【体験談】SESから自社開発エンジニアへの転職を”絶対”に成功させる3つのポイント

この記事でお伝えすること
  1. SESからの転職を成功させるための3つのポイント
  2. SESが転職に失敗しないための注意点
  3. SESから自社開発エンジニアへの転職成功体験談

 

IT業界ではとても不評なSES(客先常駐)のエンジニア職。

SES企業のエンジニアを辞めたいけど転職できるのかな…?」

「SESから自社開発エンジニアへの転職は難しいって本当?」

と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

 

なかがわ

実はSESだからと言って転職が難しいということはないんですよ。失敗しないためのポイントさえ押さえておけば、自社開発エンジニアへの転職も可能です。

 

そこで今回は、

  • SESから自社開発エンジニアへ転職する方法
  • SESが転職に失敗しないための注意点
  • SESから自社開発エンジニアへ転職の成功体験談

などをご紹介します。

SESのエンジニアを辞めたいけど、転職活動に不安がある人はぜひ読み進めてみてくださいね。

 

SESから自社開発エンジニアへ転職できない3つの理由

ちか

そもそもSESからの転職はなぜ難しいと言われているのでしょうか?

なかがわ

SESの働き方の環境上、エンジニアとしての自信が持てない人が多いようです。現役SESの人がよく挙げる理由をみてみましょう。
SES とは

SES(システムエンジニアリングサービス)とは、システムエンジニアをクライアント企業へ派遣する事業形態・企業のことを指します。SESについて詳しく知りたい人は[SESメイン記事]の記事をご覧ください。

1.自社開発エンジニアは人気職で高倍率だから難しい?

ちか

自社開発エンジニアは人気だと聞きますし、やはりなるのは難しいのでしょうか?

なかがわ

たしかに、自社開発エンジニアは人気ですね。

ですが、IT人材は常に人手不足な状態です。今後ますますITニーズは拡大するので、人気と言っても自社開発エンジニアの需要は増え続けているんですよ。

 

経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課 参考資料(IT人材育成の状況等について) より引用https://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/shoujo/daiyoji_sangyo_skill/pdf/001_s03_00.pdf

 

グラフからも分かるように、

2030年には59万人もIT人材が不足すると言われています。

さらなるITニーズの拡大から、開発ができる人材はますます需要が見込まれると言えますね。

なかがわ

今のうちから自社開発エンジニアへ転身することで、スキルアップだけでなく収入アップも狙えますよ。

2.SESでは大したスキルが身につかないので難しい?

SESのエンジニアは、

  • 未経験からスタートした人が多い
  • 常駐先で単調な業務しか担当できなかった
  • 新人から1人で現場に入りスキルは独学で身につけた
  • 勤務先がお客様の会社のため自社で評価がされにくい

といった理由から、スキルアップを客観的に認識できていないという背景があるようです。

そのため、SES以外の会社で通用するのか不安に感じてしまい、転職活動に踏み切れていないという声が多く見受けられます。

なかがわ

実際のところは、未経験からでもポテンシャル採用としての求人が出ている場合もあります。

ちか

未経験からでも求人があるなら、SESでの実務経験があればさらにプラスになりそうですね。

なかがわ

そのとおりですね。

DMM WEBCAMP等のプログラミングスクールで新たなスキルを学んで、SESの実務経験も武器にして転職する人も増えていますよ。
プログラミングスクールについて詳しく知りたい方はこちら

[プログラミングスクール比較記事]

3.SESの客先面談でさえ苦手なのに転職活動は難しい?

SESエンジニアなら必須となる客先面談。

この客先面談を苦手とするエンジニアは多く、

転職活動の面接も「どうせ無理だろう…」と、億劫になってしまう人もいるようです。

なかがわ

面談が苦手な人こそ、早めの転職活動をおすすめします。

SESの客先面談は35歳以上になると、一気に通りにくくなると言われているからです。

ちか

年齢のタイムリミットがあるんですね…!

できるだけ早めに転職に動き出すのが良さそうですね。

 

SESからの転職は可能!転職をすすめる3つの理由
  1. 自社開発エンジニアは人気職。
      →つまり、今後も人手不足で需要は増え続ける!

  2. 未経験からでも求人有り。
      →スクールでスキルを磨けばさらなるキャリアアップも!

  3. SESの客先面談は35歳を過ぎると受かりづらくなる。
      →早めの転職するのが吉!

 

SESからの転職を成功させる3つのポイント

ちか

転職を成功させるためには、具体的に何をすれば良いですか?

なかがわ

はい。それでは、SESエンジニアが転職を成功させるポイントを3つお伝えしますね。

1.SE経験の経歴を棚卸しする

SESエンジニアで働いているあなたは、SEとしての経験が既にありますよね。

自分では大したスキルがない…と思っていても、これまでの実務経験は立派な経歴です。

どんな小さな経験でも構いません。

まずは思いつく限り箇条書きして、経歴の棚卸しをしてみましょう!

2.プログラミングスクールでポートフォリオを作る

スキルや経歴に自信がない人は、

プログラミングスクールでポートフォリオを作ることで転職成功にぐんと近づきます。

なかがわ

ポートフォリオがあれば、

自分の学習した実績を分かりやすく企業にアピールできるため、有利に転職することが可能です。

おすすめなプログラミングスクールは、

  • 3ヶ月じっくり学習できる「DMM WEBCAMP
  • 10週間の短期集中でスキルが身につく「TECH::EXPERT

です。

どちらのスクールも転職保証がついているので、万が一転職できなかったら受講料を全額返金してくれます。

ちか

全額返金…!

絶対転職を成功させたい人には魅力的ですね!

3.新しい知識について情報収集をおこなう

自社開発エンジニアを目指すなら、

時代に合わせて常に新しい技術を身につける力が必要です。

もし実務経験として使う機会がなくても、

スキルアップに向けて情報収集し学習しているというのは面接においてプラスになります。

なかがわ

「開発に興味があります。」と言っても、実際に学び始めている人と、全く行動に移していない人とでは伝わってくる意欲に大きな差がありますよね。

ちか

自社開発エンジニアになりたい!という本気度を見せるためにも、転職活動と並行して積極的に学ぶことが大切ですね。

現SESで自信がない人こそIT業界専門の転職エージェントがおすすめ

ちか

いざ転職活動となると、経歴やスキルのPRとか自信がない人が多いと思うんです。どうしたらいいのでしょう?

なかがわ

経歴やスキルを伝えるのって難しいですよね。

自信がない人はIT業界専門の転職エージェントを活用するのがおすすめですよ!

IT業界専門の転職エージェントを活用するメリット
  • 業界知識を持ったアドバイザーから職務経歴書のフィードバックをもらえる
  • 志望企業別の面接対策をしてもらえる

業界知識を持ったアドバイザーから職務経歴書のフィードバックをもらえる

一般的なエージェントとは違い、技術的な知識と最新のIT業界の動向を熟知しているキャリアアドバイザーがあなたの担当についてくれます。

専門用語や現場知識を理解してくれるため、コミュニケーションが取りやすく、気持ちを理解してもらえるのがメリットです。

企業別の面接対策をしてもらえる

転職エージェントでは、求人企業の人事担当者とどんな人材が必要なのか何度も商談を重ねています。

そのため、求人企業への理解が深いアドバイザーから指導してもらえるのが最大の魅力です。

企業の求める人物像が明確で、何をアピールすればいいのか的確なアドバイスがもらえます。

 

なかがわ

「転職希望はあるけど、まだ考えがまとまらない」という場合も、無料でカウンセリングしてもらえるのでまずは相談してみましょう。

ちか

でも最近は転職エージェントって数が多くて、どこが良いかわからないです…。

なかがわ

選択肢が多すぎると迷ってしまいますよね。

 

では、自社開発エンジニアになるためにおすすめのエージェントを3社紹介します

無料なので、この3つだけ登録しておけば安心ですよ。

転職エージェントは複数登録がおすすめ!
  • 自分にあった求人と出会える可能性が高くなる
  • 自分にあったキャリアアドバイザーに出会える可能性が高くなる

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

【事例】転職エージェントを活用したSESの転職体験談

なかがわ

実際に転職エージェントを活用した転職体験談をご紹介します。

転職前のスペック

SES企業 転職体験談 34歳(男性)

転職開始時:34歳

エンジニア経歴:10年目

職種:プログラマー

前職での担当業務:詳細設計・実装・単体テスト

 


転職活動のスケジュール

転職活動 開始時期9月中旬
内定時期11月初旬
入社時期1月初旬

9月の中旬から転職活動を開始して、11月初旬に内定を獲得。

実質の転職活動期間は約1ヶ月半でした。

利用求人媒体

求人媒体は下記の2つのサイトに登録しました。

データ(選考状況)

選考状況はざっと以下の通りです。

比較的スムーズに終わったため応募数も少なめでした。私の場合は、特に入社テストのようなものはありませんでした。

書類応募数2社
書類追加2社
1次面接受験2社
最終面接受験2社
内定1社
プログラミングテストあり0社
筆記試験あり0社

転職活動のステップ

STEP.1
エージェント登録

まずは情報収集のために、転職エージェントに登録しました。エージェントによって求人情報が異なるので2つ以上登録するのがおすすめです。職務経歴書やポートフォリオの作成にもアドバイスをもらえます。

STEP.2
履歴書・職務経歴書の作成

SESでの経験やスクールで学んでいる言語について等、アドバイザーの方と相談しながら練っていきます。まずは自分の経歴をとにかく箇条書きで出していくと良いです。志望企業に合わせたまとめ方などはアドバイザーの方に添削してもらえます。

STEP.3
希望条件の抽出

面接でもエージェントとの面談でもよく聞かれます。仕事内容だけでなく、休日や残業、福利厚生なども予めしっかり希望を出しておいたほうが良いです。最初はキャリアアドバイザーの方と話しながら出しても良いと思います。

STEP.4
実績・ポートフォリオの作成(制作物・勉強中の言語等)

これまでの実績を伝えるためのポートフォリオはあると有利です。ポートフォリオがないと面接を受けられない企業もありました。スキルに自身がない場合は「DMM WEBCAMP」などのプログラミングスクールを利用してポートフォリオを作成するといいと思います。 

STEP.5
面接対策

要件定義・基本設計などの上流工程が担当できるかどうかを聞かれました。経験が浅くても、やる気があるかどうかを見られているので、事前に学習した実績などを見せるのは効果的かと思います。

案件にもよりますが、SESだと上流工程の経験が不足しがちなので、その点がデメリットとならないようアピール内容を考えておくと良いかと思います。 

STEP.6
内定・入社

転職エージェントの「レバテックキャリアでは勤務先の円満退職に向けたフォローや、書類作成などのアドバイスも行ってくれます。入社後にも状況のヒアリングを行ってくれるので、転職後の疑問点や不安なことも相談できるので安心ですね。



面談・面接が苦手な人にはフリーランスの道も

ちか

どうしても面談・面接が苦手な場合はどうしたらいいでしょう…

なかがわ

そういった場合は、フリーランスを目指すのも手ですね。

Midworksなら商談が苦手な人へのサポートも充実していますよ。

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

面談が苦手な人にMidWorksがおすすめな理由
  1. 商談が苦手な人向けにのMidWorksサポーターから商談アドバイスをもらえる。
  2. 報酬などの希望条件はMidWorksサポーターがクライアントと交渉してくれる。

MidWorksは、面談が苦手でフリーランスとして働きたい人にぴったりのエージェントです。

独立してフリーランスを目指すなら

常駐先への転職はあり?SESの引き抜きには注意しよう。

ちか

常駐先から引き抜きがあるなんてことも聞いたことがあるのですが、転職先としてはどうなのでしょう?

なかがわ

引き抜きがあることは、SESのメリットでもありますね。ただ少しだけ注意したほうが良いポイントもあります。

引き抜きの声が掛かると嬉しいものですが、必ずしもメリットばかりではありません。

SESが常駐先から引き抜きにあった場合の注意点
  • 引き抜きは常駐先企業の採用コスト削減のために行われやすい
  • 現職場との関係は続くため気まずい思いをすることも
  • スキルが高くても声が掛かるとは限らない(人員計画による)

という背景があるためです。

特に、引き抜きは採用コストの削減のために行われやすいということを理解しておきましょう。

通常、転職エージェントを介しての採用となると、企業は採用した人の年収分ほどの額を成功報酬としてエージェントに支払います。

ですが引き抜きであれば、その分の費用がほとんど掛かりません。

なかがわ

採用にコストを掛けている企業の方が、収入や福利厚生なども含めて人材にお金をかけてくれる企業とも言えます。

引き抜き先が信頼できる企業ならそのまま転職もありですが、今後の収入アップのためにはエージェントを使った方が安心です。

 

まとめ:SESからの自社開発エンジニアへの転職は可能!失敗しないためにはIT業界専門の転職エージェントを活用しよう!

ちか

SESからでも、しっかり学んでいけば自社開発エンジニアへの転職は充分可能なんですね!

なかがわ

もちろんです。

何を学べばいいのかわからないという人も、エージェントに無料登録してアドバイザーさんと相談すると良いですね。

 

SESからの転職におすすめのエージェントはコレ!
  1. キャリアアップに手厚いサポートがほしい人にはレバテックキャリア
  2. 未経験でも応募できる求人を知りたいならマイナビエージェントIT
  3. 面談が苦手でフリーランス志向の人にはMidworks

 

なかがわ

どうしてもSESからの転職が不安なら、「DMM WEBCAMP」など未経験者歓迎のスクールに通ってスキルを高めていきましょう!

 

今後もSESエンジニアを続けていけるか?と考えると不安な気持ちになりますよね。

エージェントの転職相談は無料で受けられるので、

悩んでいる人は、まずは気軽に専門のキャリアアドバイザーに相談してみてくださいね!

転職エージェントをさらに詳しく知りたい方はこちら
[転職エージェント比較記事]