【簡単に診断】プログラマーに適正のある人の9つの特徴を徹底解説!

この記事でお伝えすること
  1. プログラマーに適正のある人の9つの特徴
  2. プログラマーに適正のない人の特徴3つ
  3. 適正があるか分かるおすすめのプログラマー検査サイト
  4. 本当にプログラマーへの適性があるか知る方法

最近では転職をするときに「手に職をつけたい」と考える人が多く、プログラマーに注目が集まっています。

そんな中で、

「自分はプログラマーに向いている…?」

「適正がある人はどんな特徴を持っているんだろう…?」

と疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。

ちか

プログラマーを目指したい気持ちはあるんですけど、自分に向いているのか分からなくて…。

なかがわ

未経験の仕事を始めるとき、自分に適正があるかは気になるポイントですよね。

そこで今回は、プログラマーに適正がある人の特徴についてお伝えしていきます。

プログラマーに向いているか分かる診断サイトも紹介するので、少しでもプログラマーに興味のある人はぜひ読んでくださいね。

そもそもプログラマーの仕事とは…?

ちか

プログラマーの仕事って、そもそもどういう感じなんですか?

なかがわ

システムの開発は、以下の図のような流れで行われています。

プログラマーの仕事を理解するには、まずはシステム開発の流れを知りましょう。

システムを開発する場合、まずはシステムエンジニアによって顧客の要望がヒアリングされます。

そして、希望の内容を形にするためのシステム設計が作成されるのです。

プログラマーは、システムエンジニアが作った設計を元にプログラミング言語でシステムを実装します。

なかがわ

プログラマーとシステムエンジニアの協力があって、ひとつのシステムが完成するんです。

【誰でも分かる】プログラマーの仕事内容とやりがい3つを徹底解説!

プログラマーに適正のある人の9つの特徴!チェックしてみよう

ちか

プログラマーって専門的なイメージが強いんですけど、どういう人に向いている職種なんでしょうか?

なかがわ

プログラマーに適正のある人の特徴は9つあります。

順番に解説するので、自分に当てはまるかチェックしながら読み進めてくださいね。

プログラマーに適正のある人の9つの特徴
  1. 論理的思考力が高い
  2. 高いコミュニケーション力を持っている
  3. 忙しさにも耐えられる、体力に自信がある人
  4. 仕事に対しての集中力が高い
  5. 新しいものを勉強するのが好きな人
  6. 多くのことを吸収して、素直に行動できる
  7. 周囲の人との協調性が高い
  8. 粘り強く問題に向き合える強さ
  9. クライアントの問題を解決する柔軟な思考力

特徴1.論理的思考力が高い

論理的な思考力が高い人は、プログラマーに向いています。

プログラマーの主な仕事は、システムエンジニアが作った設計を元にしたプログラミングです。

設計はシステムに不具合が起こらないよう、詳細に作られています。

そのため実際にシステムの機能を実装するとき、

  • 一部の機能を変更したら、どこに影響が出るか考える
  • 確実に問題が起こらないコードを考えて書く

など、システム全体が繋がったものとして、ロジカルに捉えなければなりません。

ひとつのシステムに対して筋道を立てて考える力は、開発を成功させるために必須です。

特徴2.高いコミュニケーション力を持っている

プログラマーには高いコミュニケーション力があると有利です。

ちか

プログラマーって人と関わる印象が全くないんですけど、コミュニケーション力が求められるんですね!

なかがわ

プログラマーと聞くと、一日中パソコンを触ってプログラミングをしていると思う人もたくさんいます。

でも実際の開発現場では、

  • システムエンジニア
  • 他のプログラマー
  • プロジェクトマネージャー

など、プログラマーであっても様々な職種の人と接する機会が多いです。

なので今の開発状況を的確に説明できたり、他人の考えを察する力があると、仕事が円滑に進みます。

ちか

システムの開発を上手く行うには、人との関わりも大切にしないといけないんですね!

特徴3.忙しさにも耐えられる、体力に自信がある人

多忙な時期でも耐えられる体力を持っている人も、プログラマーへの適性があります。

なかがわ

プログラマーは意外にも体力勝負な面がある職種なんです。

システム開発は、

  • システムの納期が近い
  • クライアントからシステムに機能の追加を求められた
  • 開発の進捗が悪い

という場合には、残業や休日出勤をしてでも仕事を終らせる必要があります。

クライアントがいて開発の案件が生まれるので、納期を守ったり、クライアントの要望を叶えることは重要です。

したがって、忙しい時期でも乗り越えられるタフさがなければなりません。

ちか

プログラマーの仕事は、意外と過酷なんですね…!

なかがわ

もちろん常に忙しいわけではありませんが、大変なときもあると頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

しかしプログラマーが働く会社の中には、毎日の長時間におよぶ残業や休日出勤で働くのが辛い会社もあります。

もしブラック企業に勤めた場合、どんなに体力があっても精神的に病む危険性が高いです。

なかがわ

なので本当に仕事が辛い企業で働いている場合は、早めの転職を検討してください。

最近はレバテックキャリアのようなIT業界に強い転職エージェントも多いので、あなたに合った会社が見つかるはずです。

ちか

プログラマーに体力は必要だけど、企業によって求められる労働力も異なるんですね!

特徴4.仕事に対しての集中力が高い

プログラマーに向いているのは、仕事に対しての集中力が高い人です。

プログラマーの仕事であるシステム機能の実装は、パソコンの画面に向かってずっと行います。

なかがわ

なので長時間、画面に向かってプログラミングに没頭する必要があるんです。

毎日の仕事に熱中できないと設計通りのシステムが作れなくなって、開発が上手く進みません。

自分の仕事をきちんと遂行するのは基本だと感じる人もいるかもしれませんが、プログラマーは特に集中力が求められます。

特徴5.新しいものを勉強するのが好きな人

新しい知識の習得が苦にならない人もプログラマーへの適性があるでしょう。

プログラマーが仕事で使っているプログラミングなどの技術は、日々新しいものが導入されていきます。

なかがわ

少し前まで最新の技術だったものでも、すぐに廃れる場合もあるんです。

そのため新しいスキルが世の中に出てきたときに習得できないと、現場で活躍するプログラマーにはなれません。

IT業界のいろんな情報に対して常にアンテナを張って、好奇心を持って学べる人であれば、プログラマーに向いています。

特徴6.多くのことを吸収して、素直に行動できる

プログラマーは、多くのことを吸収できる素直さを持った人にも向いています。

未経験からプログラマーになった場合、多くの技術を勉強して実践できるようにならないといけません。

したがって、

  • 人から教わった内容を自分のものにするための努力
  • 技術を習得しようとする積極性

などが大切です。

プログラマーの仕事は簡単ではありませんが、努力と素直さがあれば、高い成長性が見込めます。

プログラマーとして成長するために必要なこと
  1. 人から教わったものを吸収するための努力
  2. 先輩からの指導を受け入れる素直さ
  3. 自発的に技術を学ぶ積極性

特徴7.周囲の人との協調性が高い

プログラマーに必要なのは、周囲の人と上手くやれる高い協調性です。

システム開発を行う現場では、プログラマー以外にも多くの人が関わっています。

なので、

  • 他人の意見を理解する
  • 自分の考えを人に伝える
  • 周囲の空気感を察知する

という点が、開発を進める上で欠かせません。

プログラマーには、周りの人と上手く連携を取れる協調性が求められます。

特徴8.粘り強く問題に向き合える強さ

物事に粘り強く向き合える人もプログラマーへの適正があると言えます。

プログラマーはプログラミングをして開発を進めますが、何の問題もなくシステムが完成することはほぼありません。

ちか

システム機能の実装って、やっぱり大変なんですね…。

正しくコードを書いたつもりでも上手くいかないときは、問題点を探して解決することが必要です。

しかし課題に対処しようと思っても、解決の糸口が見つからないと多くの時間がかかってしまいます。

なかがわ

とはいえシステム開発を完成させるには、途中で投げ出すわけにはいきませんよね。

どんなシチュエーションでも、開発を遂行できるまで誠実に仕事ができる人は現場でも重宝されます。

問題にしっかりと取り組める精神的な強さがある人は、プログラマーへ向いているでしょう。

特徴9.クライアントの問題を解決する柔軟な思考力

プログラマーに適正があるのは、柔軟な思考力を持った人です。

プログラマーはシステムエンジニアが作った設計を元に、システム開発を行います。

でも途中でクライアントの要望が変わったり、問題が出てきた場合、途中まで作ったシステムを変更しなければなりません。

このとき、

  • 顧客が求めるものに何が必要なのか
  • 解決するためにどうすれば良いか

などを考える力がプログラマーには必要です。

クライアントの悩みに寄り添って思考を凝らせる人が、プログラマーには向いています。

【採用率UP】プログラマー転職を失敗しないための3つのポイントを解説

プログラマーに適正のない人の特徴3つ

なかがわ

先程プログラマーに適正のある人の9つの特徴を解説しました。

でも、逆に向いていない人の特徴もあるんです。

ちか

へぇ〜、そうなんですね!

知りたいです。

ここでは、プログラマーに適正のない人の3つの特徴を順番に解説します。

プログラマーに適正のない人の特徴3つ
  1. なんとなく手に職をつけたいだけ
  2. プログラミングに興味がない
  3. 将来のビジョンが明確でない

1.なんとなく手に職をつけたいだけ

プログラマーに向いていないのは、なんとなく手に職をつけいたいと考えている人です。

最近はIT業界が人材不足のため、プログラマーを目指す人も多くいます。

しかし「なんとなく」でプログラマーになる人は、前もって仕事内容や業界について調べていません。

その結果、自分のプログラマーへのイメージと実際とのギャップが大きくなり、すぐに辞めたくなってしまいます。

なかがわ

プログラマーになりたいなら、仕事の詳細などについてあらかじめリサーチしておきましょう。

2.プログラミングに興味がない

そもそもプログラミングに興味がない人は、プログラマーに向きません。

プログラマーになる人の中には、「プログラミングは好きではないけど、IT業界の市場が大きいから…」という理由で割り切って仕事をする人もいます。

ちか

プログラミングに興味がない人もプログラマーにいるんですね…!

なかがわ

もちろんそれで本人が納得して仕事ができれば良いですが、仕事は楽しめませんよね。

プログラミングに関心がないと、新しい技術を積極的に学ぶのもしんどいです。

すると現場の開発についていけなくなり、必要とされない人になってしまいます。

3.将来のビジョンが明確でない

プログラマーは、将来のビジョンが明確でない人には適正がないです。

プログラマーとして働きたいなら、ずっと人から指示された仕事だけをやれば良いわけではありません。

5年、10年とプログラマーとして仕事をする中で、

  • 何ができるようになりたいのか
  • どういうキャリアを歩みたいのか

という点を明確にしておくことが大切です。

未来のなりたい姿が思い描けていると、達成するために必要なものが見えてきます。

なかがわ

逆に将来像が不明瞭だと働く中で考えがブレて、何のために仕事をしてるか分からなくなるんですよ。

適正がないのにプログラマーになると多くの問題が起こる

適性がないのにプログラマーになった場合、多くの問題が起こります。

例えば、

  • 開発についていけなくて早期退職をする
  • 仕事内容が理解できなくて辛い
  • 長期的に働く姿が思い描けない

など、適正がないと働く上でのデメリットが大きいです。

ちか

せっかく転職しても、すぐに辞めるなんてことはしたくありません…!

なかがわ

そう思うのは当たり前ですよね。

なのでプログラマーへ転職をする前に、自分がプログラマーに向いているのかしっかりとチェックしておきましょう。

最も大切なのはプログラミングを楽しめるかどうか

ここまで、プログラマーに適正のある人とない人の特徴をそれぞれ解説しました。

転職をして実際に企業で働く前に、自分がプログラマーに向いているかを知っておくのは重要になります。

しかしプログラマーへの適性よりも大切なのが、プログラミングを楽しめるかどうかでです。

したがって実際にシステムを作ってみて、やりがいを感じられたらプログラマーを目指すと良いでしょう。

ちか

でもシステムのプログラミングなんて、就職しないとできないんじゃないんですか…?

なかがわ

プログラマーに転職する前にプログラミングスクールへ行けば、開発を体験できますよ。

特にプログラミングスクールのDMM WEBCAMPでは、カリキュラムの中でオリジナルのポートフォリオを作れるのでおすすめです。

プログラマーになりたいなら、一度プログラミングを体験してみてください。

適正があるか分かる!おすすめのプログラマー検査サイト3つ

ちか

プログラマーへの適正が簡単に分かる方法ってありますか…?

なかがわ

はい。

最近では、問題に回答するだけでプログラマーに向いている度合いが分かるサイトがあるんですよ。

ここでは特におすすめのプログラマー検査サイトを3つ紹介しますね。

おすすめのプログラマー検査サイト3つ
  1. エンジニアリング協会「エンジニアリング業界 適正診断」
  2. GEEK GARL LABO「プログラマー診断」
  3. PROGRAMASTER「プログラマー無料適性チェック」

1.エンジニアリング協会「エンジニアリング業界 適正診断」

プログラマーへの適性が知りたければ、一般財団法人エンジニアリング協会が運営する「エンジニアリング業界 適正診断」がおすすめです。

エンジニアとして働いたことのない人でも日常生活における行動の傾向から、エンジニアに向いているかを診断してくれます。

計算問題や登録も必要ないので、気軽にやってみてください。

一般財団法人エンジニアリング協会の「エンジニアリング業界 適正診断」はこちら

2.GEEK GARL LABO「プログラマー診断」

プログラマーになりたいなら、女性のためのプログラミングスクールGEEK GARL LABOが作成している「プログラマー診断」も受けてみてください。

簡単な思考力を試す問題をやるだけで、あなたにプログラマーが向いているのか点数を出してくれます。

問題数も3問とかなり少ないので、空いた時間にぜひチェックしてみましょう。

GEEK GARL LABOの「プログラマー診断」はこちら

3.PROGRAMASTER「プログラマー無料適性チェック」

在宅でプログラミングが学べる講座を運営するPROGRAMASTERが作った「プログラマー無料適性チェック」もプログラマーへの適性が知りたい人におすすめです。

16問の計算や論理的思考力が問われる問題に回答すると、どれくらいプログラマーへの適正があるのかが見れます。

問題の正誤だけでなく回答にかかった時間などもチェックの対象なので、より詳細なデータを得ることが可能です。

PROGRAMASTERの「プログラマー無料適性チェック」はこちら

プログラマーへの適性がちゃんと知りたいなら…

簡単にプログラマーに向いているか検査できるサイトは、気軽にできるので便利でおすすめです。

なかがわ

でも本当にちゃんとした適正は、サイトの診断だけでは分かりにくいんですよ。

ちか

プログラマーに向いているかを正確に知るにはどうしたら良いんでしょうか?

プログラマーへの適性を明確に把握するには、おすすめの方法が2つあります。

プログラマーへの適性を正確に知る2つの方法
  1. プログラミングスクールで実際に体験をしてみる
  2. 転職エージェントに詳しく相談をする

プログラミングスクールで実際に体験をしてみる

プログラマーへの適正があるか知りたければ、プログラミングスクールを利用しましょう。

プログラマーに向いているかは、実際にプログラミングをやってみないと分かりません。

プログラミングスクールへ行けば、

  • エンジニアへの転職に必要な技術を勉強できる
  • 勉強をしていて分からない点は講師に質問できる
  • 学習のモチベーションが高まりやすい

という点から、効率良くスキルを勉強できます。

ちか

人気のプログラミングスクールはどこになるんでしょうか?

なかがわ

では、おすすめのプログラミングスクールをお伝えします。

以下の表で、プログラミングスクールの料金や特徴を比較しました。

金額受講期間リモート可おすすめな人
DMM WEBCAMP

¥ 628,000

3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポート

・確実に転職したい人
・ある程度の時間をかけてじっくり学習したい人
・学習期間は教室に通って勉強に集中できる人

GEEK JOB

無料

最短1ヶ月~
最長3ヶ月間

・エンジニアに転職したいけどスクール費用は高くて払えない人
・独学で挫折した人
・必ず転職する意思がある人

TECH::EXPERT

短期集中
スタイル

¥ 598,000

最短10週間〜

・エンジニアに転職したい人
・短期集中で技術を身に着けたい人
・働きながら学習を進めたい社会人

夜間・休日
スタイル

¥ 798,000

6ヶ月

TechAcademy

¥ 99,000〜

最短4週間〜

・スクールに通う時間のない人
・独学では上手く学べなかった人
・現役のエンジニアに学習をサポートして欲しい人

ちか

各プログラミングスクールで結構変わってくるんですね!

なかがわ

そうですね。

なので自分の支払える金額や学習意欲などを踏まえた上で、スクールを選択してください。

もし気軽にプログラミングをやってみたいなら、GEEK JOBの無料プログラミング体験がおすすめです。

プログラミングスクールでプログラミングを行えば、プログラマーのやりがいや適正が知れますよ。

転職エージェントに詳しく相談をする

IT業界に強い転職エージェントを利用すれば、プログラマーへの適正があるのかが見えてきます。

転職エージェントは、

  • 履歴書や職務経歴書などの書類を添削してくれる
  • 面接の練習もしてもらえる
  • 非公開求人に応募できる

というように、転職をしっかりサポートしてくれるものです。

なかがわ

プログラマーに興味があるなら、IT業界に強い転職エージェントと話をしてみてください。

転職エージェントには転職について詳しいアドバイザーがいるので、転職先の職業への相談も親身に乗ってもらえます。

ちか

最近は転職エージェントもすごく増えていますよね!

どの転職エージェントが良いんでしょうか…?

なかがわ

選択肢が多すぎると迷ってしまいますよね。

ここでは、おすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

ちか

この3社に相談してみたら大丈夫ですか?

なかがわ

そうですね。

利用はどの転職エージェントも無料なので、3社全てに相談することをおすすめします。

様々なエージェントからの話を聞けたら、プログラマーへのイメージも広がりますよ。

プログラマーに向いているか知りたければ情報収集は大切です。

まとめ:プログラマーになりたいなら適正は重要なポイント!

今回は、プログラマーに適正がある人の特徴などについて解説しました。

プログラマーになりたいなら自分に向いているかを前もって知っていた方が、業界でも活躍できる人材になれます。

 

とはいえ、やったことのない仕事の適性は簡単には分かりません。

なのでTECH::EXPERTのようなプログラミングスクールへ行って、実際に自分でプログラミングを体験することをおすすめします。

そこでプログラミングを楽しめるかどうかで適正を判断すれば、ほぼ間違いありません。

ちか

プログラマーに適正があるかよく分からないから、まずはプログラミングスクールの無料体験に行ってみようと思います!

なかがわ

プログラミングが楽しいと思えたら良いですね!

頑張ってください!

プログラマーになるには?転職するときに大切な5つのポイントを解説