【鬱になる前に】技術職の仕事についていけない…出社するだけで苦痛・今すぐ辞めたいあなたへ

この記事はこんな人におすすめ
  1. 技術職の仕事が辛い理由を知りたい
  2. 技術職をやめたい時の対処法を知りたい

技術職として働いているけれど、仕事についていけてない

 

「自分の理解力が低いのかな…」

「周りの同僚と比べて、自分が劣っているように感じる

「技術職・開発職で働いているけど、自分は向いてない…?」

 

こんな風に感じていませんか?

 

以前の会社にいた私もそうでした。

 

仕事をする上で、わからないことを理解できるように努力することは大切です。

でも、あなたの努力ではどうにもならないこともあります

 

今回は、技術職の仕事についていけず悩んでいる方のための対処法を書きました。

 

なかがわ

また、今の技術職がどうしても辛くて、今すぐやめたいなら、IT業界で営業や広報・経理など、他の職種を選ぶという手もあります。

 

この記事に書いている転職エージェントはすべて無料で利用できるので、

全国の求人を紹介してくれるマイナビエージェントIT

製造分野専門のメイテックネクストなどで相談してみましょう。

 

また、本気で転職したいなら、複数のエージェントを活用することをおすすめします。

 

というのも、

転職活動をしている人は、平均2.1社の転職エージェントを利用している。

さらに、転職に成功した人は、平均4.2社の転職エージェントに登録していた。

ということが、リクナビの調査で判明したからです。

 

早く、今の状況から抜け出すためにも、最低3社、余裕があれば4社以上利用すると確実です。

いますぐ仕事の環境を変えたい…
無料で利用できる転職エージェント
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 製造系エンジニアなら
    メイテックネクスト

技術職・開発職の仕事についていけなくて辛い…

「Web業界・技術職はこれから伸びる。」

「手に職がつけば、一生これで食べていける」

 

そう思って就職したのに、毎日出社するのも苦痛

出社することを考えるだけで、憂鬱な気持ちになる

職場の人ともうまくいってないから、わからないことを聞けない

 

こんな思いを抱えながら、毎日辛く感じていませんか?

技術職・開発職が合わない・向いてないと感じる理由

そもそも技術職というのは、特殊な仕事ですよね。

その仕事内容はかなり幅広いものではありますが、技術職・開発職についていけない・合わないと感じてしまう理由をまとめました。

技術職・開発職が向いてないと感じる4つの理由
  1. 学んだ技術・専門領域以外のことを求められる
  2. 技術職・開発職は激務の割に年収が割に合わない
  3. 職場の人間関係でも悩みがある
  4. 先輩が仕事を教えてくれない

学んだ技術・専門領域以外のことを求められる

例えば、理系出身で化学を学んだからといって、突然IT業界に就職し、機械を扱えるわけではありません

また、プログラミング言語を学んだからIT業界でバリバリ活躍できるかというと、そういうわけでもありませんよね。

 

どんどん新しい言語や技術が出てきて、自分だけが置いていかれているような気分になることだってあります。

 

そもそも、自分が学んできた専門領域と違う場合、続けていくのが大変だと感じてしまうのは、無理もありません。

技術職は激務の割に年収が低い・割に合わない

また、会社にもよりますが、

ちか

技術職はかなり忙しい
仕事が大変な割に年収が低いことも多く、仕事が割に合わない

そんな声もよく耳にします。

 

実際にこんな声もありました。

 

例えば、客先常駐のSEとして働いている私の友人は、2児の父ですが、朝早く夜遅い

システムに問題が起こると、休日出勤することもよくあります

 

そんな中で、家族との時間を確保したいのにできない

 

給料も、一般的に見ると、ものすごく低いわけではないけれど、仕事内容と比較すると割に合わない

また、客先が何度も変わるので、毎回人間関係を作り直すことになります。

 

そういった理由から、別の会社に転職しました

今では、土日は確実に休めるようになり、こどもの学校行事や家族旅行にも出かけられるようになり、とても満足していると話していました。

 

このように、会社が変わるだけでも、環境がガラッと変わることはあります。

「社風が合わない…」

「今の仕事が辛い…」

と感じるなら、思い切って転職するのがおすすめです。

 

この記事で紹介しているIT業界特化の転職エージェントは、すべて無料で利用できます。

業界最大手のマイナビエージェントITや製造系技術者の特化したメイテックネクストにまずは無料相談してみましょう。

いますぐ仕事の環境を変えたいなら…
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 製造系エンジニアなら
    メイテックネクスト
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone

職場の人間関係でも悩みがある

また、職場の人間関係がうまくいっていない場合、仕事がさらに辛く感じる場合があります

どんな職場でも、合う合わないはあります。

なかがわ

上司や同僚など、話しやすい人、質問しやすい人はいますか?

悩みを聞いてくれたり、あなたを気にかけてくれる人はいますか?

仕事の内容はもちろん大切です。

 

しかし、職場の人と合うかどうかもかなり重要なポイント

 

もし、気軽に話せる職場環境でないのなら、その職場はあなたに合っていない可能性があります

先輩が仕事を教えてくれない

あなたの職場では、先輩がしっかり仕事を教えてくれますか?

人を育てる環境が整っていますか?

 

以前、私が勤めていた会社は、社員30名くらいの中小企業で、社員研修などはありませんでした

中途採用で入社しましたが、人を育てる文化がなく、気軽に悩みを相談できる人もおらず、ランチはいつも一人

 

また、同じ部署の上司も、悪い人ではなかったのですが、自分の仕事に手いっぱいで、人に教える余裕はありませんでした。

 

「忙しそうだから、話かけない方がいいかな…」

そんな風に日々気を使いながら、自分が仕事をしなくても会社がまわっていく現実を目の当たりにしました。

 

「私は何をしているんだろう。」

「ここにいる意味はあるのかな。」

そう感じる日々が続き、毎日、出社する電車が苦痛

 

そして、ついには体調を崩し、仕事を休みがちになってしまいました。

仕事がつらい=あなたの能力が低い訳ではない

当時の私は、「自分が無能だから、仕事がわからないんだ。」と自分を責めていました。

 

仕事がつらいと感じるときは、「自分の能力が低いから…」

そして、仕事をやめたいのは、「自分の忍耐力が低いから…」

とにかく自分が悪いんだと考えがちです。

 

もちろん、自分の努力不足がないとは言えません。

しかし、それだけが原因ではない場合もあります。

技術職・開発職で頑張っても努力が評価されない時はある

自分でできる努力を続けることは大切。

 

しかし、大小様々な企業がある中で、まだ人を育てる人材がいなかったり、研修制度が整っていなかったり

あなたがそこでどんなに仕事を頑張ろうと努力しても、あなたの努力では、どうにもならない場合もあります

 

仕事についていけなくて悩んでいる、ということは、仕事で活躍したいという向上心があるということ。

 

そうであれば、その気持ちを最大限に活かせるように環境を変えることも大切です。

無理してその場所にいるのは時間の無駄になることもあるからです。

技術職・開発職、その職場で10年後も働きたいですか?

考えてみてください。

今の状況のまま我慢して、この先もその会社で過ごし続けることを。

この先もずっと、そこにいたいですか?

 

あなたの人生の中で、一番若いのは今。

 

今の貴重な時間を無駄にしないためにも、もし、その答えがNOなら、転職することを検討してみてください。

 

私は、以前の会社で、職場に馴染めず、体調を崩すほど毎日出社することが苦痛でした。

でも、転職して新しい会社に入ると、全く違う環境になりました

 

会社の規模は小さくなりましたが、その代わり、丁寧に教えてくれる上司ができました

毎日楽しくランチを食べることができるようになりました。

後輩ができ、仕事を教えられる立場になりました。

 

「もっと早く転職すればよかった。」

そう思いました。

いますぐ仕事の環境を変えたいなら…
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 製造系エンジニアなら
    メイテックネクスト
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone

うつ病になる前に職場環境を変えよう

また、日本人の10人に1人はうつ病経験者です。

そして、そのほとんどが仕事や職場環境のストレスが原因だと言われています。

 

「仕事のやる気がおきない」

「単純なミスを繰り返してしまう」

「上司の言っていることが理解できない」

こんなことを感じていませんか?

 

そのまま放置しておくと、うつ病として長年通院が必要になるだけでなく、入院になるケースもあります

「仕事が合わない」そう思っている段階なら、まだ間に合います。

 

仕事内容は同じでも、職場環境が変わるだけで、仕事が楽しくなることも

もし、今、仕事が辛いなら、まずは職場を変えてみましょう。

年収を維持しつつ転職するなら複数エージェントにを利用しよう

また、転職を考えるときに年収を落とさず新しい環境を手に入れるなら、経験を生かすことです。

 

今、技術職・開発職としてWeb・IT業界で働いているなら、より多くの企業情報を得るためにも、

3つ以上の転職エージェントを活用しましょう。

 

リクナビの調査によると、

転職に成功した人は、平均4.2社の転職エージェントを利用しています

 

まず、確実に登録しておきたいのは、幅広い求人を扱っているマイナビエージェントIT

また、製造系エンジニアに強いメイテックネクストがおすすめです。

 

IT・Web・ゲーム業界に特化したGeeklyでは、給料や福利厚生の情報だけでなく、会社の雰囲気や先輩の声・写真などの情報も見ることができます。

 

もちろん、自分で転職サイトをチェックすることもできますが、自分の希望に合った求人を担当者から提案してもらう方が、転職成功確率は格段に上がります。

Web・IT業界で転職するなら必ず登録すべきエージェント

技術職・開発職の方がIT・Web業界で転職活動をするなら、複数の転職エージェントに登録するべき、というお話をしました。

 

Web業界に特化したエージェントはたくさんあります。

まずは、こちらの3つを利用すれば間違いありません。

確実に登録しておくべき3つのエージェント
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 製造系エンジニアなら
    メイテックネクスト

この他に、ゲーム業界での転職なら、GeeklyR-Stone

製造系エンジニアなら、メイテックネクストを活用しましょう。

これを機にフリーランスエンジニアになるという道も

また、ある程度のスキルがあって、「会社勤めをしたくない」

「リモートワークや自由度の高い仕事を探している」という人もいますよね。

そんな人におすすめなのが、フリーランスとして独立することです。

 

「独立する」と聞くと、なんとなくハードルが高いように感じますが、実際エンジニアの独立はそんなに難しいことではありません

 

というのも、最近では、レバテックフリーランスMidworksなど、フリーランスエンジニアに特化したエージェントがたくさんあります。

こういったエージェントを利用すれば、自分の力で営業して仕事を取ってこなくても、案件を紹介してもらうことができます。

 

実際、フリーランスのエンジニアとして活躍しているほとんどの人が、利用しているエージェントです。

ある程度Web・IT業界での経験がある人は、フリーランスになるという道もあるので、その場合は、下記エージェントを利用してみてください。

フリーランスが利用するべき2つのエージェント
  1. フリーランスとしての独立も支援してくれる
    レバテックフリーランス
  2. 社員と同レベルの福利厚生がある
    Midworks
  3. 直受け案件・高単価・高報酬案件が多い
    フォスターフリーランス

技術職・開発職の仕事内容ではなく職場との相性が悪いだけの場合もある

仕事をする上で、仕事内容や職場環境が合わない・うまくいかないのは辛いですよね。

確かに、自分でできる努力をすることは大切です。

 

でも、もしそれだけで解決できそうにない場合は、無理してそこに止まる必要はありません

あなたの大事な時間を無駄にしないためにも、新しい環境で自分の力を試してみるのも1つの手です。

転職で利用すべきエージェント
  1. 業界最大手・求人数10,000件以上!
    マイナビエージェントIT
  2. アドバイザーの技術的理解が深い
    レバテックキャリア
  3. 高待遇・高収入の案件が多い
    TechClipsエージェント
  4. ゲーム業界なら
    Geekly」・「R-Stone
  5. 製造系エンジニアなら
    メイテックネクスト