【需要拡大】未経験からPythonのプログラマーになれるスクール3選

この記事でお伝えすること
  1. Pythonの特徴
  2. Pythonエンジニアの年収
  3. 未経験者がPythonを独学で習得する3つのツール
  4. 未経験でも安心して学べるプログラミングスクール3選
  5. pythonのプログラマーになる方法

最近は手に職をつけて働きたいという理由から、プログラマーへの転職を考える人が増えています。

この記事を読んでいるあなたは、

「Pythonを扱うプログラマーになるにはどうすれば良いの…?」

「そもそもPythonって何ができるんだろう…?」

と悩んでいるのではないでしょうか。

ちか

私はプログラマーへの転職を考えているんですけど、Pythonについて詳しく知りたいです!

なかがわ

Pythonは需要が大きくて注目されているプログラミング言語なんですよ。

今回は、Pythonのプログラマーについてお伝えしていきます。

この記事を読めば、未経験からPythonプログラマーになる方法が理解できますよ!

Pythonについて知識を深めたい人は、ぜひ読み進めてくださいね。

今注目されているプログラミング言語「Python」

「Python(パイソン)」は私達の暮らしを便利にするシステムを作る、プログラミング言語の一種です。

ちか

そもそもPythonってどういうプログラミング言語なんでしょうか?

なかがわ

では、ここでPythonの特徴やできることなどを解説しますね。

Pythonの特徴とは?

Pythonは最近注目されているプログラミング言語です。

Pythonは、

  • 短い構文で作りたい機能を作成できる
  • 開発を便利にするライブラリが豊富

という特徴を持っています。

一般的にプログラミングは複雑で難しいイメージを持つ人が多いですが、Pythonはシンプルなコードの記述で動くように作られています。

なのでプログラミング初心者でも理解しやすく、比較的簡単に作りたいシステムを実装することが可能です。

PythonはAI開発やデータ解析など、できることは多い

Pythonはひとつの分野の開発に特化したプログラミング言語ではありません。

PythonはWebサービスやIoT、ゲームなど、いろいろな開発に利用できる汎用性の高いプログラミング言語となっています。

誰もが利用したことがある、

  • YouTube
  • Instagram

なども、Pythonで作られているサービスです。

ちか

Pythonはいろんな開発ができる、すごく便利なプログラミング言語なんですね!

なかがわ

そうですね。

その中でもPythonでの開発と特に相性が良いのが、人工知能や機械学習です。

AI技術の進歩については、ニュースなどで耳にしたことのある人もいるのではないでしょうか。

Pythonは様々なものを実現しやすいプログラミング言語で、特に機械学習に関わりたい人にはおすすめとなっています。

Pythonエンジニアはどれくらい稼げる?

ちか

Pythonを扱うエンジニアになった場合、その年収ってどれくらいになるんでしょうか?

なかがわ

今からプログラマーを目指すなら、どれくらい稼げるかは気になるポイントですよね。

株式会社ビズリーチが運営する求人検索サイト「スタンバイ」が発表した「プログラミング言語別年収ランキング2018」のデータによると、Pythonエンジニアの年収の中央値は575.1万円です。

その年収は昨年の同じデータと比較して1.7倍となっており、Pythonの需要がどれだけ大きいかがよく分かります。

またPythonのニーズは今後もまだまだ伸びると言われているので、今からPythonのエンジニアを目指すのはおすすめです。

【年収1,000万円】稼げるプログラマーになる3つの方法を徹底解説!

Pythonに興味があるならまずはやってみることがおすすめ

ちか

Pythonのプログラマーは将来性が高くて稼げるんですね!

なかがわ

そうですね。

他のプログラミング言語と比べて学ぶメリットは豊富ですよ。

もし機械学習に関われるPythonに興味があるなら、まずは実際にプログラミングをやってみるのがおすすめです。

Pythonでのプログラミングを勉強すると、

  • Pythonの特徴が理解できる
  • プログラミングの基礎が習得できる

ということから、自分にPythonでのプログラミングが向いているかが分かります。

プログラミングを勉強してからマイナビエージェントITのような転職エージェントを使って転職活動をすれば、採用にも有利になりますよ。

Pythonのプログラマーへ転職を考えているなら、先にプログラミングを学んでみましょう。

未経験者がPythonを独学で習得する3つのツール

ちか

未経験からPythonのプログラマーに必要な知識を勉強するには、どうすれば良いんでしょうか…?

なかがわ

Pythonに興味があるなら、まずは独学で勉強してみてください。

最近は独学でもPythonを学べる学習ツールがたくさんあります。

ここでは、未経験からPythonを学んでみたい人におすすめのツールを3つ紹介しますね。

未経験者がPythonを独学で習得する3つのツール
  1. Progate(プロゲート)
  2. ドットインストール
  3. Schoo(スクー)

1.Progate(プロゲート)

未経験からPythonを勉強したければ、Progate(プロゲート)」がおすすめ。

Progeteは未経験から始められるオンラインのプログラミング教材です。

月額980円でPythonを含む16コース78レッスンが、どれでも受け放題となっています。

なかがわ

レッスンのスライドに図解やキャラクターが多くて分かりやすいと、多くのプログラミング初心者から人気な教材なんですよ。

分かりやすいスライドで学習した後は、実際に自分でコードを書く流れになっているので知識が定着しやすいのも特徴です。

Progateは月額980円以上の価値を感じられる、おすすめのプログラミング学習ツールとなっています。

一部は無料で利用できるので、教材の雰囲気を知るためにもぜひ試してみてください。

2.ドットインストール

ドットインストールもPythonを独学で習得するのにおすすめです。

ドットインストールは、無料で視聴できるプログラミングの動画教材となっています。

1本の動画の時間も3分と短いため、自分の空いた時間を有効に活用して勉強を進めることが可能です。

中上級者向けのプレミアムレッスンだと月額980円が必要ですが、Pythonの初級者向けコースは無料になります。

ちか

短い動画なら集中して勉強できそうですね!

3.Schoo(スクー)

今からPythonを学びたいならSchoo(スクー)」がおすすめとなります。

Schooは学校の授業みたいなプログラミングの講座が、無料で受けられるサービスです。

Schooの講座はプログラミングだけでなくマーケティングや英語、ビジネススキルの講座などもあります。

Schooは、

  • 全ての講座が無料で生配信(1回の講座につき1時間程度)
  • 講座の後半では講師へ直接質問ができる
  • 月額980円を支払えば、過去の講座の録画動画が見れる

などという点が特徴です。

講座の生配信と、プログラミングなどに関する8種類の過去動画は無料で閲覧できます。

なかがわ

この無料の過去動画にはPythonの講義も含まれていますよ。

そのため、まずは無料で見れるものを試してみましょう。

ちか

無料なのに生配信中に先生に質問ができるだなんて、お得ですね!

pythonが未経験でも安心して学べるプログラミングスクール3選

ちか

独学でPythonが学べるツールがたくさんあるんですね!

でも独学でのプログラミング学習は、上手くいくか不安です…。

なかがわ

確かに独学でのプログラミング習得は、モチベーションが維持しにくく挫折する人が多いです。

したがって、もし自分でプログラミングを勉強するのが心配ならプログラミングスクールを利用しましょう。

プログラミングスクールに行けば、

  • Pythonの技術力が身につく
  • 分からない点は講師に質問できる
  • 勉強する環境が整っているので、やる気を維持しやすい

というように、効率的にプログラミングを学習できます。

ここでは、Pythonを習得できるプログラミングスクールを3つ紹介しますね。

pythonが未経験でも安心して学べるプログラミングスクール3選
  1. CodeCamp(コードキャンプ)
  2. PyQ(パイキュー)
  3. TECH BOOST(テックブースト)

1.CodeCamp(コードキャンプ)

未経験からPythonを勉強したければ、CodeCamp(コードキャンプ)がおすすめとなります。

CodeCampはオンライン完結型のプログラミングスクールです。

ネット環境さえあればプログラミング学習が進められるので、働きながらでもPythonを勉強できます。

なかがわ

オンラインでの学習だと、スクールからのサポートを不安に思う人がいるかもしれません。

でもCodeCampでは現役のエンジニアから、ビデオ通話によるマンツーマンレッスンが受けられるんですよ。

CodeCamp受講生の満足度は94.6%と高いので、そのカリキュラムの質の高さが分かります。

無料体験のレッスンもオンライン上でできるので、気になるなら今すぐ申し込んでみてください。

コース名Pythonデータサイエンスコース
受講料受講料金:148,000円
入学金:10,000円
受講期間2ヶ月(レッスン回数:20回)

2.PyQ(パイキュー)

PyQ(パイキュー)」は、Pythonの学習に特化したオンラインのプログラミングスクールです。

なかがわ

PyQの魅力は、ブラウザさえあれば学習を始められる点となります。

通常Pythonで開発をしようと思うと、パソコンに開発で使う環境構築をする必要があります。

この環境構築が意外と大変で、独学でPythonを学ぼうと思う人の中には学習を始める前段階で挫折する人も多くいました。

しかしPyQならネット環境さえあればパソコンに特別な設定をしなくても、スムーズにPythonを学ぶことが可能です。

またPyQのカリキュラムには1000問以上の実践的な課題が用意されているので、未経験の人でもしっかりとPythonのスキルを身につけられます。

PyQの受講プランは以下の2つです。

コース名個人ライトプラン個人スタンダードプラン
受講料2,980円/月7,980円/月
特徴講座の受講のみ。質問はできない。・講師にオンラインで質問ができる
・過去の受講生の質問内容を閲覧できる

ちか

講師に質問ができるかできないかで受講料金が違うんですね!

なかがわ

そうですね。

なので最初は安いプランを利用してみて、必要に感じたときに質問ができるプランへ切り替えるのがおすすめです。

PyQの受講料金は月額での支払いなので、短期間に集中して勉強すればお得に利用できますよ。

PyQを使って学べば、未経験でも実務レベルのPythonの技術を習得できます。

3.TECH BOOST(テックブースト)

未経験からPythonを勉強するならTECH BOOST(テックブースト)」の受講を検討しましょう。

TECH BOOSTは、オンラインと通学型どちらでも選択できるプログラミングスクールです。

受講生の満足度は98.7%で、転職支援も行っています。

TECH BOOSTは、

  • 専門のカウンセラーが受講生に合わせた学習プランを用意してくれる
  • 1週間に1回マンツーマンで、現役エンジニアの講師にプログラミング学習やキャリアの相談ができる

という点が特徴です。

また他のプログラミングスクールだと、講師はスクールの卒業生や情報系の大学生である場合もあります。

しかしTECH BOOSTの講師は全員現役のエンジニアなので、開発の実務経験に基づく質の高い教育を受けることが可能です。

なかがわ

TECH BOOSTの受講料は、社会人と学生で変わるんですよ。

社会人学生
受講料29,800円/月19,800円/月
入学金通学:219,800円
オンライン:134,800円
通学:149,800円
オンライン:97,800円
受講期間3ヶ月~3ヶ月~

スクールの受講期間は基本的に3ヶ月ですが、TECH BOOSTでは個人の習熟度や学習時間に合わせて調整できます。

TECH BOOSTでなら、働きながらでも自分のペースでPythonを学べるのでおすすめです。

[プログラミングスクール比較記事]

学習した内容を活かしてオリジナルのポートフォリオを作成しよう

ちか

独学やプログラミングスクールでPythonの勉強をすれば、プログラマーに転職できますか?

なかがわ

そうですね。

プログラミングを学んでいれば、完全に未経験の人よりも有利に転職ができます。

しかしさらに転職を上手く進めたいなら、転職活動をする前にポートフォリオを作りましょう。

ポートフォリオとは、自分の持っている技術力を最大限に活かして作成する制作物のことです。

採用選考を受けるとき、自分のスキルを盛り込んだオリジナルのポートフォリオがあれば企業からの評価も高くなります。

ポートフォリオを作るのは簡単ではありませんが、頑張って作成すれば他のプログラマー希望者に差をつけることが可能です。

なかがわ

自分でPythonを学んだ復習にもなるのでおすすめですよ!

本気でPythonプログラマーに転職したいなら必ずポートフォリオを作ってくださいね。

pythonを扱うプログラマーへ転職するには転職エージェントがおすすめ

プログラミングを勉強してポートフォリオを作成したら、転職活動に入りましょう。

未経験からPythonのプログラマーを目指すなら、IT業界に強い転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを使えば、

  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接の練習
  • インターネット上の求人にはない企業の紹介

など、未経験からのプログラマー転職を徹底的にフォローしてくれます。

ちか

最近は転職エージェントって多いですよね。

特におすすめのエージェントってどこになるんでしょうか?

なかがわ

転職エージェントも選択肢が多いと迷ってしまいますよね。

ここでは、未経験からプログラマーになりたい人へおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

ちか

この3社の中だと、どの転職エージェントが一番良いんですか?

なかがわ

転職エージェントによって特徴や利用する人との相性が異なります。

なのでとりあえず3社全てに登録して、自分が一番使いやすい転職エージェントを利用してください。

登録はどの転職エージェントも無料なので、気軽に申し込んでみましょう。

未経験からのプログラマー転職を効率良く進めるには、転職エージェントの利用が必須です。

まとめ:pythonのプログラマーになりたければ、まずはプログラミングをやってみよう

今回はPythonのプログラマーになる方法について解説しました。

機械学習や人工知能で注目を集めるPythonは、今後の需要も大きくなると言われています。

なので、今からPythonのプログラマーを目指すのはおすすめです。

未経験からPythonのプログラマーになりたいなら、まずはプログラミングを習得しましょう。

未経験からPythonを学ぶには、

という方法があります。

転職をする前にプログラミングを学習すれば、有利にPythonプログラマーへ転職することが可能です。

ちか

私はAIに興味があるので、プログラミングスクールでPythonの勉強を始めてみようと思います!

なかがわ

興味があるならきっと楽しんでプログラミングが学べますよ。

Pythonのプログラマーになれるように頑張ってくださいね!

プログラマーになるには?転職するときに大切な5つのポイントを解説