【コーダー】の平均年収とは?年収を上げる3つの方法を具体的に解説

この記事でお伝えすること
  1. コーダーの年収は?IT業界の近い職業と比較
  2. 平均よりの高年収を稼いでいるコーダーの特徴
  3. コーダーが年収を上げる3つの方法
  4. コーダーからのキャリアアップについて

IT業界の発展と共に需要が増え続けている、コーダーの仕事に興味を持つ人が増えています。

そんな中で、

「コーダーの年収ってどれくらい?」

「稼げるコーダーになるにはどうしたらいいの??」

…と疑問に感じていませんか?

ちか

コーダーの詳しい年収が知りたいです。

なかがわ

年収は大切なポイントですよね。

この記事では、コーダーの年収について詳しくお伝えしていきます。

コーダーへの転職を考えている人はぜひ読み進めてくださいね。

コーダーの仕事内容とは?

[図解:「https://www.kagoya.jp/howto/webhomepage/webapplication/」の見出し「WEBアプリケーションの仕組みと開発言語」のようなバックエンドとフロントエンドについて一目でわかる画像をお願いします。]

ちか

コーダーはどんな仕事をしている人ですか?

なかがわ

コーダーの仕事を簡単に説明すると、インターネット上の見えている画面を作る仕事です。

私たちが普段見ているインターネットは、

  • 見えている部分:フロントエンド
  • 見えいないシステムの部分:バックエンド

に分かれています。

なかがわ

コーダーはその中でも、フロントエンドの部分を作る仕事をしています。
【2019保存版】コーダーとは?仕事内容やスキルをわかりやすく解説!昨今のWEB業界で求められるものは?

コーダーの平均年収はどれくらい?IT業界の近い職業と比較  

[図解:コーダーの年収:373万、一般平均年収:440万円、IT業界の平均年収:620万円の比較図をお願いします。]

ちか

コーダーの平均年収はどれくらいなんですか?

なかがわ

コーダーの平均年収は、Find job!によると約373万円です。
  • サラリーマンの平均年収:440万円
  • IT業界の平均年収:620万円

一般サラリーマンの平均年収と比べると約70万円、IT業界の平均年収と比較すると約250万円コーダーの平均年収が低いです。

一般よりも低い水準の年収のコーダーですが、働きかたや実力によっても年収は変わってきます。

なかがわ

それでは、IT業界の近い職業との年収を比較してみましょう!
IT業界の近い職業とコーダーの年収を比較
  1. Webデザイナーの平均年収:280万〜373万円
  2. フロントエンドエンジニアの平均年収:240万円〜510万円
  3. プログラマーの平均年収:440万円~580万円

webデザイナー

[図解:コーダーとwebデザイナー年収が373万円と同じ年収、

一般平均年収:440万円、

IT業界の平均年収:620万円の違いが一目でわかる図をお願いします。]

Webデザイナーの平均年収は、Find job!によると約373万円

ちか

コーダーとほぼ同じくらいの年収ですね!

なかがわ

そうですね。

大手Web求人サイトのFind job!でもコーダーとWebデザイナーの平均年収はまとめて紹介されています。

  • サラリーマンの平均年収が440万円
  • IT業界の平均年収が620万円

ですので、一般サラリーマンの平均年収と比べると約70万円

IT業界の平均年収と比較すると約250万円コーダーの平均年収が低いです。

なかがわ

コーダーとWebデザイナーの両方の業務をこなせる人の中には年収400万円以上稼ぐ人もいますよ。

フロントエンドエンジニア  

[図解:コーダーの平均年収が373万円、

フロントエンドエンジニアの平均年収:385万円、

一般平均年収:440万円、

IT業界の平均年収:620万円の違いが一目でわかる図をお願いします。]

フロントエンドエンジニアの平均年収は、マイナビによると385万円

フロントエンドエンジニアの全体的な平均年収は、240万円〜510万円です。

ちか

フロントエンドエンジニアの平均年収は、コーダーや一般の平均年収よりも高収入ですね!

なかがわ

はい。

コーダーよりも業務範囲の多い、フロントエンドエンジニアはコーダーよりも高収入です。

  • コーダーの平均年収:373万円
  • 一般サラリーマンの平均年収:440万円
  • IT業界の平均年収:620万円

ですので、フロントエンドエンジニアの年収はコーダーの平均年収よりも約10万円程高いです。

なかがわ

グローバルに働くフロントエンドエンジニアの中には、年収1000万年以上稼ぐ人もいます。

▼フロントエンドエンジニアとコーダーの違いが知りたい人へ▼

【3分でわかる】コーダーとフロントエンドエンジニアの違いを解説

プログラマー

[図解:コーダーの平均年収が373万円、

一般平均年収:440万円、

IT業界の平均年収:620万円

プログラマーの平均年収:490万円

の違いが一目でわかる図をお願いします。]

プログラマーの平均年収は、平均年収.comによると約490万円

プログラマーの全体的な平均年収は、440万円~580万円です。

ちか

コーダーよりも、約120万円も高年収ですね!

なかがわ

そうですね。

コーダーやフロントエンドエンジニアよりも更に専門的なスキルが必要な、プログラマーの平均年収は高年収です。

  • コーダーの平均年収:373万円
  • 一般サラリーマンの平均年収:440万円
  • IT業界の平均年収:620万円

ですので、コーダーの平均年収と比べると約120万円高い。

なかがわ

複数のプログラミング言語が扱えるプログラマーの中には、1000万円以上稼いでいる人もいますよ。

▼コーダーとプログラマーの違いについて知りたい人へ▼

【1分理解】コーダーとプログラマーの違いとは?必要なスキルも解説

コーダーの年収は低い?理由はIT業界初心者が多いから

コーダーの平均年収は、Find job!によると約373万円です。[/say]

  • サラリーマンの平均年収:440万円
  • IT業界の平均年収:620万円
  • フロントエンドエンジニアの平均年収:385万円
  • プログラマーの全体的な平均年収:440万円~580万円

上記を見ても、一般サラリーマンの平均年収と比べると約70万円IT業界の平均年収と比較すると約250万円程コーダーの平均年収が低いです。

それでは、理由を見ていきましょう。

コーダーの年収が低い理由
  1. コーダーは、IT業界の中でも未経験者が転職しやすい
  2. アルバイトや派遣勤務の人が多い

1.コーダーは、IT業界の中でも未経験者が転職しやすい

コーダーはIT業界の中でも、未経験から転職しやすい職業。

必要なスキルもインターネット上の、

などの無料動画で学び、独学で転職することも可能です。

また、コーダーはマークアップ言語などの専門知識さえあれば

  • 学歴
  • 職歴

は問われない職業なので、若い人の転職先として選ばれることも多いです。

そのため、コーダーの年収は比較的低くくなっています。

なかがわ

コーダーは、実力次第で年収をあげていける職業ですよ。

※[コーダー独学記事]

2.アルバイトや派遣勤務の人が多い

未経験からコーダーに転職する人はアルバイトや派遣勤務から始める人が多い

新卒や若年層の転職なら未経験であっても、始めから就職できることもあるかもしれません。

しかし現実的には、ある程度スキルが身につくまではアルバイトや派遣勤務を求められます。

そのため、未経験からの平均年収が280万円〜300万円と低い年収水準になっています。

なかがわ

未経験から就職するには、まずは最低限の知識をつけてからにしましょう!

GEEK JOB」では無料スクールに通えて就職までサポートしてくれます。

未経験から最短で転職できる!?

▼未経験から転職したい人へ▼

【コーダーに転職したい】を叶える!誰でもできる3つの必勝法を解説

スキルアップする程年収は上がる!まずは実践を積んでスキルを身につけよう

ちか

コーダーはIT業界未経験から始めやすい反面、年収が低いんですね…。

年収を上げる方法はありますか?

なかがわ

はい。

しっかりと実践を積んで、スキルを身につければ高年収を稼げるコーダーになれますよ!

具体的なスキルアップの方法を見ていきましょう。

高年収コーダーになる3つの方法
  1. コーダーに最低限必要なスキルを完璧に身につける
  2. コーダーからフロントエンドエンジニアにキャリアアップ
  3. コーダーからプログラマーにキャリアアップ

1.コーダーに最低限必要なスキルを完璧に身につける

まずは、コーダーに最低限必要なスキルを完璧に身につけよう!

コーダーに必要なスキルは

  • HTML/CSSのスキル・知識
  • JavaScript/jQueryのスキル・知識
  • CMSの基礎理解
  • Web業界の幅広い知識

なかがわ

コーダーになるにはスキルも必要です。

基礎をマスターすれば、キャリアアップも成功できます。

▼コーダーに必要なスキルが知りたい人へ▼

【1分理解】コーダーとプログラマーの違いとは?必要なスキルも解説

2.コーダーからフロントエンドエンジニアにキャリアアップ

[図解:フロントエンドとバックエンドの違いをお願いします]

2つ目の年収を上げる方法は、コーダーからフロントエンドエンジニアにキャリアアップする方法です。

ちか

コーダーからフロントエンドエンジニアにどしたらなれますか?

なかがわ

フロントエンドエンジニアは、インターネット上の私たちが普段見えている側、つまりフロントエンド側の重要なポジションです。

コーダーからフロントエンドエンジニアを目指すには、コーダー以上のスキルが必要です。

例えば、

  • チームのマネージメント能力
  • コミュニケーション能力
  • コーダーよりもさらに高い専門知識

これらのスキルがフロントエンドエンジニアには必要ですよ。

つまり、コーダーとしてのスキルを積み上げていきながら、フロントエンドエンジニアに必要なスキルを身につけていく。

なかがわ

これが、フロントエンドエンジニアにキャリアアップしていく一番の近道です。
【3分でわかる】コーダーとフロントエンドエンジニアの違いを解説

3.コーダーからプログラマーにキャリアアップ

3つ目の年収を上げる方法は、コーダーからプログラマーにキャリアアップする方法です。

ちか

コーダーからプログラマーになるにはどうしたらいいですか?

なかがわ

まず、コーダーとプログラマーの違いについて見ていきましょう。
  • コーダー:フロントエンド(インターネット上の目に見える側)
  • プログラマー:バックエンド(インターネット上の目に見えない側)

このように、コーダーとプログラマーではインターネット上の扱う領域に違いがあります。

しかし、似ている点も多いのがこの2つの職業です。

  • HTML/CSS
  • JavaScript/jQuery
  • IT業界の幅広い知識

これはコーダーに必要な知識でしたよね?

プログラマーはこのスキル以外にも、

  • 複数のプログラミング言語
  • webに関する専門的な知識
  • コミュニケーション能力
  • 新しい技術を学んでいく姿勢

なかがわ

プログラマーがコーダーの大きな違いは、「複数のプログラミング言語が扱える」ことです。

2019年現在で、Web上にあるプログラミング言語は200種類以上あると言われています。

これを全て使える必要はありませんが、一般的なプログラマーは5〜10種類のプログラミング言語が使えます。

なかがわ

プログラマーも始めはHTML/CSSの学習から始めるんですよ。

なかがわ

働きながら学習したい人には、TechAcademyでリモート学習がおすすめです。

マンツーマンで実践的スキルを習得する

コーダーからプログラマーに転職したいなら、プログラミング言語を習得しよう!

【1分理解】コーダーとプログラマーの違いとは?必要なスキルも解説

コーダーの中には年収600万円以上稼ぐ人もいる!平均よりも200万円以上高年収なコーダーの3つの特徴

ちか

コーダーの中には600万円以上稼ぐ人もいるんですね…!

高収入を稼ぐコーダーにはどんな特徴があるんでしょうか?

なかがわ

それでは、コーダーの平均年収よりも200万円以上稼ぐコーダーの3つの特徴を解説します。
平均年収よりも200万円以上稼ぐコーダーの3つの特徴
  1. マークアップ言語だけではなくJavaScript/PHPなどのプログラミング言語が使える
  2. SEOに関する深い知識を持っている
  3. IT業界に関する幅広い知識を持っている

特徴1.マークアップ言語だけではなく、JavaScript/PHPなどのプログラミング言語が扱える

まず1つ目の特徴は、HTML/CSSのようなマークアップ言語だけではなくプログラミング言語も扱えることです。

JavaScriptやPHPを扱えるだけで、業務の幅がとても広がります。

なかがわ

また、この2つの言語を扱えるようになることで他のプログラミング言語も習得しやすくなりますよ!

特徴2.SEOに関する深い知識を持っている  

2つ目の特徴は、SEOに関する深い知識を持っていること。

ちか

SEOとはなんですか?

なかがわ

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で「検索エンジン最適化」のこと。

つまり、Googleをなどの検索サービスでの検索結果を上位に持っていくための施策のことです。

コーダーもWebサイトを作っていく仕事。

しかし意外にもSEOを重要視していないコーダーが多いのも現実です。

なかがわ

その中で、SEOに関しても知識を持っていれば自分のキャリアアップにも繋がります。

特徴3.常に新しい技術を学ぶ姿勢がある

3つ目の特徴は、常に新しい知識やスキルを学ぼうとする姿勢があること。

移り変わりの激しいWeb業界では、常にトレンドに目を向け学ぶことが重要です。

なかがわ

コーダーからキャリアアップを目指すなら、自分から新しい技術を学んでいきましょう。

大切なのは他のコーダーとの差別化・付加価値のあるコーダーになること

コーダーに必要なスキルはIT業界の必要最低限だと言っても過言ではありません。

その中で、いかにコーダーのスキルにプラスのスキルを身につけられるか?

そこに他のコーダーとの差別化や付加価値のあるコーダーになれるかのポイントがあります。

▼今よりもスキルアップしたい▼

なかがわ

中でも、TechAcademyはリモートで学ぶことができるので働きながら学習したい人におすすめですよ。

マンツーマンで実践的スキルを習得する

コーダーが年収を上げるためには、今よりも高いスキルを身につけよう!

ちか

コーダーが年収を上げるための、具体的な方法はありますか?

なかがわ

はい。

コーダーが年収を上げるためにやるべきことは2つありますよ。

それでは解説していきますね。

コーダーが年収を上げるためにやるべき2つのこと
  1. プログラミングスクールに通ってスキルアップを目指す
  2. 転職エージェントに相談する

1.プログラミングスクールに通ってスキルアップを目指す

1つ目の方法は、プログラミングスクールに通ってスキルアップを目指すこと。

まずは、プログラミングスクールに通うメリットを解説しますね。

プログラミングスクールに通うメリット
  • TechAcademyのようなリモートで学べるスクールがあるので働きながらスキルを身につけることができる
  • スクールによっては短期間で、必要なところだけ学べる
  • GEEK JOBのように、無料で通えるスクールもある
  • 独学よりも効率よくスキルを習得できる

ちか

プログラミングスクールに通うメリットが沢山あるんですね!

おすすめのプログラミングスクールはありますか?

なかがわ

はい。

以下におすすめのプログラミングスクールの比較表を用意したので参考にしてくださいね

スクール
エンジニア
DMM
WEBCAMP
Tech
Academy
TECH
CAMP
どんな人に
おすすめ?

転職したいけど
お金がない人
(転職コース)

経験が少なくても
確実に転職
したい人
スクールに通う
時間のない人
働きながら学習を
進めたい社会人
金額実質無料〜
¥128,000
¥ 628,000¥ 99,000~¥ 648,000
受講期間最短4週間~3ヶ月最短4週間~最短10週間~
リモート
公式サイト

現役エンジニアに相談するチャンス
エンジニアのスキルが上がらないなら、今すぐ無料の侍エンジニア塾のオンラインレッスンに応募することをおすすめします。

 

たった1回の講義であなたのスキルが大幅に向上するキッカケになるはずです...!!!

さらに今なら総額5000円分のAmazonギフト券がもらえる特典付き。
無料講義が満席になる前に今すぐチェックしてみてください。

 

侍エンジニアはオンラインでも受講可能!!


▲お悩み相談だけでもOK!!▲

【公式サイト】https://www.sejuku.net/

ちか

表だけでは決められないな…。

実際に見学に行ったりはできますか?

なかがわ

表だけではイメージが湧きにくいですよね。

実際に見学したい人は、DMM WEBCAMPTECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)のような無料でカウンセリングを受けられるプログラミングスクールがおすすめです。

また、GEEK JOBでは無料でプログラミング体験も受けられますよ。

なかがわ

自分にあったプログラミングスクールに通ってスキルアップを目指してくださいね!

2.転職エージェントに相談する

2つ目の方法は、転職エージェントに相談すること。

コーダーとして経験がついてきて思うことは、キャリアアップですよね?

なかがわ

今の職場で満足できる働き方ができていないなら、転職エージェントに相談してみるのも一つの手です。
転職エージェントに相談するメリット
  • 自分のレベルにあった企業を紹介してくれる
  • 自分の実力次第では、今よりも収入アップが望める
  • プロの視点で、的確なアドバイスをくれる

なかがわ

実力次第では転職をすることで、収入が上がります。

おすすめの転職エージェントを3社紹介していきますね。


エージェントマイナビ
エージェントIT
レバテック
キャリア
Midworks
どんな人に
おすすめ?
スキルに
自信がない人
専門的な
アドバイスを受け
転職したい人
スキルに
自信がある人
推定年収240~1200万300~1500万500~1300万
案件数約12,000件約2,500件約3,000件
未経験
公式サイト

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT))などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「Midworks

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)はフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

努力次第でコーダーからフロントエンジニアやプログラマーへのキャリアアップは可能

ちか

努力次第ではコーダーから、フロントエンドエンジニアやプログラマーへのキャリアアップはできるんですね!

なかがわ

はい。

実際にコーダーとしてスキルを積んで、フロントエンドエンジニアやプログラマーへとキャリアアップしていく人は沢山います

なかがわ

それでは、それぞれがキャリアアップするために必要なスキルを見ていきましょう。
努力次第でキャリアアップはできる!身につけるべきスキルを見てみよう
  1. フロントエンドエンジニア
  2. プログラマー 

フロントエンドエンジニア   

それではフロントエンドエンジニアに必要なスキルを見ていきましょう。

  • コーダーに必須なスキル
  • コーダーよりも幅広い知識やスキル
  • Web制作の幅を広げるPHP/Rubyなどのプログラミング言語
  • トレンド情報の収集力と取り入れられる柔軟性

なかがわ

どれも、少しずつ学んでいけば習得できますよ。

ちょっとずつ頑張りましょう!

今よりもプログラミングスキルを身につけたい人には、プログラミングスクールに通うのもおすすめです。

なかがわ

中でも、TechAcademyはリモートで学ぶことができるので働きながら学習したい人におすすめです。
【3分でわかる】コーダーとフロントエンドエンジニアの違いを解説

プログラマー

次に、プログラマーに必要なスキルを見ていきましょう。

  • システムを開発していく高いプログラミング能力
  • コミュニケーション能力
  • 自己管理能力
  • ITに関する深い知識

なかがわ

プログラマーには、高いプログラミングスキルが必須です。

独学が難しい人は、プログラミングスクールに通いましょう

実際のプログラミングスクールの雰囲気が知りたい人は、

などへ申し込むのがおすすめです。

マンツーマンで実践的スキルを習得する

【1分理解】コーダーとプログラマーの違いとは?必要なスキルも解説

まとめ:コーダーからフロントエンジニアやプログラマーにキャリアップすると年収は上がられる!

今回は、コーダーの年収について解説していきました。

コーダーの平均年収は、373万と一般的な平均年収よりも低い水準の年収でした。

しかし、コーダーとしてスキルを積んでいきフロントエンドエンジニアやプログラマーを目指せば約10万〜120万程の収入アップが期待できますよ。

ちか

私はまず、GEEK JOBの無料体験に行ってみます。

なかがわ

とても良いですね!

ぜひ、プログラミングスキルを身につけてキャリアップしていってください。

【コーダーに転職したい】を叶える!誰でもできる3つの必勝法を解説