【時間のムダ】今すぐプログラマーをやめるべき!次の仕事候補3つも紹介

この記事でお伝えすること
  1. プログラマーが仕事をやめたい6つの理由
  2. プログラマーをやめた場合の転職先候補は3つ
  3. プログラマーをやめたい人におすすめの転職エージェント

IT業界は人手不足のため、激務な企業も数多くありますよね。

この記事を読んでいるあなたは、

「もうプログラマーをやめたい…」

「でも仕事をやめた後、どうすれば良いの…?」

と悩んでいるのではないでしょうか。

なかがわ

仕事が辛くてやめたいと感じるときは誰にだってありますよね。

結論から言うと、激務な現場でプログラマーとして働くのが辛いなら「やめるべき」です。

今回は、プログラマーの仕事を辞めた方が良い理由をお伝えしていきます。

少しでも「プログラマーをやめたい…」と考えている人はぜひ読み進めてくださいね。

プログラマーが仕事を辞めたい6つの理由

ちか

プログラマーをやめたい人は、どうしてそう思うのでしょうか?

なかがわ

プログラマーとして働く人が仕事を辞めたいと思う原因は、主に6つあります。

それぞれ順番に解説しますね。

プログラマーが仕事を辞めたい6つの理由
  1. 残業が多くてきつい
  2. 支払われる給料が低い
  3. 将来のキャリアが描けない
  4. 人との関係を築くことに疲れた
  5. プログラミング自体が辛い
  6. 休みの日でも常に勉強することに疲れた

理由1.残業が多くてきつい

プログラマーが仕事をやめたいと思うのは、残業が多くてきついからです。

IT業界は仕事の需要が大きいのに対して、働き手が足りていない状況となっています。

そのため、

  • 納期が近いとき
  • クライアントの要望が変更したとき
  • 開発の進捗が思わしくないとき

などは、残業をしてでも仕事を遂行しなければなりません。

また、もとの開発予定が残業ありきで組まれているケースもあり、毎日の残業を強いられる企業もあります。

なかがわ

多少の残業なら耐えられる人もいますが、あまりに残業が多いと心身ともに疲れてしまいますよね。

残業が辛すぎるとプログラマーをやめたくなる人が増えます。

プログラマーは残業がきつい?ブラック企業かを見極める4つのポイント

理由2.支払われる給料が低い

会社から支払われる給料が低いと、プログラマーをやめたくなる人も多いです。

IT業界には仕事の多重請け構造が浸透しています。

多重請け構造とは、システム開発を発注した企業の仕事を受けた会社が、下請けの企業へ仕事を流して利益を得る仕組みです。

多重請け構造の下請け会社だと、会社の利益がほとんど社員に還元されません。

どんなに一生懸命に仕事をしたとしても、それが給料に反映されないと働く気力が下がってしまいます。

理由3.将来のキャリアが描けない

プログラマーは将来のキャリアを描けないとき仕事を辞めたいと感じます。

プログラマーはシステムを開発する上で欠かせない重要な仕事です。

しかし下請け企業のプログラマーの場合、何年働いてもプログラミングとテストしかやらせてもらえない会社も多くあります。

なかがわ

また、プログラマーは年齢を重ねると開発の現場に入れてもらいにくくなるんですよ。

年齢が高い人だと経験があるので人件費が高い上、若い人が多い現場だと特に扱いずらい存在となるからです。

したがってシステム開発に関わる中で、

  • もっと別の仕事もやってみたい
  • 同じ仕事ばかりでつまらない

と考えても将来の姿が見えず不安になると、プログラマーを辞めたくなるのです。

理由4.人との関係を築くことに疲れた

人との関わりに疲れると、プログラマーを辞めたくなります。

ちか

プログラマーって人との関わりが多いんですね…!

意外です!

確かにプログラマーは人と接さないイメージを持っている人も多いです。

しかし実際のプログラマーは、社内外の人と関わる場面がたくさんあり、コミュニケーション能力が求められます。

開発を円滑に進めるためにも、周囲の人達と人間関係を築くことは大切です。

なかがわ

とはいえ、プログラマーになろうと思った人の中には、人と話すのが苦手な人も一定数いるんですよ。

開発をする現場ごとに変わる人間関係に疲れると、「イメージと違う…」と感じてプログラマーの仕事が嫌になります。

理由5.プログラミング自体が辛い

プログラマーの中にはプログラミング自体が嫌いだという人もいます。

ちか

そういう人もいるんですね…!

プログラマーになりたての頃は、必死に新しいスキルを身につけて成長しようと頑張る人が多いです。

でもプログラマーとして経験を重ねると、

  • 次々に別の技術を学ぶ必要がある
  • 現場で自分のスキルよりもレベルの高いものを求められる

という点から、徐々にプログラミングが辛くなっていきます。

仕事だと割り切ったとしてもプログラミングが好きになれないと、働くのが嫌になってしまうのです。

理由6.休みの日でも常に勉強することに疲れた

プログラマーを辞めたくなるのは、新しい技術を習得するために休日も勉強する必要があるからです。

プログラマーが扱うIT技術は、日々新しいものに進歩しています。

なかがわ

この前まで最新だったスキルであっても、数年後に廃れてしまうケースも多いです。

最新のスキルについていけないと、現場で働くプログラマーとしての価値が下がってしまいます。

なので、休みの日は積極的に新しい技術を学ばなければなりません。

プログラミングが好きだと新しいことを勉強するのを楽しめますが、そうでないと休みの日に疲れが取れず、しんどくなってしまいます。

プログラマーの働きやすさは企業選びが重要!辛ければすぐに辞めた方が良い

ちか

プログラマーは辞めたくなる理由がたくさんあるんですね…!

なかがわ

そうですね。

ただ、プログラマーを辞めたくなるのは働く企業によっても差が大きいんですよ。

先程も少し説明しましたが、IT業界には仕事の多重請け構造が浸透しています。

そのため開発の下請け企業に勤めると、激務で残業が多いのに収入が低くなるのです。

 

もし企業の勤務体系などが原因でプログラマーを辞めたいと思うなら、転職をおすすめします。

IT業界にも様々な会社があるので、あなたに合うところが他にあるはずです。

なかがわ

残業が多くて仕事が辛いのに無理をして働き続けると、身体や精神に限界が来ますよ。

最近はレバテックキャリアのような、IT業界に特化した転職エージェントもあります。

転職エージェントには専門のアドバイザーがいるので、悩みを相談すれば次に何をすべきかが見えてくるでしょう。

ちか

無理をせずに自分の仕事がしやすい環境を探すのが大切なんですね!

【採用率UP】プログラマー転職を失敗しないための3つのポイントを解説

プログラマーをやめた場合の転職先候補は…?

ちか

プログラマーが仕事をやめた場合、次の転職先はどういう企業になるんでしょうか…?

なかがわ

プログラマーとして働く会社を退職したとき、次の転職先の候補は主に3つあります。

プログラマーをやめた場合の3つの転職先候補
  1. スキルを活かして別の会社のプログラマーを目指す
  2. 営業やディレクターなど、IT業界の多職種の仕事
  3. 他業種のサービス業や営業職に就く

1.スキルを活かして別の会社のプログラマーを目指す

今いる会社をやめるなら、別の企業のプログラマーを目指すのがおすすめです。

なかがわ

プログラミングは好きだけど、残業や給与体系に不満を持っているプログラマーも多いでしょう。

違う会社のプログラマーになれば、今持っているスキルを活かして働くことが可能です。

転職活動をしたとき、プログラマーからプログラマーへの転職は有利に進みます。

ただし、また働きにくい会社に行かないように、企業選びは慎重に行ってください。

2.営業やディレクターなど、IT業界の多職種の仕事

プログラマーの次の転職先として、IT業界のプログラマー以外の仕事もおすすめになります。

例えば、

  • 開発の案件を獲得する営業
  • システムの開発を取りまとめるディレクター
  • 上流工程に関わるシステムエンジニア

など、今までのプログラマーとしての経験はIT業界の中では活かしやすいです。

IT業界の転職について強いマイナビエージェントITのような転職エージェントを使えば、あなたのスキルを活かせる転職先を紹介してもらえます。

スキルやできる仕事の幅も増えるので、プログラマーをやめるならIT業界の多職種への転職を検討しましょう。

3.他業種のサービス業や営業職に就く

IT業界以外の他業種も、プログラマーの転職先の候補として挙げられます。

そもそも「プログラマーの仕事内容が楽しくない…」「IT業界から離れたい…」と思う人には、他業種がおすすめです。

なかがわ

サービス業や営業職、介護職など、未経験からでも始められる仕事はたくさんあります。

他の職業へ転職すれば、プログラミング以外の自分の能力を活かすことが可能です。

プログラマーじゃないやってみたい仕事があるなら、新しい業界へ挑戦してみてください。

ちか

プログラマーの転職先にはいろんな選択肢があるんですね!

スキルが高ければフリーランスのプログラマーもアリ

スキルの高いプログラマーであれば、フリーランスとして独立することも可能です。

プログラマーをやめたいと考える人の中には、現場でしっかりとスキルを積み重ねた人もいますよね。

確かな技術力があれば、

  • 仕事する時間と場所を決められる
  • やりたい仕事ができる
  • 会社員より稼げる案件を獲得できる

というように、自由度の高い働き方ができるフリーランスプログラマーになれます。

ちか

フリーランスになったら、仕事はどうやってもらうんですか?

なかがわ

最近はフリーランスに仕事を紹介してくれるサービスもあるんですよ。

レバテックフリーランスフリーランスエンジニア専門のエージェントとなっています。

レバテックフリーランスの特徴
  1. 業界トップクラスの案件を保有
  2. 高単価案件を紹介してくれる
  3. 業界に詳しいカウンセラーがサポート

レバテックフリーランスは、フリーランスの人に代わって営業をして案件を紹介してくれるサービスです。

 

そのためフリーランスは営業にかける時間を節約できる上、高単価案件も獲得できます。

なかがわ

案件、営業、経理など、全てを自分ひとりでやるフリーランスにはありがたいサービスです。

レバテックフリーランスを利用するメリット
  • 営業にかかる時間が削減できる
  • 高単価案件が見つかる
  • エンジニアの仕事だけに集中できる

フリーランスエンジニア必見!

今働いている企業のプログラマー職が辛いなら、会社へ就職する以外の道もあると知っておきましょう。

ちか

仕事をやめるとき、その先の選択肢が多いと安心ですね!

【必見】フリーランスプログラマーの4つのメリットとデメリットを解説

プログラマーをやめるなら転職エージェントへの相談がおすすめ 

ちか

プログラマーをやめて転職したいと思ったとき、具体的にはどういう行動をすれば良いんでしょうか?

なかがわ

プログラマーをやめて転職をしたいなら、転職エージェントへの登録がおすすめです。

転職エージェントを使えば、

  • 次の転職先についての相談に乗ってもらえる
  • 他の求人サイトにない仕事を紹介してくれる
  • 書類や面接の対策も一緒に行ってくれる

というように、様々なサービスが受けられます。

ちか

最近、転職エージェントって多いですよね。

どこがおすすめとかありますか?

なかがわ

それではエンジニアへの転職を目指す人のために、おすすめの転職エージェントを3つ紹介しますね。

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

ちか

ひとつだけ登録するならどのエージェントでしょうか?

なかがわ

転職エージェントは利用する人との相性で、一番良いと感じる会社が異なります。

なので3つ全てに登録して、自分が一番使いやすいと思う転職エージェントを選んでください。

転職エージェントの登録は、どの会社も無料です。

プログラマーをやめたいなら次のステップに進めるよう、転職エージェントを有効に使いましょう。

まとめ:働く選択肢はひとつじゃない!プログラマーをやめたいなら無理しないこと

今回はプログラマーをやめたい人に向けて、仕事をやめた後にどうすれば良いかなどを解説しました。

プログラマーをやめた場合の転職先の候補は、以下のようになります。

プログラマーをやめた場合の3つの転職先候補
  1. スキルを活かして別の会社のプログラマーを目指す
  2. 営業やディレクターなど、IT業界の多職種の仕事
  3. 他業種のサービス業や営業職に就く

プログラマーとして働くのが辛いなら、今いる会社に固執して働く必要はありません。

なかがわ

しんどいのを我慢して心身ともにバランスを崩すのが一番良くないです。

プログラマーをやめたいなら無理はせずに次の転職先を探しましょう。

レバテックキャリアマイナビエージェントITのような転職エージェントを利用すれば、効率的に次の仕事先を見つけられます。

ちか

自分のやめたい気持ちや身体を大切にするのが大事なんですね!