ネットワークエンジニアに将来性はあるの?生き残りに必要な秘訣を大公開

この記事でお伝えすること
  1. ネットワークエンジニアの仕事内容
  2. ネットワークエンジニアの将来性について
  3. ネットワークエンジニアの現状
  4. 需要のあるネットワークエンジニアになるための必須スキル
  5. 将来性を高める3つの資格

ネットワークエンジニアの今後の展望について気になりますよね。

「ネットワークエンジニアの将来って?」

「ネットワークエンジニアの需要はなくならない??」

…と悩んでいませんか?

“ちか”

ネットワークエンジニアの将来性について知りたい!

“ちか”

生き残るためにはどうすれば・・・。

“なかがわ”

正しい方法でスキルアップしていけば心配ありませんよ!

 

この記事では、

ネットワークエンジニアの将来性についてお伝えしていきます。

この記事を読めば、ネットワークエンジニア大きくキャリアアップできるようになりますよ!

これからネットワークエンジニアになりたい人や将来的に不安な人はぜひ読み進めてくださいね。

ネットワークエンジニアの主な仕事内容5つ

ちか

ネットワークエンジニアとはどのような仕事ですか?

なかがわ

ネットワークエンジニアは企業のネットワークシステムの構築や運用をする仕事です。

企業のパソコン同士を繋いでネットワークの環境を整えます。

パソコン同士やモデム・ルーターなどの物理的な接続をしたり、パソコンが相互にネットワークができるようにシステムを整備・運用していきます。

ネットワークエンジニアの主な仕事内容は以下の5つ
  1. ネットワークの設計
  2. ネットワークの構築
  3. ネットワークの運用
  4. ネットワークの監視
  5. ネットワークの保守

上記の5つの工程に分かれています。

以下でで1つずつ紹介していきます。

1.ネットワークを設計する

ネットワークエンジニアはクライアントからヒアリングした結果をもとにネットワークシステムの基本設計を行います。

なかがわ

ネットワークエンジニアのいちばん核となるのが設計の工程です。

ちか

ネットワークシステムの設計って難しそうですね。

システムの設計をするためには、その後に続くすべての工程を熟知してる必要があります。

またクライアントの依頼や要望ををきちんと再現しなければなりません。

なかがわ

ネットワークの技術の他に高いコミュニケーション能力が必要となってきます。

ちか

要望どおりのシステムを作るのにコミュニケーションは必須なのですね。

具体的にはクライアントにどのようなシステム構成にしたいのか相談し、機器やネットワークの構成を考えます。

全体的な構成が決定したら実際に使用する機器や配線などの取り回し、ネットワークの設定などを設計書に落としていきます。

最初の設計書がうまくいかないと後々の工程に大きな影響がでてきます。

なかがわ

広範囲にネットワークに熟知しているベテランじゃないと設計を任せてもらえません。

設計の仕事はネットワークエンジニアの花形の仕事と言えるでしょう。

2.ネットワークを構築する

ネットワークエンジニアの構築の仕事は実際に機器を接続してシステムの構築や動作の検証を行います。

構築の工程は実際にパソコンや周辺機器にが触れるのが好きな人に向いています。

ちか

具体的にはどんな内容なんですか?

なかがわ

構築の仕事は設計書に基づいて実際に現場でパソコン同士を繋いだりルーターやモデムなどの周辺機器を接続をしていきます。

配線をうまく処理するために床下などにもぐって作業することもありますよ。

物理的な接続が完了したら、こんどは実際にネットワークがきちんと作動するかの動作確認や検証作業を行います。

新規でネットワークシステムを組む際に、最新の機械の触れることが多くなります

ちか

新型の機種などが好きな人にとっては最高の環境ですね。

なかがわ

そうですね!

たくさんのパソコンや機器に触れることが多いのでやりがいがありますよ。

ネットワークの構築は物理的な作業をすることが多い仕事です。

実際にパソコンなどに触りたい人にはおすすめです。

3.ネットワークを運用する

ネットワークの運用の仕事はPCの増減に合わせてシステムの再構築や再設定を行います。

また安全にシステムが稼働するように機器のアップデートをおこなったりします。

ちか

企業も日々状況が変わることもありますよね。

なかがわ

そうなんです。

実際にシステムが稼働すると、現場の状況によって機器が増えたりすることがあります

ちか

その都度対応しないといけないんですね。

PCを1台増設したい」「アカウントを増やして欲しい」など、その都度クライアントの要望に応える必要があります。

その他には定期的なメンテナンスも不可欠です。

機器もアップデートするため、その都度システムに不具合がないか、動作が正しく作動するかの確認が必要です。

ちか

実際の問題が起きていないか確認する必要があるのですね。

なかがわ

現場から要望を聞き取ったり、不具合などを解消して最善の形にしていくのが運用の仕事です。

4.ネットワークを監視する

ネットワークの監視の仕事はネットワークが正常に機能するようにトラブルを未然に防ぐことが目的です。

監視の作業は常にシステムが安定的に稼働しているのかを見続けます。

監視の作業は常に状態をモニタリングしていかないといけないので大変な仕事です。

ちか

監視の作業は常に状態をモニタリングしないといけないのですね。

実際にはどのようなことを監視しているのですか?

なかがわ

監視にもさまざまな種類があります。

大きく4つに分かれています。

監視の4つの種類

・死活監視・・・実際に機械が機能しているのかチェックする作業

・遅延監視・・・ネットワークのアクセスに遅延が起こっていないかを確認

・経路監視・・・通信するデーター量(トラフィック)が集中していないか確認

・リソース監視・・・機器内のCPUやメモリ、ハードディスクの稼働状況を確認

このようにネットワークシステムの状態が正常に稼働しているのかを休みなく確認しなけれななりません。

構築したネットワークが正常に稼働しなければ意味がありません。

監視は大変ですがネットワークエンジニアにとっては大事な仕事です。

5.ネットワークを保守する

ネットワークの保守の仕事は実際に現場で起こったネットワークシステムの障害や故障などの対応を行います。

保守の仕事は一般的にネットワークエンジニアの新人などが任されることが多いです。

ちか

保守の仕事は大変なのですか?

なかがわ

そうですね。

トラブルはいつ起こるかわからないので時間が不規則になり大変です。

実際にシステムの構築が完了し稼働をしていると様々なトラブルが発生します。

そのため、現場にいち早く対応できるような人員配置をしています。

ネットワークシステム自体が24時間365日稼働しているため、いつトラブルが発生するかわかりません。

ちか

その都度呼び出しがあるのですか?

なかがわ

そうなんです。

シフト制を組んで土日・祝日や夜間の対応をしています。

トラブルは機械の故障、エラーチェックランプの点灯、通信エラーなどさまざまあります。

しかし再起動で対応できてしまうものや、過去のマニュアルにそってできることが大半です。

そのためネットワークの保守は経験の浅い新人がよく任されます。

なかがわ

ここでいろんな経験を積んでいきます。

ネットワークエンジニアに将来性はあるの?

ネットワークエンジニアの将来性はあるのか?とても気になるところだと思います。

結果からいうと、将来性については心配する必要はありません。

ネットワークエンジニアの将来性が安心な3つの理由
  • ネットワークの運用や保守のニーズはなくならない
  • 技術の進歩に伴いネットワークエンジニアも多様化している
  • ネットワークエンジニアは慢性的な人手不足

これらの理由により、ネットワークエンジニアの将来性は問題といえます。

それでは以下で詳しく解説します。

ネットワークエンジニアの現状

まずはネットワークエンジニアの現状を紹介します。

ネットワークエンジニアの需要はとてもたかいです。

ちか

ネットワークエンジニアは需要が高いんですね。

それは何故ですか?

なかがわ

ITの技術が急速に発展していて需要が追いついていないからです。

年々、ITが進化しておりネットワークの技術も高度化しています。

それに対応できるスキルをもったネットワークエンジニアが必要不可欠です。

実際に、通信技術も4Gから5Gに進化したり、自社サーバーからクラウドサービス徐々に切り替わってきています。

ちか

ネットワークに関連した知識を幅広く持った人材が必要なんですね。

なかがわ

そうですね!

従来のネットワークの知識の他にクラウドやセキュリティーの知識も持った人がより一層活躍できます。

ネットワークエンジニアは時代背景に合わせてスキルを習得していけば今後も活躍できる場面が多いでしょう。

クラウドサービス普及の影響

実際ネットワークエンジニアはクラウドサービスの普及によってかなり影響を受けました。

今までは企業の自社サーバーを利用してネットワークシステムの構築をするのが主な仕事でした。

しかしクラウドサービスの登場によりシステムの保守・運用の方法が大きく変わってしまったのです。

ちか

クラウドサービスが始まるとどのような影響を受けるのですか?

なかがわ

従来の知識だけでは対応が難しくなり、クラウド関連の知識が必要になってしまいました。

実際の自社のサーバーからクラウドへ切り替える企業も増えています。

ネットワークエンジニアも今まで通りの仕事しかできない人は仕事がなくなりつつあります。

なかがわ

従来のネットワークエンジニアとしての仕事は減っています。

ちか

時代にあわせてネットワークエンジニアも変わっていかないといけないのですね。

今後はクラウドの知識、セキュリティ面の強化などスキルを付加価値として持ち合わせていかないといけなくなってしまいました。

ネットワークエンジニアにとってはとても大きな影響です。

逆にいうと、新しいスキルを身につけていくと大きく発展する可能性が高い職種なのです。

変わらぬネットワーク運用や保守のニーズ

クラウドサービスが普及したとはいえ、従来のネットワークエンジニアの仕事は減っていません。

ちか

ネットワークエンジニアのニーズはまだあるのですね。

それば何故ですか?

なかがわ

全ての企業がクラウドに切り替わってないからです。

まだ数年はニーズはなくなりません。

クラウドサービスが普及してきたとはいえ、まだまだ従来型の自社サーバーで運用をしている企業がたくさんあるからです。

パソコンや周辺機器の交換などは4〜5年でやってきますし、定期的なメンテナンスやアップデートなどは常に存在します。

その対応にネットワークエンジニアの存在は欠かせません。

なかがわ

もともとネットワークエンジニアの人員は足りていないので、今すぐ需要がなくなることはありませんよ。

最先端のIT技術に対する需要拡大

ネットワークエンジニアもIT技術に進化にともなって需要は拡大しています。

ITや通信技術は日々進化しています。

最先端のIT技術に対応できる人材が足りていません。

ちか

ネットワークエンジニアは勉強熱心な人が多いですよね。

なかがわ

そうですね。

ネットワークエンジニアは新しい技術に対応できるように日々情報を収集している人が多いです。

IT技術に対してネットワークエンジニアもそれに対応しています。

そのためIT技術が進歩していけばその分ネットワークエンジニアの需要が高いのです。

IT業界の慢性的な人手不足

ネットワークエンジニアに限らずIT業界は全体的に人員が不足してます。

ちか

どうしてIT業界は人手がたりないのですか?

なかがわ

その理由はIT市場が急速に発展しているからです。

ここ数年でIT業界は急成長をしています。

SNSやスマホアプリが登場により様々な企業でIT化が進んでいます。

それに伴ってエンジニアの需要がどんとん高まり追いついていけてない現状があるからです。

なかがわ

IT業界全体がまったく人員が足りていないので超がつくほどの売り手市場なのですよ。

実際に、未経験でも採用をしてくれる企業がたくさんあります。

IT業界は20代や30代ならチャレンジする価値は十分にあります。

ちか

IT業界は今後も伸びていきそうですね!

なかがわ

間違いありません。

IT業界は人員が不足しているのでかなり高待遇の職場もありますよ。

未経験でも今より高待遇や高収入を期待できる職場が見つかる可能性があります。

ぜひマイナビエージェントなどの転職サイトに登録して相談してみましょう。

20~30代の若者におすすめ

需要があるネットワークエンジニアになるために必要なスキルや知識

ネットワークエンジニアとして今後も活躍していくためには、スキルを上げていかなければなりません。

従来型のネットワークエンジニアとしての仕事は減少しつつあります。

技術の進歩にともなって新しいスキルを獲得しなければ将来的に生き残るのは難しいでしょう。

なかがわ

今後、需要があるネットワークエンジニアになるために必要なスキルや知識は6つあります。
ネットワークエンジニアに必要な6つのスキル
  1. クラウドに関するスキル
  2. セキュリティに関するスキル
  3. プログラミングスキル
  4. 通信に関わる知識
  5. マネジメントスキル
  6. 英語力

これらのスキルや知識を併せ持っていると将来的にも安心できるでしょう。

それでは1つずつ紹介します。

1.クラウドに関するスキル

ネットワークエンジニアとしてクラウドに関する知識は必須レベルです。

従来型の自社サーバーにかわってクラウドサービスに切り替える企業が増えてきました。

そのため従来のネットワークエンジニアの仕事は減少していきます。

ちか

これまで通りではダメなんですね・・・。

なかがわ

ITの進化に伴ってネットワークエンジニアも進化しなければいけません。

代わりにクラウドエンジニアとしてのスキルが求められてきます。

仮想サーバーや仮想ネットワークなどの知識があれば今後も活躍できるでしょう。

今後はネットワークエンジニアとして生き残るためにはクラウドのスキルが必要です。

2.セキュリティに関するスキル

ネットワークエンジニアはセキュリティの関するスキルも求められます。

IT技術の進化やクラウドサービスの発展により、サイバー攻撃を受ける可能性が高まりました。

なかがわ

サイバー攻撃自体も多様化しています。

ちか

セキュリティの知識も大事ですね。

ネットワークエンジニアもセキュリティの勉強をしてサイバー攻撃から情報を守らなければなりません

セキュリティに関するスキルは今後もますます必要になってきます

3.プログラミングスキル

ネットワークエンジニアがプログラミングができると活動の幅がかなり広がります。

クラウドサーバーを管理するのにプログラミングが必要だからです。

ちか

プログラミングの知識ってどのくらい必要なんですか?

なかがわ

プログラマーのようにスラスラとコードを書くまでのスキルは必要はないですよ。

実際には自分で調べてコードを書ける、コードを読めるくらいのスキルがあれば十分です。

最近ではPythonやRuby、Javascript、PHPなどを習得するのがオススメです。

これからネットワークエンジニアを目指す人や、仕事に幅を広げたい人はプログラミングのスキルは習得しておいた方が間違いありません。

ちか

プログラミングはどのように勉強をすればいいですか?

なかがわ

独学やスクールで学ぶことができますが、確実にスキルを手に入れたいならスクールが間違いないでしょう。

プログラミングはドットインストールやプロゲートなどで独学で行う方法もあります。

しかし、途中でプログラミング挫折してしまう人が大半です。

本気でプログラミングを学ぶのであればプログラミングスクールの通うのがいちばんの近道です。

オススメのプログラミングスクールを紹介していますので、あなたにあったスクールをぜひ探してください。

スクール
エンジニア
DMM
WEBCAMP
Tech
Academy
TECH
CAMP
どんな人に
おすすめ?

転職したいけど
お金がない人
(転職コース)

経験が少なくても
確実に転職
したい人
スクールに通う
時間のない人
働きながら学習を
進めたい社会人
金額実質無料〜
¥128,000
¥ 628,000¥ 99,000~¥ 648,000
受講期間最短4週間~3ヶ月最短4週間~最短10週間~
リモート
公式サイト

現役エンジニアに相談するチャンス
エンジニアのスキルが上がらないなら、今すぐ無料の侍エンジニア塾のオンラインレッスンに応募することをおすすめします。

 

たった1回の講義であなたのスキルが大幅に向上するキッカケになるはずです...!!!

さらに今なら総額5000円分のAmazonギフト券がもらえる特典付き。
無料講義が満席になる前に今すぐチェックしてみてください。

 

侍エンジニアはオンラインでも受講可能!!


▲お悩み相談だけでもOK!!▲

【公式サイト】https://www.sejuku.net/

スキルを身に着けて確実に転職したいなら「DMM WEBCAMP

金額¥ 628,000
受講期間3ヶ月の学習期間と3ヶ月のキャリアサポート
リモートの可否
公式サイト【公式サイト】https://web-camp.io/pro
おすすめな人・確実に転職したい人
・ある程度の時間をかけてじっくり学習したい人
・学習期間は教室に通って勉強に集中できる人
DMM WEBCAMPは、業界でも注目の転職サポートがあるプログラミングスクールです。
DMM WEBCAMPの特徴
  1. 業界トップクラスの転職成功率98%
  2. 受講者同士でのチーム開発など、実務に近い実践的なカリキュラム

DMM WEBCAMPは、利用者の90%以上が未経験者ながら転職成功率98%というトップレベルの転職型プログラミングスクールです。

なかがわ

せっかくプログラミングスクールで学んでも、実践で活かせなければ意味がありませんよね。

DMM WEBCAMPなら、実践的なチーム開発など転職後にそのまま活かせるカリキュラムで学ぶことができます。

ちか

転職後も即戦力として働けそうですね。

10月からは経済産業省の認定講座も開設されます。

給付金として受講料の50〜70%が還付される制度もあるのでぜひチェックしてみてくださいね。

未経験でも確実に転職できる‼

4.通信に関わる知識

ネットワークエンジニアはIoTの進歩に伴ってインターネット(TCP/IP)だけでなく、BluetoothやZigbee、Wi-Fiなど様々な通信技術の知識が必要になってきました。

ちか

今はほとんどが無線通信ですよね。

なかがわ

通信に関わる知識をもったネットワークエンジニアはとても需要が高いです。

無線で通信する技術がとても発展しました。

そのため無線で処理するための最適な距離や電波の干渉などを計算できるスキルを持っている人材は市場価値が高くなります。

5.マネジメントスキル

ネットワークエンジニアで成功をおさめるためにはマネジメントスキルは必須です。

上流工程でプロジェクトリーダーを任された場合などにはチームをマネジメントをしなければならないからです。

ちか

チームをまとめるためにはマネジメント能力が必要なんですね。

なかがわ

そうですね。

マネジメント能力の他にも高いコミュニケーション能力も必須ですよ。

上流のネットワークエンジニアは全ての工程を把握し、スタッフ間の情報の伝達や顧客への対応などをしなければなりません。

そのためネットワークエンジニアにも高いマネジメント能力が必要となります。

6.英語力

キャリアアップを目指すなら英語力は持っておいて損はありません。

IT分野の情報は国内だけではなく海外の情報も必要となります。

海外のネットワークに接続することもあるし、海外製品を使う場面も数多く存在します。

ちか

ネットワークエンジニアにも英語力が必要なのですね・・・。

なかがわ

ネットワークは全世界につながっています。

グローバルな社会で活躍できるエンジニアはとても需要が高いですよ。

今ではパソコンなどで翻訳機能をつかって日本語に訳すこともできますが、ITなどの専門分野の場合は正確に翻訳されない場合もあります。

ちか

自分で英語の文献を読めると会社でも重宝されそうですね!

グローバルな社会になったため、直接外国人と接触する場面も増えてきました。

電話やメールなど直接英語で対応ができると確実にキャリアアップにつながるでしょう。

ネットワークエンジニアとしての将来性を高める3つの資格

ネットワークエンジニアとして将来性を高めたいなら各種の資格をもっておくことが望ましいです。

どんなに仕事ができるとアピールしても現場や面接などで認めてもらえないことはよくあるからです。

なかがわ

資格を持っていると公平で客観的に評価をしてもらうことができますよ。

ちか

どんな資格をもっていると良いのですか?

なかがわ

今後のキャリアアップを考えているなら以下の3つの資格をもっていると有利です。
ネットワークエンジニアの将来性を高める3つの資格
  • シスコ技術者認定 (CCNP/CCIE)
  • Linux技術者認定試験 (LPIC-2/LPIC-3)
  • ネットワークスペシャリスト試験

この3つのどれかもしくは複数持っていると十分にアピールすることができます。

是非取得しておきましょう。

1.シスコ技術者認定 CCNP/CCIE

ちか

シスコ技術者認定とはどのような資格ですか?

なかがわ

シスコ技術者認定はネットワーク機器のシスコシステムズ社の認定試験で民間の資格です。

米シスコ社が主催しているネットワークエンジニアを対象とした世界共通の資格です。

シスコ社の製品もちろんネットワークに関連した技術や知識を証明することができます。

シスコシステム社の製品はネットワークの分野では幅広く使われています。

そのためシスコ技術者認定の資格を持っていると現場で働くネットワークエンジニアにとっては有利になります。

ちか

シスコ技術者認定には色々とランクがあるようですが・・・。

なかがわ

はい!

基礎レベルのCCNAから最上級のCCArまであります。

その中でも上位レベルのCCNP(プロフェッショナル)/CCIE(エキスパート)の資格を持っていると有利です。

CCNPやCCIEを持っていることでり高度な知識を要求される場面で活躍できます。

2.Linux技術者認定試験 LPIC-2/LPIC-3

サーバーのOSとしてよく使われるLinuxの技術者認定試験です。

レベルが3段階ありLPIC-1、LPIC-2、LPIC-3の順にレベルが上がっていきます。

ちか

Linux技術者認定試験にもレベルがあるんですね。

どのあたりを目指せば良いのですか?

なかがわ

Linux技術者認定試験をするならLPIC-2以上を目指すとよいですよ。

LPIC−1は基礎レベルの認定です。

ネットワークエンジニアとしてキャリアアップを考えているならLPIC-2以上は取得しておきたいところです。

実際にLPIC−2ではシステムの管理やサーバーの構築などができるレベルが求められています。

3.ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験は情報処理技術者試験の試験区分の一つで国家資格です。

ネットワークスペシャリスト試験はレベル4に設定されていて情報処理技術の試験の中でも一番難しい区分となっています。

ちか

ネットワークスペシャリスト試験はとても難しそうですね・・・。

合格率はどのくらいですか?

なかがわ

令和元年度の合格率は14.4%でした。

ネットワークに関する専門的な知識を習得するだけでなく、下位者を指導できるレベルを求められます。

そのため合格するのはとても難関です。

逆にいうと、ネットワークスペシャリストの資格を持っているだけで注目されるということです。

ネットワークエンジニアの年収事情

ちか

ネットワークエンジニアの年収はどのような感じですか?

なかがわ

ネットワークエンジニアの年収は決して低くはないですよ!

ネットワークエンジニアの年収事情について気になるところだと思います。

下記で詳しく述べますがネットワークエンジニアの平均年収は高い傾向にあります。

年代別でばらつきはありますが、20代では低く30代以降に経験やキャリアを積んでいくにつれて大幅にアップしていきます。

ちか

ネットワークエンジニアは初心者のころは給料が低いのですね・・・。

なかがわ

確かにそのとうりですが、そこを乗り越えれば飛躍的に年収は上がっていきますよ!

ネットワークエンジニアになりたてのころは年収、仕事内容がともに厳しいです。

しかし、そこを我慢してキャリアアップしていくことで高年収を目指せるためやりがいのある仕事です。

それでは以下で詳しくみていきましょう。

ネットワークエンジニアの平均年収

ちか

ネットワークエンジニアの平均年収はどのくらいですか?

なかがわ

マイナビAGENTの調べでは平均年収は455万円と産出されています。

一般的なサラリーマンの年収は441万円に対してネットワークエンジニアの平均年収は455万円です。

ただし年代別で以下のとおりです。

年代別の平均年収

20代の平均年収:367万円

30代の平均年収:554万円

30歳以降は大きく年収が跳ね上がっています。

これは年齢ともに経験やスキルが向上することによって、より高度な仕事を任されるようになったからです。

30代になるとシステムの設計や構築などの上流の仕事をまかされてチームをマネジメントする立場にもなっています。

ネットワークエンジニアは平均年収は業界全体としては決して低い年収ではないのです。

ネットワークエンジニアの年収が高い理由

ネットワークエンジニアは他のエンジニアとくらべても年収が高いです。

その理由はネットワークに構築や運用など高度な知識と技術が必要だからです。

それに加えて今ではクラウドサービスやそれに関連する知識が必要不可欠になったからです。

ちか

ネットワークエンジニアもクラウドやセキュリティの知識が必要だから需要が高いのですね!

なかがわ

そうなんです。

まだクラウドやセキュリティの知識を十分に持ったエンジニアは少ないので給料が高いのです。

クラウドやセキュリティ関連の知識をもったエンジニアはこれからもどんどん必要となってきます。

ネットワークとクラウドの知識の両方を兼ね備えたネットワークエンジニアは需要が高いのでそのぶん年収が高いのです。

年収をさらに上げるコツ

もともと年収が高いネットワークエンジニアですがさらに年収をあげる方法があります。

ちか

さらに年収を上げることができるのですか?

なかがわ

はい。

いちばん確実なのは、ほかの会社に転職する方法です。

キャリアやスキルが上がれば年収があがっていきますが、ずっと同じ会社にいた場合は大きな昇給はない可能性があります。

シスコ認定試験やLinux認定試験に合格したとしても給料が劇的にアップする可能性は低いです。

なかがわ

もしかすると現在勤めている会社が正しい評価をしてくれていない可能性もありますよ。

それに現在の会社では忙しすぎて資格の勉強をする時間がないかもしれません。

そんな時は新しい会社に転職してみるのも1つの方法です。

なかがわ

一度、あなたの能力に対する適正な年収を評価してもらいましょう。

違う会社に転職すればそれだけで給料や待遇がよくなる可能性があります。

また、スキルアップに協力的な会社に勤めることで新たに資格取得に挑戦することもできます。

一度レバテックキャリアのようなIT専門のエージェントに相談してみることをお勧めします!

すぐに登録できるので、今すぐあなたの適正年収を確認してみましょう。

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT))などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

ネットワークエンジニアの5つの主なキャリアパスとは

ネットワークエンジニアとして成功を収めるためにはキャリアパスをどのように設計するのかが大切です。

あなたが目指す方向性によってキャリアパスも変わってきます。

ここでは主に5つのキャリアパスについて紹介します。

5つの主なキャリアパス
  1. クラウドエンジニア
  2. セキュリティエンジニア
  3. テクニカルサポートエンジニア
  4. プロジェクトマネージャー
  5. フルスタックエンジニア

それぞれ内容や必要なスキルなどが全然違うので、得意な分野をみつけて進んでいくと良いでしょう。

それでは1つずつ確認していきましょう。

1.クラウドエンジニア

ネットワークエンジニアの仕事はクラウドエンジニアにとって変わると言っても過言ではありません。

クラウドエンジニアの仕事はクラウドを利用したシステムの設計、構築、運用、監視などです。

ちか

ネットワークエンジニアと同じような感じですね!

なかがわ

企業の自社サーバーからクラウドに置き換わっていくだけです。

具体的にはクラウドシステムの最適化やクラウドシステムとのネットワーク構築などを行います。

企業も自社サーバーからクラウドにどんどんシフトしていますし、今後もその流れはかわりません。

アマゾンのAWSやMicrosoftのAzureそしてGoogleのGCPなどのクラウド製品をつかってシステムを構築していくスキルが求められています。

クラウドの知識を習得することが今後のネットワークエンジニアのキャリアアップとしては有効な手段となります。

2.セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアとしてキャリアアップする方法もあります。

ネットワークのシステムがクラウド化しIoTが普及してきたことにとってサイバー攻撃を受ける機会も増えてきました。

ネットワークとセキュリティーは切ってもきれない関係です。

なかがわ

ネットワークを守るためにはにセキュリティーは欠かせないものです

セキュリティーの脆弱性によって個人情報が流失してしまうような事態は避けなければなりません。

セキュリティエンジニアはそれだけ重要な役割があり、やりがいのある仕事です。

だからこそネットワークエンジニアとしてセキュリティーの知識が深ければ今後も活躍が期待されます。

なかがわ

そのままセキュリティーエンジニアになったり、セキュリティーコンサルタントとしての道を歩む方法もありますよ。

【これで解決】セキュリティエンジニアがきつい理由はこの4つ!つらい状況から成功するための手順を解説

3.テクニカルサポートエンジニア

テクニカルサポートエンジニアという仕事は各種製品のトラブルの対応や問合せなどに対応するエンジニアです。

ちか

ネットワークエンジニアに向いているのですか?

なかがわ

ネットワークエンジニアは実際に現場でネットワーク関連の機器にたくさん触れていますよね。

だからテクニカルサポートエンジニアにとても向いているんです。

ネットワークエンジニアは現場でネットワーク機器のさまざまなトラブルや不具合などの対応しています。

そのためネットワークエンジニアは各種のパソコンや周辺機器のことにも熟知しています。

ネットワークエンジニアとしての高い専門性や知識を生かしてテクニカルサポートエンジニアとして活躍することができるのです。

4.プロジェクトマネージャー

一般的にネットワークエンジニアでキャリアパスのイメージといえばプロジェクトマネージャーです。

新人の頃は下流の工程(運用や監視)しかさせてもらえませんが、経験やスキルを積んでいくと設計・構築などの上流工程ができるようになります。

ちか

ネットワークエンジニアになったらまずは上流の工程ができるように頑張ればよいのですね!

なかがわ

そうですね!

チームリーダーやプロジェクトリーダーを任されるようになると仕事の幅が広がりますよ。

そこでマネジメント能力を発揮できればプロジェクトマネージャーとしてキャリアを積み上げることができます。

ネットワークエンジニアになったらまず目指すのはプロジェクトマネージャーなどの上流に行けるように目標をもちましょう。

5.フルスタックエンジニア

フルスタックエンジニアとはなんでもマルチにこなせるエンジニアのことをさします。

なかがわ

特に決まった呼び方がないので「フルスタックエンジニア」と読んでいます。

フルスタックエンジニアはプログラミングスキル、OSスキル、クラウドのスキルなどを併せ持っている人が多いです。

一人で何でもこなせるため、企業側にとっても人件費の観点からメリットが大きいのです。

なかがわ

フルスタックエンジニアの市場価値は高まっています。

ちか

たくさんのスキルを習得してフルスタックエンジニアになるのも良いですね。
【意外と簡単?】フルスタックエンジニアとは?仕事内容やキャリアアップに必要なスキルを徹底解説!

ネットワークエンジニアとしてキャリアアップするためには様々な方法があります。

自分ににはどの分野が向いてるのか、いまはどのエンジニアがお勧めなのかは専門家に聞いてみないとわかりません。

これまで様々な勉強や経験を積んだネットワークエンジニアの方はITエンジニア専門の転職エージェントに相談しましょう。

なかがわ

1社だけではあなたにぴったりの職場が見つかる可能性は低いですよ。

どれも3分以内で登録できるので、今のうちの登録を済ませてしまいましょう。


エージェントマイナビ
エージェントIT
レバテック
キャリア
Midworks
どんな人に
おすすめ?
スキルに
自信がない人
専門的な
アドバイスを受け
転職したい人
スキルに
自信がある人
推定年収240~1200万300~1500万500~1300万
案件数約12,000件約2,500件約3,000件
未経験
公式サイト

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT))などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「Midworks

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)はフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

まとめ:ネットワークエンジニアとしての成功するには、新しい知識やスキルの習得が必要不可欠

ネットワークエンジニアの将来性や今後の生き残りについて紹介しました。

記事のまとめ
  1. ネットワークエンジニアの平均年収は高い
  2. IT技術の進歩にともなって新しいスキルの習得は必須
  3. クラウドやセキュリティーの知識は今後も必要不可欠
  4. キャリアアップするためには各種認定試験に合格する
  5. キャリアチェンジも視野に入れる

ネットワークエンジニアとして新しいスキルが身についてきたら当然できる範囲も広がります。

習得した技術やスキルをもとにもっと給料が高く待遇のよい職場に転職することも可能となります。

キャリアアップのために転職を視野に入れている人は一人で探すよりも、ITエンジニア専門のエージェントに相談してみると良いですよ。

さっそく、あなたにあった職場をみつけてもらいましょう!