【保存版】データベースエンジニアに確実に転職する方法!3つ以上のエージェントに登録すべき理由!

この記事でお伝えすること
  1. データベースエンジニアの仕事内容・年収について
  2. データベースエンジニアの将来的なキャリアアップ
  3. 未経験の方・IT業界経験者がデータベースエンジニアに転職するための方法
  4. データベースエンジニアへの転職成功の秘訣

データの管理や運用をするデータベースエンジニア。

最近では、ITエンジニアに対する需要も多く、サイバー対策の強化が注目されていることから、少し検索しただけでたくさんの求人が目に入ってきます。

そんな中、

「データベースエンジニアってどうやったらなれるんだろう?」

「未経験から転職する方法や将来的なキャリアアップは?」

…と悩んでいませんか?

ちか

最近、仕事をやめようと思っていて、データベースエンジニアへの転職について知りたいんですが …

なかがわ

データベースエンジニアに転職したいなら、知っておいた方がいいポイントがあるので、説明していきますね。

今回は、データベースエンジニアとして、確実に転職を成功させるために重要なポイントをお伝えしていきます。

この記事を読めば、失敗せずにエンジニア転職できますよ!

データベースエンジニアへの転職を少しでも考えている人はぜひ読み進めてくださいね。

生活に必要不可欠!データベースエンジニアの仕事内容とは…?

ちか

そもそも、データベースエンジニアってどんな仕事なんですか?

なかがわ

一言でいうと、「膨大なデータを管理・運用するエンジニア」です!
といわれてもどんな仕事なのかよくわかりませんよね…

ここで問題です。

ネットショッピングで住所を入力するとき、郵便番号を入力するだけで番地まで住所が表示される。

図書館で探したい本があるとき、機械で検索して見つけられる。

なかがわ

これはなぜだと思いますか?
これこそが、データベースエンジニアの仕事です!

データベースエンジニアとは、たくさんの情報を1ヶ所に集めて、いつでも必要な情報を取り出せるように、そのシステムを作り、管理し、運用する仕事です

ちか

実は、私たちの生活にとって、とても身近な存在なんですね!

特に、データベースエンジニアの仕事で重要なポイントは、たくさんのデータを分析し、どうすれば企業に役立てるか、経営的な面も一緒に考えるところです。

なかがわ

最近では、アプリやゲーム開発の企業などで、データベースの知識を持つエンジニアの需要が高まっています。

データベースエンジニアは将来的も期待できますよ。

データベースエンジニアは大きく3種類に分けられる

ちか

データベースエンジニアの仕事って具体的にどんなものがあるんですか?

なかがわ

データベースエンジニアの仕事内容は大きく分けて3種類あります。
データベースエンジニアの種類
  1. ソフトウェアエンジニア
  2. ハードウェアエンジニア
  3. 運用系エンジニア

1. データベースを開発・設計するソフトウェアエンジニア

まず1つ目が、データベースの開発を担当するソフトウェアエンジニア

クライアントが、どんなデータを、どのように管理したいのか確認し、それに合わせてデータベースを開発・設計していく仕事です。

なかがわ

OracleやMicrosoft SQL Serverといったデータベース製品を使って、開発をしていきます。

2. データベースを管理するハードウェアエンジニア

2つ目は、データベースの管理をするハードウェアエンジニア

ハードウェアエンジニアは、データを保存するためのストレージ・サーバーなど、インフラを開発し、管理することが仕事です。

なかがわ

データを適切に管理するには、そのデータを管理するハードウェアエンジニアの存在が必要不可欠です。

3. データベースを運用する運用系エンジニア

3つ目は、データベースの運用をする、運用系エンジニア

データ流出を防ぐためのセキュリティを設計したり、データのバックアップを担当したり、データベースシステムの運用をするのが仕事です。

なかがわ

データが流出した場合、企業の信用問題にもなりますよね。
そのため、データベースの運用知識のある人材への需要が高まっています。

【転職前に理解必須】データベースエンジニアの求人動向を解説

ちか

データベースエンジニアの求人動向を知りたいです。

求人サイトで「データベースエンジニア」と調べると、他の職種よりも求人が少ないと感じました。

結論を先にお伝えすると、データベースエンジニアの需要は減っていません。

むしろ、今後も需要は高まっていくことが予想されます。

求人が少ないのは、「データベースエンジニア名目」での募集が減っているからです。

なかがわ

一例として、サーバーエンジニアやネットワークエンジニアの仕事内容に、データベースを扱う仕事も含まれていることがありますよ。

より将来性のあるエンジニアになるためには、他のスキルを習得することも大切です。

ですが、データベースを扱えるエンジニア自体の需要がなくなっているわけではありません。

たとえば、医療・金融・保険業界など、ビッグデータを扱うデータベースの技術はこれからも確実に必要です。

なかがわ

データベースを扱えるエンジニアの将来性がないわけではありませんので、安心してくださいね。

データベースエンジニアの年収・給与はスキルと経験で変わる

ちか

ちなみに、データベースエンジニアの平均年収ってどれくらいなんでしょうか?

データベースエンジニアの年収は、平均500万円くらいです。

ただ、エンジニアのスキルや経験によって、年収300万円の人もいれば、年収1000万円以上稼いでいる人もいます。

なかがわ

経験を積めば、将来的に高収入が期待できますよ。

とはいえ、かなり幅があるので、その理由を知りたい方は下記記事も参考にしてみてください。

【やっぱり気になる】データベースエンジニアの年収1000万も狙える!給与相場と稼ぐ転職テクニック

【ミドル・シニア世代も安心】データベースエンジニアのキャリアアップ

ちか

データベースエンジニアとして経験を積んだら、将来的にどんなキャリアアップが期待できるのか知りたいです。

なかがわ

働く上で、将来性があるかどうかは大切なポイントですよね。
データベースエンジニアのキャリアップには大きく分けて5種類あります。
データベースエンジニアのキャリアップ
  1. 経験を生かしたプロジェクトマネージャーになる
  2. ITコンサルタントになる
  3. データベースに特化したスペシャリストになる
  4. 会社でマネジメント側になる
  5. フリーランスのデータベースエンジニアになる

データベースエンジニアの経験を生かしてキャリアアップしたい場合は、レバテックキャリア

エンジニアとしてフリーランスになりたいなら、レバテックフリーランスMidworksに登録するのがおすすめです。

なかがわ

データベースエンジニアの将来性やキャリアップについては、下記の記事で詳しく説明しているので、興味があれば読んでみてくださいね。
【将来性なし?】データベースエンジニアの具体的なキャリアパス5つの道を紹介 【失敗しない】データベースエンジニアのフリーランスになる方法!独立するなら最初に登録すべき3つのエージェント

データベースエンジニアへの転職方法!未経験の方・IT業界経験者に分けて解説

ちか

データベースエンジニアへの転職を目指すなら、具体的に何をしたらいいですか?

なかがわ

未経験の方、IT業界経験者に分けて解説していきますね。
データベースエンジニアへの転職方法
  1. 未経験からデータベースエンジニアを目指す方法
  2. IT業界経験者がデータベースエンジニアに転職する方法

1.未経験からデータベースエンジニアを目指すには?

ちか

これから、データベースエンジニアを目指す場合、やっぱり未経験からでは難しいんでしょうか?

なかがわ

そんなことはありませんよ!
ITエンジニアは不足しているので、未経験でも応募できる求人や、転職サポートが充実しているスクールがたくさんあります。

ただ、やはり全く知識や経験がない状態でエンジニアへ転職するのは難しいのが現状です。

確実にITエンジニアに転職できるよう、転職保証を打ち出しているスクールもあるので、

未経験からエンジニア転職したいなら、ぜひ検討してみてください。

あなたが、20代であれば、受講料から転職支援まで全て無料でサポートしてくれるGEEK JOB

30代以上であれば、転職保証制度があって、未経験からのIT業界就職に実績のあるDMM WEBCAMPがおすすめです。

【保存版】データベースエンジニアは未経験からでも確実になれる?勉強方法と最短ルートを解説

2. IT業界経験者がデータベースエンジニアに転職するには?

ちか

ちなみに、IT業界で別の仕事をしていた人がデータベースエンジニアに転職したい場合、どのような方法がありますか?

なかがわ

IT業界経験者なら、IT業界に特化した転職エージェントに登録するのがおすすめです。

転職エージェントにも種類があって、IT業界に特化したエージェントなら、経験やスキルをしっかり理解した上で、自分に合った求人を紹介してもらえます。

自分の持っているスキルを生かしてキャリアアップしたい場合は、レバテックキャリア

業界経験が浅いけれどIT業界で働きたい場合は、マイナビエージェントITに登録して、転職活動を進めるのがおすすめです。

データベースエンジニアへの転職成功のポイントは【複数エージェントへの登録】

ちか

なぜ、複数の転職エージェントに登録した方がよいのですか?
1社だけでもいい気がします…

なかがわ

確かに、たくさん登録するのはちょっと手間がかかりますよね。
ですが、複数エージェントに登録するメリットは大きいですよ。
複数エージェントに登録すべき理由
  1. エージェントによって持っている情報が違う
  2. 効率的に多くの情報を得られて時短になる
  3. 同時進行で多くの会社にエントリーできる

1. エージェントによって持っている情報が違う

1つ目は、転職エージェントによって、持っている会社の情報が違うからです。

IT業界に特化した転職エージェントはたくさんあります。

その中でも特に強い分野があるエージェント、非公開の求人を持っているエージェントなど、持っている会社の数も違います。

なかがわ

転職は情報戦ともいわれるくらいなので、複数登録してたくさんの情報を手に入れるのが、エンジニア転職成功の近道です。

2. 効率的に多くの情報を得られて時短になる

2つ目は、複数のエージェントに登録することで、効率的にたくさんの情報を得られるからです。

転職はタイミングが大切です。

1つのエージェントしか登録しなかった場合、そのエージェントが紹介してくれる会社が自分の思っているものと違ったり、担当者と合わなかったりした場合、

また他のエージェントに登録し直すことになって、時間が2倍以上かかってしまいます。

なかがわ

その時間を考えると、先に複数登録しておいて、いろいろな情報を比べられる方が効率的ですよね。

3. 同時進行で多くの会社にエントリーできる

3つ目は、複数のエージェントに登録すると、同時進行でたくさんの会社にエントリーできるからです。

1つしかエージェントに登録しない場合、エントリーできる数も限られてしまいます。

また、そのエージェントが持っている会社が自分のニーズに合っているかもわかりません。

なかがわ

たくさんの選択肢を確保して同時進行で進めでいくのが、データベースエンジニアへの転職成功のポイントです。

手厚いサポートが魅力!データベースエンジニアへの転職を目指す人におすすめのエージェントを紹介

前章では、複数の転職エージェントに登録すべき理由を解説しました。

なかがわ

データベースエンジニアに関わらず、IT業界での転職では、ほとんどの人が3つ以上の転職エージェントに登録しています。

ちか

では、具体的にどの転職エージェントを利用したらよいのでしょうか?

転職エージェントは、現在のスキルや経験を考慮して選ぶことが大切です。

例えば、これからITエンジニアとして働きたい場合、まったくの未経験であれば、転職保証のあるスクールに通うのが転職への近道だといえます。

20代であればGEEK JOB、30代以上であれば、DMM WEBCAMPが転職のサポートをしっかりしてもらえるスクールとして有名です。

どちらのスクールも、無料で見学相談できるので、気になった方は問い合わせてみてください。

また、すでにIT業界で働いている方の場合は、レバテックキャリアマイナビエージェントITに登録して、転職活動を進める人が多いです。

【本音が知りたい】レバテックキャリアの評判は?実際の口コミ・おすすめポイントを徹底分析! 【決定版】マイナビエージェントITの評判とは?実際の口コミや登録方法・他社との違いを徹底リサーチ!

まとめ:データベースエンジニアからのキャリアアップも視野に入れて転職するのがおすすめ

今回は、確実にデータベースエンジニアに転職する方法をご紹介しました。

全くの未経験からすぐにエンジニアへ転職することは、正直簡単ではありません。

しかし、スクールで基礎から学ぶことで、誰でもデータベースエンジニアになれる可能性があります。

また、データベースエンジニアだけでなく、データベースの知識を持ったエンジニアの需要も高まっているので、データベースエンジニアは将来性も高い職業です。

なかがわ

エンジニアとしての将来的なキャリアアップも考えつつ、転職活動を進めてみてください。
【本音が知りたい】レバテックキャリアの評判は?実際の口コミ・おすすめポイントを徹底分析! 【決定版】マイナビエージェントITの評判とは?実際の口コミや登録方法・他社との違いを徹底リサーチ!