【コーダーに転職したい】を叶える!誰でもできる3つの必勝法を解説

この記事でお伝えすること
  1. 未経験からコーダーに転職する3つの方法
  2. コーダーとプログラマーの違いは?
  3. コーダーに求めれる5つの特徴
  4. コレで面接も大丈夫!コーダー志望動機の書き方

IT業界への需要が高まっていることもあり、IT業界へ転職を考えている人も多いのではないでしょうか?

「未経験からでもコーダーに転職できるのかな?」

「コーダーに転職する方法は??」

…と疑問に思う人は多いのではないでしょうか?

ちか

私も未経験からIT業界への転職を考えているんですが、転職できるのか不安です…。

なかがわ

未経験でもコーダーへの転職ならハードルが低いですよ。

この記事では、コーダーへの転職を成功させる方法についてお伝えしていきます。

この記事を読めば、未経験からの転職もできるようになりますよ!

コーダーへの転職を考えている人はぜひ読み進めてくださいね。

未経験からコーダーになることは可能!IT業界初心者でも挑戦しやすい

ちか

私もコーダーに転職したいと思っているんですが、未経験からでも挑戦できますか?

なかがわ

コーダーはIT業界の中でも未経験から挑戦しやすい職業です。

その2つの理由を解説していきますね。

未経験からコーダーに転職しやすい理由
  1. コーダーが使うマークアップ言語は習得やすい
  2. 独学できる本や無料教材が豊富にある

理由1.コーダーが使うマークアップ言語は習得しやすい

コーダーが業務上で使用するマークアップ言語は習得しやすい言語です。

ちか

マークアップ言語とプログラミング言語って何が違うんですか…?

なかがわ

2つの大きな違いは画面の見た目を作る言語か、目には見えないシステムを作っている言語かの違いです。

マークアップ言語は、HTMLやCSSなどのパソコン上にデータを表現させる言語。

  • この文字の色は赤色に表示させる
  • この吹き出しの大きさはこれくらい

などの、パソコン上の見えている側の操作を行うのがマークアップ言語です。

 

対して、プログラミング言語は簡単に言うと「システムに関する命令をコンピューターに出すための言語」のこと。

例えば、

  • パソコンで1と打ったら1と表示される
  • 「ショッピングサイトで検索ボタンを押したら検索される」

というのもプログラミング言語を使ってパソコンに命令することで行われています。

なかがわ

プログラミング言語よりもマークアップ言語の方が習得しやすい言語ですよ。

マークアップ言語は、センスのいい人だと1ヶ月程度で理解できる言語です。

対してプログラミング言語は数も多く、複雑ですので習得するには早くても半年近くはかかります。

比較的習得しやすいマークアップ言語を使うコーダーは、未経験からでも挑戦しやすい職業なのです。

理由2.独学できる本や無料教材が豊富にある

Web上には、マークアップ言語が無料で勉強できるサイトが豊富にあります。

ちか

スクールに通う余裕がなくても、無料の動画だと気軽に学べますね!

なかがわ

動画は自分のペースで学べるからいいですよね。

それでは、おすすめな動画サイトを紹介します。

無料で利用できる!独学におすすめな動画

1.ドットインストール

ドットインストールは、マークアップ言語からプログラミング言語を初心者の人にもわかりやすく説明している動画サイト。

なかがわ

ドットインストールでは、1から丁寧に解説しています。

初めてプログラミングを学ぶ人におすすめですよ。

実際に、独学のみでコーダーに転職することは可能です。
無料で登録・視聴ができるので、チェックしてみてくださいね!

2.Progate

プロゲートは、ゲーム感覚でプログラミングの基礎を学べるサイトです。

スマホとパソコン両方で楽しく学べるのが魅力。

ちか

ゲーム感覚で学べると、プログラミングへの抵抗が少なく楽しみながら勉強できますね!

コーダーとプログラマーの違いは?未経験から転職するならオススメはコーダー

ちか

では、コーダーとプログラマーは使う言語が違うということですか?

なかがわ

はい。

コーダーはマークアップ言語、プログラマーはプログラミング言語を使用して業務を行います。

また、コーダーとプログラマー、両方とも指示通りにコードを打って作業していく点はとても似ていますよね。

ですが、2つの職業は扱う領域が違います。

▼コーダーとプログラマーの詳しい違いについて知りたい人へ▼

【1分理解】コーダーとプログラマーの違いとは?必要なスキルも解説

なかがわ

それでは、未経験からコーダーの方が転職しやすい理由を見ていきましょう。
プログラマーよりもコーダーの方が転職しやすい理由
  1. 扱う言語が限られている
  2. マークアップ言語は初心者でも理解しやすい言語
  3. コーダーからステップアップでプログラマーになる人が多い

1.扱う言語が限られている

コーダーが業務上で使う言語はプログラマーと比較しても、とても少なく限られています。

コーダーが扱う言語は、

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

の3つです。

対してプログラマーが扱うプログラミング言語は2019年の時点で200種類以上あります。

ちか

プログラミング言語はそんなに沢山あるんですね…!

なかがわ

はい。

全てのプログラミング言語ができる必要はありませんが、少なくても5〜10言語は使えるプログラマーが多いです。

2.マークアップ言語は初心者でも理解しやすい

マークアップ言語は初心者でも理解しやすい言語です。

無料で学べる教材も沢山あり、タグを理解できればサイトを形作ることも難しくありません。

また、マークアップとは「目印」のことであり、言い換えてみればパソコンにわかりやすく命令するためのものです。

「目印」をつけるのに、難しい数学は必要ありませんよね?

つまり、マークアップ言語を習得するのはそんなに難しいことではないのです。

なかがわ

マークアップ言語と言われるHTMLやCSSは、プログラミング言語と比較しても習得しやすい言語ですよ。

3.コーダーからキャリアアップでプログラマーになる人が多い

コーダーから次のステップとして、プログラマーにキャリアアップする人は多くいます。

コーダーで必須スキルであるマークアップ言語やWebに関する知識を習得したら、プログラミング言語も理解しやすいです。

ここで、プログラマーとコーダーの年収を比較してみましょう!

  • コーダー :310万円
  • プログラマー:416万円

このように、コーダーとプログラマーの差は100万円以上あります!

なかがわ

プログラマーになれば、収入も100万円以上も上がり業務の幅も広がります。

将来的にはコーダーからプログラマーを目指せる!

また、コーダーとして経験を積んでいくと将来的にはプログラマーを目指すこともできる。

未経験の人が転職しやすいのはコーダーです。

しかし、コーダーはWeb業界の中で業務のできる幅が少ないという事実もあります…。

そこでまずはコーダーとして、

  • マークアップ言語
  • Webに関する幅広い知識やスキル
  • 働き方

これらのスキルや経験を積んでいき、できることを広げていくことでプログラマーへの転職が可能になります。

未経験からコーダーに転職する3つの方法  

ちか

未経験から転職を成功させる、具体的な方法が知りたいです…!

なかがわ

それでは、コーダーに転職するための3つの方法を解説していきましょう。

1.独学でプログラミングを学びながら転職  

一つめは、無料動画や本から言語を学び、転職する方法です。

なかがわ

それではおすすめの動画サイトと書籍を紹介していきますね!
独学におすすめな本や動画
  1. Progateドットインストール
  2. 【書籍】ちゃんと使える力をつける Webとプログラミングのきほんのきほん
  3. 【書籍】今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
  4. 【書籍】Webエンジニアの教科書
  5. 【書籍】子どもを億万長者にしたければプログラミングの基礎を教えなさい

1.Progateとドットインストール

始め方に解説したProgateドットインストールは、楽しく簡単にプログラミング言語を学ぶことができます。

なかがわ

これを全てみるだけでも相当な知識がつきますよ。

無料で視聴できるので、ぜひ登録してみてくださいね!

2.書籍|ちゃんと使える力をつける、Webとプログラミングのきほんのきほん

「ちゃんと使える力をつける、Webとプログラミングのきほんのきほん」は、プログラミング言語に関する幅広い知識を学習できます。

なかがわ

この本を読むことで、プログラミングの本質の部分が理解できますよ。

インターネットの仕組みから学べるので、パソコンの基礎から学びたい人にもおすすめです。

3.書籍|今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門

「今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門」は、シンプルなホームページを実際に作成しながら学べる入門書。

なかがわ

手を動かしながら学ぶことで、理解が深まり楽しくホームページを制作できるスキルが身につきますよ!

4.書籍|Webエンジニアの教科書

created by Rinker
¥2,200 (2019/11/20 17:08:17時点 Amazon調べ-詳細)

「Webエンジニアの教科書」は、Webエンジニアとして押さえておきたい知識や技術について解説されています。

なかがわ

将来的にプログラマーを目指す人や、今後のキャリアを見据えて学びたい人におすすめの書籍です!

5.書籍|子どもを億万長者にしたければプログラミングの基礎を教えなさい

「子どもを億万長者にしたければプログラミングの基礎を教えなさい」は、世界各地でプログラミングの学習が必要になってきたことがわかる書籍です。

なかがわ

プログラミングの具体的な学ぶ方法が解説されています。

子どもに説明するための書籍でもあるため、より優しくかんたんに学ぶことができますよ。

2. プログラミングスクールで学んでから転職  

ログラミングスクールでIT技術を身につけると、未経験でもコーダーやプログラマーになれます。

プログラミングスクールで勉強すれば、

プログラミングスクールで学ぶメリット
  • プロに学ぶことで確実なプログラミングスキルが身に付く
  • 質問はすぐに聞けるので、効率よく学ぶことができる
  • 最新のスキルを身につけられる
  • スキルを身につけた後の、転職フォローをしてくれるスクールもある

このようにメリットが沢山あります。

ちか

プログラミングスクールに通ってみたいのですが、数が多くて選べません…。

プログラミングスクールでおすすめのスクールはありますか?

なかがわ

はい。

今回は、以下におすすめのプログラミングスクールの比較表を用意したので参考にして下さいね。

金額受講期間リモート可おすすめな人
DMM WEBCAMP

¥ 628,000

3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポート

・確実に転職したい人
・ある程度の時間をかけてじっくり学習したい人
・学習期間は教室に通って勉強に集中できる人

GEEK JOB

無料

最短1ヶ月~
最長3ヶ月間

・エンジニアに転職したいけどスクール費用は高くて払えない人
・独学で挫折した人
・必ず転職する意思がある人

TECH::EXPERT

短期集中
スタイル

¥ 598,000

最短10週間〜

・エンジニアに転職したい人
・短期集中で技術を身に着けたい人
・働きながら学習を進めたい社会人

夜間・休日
スタイル

¥ 798,000

6ヶ月

TechAcademy

¥ 99,000〜

最短4週間〜

・スクールに通う時間のない人
・独学では上手く学べなかった人
・現役のエンジニアに学習をサポートして欲しい人

なかがわ

この表だけでは、イメージが湧きにくいかもしれません。

その場合は、「DMM WEBCAMP」や「TECH::EXPERT」の無料カウンセリングに行ってみましょう。

プログラミングスクールの雰囲気を感じることで、後悔のないスクール選びに繋がりますよ!

3.IT業界専門の転職エージェントを利用して転職

未経験からコーダーやプログラマーになりたいなら、転職エージェントを利用して効率よく転職するのがおすすめ。

なかがわ

転職エージェントに登録するメリットを解説していきます。
転職エージェントに登録するメリット
  • 自分にあった求人を紹介してくれるので、自分で探す手間が省ける
  • 履歴書や職務経歴の添削を行ってくれる
  • 面接対策をしてくれる
  • ネットには載っていない求人も紹介してくれる
  • 転職できるまで無料でサポートしてくれる

このように、転職エージェントに登録することによってより効率的に確実に転職を成功させることができます。

そこで、おすすめの転職エージェントを3社紹介しますね。

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

未経験からコーダーになりたい人はまずはこの言語を勉強しよう!  

ちか

マークアップ言語と言っても、いくつかありますよね…?

まずはどの言語を勉強すればいいんですか?

なかがわ

主要なマークアップ言語はHTMLCSSの2種類です。

コーダーはこの2つのマークアップ言語に加えて、JavaScriptというプログラミング言語のスキルも必要です。

それではコーダーに最低限必要な言語スキルを3つ解説していきます。

コーダーに最低限必要な3つの言語スキル
  1. HTML
  2. CSS
  3. JavaScript

コーダーには最低限この3つの言語スキルが求められます。

特に、HTMLとCSSはマークアップ言語で一番使用するスキルなので、完全に扱えるようになりましょう!

JavaScriptは、プログラミング言語の一つ。

サイト上で動きをつける言語です。

なかがわ

最近では動きのあるサイトが主流になっていますので、コーダーにも実装できるスキルが求められますよ。

コーダーを目指すなら、まずはこの3つのスキルを勉強して習得していきましょう!

転職する前にプログラミングに触れてみるのがオススメ!   

未経験からコーダーを目指すなら、まずはマークアップ言語やプログラミング言語を勉強して実践してみよう。

IT業界の経験がない状態からコーダーを目指す人の多くは、プログラミングを勉強しながら転職活動をしています。

転職する前にプログラミングをやって見た方がいい理由
  • プログラミングが向いているかどうかの適正が判断できる
  • 実際にプログラミングをやってみて、ポートフォリオを作れば転職に有利!

このように、実際に手を動かしてプログラミングを勉強していくことで自分に適正があるがどうかも判断することができます。

なかがわ

また、プログラミングを勉強して実際にポートフォリオを作ることで転職時のアピールにも繋がりますよ!

未経験からコーダーになる人に求められる3つの特徴

ちか

未経験からコーダーになる人にはどんなことが求めらえるのかが知りたいです…!

なかがわ

それでは、未経験からコーダーに転職する為に求められる3つの特徴を解説していきますね。
未経験のコーダーに求められる3つの特徴
  1. 自分から積極的に技術を学ぶ姿勢
  2. 周囲とうまく連携が取れるコミュニケーション能力
  3. 辛抱強くコツコツと作業を続けることができる

1.自分から積極的に技術を学ぶ姿勢

一つめのコーダーに必要な特徴は、自分から積極的に技術を学び成長していく姿勢です。

コーダーはマークアップ言語やプログラミング知識が必須な専門職。

知識を習得できたとしても、実際に手を動かしてみるとバグにつまずくことや、どうしてわからないことがあるでしょう。

なかがわ

いくらつまづいても、自分から積極的に技術を学び習得していく姿勢がコーダーには必要とされます。

2.課題を解決する能力が高い

コーダーには、問題を解決していける能力が求められます。

コーディングをしていると、バグにつまづくことが必ず1度はあります。

その時に、バグに対して「どうしてバグが起こったんだろう?」という疑問を突き詰めて解決していくことが必要。

なかがわ

問題を解決を論理的に解決していける人はコーダーに向いていますよ。

3.辛抱強くコツコツと作業を続けることができる

コーダーには高い集中力と、辛抱強さが必要です。

時には膨大な量のコーディング作業を1日中、作業し続けることもあるんです。

なかがわ

そんな中で、コツコツと辛抱強く継続していける力がコーダーには求められますよ。

コーダーへ転職する時に大切な3つのポイント

ちか

コーダーに転職する時に、大切なポイントってありますか?

なかがわ

そうですね。

それでは、未経験からコーダーを目指す人に大切な3つのポイントをみていきましょう。

コーダーへ転職する時に大切な3つのポイント
  1. 学んだスキルを活かしてポートフォリオを作成する
  2. 将来のキャリアプランを明確にしておく
  3. 前職で身につけたスキルが活かせることをアピールする

1.学んだスキルを活かしてポートフォリオを作成する

コーダーへの転職を成功させたいなら、ポートフォリオを作成しましょう。

自分が学んできたことをポートフォリオで形にすることができれば、周りと一気に差がつけられます。

ちか

でも、ポートフォリオってどう作ればいいんでしょうか?

私でも作ることができますか?

なかがわ

もちろん作れますよ!

ただ、初心者の人が一人で作るのは少し難しいかもしれません…。

ですので、しっかりとしたポートフォリオを作成したいなら

のようなプログラミングスクールでポートフォリオの作成をサポートしてもらいましょう!

ちか

ポートフォリオの制作までサポートしてくれるなら安心ですね!

2.将来のキャリアプランを明確にしておく

将来のビジョンを明確に立てておくということも、コーダーになりたい人には重要なポイントです。

なかがわ

コーダーとして活躍していく為には、コーダーに転職した後のビジョンまでしっかりと決めておくことが重要です。

そのために、

  • 自分の将来のキャリアプランについて明確にする
  • 具体的な目標をこまかく立てる
  • 5年後、10年後にはどんな姿になっていたいかをイメージする

など、将来の自分の目標を細分化してみましょう。

具体的に将来の像を考えている人には、企業にとっても長期的に働ける人だと評価されます。

なかがわ

転職を機会に、自分の将来についてもしっかりと見つめ直してみましょう。

3.前職で身につけたスキルが活かせることをアピールする

前職で身につけたスキルや経験を上手くアピールできると、コーダーへの転職活動もスムーズに進みます。

未経験の人を採用する際の企業が採用するポイントは、

  • 将来活躍してくれそうか?
  • 即戦力になってくれるか?

の2点です。

その中で、中途採用者がアピールできるポイントはコーダーにも活かせる前職で培ったスキルや経験です。

例えば、

  • 事務職で身につけた「パソコンスキル」
  • 営業職で身につけた「ロジカル思考」
  • 接客業で身につけた「マネージメント能力」

など、様々な職業で得た能力がコーダーにも活かせるスキルがあります。

なかがわ

あなたにとって今まで身につけてきたスキルはどんなものがあるでしょうか?

コーダーで活きるスキルがないか、考えてみてくださいね。

過去の自分をしっかりと見つめ直して、コーダーへの転職を成功させましょう!

ちか

私もこれを機会に、自分の過去の経験を見つめ直してみます…!

まとめ:未経験からコーダーになりたいなら、まずはコーディングスキルをつけよう

今回は、コーダーへの転職を成功させる方法について解説しました。

なかがわ

今からしっかりと行動していけば、未経験からでもコーダーに転職できますよ!

未経験の人はまず、マークアップ言語を勉強して身につけましょう。

インターネット上にはドットインストールProgateのような無料で学べるサイトもあります。

しかし、独学には挫折してしまいやすいデメリットがあるのも事実。

独学で挫折しないためにも、今回紹介したDMM WEBCAMP」や「TECH::EXPERT」のようなプログラミングスクールに通うのもおすすめな方法です。

ちか

私もまずは、コーダーへの転職を成功させる為にプログラミングスクールに通って学んでいきます!

なかがわ

はい。

コーダー として活躍していけるように、応援していますよ!

皆さんも、自分にあった方法でコーダーへの転職を成功させてくださいね。