【後悔】文系出身でSEは絶対やめとけ!システムエンジニアの仕事に全然ついていけない!

この記事はこんな人におすすめ
  1. 文系SEの悩みについて知りたい
  2. 文系SEが仕事をやめたい時の対処法を知りたい

文系出身だけど、念願のIT業界・システムエンジニアとして就職。

でも…仕事についていけていない

 

「自分の理解力が低いのかな…」

「文系からSEになるべきじゃなかった。自分は向いてない。」

「通勤電車が毎日苦痛。」

 

こんな風に感じていませんか?

 

以前の会社にいた私もそうでした。

なかがわ

新しいことにチャレンジするときって、本当にエネルギーがいるし、大変ですよね。

仕事をする上で、わからないことを理解できるように努力することは大切です。

でも、あなたの努力ではどうにもならないこともあります

 

今回は、文系出身でSEになったけれど、仕事についていけず悩んでいる方への対処法を書きました。

文系出身でシステムエンジニア(SE)になって後悔…技術についていけない

「IT業界はかっこいい。」

「Web業界はこれから伸びる。」

 

そう思って、文系の大学出身だけれど就職したIT業界

 

そんな場所で仕事をしているはずなのに、毎日出社するのも苦痛

出社することを考えるだけで、憂鬱な気持ちになる

職場の人ともうまくいってないから、わからないことを聞けない

 

こんな思いを抱えていませんか?

 

その気持ち、痛いほどよくわかります。

 

志高く夢を持ち、意気揚々と入ったIT業界。

でも、周りにいるエンジニアが持つ技術に圧倒されるんですよね。

 

みんな、口には出さないけど「なんでエンジニアやってるの?」って目で見てきているようで…。

【補足】無理に引目を感じる必要はない

文系の未経験エンジニアとして入社すると、どうしても周りに質問するためにヘコヘコしなければならないと思いがちです。

ですが「質問できない環境」で心が窮屈になっていることは精神的にも良くありません。


後ほどまとめますが、この問題は、職場とは別の環境で「エンジニアのプロとコネクションを作る」ことで解決します。

特に20代で首都圏在住の文系SEの場合プログラマカレッジ のようなサービスを活用することで、無料でエンジニアのスキルが学べる環境が手に入ります。

文系SE・文系エンジニアになったことを後悔する4つの理由

せっかく、ワクワクする気持ちで入社したのに、仕事がわからず、毎日憂鬱…なのは辛い

 

仕事内容は会社ごとによって違いますが、

文系SEが仕事についていけない・自分に向いていないと感じてしまう理由をまとめました。

文系SEになったことを後悔する4つの理由
  1. プログラミングがわからなくてきつい
  2. SEは激務の割に年収が低くて割に合わない
  3. 職場の人間関係が辛い
  4. 上司が仕事を教えてくれない

プログラミング・仕事が分からないのが辛い・きつい

文系出身で、突然SEとして仕事をはじめた人の特徴として、そもそもプログラミングがわからないという理由があげられます。

 

「文系から未経験なのに、突然SEになれるのか?」と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、IT業界自体がかなりの人材不足…という背景もあり、

「文系でも、未経験でも、将来性のあるIT人材が欲しい」というのが企業の本音

 

だからネット上では「プログラミングできる人募集してます!」とか
「文系でもプログラミングはできるよ!」っていう甘い言葉が出てしまうのだと思っています。

 

しかし、実際、文系出身の未経験者が突然IT業界に入り、SEになることを考えてみてください

 

例えば、経済学部を出て、新卒で入社後、突然「SEをやれ」と言われても正直無理な話です。

このように、内定が決まってから不安を感じている方もいます。

 

というのも、企業によっては、人材だけ確保しておいて、人を育てる環境が整っていない場合があるからです。

 

逆に、理系出身でも、プログラミング言語を学んだからIT業界でバリバリ活躍できるかというと、そういうわけでもありません。

どんどん新しい言語や技術が出てきて、自分だけが置いていかれているような気分になることもあります。

 

そもそも、自分が学んできた専門領域と違う場合、続けていくのが大変な上に、企業の受け皿がないことが問題なのです。

 

システムエンジニア(SE)は働く時間が長い割に年収が低い・割に合わない

 

システムエンジニアって、他の業界に比べると年収が高いイメージがありますよね。

実際、同年代の平均年収と比べると、年収は高いのは事実です。

 

しかし、その分、システムエンジニアの仕事はかなり忙しい

しかも、仕事がハードなので、実際に計算すると、割に合わない

そんな声も聞きます。

 

夜は終電まで仕事…という会社も少なくありません

また、予期せぬ問題が発生したときは、何日も家に帰れないことだってあります

 

また、この方のように、文系SEの場合、仕事自体が忙しいのに、

仕事以外の時間でプログラミングの勉強をする必要もあるので、さらに大変。

 

例えば、客先常駐として働いている私の友人は、完全に未経験でエンジニアになってしまいました。

研修もほぼなしで自習しなければならない。

しかも「どう学べばいいか」が全く分からない状態だったとのこと。

 

大変ですよね。上司に質問・相談できないのは。

 

なのでその友人は、20代なら無料で通えるスクールプログラマカレッジ を活用して、そこで得たコネクションを使ってさらに良い企業に転職していました。

【補足】「プログラマカレッジ 」とは

プログラマカレッジ は、首都圏在住の20代を限定に無料で開講しているプログラミングスクールです。
主にJavaやPHPなどのプログラミング言語が学べ、オンラインでも受講可能。
さらに転職サポートもついているプログラミングスクールです。

首都圏在住の20代という条件はありますが、その条件を満たしている人にはおすすめできるスクールです。

【公式サイト】https://proengineer.internous.co.jp/

職場の人間関係がうまくいかない・疲れる

どんな職場でも、合う合わないはありますよね。

職場の人間関係がうまくいっていない場合、仕事がさらに辛く感じる場合があります

 

悩みを聞いてくれたり、あなたを気にかけてくれる人はいますか?

上司や同僚など、話しやすい人、質問しやすい人はいますか?

 

仕事の内容はもちろん大切ですが、職場の人と合うかどうかもかなり重要なポイントです。

なかがわ

もし、気軽に話せる職場環境でないのなら、その職場はあなたに合っていない可能性もあります。

上司が仕事を教えてくれない

あなたの上司は、しっかり仕事を教えてくれますか?

あなたの会社は、人を育てる環境が整っていますか?

 

以前、私が勤めていた会社は、社員30名くらいの中小企業で、社員研修などはありませんでした。

中途採用で入社しましたが、人を育てる文化がなく、気軽に悩みを相談できる人もおらず、ランチはいつも1人。

 

また、同じ部署の上司も、悪い人ではなかったのですが、自分の仕事に手いっぱいで、人に教える余裕はありませんでした。

 

「いつも忙しそうだしから、話しかけづらい…」

 

そんな風に日々気を使っていました。

でも、わからないことをそのまま放置している内にどんどんわからないことが増えてきて仕事がいやになってしまいました。

 

「私は何をしているんだろう。」

「ここにいる意味はあるのかな。」

「毎日、つらい…」

 

そう感じる日々が続き、出社する電車が本当に苦痛

そして、ついには体調を崩し、仕事を休みがちになってしまいました。

仕事が辛いのはあなたの能力が低い訳ではない

当時の私は、「自分が無能だから、仕事がわからないんだ。」と自分を責めていました。

 

仕事がつらいと感じるときは、「自分の能力が低いから…」

そして、仕事をやめたいのは、「自分の忍耐力が低いから…」

とにかく自分が悪いんだと考えがちです。

 

もちろん、自分の努力不足がないとは言えません。

しかし、それだけが原因ではない場合もあります。

文系SEになっても努力が評価されない時はある

自分でできる努力を続けることは大切です。

しかし、いろいろな企業がある中で、まだ人を育てる人材がいなかったり、研修制度が整っていなかったり。

特に、IT企業の中には、最近できたばかりのベンチャー企業も多いです。

 

あなたがそこでどんなに仕事を頑張ろうと努力しても、あなたの努力では、どうにもならない場合もあります

 

仕事についていけなくて悩んでいる、ということは、仕事で結果を出したいという向上心があるということ。

 

それであれば、その気持ちを最大限に活かせるように環境を変えることも大切です。

無理してその場所にいるのは時間の無駄になることもあるからです。

その職場で10年後も文系SEとして働きたいですか?

想像してみてください。

今の状況のまま我慢して、この先もその会社で過ごし続けることを。

この先もずっと、その会社にいたいですか?

 

あなたの人生の中で、一番若いのは今です。

 

もし、その答えが決まっているなら、スキルをつけることにも目を向けてみてください。

あなたが20代の首都圏在住であれば、プログラマカレッジ のようなサービスもあります。

 

これは転職サポートもしてくれる無料のプログラミングスクールです。

20代のうちしかサポートしてくれないスクールですが、こういうサービスを積極的に利用してみてください。

体調を崩して鬱になって後悔する前に!職場環境を変えよう

また、日本人の10人に1人はうつ病経験者です。

そして、そのほとんどが仕事や職場環境のストレスが原因だと言われています。

 

「仕事のやる気がおきない」

「単純なミスを繰り返してしまう」

「上司の言っていることが理解できない」

こんなことを感じていませんか?

 

そのまま放置しておくと、うつ病として長年通院が必要になるだけでなく、入院するケースもあります

「仕事が合わない」そう思っている段階なら、まだ間に合います。

 

私は、以前の会社で、職場に馴染めず、体調を崩すほど毎日出社することが苦痛でした。

しかし、転職して新しい会社に入ると、全く違う環境になりました

 

会社の規模は小さくなりましたが、その代わり、丁寧に教えてくれる上司ができました

毎日楽しくランチを食べることができるようになりました。

後輩ができ、仕事を教えられる立場になりました。

 

「もっと早く転職すればよかった。」

そう思いました。

 

仕事内容は同じでも、職場環境が変わるだけで、仕事が楽しくなることはよくあります

もし、今、仕事が辛いなら、職場を変えてみるのもおすすめです。

年収を維持しつつ転職するならエンジニアのプロとコネクションを作ろう

 

ですが、そう簡単に「職場を変える」ことはできません。

そこで私がおこなったことは「技術力の高いエンジニアと関わる」ことを努めました。

 

ひとつはマイナビエージェントITのようなITに強い専門性を持った転職エージェントに登録すること。

そしてもう1つ、こちらが特におすすめしたいのですが、プログラミングスクールの講師と関わるということです。

 

手段としては、先ほどお伝えたプログラマカレッジ のような20代首都圏在住者限定で受講可能な「無料のプログラミングスクール」

 

そしてもう1つはTechAcademyのようなプロのメンターがあなたに配属され、プログラミングについていつでも質問できるサービス。

 

また、TechAcademyであれば年齢制限や在住場所も関係なく、こちらも今なら無料で体験受講ができるようになっています。

もちろん、自分で転職サイトをチェックすることもできますが、「分からないことを相談できる相手」を見つけることが、結果的に転職成功のスピードを早めます。

Web・IT業界で転職するなら必ず登録すべきサービス

Web・IT業界で転職活動をするなら、エンジニアのプロと関わるべき、というお話をしました。

 

Web業界に特化したサービスはたくさんあります。

まずは、この中から自分の状況にあったものをチェックし、プロのエンジニアとコンタクトを取れるようにしましょう。

確実にチェックすべき3つのサービス
  1. 20代・首都圏在住であれば絶対に登録必須
    プログラマカレッジ
  2. 年齢関係なし!プロのメンターをつけたいなら
    TechAcademy
  3. 確実に転職に成功したい!転職保証もつく
    DMM WEBCAMP

あとは、すでに多くの人が登録しているとは思いますが、まだ登録していなければマイナビエージェントITは必須です。

なかがわ

マイナビエージェントITに登録していないと、多くの人が登録しているサービスなので、情報量で差が生まれてしまいます。
もし登録していなければ登録しておきましょう。

SEの仕事ではなく職場との相性が悪いだけの場合もある

仕事をする上で、仕事内容や職場環境が合わない・うまくいかないのは辛いですよね。

確かに、自分でできる努力をすることは大切です。

 

しかし、エンジニアだけが仕事ではありません。

IT企業の中にも、広報・営業・企画など様々な職種があります

 

もし、今の仕事が辛いなら、無理してその会社に止まる必要はありません

あなたの大事な時間を無駄にしないためにも、新しい環境で自分の力を試してみるのも1つの手です。

今の仕事が辛いあなたが登録すべきサービス

  • プログラマカレッジ

    【20代限定】未経験からでもプログラマーになれ完全無料で利用できるうえ、就職率は96%ととても高いのが魅力の転職エージェントです。

    評価
    求人数3,500件以上
    特徴完全無料で就職率96%

    プログラマカレッジは未経験からプログラマーになるためのサポートがとても手厚く違約金などもない完全無料で利用できる転職エージェントです。未経験の方や20代のフリーター、既卒、第二新卒におすすめの転職エージェントですね。

  • マイナビエージェント×IT

    マイナビが運営している、ITに特化した転職エージェント。 ITの職種別に求人の検索ができ、大手企業などの転職求人も多くあります。

    評価
    求人数10,000件以上
    特徴全国に7拠点も展開しているので関東以外の求人もカバーしている

    マイナビエージェントITは全国に7拠点展開しているので、関東以外の地方求人も紹介可能です。 求人の質も良く求人数も多いのでどの年代の人にもおすすめの転職エージェントですね。

  • DMM WEBCAMP

    転職成功率は驚異の98%!しかも転職出来なかった場合は全額返金のしている転職エージェントです。

    評価
    求人数300件以上
    特徴業界初の転職保証つきエージェント

    転職保証つきのプログラミング教室や転職出来なかった場合の全額返金制度を実施している転職エージェントです。未経験からのエンジニア転職に特化しています。プログラミングスキルもマンツーマンで親身に教えてくれますよ!