ネットワークエンジニアが絶対に身につけておくべきスキルとは!知らない人も多い大切な要素を徹底解剖

この記事でお伝えすること
  1. ネットワークエンジニアの仕事内容
  2. ネットワークエンジニアに必要なスキルと特徴
  3. ネットワークエンジニアにおすすめの資格

ネットワークエンジニアに必要なスキルや資格について詳しく知りたいですよね。

「ネットワークエンジニアに必要なスキルって?」

「どんな資格をもっていればいいの??」

…と悩んでいませんか?

“ちか”

ネットワークエンジニアってどんな人に向いているの?

“ちか”

ネットワークエンジニアになるためには何か必要な資格はあるのかしら・・・。

“なかがわ”

もっていると有利な資格はあります。

これからでも十分に間に合うのでこれを機会に確認しておきましょう。

 

この記事では、

ネットワークエンジニアが身につけておきたいスキルや資格についてお伝えしていきます。

この記事を読めば、ネットワークエンジニアの適正や取得しておきたい資格が確認できるようになりますよ!

これからネットワークエンジニアを目指す人や興味のある人はぜひ読み進めてくださいね。

 

 

ネットワークエンジニアとはITを支えるエンジニア

 

ちか

ネットワークエンジニアとはどのような職種ですか?

なかがわ

ネットワークエンジニアとは簡単ににいうとITインフラを支えるエンジニアです。

ネットワークエンジニアはおもに企業のネットワーク構築をし、システムの設計・構築・保守・運用を行います。

クライアント先の企業に出向いてヒアリングをしネットワークシステムの環境を整備していきます。

ちか

ネットワークエンジニアの年収や雇用形態についても教えてください。

なかがわ

わかりました。

それでは以下のことを順番に説明していきますね!

ネットワークエンジニアの概要
  1. ネットワークエンジニアとは
  2. ネットワークエンジニアの年収
  3. ネットワークエンジニアの雇用形態

ネットワークエンジニアの大まかなことについては以下でひとつずつ紹介していきます。

ネットワークエンジニアはインフラエンジニアのひとつ

ネットワークエンジニアはインフラエンジニアのひとつに該当します。

インフラエンジニアは大きく2つに分けられます。

インフラエンジニアの種類
  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア

ちか

そもそもインフラエンジニアの「インフラ」ってどのようなことですか?

なかがわ

インフラとはITネットワークの土台(基礎)作りのことです。

インターネットを使用する時はパソコンや周辺機器側、そしてデータを保管するサーバーなどがネットワークで繋がっている必要があります。

ネットワークエンジニアは主にパソコンや周辺機器側の接続やシステムの設計・構築を担当します。

サーバーエンジニアはサーバーの管理運用をおこないます。

ちか

ネットワークエンジニアもインフラエンジニアの一種なのですね!

なかがわ

そうなんです。

ネットワークエンジニアはネットワークシステムの土台を作るのにとても大切な仕事なのです。

 

 

インフラエンジニアについて詳しく知りたい方はこちらも合わせてお読みください。

 

【3分理解】インフラエンジニアとは?知られざる仕事内容を徹底解説

ネットワークエンジニアの年収

ちか

ネットワークエンジニアの年収はどのくらいですか?

なかがわ

ネットワークエンジニアの平均年収は比較的高いですよ。
ネットワークエンジニアの平均年収
  • ネットワークエンジニアの平均年収455万円
  • 一般サラリーマンの平均年収441万円

ネットワークエンジニアの平均年収は一般サラリーマンよりも高いです。

年齢が上がっていくにつれて大幅に年収は増えていきます。

ただし、20代前半の頃は年収が低いので注意が必要です。

年齢による年収の差

・20代の平均年収は376万円
・30代の平均年収は554万円

ネットワークエンジニアは20代の平均年収は376万円、30代になると554万円になります。

ネットワークエンジニアは経験を積んでいくごとに飛躍的にアップしていきます。 

その他に各種のスキルを習得したり資格を取得することで年収が上がる傾向にあります。

【今こそ狙い目】ネットワークエンジニアの年収相場を解説!給料を上げる方法も公開中

ネットワークエンジニアの雇用形態

ちか

ネットワークエンジニアにはどのような雇用形態があるのですか?

なかがわ

一般的には大きく3つの雇用形態にわかれます。

ネットワークエンジニアの雇用形態は以下の3つに分類されています。

ネットワークエンジニアの雇用形態
  1. 正社員
  2. 派遣社員
  3. フリーランス

正社員は安定して給料をもらって働くことができます。

一般的に重要な仕事や難しい案件を任されることが多いため、ステップアップしたい人はまず正社員から始めるのがよいでしょう。

なかがわ

まずは正社員として経験を積むことも大切ですね。

ちか

では派遣社員はどのような働き方ですか?

派遣社員は派遣会社から配属されて各クライアント先で仕事をします。

派遣社員はいろんな職場で働くことができるのが大きなメリットですが、それほど重要な仕事を任せてももらえない傾向があります。

ちか

ネットワークエンジニアはフリーランスとして働くこともできるのですね!

なかがわ

はい!

ただしフリーランスになるためには相当な経験とスキルが必要となります。

フリーランスは正社員や派遣などである程度経験を積んでからなることをおすすめします。

フリーランスは案件は自由に選ぶことができるし、報酬もやった分だけ入ってくるので正社員よりは高くなります。

ネットワークエンジニアの詳しい仕事内容

ちか

ネットワークエンジニアの仕事内容はどんなものがありますか?

なかがわ

ネットワークエンジニアはヒアリングからはじまり設計・構築・運用・保守の4工程の仕事があります。

おおまかには以下のような仕事内容になります。

ネットワークエンジニアの仕事内容
  1. ヒアリングをして提案書を作成
  2. ネットワークの設計・構築
  3. ネットワークの運用・保守

新規でネットワークを構築する場合はクライアント先から情報収集をしなければいけません。

ネットワークエンジニアはクライアント先に出向いてヒアリングをもとに提案書を作成します。

実際に提案書がとおったら、ネットワークの設計・構築を始めていきます。

システムが整ったらその後は定期的な保守や運用をしていく流れとなります。

なかがわ

詳しくは以下で説明しますね。

客先ヒアリングして提案書を作成する

ネットワークエンジニアはクライアントの要望や問題点などをヒアリングをして提案書を作成します。

この最初のヒアリングの段階がネットワークエンジニアの仕事の中でとても重要です。

なかがわ

ネットワークエンジニアの上流の仕事にあたりますよ。

エンジニアとしての経験や知識はもちろん、高いコミュニケーション能力が必要となります。

しっかりとクライアント先とコミュニケーションをとれないと、相手の細かい要望や問題点などを洗い出すことができません。

ネットワークエンジニアは提案書を作成するためにしっかりヒアリングする必要があります。

ネットワークの設計・構築

ネットワークエンジニアの仕事にシステムの設計・構築があります。

設計や構築も上流の仕事となり、高い知識レベルやスキルが必要です。

ちか

具体的にどのような仕事をするのですか?

なかがわ

提案書をもとに実際のクライアント先の職場にあったネットワークにシステムを設計し、パソコンや周辺機器をつないでネットワークを構築していきます。

提案書にしたがって実際にシステム全体の設計をおこないます。

そしてパソコン同士や周辺機器を実際に配線したり、スイッチをつけたりする作業を行います。

なかがわ

ときには床下にもぐって配線をしたりすることもありますよ。

そしてパコソンとサーバーなどがしっかりと通信できる状態になっているか、エラーや通信障害が起きていないかを構築の段階で確認していきます。

ネットワークの設計や構築の工程はインフラの整備の段階にあたるので、ネットワークエンジニアの中でも重要な役割となります。

ネットワークの運用・保守

ちか

ネットワークエンジニアの運用の仕事はどのような仕事ですか?

なかがわ

運用は実際にネットワークシステムが稼働したあとに、パソコンを増設した場合などの追加作業を行います。

運用の仕事はシステムが稼働したあとに追加作業やシステムのバージョンアップなどを行います。

またクライアント先の要望に変更などがあった際の対応などを行います。

「パソコンを移設したい」「人が増えたのでアカウントを増やして欲しい」などその都度最適なシステムにしていきます。

ちか

ネットワークエンジニアの保守とは?

なかがわ

保守はトラブルがあったときなどの対応をします。

ネットワークは23時間365日稼働していて、いつ通信エラーや障害が起きるかわかりません。

迅速に対応しなければクライアント先に迷惑がかかってしまいます。

そのため運用や保守はすぐに対応できるようにシフトを組んで夜間も対応できる体制を整える必要があります。

ちか

運用も保守もどちらも大変そうな仕事ですね。

なかがわ

たしかにそうですね。

実際に勤務状況が過酷なことが多いので未経験者や初心者が担当するケースが多いです。

ネットワークエンジニアに求められる5つのスキル

ちか

ネットワークエンジニアにはどのようなスキルが求められますか?

なかがわ

ネットワークエンジニアはおもに以下の5つのスキルがあるとよいですよ。
ネットワークエンジニアに求められる5つのスキル
  1. コミュニケーション能力
  2. マネジメント力
  3. 論理的思考能力
  4. 情報収集力
  5. 英語力

これらのスキルがあるとネットワークエンジニアとして活躍することができます。

ちか

結構たくさんのスキルが必要なのですね

なかがわ

ネットワークエンジニアにとってどれも大事なスキルです。

すべてのスキルで飛び抜けている必要はありませんが、どれも平均点くらいはできると良いでしょう。

それでは以下で詳しくみていきましょう。

コミュニケーション力

ネットワークエンジニアには高いコミュニケーション能力が必要となります。

ちか

ネットワークエンジニアは技術職だからあまり必要ないように思うのですが・・・。

なかがわ

そんなことはないですよ。

クライアント先からのニーズを聞き取ったり、他のエンジニアと共同で作業をするのでコミュニケーションの能力は必須です。

ネットワークエンジニアは最初から最後までひとりで仕事をするわけではありません。

クライアントが使いたいシステム環境や、トラブル時の情報などをしっかりと聞き取りできる能力が必要です。

また他のエンジニアなどとも一緒に作業することが多いので、彼らとの情報共有をするためにも高いコミュニケーション能力が必須なのです。

ちか

クライアント先や他のエンジジアとのコミュニケーションが大事なのですね。

なかがわ

そのとおりです。

うまくコミュニケーションがとれていれば円滑に業務をすすめることができますよ。

コミュニケーション力が高けれはネットワークエンジニアとして上流の仕事を任せてもらえる可能性があります。

そのため、普段からコミュケーション能力は磨いておきましょう。

 

マネジメント力

ネットワークエンジニアとして将来的に活躍するためにはマネジメント能力も必要です。

経験やスキルが上がってくると、全体をまとめるプロジェクトリーダーになる可能性があります。

ちか

そのときにマネジメント能力が必要となってくるのですね!

なかがわ

部下を指導しながら育てていくことで全体の底上げなどもおこなっていく力も必要です。

チーム全体でプロジェクトが遂行できるようにスタッフ間の調整や、プロジェクトの進行具合などを判断して全体を統率していく必要があります。

ネットワークエンジニアとして上流の仕事をするためには高いマネジメント力があるとよいでしょう。

論理的思考力

ネットワークのシステムを構築する際や実際にトラブルが起こったときに論理的思考力が不可欠です。

システムを構築する際にはさまざまな問題が起きることを想定しながらひとつずつ論理的に考えながら設計や構築をしていきます。

どこかで障害が起きたときに、「なぜそのような問題が起きたのか?」「どこで問題が発生しているのか?」を瞬時に自判断しなければいけません。

ちか

論理的に物事を捉えていると、実際にトラブルが起こったときに問題解決まで道のりがスムーズですよね。

なかがわ

そうなのです。

ロジカルな思考力があると現場では対応力に差が出てきます

その他に、クライアント先で企画のプレゼンなどを行うときにも論理的思考力があると説得力が増します。

しっかりと論理的に順序立てて説明できるスキルがあれば相手側も安心して仕事をまかせてくれます。

ネットワークエンジニアにとって論理的思考力はとても大切なスキルです。

情報収集力

ネットワークエンジニアにとって情報取集能力があると良いでしょう。

実際に現場では最新機種のパソコンや周辺機器に触れる機会がとても多いからです。

ちか

IT機器もどんどん新しいものがでてきて情報も変わってきますよね。

なかがわ

その都度新しい知識を得ておかないと古い情報だけでは対応できずにすぐに取り残されていきます。

そのため、ネットワークエンジニアは情報収集能力は欠かせません。

新しい知識や技術を取り入れるために情報収集力は必須のスキルとなります。

英語力

ネットワークエンジニアは英語力があると活躍の幅が広がります。

ちか

ネットワークエンジニアも英語ができないとダメなんですか?

なかがわ

絶対に必要というわけではありませんが、英語ができるととても優秀な人材として扱われます。

ネットワークは世界につながっています。

実際に海外の企業とやりとりしたり出張する機会も少なくありません。

また海外製品のの最新機器を導入したり、海外の展示会に参加する場合もあります。

なかがわ

直接外国人とのコミュニケーションがとれるネットワークエンジニアは企業側にとってとてもありがたい存在ですよ。

海外の文献を読んだりするときも翻訳ソフトなどを使用せずに直接読めるほうが、細かいニュアンスなどがしっかり理解することができます。

グローバルな社会になったためIT業界だけではなく他のビジネスでも英語力は必須のスキルとなりつつあります。

ちか

ネットワークエンジニアも英語の勉強をしておくとよいのですね。

 

ネットワークエンジニアに求められる知識

 

ちか

ネットワークエンジニアにとってどのような知識が必要となりますか?

なかがわ

主に通信に関する知識は必須となります。

具体的には以下の3つの知識があるとよいですね。

ネットワークエンジニアにもと求められる知識は大きく分けて3つあります。

ネットワークエンジニアに求められる3つの知識
  1. WAN系に関する知識
  2. LAN系に関する知識
  3. インターネットに関する知識

それぞれ役割が異なります。

どれも重要な知識ですが、最近ではインターネット系に関する知識がとくに重要になってきました。

それぞれについてもう少し詳しくみてみましょう。

WAN(Wide Area Network)系

ちか

WAN系とはどのようなものですか?

なかがわ

WANとは企業内で構築されたLANを遠く離れた他の支店などに繋ぐネットワークです。

WAN(Wide Area Network)とはLANとLANを結ぶネットワークのことを指します。

本社と支店、支店どうし離れたエリアでネットワークを構築することができます。

ちか

企業グループ間などに使うネットワークなのですね!

なかがわ

大手の企業などは支店がたくさんあるのでWANの知識が必要となってきます。

LAN(Local Area Network)系

ちか

LANは家庭でもよく使いますよね!

なかがわ

そうですね!

企業も同じでLANはなくてならない存在です。

LAN(Loacal Area Network)系の知識も重要なスキルです。

企業内のパソコンや各種の周辺機器は有線や無線LANでつながっています。

LANに関する通信技術の知識に詳しくないと各種の設定をすることができません。

なかがわ

無線LANを使用するときはセキュリティの問題や電波干渉などの通信障害などにも対応しなければなりません。

機種によって性能やソフトフェアのバージョンがことなることがあります。

そのためにそれぞれの環境にあった最適なルーターやケーブルを選ぶ必要があります。

そのため、LANに関する知識はとても大切です。

インターネット系

なかがわ

最近のネットワークエンジニアはインターネット系の知識がとても重要になりました。

ちか

それはどうしてですか?

なかがわ

クラウドサーバーの登場によって社内のサーバを使わなくなってきたからです。

クラウドサーバーの登場により、自社のサーバーではなくクラウドにデータを保管するようになってきました。

いまではほとんどのサービスがインターネットをとおして行われています。

インターネットにつながっているということはセキュリティーに関する知識も必要となってきます。

ちか

ネットワークエンジニアはセキュリティー面の知識も必要なのですね。

なかがわ

そうなんです。

ハッカーなど方不正なアクセスやハッキング防止をするためのファイアーウォールの設定などもしなければいけません

ネットワークエンジニアはインターネット通信に関する知識やセキュリティー対策のための知識が必須となります。

今後ますます必要となるでしょう。

ネットワークエンジニアの適性【向いている人の5つの特徴】

ちか

ネットワークエンジに向いている人はどのような人なのでしょうか?

なにか特別な適正な特性というものは存在しますか?

 

なかがわ

ネットワークエンジニアは新しいものや勉強が好きなかたに向いていますよ!

 

ネットワークエンジニアに向いている人の特徴
  1. 新た強い知識を吸収するのが好き
  2. 同じ作業の繰り返しが苦ではない
  3. IT業界のニュースに敏感
  4. 情報収集・分析・コミュニケーション能力がある
  5. 冷静で慎重な性格

 

これらの5つのことに長けている人はネットワークエンジニアに向いています。

それではひとつずつ解説していきます。

新しい知識を吸収するのが好き

ネットワークエンジニアは新しい知識を吸収するのが好きな人に向いています。

ネットワークの技術やパソコンなどの機器が日々進化していきます。

当然その進化に追いついていけるように自分自身もアップデートしていかなくてはなりません。

なかがわ

古い知識のままでは現場での対応に苦労するでしょう。

ちか

そうですよね。

ネットワークエンジニアも日々勉強なのですね。

新規の顧客にネットワークを構築する際は最新設備を導入することもあります。

そのため、新しい機器のことにも詳しくなければいけません。

常に新しい技術や知識と取り入れたり勉強をするのが好きな人はネットワークエンジニア向きと言えるでしょう。

同じ作業の繰りかえしが苦ではない

ネットワークエンジニアは基本的に同じ通りの作業を繰り返すことが多いです。

どこの現場においてもネットワークシステムに関する作業に大きな違いはありません。

ちか

ネットワークエンジニアは同じような作業が多いのですか?

なかがわ

基本的には同じ作業ばかりです。

機器の接続をしたり、ネットワーク通信の設定やエラーを直すことの繰り返しとなります。

ネットワークエンジニアは設計書どおりに作業をすすめます。

トラブル時のマニュアルも完備されているため、特別に新しいことをする機会も多くはありません。

そのため、同じ作業を繰り返しても苦にならない人はネットワークエンジニアに向いています。

IT業界のニュースに敏感

なかがわ

ネットワークエンジニアはIT業界のニュースに敏感な人が向いていますよ。

ちか

それはどうしてですか?

なかがわ

他のエンジニアと違って、ネットワークエンジニアは直接パソコンなどのハード面に触れることが多いからです。

実際にシステムを組んでいくときに、最新機種やOSなどを扱う場面がでてきます。

普段からIT業界のニュースなどに興味があって勉強している人は、クライアントから相談や依頼があったときに最新の情報を提供することができます。

最新の情報を仕入れておくことでコスト面やセキュリティの面で最適なものを提案することができるのです。

そのため、ネットワークエンジニアは普段からからIT業界のニュースに敏感な人に向いています。

情報収集力・分析力・コミュニケーション能力に長けている

ネットワークエンジニアとして将来的に活躍するためには情報収集力・分析力・そしてコミュニケーション能力が長けている必要があります。

クライアントと信頼関係を得るためにはまず第一にコミュニケーション能力が必須です。

さらに現場のスタッフともうまく付き合っていかないとよい仕事ができません。

なかがわ

現場では他のエンジニアやスタッフとも連携を取らなければいけませんよ。

ちか

しっかりと会話をして信頼関係を作っておくことが大切なのですね。

なかがわ

そのとおりです。

そしてそのほかに情報を収集する力と分析力も必要となってきます。

相手が求めているネットワークシステムの環境にするためにはどうしたらよいのかを考えて、それにあわせて情報を集めなければいけません。

そのときに素早く正しい情報を得るスキルがとても大事になります。

なかがわ

相手が求めていることを解決するために適切な情報をあつめる能力が必要ですよ。

また、クライアントの要望や問題点を引き出して正しく分析できなければ、問題解決することはできません。

その他に実際に起こったトラブルは「なぜそのように事態になっているのか?」と分析する力が必要です。

このようにネットワークエンジニアは情報収集力・分析力・コミュニケーション能力などがある人に向いています。

冷静で慎重な性格

ネットワークエンジニアは慎重に作業できる人に向いています。

クライアント先のネットワークに障害が起きてしまったらとても迷惑をかけてしまいます。

そうならないように常に細心の注意を払って設定をおこなったり、機器の接続をおこなったりします。

ちか

ネットワークエンジニアは慎重に作業をしなければならないのですね。

なかがわ

通信障害などを起こしてしまったら大変です。

信用問題にもなってしまうので、確実に作業ができる人に向いています。

事前に何度もシステムエラーが起きないようにテストをおこなう必要もでてくるでしょう。

また、実際にトラブルが起こったときに呼び出されることもあります。

トラブル時はクライアント先の現場スタッフはでは慌てていることも多いです。

ちか

トラブル時にも冷静に対応しなければならないのですね。

なかがわ

冷静に状況を判断したり、スタッフからヒアリングして問題解決する必要があります。

トラブル時でも慌てないで冷静に行動しつつ、慎重に作業できる性格が求められます。

スキルと一緒に取得すべき!ネットワークエンジニアにおすすめな資格6選

ネットワークエンジニアにおすすめな資格がいくつかあります。

それらの資格を取得しておくと、将来的にステップアップするときに役に立ちます。

ネットワークエンジニアにおすすめの資格は以下の6つです。

ネットワークエンジニアのおすすめ資格
  1. CCNA(シスコ認定ネットワークアソシエイト)
  2. CCNP(シスコ認定ネットワークプロフェッショナル)
  3. ネットワークスペシャリスト試験
  4. 情報処理安全確保支援士試験
  5. マイクロソフト認定資格プログラム
  6. Linux技術者認定試験

これらの資格を持ってるとネットワークエンジニアとしての活躍する場面もふえてきます。

今後、キャリアアップしていくときにも有利にはたらくのでぜひ取得しておきましょう。

それでは以下でくわしく解説します。

CCNA(シスコ認定ネットワークアソシエト)

ネットワークエンジニアを目指すならCCNA(シスコ認定ネットワークアソシエイト)は取得をおすすめします。

シスコ認定試験はネットワーク関連機器の世界的な大手であるシスコシステムズ社が認定している資格です。

世界共通の資格なのぜひ挑戦してみましょう。

なかがわ

CCNAはその中の入門的な位置づけです。

CCNAはネットワーク関連の基礎的な知識などが問われて、ルーターやスイッチ関係、通信、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。

ネットワークエンジニアとして知っておきたい内容なのでCCNAをとっておいて損はないでしょう、。

CCNP(シスコ認定ネットワークプロフェッショナル)

CCNP(シスコ認定ネットワークプロフェッショナル)はシスコ認定試験のCCNAの上位資格です。

CCNPはネットワーク関連でより高度な知識を要求されます。

なかがわ

現場で活躍るすためには最低このくらいの知識があったほうがいいですよ

シスコ認定は世界的にも知られている認定資格なので持っていると企業から客観的に評価をしてもらえます。

CCNPを持っていることでキャリアアップや転職のときに有利となるでしょう。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験はネットワーク関連の国家資格で情報処理技術者試験の区分のひとつです。

難易度がとても高くスキルレベルは4となっています。

ちか

結構難しそうですね・・・。

合格率はどのくらいですか?

なかがわ

令和元年度の合格者は14.4%と発表されています。

ネットワークスペシャリスト試験はネットワークに関する専門的な知識を要求され、下位者に指導をおこなえるレベルが求められます。

ネットワークエンジニアやインフラエンジニアを目指す方には向いている資格です。

情報処理安全確保支援士試験

情報処理安全確保支援士試験はセキュリティ関係の国家資格です。

なかがわ

通称は登録セキスペと呼ばれています。

インターネットが普及した現代においてサイバー攻撃にさらされるリスクが常にあります。

企業もネットワークシステムもクラウドサービスを利用する機会が増えたことにより、セキュリティをしっかりと守らないといけません。

ちか

セキュリティ対策は大事ですよね。

なかがわ

今後はますますセキュリティの知識が必要となってくるでしょう。

セキュリティ対策ができるエンジニアは不足しているため、情報処理安全確保支援士試験(登録セキスペ)に合格しておくと今後の活躍が期待できます。

マイクロソフト認定資格プログラム

マイクロソフト認定資格プログラム(MCP:Microsoft Certification Program)はマイクロソフト社が認定してる全世界に通用する資格です。

マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)にはMCSA認定資格とさらに上位のMCSE/MCSD認定資格が存在します。

ちか

マイクロソフトにも認定の資格があるのですね!

なかがわ

モビリテ・クラウド・データ・生産性・App Builder・ビジネスアプリケーションなどの6つの項目で試験があります。

ネットワークに関連したWindows対応のアプリケーションやMicrosoft社の製品などは全世界で広く使われています。

Microsoftの製品情報や機能を十分に理解するためにマイクロソフト認定プログラム(MCP)を受けておくことは有効です。

マイクロソフト認定プログラム(MCP)の資格を有していることでネットワークエンジニアの信頼度が高くなるでしょう。

Linux技術者認定試験

ちか

Linuxってなんですか?

なかがわ

LinuxはサーバーのOSとしてよく使われています。

そのLinuxにはLinux技術者認定試験というものがあり、その中にLPICとLinuCの2種類存在します。

どちらもLinuxの認定試験で内容も大きく変わりません。

LIPCとLinuCの違い

・LPIC・・・国際標準のIT資格である
・LinuC・・・日本市場向けの資格

このような違いがありますが、勉強する内容は両者ともにかわりません。

どちらに視点をむけてやるか、企業がどちらの取得を推奨しているかで選んで問題ありません。

もし迷った場合は世界共通の認定であるLPICをとっておけば間違いないでしょう。

 

確実に内定を取るために!ネットワークエンジニアの転職に必要な準備

ネットワークエンジニアになるために企業から内定がもらえるようにあらかじめ準備をしておきましょう。

資格をもっていると客観的に判断できる材料としてかなり有効です。

なかがわ

上記のようなスキルや資格があれば履歴書には必ず記載しましょう。

また転職の際はなぜその会社で働きたいのかをはっきり答えられなければいけません。

「前の会社の待遇が悪かった」「給料がもっと欲しい」など後ろ向きな発言ではなく、「スキルアップができる」「知識の幅を広げられる」など前向きな理由がよいでしょう。

ちか

特別なスキルや資格がなかった場合は無理なのでしょうか?

なかがわ

特別な資格やスキルがなくても心配はいりませんよ。

転職する前にスクールに通ったり転職エージェントを利用してみるとよいですよ。

未経験や資格がなくても以下のことに注意して準備をはじめましょう。

未経験者の就職・転職活動のポイント
  • スクールなどに通って事前に学習する
  • 複数の転職エージェントに登録する

くわしい理由を以下で紹介します。

ネットワークエンジニアになるための学習サービスを利用しよう

ちか

ネットワークエンジニアになる前に勉強をしておいた方がいいのですか?

なかがわ

はい。

できれば事前にすこし勉強しておいたほうがよいですね。

ネットワークエンジニアは未経験でも採用してくれる企業はありますが、できれば事前にある程度学習をしておいた方が安心です。

ネットワークなどの知識が全くない状態よりもある程度知識があったほうが仕事をはじめるときに頭に入りやすいです。

企業側もはやく戦力になってくれるのを期待するので採用される率が高くなります。

なかがわ

ネットワークに知識のほかにもっと重要なことがあります。

それは、あなたの勉強する姿勢です。

採用される前から事前に勉強するという意気込みが、企業担当者の気持ちを大きく動かします。

「なんとなく面接に来た人」と「前もって勉強をしてきた意気込みの高い人」では採用担当者の印象はまったく違います。

 

ちか

同じくらいのレベルだっだら、当然後者の方を採用しますよね。

未経験者はとくに事前に学習サービスを利用してやる気があるという気持ちを見せることがポイントです。

下記でネットワークエンジニアの学習に役立つスクールを紹介しています。

あなたにあったスクールがあるかぜひ確認してみてください。

 

スクール
エンジニア
DMM
WEBCAMP
Tech
Academy
TECH
CAMP
どんな人に
おすすめ?

転職したいけど
お金がない人
(転職コース)

経験が少なくても
確実に転職
したい人
スクールに通う
時間のない人
働きながら学習を
進めたい社会人
金額実質無料〜
¥128,000
¥ 628,000¥ 99,000~¥ 648,000
受講期間最短4週間~3ヶ月最短4週間~最短10週間~
リモート
公式サイト

エンジニア未経験者は要注意
もし「未経験から正社員エンジニアを目指したい」のであれば、当サイトのLINE公式アカウント転職までのマニュアルを受け取っておくことをおすすめします。

 

また、LINE公式アカウント内では著者が未経験エンジニアだった頃に経験した失敗談も暴露。
あなたも同じ失敗をしないように、必ずご確認ください。

 

失敗したくないエンジニア未経験者限定‼

 

▲お悩み相談だけでもOK!!▲

複数の転職エージェントに登録しておこう

ちか

転職エージェントはたくさんありますが登録は1つでよいのですか?

なかがわ

1つではリスクがあります。

できるだけ多く登録しておきましょう。

転職や就職をするときには複数の転職エージェントに登録しておきましょう。

その理由は以下の通りです。

複数の転職エージェントに登録する理由
  • たくさんの求人先を紹介してくれる
  • 自分に合った担当者に出会えない可能性がある
  • 複数のエージェントを利用すると客観的に判断できる

あなたに合った担当者の出会えたら希望する職場に就職できる可能性が高くなります。

そのリスクを回避するためにも何社かの転職サイトに登録しましょう。

ちか

転職エージェントは複数に登録しておいたほうがよいのですね。

なかがわ

もし転職サイトを1社だけにしてしまった場合、情報が偏ってしまう可能性があります。

複数の転職サイトに登録をしてそれぞれの情報をしっかりと聞いて比較しましょう。

 

下記でおすすめの転職エージェントを紹介しています。

登録はすべて無料3分以下で終わるので、今のうちにすべて登録を済ませてしまいましょう。

 


エージェントマイナビ
エージェントIT
レバテック
キャリア
Midworks
どんな人に
おすすめ?
スキルに
自信がない人
専門的な
アドバイスを受け
転職したい人
スキルに
自信がある人
推定年収240~1200万300~1500万500~1300万
案件数約12,000件約2,500件約3,000件
未経験
公式サイト

エンジニア未経験者は要注意
もし「未経験から正社員エンジニアを目指したい」のであれば、当サイトのLINE公式アカウント転職までのマニュアルを受け取っておくことをおすすめします。

 

また、LINE公式アカウント内では著者が未経験エンジニアだった頃に経験した失敗談も暴露。
あなたも同じ失敗をしないように、必ずご確認ください。

 

失敗したくないエンジニア未経験者限定‼

 

▲お悩み相談だけでもOK!!▲

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、まずは失敗しないように当サイトのLINE公式アカウントで配布している無料マニュアルに書いている内容を活かしてからが無難です。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「Midworks

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

もし不安であれば当サイトのLINE公式アカウントでいつでも質問も受け付けていますし、当サイト管理人が未経験エンジニアで失敗した経験も語っているので参考になるはずです。

他にも、TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)はフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

ネットワークエンジニアになってIT系の分野でやりがいのある仕事をしよう!

ネットワークエンジニアはIT系の分野ではとても重要な役割をはたしています。

未経験の方はもちろんですが、他のエンジニアからの転職にもおすすめです。

ネットワークエンジニアになってやりがいのある仕事をしましょう。

記事のまとめ
  1. ネットワークエンジニアはITインフラの土台をつくる
  2. ネットワークエンジニアの平均年収は高い
  3. ネットワーク関係の資格をもっていると転職に有利

クラウドサービスの普及によってネットワークエンジニアもますます活躍する機会も増えてきます。

需要もこれからどんどん高まっていくので、これを機にネットワークエンジニアを目指してみませんか?

まずは転職エージェントに登録するところからはじめてみましょう。