【年収1000万以上】も可能!インフラエンジニアの年収を解説

この記事でお伝えすること
  1. インフラエンジニアの年収について
  2. インフラエンジニアが1000万円を稼ぐ3つの方法
  3. インフラエンジニアに転職を成功させる2つの方法

 IT業界には欠かせない、インターネットの基盤を構築するインフラエンジニア。

年収はどれくらい?」

「どうやったら稼げるインフラエンジニアになれるの??」

…と疑問に思っていませんか?

“ちか”

インフラエンジニアは年収が1000万円以上あるんですか?

“なかがわ”

働きかた次第では、稼いでいる人もいますよ。

この記事では、

インフラエンジニアの年収を増やす方法についてお伝えしていきます。

インフラエンジニアに興味がある人はぜひ読み進めてくださいね。

インフラエンジニアの平均年収は480万〜570万円

ちか

インフラエンジニアの平均年収はどれくらいですか?

なかがわ

平均年収は、480万〜570万円です。

インフラエンジニアの不足に反して要が高まっているので、年収も上昇傾向にあります。

なかがわ

今回は、下記の項目ごとの年収比較を解説していきますね。
インフラエンジニア年収比較
  • 男女別平均年収比較
  • 20代〜50代の年代別平均年収比較

男女別平均年収比較

まずは、男女別(40代)の年収を比較してみましょう。

男性の平均年収は、638万円(平均月額39.9万円)

女性の平均年収は、456.5万円(平均月額28.5万円)

ちか

男性と女性でこんなに差があるんですね!

この差はなんですか?

なかがわ

女性は、出産や子育てなどのライフイベント時に職場を離れることが多いからです。

それでも、女性エンジニアの需要は増加しているんですよ。

※[インフラエンジニア転職記事]

20代〜50代の年代別平均年収比較

続いて、20代〜50代の年代別インフラエンジニアの年収を比較していきます。

年齢平均年収月額給与
20代340.5万円~390.5万円24.4万円
30代385.5万円~489.5万円30.6万円
40代494.0万円~616.0万円38.5万円
50代544.5万円~654.5万円40.9万円

ちか

20代と40代では100万円以上差があるんですね!

なかがわ

そうですね。

年齢と共にスキルが上がる人がほとんどだからですよ。

IT業界はスキルをつけるほど、年収が上がる傾向があります。

しかし年齢に関係なく、フリーランスで活躍するインフラエンジニアの中には年収1000万円以上稼ぐ人もいます。

スキルに自信があるならフリーランスとして活躍するのも一つの手です。

なかがわ

例えば、「レバテックフリーランス」なら月に90万円以上の案件が沢山あります。

フリーランスエンジニア必見!

【本音が知りたい】レバテックキャリアの評判は?実際の口コミ・おすすめポイントを徹底分析!

※[インフラエンジニアフリーランス記事]

未経験のインフラエンジニアの年収は250万円~300万円

未経験から募集している案件の多くは、年収250〜300万がほとんどです。

なかがわ

インフラエンジニアは、需要も高く未経験でも転職のチャンスがあります!

就職できると企業で研修を受けながらステップアップしていく事も可能です。

なかがわ

マイナビエージェントITなら未経験から年収400万円以上の案件が豊富にあります。
【決定版】マイナビエージェントITの評判とは?実際の口コミや登録方法・他社との違いを徹底リサーチ!

スキルに自信がない人は、無料で通えるインフラエンジニア専門スクール「GEEK JOB」に通うのもおすすめ!

転職活動をするにも、最低限のスキルがないと難しいのが現実です。

無料カウンセリングもあるので、チェックしてみて下さいね!

未経験から最短で転職できる!?

インフラエンジニアは需要も高く将来性もある

[図解:「http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/190531_1.pdf」の図表1-2 (年齢別インターネット利用状況の推移)のグラフをお願いします。]

なかがわ

インフラエンジニアは、24時間365日稼働し続けるITサービスを毎日支えています

上記のグラフを見ても、インターネットの利用動向は、13歳〜59歳の年齢層ではインターネット利用率が9割以上

なかがわ

インターネットが繋がっていて当たり前の現代社会では、インフラエンジニアの仕事がなくなることは考えられません。

ちか

これからも、インフラエンジニアの需要が上がっていくんですね!

なかがわ

はい。

しかし、需要があるとはいえ常にスキルアップが必要ですよ。

※[インフラエンジニアスキル記事]

なかがわ

未経験からインフラエンジニアに必要なスキルを無料で学べるスクールGEEK JOBもありますよ。

未経験からそのまま転職を考えている人にぴったりです!

無料カウンセリングもあるのでぜひチェックしてみて下さいね。

未経験から最短で転職できる!?

※[インフラエンジニア転職記事]

インフラエンジニアはキャリアを積むと、収入アップが目指せる職業

[図解:図1「https://www.meti.go.jp/press/2017/08/20170821001/20170821001-1.pdf」の「IT関連産業における給与水準の実態2〜スキル標準レベル別〜」のグラフをお願いします。

図2「https://www.meti.go.jp/press/2017/08/20170821001/20170821001-1.pdf」の「IT関連産業における給与水準の実態4〜「年功型」と「能力・成果重視型」の生涯年収の比較〜]

なかがわ

インフラエンジニアはスキルがあればある程、年収をあげられる職業です。

図1のグラフを見ても、スキルが上がれば平均年収が上がっていることが確認できます。

 

ちか

グラフ上でレベル6以上の人は、1000万円を超えていますね!

なかがわ

そうです。

高いスキルを身につければ、年収1000万円以上も目指せることを証明しています。

今よりもスキルを活かして年収アップを狙いたいなら、レバテックキャリアマイナビエージェントITに登録して転職活動をすすめるのがおすすめです。

なかがわ

転職エージェントを利用することで、今より収入アップの可能性が上がりますよ。

スキルを身につけてキャリアアップ!

図2のグラフでも、IT業界では経験年数よりもスキルの高さが給料に反映されていることがわかります。

これからインフラエンジニアを目指す人におすすめ!
無料で通えるインフラエンジニア専門スクールGEEK JOB
 
未経験からスキルを学べて、そのまま転職もできますよ。
 
無料カウンセリングもあるのでぜひチェックしてみて下さいね。
 

未経験から最短で転職できる!?

※[インフラエンジニア転職記事]

インフラエンジニアが年収1000万円を稼ぐ3つの方法

ちか

どうしたら、1000万円以上の年収が稼げるようになりますか?

なかがわ

3つの方法を解説していきますね。
インフラエンジニアが1000万円を稼ぐ3つの方法
  1. フリーランスのインフラエンジニアになる
  2. スキルを活かして転職活動をする
  3. プログラミングスクールに通って新しい知識を身につける

1.フリーランスのインフラエンジニアになる

まず、1つ目はフリーランスになること。

なかがわ

インフラエンジニアとして、スキルがあればフリーランスとして活躍できます。

ちか

フリーランスは魅力的だけど、営業は苦手です…。

なかがわ

そのような人も大丈夫ですよ。

営業ができなくても、フリーランス専用エージェントに登録すれば仕事がとれます

ちか

え?!

詳しく知りたいです…!

フリーランス専用のエージェントがおすすめな理由
  1. 自分の代わりに高単価な案件を見つけてくれる
  2. 福利厚生が充実しているエージェントもある
  3. 一人では大変な、税金・独立手続きのアドバイスをしてくれる

今からフリーランスになるなら、現役フリーランスからの支持が高い「レバテックフリーランス」や「Midworks」を活用するのがおすすめです。

ちか

営業ができなくても、こんなにサポートがあるなら安心ですね!

なかがわ

はい。
エージェントはフリーランスに最適なサービスです。

高収入・高単価を狙いたい人には東証一部上場会社が運営する「フォスターフリーランス」がおすすめですよ。

エンジニアは今すぐ月収アップ!

※[インフラエンジニアフリーランス記事]

2.スキルを活かして転職活動をする

2つ目はスキルを活かして今よりも収入アップを狙った転職活動をすること

なかがわ

IT業界は年功序列ではなく、実力社会です。

スキルに自信があるなら、転職して年収を上げるのも一つの手ですよ。

スキルを活かして年収アップを狙いたいなら、レバテックキャリアマイナビエージェントITに登録して転職活動を進めるのがおすすめです。

転職エージェントを利用するメリット
  • 今よりも年収アップを目指せる
  • 自分の希望にあった企業を紹介してくれる
  • 転職が成功するまで無料でサポート!
  • 給与交渉も、転職エージェントがしてくれる

ちか

こんなに沢山メリットがあるんですね!

なかがわ

はい。

転職エージェントを利用することで、今より自分にあった企業に転職できますよ。

スキルを身につけてキャリアアップ!

3.プログラミングスクールに通って新しい知識を身につける

3つ目はプログラミングスクールに通ってできるスキルを増やすこと。

IT業界の移り変わりが激しいように、インフラエンジニアに求められるスキルも変わっていきます。

なかがわ

代表的なのは、クラウドサービスの普及

クラウド化にすることでサーバーの管理が簡単になります。

クラウド化が進むことで、インフラエンジニアにもプログラミングスキルが求められるようになりました。

なかがわ

今すぐに変化はありませんが、今後クラウド化がすすんでいけばプログラミングスキルのあるエンジニアは重宝されます。

プログラミングスキルをつけるならプログラミングスクールがおすすめです。

プログラミングスクールに通うメリット
  • 確実なプログラミングスキルが身に付く
  • 最新のスキルが学べる
  • 分からないところはすぐに質問できるので効率よく学べる
  • 短期間でスキルが得られる

ちか

おすすめのスクールはありますか?

なかがわ

はい。

以下の表で、おすすめのスクールの特徴や金額を比較しました。

スクール
エンジニア
DMM
WEBCAMP
Tech
Academy
TECH
CAMP
どんな人に
おすすめ?

転職したいけど
お金がない人
(転職コース)

経験が少なくても
確実に転職
したい人
スクールに通う
時間のない人
働きながら学習を
進めたい社会人
金額実質無料〜
¥128,000
¥ 628,000¥ 99,000~¥ 648,000
受講期間最短4週間~3ヶ月最短4週間~最短10週間~
リモート
公式サイト

現役エンジニアに相談するチャンス
エンジニアのスキルが上がらないなら、今すぐ無料の侍エンジニア塾のオンラインレッスンに応募することをおすすめします。

 

たった1回の講義であなたのスキルが大幅に向上するキッカケになるはずです...!!!

さらに今なら総額5000円分のAmazonギフト券がもらえる特典付き。
無料講義が満席になる前に今すぐチェックしてみてください。

 

侍エンジニアはオンラインでも受講可能!!


▲お悩み相談だけでもOK!!▲

【公式サイト】https://www.sejuku.net/

ちか

スクールによって、色々な特徴があるんですね!

なかがわ

はい。

短期間で集中してスキル習得したい人は、「TechAcademy」や「DMM WEBCAMP」がおすすめです。

マンツーマンで実践的スキルを習得する

※[インフラエンジニアスキル記事]

※[インフラエンジニア転職記事]

まとめ:1000万円以上も夢じゃない!インフラエンジニアの年収は上げられる

今回は、インフラエンジニアの年収と1000万円以上を目指す方法についてお伝えしました。

インフラエンジニアは社会に不可欠なので、今後も需要が増え続けます。

その中でも年収をあげていくには、

インフラエンジニアで年収1000万円以上目指す方法
  1. フリーランスになる
  2. 【年収アップを実現】転職エージェントに登録
  3. プログラミングスクールでスキルアップ

このような行動が重要です。

なかがわ

未経験の人は、無料で通えるインフラエンジニア専門スクールGEEK JOBに通ってスキルをつけながら転職を成功させましょう。

未経験から最短で転職できる!?

また、未経験から年収400万円以上を目指すサポートをしてくれる「マイナビエージェントIT」に登録することもおすすめです。

なかがわ

インフラエンジニアへの転職方法については、以下に詳しくまとめているので参考にして下さいね。

※[インフラエンジニア転職記事]