【3パターンあり】転職エージェントからのスカウトへの返信内容を詳しく解説

「転職エージェントからスカウトが来たけど、どう返信すればいいんだろう…」

このような疑問を感じていませんか?

転職エージェントでは、スカウトという求人を機能を取り入れているところが多いです。

求人に対してスカウトしてもらえるのはありがたいことですが、どう返信すればいいのか迷う人も多いはず。

そこでこの記事では、以下の内容を解説します。

この記事でお伝えすること
  1. 転職エージェントからのスカウトにどう返信すればいい?
  2. 返信する際に注意すべきポイントは?
  3. スカウトを受けると合格率が上がる?

転職エージェントからのスカウトに関するよくある疑問も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントからのスカウトメールは応募を呼びかけるもの

転職エージェントからのスカウトメールは、転職サイトに登録された情報をもとに条件にあった人に送られます。

スカウトメールはあくまで、転職エージェントが求人への応募を呼びかけるもの

そのため、スカウトメールが来たからといってその求人の合格率が高いわけではありません。

中には書類選考が免除されるスカウトもありますが、ほとんどは通常の応募と変わらないものです。

ちか

スカウトが来たから合格率が高いかと思ったんですが、違うんですね…

なかがわ

他にも多くの人に送られているので、スカウトが来たからといって特別なことではありません。

転職エージェントのスカウトへの3つの返信内容

転職エージェントからのスカウトに対し、どんなふうに返信すればいいか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこでここからは、転職エージェントのスカウトへの返信内容を以下3つのパターンごとに解説します。

転職エージェントからのスカウトへの返信内容
  1. スカウトを受ける場合
  2. スカウトを断る場合
  3. スカウトの条件を確認する場合

順番に見ていきましょう。

1.スカウトを受ける場合

スカウトを受ける場合は、送られてきたスカウトに対し前向きな姿勢を示すことが重要です。

返信する際はまずスカウトを受けたことへの感謝の気持ちを伝え、その後応募しようと思った理由や求人への思いを送りましょう。

なかがわ

内定をもらいたい気持ちが強い求人なら、ここで自己PRや志望動機を伝えておくのもひとつの手です

2.スカウトを断る場合

スカウトを断る場合もまずスカウトを受けたことへの感謝を記述し、そのあと辞退する意向を伝えましょう。

断ることにした場合であってもできるかぎり返信して、スカウトへの感謝を伝えるべきです。

今回の求人では縁がなくても、丁寧に返信しておくと別の求人を紹介してもらえる可能性があります。

なかがわ

次につながるかもしれないので、断る場合もしっかりと誠意を示しましょう

3.スカウトの条件を確認する場合

スカウトを受けた求人が気になっていても、条件面でわからないことがあると応募を決断できないですよね。

スカウトに関して疑問に感じることがあれば、積極的に返信し質問しましょう。

なかがわ

質問を返信することで、求人に興味を持ってもらえたことがプラスに働くかもしれません。

少なくとも求人に関して質問したことで、評価がマイナスになることはありません。

気になることがあれば積極的に質問し、疑問点が解決してから応募するかを決めましょう。

転職エージェントからのスカウトに返信するときの3つのポイント

転職エージェントからのスカウトに返信する際は、以下3つのポイントがあります。

  1. 返信はできるだけ早くする
  2. スカウトに対する感謝を伝える
  3. ビジネスマナーを意識する

順番に見ていきましょう。

1.返信はできるだけ早くする

転職エージェントからのスカウトには、24時間以内に必ず返信しましょう。

求人に応募する気持ちがある場合は少しでも早い方がいいですし、スカウトを断る場合もできるだけ早く返信しておいた方がいいです。

レスポンスが早いのはビジネス的にも重要なことなので、少しでも早い方が好印象。

求人への応募はもちろんのこと、働き始めてからもレスポンスの早さは重要になります。

なかがわ

スカウトを受けるか迷うかと思いますが、できるだけ早く決断し返信しましょう

2.スカウトに対する感謝を伝える

スカウトを受けたからといって上から目線になってはいけません。

返信では、必ずスカウトを受けたことに対する感謝の気持ちを伝えましょう。

スカウトを受けたからといって、力関係的に上の立場になるわけではありません。

サイトに登録されている情報を見てスカウトしてもらっているわけなので、そのことに対して感謝を示すことは重要です。

なかがわ

スカウトを受ける時はもちろんのこと、断る場合も感謝の気持ちを伝えましょう

3.ビジネスマナーを意識する

前述した感謝を伝えることとも関係しますが、スカウトへの返信でもビジネスマナーが重要。

返信する際はビジネスマナーを意識し、丁寧な言葉遣いで送りましょう。

ビジネスマナーを意識できていない返信だと失礼な人だという印象を与えてしまい、採用につながる確率が低くなってしまいます。

また、スカウトへの返信だけでなく普段からビジネスマナーを意識しておくことが重要。

普段から意識しておかないと、別の求人を受ける際にうっかり失礼な言葉が出てしまうかもしれません。

なかがわ

ビシネスマナーは常に意識し、スカウトへの返信でもビジネスマナーを守った丁寧な言葉遣いを心がけましょう

転職エージェントのスカウトへの返信についてよくある3つの疑問

ちか

転職エージェントのスカウトについてだいぶわかってきましたが、まだ気になることがいくつかあります…

なかがわ

では次に転職エージェントのスカウトへの返信についてよくある3つの疑問を見ていきましょう
転職エージェントのスカウトへの返信のよくある疑問
  1. スカウトメールへの返信が遅れた場合はどうすればいい?
  2. スカウトメールは必ず返信しないといけない?
  3. 「面接確約」のスカウトは受かる確率が高い?

順番に見ていきましょう。

1.スカウトメールへの返信が遅れた場合はどうすればいい?

スカウトメールへの返信は原則2週間以内

それを過ぎてしまった場合は、まずメールで返信が遅れたことへの謝罪します。

その後「勤務地や仕事内容に関して疑問があった」など、応募を迷っていた理由を伝えましょう。

ただ、メールの返信期限を過ぎていた場合サイトから返信ができないかもしれません。

その場合はスカウト先の担当者に直接連絡し、前述した内容を伝えましょう。

2.スカウトメールは必ず返信しないといけない?

スカウトを受ける場合はもちろん返信が必要ですが、スカウトを断る場合は返信は必須ではありません。

受ける気持ちがないときは返信しなくても大丈夫です。

ただ、返信をしておくことで別の求人で次につながる可能性も。

無理にする必要はないですが、断る場合もできるだけ返信しておいたほうがよいです。

3.「面接確約」のスカウトは受かる確率が高い?

スカウトメールの中には「面接確約」の求人もあります。

書類選考がなくすぐに面接につながるわけなので魅力的ですし、採用される確率が高いように思えますよね。

しかし魅力的に感じる求人には、自然と応募者が多くなります。

ライバルが多くなってしまうので、むしろ採用される確率は低いです。

面接確約だからといって、採用される確率が高いということはないので注意しましょう。

まとめ

なかがわ

最後にここまでの内容をまとめます
ここまでの内容のまとめ
  1. スカウトメールは応募を呼びかけるためのもの
  2. スカウトが来たからといって合格率が高いわけではない
  3. 返信は24時間以内にする

スカウトメールは、サイトに登録された情報をもとに条件に合う人に送られています。

あくまで応募を呼びかけるものなので、スカウトが来たからといって合格率が高いわけではありません。

スカウトを受ける場合は、少しでも早いほうが好印象を持ってもらえます。

できるだけ早く24時間以内には必ず返信しましょう。

合格率が高くなるわけではありませんが、スカウトから求人を選び出せれば転職の幅が広がります。

スカウトメールも有効活用し、よりよい転職先を見つけましょう。