【ココで差がつく】未経験でサーバーサイドエンジニアを目指すために行うべき「3つの準備」とは?

この記事でお伝えすること
  1. サーバーサイドエンジニアは未経験でも転職できる理由
  2. 未経験で転職を目指す時に行っておきたい「3つの準備」
  3. 未経験者だからこそ作りたい「ポートフォリオ」について

サーバーサイドエンジニアはエンジニアの職種の中でも注目されている仕事の1つです。

しかし、専門性の高い業務を扱うことから、

「本当に未経験でも転職できるの?」

「転職時に注意することってなんだろう・・・?」

…と気になっている方も多いのではないでしょうか。

ちか

未経験者でもサーバーサイドエンジニアを目指すことは出来るのでしょうか?

なかがわ

正しい準備をしていけば未経験でも十分に転職可能ですよ!

この記事では、

未経験者でもサーバーサイドエンジニアに転職する方法お伝えしていきます。

サーバーサイドエンジニアの業務が気になっている方はぜひ読み進めてくださいね。

サーバーサイドエンジニアとは?

ちか

サーバーサイドエンジニアの仕事内容が気になっているのですが、具体的にどういう仕事をしているのですか?

なかがわ

簡単に言うと、サーバーサイドエンジニアは主にサーバー側を担当する「ユーザーの目に見えない部分を担当するエンジニア」ですよ。

サーバーサイドエンジニアはデータベース(DB)から情報を抽出したり、内容を追加、編集するシステムを構築する仕事を行っています。

ユーザーの目に見えない部分を扱うことからイメージしにくい方もいらっしゃるかもしれませんが、エンジニアの業務の中でも核となる部分を担当しているため、重要な職種の1つと言えるでしょう。

なかがわ

サーバーサイドエンジニアの仕事は、他のエンジニアと比較すると理解が深まります。

フロントエンドエンジニア・バックエンドエンジニアと比較してみましょう!

サーバーサイドエンジニアとフロントエンドエンジニアとの違い

ちか

フロントエンドエンジニアはどういった仕事を行っているのですか?

なかがわ

フロントエンジニアはサーバーサイドエンジニアとは対照的に「目に見える部分」を担当しているエンジニアです。

ECサイトを例に挙げて考えてみましょう。

例えばショッピングサイトでは欲しい商品を検索すると、その検索内容に合致した商品がピックアップされます。

この時データベース上へ商品を探しにいったり、必要な情報を見つけてくるシステムを作っているのがサーバーサイドエンジニアです。

一方フロントエンドエンジニアは必要な情報をユーザーに表示させる部分を担当しています。

ちか

なるほど…!

これがフロントエンドエンジニアは「目に見える部分」で、サーバーサイドエンジニアは「目に見えない部分」という意味なんですね!

なかがわ

そうですね!

どちらも仕事も欠けてしまってはシステムは動かない、大切な役割を持っています。

サーバーサイドエンジニアとバックエンドエンジニアとの違い

ちか

では、サーバーサイドエンジニアとバックエンドエンジニアはどういった違いがあるのですか?

なかがわ

現在はサーバーサイドエンジニアとバックエンドエンジニアの違いはほぼなく、両者とも「フロントエンドエンジニアが行わない部分を担当する」という点は共通しています。

厳密に言うと少し違いはありますが、会社や現場によって定義がまちまちなのが現状ですね。

職種求められるスキル
バックエンドエンジニアWeb領域に関わるシステム全般
サーバーサイドエンジニアサーバーに関する専門的な知識

それぞれの仕事内容にほとんど変わりはありませんが、厳密に表現するとバックエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアは、上記のようなスキルがプラスアルファで求められる傾向があります。

【2019年保存版】今サーバーサイドエンジニアに転職する3つのメリット!今後の需要や必要なスキルも解説

未経験でもおすすめ!サーバーサイドエンジニアに転職すべき2つの理由

ちか

ここまで色々教えていただきましたけど何だか難しそう…。

本当に未経験でもサーバーサイドエンジニアになれるんですか…?

なかがわ

大丈夫です!

むしろ未経験でもサーバーサイドエンジニアに転職することはメリットは大いにあるので、興味があればマイナビエージェントITなどを使って積極的に調査しても良い職種ですよ!

エンジニア未経験の方にとっては「本当に転職できるの…?」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はサーバーサイドエンジニアは、今とても転職しやすい状況です。

未経験でもサーバーサイドエンジニアの転職をお勧めできる2つの理由
  • エンジニア全体の人手が不足している
  • 実績が伴えば年収も上がりやすい

なかがわ

上記のような「転職が成功しやすい」「転職後の年収UPが期待できる」という2点から、サーバーサイドエンジニアに転職することはお勧めです。

それぞれの項目を細かく見ていきましょう!

エンジニア全体の人手が不足している

ちか

今ってエンジニアとして働く人が少ないんですか?

なかがわ

そうですね。

というよりは「エンジニアの供給が求められている需要に追いついていない」というのが現状です。

そのためエンジニア未経験でも働くことができる職場環境はありますし、DMM WEBCAMPのような転職保障付きのプログラミングスクールも増えてきていますよ。

図解:エンジニアの大きすぎる需要に供給量が追いついていないイラストをお願いします!

現在エンジニアは全体的に人手不足となっており、売り手市場となっています。

特にサーバーサイドエンジニアは、データの処理に直に関係する根幹を扱っているため、どんな現場でも求められる職種と言えるでしょう。

そのため例え未経験であっても、サーバーサイドエンジニアへ転職できる可能性は大いに有り得るのです。

未経験でも確実に転職できる‼

実績が伴えば年収も上がりやすい

サーバーサイドエンジニアは「エンジニアの努力が年収に直結しやすい」という特徴があります。

実際に働いていくと新しいプログラミング言語やフレームワークを学ぶ機会も多く、それらが社内の評価となって年収アップに繋がるため、30代で年収が500万円を超える方も少なくありません。

なかがわ

サーバーサイドエンジニアはスキルの汎用性が高いため、何か1つでも新しいスキルを定着させることができれば、それだけ評価が上がり、年収UPに繋がりやすくなりますよ。
【実は高収入】サーバーサイドエンジニアの平均年収はどれぐらい? 他のエンジニアと比較しながら解説

ここで差をつける!サーバーサイドエンジニア未経験者にお勧めの3つの準備

ちか

未経験でも転職できるチャンスがあることは分かりました!

他のエンジニア未経験の方と差をつけるためにどんな準備をすれば良いでしょうか??

なかがわ

これから紹介する3つの準備ができると、未経験者でもやる気やスキルを評価してもらえる可能性は高いですよ。
他の未経験者と差がつく3つの準備
  1. プログラミング言語やフレームワークの学習
  2. データベースに関する情報を把握しておく
  3. セキュリティに関する知識を備えておく

1.プログラミング言語やフレームワークの学習

なかがわ

完全未経験で転職活動を始めるよりは、自分で出来ることから行動しておくことがお勧めです。

例えばProgateドットインストールなどの無料のプログラミング学習ソフトを活用すれば、最低限のプログラミングスキルを習得することができます。

また、ここ最近「フレームワーク」を使った開発を行う会社が増えてきたこともあり、フレームワークの使用経験が転職活動を有利に働くことも増えました。

余力があればフレームワークを動かしてみることもお勧めです。

補足:フレームワークとは?

システム開発を効率よく行うために用意された雛形を「フレームワーク」と呼びます。

例えばRubyではRuby on Rails、PHPではLaravel、CakePHPなどが挙げられます。

「ポートフォリオ作成」のすすめ

なかがわ

エンジニア転職をする際に「ポートフォリオ」を提出できると良い評価に繋がります。

ちか

ポートフォリオ…?

それは一体どういうものですか?

なかがわ

ポートフォリオとは自分の作業実績を評価してもらうための資料を指します。

エンジニアでは制作したアプリやサービス、自分でコーディングした作品などが挙げられますね。

このポートフォリオを用意することで、自分のスキルをアピールすることができるのですが、未経験者の場合は「1から自力でここまでコーディングできた」という努力を証明することができます。

なかがわ

後ほどサーバーサイドエンジニアへの転職は「ポートフォリオの作成」で差をつけるで紹介しますが、良いポートフォリオを作ることができれば、転職成功の可能性は大幅に高まります。

可能な限り実践してみましょう!

2.データベースに関する情報を把握しておく

サーバーサイドエンジニアではデータベース(DB)を扱う仕事がよくあるため、データベースに関する知識を持っていることで、良い印象を与えることができます。

書籍などを使ってデータベースに関する最低限の知識を養っておくと、他の未経験者と差をつけることが出来るでしょう。

ちか

データベースって何ですか?

なかがわ

凄く簡単に表現すると「情報のかたまり」です。
集めている情報をひとまとめにし、格納している場所を指しています。

3.セキュリティに関する知識を備えておく

先ほど紹介したデータベースの中には顧客情報などが含まれているため、情報漏洩が大きな事故に繋がることもあります。

そのため、サーバーサイドエンジニアとして働く上でも最低限のセキュリティに関する知識は備えておきたいものです。

なかがわ

エンジニアとして働く以上、セキュリティに関する情報は常にアンテナを張っておきたいですね…!

サーバーサイドエンジニアへの転職は「ポートフォリオの作成」で差をつける

ちか

「3つの準備」、私も出来るところから実践していきたいと思います!

早速ポートフォリオを作るところからやってみようと思うのですが、どのように作っていけば良いでしょうか??

なかがわ

相手に伝わりやすいポートフォリオの制作が転職が成功する可能性が上がるため、ポートフォリオは誰かと一緒に作っていくのがお勧めです。
より良いポートフォリオを作るための2つの方法
  • 1.独学で勉強し、成果物を転職エージェントに共有する
  • 2.プログラミングスクールに通ってポートフォリオを作る

上記2点が未経験者にお勧めするポートフォリオの作り方です。

1.独学で勉強し、成果物を転職エージェントに共有する

未経験でサーバーサイドエンジニアを目指す場合はProgateドットインストールなどのプログラミング学習サービスを利用し、学んだスキルで独自でアプリケーションを作るという方法がおすすめです。

そして、作ったアプリケーションをITに強い転職エージェントに共有してみましょう。

ちか

アプリケーションの制作…。

未経験でも本当に出来るのか不安なのですが、本当に大丈夫なのでしょうか?

なかがわ

大丈夫ですよ!

相手側も未経験者だということは知っているため「未経験でもどこまで頑張ってきたか」を見ています。

もしアプリ制作に行き詰まったらレバテックキャリアのようなITに強い転職エージェントに状況を共有しながら進めていくのがおすすめです。

スキルを身につけてキャリアアップ!

2.プログラミングスクールに通ってポートフォリオを作る

もし右も左も分からない、という場合はプログラミングスクールに通ってIT業界で求められている分野を1から学ぶという方法もあります。

1人で学習をしていくことが難しい方は、教えてもらえる場所に身を置きながらスキルを定着していく方法もおすすめです。

【要チェック!】転職保証付きのプログラミングスクールもある

未経験でもエンジニアとして働きたい方は「転職保証付き」のプログラミングスクールに通うことで、確実に転職成功を勝ち取ることができます。

ちか

えっ!?未経験で転職できるサポートがあるのは本当に心強い…!

なかがわ

例えばDMM WEBCAMPなどですね。

こういったサービスがあることからもエンジニアの需要が拡大してることが分かりますね!

未経験でも確実に転職できる‼

スキルやポートフォリオを事前に準備すれば未経験でもサーバーサイドエンジニアになれる

今回の記事では主にエンジニア未経験の方がサーバーサイドエンジニアを目指すために必要な考え方・準備をまとめていきました。

ちか

未経験者には狭き門なのかと…。。

でも、事前に適切な準備をしていれば転職できるチャンスはたくさんあるんですね!

なかがわ

その通りです!

今回紹介した準備を徹底して、転職成功を勝ち取りましょう!