【完全保存版】AIエンジニアの資格は必要?役立つ6つの資格を徹底分析

この記事でお伝えすること
  1. AIエンジニアに資格は必要か
  2. AIエンジニア転職に向けた資格取得の5つのメリット
  3. AIエンジニアのスキル取得に役立つ6つの資格
  4. AIエンジニアになるために必要な6つのスキル
  5. AIエンジニアに求められるスキルや資格の勉強法3選

AI技術の発達が目まぐるしく、注目が集まっているAIエンジニア。

転職を考えている人も多いのではないでしょうか。

そんななか、

「AIエンジニアになるために必要な資格はある?」

「どうやって資格やスキルを身につければいいの??」

…と悩んでいませんか?

“ちか”

AIエンジニアになるための資格があれば知りたいです。

“なかがわ”

どんな資格やスキルがあるのか気になりますよね。

 

この記事では、

AIエンジニアの資格とスキルについてお伝えしていきます。

この記事を読めば、AIエンジニアの資格やスキルがわかり、学習のための行動を始められるようになりますよ!

AIエンジニアに少しでも興味のある人はぜひ読み進めてくださいね。

 

AIエンジニアになるために必須の資格はないが、スキルが必要

ちか

AIエンジニアになるために必須の資格はありますか?

なかがわ

必須の資格があるのか、気になりますよね。

結論から先にお伝えすると、AIエンジニアになるために絶対必要な資格はありません

ちか

資格がなくてもなれるんですね!

ただ、最低限身につけておくべき知識やスキルはあります。

AIエンジニアになるために必要な知識・スキル
  1. 1.pythonなどAI言語のプログラミング技術
  2. 2.機械学習フレームワークとディープラーニングの知識
  3. 3.数学的な知識
  4. 4.ビッグデータ分析・統計解析知識
  5. 5.データベースの運用知識
  6. 6.ビジネス・コンサルスキル

ちか

たくさんあるんですね!それぞれ、難しそうですが…。

なかがわ

そうですね。

資格は必須ではありませんが、これらのスキルの勉強を効率よく行うために資格を活用するといいですよ。

先に上記のスキルについて詳しく知りたい人はこちらから読み飛ばせます。

AIエンジニア転職に向けた資格取得の5つのメリット

AIエンジニアに必須の資格はありませんが、資格取得にはメリットがたくさんあります。

ちか

どんなメリットがあるんでしょうか。
AIエンジニア転職に向けた資格取得の5つのメリット
  1. AIスキル・知識の向上ができる
  2. 日々の学習のモチベーションになる
  3. 自分に必要なAIスキルが明確になる
  4. AIスキルの証明ができる
  5. AI関連のコミュニティに入れる

なかがわ

それぞれ説明していきますね。

1.AIスキル・知識の向上ができる

資格取得の勉強を通して、スキル・知識を向上させることができます。

AIエンジニアの勉強は幅広く、最初は何から勉強していいかわからない人も。

 

しかし、AIエンジニアに役立つ資格を知ることで、どんなプロセスでスキル・知識の勉強をすればいいかがわかります

資格の勉強を通して、AIエンジニアとしてのスキル・知識向上を目指しましょう

なかがわ

AIエンジニアは確実なスキル・知識を身につけていることが大切です。資格取得によって、おさえておくべきことを着実に自分のものにしましょう。

2.日々の学習のモチベーションになる

AIの分野は情報の進みが早く、AIエンジニアは常に最新のAI技術・情報にアンテナを張り、必要なことを学習をし続ける姿勢でいなければなりません。

 

しかし、AIのための勉強は広く深いものなので、なんの目標点もなく手当たり次第に学ぼうとすると、モチベーションが保てず力尽きてしまいます

資格取得という目標を立てることで、モチベーションを維持しながら学習を続けることができます

なかがわ

資格取得が目的なのではなく、スキル向上の通過点として資格取得という目標を立てることで、モチベーション維持に繋がりますよ。

3.自分に必要なAIスキルが明確になる

ある程度、勉強を進めているAIエンジニアが、資格取得を通して自分に足りなかったAIスキルを発見できるというメリットもあります。

資格は体系的に情報がまとめられているので、学習によって自分のAIスキルの穴を埋めることができます。

この資格取得にはこんな知識も必要、ということがわかると、その足りなかった知識を学習し、さらに実務に生かしていくことができるでしょう。

体系的に情報がまとめられ、自分のスキル・知識を確認することのできる資格を活用することで、自分に足りなかったものを見つけられます

なかがわ

自分のスキル・知識の確認や補填の意味で資格取得を活用するといいですね。

4.AIスキルの証明ができる

AIエンジニアは実務経験や実績が何よりのスキルの証明になりますが、資格によってもその取得に必要なだけのスキル・技術を身につけていることの証明になります

資格取得によって、きちんと体系的な知識をもち、理論立てて他人にわかりやすく説明する力も身につけておきたいものです。

 

さらに、資格取得はスキル証明とあわせて、学習意欲の証明になります

転職活動においては、取得した資格によっては選考で優遇してくれる企業もあるので、プラスαの意味で受験しておくといいでしょう。

なかがわ

ただし、スキル証明においては実績がいちばんです。資格取得か実務経験かなら、実務経験を優先しましょう。

5.AI関連のコミュニティに入れる

資格取得によって、AI関連のコミュニティに入ることができ同じ志を持つ仲間できることもあります。

例えば、日本ディープラーニング協会は合格者限定のコミュニティ「CDLE」(シードル)を運営しています。

「CDLE」ではメンバー限定のハッカソンを催行するなど、のちのスキルアップのためのイベントを行っているので、資格を取得して活用するといいでしょう。

なかがわ

資格取得を通してコミュニティに所属し、情報交換や作業会ができる仲間ができるといいですね。

AIエンジニアのスキル取得に役立つ6つの資格

ちか

AIエンジニアの資格にはどんなものがあるのか知りたいです。
AIエンジニアのスキル取得に役立つ6つの資格
  1. G検定(ジェネラリスト検定)
  2. E資格(エンジニア検定)
  3. Pythonエンジニア認定データ分析試験
  4. 画像処理エンジニア検定
  5. 統計検定
  6. ITパスポート

このなかでも、AIエンジニア向けに特化しているのは、一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)のG検定・E資格のみです。

そのほかの資格も、AIエンジニアならおさえておきたいスキル・知識が身につけられる内容なので、あわせて見ていきましょう。

1.G検定

G検定は、AIについての全般的な知識を持つ人材(=ジェネラリスト)を育てるための資格試験です。

機械学習エンジニア、データサイエンティスト共通して取得するとよい資格であり、AIエンジニアならおさえておきたい知識を身につけられます。

オンライン受験型で、自宅にいながら試験を受けられることが特徴です。

G検定はこんな人におすすめ
  • 機械学習エンジニア・データサイエンティスト
  • AI(人工知能)の全般的な知識を身に付けたい
  • 未経験からAIに関する分野に転職・就職したい

なかがわ

比較的合格者率が高く、挑戦しやすい資格でしょう。
主催一般社団法人 日本ディープラーニング協会(JDLA)
実施時期年3回。3月/7月/11月。申込は実施月の前月1ヶ月間。
料金

一般 12,000円+税
学生 5,000円+税
※消費税増税に伴い受験料は10月1日より改定

合格率

第1回 56.8%(2017/12/16)
第2回 57.1%(2018/6/16)
第3回 64.9%(2018/11/24)
第4回 72.8%(2019/3/9)
第5回 71.4%(2019/7/6)

公式HPhttps://www.jdla.org/

2.E資格

E資格は、AIのシステムを構築できる人材(=エンジニア)に特化して能力を育てるための検定試験です。

こちらは受験資格として、一般社団法人日本ディープラーニング協会認定のプログラムへの参加・修了から2年以内であることが必須です。

ちか

ディープラーニング協会認定のプログラムってなんですか?

ディープラーニング協会が、「ディープラーニングの理論を理解し、実装する能力を持つ人材を育成する講座」と認定した外部の講座のことです。

なかがわ

Aidemy Plemium Plan」の合格保証つきE資格対策コースなども認定講座です。ディープラーニング認定プログラムについて、詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

AIシステムを構築する機械学習エンジニアなら受験するとよい検定であり、実際にAIを構築して実装能力を認定する試験です。

こちらはG資格と異なり、希望する会場でオフラインでの受験になります。

E
E
E検定はこんな人におすすめ
  • 機械学習エンジニア・データサイエンティスト
  • 深層学習の理論と実装の力を身につけたい
  • 未経験からAIに関する分野に転職・就職したい

なかがわ

受験資格がある分、ハードルは高めですね。認定プログラムにかかる費用などとあわせて考え、受験を決めましょう。
主催一般社団法人 日本ディープラーニング協会(JDLA)
実施時期年2回。2月/8月。
料金

一般 30,000円+税
学生 20,000円+税
JDLA正会員・賛助会員 25,000円+税

合格率

第一回 69.4%(2018/9/29)
第二回 63.31%(2019/2/13)
第三回 67.6%(2019/8/31)

公式HPhttps://www.jdla.org/

3.Pythonエンジニア認定データ分析試験

Pythonエンジニア認定データ分析試験は、Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法の習得状況をはかる試験です。

現在策定中の新しい試験で、2019年8月にβ版が実施されたばかりで、本試験の実施は現在(2019/10/24)の時点では発表されていません

試験形式はCBT(Computer Based Testing)という形式で、試験会場でコンピュータの画面に問題が表示され、クリックして回答して受験します。

Pythonエンジニア認定データ分析試験はこんな人におすすめ
  • Pythonエンジニア
  • Pythonを使ったデータ分析の基礎をおさえたい

なかがわ

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会の実施する資格試験は、「データ分析試験」のほかに「基礎試験」もあります。

通年受験可能で、Pythonの基礎知識をはかる試験なので、気になる方は見てみましょう。

主催一般社団法人 Pythonエンジニア育成推進協会
実施時期未定(β版を2019/8/27~9/30に実施済み)
料金

一般 10,000円+税
学割 5,000円+税

合格率未公開(β版では約8割)
公式HPhttps://www.pythonic-exam.com

4.画像処理エンジニア検定

画像処理エンジニア検定は、「画像処理分野」の開発・設計に必要な知識の習得を評価する検定です。

ちか

画像処理ってどういうものでしょうか?

なかがわ

画像処理技術が用いられているものは身近にたくさんありますよ。

 

たとえば「人の顔を認識してピントを合わせる機能」「360°の視点から見られる画像」「QRコードの読み取り」などがそうですね。

画像処理エンジニア検定にも、二つの種類があります。

画像処理エンジニア検定の種類
  1. 画像処理エンジニア検定 ベーシック
    画像処理の技術に関する基礎的な理解と、知識をプログラミングなどに応用する能力をはかる検定
  2. 画像処理エンジニア検定 エキスパート
    画像処理の技術に関する専門的な理解と、ソフトウェアやハードウェア、システムの開発に知識を応用する能力をはかる検定

自分に合った検定を選んで受験しましょう。

画像処理エンジニア検定はこんな人におすすめ
  • 画像処理に関わるエンジニア、プログラマー、開発・研究者
  • 画像処理分野の開発・設計について知識を身につけたい

なかがわ

AIエンジニアに必ずしも直結する訳ではありませんが、AIの画像処理の分野について知識を身につけるなら受験するといいでしょう。
主催公益財団法人 画像情報教育振興協会
実施時期年2回。7月/11月。申し込み時期は公式HP参照。
料金

ベーシック 5,500円
エキスパート 6,600円  

合格率

ベーシック 2018年度前期 63.9%
エキスパート 2018年度前期 31.8%

公式HPhttps://www.cgarts.or.jp/kentei/

5.統計検定

統計検定は、統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験です。

データに基づいて客観的に判断し、科学的に問題を解決する能力をはかります。

統計検定の種類
  1. 統計検定 1級
  2. 統計検定 準1級
  3. 統計検定 2級
  4. 統計検定 3級
  5. 統計検定 4級
  6. 統計検定 統計調査士
  7. 統計検定 専門統計調査士
  8. 統計検定 データサイエンス基礎(CBT)
  9. 統計検定 データサイエンス発展及び応用(CBT)

AIエンジニアに必要なスキルの一つに、統計の知識があります

統計検定は、統計知識を身につける・確認するのにぴったりの検定でしょう。

AIエンジニアに必要なスキルが気になる方はこちらから先に読めますよ。

メリット、こんな人におすすめ箇条書き
  • AIエンジニアとして必要な統計の知識を身につけたい
  • 統計についての基礎〜専門的な知識を体系的に学びたい

なかがわ

統計検定の中で種類がたくさんあるので、自分にあったものを選ぶといいですね。AIエンジニアを目指すなら、まずは2級を目標にしてみましょう。
主催一般財団法人 統計質保証推進協会
実施時期年3回。5月/6月/11月。(種類によって実施月が異なる)
料金

3,000〜10,000円。データサイエンス検定は未定。
種類により異なる。

合格率種類により異なる
公式HPhttp://www.toukei-kentei.jp

6.ITパスポート

ITパスポートは、ITに関わるすべての人が備えるべきITの基礎的な知識が身についていることを証明する国家資格です。

大学生のときに取得する機会があった方も多いでしょう。

ITパスポートはこんな人におすすめ
  • ITについての基礎的な知識を身につけたい
  • IT知識を体系的に学びたい

なかがわ

ITパスポートは認知度が高い資格ですが、AIエンジニアに直結するわけではなく、広いITの基礎知識を身につけるものです。

もしITについての基礎知識に不安や苦手意識があるのであれば、受験を考えてもいいでしょう。

主催情報処理推進機構(IPA)
実施時期通年実施
料金5,700円(消費税込み)
合格率平均50%前後
公式HPhttps://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

AIエンジニアになるために必要な6つのスキル

ここからは、AIエンジニアになるために必要なスキルを見ていきましょう。

AIエンジニアになるために必要な6つのスキル
  1. PythonなどAI言語のプログラミング技術
  2. 機械学習とディープラーニングの知識
  3. 数学的な知識
  4. ビッグデータ解析・統計分析知識
  5. データベースの運用知識
  6. ビジネス・コンサルスキル

また、こちらの記事ではAIエンジニアに必要なスキルをさらに詳しく紹介しているので、気になる方は読んでみてください。

【これだけ見れば完璧】AIエンジニアに必要なスキルとは?6つのスキルをわかりやすく解説

‪1.PythonなどAI言語のプログラミング技術

AIエンジニアと聞いて、まず思いつくスキルはプログラミング技術ではないでしょうか。

ちか

プログラミングのAI言語は、Pythonなら聞いたことがあります。ほかにどんな言語があるんですか?
AIエンジニアが使うAI言語
  1. Python
  2. R
  3. Julia
  4. JavaScript
  5. C++
  6. Java
  7. Haskell
  8. Matlab

ちか

AI言語って、こんなにたくさんあるんですね!

なかがわ

そうなんです。ただ、オススメ言語No.1は、やはりなんと言ってもPython(パイソン)ですね!

 

Pythonは現在の機械学習の分野で最もシェアを獲得している言語です。「機械学習をするならPython!」と言っても過言ではありません。

Pythonについて一から学んで仕事にするスキルを身につけるなら、「Aidemy Plemium Plan」などのプログラミングスクールを活用するのがおすすめですよ!

2.機械学習とディープラーニングの知識

次に「機械学習」と「ディープラーニング(深層学習)」についてお伝えします。

ちか

「機械学習」って何ですか?

なかがわ

「機械学習」は、人間が持つ学習能力と同じく、与えられた情報や経験を元に学習し、法則を見つけて未来予測や意思決定をできるようにするプログラムのことです。

 

このプログラムを使うことで、集めた大量の情報から規則性を見つけたり、それによってこれまで人が行っていた仕事を機械にさせることができるようになるんです。

ちか

なるほど!

 

じゃあ、「ディープラーニング」は何でしょうか?「深層学習」とも呼んだりするみたいですが…。

なかがわ

「ディープラーニング(深層学習)」は機械学習の手法の一つで、より高度な認識・認知が可能な学習機能です。

機械学習は学習させるビッグデータを人があらかじめ定義しておく必要がありますが、ディープラーニング(深層学習)はどのデータから学習するかも機械自身が判断して動作するという違いがあります。

3.数学的な知識

文系なら苦手意識を持ちやすいのが、「数学的知識」です。

ちか

私も数学は大の苦手で…。

なかがわ

数学と聞くと、拒否反応を示す人もいますが、実際に数学の難しい数式を計算するわけではありません

数学的な考え方を身につければ大丈夫です。

ちか

そうなんですか!

AIスキルとしての数学的な知識は、統計を理解するために必要な基礎的な内容です。

理系の大学受験レベルの数学知識を身につけておくといいでしょう。

4.ビッグデータ解析・統計分析知識

次はAIに学ばせる情報の分析や解析の知識についてです。

ちか

データや統計も数字が出てきて難しそう…。

そもそもビッグデータって普通のデータと何が違うんですか?

なかがわ

ビッグデータは、従来のデータベースでは記録や管理、解析が難しいデータ群のことです。

 

単純に量が膨大というだけでなく、その形式や発生頻度もバラバラな様々なデータの集まりなんです。

ちか

なるほど!

 

ちなみに、統計とは何ですか?

なかがわ

統計は、集団の傾向や特性を数量的に明らかにすること、またはその数値のことです。

 

AIエンジニアになるには、ビッグデータという様々な性質を持つデータ群を解析したり、統計で明らかになっている情報を分析するスキルが必要ですね。

5.データベースの運用知識

分析、解析して見出した情報を運用していくスキルについてお伝えします。

ちか

「データベース」が何かわかりません…。

なかがわ

「データベース」は、ある特定の条件に当てはまる「データ」を複数まとめて、あとで使いやすい形に整理した情報のかたまりのことです。

 

AIエンジニアに必要なのは、ビッグデータや統計から必要な情報をデータベースとして抽出し、AIのシステムに学習させる運用のスキルです。

6.ビジネス・コンサルスキル

最後に、AIエンジニアに必要なビジネス・コンサルスキルについてご紹介します。

ちか

ビジネススキルならまだわかりますが、どうしてAIエンジニアにコンサルスキルが必要なんですか?

なかがわ

AIエンジニアの仕事は、ビジネス上の課題をAIのシステムを用いて解決することです。

 

つまり、ビジネス上の課題に対して、AIのシステムについて熟知したAIエンジニアが、どんなふうにAIを用いることで解決ができるのかをコンサルティングできるようになる必要があるんです。

ちか

なるほど!

どんなに優れたAIシステムがあっても、どんな課題にどう生かせるのかを理解して説明できないと使えないですもんね!

実際に、AIエンジニアの求人は「AIシステム開発」のほか「AIコンサル」も多くあります

具体的な求人内容が気になる方は「マイナビエージェントIT」などから見てみましょう。

AIエンジニアに求められる資格・スキルの勉強法3選

1.書籍を中心に勉強する

資格の学習は、それぞれの主催団体が出版している公式テキストや、参考書を用いて学習するといいでしょう。

また紹介した6つのスキルについても書籍で学習することができます

手始めにぴったりな書籍をご紹介します。

6つのスキルを身につけるのに役立つ書籍
  1. AI言語・Pythonの学習
     『Python3 入門ノート』・『人工知能は人間を超えるか』
  2. 機械学習とディープラーニングの学習
     『ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装』
  3. AIのための数学的知識の学習
     『やさしく学ぶ 機械学習を理解するための数学のきほん』
  4. ビッグデータ分析・統計解析の学習
     『Pythonで学ぶあたらしい統計学の教科書』
  5. データベース運用の学習
     『新人エンジニアのためのデータベースの仕組みと運用がわかる本』
  6. AIコンサルの学習
     『AIをビジネスに実装する方法』

2.JDLA認定プログラムを受講する

G検定・E資格の試験を実施している一般社団法人ディープラーニング協会(JDLA)の認定プログラムを受講する方法もあります。

Aidemy Plemium Plan」の合格保証つきE資格対策コースなど、外部の講座が認定プログラムとして並んでいるので、確認してみましょう。

なかがわ

認定プログラムの一覧はこちらから見ることができますよ。

3.プログラミングスクールに通う

書籍では自分だけで勉強を継続できるか不安だし、資格だけじゃなく就職にも有利な環境で学びたい、という人にはプログラミングスクールがおすすめです。

なかがわ

効率よくスキルを身につけて転職したいなら、プログラミングスクールを利用するといいでしょう。おすすめのスクールを紹介します。
AIエンジニアのスキルを身につけるプログラミングスクール厳選3選
  1. 業界最安級!転職サポートあり
     「TechAcademy
  2. マンツーマンで現役エンジニアから学べる!
     「CodeCamp
  3. 大学や企業でも採用され、オンラインで学べる!
     「Aidemy Plemium Plan

なかがわ

まずは無料体験を受けて、自分に合ったプログラミングスクールを選びましょう。

まとめ:資格を上手に活用してAIエンジニアのスキルを身につけよう!

今回は、AIエンジニアの資格とスキルについてお伝えしました。

AIエンジニアに資格は必須ではありませんが、AIエンジニアの様々なスキルを身につけるために、資格取得は有効な手段です。

なかがわ

資格の勉強を通して、AIエンジニアに必要なスキルを身につけていきましょう!

AIエンジニアのスキルや資格の勉強は独学もできますが、挫折しやすい点がデメリットです。

TechAcademy」などのプログラミングスクールを活用すれば、モチベーションを維持しながら学習を進めることができます。

効率的にスキルを身につけて、AIエンジニアへの転職を成功させましょう。

ちか

私もAIエンジニアを目指して、まずはプログラミングスクールで勉強を始めたいと思います!
【必見】AIエンジニアへの転職を成功させる3つのステップ!