【人には聞けない】コーダーに必要な5つのスキルと素質を徹底解説

この記事でお伝えすること
  1. コーダーに求められる5つのスキル
  2. コーダーには転職する方法
  3. コーダーに必要な3つの素質

IT業界の中でも未経験から挑戦しやすいコーダー。

転職を考える人が年々増えています。

そこで、

「コーダーに転職したいけど、どうしたらいいの?」

「どんなスキルが必要なのかな??」

…と疑問に思っていませんか?

ユーザー

IT業界が未経験でもコーダーに必要なスキルは身につけられますか…?

アドバイザー

もちろん大丈夫ですよ!

全く知識のなかった人でも、コーダーに転職を成功させている人は沢山います。

この記事では、コーダーに必要なスキルについてお伝えしていきます。

この記事を読めば、転職へのイメージが湧きますよ!

コーダーになりたい人はぜひ読み進めてくださいね。

コーダーの仕事はwebサイトの見えるところを作ること

コーダーの主な仕事は、依頼されたデザインをWeb上に表現させることです。

ちか

コーダーは普段私たちがインターネット上で見ている画面を作っているんですか?

なかがわ

はい。

コーダーは、

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

などの言語を使ってWebサイトを作っているんですよ。

コーダーに求められる5つのスキル

ちか

コーダーにはどんなスキルが求められますか?

なかがわ

ここでは、5つのスキルを見ていきましょう。
コーダーに必要な5つのスキル
  1. 【HTML/CSS/Javascript 】コーダーに必須言語の知識
  2. Webに関する幅広い知識
  3. 作ったサイトをユーザーが使いやすい見た目にするUI/UX設計
  4. 簡単にWebサイトが作れるCMSの知識
  5. 作ったサイトを多くの人に見てもらうためのSEO知識

1.【HTML/CSS/Javascript 】コーダーに必須言語の知識

まず一つ目は、HTML/CSS/Javascriptなどのコーダーに必須な言語です。

コーダーはこの3つの言語を主に使って画面を作っています。

なかがわ

それぞれ詳しくみてみましょう。
マークアップ言語とプログラミング言語
  1. 【HTML/CSS】デザインを再現するマークアップ言語 
  2. 【Javascript】動きを出すプログラミング言語  

1.【HTML/CSS】デザインを再現するマークアップ言語 

インターネット上のデザインを再現する言語が、HTML/CSSです。

  • HTML」は、コンピュータに理解できるように文書の構造を作る言語。
  • CSS」は、HTMLで作った文書構造にデザインをつけていく言語。

2.【動きを出す】Javascriptなどのプログラミング言語  

Javascriptは、サイト上に動きをだすプログラミング言語

インターネット上で、

  • 画像のスライドショー
  • 申し込みフォームの入力
  • クリックするボタン

このような動きを見たり、動かしたりしたことがあると思います。

これは、Javascriptという動きをつけるプログラミング言語によるものです。

2.Webに関する幅広い知識  

コーダーになる上で、Webに関する幅広い知識は必須です。

コーダーは一人で作業するイメージがあるかもしれませんが、実際には色々な人達と関わって作っていく仕事です。

例えば、

  • Webデザイナー
  • フロントエンドエンジニア
  • プログラマー

このような人達と、円滑に仕事を進める上でもWebに関する幅広い知識は必要になってきます。

[コーダー独学記事]

3.作ったサイトをユーザーが使いやすい見た目にするUI/UX設計  

コーディングをして作ったサイトをユーザーが使いやすいようにする「UI/UX設計」の知識がコーダーには必要です。

なかがわ

Webサイトに「見やすさ、使いやすさ」は最重要ポイントです。

まず、「UI」とは「User Interface」の略。

UIを簡単に説明すると、製品とユーザーが接する部分のことを言います。

例えば、

  • インターネット上に「文字を打ち込む」
  • 見ているサイトを「指でスクロールする」
  • スマホなどで指でさわると「操作や文字入力ができる」

これらがUIです。

次に「UX」とは、「User Experience」の略。

UXは、Webサイトを通してユーザーがどんな体験をしたか?ということです。

例えば「UXを高める」というのは、「このサイトは見やすくて、快適に操作できるなー。」

とユーザーに思ってもらえるようにすること。

つまり、「Webサイトを見やすく&使いやすくする」ということです。

4.簡単にWebサイトが作れるCMSの知識  

コーダーになるには、簡単にWebサイトが作れる「CMSの知識」も必要です。

「CMS」とは、「Contents Management System」の略。

Web制作に必要な専門知識がなくても、Webサイトを簡単に作れるシステムのことです。

なかがわ

有名なCMSでは「WordPress」などがあります。

CMSを取り入れると、コスト削減や効率的なWeb制作ができます。

5.作ったサイトを多くの人に見てもらうためのSEO知識

コーダーには、作ったサイトを多くの人に見てもらうための「SEO知識」も必要です。

「SEO」とは、「Search Engine Optimization」の略。

つまり、「検索エンジン最適化」を意味します。

コーダーはWebサイトを作っていく仕事ですので、制作したサイトが常に上位表示されるための工夫を行うことが必要です。

なかがわ

コーダーに限らず、IT業界に転職するにはSEO知識は切っても切れない存在です。
[コーダー独学記事]

コーダーにはどんな人が向いている?コーダーに必要な3つの素質 

ちか

コーダーにはどんな人が向いているんですか?
素質が知りたいです…!

なかがわ

それでは3つの素質を解説していきますね。
コーダーに必要な3つの素質
  • 常にトレンドを追いかける情報収集力
  • コーディングが「好き」か「苦にならない」
  • コミュニケーション能力

1.常にトレンドを追いかける情報収集力

コーダーになる人には、常にトレンドを追いかける情報収集力が必要です。

IT業界は、常に新しい技術が飛び交う業界です。

コーダーも例外ではなく、新しい技術を次々と取り入れられることを求められます。

なかがわ

常に新しい技術に対応していくためにも、自分からトレンドを追いかける情報収集力が必要です。
[コーダー独学記事]

2.コーディングが「好き」が「苦にならない」

コーダーには、コーディングが好きな人でないと務まりません。

マークアップ言語やプログラミング言語には、向き不向きがあります。

なかがわ

自分があっているかどうか確かめるためにも、一度やってみることをおすすめします。

GEEK JOBでは無料でプログラミング体験が受けられます。

※[コーダー独学記事]

3.コミュニケーション能力

コミュニケーション能力の高さも必要です。

クライアントの打ち合わせもコーダーの仕事の一つ。

また、企業によっては分業化されている場合もあり異なる担当者とのミーティングもあります。

なかがわ

実際に、接客業からコーダーに転職する人も珍しくありません。

どうやって学べばいい?コーダーへの3つの転職方法

ちか

コーダーに必要なスキルはどうやって学んでいけばいいんですか?

転職する方法も知りたいです…。

なかがわ

それでは、コーダーになるための3つの勉強方法と転職方法について解説していきますね。
コーダーになるための3つの勉強方法と転職方法
  1. プロの先生に教えてもらう
  2. 無料動画や参考書を見て独学する
  3. 研修が充実している会社に就職する

1.プロの先生に教えてもらう

まず1つ目は、プログラミングスクールに通う方法です。

なかがわ

始めからプロの先生からしっかりと学ぶことで効率よくスキルを身につけられます。
プログラミングスクールに通うメリット
  • 確実なプログラミングスキルが効率よく身に付く
  • 分からないところはすぐに質問できる
  • 最新のスキルが学べる
  • 転職までサポートしてくれる
  • 学習へのモチベーションが高まりやすい

このように、プログラミングスクールに通うメリットは沢山あります。

ちか

スクールに通うことで、こんなにメリットが沢山あるんですね!

ちか

できれば働きながら通いたいけど、時間に融通がきくスクールってあるのかな?

なかがわ

スクールに通うにはいろんな不安もありますよね。

まずは下記の表をご覧下さい。

スクールDMM
WEBCAMP
GEEK
JOB
TECH
EXPERT
Tech
Academy
どんな人に
おすすめ?
確実に転職
したい人
スクール費用は
高くて払えない人
働きながら学習を
進めたい社会人
スクールに通う
時間のない人
金額¥ 628,000無料¥ 598,000¥ 99,000~
受講期間3ヶ月最短1ヶ月最短10週間~最短4週間~
リモート
公式サイト

 

ちか

無料なところや、時間を気にせずにリモートで学べるプログラミングスクールもあるんですね!

なかがわ

はい。

プログラミングスクールによって様々な特徴がありますよ。

実際にプログラミングスクールを体験してみたい人は、

などへの申し込みがおすすめです。

2.無料動画や参考書を見て独学する  

2つ目は、独学する方法です。

なかがわ

最近は手軽に無料でプログラミングを学べる教材が増えています。
[コーダー独学記事]

なかがわ

下記にマークアップ言語初心者の人におすすめの学習書籍を紹介しますね。

HTMLとCSSの学習が初めての人に向けた入門書

サンプルコードがついてので、実際にサイト作成を体験できます。

HTML/CSS/JavaScriptの基礎を解説した一冊

楽しくゲーム感覚で学べる教材です。

Webの基本と、実践的なテクニックが学べる一冊。

ライブ感のあるチュートリアル学習ができるので、ワクワクしながら学習できますよ。

3.研修が充実している会社に就職する

3つ目はIT業界に強い転職エージェントを利用して、優良企業に就職する方法です。

なかがわ

未経験からの転職なら、転職エージェントの任せることで転職できる可能性がグッと高まりますよ。
転職エージェントに登録するメリット
  • ネットには載っていない求人も紹介してくれる
  • 自分に合う求人を紹介してくれるので、探す手間が省ける
  • 一人では大変な必要書類の添削もエージェントがしてくれる
  • 面接対策もしてくれる
  • 転職が成功するまで無料でサポート

このように、転職エージェントのメリットは沢山あります!

ちか

未経験でわからないことだらけだし、プロに任せようかな。

なかがわ

いいですね。

それでは、おすすめの転職エージェントを3社紹介します。


エージェントマイナビ
エージェントIT
レバテック
キャリア
Midworks
どんな人に
おすすめ?
スキルに
自信がない人
専門的な
アドバイスを受け
転職したい人
スキルに
自信がある人
推定年収240~1200万300~1500万500~1300万
案件数約12,000件約2,500件約3,000件
未経験
公式サイト

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT))などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)はフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

未経験から最短で転職できる!?

コーダーの将来性は?将来のキャリアについても考えよう!

ちか

コーダーの将来性はどうなんでしょう?

なかがわ

コーダーはこれからもなくなりにくい仕事ですし、身につけた技術は無駄になりません。

しかし、長期的なキャリアップを考えるなら将来的にはプログラマーやフロントエンドエンジニアなどを目指すのがおすすめです。

なかがわ

それでは、

  • プログラマー
  • フロントエンジニア
  • コーダーを比較していきましょう。

コーダーとプログラマー

まずは、コーダーとプログラマーについて

コーダーとプログラマーは、インターネット上の扱う領域に違いがあります。

  • コーダー:普段見ている画面の部分の操作(フロントエンド)
  • プログラマー:目では見えないシステムの部分の操作(バックエンド)

このように、2つの職業は似ているようで実際には全く違う作業をしています。

なかがわ

また、扱う言語はどうでしょうか?
  • コーダー:HTML/CSSなどのマークアップ言語を主に使う
  • プログラマー:Java//PHP/Rubyなどのプログラミング言語を主に使う

このように、扱う言語においても違いがあります。

年収においても、

  • コーダー:373万円
  • プログラマー:490万円

プログラマーの方がコーダーよりも約120万円も高年収です。

ちか

年収は120万円も違ってくるんですね!

なかがわ

はい。

そのため、コーダーからプログラマーにキャリアップを目指す人が多いんですよ。

【1分理解】コーダーとプログラマーの違いとは?必要なスキルも解説

コーダーとフロントエンドエンジニア

コーダーとフロントエンドエンジニアの違いについて見ていきましょう。

  • コーダー:普段見ている画面の部分の操作(フロントエンド)
  • フロントエンドエンジニア:普段見ている画面の部分の操作(フロントエンド)

このように、コーダーとフロントエンドエンジニアはインターネット上の扱う領域も同じです。

ですので、扱う言語もほとんど同じです。

それでは違いはどこにあるんでしょうか?

なかがわ

2つの職業の違いは、フロントエンドエンジニアがコーダーよりも多様で高度な知識が必要、ということです。

フロントエンドエンジニアは、Web開発においてコンテンツの質を左右する重要なポジションです。

年収においても、

  • コーダー:373万円
  • フロントエンドエンジニア:385万円

フロントエンドエンジニアの方がコーダーよりも約10万円高年収です。

フロントエンドエンジニアの需要はとても高く、フリーランスとして働く人の中には1000万円以上の年収を稼ぐ人もいいます。

なかがわ

例えるなら、フロントエンドエンジニアはコーダーの先輩のような存在です。
【3分でわかる】コーダーとフロントエンドエンジニアの違いを解説

どちらを目指すかは自分の好み次第

このように、コーダーは未経験の人が転職しやすい職業である反面に年収が上がりにくい職業です。

将来的に、プログラマーやフロントエンドエンジニアにキャリアアップしていくと年収も上がっていきます。

なかがわ

将来のキャリアプランを始めに決めておくことで、モチベーションも上がりますよ。

コーダーに必要なスキルを身につければ、将来のキャリアプランも広がります。

まとめ:コーダーにはスキルが必要!自分にあった方法でスキルを身につけていこう

今回は、コーダーに必要なスキルについて解説していきました。

コーダーになるために必要なスキル
  1. 【HTML/CSS/Javascript 】コーダーに必須言語の知識2つめの文
  2. Webに関する幅広い知識
  3. ユーザー視点を考慮したサイト制作知識
  4. SEO/CMSの知識・スキル

最低限に上記のスキルは身につけられるようにしましょう。

これらのスキルを身につけるのに、本気を出せば1ヶ月〜半年でも可能です。

なかがわ

無料で通えるGEEK JOBでは最短1ヶ月で学ぶこともできますよ。

ちか

1ヶ月で学べるなんてすごいですね!

私はまず、DMM WEBCAMPの無料カウンセリングに申し込んでみます。

なかがわ

とてもいいですね!

コーダーに転職できるように、応援していますよ。

【コーダーに転職したい】を叶える!誰でもできる3つの必勝法を解説