客先常駐を辞めたいSEへ!今スグ転職するべき3個のリアルな理由【年収100万円以上アップも狙える】

この記事でお伝えすること
  1. 客先常駐を辞めるべき3つの理由
  2. 客先常駐を辞めようか悩むSEがとるべき対処法
  3. 客先常駐SEは40代でも通用するのか厳しい現実

「客先常駐SEだけどブラック過ぎてもう辞めたい…。」

「今すぐ辞めたいけど辞めた後は?」

「まともな仕事もさせてもらえないし、給料も低いまま…。このままは嫌だな。」

なかがわ

客先常駐は客先によって仕事内容も違いますし、仕事環境も違うので大変なお仕事ですよね。

辞めようか悩んでる方、客先常駐から脱出したいけどどうしたらいいの?という方はぜひ読んでみて言ってください。

もしかしたら年収100万円上がる可能性もありますよ!

客先常駐を辞めるべき3つの理由!今スグ転職して年収を上げよう

なかがわ

まずは客先常駐を辞めるべき理由を紹介していきます。

今はまだなんとなく客先常駐を続けている人も、この先客先常駐を続けていてもいいのか?と思う人もぜひ目を通して今後の参考にしてみてください。

客先常駐を辞めるべき3つの理由
  1. 使い捨てが多くキャリアパスに将来性がない
  2. 年収が上がりづらい仕組みになっている
  3. あなたが求める仕事に関われる保証はない

客先常駐を辞めるべき理由として主にこの3つがあげれます。

その他にも、35歳を超えて来ると常駐先が激減する。

といった理由もありますね。

客先常駐では年を重ねていくと不利になる要素が増えるのでスキルを身につけたら早めに転職するのが良いでしょう。

転職して自分のスキルアップを実現するなら「レバテックキャリア」

案件数約2,500件
未経験可
年収300〜1500万円
公式サイト【公式サイト】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、エンジニアとしてのスキルを伸ばしたい人におすすめの転職エージェントです。

丁寧なヒアリングによって、転職者の市場価値が最も高くなる求人を提案してくれます

レバテックキャリアの特徴
  1. 大手企業や優良企業の非公開求人が豊富。
  2. 専門アドバイザーがカウンセリングで利用者の強みを引き出し、転職を有利に進めてくれる。
  3. ネットでは知れない企業の内情まで教えてもらえる。

ちか

未経験者でも転職をサポートしてもらえるんですか?

なかがわ

はい。

実務経験者だけでなく、スキルのない未経験者も登録をしてサポートしてもらうことが可能です。

 

しかし、エンジニアの経験がある人の方が転職に有利になります。

未経験の人がレバテックキャリアを利用するなら、プログラミングスクール(TECH::EXPERT)などで学びながら転職活動することが望ましいです。

レバテックキャリアはIT業界への転職を考えるなら登録しておいて損はないので、チェックしてみてくださいね。

スキルを身につけてキャリアアップ!

業界大手の安心サポートが受けられる「マイナビエージェントIT」

案件数約12,000件
未経験可
年収240〜1200万円
公式サイト【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/lp/016.html
マイナビエージェントITは誰もが一度は聞いたことのある大企業、マイナビが運営するIT業界への転職に特化したエージェントサービスです。
マイナビエージェントITの特徴
  1. IT業界専門のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート。
  2. 取り扱う案件数は業界最大級。
  3. 紹介案件の80%は非公開求人。

マイナビエージェントITでは年収やスキルアップを見越した転職だけでなく、実務未経験でも応募できる求人があります

 

とはいえ知識が全くないと企業へアピールできないため、

  • 前職で身につけたスキル
  • 業界をリサーチして知識を深めること

など、エンジニアとして働く気持ちを表現するのが転職成功のポイントです。

マイナビエージェントITは、「未経験からエンジニアになりたい」「転職して技術力を高めたい」と考える人におすすめになります。

20~30代の若者におすすめ

IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント「MidWorks」

案件数約3,000件
未経験可
年収500〜1300万円
公式サイト【公式サイト】https://mid-works.com/

MidWorksはIT系のフリーランスへ仕事を紹介してくれるエージェントです。

MidWorksの特徴
  1. IT系フリーランスエンジニア専門のエージェント。
  2. 利用者の希望に応じてクライアントを紹介してくれる。
  3. 正社員同等の保証も受けられる。

MidWorksでは仕事を紹介してもらうだけでなく、保険や交通費など会社員と同じくらいのサポートを受けられます。

フリーランスが働く上で抱える問題を解決してくれるので安心ですよね。

 

なかがわ

しかし完全未経験でフリーランスになろうとする人には、仕事を紹介してもらえません。

フリーランスエンジニアとして働きたいのであれば、

  • プログラミングスクールなどで必要な技術力を身につける
  • 一度企業へ在籍して実務経験を積む

などをする必要があります。

 

TECH::EXPERTはフリーランスコースもあるプログラミングスクールなので、スキルを身につけるにはおすすめです。

MidWorksは、技術力を高めて自由に働きたい人にぴったりのエージェントとなっています

独立してフリーランスを目指すなら


1.使い捨てが多くキャリアパスに将来性がない

客先常駐は主に客先でのプログラム開発やプロジェクトの一時的人員として派遣されることが多いです。

プロジェクトが終了したり、開発が終わったりすればすぐ契約が解除されてまた他の客先へ移るといった使い捨てのような扱いを受けることになります。

なかがわ

また客先によっては雑務を任せられる事もあるので、続けているとスキルが身につかないまま時間だけが過ぎていく状態になってしまい今後のキャリアパスにも影響がでますね。

2.年収が上がりづらい仕組みになっている

客先常駐では勤務先が客先なので、上司は社員の働きをみて評価することができません。

そのため年収や昇給、出世などは難しくなります。

なかがわ

いくら頑張っても昇給が難しいと仕事のモチベーションもあまり上がりませんよね。


3.あなたが求める仕事に関われる保証はない

客先常駐は客先が仕事を振るので、自分で仕事を選ぶことができません。

スキルを身につけるのに色々な仕事に携われるのはメリットになりますが、自分の求めてるスキルや仕事に関われるか分からないのはデメリットでもありますね。

ちか

とにかく、IT業界でSEの色々な仕事をしてみたい。という人には良いかもしれませんね!

客先常駐/派遣SEが抱える3つの問題点

なかがわ

辞めるべき理由をみましたが、次は客先常駐の問題点をみてみましょう。
客先常駐/派遣SEが抱える3つの問題点
  • 客先常駐と派遣はどちらも肩身が狭い
  • スキルが身につかなくて不安になる
  • 年収/月収アップは望めない

紹介した3つは辞めるべき理由とまではいきませんが、客先常駐や派遣SEが抱える問題点、デメリットになります。

詳しく説明していきたいと思います。


1.客先常駐と派遣はどちらも肩身が狭い(立場がとにかく弱い)

客先常駐や派遣SEは勤務先は客先です。

なので常にお客様に囲まれて仕事をするといった状況になります。

何か問題や意見を言いたくても自社ではなく客先へ派遣されている身なので肩身が狭い思いをしますね。

ちか

確かに何か指摘したい時や意見を述べたい時は言いづらかったり、言っても蔑ろにされちゃいそうです…。


2.スキルが身につかなくて不安になる(何年も保守やヘルプデスクの場合も)

客先常駐を辞めるべき理由でもあげましたが、客先常駐は自分で仕事を選べません。

そのため客先では、スキルのあまり必要としない仕事や雑務を任せられていつまでもスキルを身につけられないことがあります。

スキルを身につけられないまま年をとって次の仕事が見つからない!なんてことも十分あるでしょう。

特に何年も同じ客先で保守SEやヘルプデスク、といったあまりスキルの必要としない仕事だと将来が不安になりますね。

3.年収/月収アップは望めない

こちらも客先常駐を辞めるべき理由であげましたが、客先常駐は上司が自分の仕事を評価し辛い環境にあります。

なので昇給することは望めません。

なかがわ

そのため将来給料アップや出世を目指したい人は、客先常駐は踏み台として考えスキルを身につけた後転職することをおすすめしています。

ちか

できるだけ給料がもらえる環境になった方がいいですよね!

客先常駐を辞めようか悩むSEが取るべき2つの対処方法

なかがわ

これまでの客先常駐を辞めるべき理由などをみて、このままでダメなんじゃないか?と感じたのではないでしょうか。

そんな方に2つの対処法を紹介したいと思います。

客先常駐を辞めようか悩むSEが取るべき2つの対処法
  1. 自社の上司へ相談して常駐先を変えてもらう
  2. 転職活動をする


1.自社の上司へ相談して常駐先を変えてもらう

今の客先でスキルがつけられない環境や雑務などをずっとやらされている場合は、まず上司に相談をしてみて客先を変えてもらえないか打診してみましょう。

客先を変えてもらえるのであれば、新たな客先でスキルや経験を得られることができます。

なかがわ

ですが新しい客先でも自分の思ったスキルや仕事につけるとは限らないので注意が必要になりますね。

ちか

新しい客先があるのかも問題になったりもしますよね…?

なかがわ

そうですね。

ある程度年齢が高い場合は客先から嫌煙されるので、早めに上司に打診をしてみるのがいいですね。

2.転職活動をする

客先常駐は年齢が高くなると客先が激減するので、雑務やスキルの必要ない仕事を続けるより転職しましょう。

客先が変わっても経験やスキルを身につけられる仕事を振ってもらえる確証はありません。

なかがわ

むしろスキルがある人は、転職をしたほうが年収や待遇が良くなる可能性が高いです。

こちらの記事[転職エージェント比較記事]では、転職に役立つ転職エージェントの比較をしているので参考にしてみてください。

客先常駐SEは40代になっても通用するのか?厳しい現実とは

客先常駐は未経験でも仕事に就きやすいことや、自社SEより多くのエンジニアと関われる環境といったSEを始めるにはとてもいい職です。

ですが客先常駐を定年まで続けるには多くの弊害があります。

なかがわ

なぜ客先常駐を続けるのが難しいかについて解説していきましょう。

35歳から受け入れ先は減っていく

客先常駐は35歳定年と言われるほど、35歳を越えてくると仕事が減っていいきます。

これは客先常駐が年齢が高くなるのに比例してコストも高くなることや、客先の管理職やプロジェクトリーダーより年齢が高くなってしまうので仕事がし辛いため嫌煙される。

といった理由があります。

なかがわ

他にもプログラムスキル以外にマネージャースキルを求められるので、プログラムスキルしかないSEは派遣される客先がなくなってしまうということですね。


40代で常駐先の面談に通るのは管理職レベルの人材だけ

客先常駐を35歳を越えて40代でも続けるにはそれだけのスキルを身につけていたり、若い人材に負けないだけのパフォーマンスを発揮する必要があります。

なので40代になっても客先常駐を続けれれるのは管理職レベルの人材になってしまいますね。

なかがわ

40代でも客先常駐を続けられるだけのスキルがあれば、いっその事転職したほうが年収や良い待遇の職につける可能性が高いです。


40代になっても稼げるSEになる唯一の方法は「必要なスキルを磨く」こと

40代でも稼げるSEになるには、まずそれなりのスキルが必要になってきます。

なかがわ

何でもかんでもスキルを身につけるよりは必要なスキルをしっかりとつけるのがいいでしょう。

ちか

自分の将来を見極めて必要なスキルを身につけないといけないんですね!

需要のあるスキルを磨いて社内SEになれば年収も大幅アップ

需要のあるスキルを磨いて客先常駐を続けるのもいいですが、転職をしたほうが年収が上がります。

例えば社内SEになれば客先常駐より待遇も、年収も上がります。

なかがわ

社内SEであれば、35歳を越えても仕事が無くなる心配もありませんし安心して定年まで働けます。

また客先常駐と違い勤務先が変わることもないので安定していて良いですね。

ちか

仕事が無くなる不安もなくなって収入も上がるなんて嬉しいですね!


これから伸びる/需要のあるプログラミング言語

社内SEを目指すのであれば、まずプログラミングスキルをつけましょう。

ちか

需要あるスキルってどんなものですか…?
社内SEを目指すのに需要のあるスキル
  • プログラミング言語全般
  • マネジメントスキル
  • 保守運用経験
  • プロジェクトマネージャー経験

また社内SEではプログラミング言語全般があると望ましいですが、その中でもできると良いプログラミング言語を紹介します。

社内SEに需要のあるプログラミング言語
  • Python
  • Java
  • PHP
  • C言語系
  • HTML

こちらの[おすすめ言語記事]では、おすすめなプログラミング言語についてまとめてあるので参考にしてみてください。


社内SEの平均年収は500万円以上

社内SEの年収は他の社員と比べると高いことが多いです。

その理由はSEは技術職なことと、自分のスキルだけでなく社内SE全体の業績によって昇給するので他の社員より年収が高くなります。

社内SE以外にもSEの年収についての詳しい記事はこちら[システムエンジニア年収記事]


客先常駐SEの平均年収は300万円~400万円

社内SEと比べ客先常駐SEの平均年収は300~400万円前後になります。

社内SEと比べて低い理由は、客先常駐の勤務先が客先なので上司からの評価が受けれないため昇給せずこの年収にとどまっています。

ちか

今のスキルのままでも社内SEに転職できれば年収が100万円も違ってくるんですね!

まとめ:客先常駐SEの定年は早い!キャリアパスは慎重に考えよう

客先常駐の定年は35歳と早いので、35歳を迎える前に慎重にキャリアパスを考えましょう。

早いうちにしっかりとしたスキルを身につければ、社内SEや他の仕事に転職できるようになります。

なかがわ

先を見据えて必要なスキルを身につけましょう。

プログラミングスキルを身につけるのにはプログラミングスクールで学ぶのが確実にスキルが身につくのでおすすめです。