【失敗しない】データベースエンジニアのフリーランスになる方法!独立するなら最初に登録すべき3つのエージェント

この記事でお伝えすること
  1. データベースエンジニアがフリーランスになる方法
  2. フリーランスになったデータベースエンジニアの年収
  3. フリーランスになるメリット・デメリット
  4. フリーランスのデータベースエンジニアとして成功する人の特徴

場所や時間を選ばない、パソコン1台あればできるデータベースエンジニアの仕事。

せっかくならフリーランスとして、自由を手に入れたいですよね。

そんな中、

「フリーランスのデータベースエンジニアにはどうやってなるの?」

「フリーランスとして成功する方法は?」

…と悩んでいませんか?

ちか

フリーランスのデータベースエンジニアに憧れはあるんです。
案件を探す方法や、フリーランスになる方法…どうすればいいのかわからなくて…

なかがわ

突然フリーランスになろうとしても、何からはじめれば良いのかわからないですよね。

この記事では、

フリーランスのデータベースエンジニアとして成功する方法についてお伝えしていきます。

この記事を読めば、データベースエンジニアとして時間に縛られることなく、自由な環境で仕事ができるようになりますよ!

フリーランスのデータベースエンジニアに少しでも興味のある人はぜひ読み進めてくださいね。

フリーランスデータベースエンジニアが仕事を探す方法は?登録すべきエージェント

ちか

フリーランスのエンジニアって、やっぱり自分で営業しなければならないんでしょうか?
営業は苦手なんですが…フリーランスのデータベースエンジニアとして活躍したいんです!

なかがわ

自分で営業しなくても大丈夫ですよ!
独立支援や案件検索、すべてエージェントに登録することで解決できますよ。

フリーランスと聞くと、自分で仕事をとってこなければならない…というイメージが強いですよね。

でも、フリーランスエンジニアになりたい場合、独立を支援してくれたり、仕事の案件を紹介してくれるエージェントがたくさんあります

今からフリーランスになるなら、独立を手伝ってくれるエージェント・レバテックフリーランスMidworksに登録するのがおすすめ。

また、業界未経験で、知識を身につけたあと、すぐにフリーランスになりたい場合、TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)のフリーランスコースに通うのも人気です。

他にも、高報酬・高単価の案件をたくさん持っているフォスターフリーランスなど、フリーランスエンジニアに特化したエージェントがあります。

ちか

自分で営業しなくても、仕事を紹介してもらえるなら心強いですね!
【保存版】データベースエンジニアに確実に転職する方法!3つ以上のエージェントに登録すべき理由!

フリーランスとして働くDB(データベース)エンジニアの仕事内容

フリーランスのデータベースエンジニアは、クライアントの依頼でさまざまな業務に携わります。

仕事内容の一例
  • SQLを制作し抽出したデータをもとに資料を作成
  • Shell・Pythonなどのスクリプトを利用してデータ成型
  • スクリプト言語によるツール作成
  • KPIレポートを作成・更新

これはデータベースエンジニアの仕事として一例にしかすぎませんが、さまざまなスキルが必要なことがわかりますよね。

なかがわ

仕事を請け負う際には契約書を交わし、綿密な打ち合わせを行っていきます。
クライアントの要望に沿うように開発しなくてはいけないので、高い専門性が求められますね。

ビッグデータ時代に伴い、さまざまな業務を担うデータベースエンジニアのニーズが高まっています

データベースエンジニアの業務は多岐にわたりますが、さまざまな経験を積むことで成長し、やりがいを感じられる仕事といえるでしょう。

【転職市場動向】データベースエンジニアとして独立した場合の案件の相場単価を会社員と比較

ちか

フリーランスになるか、会社員でい続けるか悩んでいます。
収入的にはどちらの方が稼げるんでしょうか?

なかがわ

正直に答えると、案件の相場単価は人によってかなり違います。

フリーランスになってから、会社員のときより稼げるようになった人も入れば、稼げなくなった人もいます。

ただ、割合で言うと、フリーランスになってからの方が稼げるようになった人が多いのも事実です。

例えば、レバテックフリーランスのデータベースエンジニア案件を検索してみると、月額48万円〜月額90万円の業務委託案件が出てきます。

なかがわ

年収に換算すると、576〜1080万円でかなり差がありますよね。

それでも、データベースエンジニア全体の平均年収500万円よりは、フリーランスの方がかなり高い平均年収になっています。

スキルを磨いていくことで高単価案件に携わることもできるので、平均年収を大きく上回るのも十分可能です。

ちか

会社員よりもフリーランスの方が稼いでいる人は多いんですね!
【やっぱり気になる】データベースエンジニアの年収1000万も狙える!給与相場と稼ぐ転職テクニック

独立前に把握しておきたいデータベースエンジニア案件へ参画するために必要なスキルとは

フリーランスのデータベースエンジニアは設計や構築を行うイメージが強いですが、求められることは多岐にわたります。

その中でも、独立前に押さえておきたいスキルや経験があります。

データベースエンジニアとして高単価案件に取り組むためには、データベースの開発スキルは必要不可欠。

必要なスキル:例
  • 情報システム全般
  • システム開発
  • データベースの扱い
  • データモデル知識
  • セキュリティ

なかがわ

顧客の要望を聞き、その上でデータベースの設計や開発を行わないといけませんよね。
そのため、データベースエンジニアは幅広い知識を持ち合わせなくてはいけません。

日々スキルアップしていくのは大変ですが、その中で上流工程に携わることができれば、独立後高単価の案件に携わるための実績にもなります。

知識だけでなく過去の実績もアピールできると、フリーランスになっても立ち回りやすくなります。

データベースエンジニアがフリーランスになる3つのメリット

ちか

データベースエンジニアとしてフリーランスになった場合、何か良いことはありますか?

なかがわ

メリットはたくさんありますが、特にフリーランスになってよかったことを3つ紹介しますね。
データベースエンジニアがフリーランスになる3つのメリット
  1. 時間や場所に縛られない自由な働き方ができる
  2. 企業が間に入らないことで大幅な収入アップも可能
  3. 仕事の案件を自分で選べる

3つのメリットを見ても分かると思いますが、働き方や収入面で会社員時代とは大きく変わる点ばかり。

1. 時間や場所に縛られない自由な働き方ができる

まず1つ目は、時間や場所に縛られない自由な働き方ができるところ

会社員の場合、基本的には、決まった時間に会社に行きます。

しかし、フリーランスとして独立すれば、いつどこで仕事をするかは自由。

ノマドワーカーとして、お気に入りのカフェや旅行先で働くこともできますし、長期休みを取ることも自分で決められます。

なかがわ

中には、海外に移住していたり、旅をしながらパソコン一つで仕事をしている方もいるので、その自由度はかなり魅力的ですね。

2. 企業が間に入らないことで大幅な収入アップも可能

2つ目は、企業が間に入らないことで、収入アップが見込めるところ

会社員の場合、自分が取ってきた案件がどんなに大きな金額の取引だとしても、自分に入ってくる基本的なお給料は決まっています。

しかし、フリーランスになると、自分が取ってきた案件の利益は全て自分のものになるので、自分の収入をアップさせやすい環境だと言えます。

なかがわ

特に大きな取引が決まった時には、大幅な収入アップも期待できますね。

ちか

企業が間に入らないぶん、案件の単価が上がることも考えられますよね!

3. 仕事の案件を自分で選べる

3つ目は、どの仕事をするか、誰と仕事をするかを自分で選べるところ。

会社員の場合、どうしても、会社側で決められた仕事をこなさなければならない場合が多いです。

誰と仕事をするかも、基本的には決まっています。

しかし、フリーランスの場合、自分がその仕事をやりたいかどうか、誰と仕事をしたいかを自分自身でコントロールすることができます。

なかがわ

金額や条件、自分の基準で仕事を選べるのは嬉しいですよね。

幅広い案件があるデータベースエンジニアだからこそ、自分でどの案件を受けるのかを決めていくこともできますね。

フリーランスのデータベースエンジニアになる3つのデメリット

ちか

フリーランスのデータベースエンジニアってすごく自由で魅力的ですね。
逆に、デメリットはあるんでしょうか?

なかがわ

はい、フリーランスになるのも良いことばかりではありません。

フリーランスは、時間や場所に縛られず、自由度の高さから、憧れる人が多いのも事実です。

しかし、データベースエンジニアとしてフリーランスを目指すときに知っておいた方がいい3つのデメリットがあります。

データベースエンジニアがフリーランスになる3つのデメリット
  1. 給料がないので毎月の収入が不安定になる
  2. 高いスキルや知識がないと続けていくのが難しい
  3. 福利厚生がなく体調管理などが全て自己責任

1. 給料がないので毎月の収入が不安定になる

まず1つ目は、会社員と違って、毎月確実に入ってくるお金が不安定になること

会社員の場合は、毎月入ってくる給料やボーナスがあるため、今年の年収はある程度見えています。

 

しかし、フリーランスの場合は、収入が多い月もあれば、少ない月もあって、確実に入ってくる金額の保証がありません。

収入に関して言うと、どうしても不安定になってしまいます。

なかがわ

安定を求めつつ、フリーランスになりたい方は、Midworksがおすすめです。

2. 高いスキルや知識がないと続けていくのが難しい

2つ目は、高いスキルや知識がないと続けて行くのが難しいところ

フリーランスとして、クライアントを持つということは、それだけのスキルが求められます。

もしも未経験者がフリーランスのデータベースエンジニアを目指すのであれば、1度は企業で働き経験を積んでおいた方が実力をアピールするチャンスにもなります。

また、高単価の案件に携わりたいのであれば、さらに高い技術を身につけていく必要もあります。

例えば、レバテックフリーランスでデータベースエンジニアを検索してみてください。

月収が高くなるにつれて、Oracleの高いレベルが求められたり、データベース以外のプログラミング知識が求められたりします。

ちか

いろいろなシステム開発や、プログラミングの知識、様々なスキルを学び続けなくてはいけないんですね。

なかがわ

フリーランスのデータベースエンジニアとして活躍し続けるためには、スキルのアップデートが大切です。

3. 福利厚生がなく体調管理などが全て自己責任

3つ目は、福利厚生がなく、体調を崩したときなどの保証がないこと

会社員であれば、有給休暇や、社会保険などの制度が充実しています。

 

しかし、フリーランスは、基本的に全て自分で手配することになります。

福利厚生がないことは、フリーランスになるときの障害になることも多いのですが、この点が不安な方には、Midworksがおすすめ。

フリーランスエンジニア専門のエージェントMidworksを利用した場合、フリーランスとしての独立をサポートしてくれる上に、正社員と同じレベルの福利厚生を受けることができます

なかがわ

確定申告のサポートや、保険、給与保証制度なども充実しているので、フリーランスでも特に安定志向の方に人気です。

ちか

福利厚生までの全てを代行してもらえれば、業務に集中できますね。

フリーランスのデータベースエンジニアとして成功できる人の特徴3つ

ちか

どんな人が、フリーランスになるのに向いているんでしょうか?

なかがわ

自分がフリーランスに向いているかどうか、気になりますよね。
そこで、フリーランスのデータベースエンジニアとして成功する人の特徴をご紹介します。
フリーランスのデータベースエンジニアとして成功する人の特徴
  1. 高いスキルや知識がある
  2. 自己管理能力がある
  3. 信頼される実績作りができる

1. 高いスキルや知識がある

1つ目は、高いスキルや知識があること

例えば、レバテックフリーランスでフリーランスのデータベースエンジニアで検索をかけると、仕事の案件がたくさん出てきます。

 

しかし、求められるスキルの欄を見ると、月収が高くなるにつれて、Oracleの高いレベルが求められたり、データベース以外のプログラミング知識が求められる場合があります。

フリーランスとして、高収入を稼ぎたいなら、データベースの知識だけでなく、幅広いスキルを身につけることが大切です。

なかがわ

プログラミングの知識を身に付けることや、勉強を続けることが苦ではない方がフリーランスに向いています。

2. 自己管理能力がある

また、会社員ではなく、自分とクライアントの契約で成り立つフリーランスの仕事では、自分自身で全てを管理していかなければなりません

仕事の進捗状況の自己管理はもちろん、クライアントとの連絡など、コミュニケーション能力も必要です。

なかがわ

また、体調を崩した場合でも、自分の代わりがいないので、体調管理も大切になってきます。

3. 信頼される実績作りができる

例えば、あなたが企業の立場に立って、フリーランスのエンジニアを採用する場合、やはり経験もスキルもある人を選びたいですよね。

企業に選ばれる人材になるためにも、どんなものが作れるのか、どれくらいの知識や経験があるのか、実績をしっかり積み上げられることが成功の秘訣です。

なかがわ

その信頼の積み重ねによって、さらに高度な仕事や、高額な案件と契約できるようになり、必然的に年収もアップしていきます。

さまざまな知識があり信頼できる人物だと分かれば、求人や案件に携わる機会も増えていきますよね。

データベーススペシャリストになるためにフリーランスにおすすめの資格とは…?

フリーランスのデータベースエンジニアとして働くために、取得しておいた方がいい資格が3つあります。

データベースエンジニアにおすすめの資格
  1. 情報処理技術者試験
  2. オラクルマスター
  3. OSS-DB技術者認定資格

会社員のデータベースエンジニアとして働く上でも所持していた方がいいですが、評価につながる資格ばかり。

スキル向上、携われる案件の幅を広げるためにも、取得して損はないですよ。

情報処理技術者試験

通称IPAとも呼ばれる情報処理技術者試験は、一夜漬けでは太刀打ちできないほど高度で広大な出題範囲から出題されます。

試験は午前・午後の計4回行われ、100点満点中60点以上取得すると合格します。

なかがわ

60点以上と聞くと大したことがないと思うかもしれませんが、合格率は20~30%ほどと難易度は高いですね。

ただし、経済産業省認定の国家資格なので、取得すればデータベースのスペシャリストとして評されます。

オラクルマスター

データベース管理とSQLを書く能力、その両方を認定するIT資格であるオラクルマスターは、世界基準の認定資格です。

資格保持者は国内に20万人以上とも言われ、比較的データベースエンジニアにとってはポピュラーな資格といえます。

なかがわ

IT系の企業の面接官で知らない人はいないというくらい有名な資格なので、就職・転職にも有利になる資格ですね。

OSS-DB技術者認定資格

特定非営利活動法人LPI-Japanが認定するIT資格で、データベース管理やアプリケーション開発に関する資格を2つのレベルで認定します。

経済産業省が定めるITスキル標準に照らし合わせると、「Silver」は1~2レベル、「Gold」は3~4レベル程度になります。

なかがわ

Silverは比較的小規模のデータベース開発・運用に関する基本的な知識が問われます。
基本的にSilverを保持していれば、プロのデータベースエンジニアとして扱われるので、Silverの資格を目指せばいいですよ。

OSS-DBの知識を必要な分野の人材が不足しているので、キャリアアップを考える際にOSS-DB技術者認定資格を保有していることは優位と言えます。

転職サイトより良い!フリーランスのデータベースエンジニアにおすすめのエージェント2つ

ちか

フリーランスのエンジニアになる場合、みなさんどのようにして仕事を取っているんでしょうか?
フリーランス向けの案件を検索することもできるんですか?

なかがわ

フリーランスと聞くと、自分で営業しなければいけないイメージがありますよね。

でも、実は、エンジニアとしてフリーランスになった人は、ほとんどの人がフリーランス専門のエージェントを利用しています

フリーランスエンジニアに人気のエージェント
  1. フリーランスの独立をサポートしてくれる
      レバテックフリーランス
  2. 社員と同レベルの福利厚生が受けられる
      Midworks

これからフリーランスのエンジニアになるなら、こういった専門のエージェントを利用するべきです。

自分で営業をかけて仕事を取ることもできなくはないのですが、時間や労力がかかってしまいます。

その点、フリーランスに特化したエージェントに登録しておくと、あなたにぴったりの案件を提案してもらうことができます

仕事探しではなく、仕事そのものに集中できるようになり、時間の短縮に繋がります。

なかがわ

一つ一つ、どんなエージェントなのか、詳しく紹介していきますね。

レバテックフリーランス

フリータンス転身に定評があり、大手の転職エージェントなので安心して利用することができます。

とくに高収入を目指すエンジニアから人気があり、「案件の質」「案件の単価」も評判がいいです。

常駐型フリーランスとして高年収を目指すなら「レバテックフリーランス」

案件数約8,000件
未経験可
年収350〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは常駐型をメインにフリーランスエンジニアの仕事を紹介してくれるエージェントです。

レバテックフリーランスの特徴
  1. 常駐型フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. エンド直受けの高単価案件を紹介してくれる。
  3. 報酬支払いまでの期間が短い。(15日サイト)

レバテックフリーランスは、フリーランスの人に代わって営業をして案件を紹介してくれるサービスです。

そのためフリーランスは営業にかける時間を節約できる上、高単価案件も獲得できます。

なかがわ

案件、営業、経理など、全てを自分ひとりでやるフリーランスにはありがたいサービスです。

レバテックフリーランスを利用するメリット
  • 営業にかかる時間が削減できる
  • 高単価案件が見つかる
  • エンジニアの仕事だけに集中できる

フリーランスエンジニア必見!

MidWorks

MidWorksは「給与保障制度」「マージン率公開」があり、他のエージェントにはない強みがあります。

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)はフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら

まとめ:フリーランスのデータベースエンジニアとして成功するには経験・スキル・コミュニケーション能力が必要

今回は、フリーランスのデータベースエンジニアとして成功する方法をお伝えしました。

フリーランスで活躍し、会社員以上の収入を手に入れるには、知識やスキルが必要です。

 

しかし、時間や場所に縛られずに働けるのは、やっぱり魅力的ですよね。

エンジニアとしてフリーランスになりたいなら、案件豊富なレバテックフリーランスMidworksにまずは登録してみましょう。

なかがわ

データベースエンジニアの転職については、下記記事に詳しく書かれているのでぜひ参考にしてみてください。
【保存版】データベースエンジニアに確実に転職する方法!3つ以上のエージェントに登録すべき理由!