【このままで大丈夫?】SESでテストばかりの現場にいるデメリットと脱却方法を解説

この記事でお伝えすること
  1. SESでテストばかりやらされる理由
  2. SESでテストばかりするデメリット
  3. テスターの業務が多い人がやるべきこと

「SESでテストばかりやらされてるけど、このままで大丈夫?」

「SESでテストばかりの現場から脱却するにはどうしたらよい?」

こんな悩みにこたえていきます。

ちか

SESでテストばかりやらされてつらいです、どうしたらよいのでしょうか・・?

なかがわ

それはつらいですよね。でもポイントを抑えれば、SESでテストばかりの職場を脱出できるんですよ。

そこで今回は、SESでテストばかりやらされる理由と脱出方法について解説していきます。

これを読めばSESでテストばかりの状態から、エンジニアとしてステップアップできます。

ぜひ最後まで読んでみてください。

SESでテストばかりやらされる2つの事情

ちか

そもそもSESでテストばかりやらされるのはなぜなんですか?

なかがわ

それにはふたつの理由があるんですね。

この項ではSESでテストばかりやらされる理由について解説していきます。

SESでテストばかりやらされるふたつの事情
  1. エンジニア未経験である
  2. SES企業の利益が優先されるため

この項を読めばなぜSESテストばかりやらされるのか理解できます。

ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

1.エンジニア未経験である

エンジニア未経験の場合、テスト案件をさせられる可能性が非常に高いです。

なぜなら経験や知識が少ない新人エンジニアは、開発に慣れていません。

そのためテスト案件をさせられるのです。

なかがわ

とはいってもテスト案件は重要です。開発にとって必要ですし、ある程度のスキルを身につけられますからね。

しかしだらだらとテスト案件だけをさせるところもあります。

スキルを身につけるためならよいですが、何にもならないことをズルズルやるのはNGです。

ちか

テスト案件は重要だけど、エンジニアとしてスキルを上げていきたいならテスト案件だけではダメなんですね・・・。

2.SES企業の利益が優先されるため

SESでテストばかりさせられる理由のひとつとして、SES企業の利益が優先させられるというものがあります。

SES企業にとってひとつの開発をやり遂げるには、安く雇えるテスターがたくさんいた方がよいのです。

なかがわ

その方がスピーディーかつ確実に開発を進められますからね。

それにSES企業にエンジニアを派遣する派遣会社も、たくさん初心者エンジニアを派遣させた方が利益になります。

ちか

いきなり開発を任せてもらえるというのは、稀なケースなんですね・・・。

SESでのテスターの経験は無駄ではない!大切なのは期間を決めること

SESの業務の一環でテスターをする経験自体は無駄ではありません。

大事なのは「期間を決めてテスター」を行えるかどうかです。

なかがわ

期間を決めればテスターでも頑張れるんです!

この項では以下のふたつについて解説します。

この項でお伝えすること
  1. エンジニアにとってテスト経験が無駄ではない理由
  2. 目安は長くても1年

詳しく見ていきましょう。

エンジニアにとってテスト経験が無駄ではない理由

新人エンジニアにとってSESのテスター経験は無駄ではありません。

SESのテスター経験にはさまざまなメリットがあります。

テスター経験のメリット
  • テストがどのようなものなのかがわかる
  • どのような結果が出れば正解かがわかる
  • テストをおこなえる
  • 不具合の原因を突き止められる

以上のようなメリットがあります。

ちか

SESのテスター経験はエンジニアの基礎を学べるんですね。

いきなり難しい開発をおこなうと、新人エンジニアは挫折する可能性があります。

SES企業にとってもいきなり新人エンジニアを開発に起用すると、開発自体が遅れてしまうこともあるのです。

新人エンジニアはまずSESのテスターで基本スキルを学びましょう。

目安は長くても1年

SESでのテスターの期間は3ヶ月から半年、長くても1年と考えてください。

理由は以下のとおりです。

テスター期間が長くても1年の理由
  1. テスターだけでは、開発自体のスキルは上がらないから
  2. テストだけをさせる企業もあるので、開発に携わらせてもらえない可能性があるから

SESテストはエンジニアにとって大事ですが、基本的に同じことの繰り返しです。

テスターとしてのスキルが上がっても、開発自体のスキルは上がりません。

テストだけをさせる企業もあるので、そこにいても開発に携われないのです。

ちか

テスターだけをさせる企業もあるんですね・・。

テスターとしてのスキルは1年あれば十分なので、それ以上はやめておきましょう。

SESでテストばかりの現場に常駐する4つのデメリット

なかがわ

SESでテストばかりやらされるデメリットも知っておきましょう。

ちか

それは知りたいです!

SESでテストばかりの現場で仕事をすると、デメリットがあります。

デメリットとは以下の4つです。

SESでテストばかりの現場に常駐する4つのデメリット
  • スキルアップが難しい
  • 単純作業の繰り返しでモチベーションが保てない
  • エンジニアとしての市場価値が上がらない
  • 報酬が低く稼げない

これを読めばSESでテストばかりをずっと続けるリスクがわかります。

ひとつひとつ詳しくみていきましょう。

1.スキルアップが難しい

SESでテストばかりの状態でのスキルアップは、非常に難しいです。

環境構築やトラブルシューティングなどはできるようになりますが、その現場でしか役に立たないスキルです。

開発に直接携われないので、会社が自分のことを考えてくれないとスキルアップできません。

なかがわ

会社選びはとくに重要なんです・・・!

ちか

そうなんですね・・。

自身のスキルアップができるかどうかは、会社次第なのです。

2.単純作業の繰り返しでモチベーションが保てない

SESでのテスターは単純作業ばかりでモチベーションが保てません。

プログラムにバグがないかひたすら調べるのが仕事です。

重要な仕事なのですが、同じことの繰り返しなのでやりがいを持つのは難しいです。

ちか

う〜ん、モチベーションが下がるのは嫌だなぁ・・・。

SESに配属されて、テスターだけをしていたら、モチベーションも下がり仕事を辞めたくなる可能性もあります。

3.エンジニアとしての市場価値が上がらない

SESでテストばかりやっていても、市場価値は上がりません。

エンジニアの市場価値は「どんな開発をどのくらいの期間どのくらいこなしたか」で決まります。

5年SESでテストばかりやるより、3年開発をおこなったエンジニアの方が市場価値があります。

なかがわ

エンジニアは開発してなんぼなんです!

SESでテストばかりを何年やろうとも意味がないのです。

4.報酬が低く稼げない

SESでのテスト業務は非常に報酬が低い傾向があります。

テスターがおこなう仕事は、ある程度やり方を学べば誰でもできるからです。

なかがわ

テスターはプログラマーのように特別なスキルは必要ないですからね…。

ちか

悲しい…。

それに客先からの報酬も、従業員に振り分けられる分は少ないです。

報酬が低いことも、SESでテストばかり割り振られる従業員にとってはの1番のデメリットです。

テストばかりのSESエンジニアから抜け出したい!今すぐやるべき3つのこと

ちか

SESでテストばかりの生活から早く抜け出したいです!どうすればよいですか?

なかがわ

安心してください、やるべきことをお伝えしますね。

テストばかりのSESエンジニアから抜け出したいのであれば、今すぐやるべきことがあります。

この記事でお伝えすること
  1. 転職を試みる
  2. プログラミングスキルを身につける
  3. SES企業の営業に相談してみる

以上の3つです。

やるべきこと3つをこなえば、必ず次のステップへ進めます。

詳しくみていきましょう。

1.転職を試みる

SESエンジニアから抜け出したいなら、転職しましょう。

エンジニア転職には 社内SE転職ナビマイナビIT AGENTのような転職エージェントで、無料カウンセリングを受けるのがおすすめです。

ちか

転職エージェントって何ですか?

なかがわ

転職エージェントは転職のアドバイスから面接・採用まですべて無料でサポートしてくれるサービスのことです。

転職エージェントは以下のような特徴があります。

転職エージェントの特徴
  1. 無料で利用できる
  2. 履歴書や職務経歴書のアドバイスをしてくれる
  3. 企業訪問や面接日程などを代わりにやってくれる
  4. 非公開の求人を紹介してくれる

転職エージェントは転職に関するさまざまな相談ができたり、転職後のキャリアプランなども相談できます。

転職エージェントを利用すればSESエンジニアから脱却して、理想のエンジニアに確実になれるんです。

社内SE転職ナビにある求人はすべて社内SE案件なので、SESエンジニアから確実に抜け出せます。

ただしある程度のスキルがないと紹介してもらえないので、必ず マイナビIT AGENTと一緒に登録してください。

2.プログラミングスキルを身につける

プログラミングスキルを身につければ、SESエンジニアを抜け出せます。

SESでテストばかりやらされるのは、スキル不足・知識不足が原因です。

DMM WEBCAMPなどのプログラミングスクールを利用すれば、プログラミングの知識やスキルを身につけられます。

以下はプログラミングスクールの特徴です。

プログラミングスクールの特徴
  1. 講師のサポートがあるので挫折しづらく、わからない部分を徹底的に聞ける
  2. スキル取得を最短で効率的に得られる学習プランが用意されている
  3. プログラミングを学ぶ同じ仲間ができてモチベーションが維持できる
  4. プログラミングスクールで学習すると、十分な知識とスキルがあるとみなされ転職しやすくなる

DMM WEBCAMPは未経験者歓迎のプログラミングスクールで、講師がマンツーマンでサポートしてくれます。

DMM WEBCAMPを利用すればSESエンジニアを抜け出して、エンジニアとして次のステップへ進めます。

ちか

プログラミングスクールを活用してSESエンジニアを脱出します!

なかがわ

DMM WEBCAMPは一番おすすめのプログラミングスクールですよ

3.SES企業の営業に相談してみる

SES企業の営業に開発に携わらせて欲しいと、本気で伝えましょう。

開発を任せられるのを待っていても、何も変わりません。

「テスターをやるのはこれ以上無理です、開発をさせてもらえないなら辞めます」

くらいの勢いで、本気で想いをぶつけましょう。

ちか

想いを伝えるのが重要なんですね・・。

しかし想いが伝わったとしてもSES企業は利益を求めなければなりません。

思いどおりにならないこともあります。

ちか

そんなときはどうすれば・・?

なかがわ

転職活動とプログラミングスクールを視野に入れるのが大事です。

SES企業の営業に相談しても開発に携われる可能性は低いので、転職とプログラミングスクールも同時進行でおこなってください。

まとめ:SESでテストばかりが辛いなら、積極的にスキルや知識を身につけることが大切

SESでテストばかりさせられるのが辛いなら、早めに抜け出しましょう。

エンジニアとしてのスキルや知識を身につければ、SESでテストばかりやらされる日々から脱出できます。

以下は今回の記事のまとめです。

今回の記事のまとめ
  1. SESでテストばかりやらされるのは、エンジニアの経験がなく企業も利益を優先させないといけないから
  2. テスターの経験は無駄ではないが、期限を決めておこなうほうがよい
  3. テスターをずっと続けるのはデメリットしかない
  4. SESでテストばかりの日々から脱出したいなら、転職するかプログラミングスクールで学ぶのがベスト

ちか

なるほど!テスターから脱出する方法がよくわかりました!

なかがわ

ぜひエンジニアとして次のステップへ進んでくださいね!

マイナビIT AGENTなどの転職エージェントであれば、テスターを脱出して理想のエンジニアになれます。

求人が13,000件と圧倒的に多く、簡単に無料で登録できます。

登録が遅れるとそのぶんテスターを脱出するタイミングも遅れるので、今のうちの登録しておきましょう!