【2020年完全保存版】インフラエンジニアへの転職方法|女性向けのキャリアパスも徹底解説

この記事でお伝えすること
  1. インフラエンジニアの平均年収
  2. 【女性インフラエンジニア】のメリット・デメリットとは?
  3. 【未経験】インフラエンジニアのキャリアパス
  4. 【100年後も生き残る】インフラエンジニアに必要な能力とは
  5. インフラエンジニアへのロードマップ

IT業界の根幹を担うインフラエンジニア

未経験から手に職をつけたい人から転職したいと人気の高い職業です。

その中で

「そもそもインフラエンジニアの需要や将来性ってどうなの?」

「どうやったら転職できるのかな??」

…と疑問に感じていませんか?

“ちか”

インフラエンジニアに興味はあるけど、未経験から転職できるか不安です…。

“なかがわ”

スキルさえあれば転職できますよ!

インフラエンジニアの仕事の需要と将来性

インフラエンジニアは、IT業界の「縁の下の力持ち」。

24時間稼働し続けるITサービスを毎日支えています。

ちか

実際のところ、インフラエンジニアの需要や将来性はどうなんですか?

なかがわ

順番に解説していきますね。
インフラエンジニアの需要と将来性
  • 需要:IT技術の向上と共にインフラエンジニアの需要は上がり続けている
  • 将来性:インフラエンジニアの仕事がなくなることはない

需要:IT技術の向上と共にインフラエンジニアの需要は上がり続けている

インフラエンジニアの環境はクラウドサービスの普及により、良い方向に変化しています。

なかがわ

以前までのインフラエンジニアは、24時間サーバーの管理をするために即応体制が求めれていました。

その理由は、自社でサーバーを購入している企業が多かったから

サーバーを保守管理することは、莫大な維持費と人件費がかかっていたのです。

ちか

なるほど…!

維持管理が大変だから、インフラエンジニアは「ハードな仕事」っていうイメージが強かったんですね。

なかがわ

はい。

しかし、最近はawsなどを導入する企業も増えクラウドサービスという概念が急速に広がりました

そのおかげで従来扱うのが難しかった、

  • サーバーの構築
  • サーバーの運用

が簡単に行えるようになったのです。

なかがわ

その結果、インフラエンジニアの需要は再び上がり続けています。

将来性:インフラエンジニアの仕事がなくなることはない

クラウドの概念が大幅に変わったことにより、インフラエンジニアの労働環境や求められるスキルは大きく変わってきています。

なかがわ

従来は、トラブルがおきたら社員がかけつけるのが当たり前でした。

しかし、クラウドサービスを利用してからはハードウェアの故障がほとんどおこりません。

その上、仮に問題がおきてもサービスを提供している会社が問題を解決してくれます。

ちか

クラウドサービスだと、現場に行く必要がなく場所を問わない対応ができる、ということですか?

なかがわ

その通りです。

多くの企業が手軽にサーバー環境を利用できるようになった事もあり、インフラエンジニアの需要は更に高くなると予想されています。

これから益々IT環境の発展と共に、ITを支えるインフラエンジニアの需要が高まっていきます。

なかがわ

キャリアを広げたいなら、プログラミングスキルを身につけましょう。

というのも、これから職業の差がなくなってくると言われています。

例えば、フルスタックエンジニア

フルスタックエンジニアはマルチなスキルを持った、ハイスキルな人材です。

なかがわ

インフラとプログラミングスキル、どちらもできる事で希少価値も高まります。

今すぐ、プログラミングスキルをつけたいなら働きながらリモートで通える「TechAcademy」や短期集中で学べる「DMM WEBCAMP」がおすすめです。

興味がある人は、無料のカウンセリングに申し込んでみてくださいね!

マンツーマンで実践的スキルを習得する

【意外と簡単?】フルスタックエンジニアとは?仕事内容やキャリアアップに必要なスキルを徹底解説!

【大手と中小でも違いが出てくる】インフラエンジニアの平均年収は?

ちか

インフラエンジニアの平均年収はどれくらいなんですか?

なかがわ

インフラエンジニアの平均年収は、456万円です。

それでは、経験別の年収を比較していきます。

インフラエンジニアの様々な平均年収
  1. 未経験のインフラエンジニアの平均年収は250〜300万円
  2. ネットワークやサーバーの設計・構築までできると年収592〜758万円
  3. ベテランのインフラエンジニアの年収は700〜1000万円以上

未経験の平均年収は250〜300万円

未経験から募集している案件の多くは、年収250〜300万がほとんどです。

なかがわ

インフラエンジニアは、需要も高く未経験でも転職のチャンスがあります!

就職したら企業で研修を受けながらステップアップして経験を積んでいく事も可能です。

なかがわ

マイナビエージェントITなら未経験から年収400万円以上の案件が豊富にあります。

転職に関するサポートも無料でしてくれるので、要チェックです

20~30代の若者におすすめ

ネットワークやサーバーの設計・構築までできると年収約592〜758万円

[図解:「https://www.meti.go.jp/press/2017/08/20170821001/20170821001-1.pdf」の「IT関連産業における給与水準の実態1〜職種別〜」の画像をお願いします。]

経済産業省が発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、インフラエンジニアが関連する職種の年収は以下となっています。

インフラエンジニアに関する年収
  1. 【IT運用・管理】: 608.6万円

  2. 【IT保守】:592.2万円

  3. 【技術スペシャリスト】:758.2万円

なかがわ

インフラエンジニアといっても、企業の規模や技術力などによって年収は大きく変わります。

例えば、大企業で公共システムのような大規模システムの設計・構築をするスペシャリストであれば上記のように非常に高い年収となります。

なかがわ

インフラエンジニアは携わる仕事によって年収に大きな幅がある仕事です。
【2020年版】インフラエンジニアに必要なスキルは5つだけ!必要な知識や要素を徹底解説

ベテランのインフラエンジニアの年収は700〜1000万円以上

なかがわ

上記の通り、大規模なシステムに関わり幅広い業務に携わる人だと年収700万以上稼げます。

また、フリーランスで活躍するインフラエンジニアの中には年収1000万円以上稼ぐ人もいます。

なかがわ

例えば、「レバテックフリーランス」なら月に90万円以上の案件が沢山あります
【月単価70万円以上】フリーランスのインフラエンジニアが魅力的な理由 【年収1000万以上】も可能!インフラエンジニアの年収を解説

【朗報】未経験からでも女性は採用されやすい!インフラエンジニアなるメリット・デメリット

[図解1:「https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/27FY/ITjinzai_report_summary.pdf」p,7のIT人材の「不足規模」に関する推計結果」のグラフをお願いします。] [図解2:「https://doda.jp/guide/kyujin_bairitsu/data/index.html#con02」の「求人倍率データ」のグラフをお願いします。]

ちか

最近、女性エンジニアが増えていると聞くんですが、転職市場はどうなんでしょう?

なかがわ

女性エンジニアの需要はとても高く未経験でも採用されやすいです。

まず、IT業界は深刻な人材不足の懸念がありますよね。

図解1を見てもわかる通り、2030年には約41〜79万人不足しています。

また、図解2を見ても圧倒的に「IT・通信」が不足していることがわかりますよね。

それでは、女性エンジニアがインフラエンジニアとして働くメリット・デメリットを見てみましょう!

【女性インフラエンジニア】3つのメリット

まずは、女性がインフラエンジニアとして働く3つのメリットを紹介します。

女性エンジニアの3つのメリット
  • 女性のエンジニアの人材が求められている
  • 評価の基準が明確なので男女関係なくキャリアアップの可能性がある
  • スキルを身につければ在宅勤務もできる

メリット1.女性のエンジニアの人材が求められている

企業は、女性のインフラエンジニアとなる人材を求めています。

と言うのも、2015~2016年にマイナビエージェントが行った調査によると、インフラ関係の女性エンジニアの比率はわずか16%です。

なかがわ

このように、圧倒的に男性の比率が高くなっています。

ちか

企業はどうして女性のエンジニアを求めているんですか?

なかがわ

1番の理由は女性の細やかな視点です。

男性では難しい問題も、女性がいることで解決に繋がります。

元々、女性の少ないインフラエンジニア。

なかがわ

女性の割合が少ないということは、転職のチャンスがあるということです。

未経験から、インフラエンジニアを目指すならIT業界に特化した「マイナビエージェントIT」や「レバテックキャリア」に登録するのがおすすめです。

転職エージェントは、転職に関わる全てのことを無料でサポートしてくれますよ。

20~30代の若者におすすめ

メリット2.評価の基準が明確なので男女関係なくキャリアアップの可能性がある

エンジニア業界は、完全に実力主義なためスキルがあればその分これまでの経験に関係なく評価されます。

なかがわ

エンジニアの業界では、年齢や性別は関係ありません。

実力次第では、始めた期間に関係なく昇格や昇給も考えられます。

なかがわ

大企業や管理職にも、ライバルが少ないため就職しやすいですよ。

メリット3.スキルを身につければ在宅勤務もできる

技術を身につけるのは簡単ではありませんが、一度身につけてしまえば一生の武器になります。

なかがわ

また、インフラエンジニアとしてスキルを付ければIT業界で重宝されます。

転職したくなった際にもその経験はいきますよ。

それに、インフラエンジニアはスキルさえあればフリーランスとして活躍できます。

なかがわ

フリーランスになれば在宅でも仕事ができますよ!

ちか

女性は妊娠や子育てなどのライフイベントによってキャリアが左右されがちなので…。

在宅で仕事ができるメリットは大きいですね!

今すぐインフラエンジニアに挑戦したいならIT業界に特化した「マイナビエージェントIT」や「レバテックキャリア」に登録するのがおすすめです。

なかがわ

女性エンジニアの需要は高いので、優遇される事も多いですよ。

転職に関わる全てのことを無料でサポートしてくれるので、登録して損はありません。

20~30代の若者におすすめ

【月単価70万円以上】フリーランスのインフラエンジニアが魅力的な理由

【女性インフラエンジニア】3つのデメリット

女性がインフラエンジニアとして働く3つのデメリットも見てみましょう。

女性エンジニアの3つのデメリット
  • 夜勤勤務がある企業もあり、労働時間が不規則になることもある
  • 体力が必要な場面もある
  • 現状はまだ女性エンジニアが少ない

デメリット1.夜勤勤務がある企業もあり、労働時間が不規則になることもある

1つ目のデメリットは、労働時間が不規則になること。

システムに何が不具合がおきてしまった時に、エンジニアは24時間いつでも対処しなければなりません。

サーバーやネットワークに障害がでてしまったら開発者の仕事を止めてしまします。

なかがわ

中小企業などの人数が少ない職場では、急に呼びだされる事もあります。

また、プラック企業がまだ存在するのも事実です。

ブラック企業に入ってしまわないように、転職活動はプロにサポートしてもらうのがおすすめ

転職を失敗しないためにも、IT業界に特化した「マイナビエージェントIT」や「レバテックキャリア」に登録しましょう。

なかがわ

転職エージェントに相談する事で、プロの視点からのアドバイスが受けられます。

また、転職に関わる全てのことを無料でサポートしてくれるので、登録して損はありませんよ。

20~30代の若者におすすめ

デメリット2.体力が必要な場面もある

2つ目のデメリットは、体力が必要であること。

夜勤や不規則な勤務が続く事もあるため、体力が必要です。

なかがわ

また、企業によってはケーブルをひいたりなどの力仕事がある場合もあります。

しかし、男性が多いと役割分担を配慮してくれる場合が多いので過度な心配はいりません。

優良大手企業へ転職するためにも、転職エージェとに登録するのがおすすめですよ。

IT業界に特化した「マイナビエージェントIT」や「レバテックキャリア」なら一人一人にあった企業を適切に紹介してくれます。

なかがわ

転職エージェントを活用する事で、転職も効率的に進められます。

20~30代の若者におすすめ

デメリット3.現状はまだ女性エンジニアが少ない

2つ目のデメリットは、

マイナビエージェントが行った調査結果でも、インフラ関係の女性エンジニアの比率はわずか16%。

なかがわ

同性が少ない事で、体調面や考え方の違いがあるという悩みもあります。

しかし、男性が多い職場ならでのメリットもあります。

男性が多い職場のメリット
  • 重いものを運ぶような、体力を使う仕事の際に配慮してくれる
  • 女性が少ない事で重宝される
  • 実力主義で仕事がしやすい
  • サバサバしていて過ごしやすい

なかがわ

男性が多い職場では、このようなメリットもあります。

男性の多い職場では、女性同士特有の人間関係で悩みにくいですよ!

自分にぴったりな職場を見つけたいなら、転職エージェントに登録しましょう。

なかがわ

マイナビエージェントITでは、IT業界に精通した「キャリアアドバイザー」があなたの希望にあった企業を紹介してくれますよ。

20~30代の若者におすすめ

【未経験】インフラエンジニアの4つのキャリアパスの流れ

[図解:1<2<3<4のステップになってレベルが上がっていくイメージで画像をお願いします。]

ちか

未経験からインフラエンジニアになる人のキャリアパスはどんな感じなのでしょう?

なかがわ

未経験からの4つのキャリアパスについて解説していきます。
未経験インフラエンジニアのキャリアパス
  1. ITインフラのネットワークやサーバーの監視業務
  2. ITインフラのヘルプデスク業務
  3. ITインフラの運用保守業務
  4. ITインフラの設計とネットワーク構築

1.ITインフラのネットワークやサーバーの監視業務

まず、最初に配属されることが多いのがネットワークやサーバーの監視業務です。

ネットワークやサーバーは24時間365日稼働しています。

なかがわ

ここでの仕事は、専用の監視ソフトを使って異常がおきないか監視することです。

監視業務はインフラエンジニアへの最初の一歩です。

ネットワーク全体を俯瞰する必要があるため、ネットワークやサーバーに対する知識が必要ですよ。

2.ITインフラのヘルプデスク業務

ヘルプデスクとは、システムに関する問合せに対応する仕事です。

問い合わせには、

  • 自社の社員
  • サービスを提供している企業
  • 製品利用ユーザー

などの幅広い対応が求められます。

なかがわ

ヘルプデスクは、トラブルの状態を把握し原因を解決していく仕事です。

そのためには、

  • コミュニケーションスキル
  • 問題解決スキル
  • 扱う製品の知識

などの、高度なスキルが求められます。

3.ITインフラの運用保守業務

運用保守業務とは、稼働してるサーバーやネットワークを安定させて守っていくことです。

具体的な仕事内容は、

  • 障害対応
  • 故障対応
  • 問題管理
  • アップデート管理

など、様々な仕事があります。

なかがわ

運用保守業務を円滑に行うには、

  • ITシステムに関する広い知識
  • コミュニケーションスキル

が求められます。

4.ITインフラの設計とネットワーク構築

一般的には、このインフラ設計とネットワーク構築が上流工程と位置付けされています。

具体的な仕事内容は、

  • 顧客との打ち合わせ
  • 基本設計書や詳細設計書の作成
  • インフラ運用保守との連携

など、構築するだけではなく保守性を考慮した設計構築を行っています。

このように未経験の人は、

  • 【ステップ1】監視業務
  • 【ステップ2】ヘルプデスク業務
  • 【ステップ3】運用保守
  • 【ステップ4】インフラ設計とネットワーク構築

の順にステップアップしていきます。

【IT業界の縁の下の力持ち】インフラエンジニアのキャリアパスとは?

なかがわ

続いては、業務経験をつけてからのキャリアパスについて見ていきましょう。
インフラエンジニアのキャリアパス
  1. ITスペシャリスト
  2. ITアーキテクト

1.ITスペシャリスト

ITスペシャリストは、開発プロジェクトの中で専門スキルを活かして開発に参加します。

かなり難易度の高い職業であり、

  • システム管理
  • セキュリティ
  • データベース
  • アプリケーション共通基盤
  • ネットワーク
  • プラットフォーム

この6つの項目において、ITスキル標準レベル3以上を満たしている事が条件です

なかがわ

ITスペシャリストになると年収は1000万円以上です。

2.ITアーキテクト

ITアーキテクトは、顧客の要望に合わせたシステム環境などの設計・構築をする仕事です。

求められるのは、

  • ITに関する幅広い知識
  • 経営戦略への深い理解です。

なかがわ

ITアーキテクトもITスペシャリストと同じく年収は1000万円以上を目指せます。

ITスペシャリストITアーキテクト資格があります。

【レベル別】インフラエンジニアが絶対に取るべきおすすめ資格5つと、他と差がつく6つの上級者向け資格

【100年後も生き残る】現在のインフラエンジニアに必要な能力とは

なかがわ

インフラエンジニアとしてキャリアアップしていくには、技術面の他にも必要な能力があります。

今回は、3つの必要な能力を解説します。

インフラエンジニアに重要な3つのスキル
  1. 新しい技術や情報を学び続ける力
  2. ヒアリング・提案力
  3. 専門分野だけではなく幅広い知識へのチャレンジ精神

1.新しい技術や情報を学び続ける

IT業界は移り変わりの激しい業界なので、常に新しい情報を学び続けることが大切です。

なかがわ

特に近年では、AIやIoTなどの新しい技術の活用が急速に早まっています。

これからも、トレンドは変化し続けます。

その中で、新しい技術を学んで取り入れていくことがインフラエンジニアには求められますよ。

2.ヒアリング・提案力

ヘルプデスクでも必要だったように、顧客の要望をヒアリングして要望を満たす提案力が重要です。

なかがわ

インフラエンジニアとして活躍していくには、コミュニケーションスキルも必須ですよ。

3.専門分野だけではなく幅広い知識へのチャレンジ精神

インフラエンジニアには、新しい分野への挑戦も欠かせません。

なかがわ

実力を伸ばしていくためにはこれまでの経験で得られたスキルだけではなく、新しい分野に挑戦する事も大切です。

例えば、プログラミングスキル。

現状は、インフラエンジニアには必要ありません。

しかし、プログラミングスキルに関する資格を取得する事で業務の幅が広がります。

今からプログラミングスキルを身につけ、資格を身につけたい人は、働きながらリモートで通える「TechAcademy」や短期集中で学べる「DMM WEBCAMP」がおすすめです。

興味がある人は、無料のカウンセリングに申し込んでみてくださいね!

マンツーマンで実践的スキルを習得する

【2020年版】インフラエンジニアに必要なスキルは5つだけ!必要な知識や要素を徹底解説

インフラエンジニア求人に応募したい!【例文付】志望動機4つのポイント

ちか

インフラエンジニアに挑戦してみたいけど、志望動機の書き方がわかりません…。

なかがわ

今回は、例文付きで4つの重要ポイントを解説しますね。
インフラエンジニアに転職したい!【例文付】勝てる志望動機4つのポイント
  1. 「なぜ?」インフラエンジニアに興味を持った理由
  2. 企業に応募したいと思った理由
  3. なりたい将来のビジョンを明確にする
  4. 企業に対するベネフィットを記載

1.「なぜ?」インフラエンジニアに興味を持った理由

まずは、インフラエンジニアに興味を持った理由から考えましょう。

なかがわ

面接でも聞かれることの多い質問です。

それでは、例文を見てみましょう。

【興味を持った理由】例文
  • 周りにインフラエンジニアの友人がいて、話を聞いている内に興味を持った
  • 社会に必要不可欠な、インターネットの基盤である技術にやりがいを感じた
  • 生活を支える仕事に携われることにやりがいを感じる

なかがわ

ポイントは、「なぜ、インフラエンジニアを目指しているのか?「なぜインフラエンジニアに転職したいのか?」という転職理由を考えることです。

2.企業に応募したいと思った理由

続いて、企業に応募したいと思った理由

なかがわ

企業によっても働き方は様々です。

その中でどこに魅力を感じたのかを具体的に書きましょう。

【志望動機】ポイント
  • ネットワークスキルがあることをアピール
  • 保有資格や得意分野をアピール
  • 【なぜその企業がいいのか?】理由を明確に記載
  • 実体験や経験を交えた内容にする

志望動機や必要書類が苦手な人は、転職エージェントにサポートしてもらいましょう。

IT業界に特化した「マイナビエージェントIT」や「レバテックキャリア」なら面接サポートもしてくれます。

20~30代の若者におすすめ

3.なりたい将来のビジョンを明確にする

その企業でどんな仕事をしたいのか?を明確にしましょう。

例えば、

  • 順序通りにスキルアップして、最終的には上位工程に携わりたい
  • 最終的には、管理職を目指したい

など、自分の将来のビジョンを考えます。

なかがわ

就職したい企業の求人ポイントをしっかり確認して求められている人材にマッチしているか確認しましょう。

4.企業に対するベネフィットを記載

最後に、自分が企業に入ったらどんな仕事ができるのか?を明確にまとめましょう。

学生時代や職務経歴書を元に、自分の強みをアピールしてください。

例えば、

  • 未経験だけど学生時代から学んでいたネットワークの知識が業務に活かせます。
  • IT業界での経験を活かして、いち早く幅広い業務に携われます。

なかがわ

それぞれの経験値に合わせたアピールポイントを明確にしましょう。

エンジニアの転職のベストタイミングは未経験なら30代前半までと言われています。

必要書類を書くのが苦手な人やそもそも未経験で何をかけばいいのかさえ分からない人は、転職エージェントにサポートしてもらいましょう。

IT業界に特化した「マイナビエージェントIT」や「レバテックキャリア」ならあなただけの強みを引き出し、アピールポイントを見つけてくれます。

ちか

書類を書くのが苦手なので助かります!

20~30代の若者におすすめ

インフラエンジニアに転職を成功させる2つの方法

ちか

未経験からインフラエンジニアになるにはどうしたらいいんでしょうか?

なかがわ

2つの方法を解説しますね。
インフラエンジニアに転職を成功させる2つの方法
  1. 【無料で通える】インフラエンジニア専門スクールで学んでそのまま就職
  2. IT業界に強い転職エージェントに登録する

独学で知識を得てから転職、というのも悪くはありませんが、転職を勝ち取るためには時間がかかってしまうことでしょう。

少しでも早くインフラエンジニアとして転職をしたいなら、上記2点の方法が挙げられます。

1.【無料で通える】インフラエンジニア専門スクールで学んでそのまま就職

1つ目は、インフラエンジニア専門スクールに通ってそのまま就職する方法です。

ちか

インフラエンジニアの専門のスクールがあるんですか?

なかがわ

はい。

しかも「GEEK JOB」なら無料で通えます。

ちか

え!?

無料で通えるなんてすごいですね。

詳しく知りたいです…!

それでは、詳しくみていきましょう。

未経験からでも最短で転職したいなら「GEEK JOB」

金額無料
受講期間最短1ヶ月〜最長3ヶ月間
リモート可否
公式サイト【公式サイト】https://camp.geekjob.jp
おすすめな人・エンジニアに転職したいけどスクール費用は高くて払えない人
・独学で挫折した人
・必ず転職する意思がある人
GEEK JOBは、未経験から最短1ヶ月でインフラエンジニア転職を目指せる完全無料のプログラミングスクールです。
GEEK JOBの特徴
  1. 完全無料で未経験からインフラエンジニア正社員を目指せる
  2. 最短期間で転職に必要なスキルを学べる
  3. 現役エンジニアから個別指導をいつでも受けられる

ユーザー

スクールに通いたいけど、お金が無くて難しそうです。

そんな方におすすめなのが、無料インフラエンジニア専門スクールのGEEK JOBです。

転職エージェントが運営しているため、採用に必要なスキルを効率よく学べます。

有料スクールTECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)

ちか

早速GEEK JOBの無料カウンセリングに行ってみます!

なかがわ

はい。

皆さんも、気軽に相談してみてくださいね。

未経験から最短で転職できる!?

2.IT業界に強い転職エージェントに登録する

2つ目の方法は、IT業界に強い転職エージェントにサポートしてもらうことです。

ちか

転職活動って、一人でやると大変なんですよね…。

なかがわ

そうですよね。

そのような悩みを持っている人こそ転職エージェントを使うべきですよ。

転職エージェントの登録すべき人
  • 転職が初めての人
  • 書類が苦手
  • 面接に自信がない
  • 平日に休みをとりにくい

なかがわ

このような人は転職エージェントに登録しましょう
転職エージェントに登録するメリット
  • ネットには載っていない非公開求人も紹介してくれる
  • 自分にあった求人と出会える可能性が高くなる
  • 一人では大変な必要書類の添削もエージェントに任せられる
  • 転職が成功するまで無料でサポートしてくれる

ちか

一人では大変な転職活動も、こんなにサポートしてくれるなら安心できます!

なかがわ

はい。
転職エージェントは無料で転職に必要なことを全てサポートしてくれます。

転職を考える人は登録して損はないですよ。

それでは登録すべき3つの転職エージェントを紹介しますね。


エージェントマイナビ
エージェントIT
レバテック
キャリア
Midworks
どんな人に
おすすめ?
スキルに
自信がない人
専門的な
アドバイスを受け
転職したい人
スキルに
自信がある人
推定年収240~1200万300~1500万500~1300万
案件数約12,000件約2,500件約3,000件
未経験
公式サイト

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT))などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「Midworks

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)はフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

まとめ:インフラエンジニアの需要は高い!まずはエンジニア業種に関連するスキルを身につけてエージェントに相談しよう

今回は、インフラエンジニアについて網羅的に解説していきました。

ちか

インフラエンジニアはこれからの社会にとっても重要な職業なんですね!

なかがわ

はい。

IT業界が売り手市場な分、未経験の人は転職する大きなチャンスですよ。

未経験からインフラエンジニアに転職する方法
  1. 【無料で通える】インフラエンジニア専門スクール「GEEK JOB」で学んでそのまま就職
  2. IT業界に強い転職エージェントに登録する

なかがわ

未経験からインフラエンジニアになりたい人はぜひこの2つの方法を参考にしてくださいね!

ちか

私も早速GEEK JOBの無料カウンセリングに申し込んでみます。

なかがわ

いいですね!

ある程度スキルに自信がある人は、早速転職エージェントに相談するのがおすすめですよ。

【インフラエンジニアになりたい人へ】登録すべき転職エージェント
  1. 【未経験OK】転職してスキルを高めたい!
    マイナビエージェントIT
  2. スキルを活かして転職したい!
    レバテックキャリア
  3. 最新技術に挑戦したい!
    Midworks

なかがわ

また、どこのエージェントが良いのか迷った時は複数登録しましょう。

ちか

どうしてですか?
エージェントに複数登録するメリット
  • 複数から選択できる事で、最適な転職エージェントを選択できる
  • 複数登録した分だけ、求人を多く見れる
  • 様々な視点からのアドバイスが受けられる

なかがわ

このように、複数登録する事で自分の理想に近い企業に就職できる可能性が上がります。

無料で使えるので、迷ったらとりあえず登録して様子を見てみましょう。

20~30代の若者におすすめ