【月単価70万円以上】フリーランスのインフラエンジニアが魅力的な理由

この記事でお伝えすること
  1. フリーランスのインフラエンジニアの年収相場
  2. 報酬アップのために必要な5つのスキル
  3. 【フリーランスインフラエンジニア】メリット・デメリット
  4. 高年収を獲得する3つの方法

IT業界の縁の下の力持ちと言われるインフラエンジニア。

その需要の高さから、フリーランスとして働いてみたいと思う人も多いのではないでしょうか?

その中で、

「フリーのインフラエンジニアになったら、どうやって仕事をとればいい??」

「フリーランスになるメリットデメリットはある?」

…と疑問に思っていませんか?

“ちか”

フリーランスのインフラエンジニアに憧れはありますが、どうやったらなれるのかよく分かりません…。

“なかがわ”

フリーランスには不安がつきものですよね。

この記事では、

フリーランスのインフラエンジニアについてお伝えしていきます。

この記事を読めば、フリーランスとして活躍できるようになりますよ!

フリーランスのインフラエンジニアを目指す人はぜひ読み進めてくださいね。

メリットデメリットはあるがフリーランスのインフラエンジニアは魅力的

インフラエンジニアの需要は高く、フリーランスとして活躍する人も増えています。

ちか

どうして、フリーランスとして働く方が魅力的なんでしょうか?

なかがわ

1番の魅力は、自分で仕事を選択できる面ですよ。

インフラエンジニアの会社員として働く場合には、24時間365日稼働し続けるネットワークを監視を任されることもあります。

そのため、夜中や休日に呼び出されることも少なくありません。

なかがわ

しかし、フリーランスなら自分で仕事を選べるので急に出社することもなくなります。

魅力的とはいえ、メリット・デメリットがそれぞれあるので解説していきますね。

フリーランスのインフラエンジニアの3つのメリット

なかがわ

まずはメリットからご紹介していきます。
フリーランスのインフラエンジニアのメリット
  1. 正社員の時のように急に呼び出されない
  2. 自分で仕事を選べる
  3. 会社員よりも収入が上がる

メリット1.正社員の時のように急に呼び出されたりしない 

1つ目のメリットは、正社員のように時間に関係なく呼び出されないこと。

ちか

インフラエンジニアは魅力的ですが、深夜や休日も呼び出される可能性があることがネックでした…。

なかがわ

そうですよね。

こちらの「[インフラエンジニアきつい記事]」でもお伝えしたように、会社員なら夜勤も避けられません。

夜勤勤務があることから、インフラエンジニアの仕事は激務だと言われることもありますがフリーランスなら心配いりません。

ちか

どうしてですか?

なかがわ

フリーランスに割り振られる仕事には制限があるからです。

ちか

なるほど!

急な呼び出しに対応する必要がないのは、大きなメリットですね。

※[インフラエンジニア転職記事]

メリット2.自分で仕事を選べる

2つ目のメリットは、自分で仕事を選べること。

なかがわ

会社員として働く場合には、仕事を自分では選べません。

しかし、フリーランスのインフラエンジニアなら案件も自分で選べます。

自分の得意な業務や、やりたい仕事を選べるのはフリーランスの特権です。

なかがわ

自由度が高いのも、フリーランスの特権ですよ。

※[インフラエンジニアスキル記事]

メリット3.会社員よりも収入が上がる

[図解:IT業界平均461万円とインフラエンジニアの平均年収は、480万〜570万円、

フリーランスとして働くインフラエンジニアの平均年収は、500〜1000以上。

3つの比較グラフをお願いします。]

3つ目のメリットは、会社員よりも収入が上がること。

インフラエンジニアの平均年収は、480万〜570万円です。

IT業界の平均年収は、461万円なので平均よりも高年収だということが分かります。

また、フリーランスとして働くインフラエンジニアの平均年収は、500〜1000万円以上。

なかがわ

例えば、「レバテックフリーランス」なら月に90万円以上の案件が沢山あります。

ちか

月に90万円なら年収にすると1080万円ですね!

なかがわ

はい。

インフラエンジニアは稼ぎやすい上に、人手不足の問題もあります。

また、フリーランスなら自分の実力分だけ稼ぐことが可能ですよ。

なかがわ

フリーランスで高年収の案件をとりたいなら、IT業界大手エージェントの「レバテックフリーランス」や「Midworks」に登録するのがおすすめです。
【本音が知りたい】レバテックキャリアの評判は?実際の口コミ・おすすめポイントを徹底分析!

フリーランスのインフラエンジニアになる3つのデメリット

ちか

デメリットはどんなことがあるんですか?

なかがわ

それでは、3つのデメリットを紹介しますね。
フリーランスのインフラエンジニアになる3つのデメリット
  • 収入は自分次第
  • 常にスキルアップが必要
  • 社会的信用が低い

デメリット1.収入は自分次第

1つ目のデメリットは、会社員と違って毎月の給料が一定ではないこと。

会社員だと、いきなり給料が上がることもなければ下がることもないですよね?

なかがわ

しかし、フリーランスは収入が月によって変動します。

ちか

給料はどうしても、不安定になってしまうんですね…。

なかがわ

はい。

しかし、最近では保証サポートがあるエージェントがありますよ。

保証サポートのあるMidworksでは、

  • 保険制度
  • 福利厚生
  • 補助制度

など業界トップクラスの保証制度が提供されます。

Midworksのメリット
  • 充実の保険があり安心して仕事ができる
  • 書籍代や、交通費を負担してもらえる
  • フリーランスに必要な書類サポートをしてくれる
  • 豊富な勉強会・交流会が開催される

ちか

登録するメリットが沢山あるんですね!

なかがわ

はい。

これだけの保証があれば、初めて独立する人も安心してフリーランスに挑戦できますよ!

独立してフリーランスを目指すなら

デメリット2.常にスキルアップが必要

2つ目のデメリットは、常にスキルアップが必要なこと。

フリーランスとして長く活躍していくには、高いスキルや知識が必要です。

なかがわ

また、仕事を自分でとるには営業力も必要です。

ちか

自由な働き方は憧れるけど、仕事をとる自信がないです…。

なかがわ

営業力に自信がなくても、「レバテックフリーランス」に登録すれば大丈夫です。
  • 自分で案件をとる手間が省ける
  • 営業活動を行ってくれる
  • 業界最高レベルの高単価案件を受けられる
  • 参画中のフォロー体制もしっかりしてくれる
  • 業界を熟知したカウンセラーが、キャリアパスもサポート!

ちか

これだけサポートしてくれると安心できますね!

なかがわ

はい。

レバテックフリーランス」はフリーランスになるなら登録すべきエージェントですよ。

フリーランスエンジニア必見!

デメリット3.社会的信用が低い

3つ目のデメリットは、社会的信用が低いこと。

会社員であれば、

  • 有給休暇
  • 社会保険
  • 交通費の支給

などのサポート体制が整っていますよね?

なかがわ

しかし、フリーランスだと責任は全て自分でとる必要があります。

例えば、風邪をひいて仕事ができなければその分収入は減ります。

ちか

フリーランスは働き方が自由な分、保証がなく不安定ですね…。

なかがわ

そうですね。

不安ならフリーランスでも福利厚生などの保証をしてくれるエージェントの「Midworks」に登録すれば大丈夫ですよ。

Midworksに登録すれば、独立へのサポートをしてくれる上に保険制度などの福利厚生が受けられます。

Midworksに登録すべき人
  • 独立したいけど、安定感も欲しい人
  • 一人で仕事を獲得する自信がない人
  • サポートをしてもらいながら、独立したい人

なかがわ

上記にあてはまる人は、Midworksに登録すべきですよ。

独立してフリーランスを目指すなら

【年収1000万円?】フリーランスのインフラエンジニア年収相場

[図解:インフラエンジニア(会社員)の平均年収は、480万〜570万円、

フリーランスとして働くインフラエンジニアの平均年収は、500〜1000以上。の比較グラフをお願いします。]

インフラエンジニアの平均年収は、480万〜570万円です。

フリーランスとして働くインフラエンジニアの平均年収は、500〜1000万円以上

インフラの案件は、AIエンジニアやWebエンジニアよりも金額が少ないことが多く相場は60〜90万円程です。

なかがわ

しかし、「レバテックフリーランス」なら月に90万円以上の案件が豊富にあります。
[ テキストレバテックフリーランス]に登録するメリット
  • 【業界最高レベルの高単価】90万円以上の案件もある
  • 自分で案件をとる手間が省ける
  • 一人では獲得できない案件を受けることができる

一人で営業活動を行うよりも、フリーランス専用エージェントに登録した方がメリットも沢山あります。

なかがわ

フリーランスで高年収の案件をとりたいなら、IT業界大手エージェントの「レバテックフリーランス」や「Midworks」に登録するのがおすすめです。

フリーランスエンジニア必見!

フリーのインフラエンジニアとして報酬を上げ続けるために必要な3つのスキル

ちか

フリーランスになるからには、しっかり稼ぎたいです。

なかがわ

そうですよね。

それでは、長く報酬を上げ続けるために必要な3つのスキルを解説していきます。

インフラエンジニアが報酬を上げるために必要な3つのスキル
  1. AWSなどのクラウドの知識をつける
  2. インフラ全体の幅広い知識とスキルを持つ
  3. 営業力をつける

1.AWSなどのクラウドの知識をつける

1つ目は、AWSなどのクラウドの知識をつけること。

クラウドサービスの普及により、インフラエンジニアに求められるスキルも変わってきています。

なかがわ

特にこれから必要だと言われているのが、クラウドの技術です。

有名なクラウドサービスの一つに、「AWS」があります。

なかがわ

AWSはAmazonが提供しているクラウドサービスです。

今後はこのような、クラウドサービスを利用してサーバー管理をする企業が増えていきます。

長く活躍するためにも、クラウドの知識をつけておきましょう!

※[インフラエンジニア将来記事]

2.インフラ全体の幅広い知識とスキルを持つ

2つ目は、インフラ全体に対する幅広い知識とスキルを持つこと。

なかがわ

IT業界では、常にスキルの高い人材が求められています。

例えば、複数のスキルを持っているフルスタックエンジニア。

フルスタックエンジニアは、一人で複数人分もの領域を扱えるエンジニアです。

なかがわ

インフラエンジニアならプログラミングスキルを身につけて開発もできるようになる、というようにマルチなスキルを持っているとフリーランスとしても活躍の幅が広がります。

※[フルスタックエンジニア記事]

3.営業力をつける

3つ目は、営業力をつけること。

フリーランスとして活躍していくには、インフラエンジニアとしてのスキルだけでなくビジネススキルも必要です。

ちか

そうですよね…。

フリーランスになるには、営業スキルは必須ですか?

なかがわ

そうですね!

しかし、営業が苦手な人もエージェントを利用すれば仕事をとれますよ。

例えば、IT業界大手エージェントの「レバテックフリーランス」や「Midworks」に登録すれば案件を獲得できます。

なかがわ

全て無料で利用できるのでチェックしてみてくださいね!

フリーランスエンジニア必見!

※[インフラエンジニアスキル記事]

フリーランスのインフラエンジニアとして仕事を獲得する方法

ちか

フリーランスとして仕事を獲得する方法が知りたいです…!

なかがわ

1番の方法は、フリーランス専用エージェントに登録することです。

営業が苦手でも、フリーランス専用エージェントに登録すれば仕事がとれますよ。

フリーランス専用のエージェントがおすすめな理由
  • 自分の代わりに高単価な案件を見つけてくれる
  • 福利厚生が充実しているエージェントもある
  • フリーランスに必要な税金・独立手続きのサポートをしてくれる

ちか

こんなにサポートしてくれると安心ですね!

なかがわ

はい。

それではおすすめの2つのエージェントを紹介していきますね。

フリーランス専用エージェント

常駐型フリーランスとして高年収を目指すなら「レバテックフリーランス」

案件数約8,000件
未経験可
年収350〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは常駐型をメインにフリーランスエンジニアの仕事を紹介してくれるエージェントです。

レバテックフリーランスの特徴
  1. 常駐型フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. エンド直受けの高単価案件を紹介してくれる。
  3. 報酬支払いまでの期間が短い。(15日サイト)

レバテックフリーランスは、フリーランスの人に代わって営業をして案件を紹介してくれるサービスです。

そのためフリーランスは営業にかける時間を節約できる上、高単価案件も獲得できます。

なかがわ

案件、営業、経理など、全てを自分ひとりでやるフリーランスにはありがたいサービスです。

レバテックフリーランスを利用するメリット
  • 営業にかかる時間が削減できる
  • 高単価案件が見つかる
  • エンジニアの仕事だけに集中できる

フリーランスエンジニア必見!

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)はフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

まとめ:フリーランスのインフラエンジニア魅力的!自分のスキルにあった収入を稼ごう

今回は、フリーランスのインフラエンジニアについてお伝えしていきました。

インフラエンジニアは現代社会において重要な職業です。

インフラエンジニアが報酬を上げるには?
  • クラウドの知識をつける
  • インフラ全体の幅広い知識とスキルを持つ
  • フリーランス専用エージェントに複数登録する

なかがわ

長く活躍するためにも、上記3つのポイントが重要ですよ。
フリーランス専用エージェント
  1. 業界最高の案件高単価!
    レバテックフリーランス
  2. フリーランスをしながら安心のサポートが受けられる!
    Midworks
  3. 高収入案件が豊富!東証一部上場会社が運営する
    フォスターフリーランス

なかがわ

また、どこのエージェントが良いのか迷った時は複数のエージェントに登録しましょう。

ちか

どうしてですか?
エージェントに複数登録するメリット
  • 複数から選択できる事で、最適な転職エージェントを選択できる
  • 複数登録した分だけ、求人を多く見れる
  • 様々な視点からのアドバイスが受けられる

なかがわ

このように、複数登録する事で自分の理想に近い企業に就職できる可能性が上がります。

無料で使えるので、迷ったらとりあえず登録して様子をみてくださいね。

20~30代の若者におすすめ