【独学から最速でコーダーに】具体的な3つの勉強方法を徹底解説

この記事でお伝えすること
  1. 独学でコーダーに必要なスキルを身につけよう!おすすめツールを解説
  2. 独学でも挫折しないための4つの方法
  3. 独学でも大丈夫!転職を成功させる3つの方法とは?

IT業界の中でも未経験から挑戦しやすいコーダーに、転職を考えている人が増えています。

なかがわ

コーダーになりたい人の中には、プログラミング言語を勉強しながら転職活動をする人も多いです。

そんな中で、

「独学でコーダーに転職できるのかな?」

「挫折しない独学方法はあるのかな??」

…と悩む人も多いのではないでしょうか?

ちか

コーダーに転職したいけど、独学でプログラミングを身につけられるか不安です…。

アドバイザー

一人で勉強をするのは続けられるかどうか不安ですよね。

この記事では、独学からコーダーに転職する方法についてお伝えしていきます。

未経験からコーダーへの転職を考えている人は、ぜひ読み進めてくださいね。

コーダーの仕事とは?

ちか

コーダーはどんな仕事をするんですか?

なかがわ

コーダーは、Web上で見えている画面を作りあげる仕事をしています。

コーダーはWebデザイナーがデザインした物を実際にWeb上で見れるように、

  • マークアップ言語
  • プログラミング言語

を使って作り上げていきます。

▼コーダーについてはこちら▼

【2019保存版】コーダーとは?仕事内容やスキルをわかりやすく解説!昨今のWEB業界で求められるものは?

コーダーに資格は必須ではないが、持っておくとメリットが沢山ある!

ちか

そもそもコーダーは資格が必須な職業なんですか?

なかがわ

資格は必須ではありませんよ。

コーダーは専門的な職業なので、資格が必要なイメージをもつ人も多くいます。

しかし、コーダーは実力世界な職業なので資格よりも技術力が求められるのです。

なかがわ

資格を持っていなくても、現場で活躍しているコーダーも沢山いますよ。

コーダーが資格を取得する3つのメリット

ちか

コーダーが資格を取るメリットはどんなものがありますか?

なかがわ

それでは、メリットを3つ解説していきます。
コーダーが資格を取る3つのメリット
  • スキルの証明になり、自信にも繋がる
  • 転職に有利になる
  • 正確な情報を効率的に学べる

メリット1.スキルの証明になり、自信にも繋がる

資格を取る1つ目のメリットは、スキルの証明になり自信にも繋がることです。

コーダーは専門的な技術力が求められますが、そのスキルを数値で測ることはできません。

なかがわ

資格を持つことでスキルの証明になり、転職にも役立ちます。

メリット2.転職に有利になる

資格を取る2つ目のメリットは、転職に有利になる点です。

なかがわ

会社によっては、資格試験の受験を推奨している企業も多くあります。

その中で、始めから資格を持っていることでライバルと差をつけることができます。

なかがわ

また、企業によっては資格を取得することで資格手当や報酬金をもらえる場合もありますよ。

メリット3.最新の情報を効率的に学べる

資格を取る3つ目のメリットは、最新の情報を効率的に学べる点です。

なかがわ

専門家が出す問題を理解することで、必要な知識を効率的に学べますよ。

コーダーにオススメな試験は【webクリエイター能力認定試験】

なかがわ

未経験からコーダーを目指す人におすすめなのが、「Webクリエイター能力認定試験」です。

ちか

どんな資格ですか?

なかがわ

簡単に説明すると、サイト制作ができるスキルを問われる試験です。

それではポイントを見ていきましょう。

「Webクリエイター能力認定試験」のポイント
  • サーティファイが主催している民間資格試験
  • 「スタンダード」と「エキスパート」の2つのランクがある

Webクリエイター能力認定試験」は、サーティファイという企業が主催している民間の資格試験。

スタンダード」と「エキスパート」の2つに分かれています。

スタンダードエキスパート
出題形式実技問題知識問題・実技問題
受験料5,700円(税込)7,300円(税込)
合格基準得点率65%以上
受験資格学歴、年齢等に制限はありません。
認定基準

HTML5をマークアップすることができる。

また、CSSを用いてHTMLの構造を維持しつつ、Webページのデザインやレイアウトを表現することができる。

レイアウト手法や色彩設計等、ユーザビリティやアクセシビリティを考慮したWebデザインを表現することができる。

また、スクリプトを用いた動きのあるWebページの表示、マルチデバイス対応、新規サイトを構築することができる。

受験実績累計受験者数:18,513名(2019年3月31日)
合格率:89.9%(2018年度平均合格率)

:Webクリエイター能力認定試験

 

ちか

スタンダード」と「エキスパート」ではどれくらい試験内容が違うんですか?

なかがわ

順番に解説していきますね。

スタンダード」の試験内容は、

  • HTML/CSSの理解がある
  • ページの修正ができる
  • Webページ作成ソフトを使って、サイトを作成する

です。

そして、「エキスパート」の試験問題は、

  • Web制作への知識と実践経験がある
  • Webサイト制作ができる
  • Webページ作成ソフトを使って、サイトを作成する
  • 画像ファイルの作成

と、エキスパートはスタンダードよりもより実践的な内容を求められます。

なかがわ

この試験を合格することで、実務に活かせるスキルも磨けますよ。

ちか

しっかりと基礎から学びたいので、試験を受けてみようかな…!

おすすめの参考書籍はありますか?

なかがわ

ありますよ。

それでは、「Webクリエイター能力試験」のおすすめ参考書籍を紹介しますね。

【webクリエイター能力試験】対策書籍
  • Webクリエイター能力認定試験HTML5対応【スタンダード】公式テキスト
  • Webクリエイター能力認定試験HTML5対応【エキスパート】公式テキスト

Webクリエイター能力認定試験HTML5対応【スタンダード】公式テキスト

サーティファイ技術認定委員会が主催する、「Webクリエイター能力認定試験 HTML5対応版 スタンダード」の公式テキスト。

スタンダード」を受ける人向けの書籍です。

Webクリエイター能力認定試験HTML5対応【エキスパート】公式テキスト

なかがわ

こちらも公式テキストです。

エキスパート」を受ける人向けの書籍ですよ。

なかがわ

試験に挑むことで効率の良い独学にもなるので、ぜひ資格取得を目指してくださいね。

何から勉強すればいい?【最速でスキルを身につける】4つの勉強方法

コーダーの仕事は、Webサイトの制作です。

コーダーに必要な最低限の知識として

  • HTML
  • CSS
  • JavaScfript

 のスキルが必要です。

ですので、未経験からの転職の場合にもこの3つの言語を勉強しておくことで転職を有利にすることができます

ちか

この3つの言語の勉強は、どうやって始めればいいですか?

なかがわ

最近は独学で学べるツールが充実しています。

無料のツールもあるので活用してみてくださいね!

それでは、おすすめの学習方法を順番に解説していきます。

1.本で学ぼう!【必読】おすすめの3冊を紹介

1つ目の勉強方法は、参考書を使った勉強方法です。

なかがわ

今回は、初心者におすすめの書籍を3冊ご紹介します。

1.デザインの学校これからはじめるHTML&CSSの本

HTMLとCSSの学習が初めての人に向けた入門書です。

サンプルコードがついており、実際に自分でサイト作成を実践できます。

なかがわ

Webサイトの基礎知識から、HTMLと CSSの実技まで学べる本です。

 

2.HTML&CSSとWebデザインが1冊できちんと身につく本

Webサイト制作の基本と、現場で役に立つ実践的なテクニックを学べる本です。

ライブ感のあるチュートリアル学習ができるので、楽しんで学習できます。

ちか

実践で活用できるスキルを学べるのは嬉しいポイントですね!

3.HTML5&CSS3デザイン 現場の新標準ガイド

プログラミングの知識がない人を対象にした、HTML/CSS/JavaScriptの基本知識を解説した一冊

楽しく学ぶことができるように、ゲーム感覚で学べるサンプルが豊富に用意されています。

なかがわ

プログラミングは何度も自分の手を動かして、実践していかないと上達しません。

この本で学んでいけば、ゲーム感覚で楽しくスキルを身につけていけますよ。

2.ドットインストールやProgateなどの無料動画で勉強

2つ目の勉強方法は、ドットインストールProgateなどの無料動画を利用した勉強方法です。

なかがわ

それでは、詳しくみていきましょう。

ドットインストール

ドットインストールは、初心者の人にもわかりやすくマークアップ言語からプログラミング言語を解説している動画サイト。

なかがわ

ドットインストールでは、ファイルの作り方から丁寧に解説している動画をみれます。

初めてプログラミングを学ぶ人におすすめです。

Progate

Progateは、ゲーム感覚でプログラミングの基礎を学べるサイトです。

ゲーム感覚で学べるので、プログラミングに苦手意識がある人にもおすすめ!

なかがわ

どちらも無料で登録できるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

3.実際に手を動かしてサイトを作ってみる

3つ目の勉強方法は、実際に手を動かしてサイトを作る方法です。

なかがわ

動画を視聴するだけではなく、実際にコードを打ち込んでみると上達速度が上がります

また、参考書籍に載っているサンプルを使用して実際にサイトを作ってみるのもおすすめですよ。

特に、

この本は、ゲーム感覚で学べるのでプログラミング初心者にもおすすめ!

4.ポートフォリオを作ってみよう!

また、実際にサイトを作ってみる方法の1つとしてポートフォリオの作成もおすすめです。

なかがわ

自分が学んできたことをポートフォリオにまとめることができたら、転職の時にも有利ですよ!

ちか

でも、ポートフォリオってどうやって作ればいいんですか?

初心者の私でも作れるんでしょうか?

なかがわ

もちろん作れますよ!

ただ、初心者の人が一人で作るのは少し難しいかもしれません…。

ですので、しっかりとしたポートフォリオが作りたいなら

のようなプログラミングスクールでポートフォリオの作成をサポートしてもらいましょう!

このスキルは身につけておこう!コーダーに最低限必要な3つのスキル

ちか

コーダーにはどんなスキルが必要ですか?

転職活動を行う前に、どんなスキルが必要なのか知りたいです!

なかがわ

それではコーダーに必要な3つのスキルを解説します。
コーダーに必要な3つのスキル
  1. HTML/CSS/JavaScriptの基本スキル
  2. 新しい技術を吸収する姿勢
  3. サイトのデザインに使う画像編集などの知識

1.HTML/CSS/JavaScriptの基本スキル

コーダーの仕事は、Webサイトを制作することです。

そのため、最低限として

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

の3つのスキルが求められます。

なかがわ

この3つのスキルは先ほど紹介した、

で学ぶことができますよ。

2.新しい技術を吸収する姿勢

コーダーは、新しい技術を学ぼうとする姿勢が大切です。

Web業界では、常に新しい技術がリリースされます。

そのため、最新の技術を習得できることはコーダーにとってとても重要なスキルです。

なかがわ

情報収集が好きな人や、柔軟な思考を持って仕事ができる人はコーダーに向いていますよ。

3.サイトのデザインに使う画像編集などの知識

コーダーは、サイトのデザインに使う画像編集ができる知識も必要

Webデザイナーが作成した画像を作成したサイトに合うように編集を行うのもコーダーの業務の1つなのです。

デザインを編集するには、

  • illustrator
  • Photoshop
  • XD

などの画像編集ソフトを使いこなせる必要があります。

なかがわ

こちらの3つのソフトは扱えるようにしておきましょう!

▼コーダーに必要なスキルについて詳しく知りたい人へ▼

※[コーダースキル記事]

未経験からコーダーの転職を成功させる!3つの方法を解説

ちか

未経験からでも転職しやすい方法はありますか?

なかがわ

ありますよ。

それでは、転職を成功させる3つの方法を解説していきます。

未経験からコーダーに転職する3つの方法
  1. 独学で大丈夫!まずはマークアップ言語を習得してスキルを身につけよう
  2. IT業界に強い転職エージェントを利用して企業へ転職
  3. プログラミングスクールで技術を学んでから転職する

1.【独学でOK!】まずはマークアップ言語の習得をしてスキルを身につけよう

独学でもいいので、まずはマークアップ言語を習得しましょう!

サイトを制作をしていく上で

  • HTML
  • CSS

などのマークアップ言語は欠かせません。

ドットインストールProgateなどの無料サイトや紹介した参考書を活用してスキルを身につけてくださいね。

なかがわ

マークアップ言語の初心者におすすめの学習書籍はこちらです。

なかがわ

HTMKとCSSのマークアップ言語に加えて、動きをつけるJavaScriptも扱えるようにしておきましょう。

JavaScriptを学ぶならこちらの書籍がおすすめ!

こちらの本ではJavaScriptの開発環境を丁寧に学べます。

jQueryの基本も学べるのでプログラミングに苦手意識を持っている人にもおすすめ。

2.IT業界に強い転職エージェントを利用して企業へ転職  

ある程度、コーダーに必要なスキルを身につけたら転職エージェントを利用して企業へ転職しよう!

なかがわ

未経験からの転職ならIT業界に強い転職エージェントを利用して効率よく転職するのがおすすめです。
転職エージェントに登録するメリット
  • 自分に合う求人を紹介してくれるので、転職できる可能性が高くなる
  • ネットには載っていない求人も紹介してくれる
  • 一人では大変な必要書類の添削もエージェントに任せられる
  • 転職が成功するまで無料でサポート体制

このように、転職エージェントがしっかりとサポートしてくれます。

ちか

こんなにサポートしてくれるなら、未経験からの転職でも安心できますね!

なかがわ

それでは、おすすめの転職エージェントを3社紹介します。

エージェントマイナビ
エージェントIT
レバテック
キャリア
Midworks
どんな人に
おすすめ?
スキルに
自信がない人
専門的な
アドバイスを受け
転職したい人
スキルに
自信がある人
推定年収240~1200万300~1500万500~1300万
案件数約12,000件約2,500件約3,000件
未経験
公式サイト

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT))などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)はフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

3.プログラミングスクールで技術を学んでから転職

ここまで、独学からコーダーへの転職を成功させる方法をお伝えしてきました。

それでも「やっぱり独学だと転職できるか不安…。」と思う人もいますよね?

なかがわ

独学に自身がない人は、始めからプログラミングスクールに通うのも1つの手ですよ。
プログラミングスクールに通うメリット
  • 確実なプログラミングスキルが身に付く
  • 分からないところはすぐに質問できる
  • 最新のスキルを教えてくれる
  • 転職までサポートしてくれるスクールもある
  • 学習へのモチベーションが高まりやすい

このように、プログラミングスクールに通うメリットは沢山あります。

ちか

スクールに通うことで、効率よくスキルを身につけて転職することもできますね!

最近はGEEK JOBのようなプログラミングスクールもあるので、費用を抑えて受講することも可能です。

ちか

無料で通えるのはとても助かります…!

おすすめのプログラミングスクールはありますか?

なかがわ

では、おすすめのプログラミングスクールをお伝えしますね!

以下の表で、プログラミングスクールの特徴を比較しました。

スクールDMM
WEBCAMP
GEEK
JOB
TECH
EXPERT
Tech
Academy
どんな人に
おすすめ?
確実に転職
したい人
スクール費用は
高くて払えない人
働きながら学習を
進めたい社会人
スクールに通う
時間のない人
金額¥ 628,000無料¥ 598,000¥ 99,000~
受講期間3ヶ月最短1ヶ月最短10週間~最短4週間~
リモート
公式サイト

 

ちか

プログラミングスクールによって、色んな特徴があるんですね!

なかがわ

はい。

それぞれに特徴があるので、自分のライフスタイルに合ったスクールを選択してくださいね。

実際のプログラミングスクールの雰囲気が知りたい人は、

などへの申し込みがおすすめですよ。

実際に行って見ることで、後悔のないスクール選びができます。

独学で挫折してしまうくらいなら、プログラミングスクールに通ってスキルを身につけてくださいね!

▼コーダーへの転職を考えている人はこちらの記事もご覧ください。▼

※[コーダー転職記事]

まとめ:独学でもコーダーを目指せる!まずは勉強を始めよう

今回は独学からコーダーに転職する方法について解説しました。

コーダーに転職したい強い意志があれば、独学でもコーダーになることはできます。

しかし、独学だと情報がありすぎてどこから手につけていいのか分からなくなることもあるでしょう。

その時は、今回紹介した勉強方法を実践してみてくださいね。

独学からコーダーに必要なスキルを身につける3つの勉強方法
  1. 自分にあった参考書で実践をしながら勉強
  2. ドットインストールProgateなどの無料サイトで学ぶ
  3. 自分の作った作品をポートフォリオにまとめる

ちか

私は独学できる自信がないから始めからプログラミングスクールに通おうかな…!

まずは、GEEK JOBの無料プログラミング体験をしてみます。

なかがわ

それはいいですね!

プログラミングを取得して、コーダーとして活躍していって下さいね。

▼未経験からコーダーに転職を考えている人へ▼

【コーダーに転職したい】を叶える!誰でもできる3つの必勝法を解説 【3分で理解】未経験からコーダーになる方法!おすすめスクールや転職エージェント、必要スキルも徹底解説!