録をしておきましょう。

ちか

人気の優良求人は早い者勝ちですね!

なかがわ

複数エージェントを利用して多くの求人から選べるようにするといいですよ。
優良企業の求人を数多く保有しており、高い評判を得ているマイナビエージェントITレバテックキャリアTechClipsエージェントに最低でも登録をしておきましょう。
いますぐ仕事の環境を変えたいなら…
無料で利用できる転職エージェント
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 高待遇・高収入の案件が多い
    TechClipsエージェント
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone