【短期離職の悩み】未経験でプログラマーになったけど辞めたい!失敗を最小限に抑える3つのポイント

この記事はこんな人におすすめ
  1. プログラマーを辞めたい人
  2. 短期離職だと転職にどのような影響があるのか心配
  3. 経験が浅いプログラマーにおすすめの転職先

仕事を辞めたいんだけれど、

「短期離職って転職に影響あるの?」

「スキルに自信がなくて転職が不安…」

「次はどこで働けばいい??」

などと悩んでいませんか?

“ちか”

スキルが身に着いていないから自信がないんですけど…条件がいい所に転職したいです。

“なかがわ”

人材不足を背景に、企業は採用コストや教育コストをかけてでも人材確保をしたいもの。若いうちは需要があるので、転職は早い方がいいでしょう。

1年以内に早期離職をしている未経験プログラマーは約4割といわれています。

実は、転職の壁は思っている以上に低く、募集をかけているのに長期的に応募がなく困っている企業は意外と多いもの。

なかがわ

多少の要件を満たしていなくても、良さそうな候補者なら採用してくれる事はあるんですよ。

この記事では、転職の失敗を最小限に抑える方法についてお伝えしていきます。

この記事を読めば、スキルに自信がなくても妥協せず後悔しない転職が叶いますよ!

 

この記事に書いている転職エージェントはすべて無料で利用できるので、マイナビエージェントITレバテックキャリアに相談してみましょう。

また、本気で転職したいなら複数のエージェントを活用することをおすすめします。

というのも、

転職活動をしている人は、平均2.1社の転職エージェントを利用している。

さらに、転職に成功した人は、平均4.2社の転職エージェントに登録していた。

ということが、リクナビの調査で判明したからです。

早く、今の状況から抜け出すためにも、最低3社、余裕があれば4社以上利用すると確実です。

いますぐ仕事の環境を変えたいなら…
無料で利用できる転職エージェント
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 高待遇・高収入の案件が多い
    TechClipsエージェント
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone

未経験プログラマーはきつい?辞めたいと感じる2つの理由

一般的にプログラマーがきついと言われる理由に、

  • 残業が多い
  • 給料が見合わない
  • 新しい技術の取得がついていけない

などがあげられます。

更に未経験でプログラマーになったのならば、土台がないため余計にきついと感じてしまうのは当然。

実はこれ、あなたに能力がないのではありません。

未経験プログラマーが辞めたいと感じる理由
  1. 教育体制が整っていない
  2. 未経験プログラマーでは難し過ぎてつらい

なかがわ

選んだ企業が悪かったり、プログラミング経験の有無でスタートラインは変わってくるものです。

未経験でプログラマーになったけれど教育体制が整っていない

プログラマーとしてちゃんと成長したいのであれば、教育体制が整っている会社に転職すべき。

今の会社は、

  • 初歩的なことから丁寧に教えてもらえる環境の会社ですか?
  • 質問はしやすい雰囲気ですか?

なかがわ

大手企業で教育体制が整っている会社であればしっかりと順を追って教わることができますが、人材が足らない企業はすぐに実務を行うケースも多いです。

研修が外れな会社に勤めてしまうと「全然仕事についていけない」ということになってしまいます。

未経験プログラマーでは難し過ぎてつらい

ちか

そもそも未経験でプログラマーは難し過ぎだと思います。

プログラマーとしてやっていける人って、本当にプログラミングが好きなんです。

そういう人は子供の頃から趣味でがっつりプログラミングをやっています。

例えるなら、野球未経験者がプロ野球選手の中でプレーしているようなもの

なかがわ

プログラミングができるできないは、経験があるかどうかであり「頭が良いか悪いか」はあまり関係ありません。

ちか

周りがスーパーマンに見えてしまい、「自分の能力が低すぎるのだ」と自分を責め苦しくなってしまうのはもったいないです。

周りと差が開き、会社で居場所がないと感じるのならば、自分のスキルを生かせる場所へ環境を変えましょう。

会社選びはギャンブルのようなもの。

ブラック企業ばかりを渡り歩いているような人はたくさんいます。

転職エージェントなら、事前に企業の情報などを教えてくれるので失敗を最小限に抑えることが可能です。

 

IT・Web業界で納得のいく転職をしたいなら、最低でも、

マイナビエージェントIT」・「レバテックキャリア」には登録しておきましょう

さらに、自分の強みや探している職種に合わせて、

ゲーム業界に強い「Geekly」・製造系に強い「メイテックネクストなども合わせて利用するのがおすすめです。

プログラマーを3ヶ月で辞めたい!決断は早い方が吉

入社後にブラック企業だと分かり「3ヶ月くらいしか経っていないけれど辞めたい!」なんて考えていませんか?

辞めたのはいいけれど、悩みますよね。

  • 次の転職に影響が出ないか?
  • 面接ではどんな理由を言ったらいいのか?

しかしそれなりの企業なら、どのような会社がブラック企業であるかは察しがついているもの。

苦労してきたことに価値を見出す企業もあります。

なかがわ

ブラック企業は全体の2~3割程度だといわれているんです。

ちか

そういう企業って大抵下請けですよね。キャリアパスも望めないでしょう。

ブラック企業でそのまま1年以上働き、スキルが付かないままに転職活動をすると

「いったい働いていた期間何をしていたんだ!」

という評価を受けてしまうことにもなり兼ねません

次の「転職すべき基準」に当てはまるのなら、職場に見切りを付けるのは早い方がいいでしょう。

転職すべき基準
  1. 仕事内容にやりがいを感じない
  2. 職場の環境を自分の力だけで変えることができない
  3. 給料が安くて伸びしろがない
  4. 上司からのパワハラや人間関係の悪化
  5. 孤立してしまう

ちか

でも「仕事のきついプログラマー」から脱却したとしても、次に選んだ企業がまたブラック企業だったら…

なかがわ

転職先の選び方に充分な注意が必要です。安全な転職を考えているなら転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントに登録をすると、事前に会社の環境仕事内容などの情報提供をしてもらえます。

転職を成功させたいなら、

マイナビエージェントITレバテックキャリアのような、IT業界に精通の転職に特化した大手の転職エージェントに登録し、自分のキャリアプランに合った求人を担当者から提案してもらう方が、転職成功確率は格段に上がります。
高待遇・高収入の案件が多いTechClipsエージェントにも登録しておきましょう。
いますぐ仕事の環境を変えたいなら…
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 高待遇・高収入の案件が多い
    TechClipsエージェント
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone

短期離職は「傷」になる?今後のキャリアに与える影響は?

ちか

前職が短いと、選考で落とされてしまうのでは?と心配です。

1年以内で早期離職する未経験プログラマーは約4割と冒頭でもお伝えしました。

しかし、今はどこも人手不足。

「前職が合わなかったと」いう理由で、試用期間中に退職した若者であっても採用されます。

まだ若くて将来性のある若者に限っては、度や二度の短期離職であっても、退職理由をしっかりと伝えられれば問題ありません。

なかがわ

失敗は勲章になります。「次に失敗しないように考えて行動するための経験ができた」のだと前向きな気持ちで捉えましょう。

人事は転職希望者の未来を見て採用を考えています。

大企業の役員でも、実は転職経験者が結構いるものです。

未経験でプログラマーになったけれど辞めたい!今後のキャリア4選

未経験プログラマーにおすすめのキャリアは、4つあります。

未経験プログラマーからのおすすめキャリア
  1. 新たな企業で『プログラマー』で再出発
  2. ライフワークバランスをとりやすい『社内SE』
  3. プログラムを書かないプログラミング関連の仕事『IT営業』
  4. 上流工程を行う『システムエンジニア』

IT人材の不足、市場価値上昇といった時代背景もあり、最近は多少の知識や経験だけでキャリアアップも考えられるでしょう。

なかがわ

多少のプログラミングの経験でも高評価はじゅうぶんに受けることができますよ。

しかし、即戦力が求められる業界への就職はほぼ失敗します。

キャリアアップが可能な業界を選ぶ必要があるのです。

なかがわ

今回はおすすめの業種に4つをご説明します。

それでもプログラマーに携わりたい

ちか

「これからもプログラマーに携わりたい!」と思うならば、転職先は確実にホワイトだと分かっている企業を選びたいですよね。

プログラマーの離職率が高い理由に「ブラック企業にあたってしまったこと」が背景にあります。

しかし、プログラマーには繁忙期というものが存在するのです。

ブラック企業と言われる企業以外は、基本的に忙しい時期に波があり繁忙期以外は定時で帰る事ができます。

転職先はブラックではないか?見極める必要があるでしょう。

なかがわ

志望動機に納得できる転職理由を示すことが大切になります。

社内SE

なかがわ

ワークライフバランスを実現したいという人に「社内SE」は人気職種ですよ。

人気の理由の一つに、通常のSEより時間的にも精神的にも余裕を持てることがあげられます。

  • 月100時間を超えるような残業が慢性的に続く
  • 休日・夜中にも会社に呼び出される
  • 眠れなくなるなどの激務で悩んでいる

このような人には、社内SEという選択肢がおすすめです。

社内SEの仕事は、会社のITの面倒をみることが基本。

マネジメントの仕事から解放され、簡単なPCの知識でも感謝されることもあるでしょう。

ちか

ITの世界は開発しかないと思っていたから、こんな仕事があったことが驚きです。

なかがわ

社内SEといっても業務内容は幅広いので、どんな仕事をしたいのかを明確にしてから応募先を決めましょう。

IT営業

IT営業の仕事は、企業のもとに出向き商品の説明をし契約に結びつけること。

顧客の要望やニーズを開発職へ伝える役割もします。

なかがわ

つまり、プログラミング経験者というのは、とても重宝されるということです。

例えば、故障したコピー機についてクライアントに、

「これはもう買い換えた方が良いです。理由は〜」

説明することができる人だと、高い確率で買い換えの契約がもらえると思いませんか?

通常のIT営業マンは知識が乏しいので、少しの知識を得るだけで圧倒的にデキるIT営業だと思われる効果があるといえるのです。

ちか

プログラマーと違い、納期がないので自由な働き方での募集を多く見受けられますよ。

SE(システムエンジニア)

SEの主な仕事は、クライアントからのヒアリングやシステムの設計を行うこと。

ちなみに、プログラマーはSEが考えた設計に基づいてプログラムを書いていきますよね。

  • プログラマーの平均年齢は31.9歳で平均年収は419万円
  • SEは平均年齢は36.4歳で年収は538万円

ちか

この年収の差からしても、SEは魅力的な職種といえるんでしょうね。

SEになるためには、システムの根幹を担う「プログラミング」の知識は必須です。

なかがわ

もし、プログラミングに自信がないのであれば、プログラミングスクールで自信をつけることが大切。
  • 転職保証プログラミングスクールDMM WEBCAMP
  • 完全無料でプログラミングが学べるGEEK JOB

まずはチェックしてみるといいでしょう。

未経験プログラマーから転職で失敗を最小限に抑える3つのポイント

転職で失敗を最小限に抑える3つのポイント
  1. 転職エージェントに相談
  2. 在職中に次の転職先を決める
  3. 転職によるメリットデメリットを理解しておく

なかがわ

転職で成功するためには、会社の実態にギャップを感じる「ミスマッチ転職」を回避することが重要なんです。
  • 就業条件(給料や待遇)を事前に確認する
  • 人間関係や社風を口コミサイトなどでチェックする

などといった情報収集を怠らないこと。

  • 内定時と条件が違う
  • 思っていた仕事と違った
  • 面接時に自分の希望をうまく伝えられなかった

なんてことになると大変ですよね。

それを回避するに、成功のコツをしっかりと把握しておきましょう。

転職エージェントに相談

早期退職者は自分の企業選択を誤った結果がほとんどです。

「自分に合った仕事・企業」を見つけたいなら、転職エージェントのような転職のプロの助言が成功のカギとなるでしょう。

ちか

そうはいっても早期退職していると自信が持てません。

なかがわ

大丈夫!面接官は即戦力ではない場合、ポテンシャル(成長性)や企業との相性を中心に見ているのです。

転職エージェントは「企業が求める人材」を把握しています。

転職エージェントを活用した場合の書類審査通過率平均は70%に対し、活用しなかった場合の平均は10-30%といわれメリットは非常に大きいといえるでしょう。

ちか

転職エージェントに登録するのってメリットしかないですね!
転職エージェントのメリット
  1. 非公開求人を紹介してもらえる
  2. 給料や福利厚生など条件交渉をしてくれる
  3. 業界の裏事情を教えてもらえる
  4. あなたのことを企業にアピールしてくれる
  5. 転職に必要な煩わしい作業を代行してくれる
  6. 書類審査や面接の通過率が高くなる
  7. あなたに最適な求人を提供してもらえる
  8. キャリアに自信がない人も転職を成功させられる

中途採用で自分の希望に合う案件を求人と出会うためには、出ているタイミングを逃さずお世話してくれる存在が必要不可欠。

企業に関する情報提供もくれるので、効率的に転職活動を進められるでしょう。

いますぐ退職を考えているなら…
無料で利用できる転職エージェント
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 高待遇・高収入の案件が多い
    TechClipsエージェント
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone

在職中に次の転職先を決める

退職してから転職活動をした方が、落ち着いてできるように感じるかもしれませんが実は違います。

  • 離職期間が3ヶ月を過ぎてしまうと転職が不利になってしまう
  • 転職活動が長引くとモチベーションを保つのが難しくなり焦りを感じる
  • 収入が減っていくと不安も募っていくもの

こういった理由が背景にあるのです。

転職活動が素早く終える人は、転職に成功しやすい人が多いといえるでしょう。

素早く終えられるということは、転職活動に必要な

  • 自己分析
  • 企業の情報収集
  • 履歴書・職務経歴書などの書類作成

といった転職計画をしっかりと立てている証拠です。

ちか

そうはいっても「在職中に次の転職先を決めるなんて難しい」という人は多いものですよ。

そういう人は、転職エージェントに転職の手助けをしてもらうといいでしょう。

転職によるメリットデメリットを理解しておく

転職にはメリットとデメリットの両方があり、人それぞれ捉え方は様々です。

転職が自分にとって何をもたらすのかを考えてみましょう。

転職のメリット

転職のメリット
  • キャリアの向上
  • 待遇面の向上
  • 評価や環境のリセット
  • 自分に合った環境で働ける

なかがわ

転職のメリットを最大限得るためには、転職によって改善したい点を明確にしておくといいでしょう。

あなたに本当に合う就職先を見つけ、納得のいく転職を実現するためにそういった自己分析は欠かせないのです。

転職エージェントを活用すると、以下のように転職のメリットを最大限得ることができます。

  • 企業の間に入ってくれる
  • 待遇面の交渉
  • 求人情報の提供
  • 面接から内定までの調整をしてくれる

ちか

せっかく転職活動を行うからには、しっかりと転職のメリットを享受しましょう。

転職のデメリット

転職のデメリット
  • 退職金が少なくなる
  • 新しい環境に慣れる時間が必要
  • 未経験業種だと給料が減少
  • 転職回数が多いと社会的信用を失う

メリットだけを見て転職を決めると、意外なデメリットが発生してしまうこともあります。

なかがわ

一般的にどんなデメリットが予想されるか予め把握しておくことも大切です。

まとめ:プログラマーを辞めたいなら「業界を熟知している転職エージェント」への相談が吉

まとめ
  1. プログラミングは1年で出きない人はキッパリとプログラマーを諦めるべき
  2. ブラック企業だった場合、別の企業へ転職をすべき

本気で転職を考えているのであれば、IT業界特化の転職エージェントを利用すべきです。

可能性を信じて3年~5年続け結局辞めるよりも、見切りは早い方がいい。

  • プログラミングを勉強した経験
  • 仕事で得た知識

これらは決して無駄にはなりません。

結局、行動した人だけが人生を変えていきます。

まずは、登録をするということが行動の第一歩となるでしょう

なかがわ

複数エージェントを利用して多くの求人から選べるようにすると効率がいいですよ。

ちか

早速複数を登録していきたいと思います。

この記事で紹介している転職エージェントは、すべて無料で利用できますからご安心下さい。

優良企業の求人を数多く保有しており、高い評判を得ているマイナビエージェントITレバテックキャリアTechClipsエージェントに最低でも登録をしておきましょう。
いますぐ仕事の環境を変えたいなら…
無料で利用できる転職エージェント
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 高待遇・高収入の案件が多い
    TechClipsエージェント
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone