【あなたはどっち?】プログラマーに向いている人の5つの特徴を解説!

この記事でお伝えすること
  1. プログラマーに向いている人の5つの特徴
  2. プログラマーに向いていない人の4つの特徴
  3. プログラマーへの向き不向き以上に大切なポイント3つ
  4. 未経験からプログラマーになる方法

転職を考える人の中には手に職をつけたいと考える人が多く、プログラマーという職種に注目が集まっています。

この記事を読んでいるあなたは、

「プログラマーってどういう人が向いているの…?」

「未経験からプログラマーになるために大切なことって何…?」

と悩んでいるのではないでしょうか。

ちか

私もプログラマーへの転職に興味があるんですけど、自分に合っている仕事かよく分からなくて…。

なかがわ

転職をするなら、少しでも自分に適性がある仕事をしたいですよね。

そこで今回は、プログラマーに向いている人の特徴などをお伝えしていきます。

この記事を読めば、自分にプログラマーに向いているのかが分かりますよ!

プログラマーへの転職を考えている人は、ぜひ読み進めてくださいね。

プログラマーの仕事とは…?

ちか

プログラマーの仕事って、どういうことをやっているんですか?

プログラマーの仕事を理解するには、まずシステム開発の流れの理解しましょう。

システムの開発では、最初にシステムエンジニアがクライアントへ希望の機能などについてヒアリングを行います。

そして聞き出した要望を元に、システムの設計図を作成するのです。

プログラマーは、システムエンジニアが作った設計図をプログラミング言語を用いて形にするのが仕事となります。

なかがわ

システムエンジニアとプログラマーの協力があってこそ、新しいシステムが完成するんですよ。

【誰でも分かる】プログラマーの仕事内容とやりがい3つを徹底解説!

プログラマーに向いている人の5つの特徴

ちか

プログラマーはどういう人に適正があるんでしょうか…?

なかがわ

プログラマーに向いている人の特徴は主に5つあります。

それぞれ順番に見ていきましょう。

プログラマーに向いている人の5つの特徴
  1. 新しいもの好きで、常に勉強を継続できる人
  2. 論理的な思考力が高い
  3. 人と関わるのが得意
  4. 課題を解決する能力の高い
  5. 失敗をバネにするタフさを持っている

特徴1.新しいもの好きで、常に勉強を継続できる人

プログラマーに向いているのは、好奇心旺盛で勉強が好きな人です。

プログラマーは自分の持っている技術力を駆使して、新しいシステムの機能を作成します。

しかし開発で使う技術はプログラマーへなるときに一度習得したら、ずっとその内容だけで仕事ができるわけではありません。

IT技術はどんどん最新のものが導入されていくので、常に新しいものを積極的に学ぶ必要があります。

なかがわ

古いスキルしか持っていないプログラマーは、徐々に需要がなくなっていくんですよ。

なので新しい技術に興味が持てて継続して学習ができる人だと、プログラマーに向いています。

特徴2.論理的な思考力が高い

論理的な思考力の高い人はプログラマーへの適正があります。

プログラマーが機能を作成するシステムは、とても繊細に設計されたものです。

そのためシステムを作るときは、

  • 機能の一部を変更したら別の部分に影響がでるか
  • 不具合がないようにプログラミングするにはどうすべきか

など、細かいところにまで配慮する必要があります。

なかがわ

システム開発は、ちょっとした間違いでも正常に動かない場合が多いんです。

プログラマーがシステム全体を論理立てて考えられないと、開発が失敗する原因になります。

ロジカルに物事を捉えられる思考力はプログラマーに必須です。

特徴3.人と関わるのが得意

人と関わるのが得意な人は、プログラマーに向いています。

ちか

プログラマーって人と接するイメージがなかったので意外ですね…!

なかがわ

確かに、プログラマーは1日中パソコンに向かってプログラミングをしていると思う人も多いですね。

しかし実際、プログラマーは多くの人との関わりが重要な職種です。

プログラマーはシステム開発をする中で、システムエンジニアやプロジェクトマネージャーなど多職種の人と接します。

開発を上手く進めるためにも、

  • 仕事進捗の確認
  • 疑問点の解消
  • 開発内容の正しい理解

など、周囲の人との連携は大切です。

コミュニケーション力が高い人はプログラマーへの適性があります。

特徴4.課題を解決する能力の高い

プログラマーには課題を解決する能力が重要です。

システムの開発は全く問題が起らずに完成することはほとんどありません。

必ずエラーが出たり、上手く機能を実装できない場合もあります。

なかがわ

でも思ったように開発が進まないからといって、作るのを諦めるわけにはいきませんよね。

ちか

確かに、仕事は途中で投げ出せないですね…。

したがって問題が解決するまで粘り強く原因を追求できる人は、プログラマーに向いています。

特徴5.失敗をバネにするタフさを持っている

失敗をバネにするタフさを持っている人はプログラマーへの適正があると言えます。

今どんなに活躍しているプログラマーであっても、最初から能力が高かったわけではありません。

なかがわ

どんな人でも失敗を積み重ねて徐々に成長してきています。

なので自分がミスを犯したときに、

  • もう自分はダメだ
  • プログラマーを辞めた方がいい

などと悲観的になって、いつまでも落ち込んでしまう人は将来の伸び率が低いです。

何か失敗をしたとしても「終わったことはしょうがない!」「〇〇が問題だったから次から改善する!」というように、気持ちを切り替えるのが上手い人はプログラマーに向いています。

未経験だとムリ?今からプログラマーになれるたった5つの方法を公開!

プログラマーに向いていない人の4つの特徴

ちか

逆にプログラマーに向いていないのは、どういう人ですか?

なかがわ

プログラマーへの適性が低い人には4つの特徴があります。

自分に当てはまる点がないかチェックしながら読み進めてくださいね。

プログラマーに向いていない人の4つの特徴
  1. 調べるのがめんどくさいと感じる人
  2. 休みの日まで勉強したくない
  3. 集中力が低く、気が散りやすい
  4. 細かい点を考えるのが苦手

特徴1.調べるのがめんどくさいと感じる人

プログラマーに向かないのは、調べるのがめんどくさいと感じる人です。

プログラマーは仕事をするとき、自分の持っている知識のみではシステムの機能を全て実装できません。

そのため、分からない点は適宜調べながら解決して開発を進めます。

なかがわ

自分で調べても分からなければ、人に質問するという流れが一般的です。

IT業界は人が不足しているので、なるべく人の力を頼らずに自力で問題を解決できる人の方が重宝されます。

調べるのが苦手で、いつも人から教えてもらうのが当たり前だと思っている人は、プログラマーへの適性はありません。

特徴2.休みの日まで勉強したくない

休みの日まで勉強したくない人はプログラマーに向いていません。

プログラマーが仕事で扱う技術は流行り廃りが激しく、常に最新のものが導入されていきます。

少し前までは最新だったスキルも、すぐに時代遅れになるケースも多いです。

したがってプログラマーは休みの日などに新しい技術を習得しないと、開発現場で活躍ができません。

ちか

プログラマーは休日にも努力しないといけないんですね…!

新しい知識の勉強は、業務外の時間にやる人がほとんどです。

「休日は仕事のことを一切考えたくない」「休みの日はゆっくり自分のために過ごしたい…」という人は、プログラマーにはならない方が良いでしょう。

特徴3.集中力が低く、気が散りやすい

プログラマーに向かないのは、集中力が低く気が散りやすい人です。

プログラマーはパソコンに向かって1日中プログラミングを行い、システムの機能を作ります。

なのでプログラマーが、

  • 周りの様子が気になって注意力が下がる
  • 長くパソコンの画面を見ると疲れてしまう

というような人だと、ミスが多くなって上手く開発が進みません。

より良いシステムを作るためには高い集中力が必須です。

特徴4.細かい点を考えるのが苦手

細かい点を考えるのが苦手な人は、プログラマーに向いていません。

開発をしていると、

  • さっきまで通常に動いていたのに、機能を付け足すと動かなくなる
  • 1文字コードを書き違えるだけで機能しない

というように、些細なきっかけでシステムが思うようにいかない場合も多々あります。

そのため、プログラマーには上手くいかない原因を細かく考える能力が必要です。

大雑把で小さいことに思考を凝らせない人は、プログラマーへの適性がありません。

プログラマーへの向き不向き以上に大切なポイント3つ

ちか

プログラマーには向いている人、向いていない人、それぞれ特徴があるんですね!

なかがわ

そうですね。

でもプログラマーになるなら、適正よりも重要な点があるんですよ。

ここでは、プログラマーへの向き不向き以上に大切なポイントを3つ紹介しますね。

プログラマーへの向き不向き以上に大切なポイント3つ
  1. モノを作ることが楽しめるか
  2. プログラマーになってからのビジョンを明確にする
  3. 仕事をする会社の働きやすさ

ポイント1.いちばん大切なのは、モノを作ることが楽しめること!

プログラマーに最も重要なのは、モノづくりを楽しめる気持ちです。

なかがわ

実はプログラマーとして働く人の中には、モノづくりが好きではない人もたくさんいます。

ちか

へぇー、そうなんですね…!

しかしシステムの開発が楽しめないと、プログラミングを仕事だと割り切っていてもだんだん仕事が辛くなっていきます。

したがってプログラマーには、

  • システムが完成したときの達成感が好き
  • 新しいスキルが身につくと嬉しい

というように、システムを作る工程でやりがいや楽しさを見出すことが大切です。

なかがわ

プログラミングスキルの高さやプログラマーへの適正よりも、「開発が好き」という気持ちの方が大事なんですよ。

ポイント2.プログラマーになってからのビジョンを明確にする

プログラマーになってからのビジョンの明確さは、プログラマーになる上で大切です。

プログラマーを目指す人の中には、「なんとなく業界の需要が大きそうだから」という理由で転職をする人もいます。

でも「なんとなく」では、実際に働きだしてから仕事へのイメージのギャップが大きくなり、早期退職に繋がる可能性が高いです。

なのでプログラマーになりたいなら、

  • 5年、10年後にどんなキャリアを築いていたいか
  • 作ってみたいシステムは何か

など、将来の目標をしっかりと立てましょう。

そして、目標を達成するためにどんな努力をするのかも考えてください。

なかがわ

プログラマーに向いているかより、プログラマーになればやりたいことが実現できるかが重要です。

ポイント3.仕事をする会社の働きやすさ!ブラック企業に注意が必要

プログラマーになりたいなら、勤務する会社の働きやすさにも注目してください。

IT業界は全体的に需要が大きいにも関わらず人手不足なため、多くの企業からプログラマーの求人が出ています。

しかしプログラマーが働く会社の中には、

  • 残業代が支払われない
  • 毎日夜遅くまでの残業や休日出勤が当たり前
  • 給料が安い

というようなブラック企業も多く存在するのも事実です。

せっかくプログラマーとして仕事をしたいと思っても、働きにくい会社に入ったら心身ともに消耗するだけです。

そのためプログラマーを目指すなら、働く企業選びは慎重に行いましょう。

ちか

でもブラック企業の見極めってどうやってすれば良いんですか…?

なかがわ

働きやすい会社のプログラマーになりたければ、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

マイナビエージェントITのような転職エージェントでは、無料で優良企業の求人や、ネット上にはない転職先の会社の情報を教えてくれます。

転職を少しでも有利に進めたければ、転職エージェントのメリットを最大限に活用しましょう。

ちか

プログラマーへの適性は大事だけど、それ以上に会社との相性も重要なんですね!

未経験でもプログラマーは目指せる!まずはプログラミングをやってみる

ちか

適性があれば未経験からでもプログラマーってなれますか?

なかがわ

もちろんです。

今から努力すれば、プログラマーになることは可能ですよ。

未経験からプログラマーになりたければ、まずはプログラミングを勉強しましょう。

IT業界の経験がない状態からプログラマーを目指す人の多くは、プログラミングを学びながら転職活動をしています。

また実際にプログラミングをやってみれば、自分にプログラマーへの適正があるかも理解することが可能です。

ここでは、今からプログラミングを習得する方法を紹介しますね。

独学でプログラミングを学んで自分の適性を知る

今からプログラミングを学ぶ方法のひとつ目は、独学です。

独学でのプログラミング学習は、

  • 教材などの学習コストが低い
  • 働きながら自分のペースで学習できる
  • 手軽に始められる

という点がメリットとなります。

最近では本屋で売っている技術書やオンラインのプログラミング学習教材など、誰でも気軽にプログラミングを学べるツールが多いです。

なかがわ

未経験からプログラマーを目指すなら、まずは自分でスキルを身につける努力をしましょう。

しかしプログラミングの独学は、勉強する時間などの管理を自分でしなければなりません。

したがってモチベーションの維持が難しく、挫折する人が多いです。

もし独学でプログラミングを習得するなら、「絶対にプログラマーになる!」という強い意思が必要になります。

独学でプログラマーを目指す!学習途中で挫折する4つの原因とその対処法

プログラミングスクールで効率よくスキルを身につける

ちか

独学でのプログラミング習得は、正直上手くいくか不安です…。

自分で勉強する以外にプログラミングを身につける方法はないのでしょうか…?

なかがわ

自分一人でプログラミングを勉強する自信がない人は、プログラミングスクールの利用がおすすめです。

プログラミングスクールに通って学習すれば、

  • プログラミングのスキルが習得できる
  • 分からない点は講師に教えてもらえる
  • 学習のモチベーションが維持しやすい

というように勉強する環境が整っているので、効率良くスキルを身につけられます。

ちか

そうなんですね!

おすすめのプログラミングスクールってどこになるんでしょうか?

なかがわ

以下におすすめプログラミングスクールの比較表を用意しました。

プログラミングスクールを選ぶときの参考にしてくださいね。

金額受講期間リモート可おすすめな人
DMM WEBCAMP

¥ 628,000

3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポート

・確実に転職したい人
・ある程度の時間をかけてじっくり学習したい人
・学習期間は教室に通って勉強に集中できる人

GEEK JOB

無料

最短1ヶ月~
最長3ヶ月間

・エンジニアに転職したいけどスクール費用は高くて払えない人
・独学で挫折した人
・必ず転職する意思がある人

TECH::EXPERT

短期集中
スタイル

¥ 598,000

最短10週間〜

・エンジニアに転職したい人
・短期集中で技術を身に着けたい人
・働きながら学習を進めたい社会人

夜間・休日
スタイル

¥ 798,000

6ヶ月

TechAcademy

¥ 99,000〜

最短4週間〜

・スクールに通う時間のない人
・独学では上手く学べなかった人
・現役のエンジニアに学習をサポートして欲しい人

ちか

プログラミングスクールによって、それぞれ特徴や金額が全く違うんですね…!

なかがわ

そうですね。

なので自分に一番合っていそうな特徴のスクールを選んでください。

もしプログラミングスクールについてもっと詳しく知りたければ、

などへの申込みがおすすめです。

プログラミングスクールは未経験からプログラマーを目指す人でも、確実にプログラミングスキルを身につけられます。

スキルを勉強してからの転職活動がおすすめ

未経験の人がプログラマーへ転職をする前にプログラミングを学習したら、転職活動をしましょう。

転職活動に入る前にプログラミングを勉強していれば、有利に転職が進められます。

ちか

転職活動は、どういう流れで進めれば良いのでしょうか?

なかがわ

ではプログラマーへ転職をするために必要なポイントと、おすすめのサービスを紹介しますね。

今から伝えることを実行すれば、プログラマーへの採用率が高まりますよ。

【採用率UP】プログラマー転職を失敗しないための3つのポイントを解説

転職活動する前にポートフォリオの作成が大切

プログラミングを勉強したら、転職活動する前にポートフォリオを作成しましょう。

ポートフォリオとは、自分の持っている技術力を最大限に活用して作った制作物のことです。

あらかじめポートフォリオを作っていれば、

  • 転職希望の企業からスキルを評価してもらいやすい
  • プログラミングを勉強しただけの人との差別化ができる

というように、様々なメリットが得られます。

ちか

ポートフォリオって自分で作れるものですか?

なかがわ

独学だと時間もかかるので、なかなか難しいかもしれませんね。

でもさっき紹介したプログラミングスクール(DMM WEBCAMPなど)へ行けば、学習カリキュラムの中でポートフォリオの作成をサポートしてもらうことも可能です。

転職活動をする前にオリジナルのポートフォリオを作れば、働きやすい企業へ転職しやすくなります。

転職をするなら転職エージェントを使おう

プログラミングを習得してオリジナルのポートフォリオを作成したら、いよいよ転職活動を始めましょう。

未経験からプログラマーになりたければ、IT業界に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを使えば、

  • 他の求人サイトにない仕事を紹介してもらえる
  • 書類や面接の対策も一緒に行ってくれる
  • 転職への不安な点を転職アドバイザーに相談できる

などというように、転職希望者は多くのサービスを受けられます。

ちか

最近、転職エージェントって多いですよね。

どこが一番良いんでしょうか…?

なかがわ

選択肢が多いと迷ってしまいますよね。

それではプログラマーを目指す人のために、おすすめの転職エージェントを3つ紹介しますね。

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

ちか

とりあえずこの3つの転職エージェントに登録しておけば大丈夫ですか?

なかがわ

そうですね。

転職エージェントの利用はどこも無料なので、なるべくたくさん登録しておいて自分に合うエージェントを見つけましょう。

転職エージェントの力を借りれば、未経験でも効率良くプログラマーになれます。

【採用率UP】プログラマー転職を失敗しないための3つのポイントを解説

プログラミングの学習を始める前に、適正チェックを試してみよう

実際にプログラミングをやってみれば、プログラマーへ適正があるかが分かりやすいです。

でもプログラミングの勉強には時間が必要なので、「もっと手っ取り早く自分がプログラマーに向いているか知りたい!」という人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのが「プログラマー適正診断」です。

なかがわ

プログラマー適正診断では、簡単なテストを受けるだけでプログラマーに向いているかが分かるんですよ。

ちか

それはすごく便利ですね!

プログラマーへ向いているかが簡単に分かるサイトなどに関しては、「【簡単に診断】プログラマーに適正のある人の9つの特徴を徹底解説!」という記事で詳しく紹介しています。

今すぐにプログラマーへの適正が知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

まとめ:プログラマーへの適正は実際にプログラミングをやってみて判断すること!

今回は、プログラマーに向いている人の特徴などについて解説しました。

プログラマーへ適正のある人には様々な特徴がありますが、プログラマーへ転職するにはそれ以上に大切なものがあります。

プログラマーを目指すなら、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

プログラマーへの向き不向き以上に大切なポイント3つ
  1. モノを作ることが楽しめるか
  2. プログラマーになってからのビジョンを明確にする
  3. 仕事をする会社の働きやすさ

もし今からプログラマーになりたいなら、向いているかを気にするよりもまずはプログラミングをやってみてください

実際にプログラミングに触れると、自分に適性があるのかが分かりやすいです。

未経験からプログラミングを習得するには、

  • オンラインのプログラミング教材などを使っての独学
  • DMM WEBCAMPのようなプログラミングスクールの利用

という方法がおすすめです。

ちか

自分がプログラマーに向いているか見極めるためにも、一度プログラミングを勉強してみようと思います!

なかがわ

プログラミングが習得できるように頑張ってくださいね。

応援しています!

プログラマーになるには?転職するときに大切な5つのポイントを解説