【採用率UP】プログラマー転職を失敗しないための3つのポイントを解説

この記事でお伝えすること
  1. プログラマーの仕事内容や平均年収
  2. プログラマーへ転職するときに注意すべき3つのこと
  3. プログラマーへの転職を失敗しないための3つのポイント
  4. プログラマーへの選考通過が難しい人の特徴3つ
  5. 未経験からでもプログラマーになる2つの方法

最近は手に職をつけたいと考える人も多く、プログラマーへの転職に注目が集まっています。

そんな中で、

「プログラマーに転職する方法って?」

「転職に失敗しない秘訣はあるの??」

と悩んでいませんか?

ちか

私もプログラマーへの転職に興味があります。

でもプログラマーになるために何をしたらいいか、具体的に分からなくて…。

なかがわ

プログラマーを目指したければ、企業の選考に通過しやすくなるポイントの把握が大切です。

そこで今回は、プログラマーの転職についてお伝えしていきます。

この記事を読めば、プログラマーになる方法が理解できますよ!

プログラマーへの転職を少しでも考えている人は、ぜひ読み進めてくださいね。

プログラマーの仕事内容!システムエンジニアとは違う?

ちか

まずは、プログラマーの仕事内容が知りたいです…!

なかがわ

プログラマーの仕事は簡単に言うと、新しく作るシステムに必要な機能の実装なんですよ。

こちらの図は、システムが開発されるときの流れです。

システムの開発ではまず始めに、新しいシステムに求められる内容をクライアントからヒアリングします。

そしてクライアントの希望を元に、システムの設計図が作成されるのです。

クライアントの意見を聞いたり、設計図を作るのはシステムエンジニアの仕事になります。

プログラマーはシステムエンジニアが作った設計を、プログラミング言語などを使って形にしていく仕事です。

なかがわ

プログラマーとシステムエンジニアは仕事内容が混同されやすいのですが、違う職種なんですよ。

ちか

プログラマーとシステムエンジニア両方の働きがあって、システムが完成するんですね!

SEとプログラマーの違いとは?平均年収や必要な3つのスキルも徹底比較

プログラマーの平均年収はどれくらい?

ちか

IT業界で働くプログラマーは最近注目されていると思うんですけど、年収ってどれくらいなんですか?

プログラマーの平均年収は414万円です。

日本人の平均年収は432万円なので、プログラマーは「すごく稼げる仕事」というわけではありません。

プログラマーはシステムエンジニアなどに比べると業務内容の幅が狭いため、その分あまり年収が高くならないのです。

なかがわ

でも、プログラマーの中にも平均年収以上を稼ぐ人がたくさんいます。

一般的にはプログラマーはあまり稼げないと思われがちです。

しかし稼げるプログラマーになる方法を知って実行すれば、年収1,000万円も夢ではありません。

こちらの「【年収1,000万円】稼げるプログラマーになる3つの方法を徹底解説!」という記事では、プログラマーの収入や年収アップの秘訣まで解説しています。

ぜひ合わせて読んでみてください。

プログラマーとして働くなら、自分に合う企業選びが大切

プログラマーは一生モノのスキルを身につけて仕事ができる、将来性の高い職種です。

今からプログラマーになれば、実力次第で開発の現場で貢献できる人材を目指せます。

なかがわ

しかしプログラマーが働くIT業界には、労働者が働きにくい企業も存在するんです。

もしブラック企業のプログラマーに転職した場合、早期退職する原因になってしまいます。

ちか

プログラマーに転職してすぐの退職は絶対したくありません…!

なのでプログラマーとして長く仕事をするには、働く企業選びが重要です。

プログラマー志望者が転職を成功させたければ、転職先の企業の情報をしっかりと集めましょう。

より充実した会社の情報が欲しければ、マイナビエージェントITのような転職エージェントを利用してみてください。

そうすれば転職エージェントしか知らない、ネット上にはない企業の情報を知れますよ。

ちか

持っている情報が多ければ、有利に転職活動を進められそうですね!

未経験だとムリ?今からプログラマーになれるたった5つの方法を公開!

プログラマーへ転職するときの企業選びで注意すべき3つのこと

ちか

プログラマーへ上手く転職したければ、企業選びで何か気をつけるべきポイントってありますか…?

なかがわ

はい。

ブラック企業で消耗しないためにも、注意した方が良い点が3つあります。

プログラマーへ転職するときの企業選びで注意すべき3つのこと
  1. みなし残業や休日出勤などの勤務体系
  2. 有給や産休など、福利厚生の取得実績
  3. やりたい仕事を任せてもらえるか

ひとつずつ順番に見ていきましょう。

注意点1.みなし残業や休日出勤などの勤務体系

プログラマーに転職をするときは、求人情報に載っている残業や休日などの勤務体系に注意しましょう。

例えば、

  • 月給は標準よりも高く設定されていても、「◯時間のみなし残業代込み」と書かれている
  • 「現場によっては」休日出勤するケースもあると言っている
  • 残業代について記載がない

という場合は要注意です。

どんなに残業してもお金を支払ってもらえなかったり、過酷な現場で休日出勤させられる危険性があります。

なかがわ

もちろん会社によっては、残業がほとんどないから「◯時間のみなし残業代込み」で得をする場合もありますよ。

求人票の情報が一概に間違っているわけではありませんが、ブラック企業に引っかからないためにも疑うくらいが丁度良いでしょう。

注意点2.有給や産休など、福利厚生の取得実績

有給や産休、育休など、会社員の福利厚生の取得実績があるかも、プログラマーへの転職において大切です。

最近では社員が働きやすいように、

  • 有給の取得
  • 子供のいる人への時短勤務
  • 性別に関係のない育休の取得

などに対して、柔軟に対応する会社が増えています。

なかがわ

しかし、実際はまだまだ福利厚生が形だけの企業も多いんです。

形式上は有給や育休などの取得を推進していても、実際に働いている人は全く休めていない場合があります。

なので転職先の会社に、有給などの取得率をあらかじめ確認しておくと良いです。

福利厚生のメリットがきちんと社員に還元されているかは、ブラック企業を見極めるポイントとなります。

注意点3.やりたい仕事を任せてもらえるか

プログラマーへ転職するときに注意すべきなのが、やりたい仕事を任せてもらえるかです。

プログラマーになりたい人は、何かしら自分で作りたいものや実現したいシステムなどがあると思います。

高い技術力を身につけたい人もいるでしょう。

なかがわ

でもプログラマーが働く会社の中には、何年も同じ仕事しかやらせてもらえず、スキルが全く伸びない人もいるんです。

それでは働くモチベーションも下がって、仕事が楽しくなくなりますよね。

したがってプログラマーとして転職したい企業と面接をしたとき、社員の希望に沿った仕事をさせてもらえるかを聞いておいてください。

ちか

やりがいを持って働くためには、事前のチェックが大切なんですね!

プログラマーへの転職を失敗しないための3つのポイント

ちか

プログラマーへの転職を成功させるために、何かやっておくことってありますか?

なかがわ

そうですね。

プログラマーへの転職を失敗しないためには、大切なポイントがあります。

プログラマーへの転職を失敗しないための3つのポイント
  1. プログラマーになったことを後悔しないよう、業界の知識を深める
  2. 転職先へ自分をアピールできるポートフォリオの作成
  3. 将来に対する明確なビジョンを持つ

ここでは、プログラマーへの転職を成功させる3つのポイントを解説しますね。

ポイント1.プログラマーになったことを後悔しないよう、業界の知識を深める

プログラマーへの転職を考えるなら、IT業界の知識を深めましょう。

最近は、「なんとなく手に職をつけられそうだから…」とIT業界を目指す人が多いです。

そのため業界で働き出してからのイメージとのギャップに耐えられなくなり、すぐに辞めてしまう人もいます。

プログラマーに転職をしたければ、

  • IT業界で働く人にはどんな職種があるのか
  • システムの開発はどういう流れで行っているのか

など、事前にしっかりとIT業界について理解をしてください。

そうすれば、プログラマーに転職した後の早期退職や後悔がなくなります。

ちか

長期的にIT業界で働くなら、知識は幅い方がプラスになりそうですね!

ポイント2.転職先へ自分をアピールできるポートフォリオの作成

プログラマーへ転職したければ、実際にプログラミングを学習してみてください。

自分で積極的にスキルを学んだら、転職先の企業へやる気をアピールできます。

 

しかし他の転職希望者と差をつけるには、学んだ内容を活かしたポートフォリオの作成がおすすめです。

自分の制作物があると選考を受ける会社からの評価がぐっと高くなって、プログラマーに転職しやすくなります。

ちか

でも、ポートフォリオを作るのって難しそう…。

私にもできますか?

なかがわ

もちろんです!

DMM WEBCAMPTECH::EXPERTのようなプログラミングスクールへ行けば、カリキュラムの中で成果物を作れますよ。

プログラマーとして成長しやすい企業へ行きたければ、転職する前にプログラミングを学んでポートフォリオを作りましょう。

ポイント3.将来に対する明確なビジョンを持つ

将来の明確なビジョンを持っていると、プログラマーへの転職が成功しやすくなります。

IT業界への転職を考える人の中には、具体的な未来への目標が描けていない人が意外にも多いです。

したがって、

  • 5年後、10年後にどんなキャリアに進んでいたいか
  • 作りたいものは何なのか
  • 将来の目標を達成するためにどんな努力をするのか

などという点を考えておくだけで、採用されやすくなります。

「なんで自分がプログラマーになりたいのか」などの思考を、一度洗い出してみると良いですね。

未経験だと簡単に採用はされない?選考通過が難しい人の特徴3つ

今回は、プログラマーへの転職を成功させるポイントを紹介しています。

なかがわ

でもいくらIT業界が人手不足だからといって、誰でもプログラマーとして採用されるわけではありません。

ここでは、プログラマーとして転職が難しい人の特徴を3つ解説します。

プログラマーへの選考通過が難しい人の特徴3つ
  1. 28歳以上だと年齢で採用されない場合もある
  2. 何の努力もしない完全未経験な人
  3. やる気や将来の伸びしろを感じられない人

プログラマーへの転職を考えるなら、自分に当てはまらないかチェックしておきましょう。

【簡単に診断】プログラマーに適正のある人の9つの特徴を徹底解説!

特徴1.28歳以上だと年齢で採用されない場合もある

プログラマーへの転職が難しいのは、28歳以上の年齢の人です。

ちか

プログラマーの採用には年齢制限があるんですか!?

なかがわ

そうですね。

未経験からのプログラマー採用をしている会社の中には、年齢によっては採用しない企業もあります。

未経験から人を採用するなら少しでも若い人の方が、

  • 成長性が高い
  • 長期的なキャリアを築きやすい
  • 素直に仕事に取り組める

など、企業側にとってのメリットが大きいです。

なので未経験採用の年齢のボーダーラインが、28歳だと言われています。

 

しかし実力とやる気次第では、28歳以上であってもプログラマーになるチャンスはあるので安心してください。

もし28歳以上でプログラマーを目指すなら、GEEK JOBのようなプログラミングスクールでスキルを身につけましょう。

なかがわ

「スクールで勉強した」という実績があれば、企業に評価されやすくなりますよ。

ちか

年齢が高いほどプログラマーへの転職は難しくなるけど、努力すれば大丈夫なんですね!

特徴2.何の努力もしない完全未経験な人 

完全な未経験なのに何の努力もしない人は、プログラマーへ転職できません。

IT業界は人手が足りていないため、未経験の人でも積極的に採用しています。

とはいえ「プログラマーになりたい」という目標のために何も行動をしていない人は、企業から必要とされないです。

なかがわ

プログラマーへ転職を考える人のほとんどは、独学やプログラミングスクールなどでスキルを学びながら転職活動をしています。

プログラマーは未経験からでも目指せますが、気持ちだけが大きくても採用されないのです。

特徴3.やる気や将来の伸びしろを感じられない人

プログラマーはやる気や将来の伸びしろが感じられない人だと、採用の選考を通りません。

IT業界は将来性が高いので、

  • 一生安泰で働ける
  • 未経験でも採用される
  • 給料が良さそう

などという、軽いイメージが理由でプログラマーを目指す人も多いです。

 

でも、当たり前ですがプログラマーの仕事は簡単なわけではありません。

やる気のない人を育てるのは、企業にとっても大きなコストがかかります。

なかがわ

なので「なんとなく」でプログラマーになろうと採用選考を受ける人は、面接の段階でやる気が感じられず不採用となるんです。

プログラマーになりたいなら、「何でなりたいのか」「なって何がしたいのか」を明確にしてください。

未経験からでもプログラマーになる2つの方法

ちか

未経験からプログラマーになろうと思うと、どういう行動をとれば良いんでしょうか…?

なかがわ

業界の経験がない人がプログラマーになる方法は2つあります。

未経験からでもプログラマーになる2つの方法
  1. プログラミングスクールで実績を作って転職する
  2. 転職エージェントを使って効率的に転職する

方法1.プログラミングスクールで実績を作って転職する

未経験の人がプログラマーになりたければ、プログラミングスクールで学習してからの転職をおすすめします。

プログラミングスクールへ行けば、

  • エンジニアへの転職に必要な技術を勉強できる
  • 勉強をしていて分からない点は講師に質問できる
  • 学習のモチベーションが高まりやすい

という点から、効率良くスキルを身につけて転職することが可能です。

ちか

人気のプログラミングスクールはどこになるんでしょうか?

なかがわ

では、おすすめのプログラミングスクールをお伝えします。

以下の表で、プログラミングスクールの料金や特徴を比較しました。

金額受講期間リモート可おすすめな人
DMM WEBCAMP

¥ 628,000

3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポート

・確実に転職したい人
・ある程度の時間をかけてじっくり学習したい人
・学習期間は教室に通って勉強に集中できる人

GEEK JOB

無料

最短1ヶ月~
最長3ヶ月間

・エンジニアに転職したいけどスクール費用は高くて払えない人
・独学で挫折した人
・必ず転職する意思がある人

TECH::EXPERT

短期集中
スタイル

¥ 598,000

最短10週間〜

・エンジニアに転職したい人
・短期集中で技術を身に着けたい人
・働きながら学習を進めたい社会人

夜間・休日
スタイル

¥ 798,000

6ヶ月

TechAcademy

¥ 99,000〜

最短4週間〜

・スクールに通う時間のない人
・独学では上手く学べなかった人
・現役のエンジニアに学習をサポートして欲しい人

ちか

各プログラミングスクールで結構変わってくるんですね!

なかがわ

そうですね。

なので自分の支払える金額や学習意欲などを踏まえた上で、スクールを選択してください。

もしプログラミングスクールの雰囲気を知りたいなら、

などへの申込みがおすすめです。

実際に自分で足を運べば、プログラミングスクールで学ぶイメージを掴みやすくなります。

今からプログラマーになりたいなら、ぜひ一度チェックしておきましょう。

方法2.転職エージェントを使って効率的に転職する

未経験からプログラマーを目指すなら、IT業界に強い転職エージェントを使ってみてください。

転職エージェントを利用すれば、

  • 履歴書や職務経歴書などの書類を添削してくれる
  • 面接の練習もしてもらえる
  • 非公開求人に応募できる

というように、転職をしっかりサポートしてくれます。

ちか

最近は転職エージェントもすごく増えていますよね!

どの転職エージェントが良いんでしょうか…?

なかがわ

選択肢が多すぎると迷ってしまいますよね。

ここでは、おすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

ちか

この3社に登録しておけば大丈夫ですか?

なかがわ

そうですね。

登録はどの転職エージェントも無料なので、3つ登録して自分に一番合うエージェントを選んでください。

確実にプログラマーになりたければ、転職エージェントを効率よく利用しましょう。

まとめ:プログラマーへの転職を成功させるには、正確な情報と実績が重要!

今回は、プログラマーへ転職する方法などについて解説しました。

プログラマーは手に職をつけて仕事ができる、やりがいのある職種です。

プログラマーへの転職を成功させるポイント
  1. IT業界の知識を身につける
  2. 将来のビジョンを明確にする
  3. 転職エージェントを使って働きやすい会社を選ぶ(おすすめはマイナビエージェントIT
  4. TECH::EXPERTのようなプログラミングスクールで勉強をして、ポートフォリオを作る

ちか

プログラマーへの転職方法や、注意すべき点などが分かって良かったです!

私もプログラマーを目指して、まずはプログラミングスクールへ行ってみようと思います!

なかがわ

転職する前から勉強すれば、評価は高くなりますよ。

転職が成功するように頑張ってくださいね!

[プログラミングスクール比較記事]